ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「芸術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!芸術・アート→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で芸術・アート関連の質問をチェック

思わず息をのむ美しさ! 海や空をそのまま閉じ込めたようなレジン(透明樹脂)アートがステキ
これは欲しくなる……!(2018/12/11)

ナルトの「螺旋丸」を現実に作れるだと…… 手の中で“光”が形を変えるアート作品に「かっけえ!」「胸熱」の声
実際に触ってみたすぎる……!(2018/12/8)

フェルメールの全36作品がスマホアプリで鑑賞可能に ARの導入で美術館気分も味わえる
お好きな場所でフェルメール。(2018/12/7)

今日のリサーチ:
メルカリで最も取引成立率が高いのは50・60台女性という事実――メルカリ調査
50・60代は美術品やスポーツ用品など趣味に関わるものの取引が多いようです。(2018/12/5)

“アートとして作られた人工衛星”が大剣みたいでかっこいい 太陽光を受けて流星のように輝く
12月6日ごろから、世界各地で観測できるとのことです。(2018/12/4)

展示は1回10分、ネスレ日本が開催:
モネにゴッホ、ムンクも ラテアートで名画“描く”「飲める美術展」
ネスレ日本がラテアートで名画を再現した“美術展”をスタート。カフェラテの上に絵をプリントしたラテアートシートを載せた。1回10分限定だが実際に注文することも可能。(2018/12/4)

建築模型がアートになった ティーポットやガラス容器に小さな庭を作った作品がファンタジック
建築模型がこんなステキな作品になるなんて。(2018/12/1)

任天堂、著作物の利用ガイドライン発表 実況動画に著作権侵害を主張せず「体験が広く共有されることを応援したい」
ファンアートについても言及。(2018/11/29)

北斎やゴッホの絵が飲めちゃう 東西の名画をラテアートで再現する“10分間の美術展”開催
カラフルなラテアートを気軽に体験。(2018/11/27)

新たなディズニープリンセス“クララ”のドレスをお菓子やゴム手袋で表現! 映画「くるみ割り人形と秘密の王国」をテーマに美大生9人がアート制作
おいしそうなお菓子のドレスから天然石を使ったドレスまで個性的な9着ができ上がりました!(2018/11/27)

品川の「原美術館」、2020年12月に閉館 施設老朽化に伴い 群馬の別館に集約し「原美術館ARC」として継続
1930年代ヨーロッパモダニズムを取り入れた、実業家・原邦造氏の私邸を活用して1979年に開館。(2018/11/22)

「もはや写真集というか芸術本」 「月刊」シリーズのラストに三浦宏規、初の写真集にファン狂喜
月刊三浦宏規……何というパワーワード。(2018/11/21)

本棚に“路地裏”が現れるアート作品「路地裏bookshelf」に称賛の声 「すごいステキ」「好きすぎる」
その場所の空気感を感じる「路地裏」の物語をアートに。(2018/11/20)

鮮やかな紅葉が美しい着物に……! 切り絵と風景を合わせたアート作品が情感あふれる秋の物語
4枚の写真の中で移り変わっていく秋の時間がたまらない……。(2018/11/19)

PR:半導体工場からMGVsワイナリーへの大転換を支えたトップの思いと人の力
MGVsワイナリーは、山梨県にある半導体製造会社が2017年春に立ち上げたワイナリーだ。半導体製造とワイン生産──。一見、無関係に思える両者だが、“ものづくり”に賭ける思いには共通するものが多いという。とはいえ、半導体しか作ったことのない企業がワイン造りに挑むのは、常識的にはあり得ないような話だ。その挑戦をいかに成功への軌道に乗せたのか。MGVsワイナリー代表取締役の松坂浩志氏と、アートディレクションを手掛けたエムテド代表取締役の田子學氏に話を聞いた。(2018/11/19)

ジブリ美術館1年半ぶりの新企画展示「映画を塗る仕事」展いよいよスタート 貴重なセル画約200点
貴重な資料がどっさり。(2018/11/16)

