ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アジレント・テクノロジー」最新記事一覧

勝ち抜くための組織づくりと製品アーキテクチャ(7):
製品アーキテクチャの基礎(後編)
今回は、「オープン型」と「クローズド型」という2つの製品アーキテクチャを紹介したい。分かりやすく言うなら、前者はいわゆる“業界標準”で、後者は自社のみでの囲い込みである。とりわけ「オープン型」である業界標準について考察することは面白い。本稿では、記憶に新しい、トヨタ自動車のFCV(燃料電池自動車)無償特許公開と絡めて解説しよう。(2015/8/25)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第39回 IBISのPackage Model
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第39回はIBISのPackage Modelについて解説する。(2015/7/22)

M&A:
キーサイトがAniteを6億ドル超で買収、テスト用ソフトを強化
Keysight Technologiesが、チップセットの評価を行うソフトウェアを手掛ける英国のAniteを6億600万米ドル(750億円)で買収する。モバイル機器のテスト装置の世界市場で、25%以上のシェアを占めるとみられている。(2015/6/25)

TECHNO-FRONTIER 2015 開催直前情報:
“見えなかったノイズを見せる”電源ノイズアナライザ――キーサイト
キーサイト・テクノロジーは、2015年5月20〜22日に開催される「TECHNO-FRONTIER 2015」(千葉・幕張メッセ)で、ノイズ対策、電源向けに取りそろえる総合的な測定ソリューションを展示する。「今まで見えなかったノイズが見える」(同社)という電源ノイズアナライザなどに注目が集まりそうだ。(2015/4/21)

ビジネスニュース 企業動向:
アジレント、キーサイトの会社分割完了を発表
Agilent Technologiesは2014年11月3日(米国時間)、電子計測事業子会社であるKeysight Technologiesの会社分割が完了したと発表した。(2014/11/5)

アジレント電子計測部門が新たなスタート:
電子計測専業メーカー「キーサイト・テクノロジー」の目指す未来
2014年8月1日、アジレント・テクノロジー(以下、アジレント)の電子計測部門がアジレントから分割され、電子計測専門会社「キーサイト・テクノロジー」(Keysight Technologies/以下、キーサイト)としてスタートを切った。「電子計測専業となることで、これまで以上に研究開発投資が行えるようになる。ぜひ、キーサイトに期待してほしい」というキーサイト・テクノロジー日本法人 社長の梅島正明氏に今後の事業展望などについて聞いた。(2014/8/1)

テスト/計測:
食品や製薬、薬物を高速/高感度に分析、アジレントが分析装置
アジレント・テクノロジーは、誘導結合プラズマ発光分光分析計(ICP-OES)と、液体クロマトグラフ質量分析(LC/MS)装置2モデルの新製品を発表した。環境や食品、製薬医療などの分野において、有害物質検出、血液中の薬物特定といった用途に向ける。(2014/7/14)

アジレント・テクノロジー Agilent AC6800:
500VAから4000VA出力まで4モデルを用意、アジレントの基本AC電源
アジレント・テクノロジーは、大容量の基本AC電源「Agilent AC6800」シリーズを発売した。電子機器の設計や製造工程における基本的な試験用途に向ける。(2014/6/26)

やや乗り遅れた感はあるものの……?:
サムスンがスマートヘルスケアに本腰
ヘルスケア向けリストバンド「Simband」を発表したばかりのSamsung Electronics(サムスン電子)。AppleやGoogleもスマートヘルスケア分野に積極的に乗り出す中、Samsungもやはり同分野に狙いを定めているようだ。(2014/6/20)

テスト/計測:
ハンドヘルド型測定器事業を強化、サーモグラフィで日本アビオニクスと協業
アジレント・テクノロジー(以下、アジレント)は、メンテナンス市場向けハンドヘルド型測定器の事業を強化する。この一環として日本アビオニクスと協業し、ハンドヘルド型赤外線サーモグラフィ製品を共同開発した。これとは別に、ハンドヘルド型絶縁抵抗計やリモートリンク製品も発表した。(2014/6/3)

テスト/計測 アジレント:
「総合力」を強みに次世代ワイヤレス市場に挑む
ワイヤレス通信市場が最大用途市場となっているアジレント・テクノロジー。長く同市場に注力し続け、あらゆるワイヤレス通信に関するあらゆるニーズに応えられる製品/技術サポート力を築き上げてきた。現在、研究開発、規格化が進む第5世代携帯電話方式や自動車、産業機器といった新たに無線通信応用領域に対しても「総合力」を強みにリーディング企業の地位を狙う。(2014/5/26)

