ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「管理職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「管理職」に関する情報が集まったページです。

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
世代で分かれるデバイス活用の傾向――「ベビーブーマー」の場合は?
1946年から1964年ごろに生まれた世代のことを、米国では「ベビーブーマー世代」と呼ぶ。現在、多くの組織で管理職や専門職を担う彼らの生産性と効率性を最大限に引き出すため、どのようなデジタルデバイスが求められているのか。(2018/6/12)

ダイソンの開発キーマンにインタビュー 日本市場攻略の秘訣やカリスマ創業者の魅力を語る
管理職の立場から同社の強みや求める人材、創業者であるジェームズ・ダイソン氏について語った。(2018/4/27)

情シス、従業員、管理職に贈る:
PR:Outlookのアドレス帳管理、メール誤送信防止で苦労しないための3つの必須アドインとは
メールソフトは、今や企業にとって必要不可欠なツールの1つであり、ビジネス活動を円滑に進める上で重要な役割を担っている。ビジネス向けメールソフトとして多くの企業で使われているのは、Microsoft Outlookだが、ビジネスで活用するに当たっては、企業の情報システム部門、従業員、管理職のそれぞれが幾つかの課題を抱えているのが実情だ。どう解決すればいいのだろうか。(2018/4/17)

東京海上日動にある「若者しかいない」開発部門――メンバーは全員20代、入社5年目未満
管理職を除く全員が20代で、入社5年目未満だけ――東京海上日動システムズのアプリケーション開発部門は一風変わった組織だ。理系男子から文系女子まで、その出自やスキルもさまざま。これで本当に仕事は回るの……?(2018/3/14)

「ノー残業デーのため、他の日に残業」 “働き方改革”にジレンマ サイボウズ調査
「プレミアムフライデーやノー残業デーに早く帰るために、他の日に残業をしたことがある」――勤務先で働き方改革が始まった中間管理職の36%がそう回答した。(2018/2/20)

キャリアニュース:
介護と仕事の両立――介護経験がある管理職の77.3%が「不安がある」
アデコが「介護と仕事の両立」についてのアンケート調査結果を発表した。親族の介護経験がある管理職の77.3%が、介護と仕事の両立に不安を感じており、半数近くの47.5%が、介護を理由にした退職を「考えたことがある」と回答した。(2017/11/30)

日清U.F.Oが「中間管理職トネガワ」と悪魔的コラボ 柄にもなくカップ麺をすするトネガワが目印
いそがしいときとか食べてたりするんでしょうか。(2017/11/20)

9割が「有給休暇」で対応:
「介護離職を考えたことがある」管理職は47.5%
介護離職を考えたことがある管理職は47.5%――アデコ調べ。(2017/11/13)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
2017年も下半期に突入。活況な転職市場はいつまで続く?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。10月は、給料を上げたい、働き方を変えたいと思っている人に、管理職への転職について紹介します。(2017/10/12)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(45):
もう誰も死なせない――IT業界で働くエンジニアに必要な「勇気」
長時間労働が習慣化しやすいIT業界。部下や同僚を過労死させない、そして自分が倒れてしまわないために、エンジニアや管理職は何をすればよいのだろうか。IT訴訟事例を解説する本連載、今回は「エンジニアの過労死」が争われた判例を解説する。(2017/9/19)

若手のロールモデルに:
課長がもっと輝けば、日本経済はもっと良くなる
日本生産性本部が昨年秋に実施した調査によると、新入社員のうち約半数が「管理職になりたくない」と回答。筆者が問題視したのはその理由だ。(2017/7/31)

上がり幅は「50〜100万円」:
30〜50代、転職で給与が上がる傾向 管理職不足で
30〜50代のミドル世代向け求人の給与が上昇している理由は?――エン・ジャパン調べ。(2017/6/2)

Dr.本荘のThought & Share:
なぜ、“上司も管理職もいない組織”でイノベーションが起きるのか
“上司も管理職もいない会社”でイノベーションが起こる理由とは。(2017/5/27)

6月病特集:
カウンセラーが教えるアドラー流“捉え方術”
管理職向けにアドラー心理学を応用した教育研修を行うカウンセラーの岩井俊憲さんに、ストレスをかわす“捉え方術”を聞いた。(2017/5/23)

“本当に進む”問題解決〜現場のコンサル力で事業を変える(1):
「現場のコンサルティング力」で問題解決
飽きるほど耳にしてきた「問題解決」、だが実際の改善活動がうまくいかない……。そんな悩みを抱える経営者・管理職に“本当に進む”問題解決のための手法をレクチャー。(2017/5/22)

管理職か専門職か、キャリアの分かれ道
出世したいITエンジニアにやっぱり必要な「4つのソフトスキル」
ITを経営戦略に取り入れる企業が増える中、管理職への昇進を望むエンジニアのキャリア展開は、ソフトスキル(問題解決や交渉などの非定型スキル)をどう磨き、活用できるかにかかっている。(2017/4/24)

不利なときこそ次の一手を:
「望みを捨てぬ者だけに」 真田丸と管理職
高視聴率を維持したNHK大河ドラマ『真田丸』。「望みを捨てぬ者だけに道は開ける」という言葉が繰り返され、視聴者の共感を呼んだといわれますが、真田幸村は「望みを捨てぬ」だけだったのでしょうか?(2017/1/5)

ざわ… ざわ… 「このマンガがすごい! 2017」はオトコ編1位「中間管理職トネガワ」、オンナ編1位「金の国 水の国」
「圧倒的勝利……!」のトネガワにざわつくネット。(2016/12/10)

IT管理者の1つの理想形か
あなたは「Facebookの次期CIO」になれるか? 求人票から分かった“納得の条件”
Facebookが公開している最高情報責任者(CIO)の求人票について、管理職スカウトの専門家がレビューしたところ、重要なポイントが浮かび上がってきた。(2016/11/14)

ディルバート(473):
ロボットは「管理職」にぴったり?
自分の仕事をロボットに任せようとしている社長。その会社の従業員は、果たして幸せになれるのでしょうか。(2016/11/4)

管理職の危機対応「パワハラ・セクハラと好意の線引き」
大手広告代理店の過重労働は自殺にまで及んだ痛ましい事件となった。事件の舞台となった環境は論外だが、管理職が自分の職場においてどこまでが過重でどこまでがハラスメントかという線引きで悩むことはある。(2016/10/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(20):
もし職人肌アラフォーエンジニアが「管理職にならないか」と打診されたら
本当にやりたかった仕事はこれなのか――アラフォー世代にとって、管理職への打診はキャリアの迷いの始まりです。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「アラフォー世代のキャリアチェンジ」です。(2016/8/24)

ディルバート(460):
ロボットが管理職の仕事を奪う?
将来、ロボットが人間の仕事を奪うかもしれない――そんな未来予測がありますが、ボスの場合は……?(2016/8/4)

気持ちいい〜 マッサージを受けているワンコが完全におっさん
わんこ、中間管理職(50代)。(2016/7/11)

仮想化されているのは半分以下
世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実
世界24カ国の上級管理職1140人を対象に、可用性に関するアンケート調査を実施した。その結果、サーバ仮想化の現状、投資意向、バックアップや災害復旧の体制が見えてきた。(2016/4/21)

モコ・・モコ・・ 「カイジ」スピンオフ「中間管理職トネガワ」、謎の手洗い啓発ポスターを無料配布
あの利根川が部下に正しい手洗いを徹底指導。(2016/4/7)

女性の管理職は増えているが……何%?
OECD(経済協力開発機構)に加盟してる国の女性管理職の割合をみると、軒並み30%を超えている中で、日本はどのくらいの割合なのだろうか。経済同友会調べ。(2016/1/14)

エン・ジャパン 管理職:
管理職求人増、期待されるプレイングマネジャーとしての役割
人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンは、「管理職」に関するアンケート結果を発表。半数以上が「1年前に比べ、管理職求人は増えている」と回答した。(2016/1/5)

キャリアニュース:
管理職採用、50〜300人程度の企業を中心に増加傾向
人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、転職コンサルタントを対象に「管理職」に関するインターネット調査を実施。中小企業が組織強化を目的として、営業管理職の人材を求めるケースが多いことが分かった。(2016/1/5)

2015年の管理職報酬に変化はなし
昇給の鍵は“業務部門の御用聞き”からの脱却――IT部門幹部 報酬調査
IT部門の上級職は、デジタル化して急速に変化している市場に対応するため、IT戦略の軌道修正に努めている。2015年に変化がなかったのは、管理職の報酬くらいだろう。(2016/1/3)

転職コンサルタントに聞く、出世できない人の共通点
管理職候補として採用されながら、その後、出世した人・しなかった人の間にはどのような違いがあるのだろうか。転職コンサルタントに聞いたところ……。エン・ジャパン調べ。(2015/12/17)

キャリアニュース:
適性テストでミドル管理職は仕事最優先、大学生は調和重視の傾向が明らかに
エン・ジャパンは、ミドル管理職・若手管理職・大学生を対象に実施した適性テストの結果を比較分析。3者には「コミュニケーション力」や「エネルギー量」などに大きな違いが認められた。(2015/9/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「マネジメント・スタイル」が最強のチームをつくる
理想とするチーム運営の姿を、「分かっているができない管理職」と「分かっていてできる管理職」がいる。この違いは、いったいどこにあるのか?(2015/8/20)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(6):
孤独なままでいいの?――「誰も分かってくれない」と中間管理職が思ったら
上司と部下の間に挟まれている中間管理職。「誰も分かってくれない」と、孤独を感じていませんか。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは中間管理職の「孤独感」です。(2015/6/17)

日立システムズのワークスタイル変革:
PR:社員一人ひとりが生き生きと働ける会社づくり ――「空間」×「時間」=「心」
いま企業は、グローバル化、女性の社会進出、介護と仕事の両立など、多様な働き方への対応が求められている。社員の働きやすさ向上を3カ年計画で実施し、成果を出しているのが日立システムズだ。海外に15の拠点を持ち、グループ会社社員も含め社員数約1万8000人、女性管理職が100人を超す同社で行っているワークスタイル変革のポイントとは……?(2015/5/27)

タイプ別に分析:
女性の正社員「管理職になりたい」は24.4%――タイプ別にみると?
現在正社員として働く女性の中で「管理職になりたい」と思っている人はどのくらいいるのだろうか。25〜44歳の女性に聞いたところ……。インテリジェンスHITO総合研究所とDODAが調査した。(2015/4/28)

セキュリティ強化、利便性向上、コスト削減をまとめて実現:
PR:企業のエグゼクティブたちが関心を寄せた「手のひら静脈認証」の有効性とは?
今や情報漏えい対策は、企業のIT部門だけではなく企業全体で取り組むべき重要な経営課題である。ひとたび漏えい事件を起こしてしまうと、事業の継続に影響するからだ。実際、2015年3月下旬に都内で開催されたITmedia エグゼクティブ勉強会には、年度末の平日夜にも関わらず、情報漏えい対策に関心を持つ、多くの大手企業情報システム部門の管理職などの経営幹部たちが集まった。(2015/4/22)

キャリアニュース:
女性の管理職比率、上昇の兆し見せるも依然としてアジア最低水準
アジア5カ国・地域の女性管理職比率は平均29%だったが、日本では19%。前年から4ポイント増とはなっているが、依然として最低水準にとどまっていると指摘するレポートを人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが発表した。(2015/3/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
怒ったって良いじゃないか――リーダーは怒りをエネルギーに転じよ
最近、気になっていることがある。職場で怒鳴ったり、声を荒げる管理職は、絶滅寸前である。部下には怒ってはいけないのが、大きな流れになってきている。しかし、果たして、それで良いのだろうか。日本企業の競争力や活力の源である闘争心を奪っていないだろうか。(2015/3/19)