落ち葉の中からピカチュウがとびだしてきた! イチョウの葉を掃き集めて描いたアートに絶賛の声
目鼻は枯れ葉、ほっぺは紅葉。かわいいっ。(2018/11/13)

「魔法の杖」や「ニュートのトランク」 魔法アイテム製作を一手に担う男が完全に小道具の魔術師
「ハリポタ」「ファンタビ」シリーズの小道具を一手に担うピエール・ボハナ造形美術監督に聞きました。(2018/11/12)

タイやマグロで乙女やユニコーンを表現したお刺身アート まるで童話や絵本の1シーンのよう
世界一ロマンチックなお刺身かも。(2018/11/10)

展示ケース内の汚染を長期間防ぐ新技術「ピクチャープロテクト」
大林組は、グループ会社の内外テクノスと共同で、美術館や博物館などに設置される展示ケースの内装材などから発生する有害ガスを抑制する空気質の汚染対策技術「ピクチャープロテクト」を開発した。施工直後から長期間にわたり、密閉した展示ケース内を良好な状態に保つことが可能になる。ピクチャープロテクトは、2019年1月をめどに内外テクノスで販売開始する予定。(2018/11/6)

米シカゴ美術館、5万超える芸術作品の画像をWebで公開 無料でダウンロードできる
クロード・モネの「睡蓮」、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など。(2018/11/3)

東京藝術大学がゲームコースを新設 2019年4月より
ゲームも芸術です。(2018/10/31)

KDDIら、5Gドローンのバーチャル飛行が体験できる実証実験を開催
KDDIらは、11月3日に5Gドローンを活用したバーチャル飛行体験ができる実証実験を実施。広島県・ふくやま美術館前広場で開催される「備後フィッシュフェス」で、4K高精細カメラで撮影した福山城周辺の空撮映像を半球状スクリーンにリアルタイム配信する。(2018/10/29)

AIが描いた肖像画、約4850万円で落札 作者名は“数式”
署名の代わりに、生成に用いられた数式が記されています。(2018/10/26)

講師陣・奨学金を強化:
東京藝大、19年度から授業料20%値上げ 標準額上回るも「優秀な芸術家育てる」
東京藝大が2019年度から学部、20年度から大学院の授業料を約20%値上げする。学費はともに、文科省が定める標準額を超える年間約64万円となる。講師陣や奨学金を拡充し、優秀な人材を育成する狙い。(2018/10/26)

AIが描いた絵画、4900万円で落札 予想額の40倍以上
AIが描いた絵画が著名オークション「クリスティーズ」で43万2500ドル(約4900万円)で落札された。予想額の40倍以上だ。(2018/10/26)

テレビ東京、「池上彰の現代史を歩く」使用画像について謝罪 ドラクロワの絵画ではなくコラ画像だった
誤って使用してしまったとのこと。(2018/10/24)

「わらい」と「こわい」という相反するテーマ:
江戸時代の男の関心がわかる? 京都春画展の見方
京都市左京区の細見美術館で「日文研コレクション 描かれた『わらい』と『こわい』展」が始まった。(2018/10/23)

いくつ知ってる? 旅好きが選ぶ「日本の美術館・博物館ランキング2018」発表
ロケーション込みで楽しめそうな施設が数多くランクインしました。(2018/10/23)

10年前と現在の作品を比較した「針金アート」がすごい進化ぶり! 「かっこいい」「なにこれすごい」と驚きの声
現在の作品がシビれるかっこよさ……!(2018/10/20)

本物の池みたい! ガレージに描いた3Dアートの動画が見入ってしまうレベル
完成までをタイムラプスで公開してます(2018/10/20)

「人生が続く限り芸術家の活動は続く」 芸術家を“あしながおじさん”が月額で支援 ピクスタが新サービス
ストックフォトサービスを運営するピクスタが芸術家の継続的な創作活動を支援するサービス「mecelo」(メセロ)の提供を開始した。芸術家が継続して活動できるよう“小さなあしながおじさん”を募る。(2018/10/18)