テスト/計測 オシロスコープ:
アジレントが「オシロ市場でトップシェア狙う」ミッドレンジの新製品投入
アジレント・テクノロジーは、ミッドレンジに位置付けるポータブルオシロスコープ2シリーズを発表した。新製品は、信号品質に対するオシロスコープ自体の影響を小さくするとともに、信号表示や解析の機能を強化した。極めて高いコストパフォーマンスも実現している。新製品投入でミッドレンジ分野でもシェアアップを図り、遅くとも2015年にはオシロスコープ市場全体でナンバーワンのシェアを獲得するための戦略商品と位置付ける。(2014/5/12)

アジレント・テクノロジー Agilent B1506A:
パワー半導体のゲート電荷や容量なども容易に測定、アジレントのアナライザ
アジレントのAgilent B1506Aは、パワーモジュールやインバータ、およびこれらを用いたシステムに実装されたパワー半導体素子の特性を測定することができるパワーデバイスアナライザである。IV特性に加えて、トランジスタ端子間容量やゲート電荷など、あらゆるパラメータを容易に測定できるようにした。(2014/5/7)

Design Ideas 信号源とパルス処理:
電源コントローラICをパルス発生器として使う
スイッチングレギュレータ用コントローラICをパルス発生器として利用する方法を紹介する。立ち上がり/降下時間が2ns未満のゲート駆動用パルスを発生させることができるようになる。(2014/5/2)

検査プログラムもイチから開発せずに済む!:
アジレントが計測器と関連ソフトなどをパッケージ化した製品を発表
アジレント・テクノロジーは、測定に必要な計測器や関連ソフトウェア、テストライブラリ、アプリケーションソースコードなどをまとめてパッケージで提供する「リファレンスソリューション」を発表した。このパッケージ製品を活用すると、測定器ユーザーは基本的な検査プログラムを一から開発する必要がなく、テストに関連する開発効率を大幅に改善できるという。第1弾としてワイヤレス通信用途の「パワーアンプ製造試験」向けパッケージ製品の出荷を始めた。(2014/4/22)

アジレントの電子計測事業を承継する:
キーサイト・テクノロジー、2014年8月1日から事業開始
アジレント・テクノロジーは2014年4月、日本国内での電子計測事業を承継する新会社のキーサイト・テクノロジーを設立し、2014年8月1日から事業を開始すると発表した。(2014/4/17)

アジレント Agilent 4300:
性能を維持しつつ35%の軽量化、アジレントのハンドヘルドFTIR
アジレント・テクノロジーの「Agilent 4300」は、従来のハンドヘルド製品に比べて、スキャン速度と測定感度を向上しつつ、重さは35%も軽量化を図ったハンドヘルドFTIR(フーリエ変換赤外分光光度計)である。航空機や自動車、ソーラーパネルなどに用いられるコーティング材料や複合材料、ポリマーといった先端材料の分析などの用途に向ける。(2014/4/7)

アジレント Agilent Infiniium Zシリーズ:
最大40チャネル同時測定と63GHz帯域幅を実現、アジレントのオシロスコープ
「Agilent Infiniium Zシリーズ」は、最大で40チャネル同時測定が可能で、63GHzのリアルタイム帯域幅を実現するオシロスコープである。「RealEdge」技術を搭載することで、75フェムト秒という低ジッタ測定フロアを実現しつつ、高周波領域の測定要求に対応している。(2014/3/24)

アジレント M8000シリーズ:
“なんでもできるBERT”――アジレントが新世代ビット誤り率測定器を発売
アジレント・テクノロジーは、ビット誤り率測定器(BERT)の新製品として「M8000シリーズ」を発売した。最大4チャンネル、最高32Gビット/秒のデータレートに対応し、ジッタ印加、ノイズ付加などあらゆる信号条件設定機能を搭載する。(2014/2/20)

