ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「芸術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!芸術・アート→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で芸術・アート関連の質問をチェック

関連キーワード

両手にモフモフ、目にアート 西小山の猫カフェが世界初の試みで癒やしの新たな境地を開拓中
愛猫家まっしぐら。(2018/9/22)

香取慎吾がルーブル美術館で初個展 稲垣&草なぎも駆け付けとびきりの笑顔
初個展でルーブルすげぇぇぇぇ!(2018/9/19)

安室奈美恵さんへの感謝を込めて ファンが描いた超絶テクニックのチョコレートアートに「すごいものを見てしまった」「アムロスが癒された」の声
ぜひ本人にも届いて欲しい……!(2018/9/19)

うどん県副知事の奇行! 要潤、誰も追いつけないセンスで“謎肉アート”を大量生産してしまう
どういうセンス?(2018/9/18)

VR空間の美術館で作品を間近で鑑賞できる 大日本印刷が「DNPバーチャルギャラリー」を開発
そのまま複製作品と交換できる機能も搭載。(2018/9/11)

作品を間近で鑑賞できる“VR美術館”、DNPが開発 美術館などに提供へ
大日本印刷がVR(仮想空間)空間に作られた美術館で、絵画や彫刻を実際に手に取っているかのように鑑賞できるシステムを開発した。美術館や出版社などに提供する。(2018/9/10)

人類のデータを未来に届けるストレージ
「5D光学ストレージ」とは? 360TBのデータを138億年保存する仕組み
5D光学ストレージは、360TBのデータを138億年もの長期間保存できる見込みがあると研究者は話す。美術館や公文書保管所など膨大な情報を保存する組織には有用かもしれない。今後数世紀にわたって進化するだろう。(2018/9/1)

CCさくらの展覧会、「カードキャプターさくら展 −魔法にかけられた美術館−」に決定 メインビジュアルの圧倒的かわいさよ……!
来場者にはCLAMP先生の描き下ろしオリジナルクリアカードが配布されます。(2018/8/30)

アートな弾幕に目を奪われる 個人制作のミニマルなシューティングゲーム「Solid Aether」が面白そう
弾幕系シューティングゲーム初心者でもきっとプレイしたくなる。(2018/8/25)

「絵みたいな穴」に落ちてしまう事故 ポルトガルの美術館で
確かに絵に見える……。(2018/8/21)

タイムアウト東京のオススメ:
アートな冒険に出る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/8/15)

お皿に集合する「ユキンコ」の破壊力よ……! FF14のモンスターをモデルにしたファンアートいなり寿司がかわいい
かわいすぎて食べられない!(2018/8/12)

ムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」の開業日が決定 埼玉県に2019年3月16日オープン
アートな体験ができる展示から、子供も楽しめるアトラクションまで。(2018/8/9)

縄文に古代アンデス、仏像も 『月刊MdN』でいにしえの異形の美術を特集
いにしえの人々の創造性に驚嘆。(2018/8/7)

テレポート失敗かな? 焼き物と生き物を融合したアート作品が「バグった3D画像みたい」と話題
昔のゲームで見た。(2018/8/1)

Surface Book 2を漫画家がガチで仕事に使ったらどうなる?
漫画「AIの遺電子」で第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞を受賞した山田胡瓜氏が「Surface Book 2」をレビュー。仕事で使ってみた結果は……?(2018/7/27)

「鉄腕アトム」を“透視”するアート作品が見事! ロボット内部が見えてくる仕掛けに感動の声
ゾクゾクする仕掛けのアート作品です。(2018/7/27)

蒸し暑いけど心地良い日本の夏 ノスタルジーを感じる昭和っぽいピクセルアートが「ステキ」「和む」と人気
趣のあるドット絵のループアニメーションです。(2018/7/18)

SAOプロデューサーらが参加、VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」 クラウドファンディング開始
VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」のクラウドファンディングがスタート。アニメ「ソードアート・オンライン」をプロデュースした三木一馬さんなど有名クリエイターたちが開発に携わっている。(2018/7/11)

紙や石に奇麗なマーブル模様を描く 水に浮かんだ模様を写し取るアート「マーブリング」が楽しめるキット登場
このキットだけですぐに楽しめます。(2018/7/10)

