ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「意外に知らないけっこう間違いやすい漢字」最新記事一覧

関連キーワード

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「畑」「働」は日本生まれ 意外とある和製漢字
あなたは「和製漢字」を知っていますか? 和製漢字は国字とも呼ばれ日本で作られた独自のもので、長い歴史の中で必要に応じて作られたと言われています。中には、逆輸入されて中国でも使われているのもあるのだとか……。今回は和製漢字とともに、日本の歴史も見ていこう。(2013/5/16)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「配布」と「配付」の使い分け、できてますか?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、「配布」と「配付」の違いをきちんと説明できますか。今回は、オフィスで使う間違えやすい漢字について勉強していこう。(2013/5/9)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「女神」と書いてなんと読む? キラキラネームいろいろ
名前は、親が子供に思いを込めてつけるもの。時代を反映させるもののひとつでもありますが、最近はやりのキラキラネームが普通になる日もくるのでしょうか? 今回は、名前に使われる漢字について勉強していこう。(2013/5/14)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
点がある? ない? 迷いやすい漢字たち
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、「博」の点をつけるかつけないかで迷ったことはありませんか。今回は、点がつくかどうかで迷いやすい漢字について勉強していこう。(2013/5/7)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
似てるけど違う「右」と「左」
あなたは漢字の書き順に自信がありますか。例えば、「右」と「左」の正しい書き順をきちんと知っていますか。今回は、漢字の書き順と線の長さについて勉強していこう。(2013/5/2)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「必」の正しい書き順、知ってますか?
あなたは正しい漢字の書き順を知っていますか? 書き順は人々の長年の経験から書きやすい順番が残って伝えられたもので、自然と美しい字が書ける便利なものです。今回は、そんな書き順のナゾについて勉強していこう。(2013/4/30)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「卵」と「玉子」って別物?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、「卵」と「玉子」の区別はつきますか。今回は、2通りの書き方があるものについて勉強していこう。(2013/4/25)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「下手」を「上手」に読める?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、「上手」は「じょうず」「かみて」「うわて」など複数の読み方がありますが、これらは芝居や相撲などの日本の文化から生まれたもの。今回は、漢字と日本の文化について勉強していこう。(2013/4/23)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
七匹は「ななひき」でいいの?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、七匹の読み方は「ななひき」と「しちひき」のどちらだと思いますか。今回は、音読みと訓読みの区別の仕方について勉強していこう。(2013/4/18)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
地震は「ぢしん」じゃないの?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、地震の「地」は「ち」と読むのに、「じしん」と読むのはなぜでしょうか。今回は、漢字のいろいろな読み仮名について勉強していこう。(2013/4/16)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「未公開」と「非公開」、何が違うの?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば「未公開」と「非公開」、何が違うかきちんと説明できますか? 今回は「未」「非」「無」「不」の正しい使い分けについて勉強していこう。(2013/4/11)

「卵」と「玉子」の違い、分かりますか?
日本人がつい間違って使ってしまっている漢字を取り上げた書籍から、誤用例をいくつか紹介します。(2013/3/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。