ニュース
» 2010年11月15日 05時59分 UPDATE

Apple、IBMに次いでOracleのOpenJDKへの参加を発表――OS X向けJavaはOracleが提供へ

AppleとOracleが、Mac OS X向けのOpenJDKプロジェクトを発表した。Snow LeopardおよびLion向けJava SE 6はAppleが提供するが、Java SE 7以降はOracleが提供することになる。

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK

 米Appleは結局、Javaを愛しているのだ。米OracleとAppleは、Mac OS X向けのOpenJDKプロジェクトを発表した

 最近のAppleによるJava非推奨に関する発表を憂慮していた開発者らは、この知らせにほっとしている。この新プロジェクトでAppleは、32ビットおよび64ビットのJava HotSpot仮想マシン、クラスライブラリ、ネットワーキングスタック、新しいグラフィカルクライアントの基礎技術など、Mac OS XにJava SE 7を実装するために必要なほとんどの主要コンポーネント、ツール、技術を提供する。OpenJDKがAppleのJava技術をオープンソース開発者に提供し、開発者はこの取り組みに参加し、貢献できる。

 Appleはまた、現行OSの「Mac OS X Snow Leopard」および次期OS「Mac OS X Lion」向けのJava SE 6は、今後もAppleが提供を続けることを明らかにした。Java SE 7およびそれ以降のバージョンのMac OS X向けJavaは、Oracleが提供する。

 Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長を務めるバートランド・サーレイ氏は「Oracleと協力してMacで稼働するJavaを確実に優れたバージョンに保てることをうれしく思う」と発表文で語った。「ユーザーが常に最新で安全なバージョンのJavaを入手するための最善の方法は、Oracleから直接入手することだ」

 OpenJDKに関しては、まず米IBMが10月に加わった。そして今度はAppleだ。AppleのOpenJDKへの参加は、IBMの参加と同様に重要だ。また、この動きでJavaで開発したアプリの「Mac App Store」への登録が可能になるだろう。とはいえ、IBMがパートナーとしてOpenJDKに参加したことの方が、オープンソースJavaにより大きな調和をもたらしたが。

 Oracleで開発を担当する上級副社長、ハサン・リズビ氏は発表文で「Appleを発展するOpenJDKコミュニティーに重要な貢献者として迎えられ、うれしく思う」と語った。「Mac OS XでJavaを利用できることは、Javaのクロスプラットフォーム性にとって非常に重要だ。Mac OS Xで今後最新のJava環境を利用できることが保証されるため、Java開発者コミュニティーは安心できる。先月にはIBMがOpenJDKに参加すると発表しており、これでソフトウェア業界の主要3社が同プロジェクトを支援することになった」

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -