ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自動生成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自動生成」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

必要なシステムは、業務部門がその場で作る:
月250時間の残業がゼロに G Suiteで生まれ変わったヤッホーブルーイングの働き方
スーパーやコンビニで人気の「よなよなエール」を製造するヤッホーブルーイング。今では現場で必要なシステムを社員がその場で作るなど、業務の自動化を進めているが、数年前は現場の在庫カウントが煩雑化し、社員が長時間残業する状況に悩まされていた。(2018/10/19)

製造ITニュース:
AIでプラント運転状態を自動解析、予兆診断サービスを開始
日立製作所は、石油化学プラント向けの予兆診断サービス「ARTiMo」の提供を開始した。AI(人工知能)によって石油化学プラントの運転状態を自動的に分類・解析し、故障の前兆である状態変化や異常発生をリアルタイムに検知する。(2018/10/18)

「どこからいらしたの?」 黒柳徹子さんのアンドロイド、自律対話できるように
「あなたどこからいらしたの?」「北海道です」「あら素敵」――黒柳徹子さんをモデルにした等身大アンドロイド「totto」(トット)に音声対話システムを導入。自律的にインタビューが行えるように。(2018/10/17)

CEATEC JAPAN 2018:
顔と手のひらを見せるだけ KDDIと日立が「手のひら決済」を披露 課題はスピード?
キャッシュレス決済の新しい形が生まれそうだ。KDDI研究所と日立製作所が共同開発している「てのひら決済」では、顔と手のひらを認証させるだけで決済できる。KDDIが開発した掌紋の画像認証技術と、日立が開発した掌紋向けPBI技術を活用している。(2018/10/16)

Mercari Tech Conf 2018:
300人から1000人へ――メルカリは開発組織を拡大するため「マイクロサービスアーキテクチャ」を採用した(前編)
現在300人程度という開発者の数を3倍以上の1000人に増やそうとしているメルカリ。そのために同社はマイクロサービスアーキテクチャを採用し始めました。このシステムをうまく機能させるため、技術面と組織面の双方でさまざまな取り組みを行っています。(2018/10/11)

PhotoshopとPremiereはどこが変わった? Adobe Elements 2019を試す
Adobe Sensei AIが導入されたコンシューマー向けソフトはどこがどう違う?(2018/10/9)

製造ITニュース:
AIとの会話で業務報告、タイムリーで確実な記録に貢献
東芝デジタルソリューションズは、東芝コミュニケーションAI(人工知能)「RECAIUS」の新サービスとして、スマートフォンでAIと会話することで業務報告ができる「RECAIUS 報告エージェント」の提供を開始した。(2018/10/5)

人工知能ニュース:
製造業のドメイン知見を生かしてAIをパーソナライズ、イーソルの「eBRAD」
イーソルは、プライベートカンファレンス「eSOL Technology Forum 2018」において、人間の行動や振る舞いをパーソナライズしたAIの自動生成が可能なAI開発フレームワーク「eBRAD」を開発中であると発表した。(2018/10/2)

ファン獲得にチャットbot活用など
ウィンブルドン選手権でも活躍、AIが735億ドルの北米スポーツ市場を支える
人工知能(AI)の活用はスポーツの分野でも進んでいる。ファンとのつながりを強めたり、試合中の判定の精度を高めたりするのにAIが役立っている。(2018/9/30)

「自分そっくりの3Dキャラをインスタ投稿」が流行中
SNOWのiPhoneアプリ「ゼペット」が話題だ。その理由は?(2018/9/27)

Autodesk University Japan 2018:
“KAPシステム”と“Revit”の一体化、鉄骨の建築生産プロセスをリアルタイム共有
清水建設は、鉄骨構造物専用CAD「KAPシステム」の活用により、年間の鉄骨使用量の事前割り出しを高い精度で実現している。自社でKAPシステムの強化も図り、BIMソフトウェア「Autodesk Revit」と一体化することで、鉄骨に関わる全関係者とリアルタイムでの情報共有も達成した。(2018/9/27)

大型アップデート間近か ソニーのスマートリモコン「HUIS」導入記
ソニーの「HUIS」は、モノクロ電子ペーパーを採用したスタイリッシュなスマートリモコン。2016年の発売後もソフトウェアのアップデートを繰り返し、徐々に洗練されている。現在の機能を紹介していこう。(2018/9/26)

