ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「OpenJDK」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「OpenJDK」に関する情報が集まったページです。

5年間のサポートを保証:
「Debian 10(buster)」が公開、Linuxディストリビューションの最新安定版
Linuxディストリビューション「Debian」の最新安定版「Debian 10」(コードネーム「buster」)が公開された。ビルド再現性やネットワークフィルタリングに特徴がある。(2019/7/9)

Oracle Code Tokyo 2019:
オラクル、「Java有償化という誤解」を解き、未来を語る
日本オラクルのイベント「Oracle Code Tokyo 2019」で同社はJavaの未来を語り、有償化という誤解を解いた。(2019/5/20)

6カ月ごとに投入される最新リリース:
Oracle、「Java SE 12(JDK 12)」の一般提供を開始
Oracleは、ガベージコレクタなどの機能を強化した「Java SE 12(JDK 12)」の一般提供を開始した。(2019/3/22)

「安定性」「セキュリティ」「無料」の全ては満たせない:
PR:セキュリティパッチ、バグ修正は今後どうなる?――Javaが動くシステムを安価に安定運用するための現実解とは
2017年9月、OracleがJDK/Java SEの提供方法を変更することを発表した。これを受けて、「JDKの有料化」という誤解が生まれてしまったが、実際はそうではない。JDK提供に関する変更点をあらためて確認しつつ、Javaを使い続ける企業に迫られる選択について解説しよう。(2019/2/12)

長期サポートを確約
「Amazon Corretto」はOpenJDKディストリビューションの本命に躍り出るか
AWSは、Javaのオープンソース実装である「OpenJDK」の独自ディストリビューション「Amazon Corretto」を発表した。Correttoは、Oracleが配布するOpenJDKよりもサポート期間が長い。(2018/12/17)

Nutanix、VMware vSANに対応:
PR:予期せぬ電源障害でビジネスを止めない――主要なHCIに対応したUPS管理ソフトウェア、「PowerChute Network Shutdown」の実力とは
多くの企業でハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入が加速しているが、そこで忘れてはならないのが電源対策。予期せぬ電源障害が起こったときに、正しい手順で各システムを安全にシャットダウンしなければ深刻なトラブルを引き起こしかねないからだ。そうした中で注目されているのが、主要なHCIアーキテクチャに対応したソフトウェアベースの電源管理ソリューション「APC PowerChute(TM) Network Shutdown v4.3」である。(2018/12/17)

「OpenJDK」で無償の長期サポート提供は、現時点で期待薄:
Java 11正式版がリリース、本バージョンから「Oracle JDK」のサポートは有償に
Java 11正式版がリリースされました。数々の新機能はさておき、最も注目されているのは、「Oracle JDK」のサポートが有償になることでしょう。長期サポートを受けつつ、無償で利用したいユーザーはどうすればいいのでしょうか。(2018/9/28)

2026年までアップデートが提供される長期サポートリリース:
Oracle、「Java SE 11(JDK 11)」の一般提供を開始
Oracleは、「Java SE 11(JDK 11)」の一般提供を開始した。「TLS 1.3」「HTTP/2」をサポートし、開発生産性を高める多数の改良が加えられているという。(2018/9/27)

Java SEの全てのライセンシングおよびサポートニーズをカバー:
Oracle、「Java SE」の新しいサブスクリプションモデル「Java SE Subscription」を発表
Oracleは、「Java SE」の新しいサブスクリプションモデル「Java SE Subscription」を発表した。Javaを本番環境で使用している企業へのサポートを充実させる狙いだ。(2018/6/25)

6カ月サイクルでの初リリース:
Oracle、「Java SE 10/JDK 10」の一般提供を開始
Oracleは、ローカル変数型推論や実験的なJavaベースJITコンパイラなど、多数の新機能を備える「Java SE 10(JDK 10)」の一般提供を開始した。(2018/3/23)

約3年半ぶりのメジャーアップグレード:
「Java SE 9」「Java EE 8」、一般提供を開始
Oracleが「Java SE 9」「Java EE 8」「Java EE 8 SDK」の正式版を公開。Java SE 9は3年半ぶりのメジャーアップグレードで150以上の新機能を提供。Java EE 8ではクラウドやマイクロサービスへの対応が進められた。(2017/9/26)