アジレント Agilent E5063A PCBアナライザ:
プリント基板のインピーダンスを高精度に測定、アジレントのPCBアナライザ
アジレント・テクノロジーは、プリント基板(PCB)のインピーダンス測定に向けた「Agilent E5063A PCBアナライザ」を発表した。新製品はフル校正(ECal)の誤差補正を行うことで、従来製品に比べて測定確度と測定再現性を高めた。静電気保護回路も内蔵しており、高い静電気耐性を実現している。5%以下の高い確度が要求される携帯端末向けプリント基板などのインピーダンス測定に向ける。(2014/2/10)

アジレント Agilent E7515A:
LTE-Advanced Category 6にも対応、アジレントのワイヤレステストセット
「Agilent E7515A UXMワイヤレステストセット」は、4G(第4世代)およびそれ以降の無線通信規格向けチップセットや端末機器の機能試験、RF設計検証に適したシグナリングテストセットである。「LTE-Advanced Category 6」およびそれ以降の規格にも対応することが可能な製品アーキテクチャを採用している。(2014/2/3)

アジレント N8900シリーズ:
オートレンジ出力機能を搭載した「世界初」の大容量システム電源
アジレント・テクノロジーは、大容量の単出力プログラマブルシステムDC電源「N8900シリーズ」を発表した。定格電力内で多様な電圧/電流値に対応できるオートレンジ出力機能などを備えている。(2014/1/9)

ビジネスニュース:
アジレントから独立する電子計測事業、新社名はKeysight Technologies
アジレント・テクノロジーが、電子計測事業の独立によって立ちあげる新会社の社名が「Keysight Technologies」に決定した。米国カリフォルニア州サンタローザに拠点を置き、従業員数は約9500人になる見込みだ。(2014/1/8)

マイクロウェーブ展2013:
最大1.1THzに対応、アジレントの高周波測定器
アジレント・テクノロジーは、マイクロ波/ミリ波/サブミリ波に対応するシステムやデバイスの開発に向けて、最高レベルの性能を備えた測定器群を展示した。より高い周波数と広いバンド幅の要求が高まる無線通信領域に対して、同社は周波数が最大1.1THzに対応できるネットワークアナライザやスペクトラムアナライザ、標準信号源などを提供している。(2013/12/4)

ビジネスニュース 企業動向:
「分割で電子計測へのR&D投資は増える」――なぜ、アジレントは会社分割するのか
2014年11月に、電子計測事業とライフサイエンス/化学分析事業とで会社分割することを決定したアジレント・テクノロジー。両事業共に2桁を超える営業利益率を確保しながら、なぜ、このタイミングで会社分割を行うのか。アジレント日本法人社長の梅島正明氏に会社分割の経営判断に至った理由、狙いなどを聞いた。(2013/11/28)

アジレント MXG/EXG:
アジレント、コストパフォーマンス追求型のマイクロ波信号発生器を投入
アジレント・テクノロジーは、マイクロ波アナログ信号発生器の製品構成を一新し、新たにミドルエンドモデル「N5183B MXG」と低価格モデル「N5173B EXG」を発売した。これまで1000万円を超えるようなハイエンドモデルに限られた複雑な信号発生機能などを備える。(2013/11/27)

ビジネスニュース 企業動向:
アジレント、電子計測事業の分社化を発表
Agilent Technologies(アジレント・テクノロジー:以下、アジレント)は2013年9月19日(米国時間)、電子計測事業を分社化すると発表した。アジレントは、ライフサイエンス/化学分析(LDA)事業に集中する。2014年末までに分社化完了を目指す。(2013/9/20)

アジレント Xシリーズ:
「世界最速の掃引速度」のシグナルアナライザ
アジレント・テクノロジーは、シグナルアナライザ「Xシリーズ」の基本性能を高め「世界一高速な掃引を実現できるようになった」という新バージョン品の提供を開始した。(2013/8/19)

FAニュース:
初心者でも簡単に計測を自動化できるプログラミング学習用サイトをアジレントが公開
自動計測のチュートリアル、プログラミング言語ごとのアプリケーションノート、各種プログラミング言語対応のサンプルプログラムを提供。関連ドライバなどへのリンクもある。(2013/8/1)

テスト/計測:
“ソフトで設計できる”モジュール式計測器、数百チャンネルのデータもナノ秒レベルで同期
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)の「PXI」は、ソフトウェアでさまざまな機能を追加できるハイエンド向けの計測器だ。モジュールを必要なだけ付け足していくタイプの計測器で、数チャンネルの小さな計測システムから、数百チャンネルという巨大なシステムまで柔軟に構築できる。(2013/7/12)

