ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「問われるコーチング力」最新記事一覧

問われるコーチング力:
矢沢永吉のようにカッコいいリーダーであれ
還暦を迎えてもなお果敢に挑戦し続ける矢沢永吉。歩みを止めず常に進化する姿に多くの人は魅了される。これは企業のリーダーにも当てはまるのだ。(2009/11/9)

問われるコーチング力:
鳩山首相の表明から考えるビジョンの大切さ
日本の温室効果ガス削減に関して、鳩山首相は明確な数字でビジョンを示した。これはリーダーにとって実に重要な行動だと考えている。(2009/10/20)

問われるコーチング力:
似非リーダーは軽蔑されるだけだ
イチロー選手が9年連続200本安打という大記録を打ち立てた。彼の姿を見て、真のリーダーについて考えさせられた。(2009/10/1)

問われるコーチング力:
谷から這い上がれるか?
民主党による衆議院選挙の圧勝によって、自民党は山の頂きから谷に落ちた。なぜこのような事態になったのか、どうしたら這い上がれるのか、これを機に自分の行動を見つめ直してもらいたい。(2009/9/24)

問われるコーチング力:
最近あなたは大きな声を出したことがあるか?
景気低迷によって暗いニュースばかり飛び交っている。こうしたときこそ、元気良く大声を出すべきだ。(2009/8/31)

問われるコーチング力:
高校野球監督の指導法から学ぶ
いよいよ高校球児たちによる夏の甲子園が始まった。今回のコラムでは、選抜優勝などここ数年で一躍強豪校の仲間入りを果たした長崎・清峰高校の監督からリーダーのあるべき姿を模索する。(2009/8/13)

問われるコーチング力:
衆議院解散までの一連の騒動を見て
自民党の内部分裂、衆議院解散の断行など、国を主導すべき政治家たちのドタバタ劇には目を覆うばかりである。企業の将来を担うリーダーは反面教師にすべきだ。(2009/7/29)

問われるコーチング力:
リーダーと部下が共に変革する方法
リーダーが行動を変えるためには、部下からさまざまな意見や指摘を受けることが必要である。これは部下にとってもメリットがあるのだという。(2009/7/15)

問われるコーチング力:
これまでの成功体験は通用しないと思え
不景気にもかかわらずヒット商品を連発する企業もあれば、過去の成功体験にしがみつき埋没していく企業もある。(2009/7/1)

問われるコーチング力:
増え続ける心の病、リーダーは行動を改めよ
今月初めに発表された厚生省の調査によると、心の病で労災認定された会社員は269人に上り過去最悪の数字を記録した。こうした状況の中、部下に対するリーダーの一挙一動はますます重要度を増すという。(2009/6/19)

問われるコーチング力:
あなたは部下の強みを決めつけていないか?
人にはそれぞれ他者には負けない強みが必ずあるはずだ。部下の強みを見つけ出し、最適な仕事を与えてあげるのがリーダーの役目である。(2009/6/10)

問われるコーチング力:
休暇を喜ぶ従業員、「休みが怖い」と語る経営者
「ビッグスリー」の一角である米自動車大手・クライスラーが破たんするなど、昨秋以来の経済危機は大きな爪痕を残している。売り上げ拡大の機会損失になるという理由から、「大型連休が怖い」と語る経営者もいるという。(2009/5/20)

問われるコーチング力:
連休明けこそあなたは部下から試されている
ゴールデンウィークの大型連休も終わり、気を引き締めて仕事に打ち込みたいところだ。今回は休暇モードから頭を素早く切り替えて、業務に集中するためのこつを紹介する。(2009/5/8)

問われるコーチング力:
危機を乗り切るために経営者がすべきこと――スズキ社長に学ぶ
過去に2度の経営危機を乗り越え、現在3度目の至難に直面する軽自動車の雄、スズキ。度重なるピンチをチャンスに変え、決してあきらめることのなかった鈴木社長から学ぶべきことは多い。(2009/4/15)

問われるコーチング力:
上司に優しさを求める新入社員にどう接するべきか
今年の新入社員は仕事に対して受身の姿勢で臨む人が多いという。彼らに対して組織のリーダーは自らホウレンソウを実践し、態度で示すことが重要だ。(2009/4/1)

問われるコーチング力:
自分の非を認める勇気を持とう
組織において、リーダーと部下の間で考え方のずれが生じ、トラブルになることがよくある。リーダー自身に非があるのであれば、それを素直に認めて謝る姿勢が肝要だ。(2009/3/25)

