ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「化粧品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!コスメティック→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でコスメティック関連の質問をチェック
「化粧品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

セーラームーン「星空のオルゴール」モチーフのコスメが登場 うさぎと衛の「愛の象徴」がシャイニークリームに
プレミアムバンダイさんが大人女子を狙い撃ち……!(2018/6/20)

いつまでも働き続けたい:
ファンケルの「アクティブシニア社員」は会社に何をもたらすのか?
労働人口が減少する日本において、いち早くシニア世代が活躍する場所を作ろうとする企業が出てきている。化粧品と健康食品メーカーのファンケルでは65歳以上の社員が柔軟な勤務体系で働き続けられる「アクティブシニア社員」という制度を打ち出した。そこで活躍する社員に実際の話を聞いた。(2018/6/19)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
マーケティングはしない、自分たちが本当に欲しいものを作る――化粧品ブランド「マナラ」が女性たちの支持を集める理由に迫る
「効果が実感できる化粧品を作りたい」という岩崎裕美子氏の思いから2005年に創業したランクアップ。女性たちの支持を集め続ける理由とは何だろうか。(2018/6/13)

PR:化粧品会社が新航空会社「ナリス航空」設立!? 「角質経由美肌行き、間もなく離陸いたします」ってどういうこと!?
角質除去員からのご案内です。(2018/5/25)

「@cosme」のアイスタイルがリアル店舗で韓国進出 新羅免税店に“日本コスメゾーン”
化粧品情報の口コミサイト「@cosme」を運営するアイスタイルが韓国の大手免税店「新羅(シーラ)免税店」と連携。同免税店の店舗内へ、アイスタイルがプロデュースする日本コスメゾーンを設け、韓国国内や中国人旅行者向けに訴求する。(2018/5/16)

座っているだけで肌の状態が分かる「スキン スキャン」 SK-IIが体験型ショップに導入
化粧品ブランド「SK-II」(エスケーツー)を展開するP&Gプレステージが体験型ショップ「FUTURE X Smart Store by SK-II」(東京都渋谷区)にオープン。「座って正面にあるカメラを見つめるだけで肌の状態を分析してくれる」体験ができるブースを設け、分析結果に合わせたおすすめ製品も試せる。(2018/5/15)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
「使いかけのコスメ」が大量出品 あなたの知らない「メルカリ」の世界(後編)
スマートフォンで流行しているサービスや使い方を、イマドキ女子の「美咲」が上司の課長に分かりやすく解説する連載。「メルカリ」の後編では、より実践的な内容を指南します。どんな商品を出品すると、売れやすいのでしょうか?(2018/5/7)

真っ赤なボディーのSamsung「お姫様ケータイ」(懐かしの海外ケータイ)
海外メーカーの携帯電話を1500台以上所有する筆者のコレクションから、懐かしい製品を振り返る連載。今回はSamsungの通称「お姫様ケータイ」と呼ばれるシリーズの最終モデル。ぱっと見ると化粧品のコンパクトのように見えます。(2018/4/8)

男性も使える:
化粧品会社が導入 「肌の不調で休める」肌休暇の狙い
ナリス化粧品が4月から「肌休暇」を導入する。なぜ「肌の不調」を休暇取得理由とするのだろうか。制度の狙いや内容について聞いた。(2018/3/26)

化粧品メーカー5社がランクイン:
女子就活生の人気企業ランキング、1位は……
楽天みん就が女子就活生の人気企業ランキングを発表。トップ20に化粧品メーカー5社がランクイン。1位となったのは……。(2018/3/20)

無料で新品コスメが使えるサービス「HowTwo」開始 利用回数は無制限
HowTwoは新品コスメが無料で使えるサービス「HowTwo」の提供を開始した。(2018/2/1)

AR+スマホのビデオカメラで自分に合った眉毛を試せるWebアプリ登場
米コスメメーカーBenefit CosmeticsのWebサイトで、スマートフォンのカメラで映している自分の顔にARで眉毛を重ね、似合う形を試せる「Brow Try-On」サービスが始まった。(2018/1/22)

人材不足の解消図る:
ファンケル、店舗の契約社員を「地域限定正社員」に
化粧品メーカーのファンケルは4月1日から地域限定正社員制度を新設する。(2018/1/10)

医療技術ニュース:
実験動物に依存しない、新たな感作物質試験法を開発
東北大学は、実験動物に依存しない新たな感作物質試験法「IL-8 Luc法」を開発した。同試験法がOECDのテストガイドラインに採択されたことで、国内外の化粧品や医薬品開発において標準的な試験法として用いられることが期待される。(2017/12/28)

資生堂「IoT化粧品」来春提供 その日の肌をチェック、配合をチェンジ
資生堂がスマホアプリとIoTマシンを活用し、日々変化する肌の状態に合わせ、美容液を抽出するシステム「Optune」を開発した。2018年春にβ版を発売する。(2017/11/27)

