ニュース
» 2009年05月29日 08時19分 UPDATE

リアルタイムのコンテンツ共有:Google、リアルタイムコラボレーションツール「Google Wave」を発表

「Google Wave」は、手紙や書類を模すのではなく、インターネットの機能を生かしたコミュニケーションツールを目指す。

[ITmedia]

 米Googleは5月28日、同社の開発者向けカンファレンス「Google I/O 2009」で、リアルタイムでのコミュニケーション、コラボレーションを提供するWebサービス「Google Wave」を発表した。年内に予定している一般公開に先駆けて、開発者向けにGoogle Wave APIGoogle Wave Federation Protocolが公開された。

 Google Waveは、メール、IM(インスタントメッセージング)、ドキュメント共有などを統合したリアルタイムのコミュニケーション、コラボレーションサービス。ユーザーはまずコミュニケーションの場となる「wave」を作成し、そこに参加して欲しいメンバーを加える。メンバーはリアルタイムで会話しながら、wave上のドキュメント、写真、地図、ガジェットなどを利用したり編集でき、ほかのオンラインコンテンツを追加することもできる。メンバー間のやりとりは履歴として保存される。

wave1

 Google WaveはAjaxアプリケーション開発ツール「Google Web Toolkit」で構築されたHTML 5アプリケーションで、開発者はGoogle Wave APIを利用して同アプリケーション上で稼働するツールやガジェットを作成できる。サンプルAPIとして、TwitterをGoogle Waveに組み込む「Tweety」や数独のガジェットなどが紹介されている。またアプリケーションにGoogle Waveを組み込むことも可能。

yu_wave2.jpgyu_wave3.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -