ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キャバクラ」最新記事一覧

「想像を絶する1年」だったけど「生きています(笑)」――UPQ中澤氏が振り返る1年
家電ブランド「UPQ」が1周年を迎えた。周囲からの苦言や製品トラブルなどもあったが、「1年たっても生きています(笑)」と代表の中澤氏は振り返る。スマートフォンの新製品についても準備を進めているという。(2016/8/9)

これがメジャーのやり方……! フリースタイルダンジョンでやり合ったGASHIMAとDOTAMA、まさかのコラボ曲披露
この抜け目のなさとたくましさ!(2016/7/20)

本郷奏多・白石麻衣・オリラジ藤森らが追加キャストに! 映画「闇金ウシジマくん Part3」&「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」キャスト発表会見
白石「お金は……好きです!」(2016/6/29)

元AKB倉持明日香、初主演ドラマでキャバ嬢になるも“神セブン”の洗礼を受ける
“神セブン”と呼ばれるトップ・キャバ嬢には石川梨華さんや筧美和子さん、でんぱ組.incの成瀬瑛美さんらが。(2016/5/27)

H.I.Sの「東大美女が隣に座ってフライト」企画中止 ネットで批判受け
海外に向かう飛行機の機内で、東京大学の女子学生が隣に座って得意分野について教えてくれる――こんな企画をH.I.Sが発表したが、批判を受けて即日中止した。(2016/5/12)

美人社長の愛読書は「ナニワ金融道」 取り立て屋から学んだ、怖いけどためになるお金の話
紹介してくれた松元理美さんは、ヨガインストラクター&経営者として活躍中。(2016/2/6)

Weekly Access Top10:
来年に期待を込めて
来年のことは、来年の自分がどうにかしてくれる……はず。(2015/12/28)

Weekly Access Top10:
4K/8Kの足音が聞こえる
「Inter BEE 2015」に初参戦!(2015/11/24)

モテるのか?:
iPhone 6s「ローズゴールド」を持つ男性、実際はどう見られてる?
iPhone 6sシリーズの新色「ローズゴールド」が「男性が持っても大丈夫?」とネット上で話題になっています。実際のところ、“その道のプロ”の目にはどう映るのでしょうか。(2015/10/11)

「人の役に立ちたい」という志望理由がダメな理由
「人の役に立つ仕事がしたいのです」――。面接練習においてこう述べる人に、必ずその具体的説明をしてもらうようにするのですが、これまでそれを明確に説明できた人とは、学生だけでなく社会人ですらほとんど会ったことがありません。(2015/9/2)

Weekly Access Top10:
故郷の香りと決意表明
実家から秋の味覚が届きました。(2015/8/31)

お酒を飲んで天国から地獄へ まんしゅうきつこがアル中語る
(2015/5/7)

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

TGS2014:
ゲームショウは閉会まで楽しんでこう! セガブースはミクダヨーさんもお見送り
キャバ嬢からソニックからダヨーさんまで。(2014/9/20)

窪田順生の時事日想:
「元極道」が明かす、詐欺師にダマされないためのポイント
詐欺の低年齢化が問題になっている。警察や自治体が問題解決に取り組んでいるが、なかには意外な人物もいる。それは、元・極道。広域組織の下部団体で組長を務めた人物に、詐欺の被害者にならないためのポイントを聞いた。(2014/6/10)

【超速報】ウソでもゴーストでも今日はオッケイ! エイプリルフールまとめ 2014年
今年もみんなサービス精神旺盛。ウソが多すぎて、ねとらぼ編集部、エイプリルフール疲れ。(2014/4/1)

消費税8%時代の確定申告:
個人事業主の賢い節税対策――経費と控除を積み上げろ
サラリーマンにとって「経費を減らせ」はよく聞く言葉。だが、個人事業主は「経費を増やせ」が大きな節税につながることもある。今回は個人事業主ならではの節税対策を考えてみたい。(2014/2/7)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
経営者&人事担当者が書きがちな「ダメブログ」の共通点
あるベンチャー企業で、代表取締役がブログに「人が欲しい」と書いたら5分で応募があったそう。「ブログならオレも書いてるよ」という人は多いでしょう。あなたのブログは、人が応募したくなるものでしょうか。それとも……?(2014/1/27)

知っておきたい領収書の常識:
マンガやキャバクラ代は経費になりますか?
個人事業主が自分の仕事に直接関係のあるモノやサービスに投資をすることは、将来の収益にとって貢献すると考えるのが自然です。節度を守り、きちんと説明、証明ができれば出版物などの購入代は、必要経費として考えてOKでしょう。(2014/1/16)