社員からも好評:
エンジニアを管理職に リクルートテクノロジーズ社長が手掛ける“私塾”とは?
企業競争力を上げるためにエンジニアを増やしたい、けれども彼らをマネジメントできる人材がいない。そうした課題を見据えてリクルートテクノロジーズが立ち上げたのが「中尾塾」だ。その中身とは……。(2015/3/5)

後悔先に立たず:
年収が高い人ほど「英語力が必要」と感じている
「20代のうちにやっておけば良かった」と経営者、役員、管理職が後悔していることは「英語の習得」――TOEICを実施している国際ビジネスコミュニケーション協会の調査で、そのような実態が浮き彫りになった。(2015/2/5)

上司はツラいよ:
“感情のコントロール”は、大人のたしなみ
「不機嫌オーラ出しまくり」「なんかピリピリしてる」「ため息を連発してる」「すごい勢いで受話器を叩きつける」――。ストレスがたまって、つい、こんな態度をとってしまう管理職のあなた、若手が冷ややかな目で見ているかも……。(2015/2/5)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「管理職募集、未経験者歓迎」求人って? 変貌する企業の組織体系
「管理職にふさわしい年齢のメンバーが足りなくて困っています。未経験でいいので管理職候補を紹介してくれませんか」――人事担当からこんな相談が出てくるほど、ビジネスの現場は人手不足、そして管理職も足りないといいます。そうなった原因、そして今企業が取り組み始めた対策とは……?(2015/1/26)

上司はツラいよ:
なんだかオレの輝きが薄れていく……? 管理職1年生が陥る病
管理職になったその日から、オレの輝きがどんどん失われていく……。そんな息苦しさを感じている人は要注意だ。この“管理職になりたての人が陥りがちな病”を直すにはどうしたらいいのか。(2015/1/22)

窪田順生の時事日想:
「初代タイガーマスク」が伝授する、中間管理職のストレスを解きほぐす方法
上からは責められ、下からは突き上げられる。中間管理職は板挟みのツラ〜い仕事。そんな悩み多き中間管理職に、あの初代タイガーマスクがストレス解消法を紹介するという。40〜50代男性のヒーローが教える、その中身は……。(2014/12/24)

ホワイトペーパー:
新世代BIツールで、データをビジネスに生かした9つの実例
経営陣や管理職だけでなく、社内の現場の人々までが、データを業務に生かすことを支援する、新世代のBIツールが注目されつつある。こうしたツールをどうビジネスに生かすか、米国のユーザー企業自身が語った 9 つの実例をお届けする。(2014/12/5)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「部下の経験が足りない」若手が管理職に抜てきされた時、やるべきこととは?
仕事ができる若手をマネージャーに抜てきしたら、なぜか悩んでいるようだ――仕事はできるが部下と上手につきあえない、そういう若手が増えています。もしあなたが抜てきされたら、あるいは抜てきした若手が悩んでいたら、やるべきこととは何でしょうか。(2014/12/1)

キャリアニュース:
新入社員のOJT、トレーナーの6割が担当継続に意欲示さず
組織・人材コンサルティング企業のアルーが従業員1000人以上の企業に正社員として勤務し、2014年度に新入社員が配属された上司(管理職)とOJTトレーナー各150名を対象にしたアンケート調査の結果を発表。企業のOJTの現状を伝えた。(2014/11/27)

外資系エリートが実践する「すぐ成長する」仕事術:
リーダーであることに年齢は関係ない
リーダーとは、管理職の地位とは異なり、ゴールに向かって人をまとめていくことができる人のことである。だから、たとえあなたが若くても、リーダーになれる可能性はある。(2014/11/18)

ホワイトペーパー:
調査レポート:中堅企業の成長課題とは(協賛:SAP)
日本の中堅企業の上級管理職に実施した広範な調査に基づき、今後3年間に直面すると考えられる成長課題と、その解決策について提言する。直面する課題とは何か?また、その課題を解く鍵とは?(2014/11/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。