ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「広告業界」最新記事一覧

2015年度は前年比117%の8900億円:
ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均16.4%の伸びで推移し、2020年度には1兆9000億円市場にまで拡大する見通し。(2016/12/6)

スピン経済の歩き方:
日本に「ハロウィン」を定着させた「仕掛け人」は誰か
今年も大盛況の中で「ハロウィン」が幕を閉じた。オジさんたちから「我々が若かったころは、こんなイベントなかったよなあ」といった声が聞こえてきそうだが、実は40年ほど前から行われていたのだ。仕掛け人は広告代理店でなく……。(2016/11/1)

サイバーエージェント、売上高・営業益とも過去最高 スマホゲームはガンホー抜く規模に
サイバーエージェントは10月27日、2016年9月期(15年10月〜16年9月)の通期決算を発表。インターネット広告事業とゲーム事業が好調で、売上高と営業利益が過去最高となった。(2016/10/27)

目を光らせる7人の精鋭:
時代は「特捜部」から「かとく」へ 電通女性社員失い、過重労働撲滅に向け
東大卒の新入社員を自殺に追い込んだ、広告大手代理店の電通に厚生労働省の「過重労働撲滅特別対策班」が立ち入り調査を断行した。かとくは、いわゆる「ブラック企業」対策として設けられた特別なチーム。長時間労働が美徳だった時代は既に終わった。(2016/10/26)

ジーニー保有のアプリ在庫に広告配信:
AppLovinとジーニーが業務提携、高単価なネイティブ広告を「Geniee SSP」に提供
スマホ向けモバイルマーケティングプラットフォーム「AppLovin」を運営する米AppLovinの日本法人が、ネット広告事業を展開するジーニーと業務提携を行ったと発表した。(2016/10/20)

管理職の危機対応「パワハラ・セクハラと好意の線引き」
大手広告代理店の過重労働は自殺にまで及んだ痛ましい事件となった。事件の舞台となった環境は論外だが、管理職が自分の職場においてどこまでが過重でどこまでがハラスメントかという線引きで悩むことはある。(2016/10/19)

広告ROI向上に独自システムを開発:
“代理店任せ”の限界とは? 「HOME'S」運営のネクストがWeb広告運用のインハウス化に挑む理由
大手不動産・住宅情報サイト「HOME'S」などを運営するネクストが広告運用のインハウス化に取り組んでいる。巨大Webサイトを軸にした事業会社が広告代理店依存からの脱却を目指す真意はどこにあるのか。(2016/11/10)

“ITソムリエ”を目指してTBWA HAKUHODOの情シスがやっていること
博報堂とTBWAワールドワイドのジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社、TBWA HAKUHODOは今、情シス改革の真っ最中だ。現場視点で課題を解決し、生産性を高めていくために、情報システム部門はどんな取り組みをしているのか。総務部の部長を務める古川健司氏に聞いた。(2016/10/18)

広告ブロック普及を受け:
GoogleやFacebook、IABなど16組織がオンライン広告改善団体を設立
ネット広告業界団体IABやGoogle、Facebookなどの企業が、オンライン広告改善を目指す団体「The Coalition for Better Ads」を立ち上げた。消費者に受け入れられる広告(ブロックされない広告)の世界標準を策定し、普及させるのが目的だ。(2016/9/17)

デジタル広告費の比率は2017年に30.2%へ:
電通海外子会社が世界の広告費成長率予測を改訂
電通グループのCarat(カラ)は、世界の広告費の成長予測を発表した。デジタル広告費の構成比率は2017年に30%に達する見込み。(2016/9/9)

中心人物が提示した「転職の条件」とは:
PR:「デスマーチは起こさない」企業が目指す「日本で一番良い開発環境」の在り方と開発ポリシー
セプテーニ・オリジナルは、インターネット広告事業を手掛ける「セプテーニ」の子会社として、システム開発を行う企業だ。同社ではアトラシアンの「JIRA Software」「Bitbucket Server」「Confluence」「Bamboo」といったツール群を導入し、アジャイル型の開発手法を推進している。同社のエグゼクティブエンジニアとマネージャーに、導入の経緯や現在の活用状況、今後のビジョンなどについて聞いた。(2016/8/29)