ソフトバンク、迷惑メールフィルターの不具合で約1030万通のメールが消失
ソフトバンクとY!mobileのメール約1030万通が、迷惑メールフィルターの不具合によって消失していたことが判明。約436万のユーザーに影響を及ぼした。現在、不具合は解消されている。(2018/9/21)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeでアカウント登録時のパスワードを自動生成する
Google Chromeバージョン69から、Webサービスなどのログインアカウント登録時にパスワードを自動生成できるようになりました。その使い方と注意点を説明します。(2018/9/19)

Visual Studio Code+PHPの可能性を探る:
まだある! PHPプログラミングを支援する拡張機能
PHPのコーディング規約を利用したコードチェックと整形を行う拡張機能や、DocBlockの記述を支援してくれる拡張機能を紹介。(2018/9/18)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone XS/XR」でハッキリした“進化の道筋” Appleは何をやりたいのか
米サンフランシスコで行われたAppleの発表会を現地で取材し、iPhone XS/XS Max/XRを知って見て触ってハッキリしてきたこと、Appleが今後何をやろうとしているのかをお伝えする。(2018/9/17)

明治安田生命、保険商品の収支分析などにAIを活用――NSSOL提供の機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入
明治安田生命は、AIを活用したデータ分析基盤として、新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)が提供する機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入。保険商品の収支分析や資産運用のマーケット分析などに活用する。(2018/9/13)

道路管理×センシング:
リコーが開発した道路状態を計測するAIシステム、性能確認試験に“ステレオカメラ”で初合格
リコーはステレオカメラとAI技術を組み合わせ、一般車両で道路の舗装状況を計測するシステムを開発した。公共の路面性状調査業務を受託する際に必要となる土木研究センターの性能確認試験に、このほど合格した。(2018/9/11)

手書きのUIスケッチが瞬時にWebコンテンツに MSの技術が魔法のよう
アイデアをすぐにブラウザ上で試せます。(2018/9/7)

「Chrome 69」安定版、10周年でパスワード自動生成など多数の新機能
GoogleがWebブラウザ「Chrome 69」の安定版をリリースした。10周年を記念して、デザイン変更やパスワード関連の新機能などが盛り込まれ、セキュリティ関連では40件の脆弱性を修正した。(2018/9/5)

真説・人工知能に関する12の誤解【特別編】:
AI開発プロジェクトは成功までに3回失敗する、でも決して折れてはならない
データサイエンティストとして、数々のAI開発プロジェクトを経験したトランスコスモスの北出さんは「AI開発プロジェクトが成功するまでには、大体3回は失敗する」と話す。一体どんな失敗をしてしまうのでしょうか。その理由と合わせて解説します。(2018/9/3)

FAニュース:
IoT向け異常判別プログラム自動生成マシン、複数の時系列データを分析可能に
東京エレクトロン デバイスは、IoT向け異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」に新機能を追加し、「CX-M ver2.1」として提供を開始した。複数の時系列データを分析し、判別モデルを自動生成する。(2018/8/28)

マルチクラウド環境のセキュリティをどう担保するか:
PR:ユーザーID、パスワード、アクセスキーなどの機密情報を簡単・確実に管理する方法
クラウドが浸透し、SaaS、PaaS、IaaSを問わず、複数のクラウドサービスを使い分けるマルチクラウド環境が当たり前になりつつある。これに伴い、ユーザーID、パスワードなどの機密情報を確実に管理できるか否かがセキュリティ担保の大きな課題になっているが、機密情報は多岐にわたる上、保管場所がサービスごとに異なるなど、その管理は煩雑を極める。ではサービスの利便性を享受しながら、セキュリティを効率的かつ確実に担保するにはどうすればよいのだろうか。多数の企業のシステム設計/構築/運用を手掛けるgrasysに話を聞いた。(2018/8/31)

「イベント会場は魔物」 ドワンゴが語る、バーチャルキャラをリアルに“召喚”する方法とその注意点
ドワンゴで多くのイベントを演出したエンジニアがバーチャルキャラをリアルに“召喚”する方法を解説した。(2018/8/27)

