ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コーチング」最新記事一覧

新しい考え方(後編):
既存のコーチングとは何が違う? アイディール・リーダーの考え方
「コーチング」といえば、上司が部下に指示を出すといったイメージが強いが、Ideal Leadersはこれまでとは違う新しい考え方を提案している。それは「アイディール・リーダー」。代表取締役ファウンダーの永井恒男氏に話を聞いた。(2015/7/10)

ソフトニック:
食事内容や体重の記録アプリがダイエットのパーソナルトレーナーに! 毎日のアドバイスでやる気継続――「Noomコーチ」
「Noomコーチ」は、ダイエットのコーチングをしてくれるヘルスケアアプリです。食事と運動の両面を管理してくれるので、年末年始のダイエットにもおすすめです。(2014/12/26)

Adidas、コーチングに特化したフイットネス端末「FIT SMART」発表
日本でも「miCoach SMART RUN」を販売しているAdidasが、新フィットネス端末「FIT SMART」を199ドルで発売する。(2014/7/10)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(2):
口ベタな人こそ身に付けたいコーチング【その2】
「部下のモチベーションが下がってきた」「部下から話しかけてくる回数がだんだん減ってきた」「褒めているのに、部下があまり喜んでいない」――思い当たる人はぜひご一読を。(2014/4/11)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(1):
口ベタな人こそ身に付けたいコーチング【その1】
「コミュニケーションスキル? フッ、僕には不必要かな」なんて言えば、「オダマリ!!」とレイコ先生にキツくしかられます。キビシイけど、ちょっとさびしがり屋なレイコ先生と、コミュニケーションについて学んでいきましょう。(2014/3/14)

リアルタイムでコーチングしてくれるフィットネス端末「Moov」
MoovはiPhoneとBluetoothで接続し、センサーで収集した生体データに基づいた音声アドバイスをリアルタイムで行う「バーチャルコーチ」。価格は120ドル(個数限定で59.95ドル)で、日本からも予約できる。(2014/2/28)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
なぜ上司は退職に追い込まれたのか――コーチングで起きた悲劇
知人の会社で、上司が急に退職することになりました。理由を聞くと、どうやら会社が導入したコーチングプログラムが原因のよう。社員の能力開発を促す評価法を導入したはずが、なぜでしょう……?(2014/2/20)

ディルバート(337):
コーチングなんて必要ないでしょ!?
アリスに「ピア・コーチング」を持ちかけられたディルバート。うまくいく……はずがない!(2013/12/12)

Networld Fes 2013 Report:
勝利をたぐり寄せる全日本女子バレー・眞鍋監督のコーチング哲学
ネットワールドが開催した「Networld Fes 2013」のオープニング講演に全日本女子バレーボールの眞鍋監督が登場。ロンドンオリンピックで勝つための取り組みを振り返った。(2013/7/5)

仕事に負けない、頭と心の整理術:
働きやすい職場を作るコミュニケーションはシンプル
職場のコミュニケーションを円滑にするために、コーチングなどの手法を用いることがあります。しかし私が意識しているのはシンプル。「相手が本当に望んでいることは何か?」これだけです。(2013/7/2)

成功するITマネージャーの「人づきあい術」:
あなたの言動を改善するアクションをルーティン化せよ
ITマネージャーが改善すべき言動を洗い出す「フィードフォワード」から得たヒントをどのように日常的な行動につなげていくべきか。今回はそのための「ピアコーチング」をご紹介しよう。(2012/10/17)

説明書を書く悩み解決相談室:
コーチングは「逃げ」? 徹底的に構造化してますか?
上司が部下を指導する際に重要となるスキルの1つが「コーチング」。ただしこのコーチング、必要な説明をしないまま安易に使うと、ただの逃げになってしまうのです。(2012/3/21)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
大きな声を出そう
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「問われるコーチング力 vol.8」をお届けします。(2012/1/25)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
1億総優しさ時代に求められる上司像
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「問われるコーチング力 vol.7」をお届けします。(2011/12/14)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
問題に向き合うことで、真のリーダーになる
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「問われるコーチング力 vol.6」をお届けします。(2011/11/16)

オルタナブログ通信:
iPhoneに勝手に期待し、勝手に裏切られた人々
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では約250人のブロガーが、ITにまつわる時事情報などを、日々発信している。今回はその中から「iPhone」「Twitter」「Kindle Fire」「コーチング」などを紹介しよう。(2011/10/15)