やばい“全面シースルー” 日本一の観覧車が独占市場に割り込み、大手商社の“常識外れ”戦術
万博記念公園に、高さ日本一の観覧車がオープンした。老舗施工業者以外からの参入や観覧車を使った広告ビジネスを模索するなどの動きもあり、業界に新風を吹き込んでいる。(2016/8/17)

ヘリウム風船とドローンを融合した「バルーンカム」、エンタメ業界などへ提供
ドローンと大型風船を融合させた「バルーンカム」をパナソニックが開発、エンターテインメント業界や広告業界に向けたライセンス提供を開始した。(2016/8/10)

創立60周年を記念した「プロボノ」:
アサツー ディ・ケイ、広告会社ならではのノウハウを社会に還元するサービス「ブレーンタル」を開始
アサツー ディ・ケイは、社員が広告会社ならではのスキルを生かして 社会の課題や日常生活の中の悩みに対するアイデアやソリューションを提供するサービス「ブレーンタル」を提供開始した。(2016/8/2)

編集部からのお知らせ:
第2回 ねとらぼメディア説明会(広告代理店様向け)を9月2日に開催【イベント】
ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。ふるってご参加ください!(2016/8/1)

LINE、上場後初決算は黒字転換 6月中間、広告収入が好調
LINEの6月中間連結決算は、最終損益が25億円の黒字に転換。広告事業が伸び、初めて同社最大の事業になった。(2016/7/28)

米Yahoo!の主要事業をVerizonが48.3億ドルで買収へ
長く身売りを検討していた米Yahoo!が、通信大手のVerizonに主要事業を約48億3000万ドルで売却することで合意したと発表した。Verizonは昨年44億ドルで買収したAOLとYahoo!を合わせ(ブランドは残す)、コンテンツおよび広告事業強化を進める狙いだ。(2016/7/25)

広告枠の買い付けから配信後の効果測定までワンストップで提供:
サイバーエージェント、ブランド効果に特化した運用型広告「CA本部DSP」を提供開始
サイバーエージェントはブランドリフトやリアル店舗への来店率最大化を図るブランド広告企業向け配信サービス「CA本部DSP」を提供開始した。(2016/7/20)

D2Cがインターネット広告市場規模を推計:
2015年のスマートフォン広告費は4979億円、動画広告費は516億円
D2Cは2015年1〜12月のインターネット広告市場におけるデバイス(スマートフォン、PC)別広告費、広告種別広告費、動画広告費の推計調査を実施した。(2016/7/6)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
なぜテレビ局はダメになったのか? 変わる視聴率競争
テレビ局を取り巻く経営環境は厳しさを増している。この背景には、長年にわたりテレビ局と「蜜月の関係」を築いてきた広告代理店が彼らを見限り始めていることが大いに関係するという……。(2016/6/21)

IoTプラットフォーム×広告クリエイティブ発想:
博報堂アイ・スタジオが「広告新商品開発室」を新設
博報堂アイ・スタジオは、広告クリエイティブ発想でIoTや新テクノロジーを広告ビジネス化する組織「広告新商品開発室」を新設したと発表した。(2016/5/19)

インバウンド/アウトバウンド双方の海外進出企業を支援:
サイバーエージェント、広告事業において6つの地域に海外拠点を開設
サイバーエージェントは、海外企業のインターネット広告プロモーション支援強化を目的に、本格的に海外での営業を開始すると発表した。(2016/5/12)

屋外デジタル広告の成長をグローバルで加速:
電通、英国のデジタルOOH専門の広告会社を完全子会社化
電通イージス・ネットワークは、英国のデジタルOOH専門の広告会社であるLiveposterを完全子会社化することを発表した。(2016/5/6)

CyberZが予測:
2015年のスマートフォン広告市場規模は3717億円、2020年にはその2倍に
CyberZはスマートフォン広告市場動向調査を実施、2020年までの想定推移・広告商品別広告費などを発表した。(2016/4/21)

資本・業務提携を発表:
ソフトバンクとマイクロアドがスマートデバイス向け広告事業で協業
ソフトバンクとマイクロアドは資本提携およびスマートデバイス向けの広告事業での業務提携を発表した。(2016/4/21)