歌川国芳が描いたような猫ちゃんが目撃される 芸術的なポーズに「味わい深い」「趣がある」の声
これは間違いなく名画。(2018/7/7)

暑さのせいで「四角錐スイカ下四角スイカの死角にすいすい四角錐スイカ」なる芸術作品が生まれてしまう
暑いからね。全部暑さのせい。(2018/7/4)

故人のDNAを「形見」に メモリアルアートの大野屋、業界初のサービス
故人のDNAを半永久的に専用カードに収納し、鑑定結果を記載した鑑定証と一緒に保管できる「DNAパーソナルサービス」を、メモリアルアートの大野屋が始めた。(2018/7/2)

頭頂部をツルツルにする“ザビエルハゲ”は薄毛じゃないし、「ザビエル自身はフサフサだった説」もある
教科書のあの絵画は一体……。(2018/6/29)

「エイサイハラマスコイ踊り」を交えて踊るカービィのファンアート動画が絶対流行る
できてるやんけーッ!! 基本的なことも〜〜〜!!(2018/6/25)

上野の“駅舎”と池袋の“歩道”:
東京に残る90年前の建造物 再生の共通点は“アート”
東京で約90年前に造られた建造物が生まれ変わろうとしている。池袋駅の東西をつなぐ薄暗い通路と、上野に残るかつての駅舎だ。古い建造物の価値を高めるための共通点は「アート」だ。(2018/6/23)

チョークの持つ“ぬくもり”:
黒板アート、SNSで世界拡散 身近だけど意外……ギャップ魅力
多くの人が学校で使ったことがあるだろう、黒板とチョーク。この身近な文具を使って描く「黒板アート」が広がっている。作品はSNS(会員制交流サービス)にも掲載され、驚きの声が世界中に拡散。(2018/6/22)

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」、東京と大阪で開催 大型描き下ろし原画12枚などグレートな展示が続々
東京は国立新美術館にて8月24日から10月1日まで、大阪は大阪文化館・天保山にて11月25日から2019年1月14日まで。(2018/6/21)

存命漫画家で初の「国立美術館で個展」:
ジョジョは「アート」だッ! 荒木飛呂彦さん、「歴史的」原画展開催へ
ジョジョの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦さんが8月に国立新美術館で個展を開く。実は存命の漫画家が国立の美術館で個展を開くのは初。(2018/6/21)

上野の「旧博物館動物園駅舎」を改修、日比野克彦氏がデザイン
京成電鉄は、上野公園内の今は廃駅となっている「旧博物館動物園駅舎」の改修工事に2018年7月から着手する。工事では、東京藝術大学・美術学部長の日比野克彦氏がデザインした出入り口扉を新設するという。(2018/6/21)

AIで絵画鑑定 光源氏の顔で流派見抜く 「幻の絵巻」の判定結果は……
日本絵画の絵師の流派を判定する人工知能が登場した。源氏物語を描いた絵画の中に、わずかな差異を見つけ出し、95%以上の精度で専門家と同じ判定を下した。(2018/6/18)

開発中止のホラーゲーム「Year Of The Ladybug」がアートブックとして復活 クラウドファンディングで人気を集める
この先の開発再開の期待も高まります……!(2018/6/17)

これはもう芸術作品! 花が咲き、光り輝くアートなケーキが息をのむ美しさ
食べようにももったいなくて。(2018/6/17)

「NEW ELITE」ピョートル氏×アトラシアン日本法人社長対談:
PR:「そもそも日本には『チーム』がない」? うまくいってない企業の共通点
うまくいっていない企業には、共通する本質的な課題がある――。日本企業が直面している「生産性」や「チーム」の問題を、アトラシアン日本法人のスチュアート・ハリントン社長、著書「NEW ELITE」が注目を集めるピョートル・フェリクス・グジバチ氏に聞いた。(2018/6/13)

バウハウスの失われたフォント、アドビが復刻
アートに多大な影響を与えたバウハウス。その歴史に埋れていたタイポグラフィがアドビの手により復活。Creative Cloudで利用できるようになった。(2018/6/12)

森ビル、お台場にデジタルアート施設 「チームラボ」の作品一堂に、夜間観光の受け皿も
2020年の東京五輪・パラリンピックを前に、急増する訪日外国人旅行者にも対応し、将来的には夜間観光の受け皿として、終業時間を深夜にまで延長することも視野に入れる。(2018/6/12)