問われるコーチング力:
WBCの監督に学ぶ、超一流社員を率いるためのリーダー術
球界におけるトップクラスの選手が集まったWBC日本代表チームを率いる原監督の手腕は見ものである。企業のリーダーにとっても学ぶべき材料は多いといえよう。(2009/3/18)

問われるコーチング力:
現実を直視するリーダー、目を背けるリーダー
厳しい経済状況にありながらも、しっかりと現実を見据え業績回復に取り組むリーダーと、根拠なく「大丈夫だ」と楽観視するリーダーがいる。その企業がどうなるか。結果は火を見るより明らかだ。(2009/3/11)

問われるコーチング力:
自覚のないリーダーの好例
もうろうとした状態で記者会見し辞任した中川昭一前財務・金融担当相。彼からリーダーとしての役割の多くを学ぶことができる。もちろん反面教師として、である。(2009/3/4)

問われるコーチング力:
目を合わせずに対話するあなたはどのタイプ?――4つの行動傾向を知る
職場にはさまざまな人間がいるが、実は大きく4つのタイプに分類できる。それぞれの行動特性を把握した上でコミュニケーションを取らないと失敗するだろう。(2009/2/25)

問われるコーチング力:
感情に流されるリーダーになるな
リーダーが自己変革を遂げるためには、大きな壁を乗り越える必要がある。その緊張感から逃げ出してしまうのではなく、楽しみに変えてしまうような心構えが重要だという。(2009/2/18)

問われるコーチング力:
不況を改善、発展への好機とせよ
松下幸之助はかつて「好況よし、不況またよし。不況は改善、発展への好機なのだ」と述べた。現在の不況をチャンスととらえる発想がリーダーには不可欠だという。(2009/2/12)

問われるコーチング力:
なぜ日本のリーダーはオバマ大統領になれないのか
米国の新たなリーダーとして期待が大きいオバマ大統領。なぜオバマ氏は国民から高い支持を集めるのか。日本の政治家と比較してみた。(2009/2/4)

問われるコーチング力【番外編】:
日本企業を元気にするビジネスコーチングを
かつて外資系保険会社で熱血漢あふれる営業マンだった細川氏は、ある出来事がきっかけでコーチングの重要性を痛感する。折りしも会社が吸収合併されることになり、プロのコーチとして歩んでいくことを決意する。(2009/1/28)

問われるコーチング力:
「裸の王様」――小室哲哉を反面教師に
優れたリーダーになるためには、自らの資質に加えて、過ちを遠慮なく指摘するような周りの環境が必要だという。弱点には触れさせず強みばかりを誇示するリーダーはいずれ「裸の王様」になってしまうだろう。(2008/12/17)

問われるコーチング力:
企業の組織における「せいだ病」のまん延を防げ
2008年もさまざまな出来事があった。中でも特に世相を反映するキーワードを取り上げて、ビジネスコーチングの視点から分析してみたい。(2008/12/10)

問われるコーチング力:
わたしは変わりましたか?
自分自身が改善すべき問題点を見つけ、解決のための目標を設定したとしても、多くの人々は往々にして怠けてしまう傾向にあるという。そうならないために“鏡”に向かって問い掛けてみよう。(2008/12/3)

問われるコーチング力:
週末メールや付箋を活用――情報共有が組織を強くする
前回の連載で示した「4つの質問」はリーダーだけでなく、チームや組織に対しても有効なコーチング手法である。(2008/11/26)

問われるコーチング力:
リーダーを育てる「4つの質問」
どのように目標を達成すべきかについて、リーダーは常に自問自答する必要がある。今回は効果的なセルフコーチングの方法を教える。(2008/11/19)

問われるコーチング力:
リーダーの能力を大きく開花させる方法
多くの人は他人からのフィードバックを素直に受け入れられない傾向にある。かつてのわたしも同様で、まったく耳を貸さなかった。ところが、ある女性社員の手紙が人生を大きく変えることとなった。(2008/11/12)

問われるコーチング力:
リーダーが抱える20の悪い癖
元GE会長のジャック・ウェルチ氏をコーチした経験を持つエグゼクティブコーチングの第一人者によると、組織の上に立つリーダーは共通した悪い癖を抱えているという。(2008/11/5)

問われるコーチング力:
10のチェックリストがあなたの弱みを浮き彫りにする
組織を率いるリーダーに必要なのは、自分自身を深く分析し強みと弱みを把握することだ。巨人の原監督、西武の渡辺監督は自分のスキルを生かすことにより、リーグ優勝という成功を手に入れたという。(2008/10/29)

