ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

管理職 に関する記事 管理職 に関する質問

「管理職」最新記事一覧

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
女性が管理職になれない、極めてシンプルな理由
アベノミクスの重点テーマの一つが女性活用。「2020年までに企業の3割を女性管理職に」という政府目標に対し、企業の人事担当者たちは「適材がいない」と困り顔。なぜ女性は管理職になれないのか、10月14日に発表された調査データをひもとくと……。(2014/10/20)

グローバル化と競争力アップ:
日立、世界共通の賃金制度導入 年功序列見直しで
日立製作所が管理職を対象に“年功序列”の賃金制度を見直すと発表した。かつて、成果主義を導入した大手企業もあったが、評価の難しさから失敗したところも多い。今回の動きは、賃金制度を世界基準にしないと競争力確保が難しくなったという側面が大きいという。(2014/9/29)

そのひとことを言う前に:
35才中間管理職、誰に相談すればいい?
仕事に悩みはつきもの。特に30台後半の時期は中間管理職として、さまざまな悩みを抱える人が多いのではないでしょうか。しかし、悩みを相談する相手も選ばなければいけないのが難しいところ。今回はこうした“悩み”とどう向き合えばいいのかを紹介します。(2014/9/22)

ITソリューション塾:
売れないのは営業力がないからだと嘆く経営者へ
経営者や管理職は自社の営業力を「営業職の能力」だと思っている節がある。これは大きな勘違いである。(2014/9/16)

過半数の企業はゼロ:
「女性管理職10%未満」の企業は8割、政府目標30%には程遠く
2020年までに管理職や役員などに占める女性の割合を30%程度に、という目標を政府が掲げているが現状ではどうなのか。帝国データバンクが調査したところ、管理職、役員ともに平均の割合が10%を下回っており、目標に程遠い現状が浮き彫りになった。(2014/8/18)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
オレ、定年まで働けるの? 中間管理職がハマる意外な落とし穴
「自分が定年まで働いている姿が想像できません」といった不安を感じていませんか? ロールモデルが多様化しているので、中間管理職の間でこうした落とし穴にハマる人が多いようですが、ではどうすればいいのでしょうか。答えは、簡単。それは……。(2014/8/4)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
やりたいことが見つからない……不惑にして惑う、中間管理職
周囲から期待され、仕事はやりがいがある。でも今の仕事は自分がやりたいことだったっけ?……「四十而不レ惑」と孔子は言ったけれど、現実には不惑だからこそ惑う中間管理職がたくさんいるのです。(2014/7/14)

デキる女性上司の「部下との付き合い方」
昨今では女性も管理職として活躍することが多くなりました。今回は、そんな女性がリーダーとして働く場合に役立つ書籍『女性のためのリーダーシップ術』を紹介します。(2014/6/24)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
あなたは“仕事ができない若手”を作る中間管理職になっていないか?
ごく最近、部長クラスの管理職の人たちから共通する悩みを聞きました。「イマドキの若手は使えない」は本当なのか? イマドキももちろんデキる若手はいる。それを使えない若手にしているのは……。(2014/6/16)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
後輩が上司になった――それは「退職マネジメント」かもしれない
マネージャーになったはいいが、部下を管理しチームを運営する能力がない人。重要なポジションについたが見込み違いだった人……このような管理職を企業はどのように処遇するのでしょうか。その答えはシンプルかつ、残酷なものです。(2014/5/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
できるリーダーは3年戦略をきちんと創って進む!
リーダーシップとコミュニケーション能力だけでは事業は推進できない。経営者が管理職に望む「第3の経営能力」とは。(2014/5/8)

東大生はなぜ会社で使えないのか?:
すべてを前向きに捉える
若くして活躍している管理職の多くが、物事を楽観的に捉えています。失敗しても、その結果をポジティブに捉えて次に生かす。彼らは、もともとポジティブな性格ではありません。仕事をするなかで、後天的に楽観性を身につけているのです。(2014/5/6)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
部下をうまく叱れない。そんな40代管理職は当然いらない
あなたは部下や後輩を、どんな風に叱っていますか? 胸に手を当てて考えてみてください。前回の30代に続き、今週は40代の話。「あなたがこんな40代だったら、あと10年会社にいることはできませんよ」がテーマです。(2014/4/21)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
組織内できちんと仕事をしてきたのに切り捨て対象に……30代社員に迫る危機
企業が行う社員教育として、新人研修以上に費用がかかっていたのが中間管理職の育成「でした」。過去形になってしまった理由はなぜなのか、そして該当する社員が今すぐすべきこととは。(2014/4/14)

地方自治体のIT活用探訪:
タブレットで佐賀が変わる? ワークスタイルと管理職の意識を改革する県庁の秘策
都道府県で全国初の在宅勤務制度を導入した佐賀県は、2014年度から全庁規模でモバイルワークスタイルの導入に踏み切る。その取り組みを県CIOの森本登志男氏に聞いた。(2014/3/25)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
“なでしこヘッドハンティング”で企業が伸びる?
サッカーの「なでしこジャパン」などの呼び方が経済界にも派生し始めました。日本企業での女性の登用は、一見進んでいるようですが、管理職以上の女性の割合は非常に低いという現状は否めません。(2014/3/20)

