ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「職場」最新記事一覧

ディルバート(519):
職場に忍び寄る“椅子取りゲーム”
受験に就職、出世と人生には“椅子取りゲーム”がたくさん。ときには想像もしない形で遭遇することも……?(2017/9/21)

コンサルタントが語る組織活性化のポイント:
若手社員が辞めない職場づくりとは?
若手社員(とくに入社3年未満)が会社に求めているものとは?(2017/9/18)

「納豆菌が強すぎて、納豆厳禁の職場がある」「宇宙空間でも死なない」 ネットに広がる“納豆菌最強伝説”はどこまで本当?
にわかには信じられない話ばかりですが……?(2017/9/15)

ディルバート(517):
「例え話」の意味が分からない人
やたらと例え話をするけど、意味が分からなくて、聞いた方が反応に困る……。皆さんの職場にもそんな人はいませんか?(2017/9/7)

NTT西日本:
ICTで働き方改革を実現、装着型センサーなどを活用して作業者の安全を支援
NTT西日本は、安全に働ける職場環境の実現を目指し、バイタルデータと位置情報などを活用した作業者安全支援サービスの実証実験を開始する。(2017/9/5)

ナレッジ!? 情報共有…永遠の課題への挑戦:
働きづらい職場がやっている「働き方改革」
働きづらい会社が行っている働き方改革と、社員が望んでいる改革とはどう違うのか。(2017/9/6)

「カラオケルームを仕事場に」首都圏以外でも提供 ビッグエコー
「ビッグエコー」のカラオケルームを仕事用スペースとして使えるサービスが、首都圏以外の一部店舗でも利用可能に。(2017/8/30)

日本特有の事情も:
どんな会社でも不正が起きてしまうワケ
なぜ企業における不正や不祥事は一向になくならないのだろうか。「職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち」の著者で、数々の企業の経理業務に携わってきた前田康二郎さんに企業にはびこる不正の実態を聞いた。(2017/8/30)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(31):
全エンジニアのおばが贈る“ことばの玉手箱”――「田中淳子の“言葉のチカラ”」電子書籍版
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第31弾は、「全エンジニアのおば」こと田中淳子さんが贈る「言葉のチカラ」だ。職場の人間関係に疲れたとき、一歩前に踏み出したいとき、言葉たちがあなたを応援してくれるだろう。(2017/8/29)

人が集中すべきは「人間が強みとする分野」
作曲、金融、報道――AIはこれらの業務をどう変えていくのか
今後、AIが企業に導入されるケースが増えれば、職場の様相は一変する。そこで重要なのは、従業員が「人間が強みとする分野」をどう磨きあげるかだ。(2017/8/23)

エンドユーザーコンピューティングではまさに「熱い」技術
「AIに職場を乗っ取られる」は大間違い 専門家が語るAI活用の未来とは
「企業のIT系社員は、AIに仕事を奪われる未来を恐れている」というのは間違いだ。多くの専門家は、AIが彼らの仕事を補佐すると指摘する。データ管理など、AIは人ができない仕事をこなしてくれるからだ。(2017/8/18)

職場でも使いやすそうな「貼るTENGA」誕生 スタイリッシュなデザインのふせんで業務連絡してみたい
ステッカーも、アダルトグッズがモチーフとは思えないかっこよさ。(2017/8/14)

管理職が学ぶべきメンタルヘルス・マネジメント:
優秀な人材確保には、メンタルダウンしにくい職場づくりから
1つの大きなストレス要因がきっかけの場合もあるが、多くはさまざまなストレス要因が絡み合ってメンタルダウンにつながっている。(2017/8/9)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
時給650円のバイトが教えてくれた「働きがい」のある職場の条件
社員がいきいきと働ける職場職場をつくるには、何が必要なのか? そのヒントは、学生時代のファストフードのバイトの経験の中にあった。いったい、バイトの現場で何が起こっていたのだろうか。(2017/8/8)

「職場に休める空気がない」 有給休暇に関するアンケート調査結果をBIGLOBEが発表
社会人男女1000人に有給休暇事情について質問しています。(2017/7/31)

まさしく正義の職場 「ラッキーマン」ガモウ先生の元アシスタントが当時の“唯一の不満”を描いた漫画が話題に
「唯一の不満点」が唯一無二のインパクト。(2017/7/27)

ラックが7年ぶりにJSOCをリニューアル、それに込められた深い意図:
これからのセキュリティ技術者は「ホワイトで明るい職場」で働こう
ラックが、同社のセキュリティ監視サービス拠点である「JSOC(Japan Security Operation Center)」を7年ぶりに一新。これまでのダーク基調の雰囲気から一転、「白を基調に、自然光も取り入れた明るい内装」にした理由とは──。(2017/7/26)

初の「テレワーク・デイ」6万人参加 新しい働き方、普及なるか
政府は24日、自宅など職場から離れた場所で働くことを促す「テレワーク・デイ」を初めて実施した。(2017/7/25)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(14):
職場の“味見”は学生のうちに――「Wantedly People」Web版をほぼ1人で開発した東大院生のネオジョブホッピング体験記
試食や試着をするように、いろいろな企業に“お試し”就職してもいいじゃない。(2017/7/24)

プロジェクトマジック:
“意見が出ない会議”を変えるテクニック
職場の意見調整では、「なんとなく一致した」というようなふわっとしたコンセンサスではなく、「相違点を検討した上で合意する」という確かなコンセンサスを導き出すことが重要。そのために必要となる、“人から意見を引き出す秘訣”を紹介します。(2017/8/4)

ベストセラー作家の予言
人工知能(AI)のある職場で人のやる気はどう変わるか?
機械学習やデータ分析は増加の一途をたどっている。その結果、コンピュータに仕事を奪われることを恐れている従業員もいる。だが、その心配はない。(2017/7/11)

ベテランは若手の知識不足が不満:
若手社員の先輩への不満、1位は「気持ち察してくれない」
職場の若手社員とベテラン社員は、お互いをどのように評価しているのだろうか――メディケア生命調べ。(2017/7/6)

イノベーションを生み出す人材が必須
機械が私たちに指示を出す職場へ――未来の仕事は明るい? 暗い?
最高情報責任者(CIO)の管轄下にある部門などデジタルな職場では、職務上の枠を超えたコラボレーション、社外の貢献者に対する開放性の強化、人工知能(AI)への理解が進んでいる。(2017/7/2)

AIの働き方アドバイスで職場の幸福感と業績が向上――日立が実証実験で効果を確認
AIを活用して、働く人の幸福感(組織活性度)向上に有効な働き方のアドバイスを提示する技術を検証した結果、AIの働き方アドバイスが職場の幸福感を引き上げ、業績向上にも有効であることが分かった。(2017/6/27)

AIのアドバイスで職場の“幸福度”向上、業績もアップ 日立が実証実験
日立が、従業員の行動データから組織全体の“幸福度”を測定し、人工知能がよりよい働き方を助言する実証実験を実施。アドバイスによって幸福度と業績が向上したという。(2017/6/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
若手社員を「成長の危機」から救い出そう――カギはマネジャーの「問いかけ」にあり
若手社員が仕事や職場環境に強い違和感を抱き、働く意欲を失っている3つのポイント。(2017/6/22)

お菓子が化粧品に変身!? 職場にある食べ物を駆使したメイクアップ動画がすごかった!
発想力がヤバい。(2017/6/21)

事務所や病院の環境を改善するIoT
IoTで職場環境をスマート化 小さな実験から始める5ステップ
従業員が求めていることを1日中自動で予測して、それに応える職場環境を想像してみてほしい。仕事の生産性と効率はどれほど上がるだろうか。(2017/6/19)

「大丈夫」は「大丈夫じゃない」―― 職場における「我慢」の危うさ描く漫画に共感の声
「『我慢できる』と『大丈夫』はイコールじゃない」(2017/6/16)

若者の6割がインターネット空間を「自分の居場所と感じている」政府調査 学校・職場を超える
最下位は「職場」の4割弱。(2017/6/15)

ヘルシーなのに食べ応えあり:
社食でついつい選んでしまう「健康メニュー」とは何か
社食で「健康」を重視したメニューが増えている。それは、ただ摂取カロリーを減らしただけのメニューではない。健康に、生き生きと働ける職場づくりを進める企業の取り組みとは……。(2017/6/14)

AIが使えるのはスマートスピーカーだけじゃない
“枯れた技術”をもよみがえらせる機械学習とAI、隣の職場の活用は?
人工知能(AI)と機械学習を、「実用的なエンタープライズアプリケーションを伴わないバズワード」として切り捨てるのは簡単だ。しかし、技術は着実に進化している。(2017/6/9)

気にする必要なし?:
就活生のための「職場の雰囲気」とは何か
忖度(そんたく)が流行っているみたいなので、職場の雰囲気について考えてみます。就職や転職で新たな環境に進もうというとき、そもそも自分に合うのか、職場の雰囲気を重視する人は多くいます。特に社会人経験のない学生はそれを重視する傾向が強いのですが、どう捉えるべきでしょう。(2017/6/7)

「回転椅子でグルグル回りながら電話をする高橋一生」 淑女の妄想爆発ハッシュタグ「職場の高橋一生」が今すぐ出社したくなる癒し力
幸せかよ。(2017/6/2)

けんじろうとコラボろう!:
新しい職場で“これをやったら嫌われる”7カ条
新入社員として、または転職や異動で新しい職場のメンバーになったとき、嫌われないためのコツを伝授します。(2017/5/30)

高橋名人、「しくじり先生」で紹介したハドソンの職場環境をフォロー 「悪く言うのは絶対にやめて」
今では認められがたい働き方ですが、仕事に誇りを感じていたそう。(2017/5/29)

Amazon Echo、Google Homeと同様のスピーカー型
Microsoft参入で「音声アシスタント」の注目度がさらに上昇、3つの破壊的変革とは?
Microsoftは「Cortana」搭載端末の計画を発表した。Microsoftの参入で仮想アシスタントを職場で利用できる日が近づいた……のだろうか。(2017/5/26)

インタビュー
音楽認識サービス「Shazam」のCTOが目指す「土曜も出社したくなる職場」
音楽認識で知られるShazamの新CTO、シャープ氏にインタビューした。「土曜日でも出勤したくなるほど職場の雰囲気を盛り上げたい」と語る同氏が真に目指しているチーム像、エンジニア像とは?(2017/5/26)

スキルアップにも:
折れない心を育む「レジリエンス」高めるには?
ストレスや逆境を克服する力「レジリエンス」。メンタル不調に陥らないようにするためには、職場環境の改善だけではなく、個人のレジリエンスを高めることが有効な手段となる。そのために必要な考え方とは……。(2017/5/25)

漫画家が至高の仕事場を完成させるも、どう見ても歯医者
猫さんもくつろぎたくなる快適環境。(2017/5/22)

ダイキン工業、IoTで作業現場の安全を遠隔管理する富士通のソリューションを導入
ダイキン工業が、装着型センサーで作業者の体調を遠隔管理できるソリューションを導入。けがや熱中症などを防ぐ労働災害対策と、職場の安心、安全を推進する。(2017/5/22)

精神科医に聞く:
近年増えている“6月病”とは?
5月は環境の変化や連休による反動で、体調不調を起こしやすい時期である。「いやいや、私の職場は大丈夫」と思っているかもしれないが安心してはいけない。実はいま、5月ではなく6月に突然メンタル不全で倒れてしまう「6月病」が増えているのをご存じだろうか。(2017/5/22)

工場男子かっこいい! 地域限定・職場限定の写真集「あだち工場男子」誕生
働く人を通じて地域の“ものづくり”をPRします。(2017/4/29)

ディルバート(498):
「無限ループ」な言い訳
職場を悩ますジェネレーションギャップ。何とか歩み寄りながら壁を越えられるといいのですが、中には永遠に分かり合えそうにない場合も……?(2017/4/27)

カラオケルームが仕事場に ビッグエコーが「ビジネスプラン」導入
カラオケルームを作業スペースとして使うことができます。(2017/4/24)

テレワークでの利用想定:
カラオケボックスを仕事場に ビッグエコーが新プラン
カラオケチェーン「ビッグエコー」で、カラオケの個室をワークスペースとして利用できる新サービス「ビジネスプラン」が開始。(2017/4/21)

乗務員の睡眠改善を支援するシステム、JR西日本が導入
センサーで乗務員の睡眠状態を計測し、睡眠改善を支援するシステムをJR西日本と富士通が共同開発。2017年度中に乗務員が所属する全職場に導入し、睡眠改善による乗務の質の向上とさらなる安全を目指す。(2017/4/20)

キャリアニュース:
職場のダイバーシティ、「積極的に取り組んでいる」は19%
エン・ジャパンが「ダイバーシティ」についてのアンケート調査を実施。「積極的に取り組んでいる」との答えは全体の19%にとどまった。(2017/4/19)

「人間本来の姿勢は和式」:
“激変”トイレ文化 「和式好き」50人中わずか2人
日本のトイレ文化が“激変”している。自宅でも職場でもまちの中でも洋式便器が大半を占め、和式便器を見かけることは少なくなった。(2017/4/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーの「ひとこと」が職場を変える
リーダーがつぶやく言葉にはパワーがある。職場のポテンシャルを引き出す戦略的なひとこととは?(2017/4/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。