CEDEC 2018:
「8割がソシャゲの相談」 ゲームAI注目されるワケ、「がんばれ森川君2号」開発者が語る
「がんばれ森川君2号」開発者・森川幸人さんは、ゲーム業界でAI技術を使った開発の需要が高まっていると話す。特にソーシャルゲームを作る会社からの相談が増えたという。(2018/8/27)

東京エレクトロン デバイス CX-M ver2.1:
マルチソース分析機能を追加した異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」
東京エレクトロン デバイスは、IoT向け異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」に、複数の時系列データを分析して生産設備の状態を分類および判別するモデルを自動生成する「マルチソース分析機能」を追加し、「CX-M ver2.1」として提供を開始した。(2018/8/24)

イータス 代表取締役社長 横山崇幸氏:
PR:車載ソフト開発に革新をもたらすイータス、セキュリティ製品に注力し22年に売上高2倍へ
「電気自動車(EV)」や「自動運転車/コネクテッドカー」など、自動車産業は大きな転換期を迎えている。ECUに搭載されるソフトウェアは複雑で、実装される量も桁違いに増える。ECUソフトウェア開発工程をトータルにサポートするETAS(イータス)。その日本法人で社長を務める横山崇幸氏は、「車載ソフトウェア開発の効率改善につながるソリューションを提供したい」と話す。(2018/8/21)

Microsoft Focus:
日本一身近で、“エモい”、国民的AIタレントになる!――女子高生AI「りんな」が“歌”で共感力を磨くわけ
MicrosoftのAIチャットbot「りんな」が、人との“共感”を重視し、文脈を理解してより人間らしく会話ができるように進化。さらに、自然で表現力に富んだ“歌声”に磨きをかけ、国民的AIを目指すという。進化するりんなの“野望”とは……。(2018/8/18)

「高校野球の戦評記事」書く“AI記者” 朝日新聞社など開発
朝日新聞社とみんかぶが、高校野球の戦評記事をAI(人工知能)で自動生成するシステムを共同開発した。電子スコアブックに入力したデータを基に文章化する。(2018/8/16)

1クリックで2次元美少女キャラを生成 深層学習でネットをざわつかせた中国人学生インタビュー
去年話題になった後もいろいろ研究していたもよう。(2018/8/11)

Web業界で働くためのPHP入門(終):
PHPの名前空間とクラス名のエイリアス、オートロード
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。最終回は、クラスの論理的な入れ物である名前空間とクラスを自動的に読み込むオートロードを解説します。(2018/8/1)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeとFlaskで作成するToDoリストアプリ
簡単なToDoリストアプリを作成しながら、前回は取り上げなかったFlask(やJinja2)のさまざまな機能について見ていく。(2018/7/31)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeでテキストの折り返しを設定するには
VS Codeでは、editor.wordWrap/editor.wordWrapColumn項目などを使って、テキストやコードの折り返しを自分好みに設定できる。(2018/7/27)

4年前の「AIがチューリングテスト合格」騒動は何だったのか
2014年に、チューリングテストで初の合格者が出たと話題になった。しかし、このテストによって人工知能は知能を持つといえるのか。チューリングが意図したテストの内容とは。(2018/7/26)

指をかざすだけ 生体認証とブロックチェーンでクーポン決済、日立とKDDIが店舗で実験
KDDIと日立製作所は、ブロックチェーンと生体ID認証を組み合わせたクーポン決済システムの実証実験を行う。指をかざすだけで本人認証でき、手ぶらでクーポンを利用できるシステムを実験。課題の洗い出しや利便性の検証を行う。(2018/7/25)

セキュリティ向上にも期待:
クーポンも指だけで利用可能? KDDIと日立、ブロックチェーンと指静脈認証を活用した実証実験
KDDIと日立製作所は、ブロックチェーン(分散型取引台帳)と指静脈認証を活用したクーポン決済の実証実験を7月25〜26日、都内で行う。(2018/7/25)

AIが文章を推敲、より自然な言い回しに 東北大の学生が開発目指す
書き手が入力した簡単な文章をもとに、自然で分かりやすい文章を自動作成する技術を開発しようと、東北大学大学院の学生がベンチャー企業「Langsmith」を創業した。(2018/7/20)