知っておきたい領収書の常識:
イベントや映画代は福利厚生費になる?
福利厚生費とは、「従業員のために支出した費用」です。1人会社の場合はどうなるのでしょう。費用になる条件とは?(2014/1/15)

知っておきたい領収書の常識:
初めての青色申告! そもそも「節税」と「脱税」の違いって何?
これまで白色申告をしてきたフリーランスの中にも2013年度は青色申告に切り替える人もいるのではないでしょうか? まずは基礎の基礎を学びましょう。(2013/12/26)

続きが気になる! 実話を元にしたWeb漫画「インドでキャバクラ始めました(笑)」
そもそも開店できるのか!?(2013/12/24)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/2)

“本当のお金持ち”は外見では判断できない
新宿・歌舞伎町のキャバクラオーナーである内野彩華さん。“本当のお金持ち”は外見では判断できないという理由はいったいどのようなものなのでしょうか? ご本人にインタビューを行いました。(2013/8/1)

人生に迷った人が集まる喫茶店
訪れた人の悩みに応じた紅茶を淹れてくれるという、風変わりな喫茶店「I TeA HOUSE」。その喫茶店を舞台に、訪れる人が自分を変える努力を始める様子を描く物語を紹介します。(2013/7/17)

企業家に聞く:成毛眞氏【前編】:
安倍政権のTOEFL必修化は必要? 「日本人の9割に英語はいらない」著者、元マイクロソフト社長成毛眞氏に聞く
元マイクロソフト社長で2011年に話題となった書籍『日本人の9割に英語はいらない』を出版した成毛眞氏。いま、安倍政権の下でTOEFLの必修化などが打ち出されているが、氏はそれをどのように見ているのか? (2013/7/5)

世界で通用する人がいつもやっていること:
「外見を気にせず中味で勝負」は間違っている
誰が言い始めたのか「人は見かけによらない」なんてよく聞きます。しかし、この言葉は100%ウソだと中野氏は言います。外見の印象の悪さで、実績は減点されてしまうこともあります。相手が好感を持てるような外見を心がけることが肝要なのです。(2013/6/27)

ダイエット? 大人の翼? 自転車の魅力って何?
サイクリングや自転車にまつわる5つの作品が収められた連作短編集、『追い風ライダー』を紹介。(2013/1/7)

鬼才現る:
我ながらひどいと思います――人気主婦ブロガー「まんしゅうきつこ」さんの正体
ようこそ、斜め上を行くワンダーランドへ。(2012/12/29)

「弱者」はなぜ救われないのか(5):
“地獄の一丁目”にいるのは誰か――ヤミ金が増えている
改正貸金業法の施行後、ヤミ金が増えているという。ヤミ金はどういった“客”を狙って、お金を貸しているのだろうか。複数の関係者に取材したところ、ある層の人物がターゲットになっていることが分かった。(2012/9/26)

仕事をしたら“若者”が見えてきた(後編):
なぜ恋人ができないのか? 若者の間で広がる面倒な関係
若者の間で「彼女ができない」人が急増している。昔に比べ、「異性の人と話すのは苦手」といった人は減ってきているように思うが、なぜ恋人ができないのか。その原因について、若者事情に詳しい博報堂の原田曜平氏に聞いた。(2012/9/15)

「ゲームを作るのに、ゲームなんかやらなくていい」――「もしドラ」作者、ゲーム業界にアドバイス 
「おれほどゲームをやったやつはいない」と豪語する岩崎夏海氏は、今のゲーム業界をどう見たか。(2012/8/24)

ナマ足ならごはんが何杯でも食べられる――彼女の足箸
ストッキングは脱がせてお使いください。(2012/8/18)

さっぱり分からなかった、3.11報道(4):
人間の滑稽さをなぜ伝えないのか? 報道されない現場のネタ
震災関連のニュースを、マスコミはどのくらい報じたのだろうか。ひょっとしたら、まだまだ伝えていないことがたくさんあるかもしれない。この問題について、ジャーナリストの烏賀陽弘道氏と作家の相場英雄氏が語り合った。(2012/7/28)

人生はサーフィンのように:
なぜ社長はクラブに通うのか
悩みごとはほどよい距離感がある人に相談した方が良い?――サーフィンのように楽しみながら人生の波を乗り越える考え方、今回は第三者に話を聞いてもらうメリットとポイントを紹介しましょう。(2012/6/22)