問われるコーチング力:
6カ月後の姿を思い描けているだろうか?
企業目標を達成するために戦略を立てないという人はあまりいないだろう。戦略の中身はもちろん重要だ。しかし目標を確実に成し遂げるには、より具体的な方針が不可欠である。(2008/10/22)

問われるコーチング力:
勝てる会社は社員が強みを共有している――任天堂に学ぶ
組織の遂行力を高めるためには「ビジョン」「価値観」「ミッション(強み)」の共有が重要である。企業が常に勝ち続けるためには、とりわけ価値観とミッションの連携が不可欠だという。(2008/10/15)

問われるコーチング力:
隣に座っている部下の価値観を知っているか?
数々の功績を残した王監督率いるソフトバンクホークスと「ディズニーランド」を運営するオリエンタルランド。双方の組織に共通するのは、すべてのメンバーがお互いの価値観を把握していることだという。(2008/10/8)

問われるコーチング力:
破たんした証券会社と成長を遂げた寒天会社、何が明暗を分けたのか?
経営破たんした米Lehman Brothers。その理由は企業ビジョンと現実のギャップだと指摘する。一方で、長野県のある食品メーカーは実直な経営ビジョンが好業績を支えているという。(2008/10/1)

問われるコーチング力:
社員がわくわくする組織のつくり方
「ビジョン」「目標」「戦略」「ミッション」「価値観」「コミットメント」。これらは企業リーダーが部下をわくわくさせるような組織をつくるための重要なキーワードである。(2008/9/24)

問われるコーチング力:
14のチェックリストに見る、停滞する組織
北京五輪の星野ジャパンは、組織(チーム)で目標を共有せず遂行力に欠けていたため成功に結び付かなかった。それではあなたの組織に遂行力はあるか? チェックリストから判断しよう。(2008/9/17)

問われるコーチング力:
星野ジャパンが勝てなかった理由
おおかたの期待を裏切り北京五輪4位に終わった野球。なぜ星野ジャパンは勝てなかったのか? 企業における組織のあり方から考えてみたい。(2008/9/10)

問われるコーチング力:
「思考の枠」が固まった組織は成長しない
相次ぐ無差別殺傷事件。これは自らの欠点をすべて世の中のせいにするなどという独りよがりな考えが引き起こした結果だという。ビジネスの世界においても、こうした凝り固まった思考は禁物である。(2008/9/3)

問われるコーチング力:
リーダーが変革できない3つの理由
目まぐるしく変化するビジネス環境に合わせ、企業や組織も常に変革していかなくてはならない。その先頭に立つのがリーダーだ。しかしながら、“優秀な”リーダーであればあるほど組織にとって足かせになってしまうという。(2008/8/27)

問われるコーチング力:
リーダーに自己変革が必要なわけ
状況を的確に把握し、チーム(組織)を良い方向へ導く力がリーダーに求められるのは、五輪団体競技のようなスポーツであってもビジネスの世界であっても同じである。そのためにリーダーがすべきこととは?(2008/8/18)

問われるコーチング力:
あの人と、なぜ意見が食い違うのか?
「どうして彼はわたしの考えを分かってくれないのだろうか」――。他人と仕事をする上で、誰もが一度は経験することである。これは決して相手に問題があるのではなく、あなたの勝手な思い込みで人物像をつくり上げているからだ。(2008/6/16)

問われるコーチング力:
あなたは部下の変化に気付いているのか?
社員の職離れを防ぐためには、彼らの欲求を満たしてあげる必要がある。たとえ卓越したコーチング技術がなくても、ちょっとした気付きさえあればうまくいくはずだ。(2008/5/26)

問われるコーチング力:
欲求が満たされない社員は逃げていく
「3年で3割」――新入社員の定着率の低さは、企業にとって大きな悩みの種である。人材の流出を防ぐためには、どういった点に注意すべきだろうか。その鍵は人間の「欲」にあるという。(2008/5/19)

問われるコーチング力:
“ギスギス”する職場、その背後にある見えない問題とは
社員の不満を解消することで、働きやすい職場を作ることができるかもしれない。だが、それによって企業の業績が向上するかどうかは別問題であるという。(2008/4/16)

問われるコーチング力:
偽装事件を引き起こす不健康組織16の兆候
「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」ができないのは、社員のスキルではなく、経営者の価値基準に問題があるという。その状況は社内に見られる16の兆候からチェックできる。(2008/3/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。