ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キャバクラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャバクラ」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
16歳のアイドルを自殺に追い込む、「夢を食うおじさん」の罪
16歳の農業アイドルが自殺した。所属事務所のブラックぶりが明らかになりつつあるが、筆者の窪田氏は「事務所に注目が集まってしまうと、少女を死に追いやった『真犯人』を逃がしてしまうかもしれない」と危惧する。どういう意味かというと……。(2018/10/16)

名古屋の「クラブ・アベレージ」:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 ホステスの給料未払いで「熟女キャバクラ」運営元が追加
厚労省が“ブラック企業リスト”を更新。飲食店運営のプレクラスニー(名古屋市)がリスト入り。「クラブ・アベレージ」と称する熟女キャバクラを経営しており、ホステスへの給料が未払いだった。(2018/10/1)

PR:ネット番組だから許され……るのか!? 地上波で放送できなかった企画に挑む「カリギュラ」の衝撃
ある意味、究極の社会派番組。(2018/9/10)

「感無量です」「きっと報われた」 峯田和伸、石原さとみと仲良し2ショットで「高嶺の花」オールアップを報告
プーさん&もも、最高でした。(2018/9/9)

PR:バラエティってレベルじゃねえ! 地上波で放送できなかった企画に挑む番組「カリギュラ」がもっと評価されるべき理由
ある意味、究極の社会派番組。(2018/8/31)

「目隠しかわいすぎますーーー!!!!!」 石原さとみ、本気の“スイカ割り”で「高嶺の花」スタッフに笑顔を届ける
スイカは自分で持ってきたようです。(2018/8/22)

いい波乗ってんね! 飲み会が盛り上がる「コール」は誰が作っているのか、歌舞伎町のホストに聞いてきた
「姫ちゃん! 今日も! いい波乗ってんね!」(2018/8/24)

物件オーナーにも温度差:
なくならない違法風俗店、「又貸し」「黙認」が原因
商業ビルの一室が又貸し(転貸借)され、違法風俗店の開業に使われるケースが後を絶たないとして、大阪府警はビルオーナーに対する指導の強化に乗り出した。(2018/7/19)

「ドンペリ入れまくります」「接客されたい」 石原さとみのキャバ嬢姿がNO.1確実な美しさ
「ディア・シスター」の頃よりも大人になったキャバ嬢姿。(2018/7/17)

PR:「自宅で浸けた梅干しをリスナーに配りたい」 70歳でネット配信デビューしたおばあちゃんに聞く“毎日の生きがい”
ネットもスマホも未経験の状態からイチナナを始めた「せんちゃん」さんに話を聞きました。(2018/6/21)

「不倫ものって、基本的に腹が立つんですよ」 不倫×SFマンガ『あげくの果てのカノン』完結までの作者の苦悩
一途女子×不倫×SF。新タイプの“地獄”を切り拓いた同作の完結記念インタビューを実施した。(2018/6/17)

スピン経済の歩き方:
なぜ日大は炎上したのか? 原因は「オレはそんなこと言っていないおじさん」の存在
日大アメフト部が大炎上している。普段、大学にもアメフトにも危機管理にも関心のない人が、なぜこの問題に“参戦”しているのか。筆者の窪田順生氏は「オレはそんなこと言っていないおじさん」の存在を挙げている。どういう意味かというと……。(2018/5/29)

スピン経済の歩き方:
福田次官のセクハラ騒動で、まだ語られていない本質的な問題
福田事務次官のセクハラ騒動を受けて、さまざまな議論が起きている。「マスコミのパワハラ体質が問題だ」「任命した麻生大臣に責任がある」といった声があるなかで、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2018/4/24)

かーずSPのインターネット回顧録(番外編):
ブックオフの伝説記事「異世界転生ファンタジー年表」を作った“ラノベ担当ミヤザワさん”とは一体何者なのか
ガチすぎる特集を連発する「ブックオフのミヤザワ」さんとは一体何者?(2018/4/21)

まさかのダイミダラー! 『極黒のブリュンヒルデ』の岡本倫、アニメ化で心に大ダメージを負っていたことを告白
涙なしには聞けない。(2018/4/6)

世界を「数字」で回してみよう(47) 働き方改革(6):
政府vs企業で揺れる「副業」、労働者にメリットはあるのか
「副業」は、それを推進するか否かにおいて、政府と企業のスタンスが(珍しく)対立する項目です。人口の減少が深刻な今、政府が副業を推進するのも分かる気はしますが、当事者である私たちが知りたいのは、これに尽きると思います――「結局、副業ってメリットあるの?」(2018/2/19)

「お客様の現在の努力では」―― 10年超続くメイドカフェの投稿が物議 担当者が語る「旧来型メイドカフェが淘汰されつつある秋葉原の今」
2004年にオープンした「ミアカフェ」東京店に取材しました。 ※2月26日追記(2018/2/10)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第6回:
キャバ嬢×モデル×経営者 愛沢えみりさんのすごいオムニチャネルブランディング
ブランドは顧客とどうつながるべきか。歌舞伎町のカリスマキャバ嬢にしてファッション雑誌のモデル、そして経営者でもある愛沢えみりさんに聞いた。(2018/1/12)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
1週間で1000万です――3年を捧げた奇跡の大作、依頼の実態は「ゴーストライター」
作家志望者が作家死亡者にならないために。(2017/11/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「フーターズ」の集客力はスゴいのか
奇抜なコンセプトで一時的にブームになるエンターテインメントレストランは珍しくないが、継続するのは困難だ。今回はフーターズが手堅く集客力をアップさせている理由を考察していきたい。(2017/10/24)

「キャバ嬢として頑張ってやっていきたい」 坂口杏里、芸能界引退を発表
「普通の女の子に戻りたくて」と坂口さん。(2017/9/29)

伝説の髪形「昇天ペガサスMIX盛り」って実在したの? 「メガ盛りスタイル」のその後を歌舞伎町のヘアサロンで聞いてきた
「“昇天ペガサスMIX盛り”のキャバ嬢っているの?」と疑問を抱いていた当時のギャルとネット民へ。(2017/9/22)

あの会社のこの商品:
酒飲みの相棒「ハイサワー」 成功の舞台裏
焼酎を割って飲む場合、かつては水かお湯しかなかった。しかし現在は、飲食店に行けば、焼酎をさまざまな割り材で割ったサワーが当たり前のように置かれるようになった。この新しい飲み方を広めたきっかけの1つが、博水社のハイサワーである。誕生から現在までの軌跡をお伝えする。(2017/9/14)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>
綺麗であることは、彼女にとって、同時に呪いを意味していた。(2017/8/15)

プロエンジニアインタビュー(7):
教えて! キラキラお兄さん「テクノロジーで花業界をぶっ壊せますか?」
小尾龍太郎さんは、オンラインで花を贈るサービスを運営する「Sakaseru」の創業者だ。ITエンジニアから花屋になり、「フラワー×IT」で起業した。しかしビジネスは思うように立ち上がらない。「これが最後」と思い詰めた小尾さんは――。(2017/8/7)

「年収2000万」ってどんな世界? 戦略コンサルの1日を勝手に再現してみた
知られざる激務と高報酬の世界。(2017/7/19)

謎ランキングにマリリン・モンロー? 情報量ありすぎな高田馬場の名物青果商に話を聞いてみた
通り過ぎるだけでも突っ込みどころが満載。(2017/7/1)

あのキャラに花束を:
人としてそれはどうなのか 小学生女子のお金でガチャを回す『今日から俺はロリのヒモ!』という脳みそハッピーライトノベル
大富豪・二条藤花とクズ男・天堂ハルの華麗なる生活。(2017/7/1)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?
誰にも愛されず、誰も愛することのできなかった少年が、小説にめぐり逢い、棺桶にいれられるまで。(2017/6/13)

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)
現役ネカマに聞く、ネカマを見破る方法やネカマにだまされないための自衛手段。そして「悪のネカマ」の恐ろしい手口を公開。(2017/4/27)

Over the AI ―― AIの向こう側に(10):
外交する人工知能 〜 理想的な国境を、超空間の中に作る
今回取り上げる人工知能技術は、「サポートベクターマシン(SVM)」です。サポートベクターマシンがどんな技術なのかは、国境問題を使って考えると実に分かりやすくなります。そこで、「江端がお隣の半島に亡命した場合、“北”と“南”のどちらの国民になるのか」という想定の下、サポートベクターマシンを解説してみます。(2017/4/27)