トークライブ“経営者の条件”:
これからの経営者に求められるのは“聞きたくないことも聞ける能力” 悪い情報が入ってくるために――コーチ・エィ 鈴木義幸社長
経営者は、しばしば自分の感覚や認識に依存しすぎ、"裸の王様"になってしまうことがある。本人が認識していなくても、本人に都合の悪いことが伝わらないように周囲の方が気を遣ってしまい、結果として本人の耳に届いていないことも多い。そういった問題への対策の1つとして注目されるのがコーチングだ。(2011/10/7)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
エモーショナル・テンションに引きずられるな
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「問われるコーチング力 vol.5」をお届けします。(2011/10/5)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
リーダー育成は組織運営の要
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「問われるコーチング力 vol.4」をお届けします。(2011/9/5)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
チェックリストが浮き彫りにする、あなたの弱み
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「問われるコーチング力 vol.3」をお届けします。(2011/8/3)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
星野ジャパンは何故勝てなかったのか
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「問われるコーチング力 vol.2」をお届けします。(2011/7/12)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
働きやすい会社=業績のよい会社ではない
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「問われるコーチング力 vol.1」をお届けします。(2011/6/27)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
シンプルに結果を出すためのエグゼクティブ・コーチング
エグゼクティブ・コーチングとは何か、コストはどの程度なのか。多くの組織はコーチングをどのように活用しているのか。(2011/3/23)

ベストチームとは何か:
チーム名は“笑う正直者”――システム・コーチングの現場〜その3
前回のセッションから約1カ月が経ち、「チーム笑う正直者」とのチームコーチングがこれから始まる。(2011/1/24)

ベストチームとは何か:
チーム名は“笑う正直者”――システム・コーチングの現場〜その2
第1回目のセッションから3週間後、チーム“笑う正直者”は、2回目のコーチングを迎えた。前回から比べると格段にリラックスした様子だ。コーチは前回から今日までの間に、チームにどんな変化があったのかを尋ねた。(2010/9/13)

ベストチームとは何か:
チーム名は“笑う正直者”――システム・コーチングの現場〜その1
今回からは、いよいよシステム・コーチングの現場の様子について、事例を交えながらお伝えしていく。(2010/9/8)

ベストチームとは何か:
システム・コーチングとは?
コーチングというとどのようなイメージを思い浮かべるだろうか。コーチとクライアントが1対1で対話をしている場面を想像する方が多いのではないだろうか。(2010/5/27)

「コーチングのプロになりたい!」という人の後ろ向きな“本音”
雑誌などで紹介されるだけでなく、実際にビジネスの場で使おうという動きも広がっている“コーチング”。その流れをみて「プロコーチになりたい!」という人も増えているようだが、筆者はそんな動きに苦言をていする。(2010/3/26)

【新連載】ビジネスマンの悩み相談室:
働かないバブル世代に悩む部下
日々奮闘するビジネスマンに悩みは絶えない。中でも特に厄介なのは、上司や部下に対する問題など職場における悩みである。新連載ではビジネスコーチングの見地から解決策を施していく。(2010/2/24)

ビジネスマンの不死身力:
さよなら、難しいコーチング
業務を円滑に進めるためにコーチングの要素を取り入れたアプローチは有効だ。だがスキルの習得や実践が難しい、と挫折してしまうマネジャーも少なくない。そこで今回は仲間とともに成果を挙げるコーチングのコツを紹介しよう。(2009/12/22)

不景気だから研修をするより雑談をして下さい
組織運営を円滑にするためには、「コーチング」「モチベーション向上」「チームビルディング」などの研修をすることが重要だとされている。しかし、雑談をすればもっと簡単に実現することができるのではないだろうか。(2009/9/9)

「明石家さんま」さんに学ぶ、コーチングのテクニック
好感度ランキングで、常に上位にランクインされている「明石家さんま」さん。彼の高いコミュニケーションスキルを学ぶことで、ビジネスシーンに生かすことはできないだろうか? そこで明石家さんまさんのコーチング技術を分析してみた。(2009/6/23)

ビジネスマンの不死身力:
「ダメ営業・コンサル」の域を抜け出せ
自分の経験を得意気に話し出す営業やコンサルタントを顧客は信用しない。ではこれらの職種に必要な能力は何か。コーチングの視点から考える。(2009/5/30)

問われるコーチング力【番外編】:
日本企業を元気にするビジネスコーチングを
かつて外資系保険会社で熱血漢あふれる営業マンだった細川氏は、ある出来事がきっかけでコーチングの重要性を痛感する。折りしも会社が吸収合併されることになり、プロのコーチとして歩んでいくことを決意する。(2009/1/28)

コーチングの神様に聞く、優れた経営者の条件とは
GEのジャック・ウェルチ元CEOをはじめ、世界の名だたる企業の経営者を指導してきたマーシャル・ゴールドスミス氏に、成功するコーチングの極意、優れたリーダーの条件を聞いた。(2009/1/27)

