ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「意外に知らないけっこう間違いやすい漢字」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「意外に知らないけっこう間違いやすい漢字」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「畑」「働」は日本生まれ 意外とある和製漢字
あなたは「和製漢字」を知っていますか? 和製漢字は国字とも呼ばれ日本で作られた独自のもので、長い歴史の中で必要に応じて作られたと言われています。中には、逆輸入されて中国でも使われているのもあるのだとか……。今回は和製漢字とともに、日本の歴史も見ていこう。(2013/5/16)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「配布」と「配付」の使い分け、できてますか?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、「配布」と「配付」の違いをきちんと説明できますか。今回は、オフィスで使う間違えやすい漢字について勉強していこう。(2013/5/9)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「女神」と書いてなんと読む? キラキラネームいろいろ
名前は、親が子供に思いを込めてつけるもの。時代を反映させるもののひとつでもありますが、最近はやりのキラキラネームが普通になる日もくるのでしょうか? 今回は、名前に使われる漢字について勉強していこう。(2013/5/14)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
点がある? ない? 迷いやすい漢字たち
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、「博」の点をつけるかつけないかで迷ったことはありませんか。今回は、点がつくかどうかで迷いやすい漢字について勉強していこう。(2013/5/7)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
似てるけど違う「右」と「左」
あなたは漢字の書き順に自信がありますか。例えば、「右」と「左」の正しい書き順をきちんと知っていますか。今回は、漢字の書き順と線の長さについて勉強していこう。(2013/5/2)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「必」の正しい書き順、知ってますか?
あなたは正しい漢字の書き順を知っていますか? 書き順は人々の長年の経験から書きやすい順番が残って伝えられたもので、自然と美しい字が書ける便利なものです。今回は、そんな書き順のナゾについて勉強していこう。(2013/4/30)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「卵」と「玉子」って別物?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、「卵」と「玉子」の区別はつきますか。今回は、2通りの書き方があるものについて勉強していこう。(2013/4/25)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「下手」を「上手」に読める?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、「上手」は「じょうず」「かみて」「うわて」など複数の読み方がありますが、これらは芝居や相撲などの日本の文化から生まれたもの。今回は、漢字と日本の文化について勉強していこう。(2013/4/23)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
七匹は「ななひき」でいいの?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、七匹の読み方は「ななひき」と「しちひき」のどちらだと思いますか。今回は、音読みと訓読みの区別の仕方について勉強していこう。(2013/4/18)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
地震は「ぢしん」じゃないの?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、地震の「地」は「ち」と読むのに、「じしん」と読むのはなぜでしょうか。今回は、漢字のいろいろな読み仮名について勉強していこう。(2013/4/16)

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:
「未公開」と「非公開」、何が違うの?
あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば「未公開」と「非公開」、何が違うかきちんと説明できますか? 今回は「未」「非」「無」「不」の正しい使い分けについて勉強していこう。(2013/4/11)

「卵」と「玉子」の違い、分かりますか?
日本人がつい間違って使ってしまっている漢字を取り上げた書籍から、誤用例をいくつか紹介します。(2013/3/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。