管理職の年収、男女で開き
管理職になったのは何歳のときですか? 現在管理職のビジネスパーソンに聞いたところ、男性の平均は39.8歳、女性は39.2歳とほぼ同じであることが分かった。リクナビNEXT調べ。(2014/2/26)

社員が自律的に成長し続ける組織の創り方:
職場にただ慣れさせるだけでなく、イマドキの若手を後押しする方法
踏み込んだコミュニケーションによる信頼関係が求められているが、自信が持てずオープンになれない若手社員と、接し方が分からず表面的になってしまう管理職がいる。表面的な関係がこの状況を打破できないのでは。(2013/12/18)

省エネ機器:
節電設備の導入で経済価値が1.4倍、企業のブランド価値向上に貢献
電力のピークカットに対する取り組みが企業のブランド価値にどう影響するか。関東と関西の企業に勤務する管理職を中心に約1000人に聞いたアンケート調査の結果がまとまった。節電設備を積極的に導入する企業は経済価値が1.4倍に向上するなどの効果を期待できる。(2013/12/4)

Dreamforce 2013 Report:
「デザインはますます重要」「管理職の仕事は『チームの支援』」──Yahoo!マリッサ・メイヤーCEOが語る
米Yahoo!のマリッサ・メイヤーCEOが「Dreamforce 2013」に登場し、Yahoo!を経営する上で心がけていることや日常の思いなどを明かした。(2013/11/20)

転職成功事例:
機械系メーカー 車用電装部品の筐体設計からの転職
昇格して管理職になっても、「今の会社にいるのは個人として将来性がない」と感じるようになり、転職を決意した松嶋さん。転職エージェントに「将来的にニーズの高くなる職種は?」と相談して返ってきた答えは、意外な職種でした。(2013/11/20)

運用担当者のスキル不足が招くコスト高
クラウド導入でもコストが下がらないユーザーに共通する“管理職の誤解”
自社のシステムをクラウドに移行しても、コストが安くならないばかりか高くなるケースがある。その原因として挙げられるのがIT管理者のスキル不足だ。クラウドで高額請求されないために心得ておくべきこととは?(2013/9/24)

女性が管理職に就く、「賛成」が9割――その理由は?
女性の管理職が増えていくことについて、働く男女はどのように受け止めているのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いた。ユーキャン調べ。(2013/8/29)

女性管理職の割合、企業の約8割が「10%未満」
女性の管理職(課長相当職以上)がいる企業はどのくらいあるのだろうか。帝国データバンクが調査した。(2013/8/15)

転職成功事例:
印刷会社 開発職からの転職
管理職になったものの、まだまだ技術開発の仕事をしたいと転職に踏み切った43歳の小野さん。転職希望の会社は第一志望の部署で求人を出しておらず、応募した求人も「40歳まで」と条件を満たしていませんでしたが――。(2013/8/7)

変革を期待するなら、支援する覚悟くらい持て!
管理職、経営者クラスが若い人に向けて「キミたちの力で今の難局を打開してほしい!」なんていいます。こういう人の相当数は、自分がエエカッコして、ないものねだりしているだけじゃないの?(2013/4/23)

あなたは大丈夫? 「困った管理職」3つのタイプ
管理職の教育を行う筆者。企業の人事部が苦労しているなあと思う、「困った管理職」のタイプを3つ挙げる。(2013/4/16)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第353話 社内コミュ
部下とのコミュニケーション。昔居酒屋、いまFacebook。ああ哀愁の中間管理職。(2013/2/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
急増する管理職になれない40代
起死回生目指すなら「女性の部下の活かし方」を学べ!(2012/12/27)

目標設定下手な管理職が会社をダメにする
チームやプロジェクトの中で、一定の期間ごとに設定される目標。抽象的な記述をしてしまうと、評価が難しくなってしまいます。(2012/12/19)

部長クラス以上の女性はわずか2.7%
従業員としての女性登用は進んでいるが、管理職の女性はどのくらいいるのだろうか。課長クラス以上で4.6%、部長クラス以上では2.7%にとどまっていることが分かった。経済同友会調べ。(2012/10/18)

未来の人事を見てみよう:
上司が大変そうに見えても、実は部下のほうがもっと大変
プレイング・マネージャー化する現代の管理職。昔の管理職に比べると仕事が増えているように見えます、本当に忙しくなっているのでしょうか。米国の研究結果を元に考えてみたいと思います。(2012/10/12)

ディルバート(281):
昇給の話をごまかせてこそ、管理職として一人前
(2012/8/24)

「上司不在の職場」について考える
米国では「ボスなんかいらない!」という職場が増えており、「中間管理職の絶滅」なんてことも言われ始めている。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙の記事に触発され、その意図するところを考察する。(2012/6/22)

「将来は管理職になりたい」という女性が増えている
「将来、管理職になりたいなあ」と思っている人はどのくらいいるのだろうか。この春就職した新入社員に聞いたところ「管理職志向」の人は48.1%であることが分かった。産業能率大学調べ。(2012/6/19)