中価格帯の美容液や化粧品を製造:
資生堂、栃木に化粧品の新工場 IoTも導入 約400億円で
資生堂が、2019年に栃木県大田原市に新たな製造工場を建設すると発表。中価格帯の美容液や化粧品の製造を担う。IoTの技術も取り入れ、品質管理を徹底する。(2017/10/19)

見た目だけで周囲の態度が180度変わってしまう化粧品CMが「差別的」と物議 販売元「突然、否定的な声が急増して困惑」
元KARAのク・ハラさんらが出演するフェイスマスク「オルフェス」のCM。(2017/9/26)

肉球パフを採用した猫好きのための化粧品「ぷにぷに猫の手ファンデ」が登場 クラウドファンディングサイトで先行公開中
パッケージに愛猫が掲載されるチャンスも。(2017/8/22)

医療機器ニュース:
ヒトが消化吸収できるコンドロイチンを量産、水による分子結合切断で低分子化
丸共水産と北海道立総合研究機構は、ヒトの消化管での吸収性を大幅に高めた糖鎖オリゴマーを開発し、量産する技術を確立した。この糖鎖オリゴマーは、機能性食品や化粧品/医療用素材などでの活用が期待される。(2017/7/4)

自撮りの顔にメーク自動合成 資生堂アプリにAR機能
スマホのカメラで撮った顔にリアルタイムでメークを自動合成する機能が、資生堂のアプリに6月下旬〜7月上旬に追加。自宅にいながら化粧品を試せる。(2017/6/27)

お菓子が化粧品に変身!? 職場にある食べ物を駆使したメイクアップ動画がすごかった!
発想力がヤバい。(2017/6/21)

女性消費者「失望した」と炎上:
ちふれ「女磨き」広告を取り下げ 「不快な表現あった」
ちふれ化粧品が5月26日、批判を浴びていた「女磨き」について謝罪。広告を取り下げた。(2017/5/26)

「女磨き、おろそかにしていませんか?」 ちふれの広告が炎上 「不快な思いさせた」と削除
「仕事、家事、育児……女磨き、おろそかにしていませんか?」――ちふれ化粧品のこんなWeb広告に批判が集まり、ちふれが26日、削除・謝罪した。(2017/5/26)

ちふれ化粧品の広告企画が「女磨き」押し付けと批判 企画は取り下げ「お詫び」
企画が「女追い詰め商法」「余計なお世話」「本当にがっかり」と、女性「らしさ」の押し付けだと批判が噴出していた。(2017/5/26)

製造IT導入事例:
化粧品大手が需要予測から在庫補充計画までを管理する計画システム導入
新日鉄住金ソリューションズとJDAソフトウェア・ジャパンは、需要予測から出荷計画、在庫計画、補充計画までを一貫して支援する国内向けPSI計画システムを資生堂が導入したと発表した。(2017/5/26)

Amazonの「Prime Now」が取り扱い品目を拡大 ドラッグストアやデパートの商品が最短1時間で届く
「Amazonプライム」の会員特典「Prime Now」が、デパートやドラッグストアで販売している商品に対応。対象エリアでは1時間(一部は2時間)以内にサプリメント、化粧品、惣菜・弁当や生鮮食品などが届く。(2017/4/18)

目の粘膜までアイメークするのは危険? 医師、化粧品メーカー、メークアップアーティストを取材
ネット上ではマイボーム腺という器官を塞いでしまうと言われています。(2017/4/8)

「メイク初心者さんへのアドバイス!」が、めちゃくちゃ分かりやすい! 新生活にメイクデビューする女子にオススメ
化粧品カウンターのお姉さん(BA)によるアドバイス。コンビニでのプリントも可能!(2017/4/2)

「美少女戦士セーラームーン」をモチーフにしたルージュ登場 セーラー5戦士をイメージした本格コスメ
お値段は3024円。大人女子にもおすすめ!(2017/3/31)

協働ロボット:
機械と人間の最強タッグ、資生堂が人型ロボットを化粧品生産ラインに導入
資生堂は、同社掛川工場のメーキャップ製品の組み立て工程に産業用人型ロボットを試験導入した。作業者1人、ロボット2台のチームで組み立てを行う。(2017/3/27)

資生堂、化粧品工場に人型ロボット導入 人間と一緒に組み立て作業
人間の作業者1人と人型ロボット2台が一緒に製品を組み立てるという。(2017/3/23)

おしゃれなミクさんがかわいい 「初音ミク」とコラボしたコスメとカラーコンタクトが発売
天使なパッケージが目印!(2017/3/18)