問われるコーチング力:
企業の組織における「せいだ病」のまん延を防げ
2008年もさまざまな出来事があった。中でも特に世相を反映するキーワードを取り上げて、ビジネスコーチングの視点から分析してみたい。(2008/12/10)

問われるコーチング力:
週末メールや付箋を活用――情報共有が組織を強くする
前回の連載で示した「4つの質問」はリーダーだけでなく、チームや組織に対しても有効なコーチング手法である。(2008/11/26)

問われるコーチング力:
リーダーを育てる「4つの質問」
どのように目標を達成すべきかについて、リーダーは常に自問自答する必要がある。今回は効果的なセルフコーチングの方法を教える。(2008/11/19)

問われるコーチング力:
リーダーが抱える20の悪い癖
元GE会長のジャック・ウェルチ氏をコーチした経験を持つエグゼクティブコーチングの第一人者によると、組織の上に立つリーダーは共通した悪い癖を抱えているという。(2008/11/5)

IBM RSDC 2008 Report:
システムが開発者をコーチングする日――Jazzがもたらすもの
IBMはEclipseの一件を通して、ソフトウェア開発におけるコミュニケーションの重要性を強く認識した。日本IBMのRational事業部を率いる渡辺氏は、その思いが実装されたのがJazzプラットフォームであり、究極的にはシステムが開発者をコーチングする日が来るかもしれないと話す。(2008/6/4)

問われるコーチング力:
あなたは部下の変化に気付いているのか?
社員の職離れを防ぐためには、彼らの欲求を満たしてあげる必要がある。たとえ卓越したコーチング技術がなくても、ちょっとした気付きさえあればうまくいくはずだ。(2008/5/26)

今さら聞けないマネジメント&コーチングの基本:
第5回 すぐにできる「簡易コーチング」
マネジメントには「指示」「放任」「傾聴」「対話」の4タイプがあるというお話から、コーチングとティーチングをどう使い分けるかといった解説をしてきました。最終回の今回は、すぐに使える簡易的なコーチング法を紹介します。(2008/3/26)

今さら聞けないマネジメント&コーチングの基本:
第3回 コーチングとティーチングをどう使い分けるか?
コーチングは効果的なマネジメントの方法ですが、場合によっては教え込む──ティーチングが必要な場合があります。どんなときに、どちらの手法を使えばいいのでしょうか?(2008/3/21)

今さら聞けないマネジメント&コーチングの基本:
第1回 「指示」「放任」「傾聴」「対話」 マネジメントの4タイプ
部下のマネジメントやコーチング、うまくいっていますか? うまくいかなくて悩んでいる人は、もう一度マネジメントの基本を復習してみては。新人マネージャーの人も必見です。(2008/3/17)

現場で使えるコーチング術:
第4回 コーチングと剣の極意の意外な共通点
コーチングのスキルは非常にシンプルなものである。要するに、相手からの答えを導く方法論に過ぎないのだから。今回は、実際のスキルを身につける方法の手助けとなるポイントを2つ挙げよう。(2007/3/20)

現場で使えるコーチング術:
第3回 組織を変えるコーチング術、知っておきたい3つの法則
企業内においては、個人に対するコーチングやビジネスコーチングでは解決できないパターンも幾つか存在する。今回は、組織にテコを入れる形のビジネスコーチングに必要な3つの法則について解説する。あなたの企業に照らし合わせてみてほしい。(2007/3/16)

現場で使えるコーチング術:
第2回 目的達成のサポートツール、ビジネスコーチング
上司に不満がある、会社に自分の居場所がない、会社は変わらない……こうした企業内の問題について、その改善のためのサポートツールとなる「ビジネスコーチング」について解説する。(2007/1/24)

平本メソッド・ピークパフォーマンス実践シリーズ:
決意コーチング2007
去年を振り返り、さらに今年やりたいことをイメージして決意するのが「決意コーチング」。ビジネス・プライベート両面から、2006年を3カ月ごとに振り返り、2007年のビジョンや願望、目標を設定しよう。(2007/1/9)

現場で使えるコーチング術:
第1回 コミュニケーションを円滑にするコーチング
コーチという言葉の語源は「馬車」という言葉にあるといわれる。望む場所まで送り届けてくれる馬車のように、自身が望む場所へ導いてくれるコーチこそ現代の馬車であると言える。本連載では、コーチングの酸いも甘いも理解し、その有効活用を図ってみよう。(2006/12/20)

平本メソッド・ピークパフォーマンス実践シリーズ:
なぜ「やらない」のか。自分の陥っているパターンを認識する
今回は「先延ばし撃退法」の「ステップ2」に進む。“先延ばし”してしまう自分の思考パターンを認識するために、「快・苦痛原理の実習」を行う。具体的な手順に関しては、実際にコーチングを受けた「誌上セミナー」を参考にしてほしい。(2006/7/3)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。