ドローンの光をつないで空間を巨大ディスプレイに――“21世紀の広告”「Sky Magic」始動
LED搭載のドローンが“点”となって編隊飛行し、巨大なディスプレイを作り出すプロジェクト「Sky Magic」を、ネット広告事業を手掛けるマイクロアドが発表した。(2016/4/20)

Facebook広告運用サービス「social gear Ads+」を活用:
Facebook向けネイティブ動画広告サービスに「C CHANNEL」がコンテンツ提供
トランスコスモスとソーシャルギア、C Channelは2016年3月8日、Facebook広告事業の拡大のため、ネイティブ動画広告コンテンツ制作において業務提携したと発表した。(2016/3/9)

日本の広告費、4年連続プラスに ネット広告は2けた成長、スマホと動画が拡大
2015年の日本の総広告費は6兆1710億円で4年連続のプラス成長となった。インターネット広告が2けた成長を記録し、特にスマートフォン、動画市場の伸長が目立つ。(2016/2/25)

総広告費は6兆1710億円:
電通「2015年 日本の広告費」、インターネット広告費が2桁成長でけん引
電通は2016年2月23日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2015年 日本の広告費」を発表した。(2016/2/23)

2015年の日本の総広告費は? 電通発表
電通が2015年の日本の広告費を発表。前年とほぼ横ばいの6兆1710億円となった。(2016/2/23)

編集部からのお知らせ:
第1回 ねとらぼメディア説明会(広告代理店様向け)を3月2日に開催【イベント】
ねとらぼの全てが分かる? ねとらぼメディア説明会を3月2日に開催します。スペシャルゲストもお招きしますので、ふるってご参加ください!(2016/2/2)

電力供給サービス:
電気料金が安くなれば電力会社を変更する割合、利用者の6割を超える
広告代理店の博報堂が電力の小売自由化をテーマに実施したアンケート調査によると、電気料金が安くなれば電力会社を変更する意向がある人は6割を超えた。新しいサービスで利用意向が最も高いのは長期契約による割引メニューで、ガスとのセット割引やポイントサービスの関心度も高い。(2016/1/19)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
毎年叫ばれる「動画広告元年」は本当に来ているのか?
マイクロアド執行役員で動画広告事業の責任者でもある西山明紀氏が、動画広告市場における現状の課題と2016年の課題展望について解説します。(2016/1/6)

Apple、幹部チームを再編 大手広告代理店Greyの幹部の参加も
Appleが幹部チームの再編を発表した。これまでエディ・キュー上級副社長が統括してきた一連のアプリストアがフィル・シラー上級副社長下に移り、浅井弘樹氏の退社後、マーケティングコミュニケーション担当副社長としてGrey Groupのトー・ミーレンCCOを迎える。(2015/12/18)

水曜インタビュー劇場(有料テレビ公演):
テレビは苦戦しているのに、なぜWOWOWは過去最高なのか
テレビ局の厳しい戦いが続いている。視聴率が低迷し、広告費が落ち込む……。そんな状況の中で、有料放送「WOWOW」が好調だ。加入件数は過去最高を突破し、大台の300万件も近づいてきた。その要因について、同社の担当者に聞いた。(2015/12/9)

主戦場が変わったという意見も:
iOS 9の広告ブロック機能、その影響を海外メディアから探る
iOS 9の新機能として注目を集めた「コンテンツブロッカー」。この機能を利用してWeb広告を非表示にするアプリが続々と登場しています。海外における広告業界の反応と、プラットフォーマーに訪れた新たな潮流をまとめました。(2015/11/4)

広告会社自身のコンテンツマーケティング:
売れるネット広告社が「広告業界用語まとめ動画」をリリース
売れるネット広告社は、社員が出演した21本の短編動画からなる「あるある!『広告業界用語まとめ動画』」をリリースした。(2015/10/29)