「イオナ〜ァ〜」と“女性の横顔”のCMが懐かしい「イオナ」化粧品の応援漫画が拡散→イオナ公式Twitterのフォロワーが爆増する事態に
愛のある「実際に1カ月使ってみたレビュー」や紹介を漫画で投稿し、イオナ公式Twitterから感謝の言葉も。(2017/3/3)

大人のメイクアップに、ムーンプリズムパワーを。 マキアージュ×セーラームーンのコラボデザインコスメが登場!
ポーチに入れたくなるかわいさ。(2017/1/29)

油性ペンがコスメに? 「マジックインキ」とコラボしたマスカラ&クレンジングオイルが完全に筆記用具
本物のマジックインキと混同しないよう注意……!(2017/1/25)

太田智美がなんかやる:
カネボウ化粧品がスマートフォンに挿す「肌水分センサー」無料配布 試してみた
忘年会、新年会続きで何かと乱れがちなこの頃。お肌の状態は……?(2016/12/21)

ITの力で全国の社員をつなぐ:
業界初、資生堂が84インチ「Surface Hub」を導入した理由
資生堂が社員の多目的ワーキングスペースに84インチの「Surface Hub」を導入。同スペースを運営するのは「未来創造局」という部署だという。何だか「化粧品の老舗ブランド」という資生堂のイメージとは違うような……? 実際にどのようなニーズや効果があったのか、担当者に聞いてみた。(2016/12/14)

クレジットカード情報も約5万件流出の恐れ:
資生堂子会社に不正アクセス、個人情報42万人分が流出か
大手化粧品メーカー、資生堂の子会社「イプサ」の公式オンラインショップに、不正アクセスがあったことが発覚。最大で約42万人分の個人情報と、約5万件のクレジットカード情報が流出した可能性がある。(2016/12/2)

GACKTプロデュースの「ビューティープロジェクト」だと!? まずは基礎化粧品から登場
22日から予約販売がスタートするそうです。(2016/11/16)

資生堂、事業所内保育事業に参入 社内の支援ノウハウ活用
大手化粧品メーカーの資生堂は11月1日、保育事業への参入を発表。2017年2月をめどにJPホールディングスと合弁会社を設立する。“女性が働きやすい会社”で知られる同社がノウハウを生かし、女性活躍の支援を行う。(2016/11/1)

自然エネルギー:
フランスの大手化粧品会社、日本事業所の電力を100%バイオマスに
化粧品大手の日本ロレアルはグリーン電力証書を活用し、日本国内の事業所の電力を再生可能エネルギーに切り替える。石巻合板工業のバイオマス発電所で発電した電力を活用し、環境負荷の低減を図る。(2016/8/31)

美容家電&ブランドコスメが無料で使えるだと……! ヤマダ電機 LABI新宿東口館のパウダースペースに行ってきた
無敵(無料で素敵)!(2016/7/29)

Twitterのイラストから誕生した化粧品「童話コスメ」って? “高くて無名”でも支持される理由
ほぼノーブランドで4000円、にもかかわらず支持されているアイシャドウ――それが「童話コスメ」。Twitterに投稿されたイラストをもとに、クラウドファンディングで生み出された化粧品は、2500人に支援され1000万円を集めた。「童話コスメ」が人気を集め続ける理由はどこにあるのか。(2016/7/25)

新垣結衣さんの瞳にスタッフが写り込み ポスター制作の化粧品メーカー謝罪
「一生懸命やってた結果とは言え、ご不快に思われた皆様に深くお詫びもうしあげます」と謝罪しています。(2016/7/18)

資生堂、高級化粧品ブランド「ローラ メルシエ」など買収 海外展開を強化
資生堂は、高級化粧品ブランド「ローラ メルシエ」「リヴィーブ」を取得し、海外での販売力を強化する(2016/6/3)

「はだしのゲン」になりきって化粧品をガチレビュー コスメ総合サイトに謎の猛者が現る
この下地、ジャンジャンジャガイモサツマイモじゃ。 (2016/5/30)

厚労省、日中友好開発の化粧品「ばらクリーム」「三黄クリーム」からステロイド成分が検出されたと発表
使用を中止し、速やかに医療機関を受診するよう呼びかけています。(2016/5/25)

シャキーーーン! 世界初となる「フリスク」のコスメ誕生! ボディソープなど全6アイテム
爽快感がすごそう。(2016/5/13)

えれな&香里奈姉妹が久々2ショット 「2人とも美人」「名古屋がほこる、かわいい姉妹」の声
化粧品イベントで共演しました。(2016/4/21)

AmazonのIoTボタン「Dash Button」、好評につき100種類に拡大 Illyのコーヒーやロレアルの化粧品も
Amazonが、IoT発注ガジェット「Dash Button」が1周年を迎えるに当たり、扱う商品を100種類に拡大した。日用雑貨だけでなく、化粧品やペットフードもボタン1つで発注できる。(2016/4/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。