アジレント Agilent 34461A/34460A:
独自技術でノイズ影響を軽減し、スパイク電圧を捉える6桁半DMM
「Agilent 34461A」と「Agilent 34460A」は、6桁半のデジタルマルチメータ(DMM)である。独自のTruevolt技術を用いることで、ノイズなど外部要因の影響を軽減することができ、測定結果の信頼度を改善した。さらに、測定データを処理する機能とその結果を表示する機能も高めた。(2013/6/18)

アジレント N9030AK-RT1/RT2:
リアルタイムスペアナにアジレントが参入、先行する競合を高いRF性能で追撃
スペクトラムアナライザ大手のアジレント・テクノロジーが、テクトロニクスやローデ・シュワルツが先行するリアルタイムスペクトラムアナライザの市場に参入した。高いRF性能を訴求し、シェアの獲得を目指す。(2013/2/28)

実装技術 シグナルインテグリティ:
高速シリアルの多レーン化がもたらすシグナルインテグリティの新たな課題
電子設計の世界では、マルチレーン高速バスの採用が一般化し、設計の複雑化と高速化が進行中だ。それによって、シグナルインテグリティに関わる新たな問題が生じている。そこで米国のEDN誌は、シグナルインテグリティの専門家を取材し、彼らの見解を仮想的なパネルディスカッションとして誌上に再構成した。なお、シグナルインテグリティには数多くの要因があるが、本稿ではクロストークとEMIに焦点を絞っている。(2013/2/27)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第17回 CAD/CAMデファクト・スタンダード
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第17回は、ガーバデータをはじめ、プリント基板設計技術者にとってデファクト・スタンダード(業界標準)となっているCAD/CAMツールのデータ形式について解説する。(2013/2/20)

ビジネスニュース 企業動向:
「10年先を見据えた戦略」、Samsungが11億ドルのシードファンド設立
Samsung Electronicsが、計11億米ドル規模のシードファンドを設立する。材料、半導体、インフラといった分野に積極的に投資し、技術革新を進めるという。業界関係者は、こうしたSamsungの姿勢について、「10年先を見据えた適切な戦略」だとコメントしている。(2013/2/7)

HTML形式の合否レポートを生成:
アジレント、低価格なUSB 2.0信号品質評価試験ソフトを発表
アジレント・テクノロジーは、同社のオシロスコープ「Agilent InfiniiVision 4000Xシリーズ」で動作する低価格なUSB 2.0信号品質テストソフトウェア「Agilent InfiniiVision 4000Xシリーズ用 USB信号品質評価試験ソフト」を発表した。(2013/2/6)

アジレント N9322C BSA/N9000ACXA:
“良いけど高い”から“良いのに安い”へ、アジレントが最安値うたうスペアナ投入
スペクトラムアナライザの7GHz機を121万1454円から、シグナルアナライザの13.5GHz機を240万2244円から、同26.5GHz機を288万2099円からで発売する。競合他社が供給する同クラスの機種に比べて、高い性能と機能を備えながらも、価格については2割前後低く設定したという。(2012/11/26)

アジレント InfiniiVision 4000Xシリーズ:
画面にタッチし波形を囲めばトリガーがかかる、200M〜1.5GHzの汎用オシロ
アジレント・テクノロジーの「InfiniiVision 4000Xシリーズ」は、リアルタイムサンプリングの汎用オシロスコープの新製品群。アナログ入力の帯域幅が200M〜1.5GHzで異なる品種を用意した。タッチパネルの直感的な操作で、複雑なトリガーを簡単に設定できることが特長だ。(2012/11/15)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第2回 IBISの新動向
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第2回テーマは「IBIS」。最近のIBISが決めた標準化とIBIS-ISSについて紹介する。(2012/11/13)

EE Times Japan Weekly Top10:
ムーアの法則はまだ終わらない、2014年には14nm FinFETも登場か
EE Times Japanで先週(2012年9月16日〜9月22日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/9/24)

CEATEC 2012 開催直前情報:
アジレントはワイヤレス・モビリティに向けた測定ソリューションを訴求
「CEATEC 2012」におけるアジレント・テクノロジーの展示テーマは、ワイヤレス・モビリティに対応する測定ソリューションだ。定評ある同社の測定技術を投入した高性能のハンドヘルド測定器やIEEE802.11ac向け測定環境、スマートメーター向けソリューションを展示する。(2012/9/19)

