ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サイバーフィジカルシステム」最新記事一覧

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「IoTがもたらす2つのパラダイムシフト」
IoTによって私たちの生活やビジネスがどのように姿を変えていくのか、社会基盤と「モノの価値」の2面から見ていきましょう。(2016/5/16)

ハノーバーメッセ2016:
インダストリー4.0で具体化した日独連携、競合を越えた「つながる」の価値(前編)
ハノーバーメッセ2016において第10回となる日独経済フォーラムが開催された。テーマは「実践の場におけるインダストリー4.0」とされ、会期中に発表された日独政府の連携なども含めて、日独の協力体制や土台作りに注目が集まった。(2016/5/13)

製造マネジメントニュース:
コニカミノルタは2020年に向け「エッジコンピューティングを強みにしていく」
コニカミノルタが、2020年度を想定した事業の方向性や規模感を示す中期事業戦略を説明。2020年度の売上高目標は2015年度比4200億円増の1兆5000億円となる。同社社長の山名昌衛氏は、目標達成に向けて、「サイバーフィジカルシステムの枠組みの中で、エッジコンピューティングを強みにしていきたい」と語った。(2016/4/15)

いまさら聞けない第4次産業革命(2):
インダストリー4.0って何でこんなに注目されているの?
製造業の産業構造を大きく変えるといわれている「第4次産業革命」。しかし、そこで語られることは抽象的で、いまいちピンと来ません。本連載では、そうした疑問を解消するため、第4次産業革命で起こることや、必要となることについて分かりやすくお伝えするつもりです。第2回と第3回ではきっかけを生んだドイツの「インダストリー4.0の意義」を2つの切り口から紹介します。(2016/4/1)

特集:アジャイル時代のSIビジネス(5):
「共にビジネスを切り開くパートナーになる」組織作りと人材活用が大切――TIS
SIビジネスの地殻変動を直視し、有効なアクションに変えたSIerの声を紹介してきた本特集。今回は大規模SIer、TISへのインタビューを通じて「SIerにとって本当に大切なこと」をあらためて確認した。(2016/4/1)

産業発展に貢献する優良ベンチャー企業を探せ:
JEITAベンチャー賞、第1回は8社が受賞
電子情報技術産業協会(JEITA)は、第1回「JEITAベンチャー賞」の授賞企業8社を発表した。CPS(サイバーフィジカルシステム)/IoT(モノのインターネット)の社会実装を推進するJEITAは、優良なベンチャー企業を支援し、関連企業との連携強化を推進していくことで産業発展を後押しする。(2016/3/28)

イノベーションのレシピ:
10年で10事業から撤退、イノベーションに活路を見いだすコニカミノルタの挑戦
日系製造業は事業環境の変化に悩まされ続けている。その中で新たなビジネスの芽を生み出し続けることは非常に重要な課題である。「10年で10事業から撤退した」というコニカミノルタでは、ロジックでイノベーションを生み出すため、組織的な取り組みに力を注ぐ。(2016/2/4)

CEATEC JAPAN 2016は「CPS/IoTエキシビション」に――コンセプト変更
10月に開催されるCEATEC JAPAN 2016は、「最先端IT ・エレクトロニクス総合展」から「CPS/IoT Exhibition」へ生まれ変わる。(2016/1/28)

IT/エレクトロニクス総合展から模様替え:
CEATEC、2016年は「CPS/IoT展示会」として開催へ
これまでIT・エレクトロニクス総合展として開催されてきた「CEATEC JAPAN」(シーテックジャパン)が、2016年開催から「CPS(サイバーフィジカルシステム)/IoT(モノのインターネット)の展示会」として実施されることになった。また会期も平日4日間に変更される。(2016/1/27)

2016年10月に開催!:
PR:近未来を映し出す鏡――進化を続けるCEATEC JAPANに迫る
(2016/1/21)

FA メルマガ 編集後記:
2016年スマートファクトリー展望
2つのターニングポイントがある!?(2016/1/15)

FAニュース:
インダストリー4.0時代の制御には何が必要か、NECAがWGで活動を推進
日本電気制御機器工業会(NECA)は、事業領域拡大や業界の新たな変化に柔軟に対応するために、新規事業に向けたワーキンググループ(WG)活動を強化しているが、2015年4月からは「第4次産業革命」をテーマにしたWG活動を推進。制御機器の将来の方向性を模索している。(2016/1/8)

エッジコンピューティング:
産業用IoTの本命か、FPGAはエッジコンピューティングの勝利者となる?
インダストリー4.0や産業用IoTなど製造現場のIoT活用が活発化している。その実現のカギを握る要素の1つがエッジコンピューティングである。FPGA大手のザイリンクスは「エッジコンピューティングにFPGAは最適だ」と主張し、産業用IoTへの提案を強化する。(2015/12/25)

製造業IoT:
10年間地盤沈下し続けた日系電子産業、CPSは明るい未来を開くのか
JEITAは2015年の電子情報技術産業の世界生産見通しを発表。電子情報産業の日系企業の世界生産見込みは2014年比7%増の42.8兆円の見通しとなり、国内生産額も増加した見込みだ。ただ一方で10年間の統計を見ると1.5倍に成長した世界生産額に対し、日系製造業の生産額はほとんど伸びていない事実が浮かび上がる。(2015/12/17)

もうけを生む製造業IoTの活用手順(2):
モノよりもうかる? サービス領域に対するIoT活用の考え方
製造業で活用への注目が集まるIoT。しかし具体的な成果を生み出すために、どういった取り組みを計画すべきなのか戸惑う企業が多いはずだ。こうした製造業のIoT活用のポイントを解説していく本連載の第2回目では、サービス領域へのIoT活用についての具体的なアプローチ方法について解説していく。(2015/12/4)

スマートファクトリー:
シーメンスPLMが描くインダストリー4.0の姿
シーメンスPLMソフトウェアはドイツの国家政策として進められているモノづくり革新「インダストリー4.0」に対する同社の取り組みについて説明。さらに「2015国際ロボット展(2015年12月2〜5日、東京ビッグサイト)」で展示するデモンストレーションの概要について明らかにした。(2015/11/17)

企業が取るべき対策を解説:
なぜ、IoTはビジネスを“一変させる”のか?
インターネットに接続されるデバイスは増え続けており、さまざまな企業が自社のビジネスをどうIoTに対応させるか、対策を迫られている。シスコでIoT関連のコンサルティングを手掛ける八子氏によると、ビジネスにIoTを適用するための考え方やフレームワークがあるという。(2015/11/9)

もうけを生む製造業IoTの活用手順(1):
製造業のIoT活用、他社に“差”をつける考え方
製造業で活用への注目が集まるIoT。しかし、具体的にどういう取り組みを計画すべきなのか戸惑う企業が多いのではないだろうか。また、IoT活用を企業としての利益に結び付けるにはどうしたらよいかという点も悩ましい。本連載「もうけを生む製造業IoTの活用手順」ではこうした製造業のIoT活用のポイントを解説していく。(2015/10/30)

「産業構造が大きく変わる」 経産省が取り組むCPS推進戦略とは?
経産省は10月23日、産官学の連携で「IoT推進ラボ」を設立した。同省の狙いとは何か。詳しい話を商務情報政策局・情報経済課長の佐野氏が語った。(2015/10/23)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「最新ITトレンド」
ITトレンドは、個々のテクノロジーの意味を把握するだけではなく、互いの相関関係や背後にある社会的な要請を知ることで、より深く理解することができます。今回は、「IoTとソーシャルメディア」「クラウド」「ロボット」「サイバーフィジカルシステム」について学びましょう。(2015/10/13)

海外医療技術トレンド(4):
米国発サービスモデル視点のIoT標準化と健康医療分野の関わり
ウェアラブル機器、遠隔モニタリングセンサーに代表されるモノのインターネット(IoT)は、医療/健康/介護福祉分野でも導入が進んでいる。今回は、米国におけるIoT全般の相互運用性/標準化に向けた取り組みを紹介する。(2015/10/8)

近畿日本ツーリスト、楽天がCPS体験デモを展示:
建造物が再現され、ネットのにぎわいが現実に
2015年10月7日に開幕する「CEATEC JAPAN 2015」の目玉展示の1つであるサイバーフィジカルシステムの体験デモ展示の様子を紹介する。(2015/10/6)

開催前日会見を開催:
CEATEC 2015は「CPS/IoTフォーカスへの序章」
2015年10月7日に開幕する「CETEAC JAPAN 2015」の開催前日会見が同年10月6日に、会場となる千葉市幕張メッセで開催された。今回は、サイバーフィジカルシステム(CPS)/IoT(モノのインターネット)関連の展示に注目が集まりそうだ。(2015/10/6)

スマートファクトリー:
オムロンの“標高10mのIoT”は製造現場を明るく照らすか(前編)
オムロンは「IoT時代のFA」をテーマに記者会見を開催した。インダストリー4.0などIoTの製造現場での活用が進む中、同社の考えるFAの将来像と戦略、またそれを実践する製造現場などを紹介した。前編では同社の考えるIoT戦略について、後編では製造現場におけるIoTの自社実践の様子についてお伝えする。(2015/10/1)