ホワイトペーパー:
インメモリーテクノロジーを理解するための「6つのシナリオ」と技術解説
データ量の急激な増加を受け、企業はその膨大なデータ管理と活用に悩みを抱えている。今後一層、業務システムに対して、経営層から現場の管理職、ユーザーまでの全員が、Google検索のようなレスポンスの速さを求めるようになる。その処理速度を実現するのが、インメモリーコンピューティングテクノロジーである。(2012/5/15)

いまどきエンジニアの育て方(1):
ベテランを悩ます“いまどきエンジニア” 〜 立ちはだかるコミュニケーションの壁
「若手とコミュニケーションが取れない」――。このような悩みを抱えるベテランエンジニアは少なくありません。育った時代背景も価値観も大きく異なる世代同士で、スムーズに仕事を進めるにはどうすればよいのか。製造業の開発現場に詳しい著者が、ベテランエンジニアや管理職の皆さんに向けて、若手と向き合い、育てていくヒントを提示します。(2012/4/4)

東京の会社で、管理職に占める女性の割合は?
東京都内に拠点を置く会社で、管理職に占める女性の割合はどのくらいだろうか。従業員30人以上の会社に聞いた。東京都調べ。(2012/3/27)

ビジネスシーンでのヒゲ、立場によって見え方に変化
女性新入社員にヒゲを生やした社員の印象を尋ねたところ、若手社員の場合はネガティブな意見が上位を占めたが、管理職の場合はポジティブな意見が上位に入った。フィリップス エレクトロニクス ジャパン調べ。(2012/2/21)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
中間管理職の真実
「中間管理職」は組織の中では、トップ管理職と、一般職の間に位置し、両社の考えをうまくすり合わせるまとめ役を担っている。その心構えや立場、そして行うべきことを明確に理解することによって、会社そのものを活性化させることができる。(2011/11/30)

コンプライアンスに熱心な管理職が、本当に恐れていることとは?
「コンプライアンスが重要だ」と言って、ルールや手続きを増やし、その厳格な運用を求める管理者の真の目的とは何なのだろうか?(2011/11/1)

評論家・大塚英志さんがニコニコ教養講座 “お話を創る力”をドワンゴ社員に伝授
評論家の大塚英志さんが講師を務める「ニコニコ教養講座」。第2回目となる今回は、ドワンゴ新入社員と管理職社員が生徒として出席し“お話を創る力”を養う。「日ごろの業務ですっかり“カタく”なってしまった頭で、創造的な営みができるのでしょうか」。配信は8月24日21時0分〜。(2011/8/23)

新卒者の就職が厳しい本当の原因と解消する方法
就職が厳しい理由は、政治や行政も影響しているとはいえ、企業の人件費の支払い余力の乏しさにあり、その原因は業績の低迷と人件費の高止まりにあるという筆者。経営・幹部・管理職における能力と報酬のミスマッチを解消しやすくするべきと訴える。(2011/7/15)

管理職の評価基準はコロコロ“変える”べき
経営のスピードが早くなっているだけでなく、リーマン・ショックや東日本大震災など経営にかかわる大きな出来事も頻発している昨今。そんな状況に対応するために、管理職の評価基準は常に変化させるべきだと筆者は説く。(2011/6/29)

新入社員の間で、“管理職志向”が強まっている
将来の進路はどのような方向を望んでいますか? この春就職した新入社員に聞いたところ、「管理職として部下を動かし、部門の業績向上の指揮を執る」と答えた人は過去最高となった。産業能率大学調べ。(2011/6/16)

「セクハラの基準が分からん」と言う人の仕事の実力
しばしば、「どこからがセクハラで、どこまでがセクハラなのか分からん」と言う管理職がいるという筆者。しかし、そんな姿勢から、管理職の自律性が推し量れるようです。(2011/4/27)

東電、一般社員の年収2割カット 来年度採用はゼロに
東京電力は役員報酬を4〜5割カット、管理職の年俸を約25%、一般社員の年収を約20%カットする。(2011/4/25)

「新・ぶら下がり社員」症候群:
「新・ぶら下がり社員」が企業をむしばむ
「新・ぶら下がり社員」が増えれば、企業はどうなるのか。端的に言うと、企業の成長が止まってしまう。管理職がいなくなり、現場で判断できる人もいなくなる。こうした企業にいる社員の心も、いつの間にかむしばまれてしまうだろう。(2011/2/3)

OJTが本当に必要なのは、新入社員ではなく管理職
OJTというと新入社員教育を瞬間的に思いつくほど、新人とセットのようになっている手法である。しかし、OJTは決して新入社員の教育のためだけにある手法ではなく、むしろ管理職の教育にこそ必要な手法だと筆者は説く。(2010/12/14)

フレックスタイム制の“陰”について考える
ここ20数年で急速に普及したフレックスタイム制度。そのフレックスタイム制度導入が組織運営に与えた影響を振り返っておくことは、管理職の能力向上を考える上で大変重要だと筆者は主張する。(2010/7/28)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。