ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「芸術」最新記事一覧

質問!芸術・アート→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で芸術・アート関連の質問をチェック

「細菌で文字を描く作品」に「画像圧縮アルゴリズムを物語にした作品」も メディア芸術祭に行ってきた
今年のメディア芸術祭でビビッときた作品を紹介する。(2017/9/19)

蝉の抜け殻で作った「エイリアン」のクオリティーに称賛と驚きの声続々 「もはや芸術」「天才」「ガチでエイリアン」
創造神現る。(2017/9/18)

これぞ未来のポケモンGO体験? 「相棒ポケモンと記念撮影」イベント開催
「平成29年度[第20回]文化庁メディア芸術祭受賞作品展」にて、実際のプレイヤーとCGのポケモンを一緒に撮影できるイベントを実施中だ。(2017/9/16)

週刊「調査のチカラ」:
100歳に学ぶ、プレミアムな人生の過ごし方
芸術は長く人生は短いということわざはあれど、実際には日本人の長寿化はますます進行している模様です。今回は、芸術の秋より人生の秋を思う調査レポートをまとめ読みします。(2017/9/16)

まるで金属の粘土 クリエイティブおもちゃ「マグネティックボール」の動画で作り出される数々のアートに刮目
コ〇コ〇コミックで漫画になりそう。(2017/9/10)

「池袋ウエストゲートパーク」の舞台・池袋西口公園、2019年に野外劇場へ大改修 ドラマの印象一新する狙いも
日常の憩いの場でありつつ、オーケストラコンサートなどさまざまな芸術を発信する場にも。(2017/9/7)

恐竜の折り紙=百億円 5歳児が自分の作品に値段を付けて販売するECサイトがほっこり&前衛的
「ごみばこ」の工作物は1870円。ECサイト「5歳児が値段を決める美術館」がいろいろとアーティスィックです。(2017/8/31)

「新海誠展」が国立新美術館で11月から 「ほしのこえ」から大ヒット作「君の名は。」まで完全網羅
東京会場では初公開の資料も展示予定。(2017/8/28)

MoMAに“永久収蔵” 独特の触感のフリップケータイ「MEDIA SKIN」(懐かしのケータイ)
「au Design project」から生まれた「MEDIA SKIN」は、薄型のフリップボディに特殊な塗装を施すことで独特の触感を実現しました。そのデザイン性の高さから、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品にも選定されました。(2017/8/27)

もしも美術史にハリネズミが登場したら? 「真珠の耳飾りのハリネズミ」「ハリネズミの誕生」……ハリネズミアートがふしぎかわいい
こんな美術史もありかもしれない。(2017/8/19)

ゴッホの「ひまわり」、世界の美術館がリレーライブ
ロンドンから東京まで5カ所を結んだFacebookライブ動画が配信された。(2017/8/15)

なぜ、そんな場所に名画が!? 怪盗ルパンさながら“大胆盗難”一部始終
大阪の駅構内で展示中だった評価額5000万円の絵画が、怪盗ルパンさながらの大胆かつ鮮やかな手口で盗まれた。どんな犯行だったのか。(2017/8/9)

客も気付かず:
なぜ駅に名画が!? ルパンさながら大胆犯行の一部始終
大阪府枚方市の駅構内で展示中だった評価額5000万円の絵画が2015年秋の深夜、怪盗ルパンさながらの大胆かつ鮮やかな手口で盗まれた。(2017/8/8)

夏にピッタリ“白玉インコのゼリー寄せ”がカワイイ! カラフルなスイーツ風フードアート
愛らしいインコさんに夏バテでもテンションが高まりそう。(2017/8/8)

「ねぞうアート」火付け役が創業した「ハハノマド」破産
「ねぞうアート」ブーム火付け役が昨年創業した「ハハノマド」が破産。(2017/8/3)

タイムアウト東京のオススメ:
2時間のアート体験で腹を満たす
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/8/1)

徳川美術館、「日本の城は600」ツイートについて謝罪
ツイートが不適切との指摘を受けたとして謝罪しています。(2017/7/23)

自撮りしようとして……アート作品をドミノ倒し 米国で
ギャラリー側は訴訟を起こさないとしています。(2017/7/17)

「劇場版ポケモン」新ビジュアルにアーティストの四宮義俊 新海誠監督も「美しい」と絶賛
四宮さんは「言の葉の庭」でポスターアートを担当。(2017/7/13)

「蟲師特別編」など制作:
アニメスタジオのアートランドが私的整理を模索
「蟲師特別編」などで知られるアニメーションスタジオ・アートランドが債務整理を始めた。老舗スタジオから2010年に会社分割で新設も、16年12月時点で債務超過に。負債は2億9884万円。(2017/7/7)

アニメ会社アートランドが債務整理へ 「超時空要塞マクロス」「銀河英雄伝説」「蟲師」などの名作を手掛ける
なんとか復活してほしいものです。※追記・訂正あり(2017/7/7)

こんなのずるいよぉ! 本物にしか見えない“地面に落ちた1000円札のトリックアート”が引っ掛からざるを得ない
拾おうとせずにはいられない。(2017/7/7)

「そのヌードには、秘密がある」 横浜美術館で「ヌード」展開催
ドキドキ。(2017/7/5)

細かな凹凸も完全再現 パンケーキの生地で描かれたドクロがリアルすぎて怖い
食べられるアート。(2017/7/5)

食欲の秋、芸術の秋、そしてマチュピチュの秋! 東京・上野で「古代アンデス文明展」が10月21日から開催
ワリ帝国にする? インカ帝国にする? それとも、ナ・ス・カ……?(2017/6/30)