Tech TIPS:
Windows 10の「WSL」の自動マウントやfstabによるマウント処理をwsl.confファイルで制御する
WSLを起動すると、Windows OSのC:のローカルドライブが/mnt/cとしてアクセスできる。この自動マウントを無効にしてWSLを起動するには、/etc/wsl.confファイルで設定を変更すればよい。その設定方法を解説する。(2018/7/12)

Visual Studio CodeでWebアプリ開発を始めよう:
VS CodeでJavaScriptアプリを作成する上で知っていると便利(?)なこと
Node.jsアプリを例に、VS CodeでのJavaScriptアプリ開発時に知っていると便利な機能やデバッグの基礎を取り上げる。(2018/7/10)

新たな発表が意味するもの:
ソラコムのIoT接続プラットフォームを理解するキーワードは「多様性の吸収」
ソラコムの活動に関する疑問として、「KDDIによる買収がどのような影響をもたらすのか」「ソラコムはどこまでオールインワンソリューションを築き上げようとしているのか」の2つが思い浮かぶ。答えは1つ。「選択肢の提供による多様性の吸収」だ。(2018/7/5)

.NET TIPS:
WPFやWindowsフォームでEdgeのWebViewを使うには?[Windows 10 1803以降]
Windows 10 1803からは、Windows FormsアプリやWPFでもEdgeベースの新しいWebViewコントロールが使える。その使い方をまとめよう。(2018/7/4)

Visual Studio CodeでWebアプリ開発を始めよう:
VS CodeでHTMLを楽々コーディング!
VS CodeはHTMLなどのWeb標準技術とも相性がよい。今回はVS CodeでHTMLを快適に記述するための基本を説明。(2018/6/26)

アイドル画像を自動生成するAI、京大発ベンチャーが開発
京都大学発のベンチャー、データグリッドが、架空のアイドルの顔画像を自動生成するAI技術を開発した。(2018/6/22)

AI技術で高度な分析をより容易に
Tableauが挑む「拡張分析」とは? EmpiricalのAI技術で実現へ
Tableauは人工知能(AI)スタートアップEmpirical Systemsの買収により、自動データモデリング機能の提供とBI/分析の活用範囲拡大を目指す。(2018/6/22)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
あると便利? VS Codeで使えるPython関連の拡張機能
VS Codeの使い勝手を良くしてくれるPython関連の拡張機能を幾つか紹介しよう。(2018/6/19)

マルチレート制御に対応:
ルネサスがモデルベース開発環境をバージョンアップ
ルネサス エレクトロニクスは、車載制御用マルチコアマイコンのモデルベース開発環境「Embedded Target for RH850 Multicore」をバージョンアップし、複数の制御周期(マルチレート)を持つシステム開発に対応した。(2018/6/18)

ICカードをスマホにかざすだけで申請:
駅探が急騰、ストップ高に 「水増し請求」防ぐ交通費申請システムに思惑
6月18日の東京株式市場で駅探の株価が急騰。前営業日に発表した法人向け交通費申請システムに市場の期待が集まった。独自の乗車ルート解析技術を生かし、経路の妥当性を評価する機能を持つ。(2018/6/18)

特集「デジタルサイネージジャパン」:
デジタルサイネージジャパンからDS市場のトレンドを探る
国内最大級の電子看板の見本市「デジタルサイネージジャパン2018」が2018年6月13〜15日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された。(2018/6/18)

月9000回のAPIコールまで無料:
デフィデがチャットbotハブ構築サービスを提供開始 ユーザーの意図を解釈した会話に対応し複数シナリオと連携
デフィデはAIを利用したチャットbotハブの構築サービス「Chai」の提供を開始した。意図を解釈して会話したり、あらかじめ設定した複数のシナリオと連携したりする。SkypeやLINE、Facebook Messengerなどへの出力も可能。(2018/6/18)

トヨタの自動運転ソフト開発子会社、即戦力エンジニアの募集開始 1000人規模での開発体制目指す
トヨタ自動車が3月に立ち上げた自動運転ソフトの研究開発を行う新会社「Toyota Research Institute Advanced Development」(TRI-AD)が即戦力となるエンジニアの新規採用を開始した。同社に出資するトヨタ、アイシン精機、デンソーからのエンジニアを含め1000人規模での開発体制を目指す。(2018/6/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。