VRでホストクラブ体験ができる「うちホス」をガチのホス狂に遊んでもらった結果
すごい世界でした(小並感)。(2017/3/17)

「コスプレするのにいくらかかるの?」 レイヤーの懐事情を聞いてみた
(2016/12/24)

AKB48、ドラマ「豆腐プロレス」で女子レスラーに 島田晴香の時代が来るな!
「マットの上で汗を流すメンバーの姿は、2005年のAKB48設立のころのレッスン風景と重なった」(秋元康)(2016/12/16)

「想像を絶する1年」だったけど「生きています(笑)」――UPQ中澤氏が振り返る1年
家電ブランド「UPQ」が1周年を迎えた。周囲からの苦言や製品トラブルなどもあったが、「1年たっても生きています(笑)」と代表の中澤氏は振り返る。スマートフォンの新製品についても準備を進めているという。(2016/8/9)

これがメジャーのやり方……! フリースタイルダンジョンでやり合ったGASHIMAとDOTAMA、まさかのコラボ曲披露
この抜け目のなさとたくましさ!(2016/7/20)

本郷奏多・白石麻衣・オリラジ藤森らが追加キャストに! 映画「闇金ウシジマくん Part3」&「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」キャスト発表会見
白石「お金は……好きです!」(2016/6/29)

元AKB倉持明日香、初主演ドラマでキャバ嬢になるも“神セブン”の洗礼を受ける
“神セブン”と呼ばれるトップ・キャバ嬢には石川梨華さんや筧美和子さん、でんぱ組.incの成瀬瑛美さんらが。(2016/5/27)

H.I.Sの「東大美女が隣に座ってフライト」企画中止 ネットで批判受け
海外に向かう飛行機の機内で、東京大学の女子学生が隣に座って得意分野について教えてくれる――こんな企画をH.I.Sが発表したが、批判を受けて即日中止した。(2016/5/12)

美人社長の愛読書は「ナニワ金融道」 取り立て屋から学んだ、怖いけどためになるお金の話
紹介してくれた松元理美さんは、ヨガインストラクター&経営者として活躍中。(2016/2/6)

Weekly Access Top10:
来年に期待を込めて
来年のことは、来年の自分がどうにかしてくれる……はず。(2015/12/28)

Weekly Access Top10:
4K/8Kの足音が聞こえる
「Inter BEE 2015」に初参戦!(2015/11/24)

モテるのか?:
iPhone 6s「ローズゴールド」を持つ男性、実際はどう見られてる?
iPhone 6sシリーズの新色「ローズゴールド」が「男性が持っても大丈夫?」とネット上で話題になっています。実際のところ、“その道のプロ”の目にはどう映るのでしょうか。(2015/10/11)

「人の役に立ちたい」という志望理由がダメな理由
「人の役に立つ仕事がしたいのです」――。面接練習においてこう述べる人に、必ずその具体的説明をしてもらうようにするのですが、これまでそれを明確に説明できた人とは、学生だけでなく社会人ですらほとんど会ったことがありません。(2015/9/2)

Weekly Access Top10:
故郷の香りと決意表明
実家から秋の味覚が届きました。(2015/8/31)

お酒を飲んで天国から地獄へ まんしゅうきつこがアル中語る
(2015/5/7)

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

TGS2014:
ゲームショウは閉会まで楽しんでこう! セガブースはミクダヨーさんもお見送り
キャバ嬢からソニックからダヨーさんまで。(2014/9/20)

窪田順生の時事日想:
「元極道」が明かす、詐欺師にダマされないためのポイント
詐欺の低年齢化が問題になっている。警察や自治体が問題解決に取り組んでいるが、なかには意外な人物もいる。それは、元・極道。広域組織の下部団体で組長を務めた人物に、詐欺の被害者にならないためのポイントを聞いた。(2014/6/10)

【超速報】ウソでもゴーストでも今日はオッケイ! エイプリルフールまとめ 2014年
今年もみんなサービス精神旺盛。ウソが多すぎて、ねとらぼ編集部、エイプリルフール疲れ。(2014/4/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。