例のセーラー水着を着せたファンアートが続々 いまもえさんや五月雨ちゃん、イカちゃんも!
この夏、絵師さんの間で流行しそう。(2017/6/26)

「バベルの塔」がもう1枚!? タブーを超え実現した「クローン文化財」制作秘話
東京芸術大学がオランダとの共同研究で「バベルの塔」のクローンを制作。最先端テクノロジーと伝統技術のコラボで実現した。(2017/6/22)

ザッパーン 編み物と刺しゅうを組み合わせて“水面から飛び出すサメ”を表現した作品がアートでかわいい
表現力と発想が素晴らしい。(2017/6/22)

プレゼントに最適……? 「ゴッホの耳」消しゴムがアート
筆箱に入ってたらびっくりしそう。(2017/6/25)

「美術館ナンパ」指南で大炎上! 「ちょいワル」元LEONの名物編集長を直撃
「ちょいワル」ブームを巻き起こしたことで知られる岸田一郎氏が手掛ける雑誌が発売前からネットで炎上。美術館での“ナンパ指南”「気持ち悪い」などの否定的意見が相次いだ。渦中の岸田氏を直撃した。(2017/6/20)

牛の部位でツンツンは「言ってない」:
「美術館ナンパ」指南で大炎上! 名物編集長を直撃
今月創刊の中高年男性向けの新雑誌が、発売前からネット上で大炎上している。“美術館ナンパ指南”の名物編集長は……。(2017/6/16)

4Kプロジェクターなどで東京を描き出す――体験型アート展「TOKYO ART CITY by NAKED」
キヤノンマーケティングジャパンは、6月16日より開催される体験型アート展「TOKYO ART CITY by NAKED」への機材協力を発表した。(2017/6/14)

人の顔を絵画や銅像風に変換しアニメーション化する技術 チェコの研究チームが開発
手本の絵や写真を人間の動画に反映し、生き生きと動かしています。(2017/6/14)

PR:ここまで芸術的に人物を撮れる! HUAWEI P10/P10 Plusで一歩進んだカメラライフを
ライカ品質のカメラが好評だったファーウェイの「HUAWEI P9」の後継モデルが登場。6月6日に発表された「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」は、人物をよりキレイに撮影できるようになった。その実力を徹底チェックする。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/6/12)

意外な才能! 平野ノラの絵画センスがガチだった「上手! おったまげ!」
普通にうまくてビビる。(2017/6/6)

断頭台の女王、魔性の女、漂流船の死体……絵画の裏側を想像して恐怖する「怖い絵」展が開催
あのベストセラー「怖い絵」刊行10周年記念!(2017/5/28)

ジブリ美術館の「ジブリ飯」企画展がいよいよ開始 内覧会の様子をお腹いっぱいリポート
行ってきました!(2017/5/26)

プラレールと江戸切子・箱根寄木細工など伝統工芸が融合 もはや“おもちゃ”でなく“アート”
東京おもちゃショー2017に出展。販売の予定はないとのこと。(2017/5/27)

「ハリー・ポッター」にこんなの出てきたような? 動画を埋め込んだ「動く写真」をスマホで印刷できるデバイス登場
魔法を使わずに「動く肖像画」のような一枚をプリント。(2017/5/25)

太陽光:
表参道でIoTゴミ箱の実証開始、太陽光発電機能を搭載
日本システムウエアとアートファクトリー玄は2017年5月18日、スマートゴミ箱の実証実験を表参道で開始した。IoT技術を活用し、見回りと回収費用削減に向けた機能の確認を行うという。(2017/5/24)

タイムアウト東京のオススメ:
アートはコーヒー片手にじっくり眺める
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/5/23)

清水富美加、所属事務所が専属芸術家契約終了を報告
幸福の科学側も清水さん名義で報告。(2017/5/20)

建て替え作業中の渋谷PARCOの工事仮囲いが「アートウォール」に 河村康輔さんによる「AKIRA」アート掲出
カッコイイ。(2017/5/17)

創業50周年だが……:
アートスポーツ、破産 消費低迷で資金繰り悪化
スポーツ用品販売のアートスポーツが破産した。(2017/5/10)

5月9日は「ニコニコ美術の日」 ニコ生で「ミュシャ展」と「海北友松展」を同日生中継
専門家による解説とともに、5時間半の長時間中継を実施。(2017/5/8)

サンドアート世界大会で日本人アーティストが優勝! 砂像「宮本武蔵」に「度肝抜かれた」の声続々
ヒーローというテーマで選んだのは、侍。(2017/5/8)

ESEC2017&IoT/M2M展 開催直前情報:
効率化のための「派生開発」なのに手戻りが多い理由とは?
横河ディジタルコンピュータ、アートシステム、DTSの3社の組み込み関連事業を統合して2017年4月1日にスタートしたDTSインサイトが、「第20回 組込みシステム開発技術展」に出展する。課題が多く発生する「派生開発」にフォーカスした提案を行う。(2017/5/8)

パスタアート風イラストで話題沸騰の画像ブレンドアプリ、「Ostagram」がスゴイ! その使い方をご紹介
時代はここまで来たか……。(2017/5/6)

桜や紅葉のインクがきれいじゃなイカ! 四季を切り取った「スプラトゥーン」のファンアートが話題に
構想から約1年かけて制作されました。(2017/5/4)

「科学が進歩すると、それはそれで疲れる」――2026年描く「劇場版 ソードアート・オンライン」伊藤監督の“未来観”
人工知能(AI)がデータを分析し、個人の好みに合ったスイーツをおすすめする――そんなシーンが登場する「劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-」。技術がさらに発達していくとしたら……同映画の伊藤監督に、未来のテクノロジーへの考え方を聞いた。(2017/5/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。