文化庁メディア芸術祭受賞「AIの遺電子」×「PaintsChainer」イベント開催
気鋭のAIマンガと深層学習応用ソフトの作者らが語るAIの未来。(2018/6/11)

ルービックキューブ約900個で表現した「ピカチュウ」や「リザードン」に感動の声 大迫力のキューブアートを1人で制作
時間をかけて作られた愛のあるポケモンのファンアートでもあります。(2018/6/10)

TechFactory通信 編集後記:
デジタル絵画からモノづくりへ、カシオの背中を押した“ある存在”
声を聞くことって大切ですね。(2018/6/2)

「目指すゴールと言ってもおかしくない」 香取慎吾、ルーブル美術館での初個展にアート脳を爆発させる
初個展の開催場所が豪華すぎる。(2018/5/28)

「夜を徹して創作しました!」 香取慎吾さんデザインの「BMW X2」ラッピングカー、六本木で公開
5月26日、27日に「六本木アートナイト2018」で公開。(2018/5/25)

“SAO”のアスナが目の前に――ソードアート・オンラインVR「Lovely♡Honey♡Days」 18年配信予定
バンダイナムコエンターテインメントは5月22日、スマートフォン(iOS/Android)向けVRアプリ「ソードアート・オンラインVR Lovely♡Honey♡Days(ラブリーハニーデイズ)」を発表した。18年配信予定としており、事前登録を受け付けている。(2018/5/22)

クローズアップ科学:
AIで漫画や白黒写真をカラー化 「人をだます力で鮮やかに」
囲碁・将棋などで人間を超えた人工知能(AI)が写真や画像のカラー化でも才能を発揮し始めている。大量のデータを学習して人間と同じ能力を獲得する仕組みは同じだが、「人をだます力」をつけることで従来の欠点を克服し、漫画やアートの世界で新境地を開いている。(2018/5/22)

新連載:アニメに潜むサイバー攻撃:
アスナさんは“キリト君の心”をハックしている? 「劇場版ソードアート・オンライン」の危ないシーン
「アスナさんは“キリト君の心”をハックしている?」――「劇場版ソードアート・オンライン」のワンシーンから、そう遠くない未来、起こるかもしれないサイバー攻撃を、内閣サイバーセキュリティセンターの文月涼さんが解説。(2018/5/22)

AIで漫画や白黒写真をカラー化 「人をだます力で鮮やかに」
AIが写真や画像のカラー化でも才能を発揮し始めている。大量のデータを学習して人間と同じ能力を獲得する仕組みは同じだが、「人をだます力」をつけることで従来の欠点を克服し、漫画やアートの世界で新境地を開いている。(2018/5/21)

「個展開いてください!」「生で観たい」 平野ノラ、バブリーな自作絵画で母の還暦を祝福
見てると元気出てくる。(2018/5/17)

「油絵だけど写真かと思われてスルーされる」 Twitterの写実絵画に「言葉が出ない」と感動する声続々
写実絵画から心に触れる体験を……!(2018/5/13)

ゲート式駐車場も予約やキャッシュレスを可能に 駐車場シェアの「akippa」が新システム
駐車場シェアリングサービス「akippa」を運営するakippaが、出入管理や入退室管理のシステムを手掛けるアート(東京都品川区)と共同で「シェアゲート」を開発。入口で駐車券を取って出口で清算を行う「ゲート式駐車場」でもアプリによる予約とキャッシュレス決済が可能になる。(2018/5/9)

東大学食に40年あった宇佐美圭司の絵画、改装時に生協が廃棄 「取り返しつかない結果を招いた」と謝罪
内装の全面改修に伴い、新食堂で飾ることができないと判断して廃棄処分してしまった。(2018/5/8)

廃棄処分は事後報告:
東大と生協、中央食堂の絵画廃棄について釈明 情報共有ミス
東京大学消費生活協同組合(東大生協)と東京大学は5月8日、同大中央食堂に展示されていた宇佐美圭司氏の絵画「きずな」を誤って廃棄処分してしまった問題について、「貴重な文化資産である作品を失う事の重大さに思いが至らなかったことを深く反省し、心よりお詫び申し上げます」と謝罪し、経緯や要因を説明した。(2018/5/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。