東京都美術館の「ムンク展」にポケモンコラボグッズ登場 ピカチュウやイーブイが「叫び」風にぐにゃ〜
「叫び」ポケモンをあしらったアクキーやiPhoneケースが販売。会場限定ポケモンカードの配布もあります。(2018/10/16)

“自撮り中に電話が来た人”の写真が現代アート感あふれる仕上がり 「巨大アンテナ」「めっちゃ電波入りそう」
スマホが昔の携帯みたいに。(2018/10/16)

“ものすごく芸術点の高いゴリラペア”織田信成&村上佳菜子の変顔、リンク外でも高得点をたたき出す
いつからこうなった。(2018/10/15)

「カッコ良すぎ」「もはや、芸術」 デビュー26周年の大黒摩季、ほぼ無修正な“音楽筋”が話題に
アラフィフの星。(2018/10/15)

会社のシュレッダーに額縁をつけてみた投稿に反響 「現代アートになった」「どこでもバンクシー」
話題になった光景がお手軽に再現されています。(2018/10/13)

ゴミか? 芸術か? 奇妙な芸術が続々登場する「バッドアート美術館展」開催
「無視するにはひどすぎる」な作品の数々。(2018/10/8)

「凄い…」「もはや芸術」 “詐欺メイク”の「ゆにばーす」はら、長髪ブロンドヘアでまたも別人になる
自分の目を疑いたくなる。(2018/10/8)

イヤフォンのコードで描いた「音楽を聴く女の子」がすごい Twitterで発想とセンスに驚く声上がる
驚きと同時に引き込まれるアート作品です。(2018/10/6)

裸婦像ポーズの猫ちゃんが神々しい 名画になっても違和感がない美しさに「すごい」「似合いすぎてて笑った」
猫ちゃんの芸術的な美しさにやられる。(2018/10/6)

両手にモフモフ、目にアート 西小山の猫カフェが世界初の試みで癒やしの新たな境地を開拓中
愛猫家まっしぐら。(2018/9/22)

香取慎吾がルーブル美術館で初個展 稲垣&草なぎも駆け付けとびきりの笑顔
初個展でルーブルすげぇぇぇぇ!(2018/9/19)

安室奈美恵さんへの感謝を込めて ファンが描いた超絶テクニックのチョコレートアートに「すごいものを見てしまった」「アムロスが癒された」の声
ぜひ本人にも届いて欲しい……!(2018/9/19)

うどん県副知事の奇行! 要潤、誰も追いつけないセンスで“謎肉アート”を大量生産してしまう
どういうセンス?(2018/9/18)

VR空間の美術館で作品を間近で鑑賞できる 大日本印刷が「DNPバーチャルギャラリー」を開発
そのまま複製作品と交換できる機能も搭載。(2018/9/11)

作品を間近で鑑賞できる“VR美術館”、DNPが開発 美術館などに提供へ
大日本印刷がVR(仮想空間)空間に作られた美術館で、絵画や彫刻を実際に手に取っているかのように鑑賞できるシステムを開発した。美術館や出版社などに提供する。(2018/9/10)

人類のデータを未来に届けるストレージ
「5D光学ストレージ」とは? 360TBのデータを138億年保存する仕組み
5D光学ストレージは、360TBのデータを138億年もの長期間保存できる見込みがあると研究者は話す。美術館や公文書保管所など膨大な情報を保存する組織には有用かもしれない。今後数世紀にわたって進化するだろう。(2018/9/1)

CCさくらの展覧会、「カードキャプターさくら展 −魔法にかけられた美術館−」に決定 メインビジュアルの圧倒的かわいさよ……!
来場者にはCLAMP先生の描き下ろしオリジナルクリアカードが配布されます。(2018/8/30)

アートな弾幕に目を奪われる 個人制作のミニマルなシューティングゲーム「Solid Aether」が面白そう
弾幕系シューティングゲーム初心者でもきっとプレイしたくなる。(2018/8/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。