ネット広告業界団体IAB、“容認できる広告”の指針「L.E.A.N. Ads」プログラム立ち上げ
AppleやGoogleも参加するネット広告業界団体のIABが、最近の広告技術がネットの速度低下を招き、ユーザーの神経を逆なでしていることを認め、Light(軽く)、Encrypted(暗号化されており)、Ad choice supported(選択可能で)、Non-invasive(じゃまにならない)広告の指針プログラムを立ち上げた。(2015/10/16)

ダイレクトマーケティングにおける動画活用ニーズに対応:
サイバーエージェント子会社が動画広告制作スタジオを設立――最短で即日10本の動画広告制作が可能
サイバーエージェントの連結子会社で、動画広告に特化した広告代理事業を行うCyberBullは2015年10月13日、動画広告制作スタジオ「CyberBull Studio」を設立したと発表した。(2015/10/14)

Facebook、日本法人新代表に元楽天・長谷川氏 広告事業成長に注力
Facebook Japanの代表に長谷川晋氏が就任。Facebook、Instagramの広告事業に注力する。(2015/10/7)

日本市場は前回予測より上方修正:
世界の広告市場に占めるデジタル広告費比率、2015年は24.3%――電通海外子会社が予測
電通の海外子会社Caratは2015年9月24日、世界の広告費成長率予測の定期改訂について発表した。(2015/9/25)

テレビ東京や朝日新聞など約50のWebメディアをネットワーク化:
オムニバス、広告主と広告代理店向けに動画広告PMPを開始
オンライン動画広告事業を手掛けるオムニバスは2015年8月19日、広告主および広告代理店向けに動画広告専門のPMP(プライベードマーケットプレース)サービスを開始した。(2015/8/19)

福岡:
地方の広告業界の迷走と堕落
福岡市は、今後20年に渡り人口が増え続ける唯一の都市だと言われている。戦略特区にもなった。そんな地方都市の雄である福岡の広告業界が迷走している。(2015/8/17)

動画広告の効果測定と検証データの有効活用:
サイバーエージェント子会社、動画広告のPDCAを高速化する「HAYABUSA」を提供開始
サイバーエージェントの子会社で動画広告に特化した広告代理事業を行うCyberBull(サイバーブル)は、動画広告におけるフレキシブルなPDCAを実現するソリューション「HAYABUSA(ハヤブサ)」の提供を開始した。(2015/7/8)

有料放送領域における広告事業発展に向けて:
電通グループとアニマックス、「アニマックスPLUS」で広告事業を開始
電通とサイバー・コミュニケーションズは2015年7月3日、アニマックスブロードキャスト・ジャパンと共同でインターネット動画配信サービス「アニマックスPLUS」で広告事業を開始することを発表した。(2015/7/3)

Microsoft、広告事業のほとんどをAOLに委託、Bingマップ事業の一部をUberに売却
主力事業であるクラウドとモバイルにフォーカスするMicrosoftが、検索広告以外の広告販売をAOLに委託し、Bingマップのデータ収集事業をUberに売却する。(2015/6/30)

バイドゥ、東大発のベンチャー起業popInを買収 ネイティブ広告を強化
バイドゥが東大発ベンチャーのpopInを買収した。コンテンツの熟読率を指標化した「READ」技術を取得し、中国でのネイティブ広告事業を強化する。(2015/6/8)

VerizonのAOL買収、狙いはコンテンツよりも動画広告か
Verizonが44億ドルでの買収を発表したAOLの直近の業績をみると、Huffington Postなどを含むコンテンツ事業よりも動画広告を含む広告事業の売上高が圧倒的に大きい。Huffington Postがスピンアウトを検討しているといううわさもある。(2015/5/13)

ヤフー、18年連続増収増益 広告が好調、ECは流通総額拡大 クレジットカード事業に注力
ヤフーが18年連続増収増益を達成。広告事業が好調だ。(2015/5/1)

事業者向けのプラットフォーム:
ソフトバンク子会社、デジタルマーケティングツール購入プラットフォーム「Marketing Bank」を提供開始
ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンク C&S)は2015年4月13日、広告代理店やウェブ制作会社、印刷会社など、顧客企業にマーケティングツールを提案する事業者向けに、提案ツールやソリューションが購入できるプラットフォーム「Marketing Bank」の提供を開始した。(2015/4/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。