ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新製品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新製品」に関する情報が集まったページです。

ITはみ出しコラム:
Amazonが「音声アシスタント対応の電子レンジ」で生活家電に参入するワケ
米Amazon.comが大量の新製品を発表しました。日本でもスマートスピーカー「Amazon Echo」の新モデルが売られますが、印象深いのは初のオリジナル家電として、Alexa対応の電子レンジ「AmazonBasics Microwave」を発表したことです。(2018/9/23)

GoProが新型アクションカム「HERO7」 Blackは「ジンバル並み」手ブレ補正
GoPro新製品は予想通り、3モデル。最上位のBlackは「ジンバル並み」の手ブレ補正機能を搭載する。(2018/9/21)

Amazon、「Echo」ファミリー拡大で「Echo Dot」などの更新および電子レンジ他の新製品
Amazonが、Alexa関連の多数の新製品を発表した。「Echo Show」が10インチになり、Alexa対応の電子レンジや壁掛け時計、Wi-Fi対応のプラグなどが米国で発売される。(2018/9/21)

たけのこの里が成長して「竹の里」に!? 新製品と勘違いしそうなビックリ工作
本当だったら食べごたえありそうなのに〜。(2018/9/20)

マウス、GeForce RTX 2080搭載ハイエンドデスクトップPCの販売を開始
マウスコンピューターは、「G-Tune」「DAIV」ブランド製PCのラインアップにGeForce RTX 2080搭載ハイエンドモデルを追加した。(2018/9/20)

CADニュース:
CADファイルをPDFや3D PDFへ変換できる画像処理SDKの最新版
ラネクシーは、Accusoft製画像処理ソフトウェア開発キットの最新版「ImageGear for .NET V24」「DICOMGEAR for .NET V24」の販売を開始した。CADファイルをPDFや3D PDFへ変換するなど、さまざまな機能が追加されている。(2018/9/20)

FAニュース:
工場内に置くエッジコンピューティング端末にストラタスが参入、高信頼性を強みに
日本ストラタステクノロジーは2018年9月19日、エッジコンピューティング戦略を発表。併せてエッジコンピューティングに最適化した新製品シリーズ「ztC Edge」を発表した。(2018/9/20)

動作速度が最大18%向上:
安川電機、アーク溶接ロボットの新製品「MOTOMAN-AR1440E」を発売
安川電機は、アーク溶接ロボット「AR」シリーズの新製品として、可搬質量6kg、最大リーチ1440mmの7軸アーク溶接ロボット「MOTOMAN-AR1440E」を発売した。(2018/9/20)

UNiCASE、iPhone XS/XR対応ケースを発売 オリジナルの新作ケースも
UNiCASEは、オンラインストアでiPhone XS/XR対応ケース「Smooth Touch Hybrid Case」「ウルトラカイジュウウォレットケース」「Tassel Tail Cat」の予約販売を開始。また、女性のライフスタイルに合わせたアイテムを提案する新ブランド「MAELYS LOUN」も立ち上げた。(2018/9/19)

G-Tune、6コアCore i7とGTX 1060搭載を搭載した15.6型ゲーミングノート
マウスコンピューターは、GeForce GTX 1060を標準搭載した15.6型ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5560」シリーズの販売を開始する。(2018/9/19)

古田雄介のアキバPickUp!:
壁に! 背中に! “自作空間”を拡張するアイテムがアキバで注目を集める
ROGロゴを壁に照射できるスポットライトやCORSAIR製チェアなど、マシンの枠組みを超えた新製品が複数見られるようになった。次世代GeForceの深夜販売イベント情報も。(2018/9/19)

エイサー、湾曲パネルを採用した144Hz駆動対応のWQHDゲーミング液晶ディスプレイ
日本エイサーは、湾曲パネルを採用した27型・31.5型ゲーミング液晶ディスプレイ計2製品の販売を開始する。(2018/9/18)

将来的にはAI活用:
パルスボッツがフィギュアと会話できる台座開発 年内発売目指す
ソフトウェア開発のパルスボッツ(東京都目黒区)は14日、手持ちの3次元(3D)フィギュア(人形)との会話が楽しめる専用台座を開発したと発表した。例えばフィギュアに「ただいま」と呼びかけると、「おかえり」と返事してくれる。近く量産への準備を始め、年内の発売開始を目指す。(2018/9/18)

ポケットの中のエキサイティングなAI――林信行の新型「iPhone」発表イベント現地レポート
スティーブ・ジョブズ・シアターで行われたApple新製品発表イベントを林信行氏がレポート。"X世代”のiPhoneによってAIを使った新しいアプリの登場が期待される。(2018/9/14)

タッチ感度の調節ができる極細ペン先スタイラスペン
サンワサプライは、単四乾電池での駆動に対応しタッチ感度の調節にも対応したスタイラスペン「200-PEN032BK」の販売を開始した。(2018/9/14)

リモコンも使える3入力対応のHDMI切り替え器 税別999円
ドスパラは、3台の入力機器を接続できるHDMI切り替え器「DN-915476」の販売を開始した。(2018/9/14)

猛暑の夏は終わるも:
暮らしに新風! AIとビッグデータ分析を実装した今どきのエアコン事情
記録的な猛暑だった今夏はエアコンの販売に大きな弾みがつき、年間出荷台数は過去2番目の規模となる920万台が見込まれている。そうした中、来年を見据えて早くも各社がエアコンの新製品を相次いで発表している。その特徴とは……?(2018/9/14)

人工知能ニュース:
NVIDIAのフアンCEOが日本で初披露、組み込みAI向け新製品「NVIDIA AGX」
NVIDIAのユーザーイベント「GTC Japan 2018」の初日に行われた基調講演に、創業者兼CEOのジェンスン・フアン氏が登壇。組み込みAIを可能にする新たな製品ラインアップ「NVIDIA AGX」のローンチを発表するとともに、国内の製造業がAI開発プラットフォームとしてNVIDIAのGPUや開発プラットフォームを広く採用していることをアピールした。(2018/9/14)

東陽テクニカ XenoLidar:
“世界初”のTrue-solid-state型マルチビーム方式LiDAR「XenoLidar」
東陽テクニカは、ADAS/自動運転システム向けLiDARを手掛けるXenomatiXの周辺環境計測システム「XenoLidar」の販売開始を発表した。(2018/9/14)

UNiCASE、iPhone XS/XS Max/XR対応ケース・保護フィルムを発売
UNiCASEは、9月13日にオンラインストアでiPhone XS/XS Max/XR対応ケース・保護フィルムの予約販売を開始した。定番ハードケースや手帳型ケース、人気ブランドケース、キャラクターケースなどを豊富にラインアップする。(2018/9/13)

Pascal世代から12倍の性能向上:
NVIDIA、Turing世代の「Tesla T4」を発表【内容追加】
NVIDIAは2018年9月13日、同社プライベートカンファレンス「GTC Japan 2018」(2018年9月13〜14日、グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール)で、HPC(High Performance Computing)向けGPUボードの新製品となる「Tesla T4」を発表した。(2018/9/13)

「Apple Watch シリーズ4」発表 9月17日から販売開始予定、4万5800円から
ケースサイズはほぼそのままで、画面サイズはより大きく。(2018/9/13)

アシストスーツ:
空気圧式の“人工筋肉”を搭載したマッスルスーツ3タイプ、鉄筋工など前屈みの作業をサポート
PALTEKは、イノフェスが開発した空気圧式アシストスーツ「マッスルスーツ」シリーズに、導入しやすい低価格化・軽量化を図った「Edge」モデルが新たに加わり、販売を開始した。マッスルスーツは、これまでに3400台以上が導入されており、今後引き合いの多い建設業界にも本格的にPRしていく。(2018/9/13)

ラネクシー ImageGear for .NET V24:
CADファイルに対応する画像処理アプリケーションの開発を効率化する画像処理SDK
ラネクシーは、米Accusoftが開発した画像処理ソフトウェア開発キットの最新版「ImageGear for .NET V24」および「DICOMGEAR for .NET V24」の販売開始を発表した。(2018/9/13)

「京急創立120周年記念懐中時計」が予約販売開始 限定300個だぞ、急げぇぇ!
渋かっこぇぇぇ! 文字盤に京急2100形電車のデザイン。(2018/9/12)

デル、USB Type-C接続も可能な4K HDR対応の31.5型ディスプレイなど2製品
デルは、USB Type-C接続をサポートした31.5型4Kディスプレイ「U3219Q」など計2製品の販売を開始する。(2018/9/12)

記者も着用、重量物の持ち上げも:
産業向け「パワードスーツ」の黒船、ドイツから到来
ドイツのロボティクス企業であるGBS German Bionic Systems(以下、GBS)は2018年9月11日、同社の産業向けパワードスーツ「Cray X」を日本で販売開始すると発表した。多くの有力企業がひしめく激しい競争下にある日本市場で、GBSはどのような戦略を取るのか。(2018/9/12)

デル、ペン入力にも対応した13型2in1ノート「XPS 13 2-in-1」など2製品の販売を開始
デルは、13型2in1ノートPC「XPS 13 2-in-1」およびCore i9搭載15.6型ノートPC「XPS 15」の販売開始を発表した。(2018/9/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが10月2日に発表する「新Surface」は何か
Apple、Googleに続いて、新製品発表の予告をしたMicrosoft。例年10月に「Surface」関連の新製品を発表しているが、2018年は何が登場するのだろうか。(2018/9/11)

サンワ、キー音が響かない静音設計のBluetoothキーボード
サンワサプライは、静音設計のBluetoothワイヤレスキーボード「SKB-BT29BK」の販売を開始する。(2018/9/10)

FAニュース:
動作速度を18%高速化した7軸アーク溶接ロボット、最適な溶接トーチ姿勢を維持
安川電機は、アーク溶接ロボット「AR」シリーズの新製品として、7軸アーク溶接ロボット「MOTOMAN-AR1440E」を発売した。7軸制御によるアームの回り込み姿勢により、最適な溶接トーチ姿勢を維持したまま溶接できる。(2018/9/10)

インバースネット、スマートな狭額縁デザインの14型ノート「NSM」シリーズを発売
インバースネットは、14型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したノートPC「NSM」シリーズの販売を開始する。(2018/9/7)

名古屋オートモーティブワールド2018:
金属3Dプリンタ新製品「METAL X」を展示、長繊維式カーボンプリンタメーカーのMarkforged
ファソテックは「第1回 名古屋オートモーティブワールド」(2018年9月5〜7日、ポートメッセなごや)において、Markforgedのカーボンファイバー3Dプリンタ「The Mark Two」を紹介するとともに、2018年に日本での発売を開始した金属3Dプリンタ「METAL X」の実演展示を行っていた。(2018/9/7)

「Made by Google」イベントは10月9日と正式発表 「Pixel 3」(仮)登場?
Googleの毎年恒例の製品発表イベント「Made by Google」が10月9日と正式に発表された。ニューヨークで開催する。次期Pixel端末の他、Chromebookや多数の新製品が披露される見込みだ。(2018/9/7)

ゲームクリエイター・田尻智:
ポケモン考案につながった「昆虫採集」とインベーダーゲーム
新製品が次々に登場し、入れ替わりの激しいゲームソフトの中で、異例のロングヒットを続ける「ポケットモンスター(ポケモン)」シリーズを生み出した田尻智さん。その原点は、昆虫採集などに夢中だった小学生時代の体験にあった。(2018/9/7)

IFA 2018:
スマート照明「Hue」に防水・防塵モデルなど新顔続々 ゲームと連動して色が変わるプログラムも
Philips(フィリップス)は、「IFA 2018」でスマートLED照明「Hue」の新製品35機種を一挙に発表した。防滴加工を施し、浴室でも使える初のモデルや、防水・防塵対応のアウトドア用のモデルも登場する。(2018/9/6)

日立はvSphereのソースコードを参照可能に:
日立の発表した、「VMwareを高信頼にする」プラットフォームソリューションとは
日立製作所は2018年9月4日、金融機関の勘定系システムや社会インフラへの適用に向け、VMware vSphere環境の信頼性を高めたプラットフォームソリューションの販売開始を発表した。(2018/9/6)

ロジクール、米ゲーミングブランド「ASTRO Gaming」製品の販売を開始 
ロジクールは、「ASTRO Gaming」ブランド製品の国内取り扱いを発表、ゲーミングヘッドセットなどの販売を開始する。(2018/9/6)

Boseの睡眠サポートイヤフォン「sleepbuds」 日本でも販売開始
ボーズは9月6日、睡眠をサポートするイヤフォン「Bose noise-masking sleepbuds」の販売を日本国内でも開始した。(2018/9/6)

自動運転技術:
アウディ新型「A8」はレベル2で日本導入、2019年には「AIアクティブサスペンション」も
アウディジャパンは2018年9月5日、東京都内で会見を開き、フルモデルチェンジした「A8」と「A7 Sportback」を日本で発売すると発表した。両モデルとも、電源電圧が48Vのマイルドハイブリッドシステムや、全面タッチパネルのインフォテインメントシステムなど新技術を採用した。A7 Sportbackは同年9月6日から、A8は同年10月15日から販売を開始する。(2018/9/6)

電子ブックレット(FA):
実装機の新たな工場通信規格始動/エッジクロス製品の販売開始
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は2018年4〜7月のスマートファクトリーについてのニュースをぎゅっとまとめた「スマートファクトリー ニュースまとめ――2018年4〜7月」をお届けします。(2018/9/6)

プロジェクションアッセンブリーシステム:
OKI、組み立て作業ミスの“ゼロ化”を映像とカメラで支援するシステムを販売
OKIは、生産現場での組み立て作業ミスのゼロ化を支援する「プロジェクションアッセンブリーシステム」の販売開始を発表した。(2018/9/6)

SENSE-M037-i3-UHS[Drafter 3D CAD]:
低価格化を実現した「Fusion 360」向けクリエーターPCのエントリーモデル
ユニットコムはiiyama PCブランドの「SENSE∞」から、ミニタワーケースを採用した「Autodesk Fusion 360」向けクリエーターPCのエントリーモデルの販売開始を発表した。(2018/9/6)

ASUS、144Hz駆動対応15.6型フルHD液晶を備えたゲーミングノート「ROG STRIX SCAR II GL504GS/GM」
ASUS JAPANは、狭額ベゼル仕様の15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵するゲーミングノートPC計3モデルの販売を開始する。(2018/9/5)

選んだ理由は「ゲーマー目線の方針」──ALIENWAREがプロゲーマーとスポンサー契約
エントリーゲーミングディスプレイとノートPCのエントリーモデル新製品の概要も解説。(2018/9/5)

QNAP、PCIeカード拡張もできるフラットデザインのSOHO・ホーム向けNAS「TS-251B」
QNAPは、ホームおよびSOHO向けの2ベイ搭載NAS「TS-251B」の販売を開始した。(2018/9/4)

昨年は不漁で小ぶり:
大戸屋が3日からサンマ定食開始、「豊漁なら値下げも検討」 吉野家も初
定食屋チェーンの大戸屋は3日、焼きサンマ定食の販売を開始した。事前には予定していなかったが、大量のサンマが次々と水揚げされていることから、急遽(きゅうきょ)全国での店舗で販売することを決めた。牛丼大手の吉野家としても初のサンマを使った定食をメニューに加えるなど、ここ数年の不漁から一転、今年はサンマが外食の注目メニューになりそうだ。(2018/9/4)

スマートホーム:
「太陽光と燃料電池」を搭載の分譲住宅、近鉄不動産が販売
近鉄不動産は奈良市で、家庭用燃料電池「エネファーム」、太陽光発電システム、HEMSを標準搭載する分譲住宅の販売を開始した。(2018/9/4)

IFA 2018:
これがソニーの高級ポータブル、IFAでオーディオ新製品続々
ソニーは、ベルリンで開催しているエレクトロニクスショー「IFA 2018」に大規模なブースを構え、信号処理能力を従来機の4倍に引き上げたというワイヤレスヘッドフォンやウォークマンの技術を応用した高級オーディオプレーヤーなど、さまざまな新製品を披露した。(2018/9/3)

Weekly Memo:
「NEC 365」にみるマイクロソフトの新しいパートナー協業形態
NECとMicrosoftが「Microsoft 365」の利用を促進する新サービス「NEC 365」を共同開発し、販売を開始した。この動きに、Microsoftの新しいパートナー協業形態が見て取れる。(2018/9/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。