Keycloak超入門(1):
マイクロサービス時代のSSOを実現する「Keycloak」とは
本連載では、近年注目されている認証プロトコル「OpenID Connect」をサポートするオープンソースのシングルサインオン(SSO)ソフトウェア「Keycloak」の活用方法を解説していきます。第1回目は、APIにおける認証/認可の仕組みとKeycloakの概要を紹介します。(2017/8/31)

Docker Storeで展開 WebLogic Server、Coherenceなども対象:
オラクル、Oracle Database、MySQL、Java SEなどを「Dockerコンテナ」として提供
オラクルがDockerと提携。Docker Storeで自社の主力データベース、ミドルウェア、開発者ツールをDockerコンテナとして提供を開始した。(2017/4/21)

「Linux Virtual Desktop」のサポート対象は?
Windowsでなくてもいいかも、VDIで高まる「Linuxデスクトップ」の可能性
仮想デスクトップインフラ(VDI)の主流は依然としてWindowsだが、オープンソースデスクトップを使いたければ、その選択肢も用意されている。(2016/12/1)

Oracle OpenWorld 2016 Report:
Javaのこれからは? Oracleが開発への継続的参加を訴求
Oracle OpenWorldと併催されている「JavaOne」もスタート。JDKのDocker対応やJava EE 8/9の状況などが紹介された。(2016/9/19)

コレクション処理の万能道具箱Eclipse Collections入門(1):
ゴールドマン・サックス発のJavaコレクションフレームワーク、その7つの特徴と歴史とは
本連載では、ゴールドマン・サックス発のオープンソースJavaコレクションフレームワークであるEclipse Collectionsについて、その概要と歴史、機能を中心に紹介します。これまでのJavaやJava 8のStream APIと比較して何が違うのか。Eclipse Collectionsを例に、読者の皆さんがコレクション処理をより深く理解するための一助になればと思います。(2016/8/5)

Java Day Tokyo 2015基調講演:
日本の開発者コミュニティが次世代Java仕様策定に貢献、Lambdaを手に入れたJavaテクノロジのその先へ
2015年4月8日、Javaテクノロジに関する開発者イベント「Java Day Tokyo 2015」が開催された。基調講演で紹介されたJavaテクノロジに関する話題を解説していきたい。(2015/5/1)

Java 8時代の開発者のためのデバッグ/トラブル解決の基本・応用テクニック〜JJUG CCC 2014 Springまとめリポート(後編)
Java開発における3大トラブルと対策、IDEのデバッガー活用の必要性、Java 8より導入された新しいメモリ領域を使いこなすためのテクニック、独自のトランザクショナルメモリ機構を実装した有効性などをお伝えする。(2014/10/15)

メタルバンドではない:
OpenJDKのデバイスI/Oプロジェクト「DIO」が始動
米オラクルは6月4日、組み込み機器上の汎用周辺機器に接続するためのJavaレベルAPIを提供するOpenJDK傘下のプロジェクト「DIO」を発足させた。(2014/6/5)

WebSocketやREST APIのサポート強化:
Java 8&Java EE 7に対応した「Spring Framework 4.0」正式版リリース
米Pivotalは2013年12月12日、オープンソースのJavaアプリケーションフレームワーク「Spring Framework 4.0」の正式版をリリースした。(2013/12/13)

ヘルスケア、モンスタートラック、教育、環境問題、海洋調査に進出するJava、そして宇宙へ……JavaOne 2013まとめレポート(後編)
Java開発者の年次カンファレンス、JavaOne 2013のコミュニティキーノートの模様を中心に、さまざまな話題をお伝えする。Java SEが標準バンドルとなったRaspberry Piディストリビューションや“MTaaS(Monster Truck as a Service)”、Javaで動かすレゴマインドストーム、10歳の驚愕Javaハッカーなどが注目だ。そして今年も、最後にあの人がやって来た!(2013/11/19)

無線通信技術:
IoT時代に備える、簡単な無線接続をかなえる11の機器(後編)
前編に続き、簡単な無線接続を提供するツールを紹介する。「Cortex-M3」を搭載したボードや、SDカード状のWi-Fiモジュールなどが登場する。(2013/10/21)

オープンソースで開発:
MS Open Tech、HTTP/2.0相互接続試験用のエンドポイント公開
米Microsoft Open Technologiesは、次世代プロトコル「HTTP/2.0」の相互接続試験に向けて、新しいエンドポイントを公開したと発表した。HTTP/2.0サーバをオープンソースで開発し、そのソースコードをGitHubで公開した。(2013/10/7)

