ニュース
» 2009年10月15日 12時41分 公開

青山学院大学、iPhoneへの講義資料の配信を開始

青山学院大学は、学生と教員に配布したiPhoneに講義用の資料を配信する取り組みを始めた。

[ITmedia]

 青山学院大学は、iPhoneを使って学生に講義資料を配信する取り組みを開始した。iPhone用のコンテンツ作成・閲覧サービスを提供しているインフォテリアが10月15日に発表した。

 iPhoneコンテンツの作成や配信を行うインフォテリアの「Handbook」と呼ぶサービスを使い、PowerPointPDF形式の講義資料をiPhoneに配布する。紙の資料の配布や印刷を減らせるほか、学生に授業以外の時間にも資料を閲覧する機会を提供することで、講義内容の定着を図る。

 これまでの講義では、教員が5〜10枚の講義資料のファイルをPowerPointなどで作成し、PDFに変換して学内のポータルサイトに掲載していた。だが、授業中に印刷した同じ資料を配ることもあり、無駄が生じていた。

 青山学院大学社会情報学部では、研究や教育の促進を目指し、約550人の学生と教員にiPhone 3Gを配布している。iPhoneへの講義資料の配信は一部の科目に限られているが、今後は講義資料を配信する科目を増やしていく見通しだ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

iPhone | PowerPoint


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -