ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「水族館」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「水族館」に関する情報が集まったページです。

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
あ…あんがいたのしいですね… こぐまのケーキ屋さん(28)「すいぞくかん」
お目々がキラキラするほど楽しそうなこぐま店長です。(2018/7/15)

釣り人から集めた写真300万枚、人力でタグ付け AIが魚を判別するアプリ「フィッシュ」はこうして生まれた
AI(人工知能)技術を活用し、写真から魚の種類を判別するスマートフォンアプリ「フィッシュ」が登場した。釣り人から集めた約300万点の写真をAIに学習させるために、写真1枚1枚に人力でタグを付けたという。「気が遠くなる作業だったのでは?」――開発スタッフに聞いてみたところ……。(2018/7/13)

「月刊アクアライフ」に熱帯魚の擬人化キャラが登場 記念すべき1体目はまさかの「熱帯魚のエサ」
食べられちゃう方だった。(2018/7/12)

ケープペンギンやホワイトタイガーがコップのフチですやすや 水族館の動物たちがカプセルトイになって登場!
ホワイトタイガーやオシャレハナダイに混じって館長さんもフィギュア化。(2018/7/12)

今日のリサーチ:
「ナイトプール」に「ナイトアクアリウム」 真夏の夜の女子的過ごし方――リクルート調べ
リクルートは、2018年夏の「ナイトアクティビティー」人気ランキングを発表しました。(2018/7/12)

【ラビオくん】W杯の結果を予言する生物、数打てば割と当たる説【検証】
来年のラグビーワールドカップでも何か出てきそう。(2018/7/7)

幸せの極み! 菊地亜美、10日間のラブラブハネムーンをインスタ鬼更新で振り返る
数日間で約70枚の写真を投稿。(2018/7/6)

「IKEA」「ららぽーと」がある、あの駅:
東京駅から30分圏内で「家賃が安い駅」ランキング 1位は……?
東京駅から電車で30分以内にアクセスでき、かつ家賃相場が安い駅は?(2018/7/5)

横浜・八景島シーパラダイスが開業25周年大規模リニューアル 水族館増築やクライミングアトラクション新設など
25周年おめでとうございます。(2018/7/2)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
水族館にいきません? サメもいますよ こぐまのケーキ屋さん(27)「ごえんりょしておきます」
こわがる店長もまたかわいいのであった……。(2018/7/1)

流通総額1000億円目指す:
LINEが旅行事業参入 「LINE」でホテル、航空券、ツアーが予約可能に
LINEが旅行ビジネスに参入し、「LINEトラベル」をスタートした。「LINE」でホテル、航空券、ツアーを予約可能なサービス。当初はホテルのみに対応するが、10月に航空券、12月にツアーの検索・予約に順次対応する。(2018/6/28)

“質屋アプリ”ことCASHの運営会社が開発:
今、金欠でもハワイに行ける!? 旅行代金を「ツケで払う」アプリ始動
「質屋では」などと批判されたアプリ「CASH」の運営会社が新サービスを開始。最高で10万円までの旅行商品を買えるアプリで2カ月先まで後払いできる(2018/6/28)

四国の議論:
アイドルもいない廃校水族館、予想外のヒット……その理由は?高知・室戸の館長に聞く
12年前に廃校となった小学校舎を再利用した水族館が今春、高知県室戸市にオープンした。その名も「むろと廃校水族館」。イルカのような「アイドル」がおらず、「はたして人が来るのか」と陰口も聞かれたが、いざフタを開けてみれば約1カ月で入場者が1万人を超える想定外のヒットに。(2018/6/28)

ねとらぼおでかけ部:
写真のどこに生き物がいるか分かりますか? 大自然が生んだ激ムズクイズに挑戦できるサンシャイン水族館「化ケモノ展」
これは分からん……。(2018/6/28)

アイドルもいない廃校水族館、予想外のヒット……その理由は? 館長に聞く
12年前に廃校となった小学校舎を再利用した水族館が想定外のヒット。イルカのような「アイドル」がおらず、「はたして人が来るのか」と陰口も聞かれたが、いざフタを開けてみれば約1カ月で入場者が1万人を超えている。その理由は?(2018/6/27)

衝撃事件の核心:
「タートルショック」カメ1匹40万円、カワウソ100万円……密輸絶えない希少野生動物
タートルショック−。関係者の間ではそう呼ばれることもあるらしい。直訳すれば「カメの衝撃」だが、意味合いとしては、世界的規模の金融危機「リーマンショック」の使われ方に近い。(2018/6/21)

海の中にもひょっこりはん カラフルで楽しい写真集『かわいい海のいきもの』発売中
実際に会いに行ける水族館の情報も掲載。(2018/6/20)

「シナモロール」というキャラクターは存在しないって本当?
じゃあ、あのキャラクターは一体……?(2018/6/21)

小学校プールをウミガメやサメが泳ぐ 廃校舎を水族館にした「むろと廃校水族館」、非日常感と懐かしさで人気
高知県室戸市にある児童減少で廃校となった小学校。4月に水族館として生まれ変わったところ、GWに1万人が訪れるなど大人気に。(2018/6/15)

サンシャイン水族館「草原のペンギン」水槽で初めての赤ちゃん! 生まれたてのペンギンがかわいい
ほやほや、ふわふわ!(2018/6/15)

来場者12万人から40万人へ「V字回復」:
お金なし、知名度なし、人気生物なし 三重苦の弱小水族館に大行列ができるワケ
休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館が、人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある。その秘密に迫った。(2018/6/8)

煎餅から飼育用まで!! ふるさと納税でブレーク「オオグソクムシ」って何モノだ!?
ふるさと納税の返礼品で、聞き慣れない深海生物で人気を集めている自治体がある。漁業のまち、静岡県焼津市だが、返礼品の「オオグソクムシ」って一体何だ!?(2018/5/29)

モフモフな姿がかわいすぎる ビントロングの三つ子ちゃんが神戸どうぶつ王国で誕生
クマっぽいけどジャコウネコの仲間。(2018/5/15)

擬態する生きものがいっぱい! 「化ケモノ(ばけもの)展」がサンシャイン水族館で開催
夏休みの自由研究にも良さそう。(2018/5/8)

高い集客力を維持:
節目迎えた「サンシャインシティ」「六本木ヒルズ」 なぜ好調なのか
東京を代表する超高層ビルが節目の年を迎えている。池袋のサンシャインシティは開業40周年、六本木ヒルズは開業15周年。ともに開業から時を経ても、高い集客力を維持している。(2018/4/27)

池袋の平和を守る!? カエル戦隊「ケロレンジャー」サンシャイン水族館に参上
梅雨時期限定のイベントです。(2018/4/26)

ぽやぽやの赤ちゃんに会いに来て すみだ水族館でマゼランペンギンの赤ちゃんが誕生
名前の募集も始まります。(2018/4/24)

「ヒレアシ甲子園」結果発表! 初代チャンピオンは伊勢シーパラダイスのセイウチ「ヒマワリ」
得意技は闘魂注入。(2018/4/24)

タイムアウト東京のオススメ:
愛らしい姿に癒やされる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/4/24)

「天空のペンギン」も話題に:
サンシャインシティ、来訪者が過去最高に 17年度、3290万人突破
東京・池袋で複合商業施設を運営するサンシャインシティは4月23日、17年度の来訪者数が過去最高の3290万人に達したと発表した。サンシャイン水族館も「天空のペンギン」水槽が人気を集め、来場者数は過去最高となった。(2018/4/23)

駆け付けた仲間が竜巻と鯨を召喚しホオジロザメをゲット この世のものとは思えぬ釣りアプリ登場にネット騒然
新感覚どころの騒ぎじゃねぇ!(2018/4/19)

「イルカショー継続のため」:
「イルカ追い込み漁」禁止に反発、新たに京急油壺マリンパークがJAZA退会
日本動物園水族館協会(JAZA)が加盟施設に和歌山県太地町で行われている追い込み漁によるイルカ入手を禁じた問題に絡み、新たに京急油壺マリンパーク」がJAZAを退会したことが分かった。(2018/4/6)

アクアリウム勢に朗報 ろ過装置等を外部に置き自由なレイアウトを実現する水槽が商品化
個人で研究されてきた水槽が商品化。(2018/4/5)

目をぎゅっとおさえて眠る動物さんたち カプセルトイ「みないで寝」が登場
「みないでね」だと……!?(2018/4/4)

「ヒレアシ甲子園」の中間速報発表 よみうりランドのカリフォルニアアシカ「リップ」が1位に
ベストナインが発表されました。(2018/4/1)

VRニュース:
ANAの瞬間移動サービス「AVATAR」が起動、意識や思いを“遠くに届ける”
ANAホールディングスが、ロボティクスやVR/AR、ハプティクス技術などを使って遠隔地の体験をリアルタイムで届ける“瞬間移動サービス”「AVATAR(アバター)」事業について説明。「飛行機でお客さまの体を“遠くに届ける”だけでなく、AVATARで意識や思いを“遠くに届ける”新たなサービスを提供していく」(同社社長の片野坂真哉氏)という。(2018/3/30)

アシカ・アザラシ・セイウチさん 全国47頭のヒレアシ類から頂点を決める「ヒレアシ甲子園」開催
愛される一芸を持っている1頭を選びます。(2018/3/21)

「シェイプ・オブ・ウォーター」が描く抑圧と解放 モンスターの一撃は何を救済したか?
ネタバレ注意。(2018/3/21)

チンアナゴはシャイな性格 海の生き物をユーモラスに紹介した愛知・竹島水族館の「魚歴書」が1冊の本に
ついつい読んじゃうあの解説がいつでも楽しめる。(2018/3/20)

「はじめましてー」 マレーシア生まれのコツメカワウソ サンシャイン水族館に仲間入り
名前はラジャだよー。(2018/3/20)

海のモフモフ待ってました! 連載復活した漫画『水族カンパニー!』新刊もかわいい仕上がり
水族館を舞台にしたコメディー漫画。動物たちの交流が丁寧に描かれています。(2018/3/14)

アリゲーターガーに乗ってスイーッと運んでもらうカメさん まるで昔話のような光景が目撃される
カメさんラクチンでうらやましいな。(2018/3/12)

猫ちゃん「お客さん、こってますニャ〜」 ひたすらフミフミされるオオサンショウウオさんの姿に心がほぐれる
ふみふみふみふみふみふみ……。(2018/3/8)

ヤバすぎる海の危険な生物たちが一堂に! しながわ水族館で「海の危険ないきもの大集合」展が開催
ゾクゾクワクワクしちゃう。(2018/3/5)

CP+2018:
竿と360度カメラで水中撮影できる「Bi水族館」 リアルタイムに観察可能
ルミカは、パシフィコ横浜で開催している「CP+2018」で、360度カメラ「Bi 360VR」を展示した。価格はオープンで、4月ごろの発売を見込む。(2018/3/1)

凍死の熱帯魚が大量漂着、サンゴは白化……あまりの寒さが引き起こす海の異変
日本列島を襲った寒波で、和歌山県沿岸の海に異変が起きている。海水温が著しく低下。熱帯魚が凍死し、海岸に大量に漂着する事態が相次ぐとともに、サンゴの白化も引き起こしている。(2018/2/28)

魚に与えるのはごちそう、自分の昼食は食パン1枚――ある水族館職員の体験談が悲しくもおかしい
文系出身で水族館に就職した人が体験を漫画化。(2018/2/7)

札幌円山動物園が「アメリカドクトカゲ」の繁殖に成功 日本の動物園・水族館で初めて
展示もスタートしています。(2018/2/6)

猫ちゃんと海外旅行気分♪ 猫のコスプレ雑貨「キュートなねこの世界旅行」が登場
どの国にしようかな。(2018/1/24)

楽しい鍋パの最中、アンコウの口から出てきた驚くべきものとは!?
意外とよくあることらしい。(2018/1/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。