IoT向けJava規格の策定も:
オラクルとフリースケールが「モノのインターネット」時代に向け関係強化
Freescale SemiconductorとOracleは、「モノのインターネット(Internet of Things)」の急速な進化に対応すべく、広範なパートナーシップを構築することで合意した。(2013/10/2)

DevOps時代のJavaプログラマのためのオープンクラウド入門(2):
Vagrantで手軽に構築してオープンPaaS「Cloud Foundry」を理解する
オープンなクラウドで重要性を増すJava。DevOps時代のJavaプログラマはアプリケーション開発者(Dev)もデプロイや運用(Ops)面におけるクラウド/インフラ技術への幅広い理解が必要となる。本連載では、さまざまなオープンクラウド技術を紹介していく。今回は、オープンソースのPaaSである「Cloud Foundry」を紹介。また、環境構築が手軽にできる「Vagrant」を使ってローカルにCloud Foundryの開発用稼働環境を用意してみよう。(2013/7/31)

開発動向:
PaaS構築、アプリ開発支援環境を強化した「Fedora 19」がリリース
Fedora 19がリリースに。プライベート環境でのPaaS構築を支援するOpenShift Originや、Ruby 2.0などの開発環境が盛り込まれる。開発ビギナー向けのテンプレート類の生成ツールも盛り込まれる。(2013/7/5)

Java Day Tokyo 2013まとめレポート(1):
Java SE 8、Java EE 7、JavaFX、Java Embeddedはどうなる?
OpenJDKで使えるJava 8の新機能、3Dの表現力が段違いで採用企業が増加しているJavaFX、センサデータを企業で活用するJava Embedded、HTML5、WebSockets、JSON、バッチ処理機能を備え、6月13日にリリース予定のJava EE 7、世界に広がるJava Communityなどの最新情報をお届け。(2013/5/24)

DevOps時代のJavaプログラマのためのオープンクラウド入門(1):
“使用”より“構築”で学ぶオープンPaaS「OpenShift」
オープンなクラウドで重要性を増すJava。DevOps時代のJavaプログラマはアプリケーション開発者(Dev)もデプロイや運用(Ops)面におけるクラウド/インフラ技術への幅広い理解が必要となる。本連載では、さまざまなオープンクラウド技術を紹介していく。初回は、オープンソースのPaaSであるOpenShiftを紹介。どんな技術を使ってPaaSが実装されているのかを理解しよう(2013/4/25)

事実上のサポート延長を担う:
Red Hat、OpenJDK 6プロジェクト主導を表明
OracleがJDK 6のサポート打ち切りを表明したことを受け、米Red Hatは3月7日、OpenJDK 6プロジェクトを主導する役割を担うことになったと発表した。(2013/3/8)

Javaの最新動向を説明 日本オラクル
先月に開催されたイベント「JavaOne」を受けて、日本オラクルがJavaに関する最新トレンドなどを紹介した。(2012/11/13)

JavaOne 2012まとめレポート:
JavaによるマルチOSスマホアプリ開発「Codename One」登場、Javaの父GoslingがTシャツを投げた!
AMDによるヘテロジニアスコンピューティング、Java EE 7でのWebSocket、JSON、NoSQL対応の最新情報や、HadoopのClouderaやTwitterも参加したコミュニティによるパネルディスカッション、Javaの父James Gosling氏のサプライズ登壇の模様などをお届けする(2012/10/31)

HTML5やWebSockets対応が進むJavaの今後〜JavaOne 2012基調講演まとめレポート
HTML5やWebSockets対応が進むJava EE 7、シェアを伸ばすJava 7、そしてJava 8とOpenJDK、JavaFXの最新情報をお伝えする(2012/10/12)

JavaOne Tokyo 2012まとめレポート(後編):
ラムダ式、JAR脱獄、JavaScript/Node.jsに接近するJDK 8、そして9へ
(2012/4/19)

Java on Linuxを鬼凄ネイティブデバッグ!(後篇):
OpenJDK/SystemTapのデバッグが有効な5つの事例
(2011/11/10)

Java on Linuxを鬼凄ネイティブデバッグ!(前篇):
OpenJDK+SystemTapでトラブル解析はここまでできる!
(2011/9/22)

ステップアップ! PHP(3):
PECLのXDebugでデバッグを簡単に(後編)
前回は、PHPのもう1つの標準ライブラリであるPECLの使い方と、代表的なPECLパッケージの1つである「Xdebug」の基本的な使い方を解説しました。今回は、XDebugが備えるさらに便利な機能を紹介していきます。(編集部)(2011/5/25)