コンプ導入前後でガチャ売り上げ15%アップだが──Klab、「違法」報道に見解公表
コンプガチャ問題でKlabが見解を公表。全面中止になった場合、ソーシャルゲームの売り上げダウン幅は5%以下になるとみているという。(2012/5/7)

そろそろ脳内ビジネスの話をしようか:
Facebookが嫌いな理由(後編)
「Facebookをビジネスに生かす」「新しい出会いがある」一時期、そう薦める書籍や記事をよく見かけました。実際にFacebookを使うようになった今、島田さんが思うこと、そして「Facebook5大テーマ」とは?(2012/3/30)

まだ2日あります:
ちょっ早すぎ! エイプリルフールをフライングしちゃった人たち
「1日早くはじめる人だっているんだよ!」――フライングでエイプリルフールを始めちゃった人がいます。(2012/3/30)

プリウスPHVでモテる?:
非モテ男、電源ガールと等身大ガンダムを見に行く【デート編】
誠編集部の非モテ記者・ホリウチのところに、可愛い女の子がやってきた。「電気自動車として走れる距離ならドライブしてあげる」という彼女と、プリウスPHVに乗って2人でお台場へ行くことに。どうなる?(2012/3/28)

プリウスPHVでモテる?:
非モテ男、電源ガールに出会う【出会い編】
連載「面白ビジネスグッズでモテる?」終了から約1カ月。誠編集部の非モテ記者・ホリウチが帰ってきた。今度こそ、今度こそホリウチはモテるのか……?(2012/3/14)

面白ビジネスグッズでモテる?:
非モテ男、銀座のバニーガールと渋谷のギャルを“ハシゴ”する【リベンジ編】
すっかり年をまたいでしまった本連載。非モテ男・ホリウチは、銀座のバニーガールや渋谷のギャルを前に、モテることができるのか? 最終回の今回は「リベンジ編」です。(2012/2/14)

中田宏「政治家の殺し方」(最終回):
前横浜市長が、スキャンダルの餌食にされた理由
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。なぜ彼のところに、数々のスキャンダルが舞い込んできたのだろうか。その背景にはあったものとは……。(2012/2/3)

中田宏「政治家の殺し方」(7):
巧妙な情報ロンダリングに……私は“濡れ衣のデパート”と化した
2006年、中田宏氏は横浜市長に再選された。しかし彼を待ち受けていたのは、巧妙に仕組まれた「情報ロンダリング」だったのだ。(2012/1/24)

中田宏「政治家の殺し方」(6):
怪文書をバラ撒いているのは、誰か――暴力団と役所の関係
週刊誌の連載で「女性スキャンダルまみれ」「ハレンチ市長」などと書かれ、ダメージを受けた前横浜市長の中田宏氏。しかし、それ以前から中田氏を陥れようとする予兆があったという。その予兆とは……。(2012/1/19)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(3):
なぜマスコミは“政治家の言葉狩り”を続けるのか
自らの失言によって、辞任に追い込まれた政治家は少なくない。最近ではオフレコ発言でも、マスコミから追及されるケースが増えてきた。言葉尻をとらえ、政治家のクビをとることを使命にする……そんなマスコミの姿勢に問題はないのだろうか。(2012/1/13)

中田宏「政治家の殺し方」(5):
私は訴えられた。源氏名「奈々」という女性に
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。ある日、源氏名「奈々」という元ホステスの女性から、3000万円の慰謝料を請求された……。(2012/1/12)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(1):
“でっち上げ記事”を書かれたら、どうすればいいのか
週刊誌を中心に、でっち上げ報道に苦しめられた前横浜市長の中田宏氏。事実ではない記事が相次いで掲載されたが、そんな状況に対し、彼はどのような対抗手段をとってきたのか。人気ブロガーのちきりんさんと語り合った。(2012/1/6)

中田宏「政治家の殺し方」(4):
はぁ? オレの愛人? 政治家はこうして殺される
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。そして、「中田の愛人」と名乗る女性が全国ニュースに登場した。(2012/1/5)

中田宏「政治家の殺し方」(3):
公務をドタキャンして、キャバクラで豪遊? そんな事実はない
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。横浜市とサンディエゴ市の姉妹都市提携50周年の式典の出席をドタキャンし、キャバクラで豪遊したと報じられた。事実は……。(2011/12/30)

誠 Biz.ID年間アクセスランキング:
「節電」「自炊」が人気ワード――誠 Biz.IDで2011年に最も読まれた記事は?
2011年の年間アクセスランキングを発表! 今年最も読まれた記事は、トレンド格付にもランクインしたあのキーワードに関係するものでした。(2011/12/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。