ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Aspire one Ultra」最新記事一覧

Acerの野望 2010 in 北京:
家庭内コンテンツをいつでもどこでも同じ操作感で――Acerが「clear.fi」を発表
Acerのプレスカンファレンスで話題の核となったのは、新たなホームネットワーク構想「clear.fi」だ。デバイス間の差異を吸収する統一されたUIを使い、ホームネットワーク上に分散するデジタルコンテンツをどのデバイスからでも利用できるようになる。(2010/5/28)

Acerの野望 2010 in 北京:
Acerが電子書籍端末「LumiRead」を発表、タブレットも投入か
Acerが北京で開催したプレスカンファレンス「source home 2010」で、6インチの電子書籍端末と、“ナゾのタブレット端末”が披露された。(2010/5/27)

国内シェアトップ5へ:
第3世代「Aspire one」など新製品群を公開――日本エイサーの野望 in Tokyo
日本エイサーがこの夏に国内市場へ投入する新製品の発表会を実施した。まずは第3世代Aspire oneに位置付けられる「Aspire one D250」が登場する。(2009/4/15)

Acerの野望 in 北京 2:
第3世代? 11.6型? 「Aspire one」の新モデルをチェック
北京で開催されたAcerのイベント「sign.of.the.time」では、初披露のモデルを含む数多くの新製品が展示された。新世代「Aspire one」はどうなる?(2009/4/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。