アジレント FieldFoxシリーズ:
マイクロ波帯の携帯型ネットアナ/スペアナ、「据え置き型並みの確度」うたう
スペアナとベクトルネットアナなどからなる「FieldFoxシリーズ」の新機種群は、最大26.5GHzのマイクロ波帯に対応した上、ダイナミックレンジやノイズ、パワー確度などの基本性能を大幅に改善した。衛星通信やレーダーなどのフィールド試験に加えて、研究開発の現場で手軽に利用できる補助的な測定器としての需要も見込む。(2012/9/3)

テスト/計測:
【NIWeek 2012】26年ぶりに“計測を再定義”、新コンセプトのRF計測器をNIが発表
NIが発表したモジュール型RF計測器の新製品は、スタンドアロン型RF計測器を複数台組み合わせて構築するのと同等の機能を備えており、「小型かつ高速で低価格」をうたう。加えて、内蔵FPGAをユーザーが同社のグラフィカル開発ツールを使って手元で書き換え、任意の計測機能を実現できる仕組みも用意した。(2012/8/14)

アジレント E5061B用ソフトウェア:
ワイヤレス給電用解析ツール、アンテナ入出力における特性を総合評価
アジレント・テクノロジーの「PS-X10-100」は、同社のネットワークアナライザ「E5061B」と組み合わせて使う解析ソフトウェアツールである。ワイヤレス給電用アンテナの入出力における交流電圧や電流、電力、電力効率を測定・解析することができる。(2012/7/31)

無線通信技術:
4Gの時代はもう来たのか、モバイルで1Gビット/秒実現へ
現在のモバイル通信の目標は、IMT-Advancedで規定されている。静止時に1Gビット/秒、高速移動時に100Mビット/秒というその目標をどうすれば実現できるのだろうか。LTE-Advancedを通過点として、創造的なアプローチを生み出す取り組みが続く。(2012/7/3)

アジレント EXAシリーズ:
高精度測定に対応しつつ価格を大幅減、ミリ波対応のスペクトラムアナライザ
アジレント・テクノロジーの「N9010A EXAシリーズ」は、測定周波数の上限が44GHzと高いミリ波対応のスペクトラムアナライザ。ミリ波デバイスの設計や検証に十分使える性能を実現しつつ、従来品に比べて価格を大幅に下げた。(2012/5/24)

アジレント MXG-B/EXG-Bシリーズ:
防衛レーダーから次世代Wi-Fiまで、「今」の課題に対応する高周波信号発生器
アジレント・テクノロジーの「MXG-Bシリーズ」は、位相雑音や出力電力、変調帯域幅、ACPR、EVMなど、高周波信号発生器としての基本特性を高めた6GHz出力の新機種だ。航空/宇宙/防衛向けのレーダーや、次世代Wi-Fiをはじめとする無線機能を備えた消費者向け機器の研究開発に使える。製造ライン向けにスループットを高めた「EXG-Bシリーズ」も用意した。(2012/5/14)

まずはサラウンドビューから:
車載イーサネット標準化団体が勢力を急拡大、発足5カ月で30社以上が参加
車載イーサネットの標準化団体である「OPEN Alliance SIG」が勢力を急速に拡大させている。2011年11月の発足時の6社から、5カ月後の現在は33社にまで参加社数を伸ばしている。(2012/4/17)

アジレント DSOX 90000Q:
63GHzの超広帯域リアルタイムオシロ、ノイズとジッタも業界最小をうたう
アジレント・テクノロジーのDSOX 90000Qシリーズは帯域幅が最大63GHzと極めて広いリアルタイムサンプリングのデジタルオシロスコープ。32Gビット/秒の高速シリアル信号を、基本波である16GHzの3次高調波まで取り込んで、高い精度で波形を観測できる。(2012/4/11)

アジレント DSOX3102A:
普及価格帯の汎用オシロ、1GHzの2チャネル機が税込み122万円台で登場
アジレント・テクノロジーは、昨年2月に投入した汎用オシロスコープの新シリーズ「InfiniiVision 3000X」に、帯域幅が1GHzの4機種を新たに追加した。競合他社の既存の1GHz機を意識し、価格を2チャネル機で税込122万円台と低く抑えたことが特徴である。(2012/2/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。