Apple、IBMに次いでOracleのOpenJDKへの参加を発表――OS X向けJavaはOracleが提供へ
AppleとOracleが、Mac OS X向けのOpenJDKプロジェクトを発表した。Snow LeopardおよびLion向けJava SE 6はAppleが提供するが、Java SE 7以降はOracleが提供することになる。(2010/11/15)

Apache、Javaコミュニティー脱退を示唆――Oracleのテストキットライセンス拒否に反発
ASFは脱退をちらつかせるだけでなく、「Java SE 7」仕様に反対票を投じる方針も明らかにしており、ほかのメンバーにも同調するよう呼び掛けている。(2010/11/11)

IBM、Java実装「OpenJDK」でOracleと協力――Apache Harmonyから乗り換え
IBMとOracleが、Sunが開発したJavaのオープンソース実装OpenJDKの開発で協力すると発表した。IBMはApache Harmonyを離れ、Javaコミュニティーの安定を目指して“現実的な選択”を行った。(2010/10/13)

Javaから見た.NET(3):
将来性から見たJavaと.NETの違い、そして連携は?
システム開発がますます複雑化していく中、エンジニアには、テクノロジを理解して、さまざまな場面に適した選択が求められます。本連載では、Javaと.NETの基本的な仕組みから最新の傾向や技術などについて、数回に分けて紹介します(2010/8/27)

Eclipseの年次開発者調査、デスクトップLinuxの利用が3割超えという結果に
Eclipse Foundationが行った最新の開発者調査によると、開発者が使用するデスクトップOSとしてLinuxのシェアが拡大していることや、RIA/サーバサイドアプリケーションの開発フレームワークとしてjQueryやSpring Frameworkが人気であることが明らかになった。(2010/6/11)

Java Review:
ITアーキテクトに求められる「Javaの互換性やサポート」という視点
Javaにおける開発環境の進歩と同時に、ブラックボックス化とそれにともなう課題も発生している。開発現場での課題解決を図る連載第1回では、互換性とサポート期限に焦点を当てる。(2009/4/30)

「Java Swing」次期版は「保守的」アップグレードに──Sun幹部
Sun Microsystemsのダニー・コワード氏が「Swing」の次期版について、Swing Application FrameworkをJDK 7に組み込むなどの開発作業を進めていると明らかにした。(2009/2/6)

【改訂版】Eclipseではじめるプログラミング(1):
Eclipse 3.4で超簡単Javaプログラミング基礎入門
これからプログラミングを学習したい方、Javaは難しそうでとっつきづらいという方のためのJavaプログラミング超入門連載です。最新のEclipse 3.4とJava 6を使い大幅に情報量を増やした、連載「Eclipseではじめるプログラミング」の改訂版となります(2009/1/27)

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux 5.3をリリース
Red Hat Enterprise Linuxの最新版となるバージョン5.3では、仮想化機能が強化されたほか、Core i7への対応も果たした。マイナーバージョンアップだが、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)なども試験的にサポートするなど変化も多い。(2009/1/22)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(3):
分散バージョン管理Git/Mercurial/Bazaar徹底比較
(2009/1/14)

米Novell、EULAを廃止した「openSUSE 11.1」リリース
openSUSEの最新版となる11.1がリリースされた。クリックスルーでのEULAが廃止されたほか、プリンタ、ディスクパーティーショニング、セキュリティなどのモジュールが一新されている。(2008/12/19)

Ubuntu 8.10 Server Edition試用リポート【後編】
Ubuntu「サーバ版」の気になる機能を検証してみる
2008年10月30日にリリースされたUbuntu 8.10のサーバ版。新機能の搭載や既存機能の強化が行われているが、そのうち仮想化やセキュリティに関する幾つかの気になる機能をピックアップして検証してみた。(2008/12/19)

Ubuntu 8.10 Server Edition試用リポート【前編】
デスクトップLinuxで名高いUbuntuの「サーバ版」を導入してみる
ここ最近、デスクトップLinuxとして人気が高いUbuntuだが、サーバ版があることをご存じだろうか? 企業用途向けの各種機能を強化したという最新リリースを、実際にセットアップして使ってみた。(2008/12/2)

安藤幸央のランダウン(42):
開発者が知っておくべきJavaと仮想マシンの歴史
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2008/9/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。