CEATEC 2015開催直前情報:
CPS/IoTが描く未来――主催者が語るCEATEC 2015
アジア最大級のIT・エレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2015」が2015年10月7〜10日に開催される。今回の開催テーマは「NEXT−夢を力に、未来への挑戦」である。「CPS/IoTによって、社会や生活がどのように変化していくのかをアピールしたい」というCEATEC主催者に、今回の狙いや見どころを聞いた。(2015/10/1)

近畿日本ツーリスト、楽天技術研究所など出展:
テーマはCPS/IoT、CEATEC 2015特別展概要を発表
2015年9月16日、同年10月7〜10日に千葉市・幕張メッセで開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2015」で実施する特別企画展示「NEXTストリート」の出展者などその概要が発表された。(2015/9/16)

車載セキュリティ:
インテルが車載セキュリティに本腰、研究組織「ASRB」を立ち上げ
Intel(インテル)は、通信接続が当たり前になりつつある自動車をサイバー攻撃から守るのに必要な車載セキュリティの研究組織「Automotive Security Review Board(ASRB)」を立ち上げた。2015年10月には第1回の会合を開く予定だ。(2015/9/15)

Intel、「つながる車」のセキュリティベストプラクティスを確立へ
ASRBではサイバー物理システムに詳しいセキュリティ専門家がテストや監査を行って、自動車業界向けのベストプラクティスや推奨設計をまとめる。(2015/9/15)

次世代ものづくりの姿:
PR:「インダストリー4.0」実践の第一歩、現場のデータ取得のカギを握る技術とは?
ドイツ連邦政府が主導するものづくり革新プロジェクト「インダストリー4.0」、米国主要企業が取り組むIICなど、IoTを活用した製造業革新の動きが加速してきた。これらに対し、ICTやIoTを導入した製造現場の実現を考えた時、まず突き当たるのが「現場の情報をどう取得するか」という問題だ。(2015/8/19)

2020年に向けた世界最高水準の技術を集結へ:
「CEATEC JAPAN 2015」の開催概要を発表
エレクトロニクス/ITに関する総合展示会「CEATEC JAPAN 2015」(以下、CEATEC2015)の開催概要が2015年7月28日、発表された。(2015/7/28)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「アナリティクス3.0」
IoTの普及とともに、企業が扱うデータは種類も量も急拡大しており、新たな活用にむけた分析の仕方に注目が集まっている。今回は、アナリティクスの変遷をたどりながら、「アナリティクス3.0」と呼ばれるこれからの分析のあり方について解説する。(2015/7/27)

産業用ロボット:
ロボットによる“殺人”は、工場の“自律化”に危機をもたらすか
ドイツの自動車メーカー フォルクスワーゲンの工場で、産業用ロボットによる事故が発生した。インダストリー4.0などで、工場やロボットの自律化への動きが注目されているが、製造現場ではこの事故をどう受け止めるべきだろうか。(2015/7/7)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「IoTで変わるモノの本質」
これからのビジネスや社会に向けて活用が過熱化しているといわれるIoT。この機にIoTでの新たなビジネス展開を、と考えている方もいることでしょう。そんなとき、3分立ち止まって押えておきたいポイント「IoTで変わるモノの価値」を紹介しょう。これで名案が浮かぶこと請け合い!(2015/6/29)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
自動運転の国プロ開発リーダーが示す“懸念”
自動運転技術を開発する目的をしっかり見定めることが重要です。(2015/6/23)

スマートシティ:
グーグルやダッソーがスマートシティに参入、街を丸ごと仮想化する時代に
“街丸ごと”を仮想空間上で再現し、コンピュータの力で最適な分析を行い、制御を行う「スマートシティ」への取り組みが本格化しつつある。米グーグルが新たに新会社設立を発表した他、フランスのダッソーシステムズもシンガポールで共同開発を始めることを発表した。(2015/6/19)

スマートファクトリー:
「つながる工場」実現に向けた“日本連合”の土台へ、IVIが設立総会を開催
「つながる工場」実現に向け、製造業、製造機械メーカー、ITベンダーなどが参加する「Industrial Value Chain Initiative」が設立された。ドイツのインダストリー4.0など、IoTを基盤にモノづくりを革新しようとする動きが高まっているが、日本においてこれらを実現する土台にしていく方針だ。(2015/6/19)

インダストリー4.0:
インダストリー4.0がいよいよ具体化、ドイツで「実践戦略」が公開
注目を集めるドイツのモノづくり革新プロジェクト「インダストリー4.0」。この取り組みを具体化する「実践戦略」が2015年4月に示された。同プロジェクトに参画するドイツBeckhoff Automationグループに所属する筆者が解説する。(2015/6/3)

国が選ぶ“攻めのIT”のトップランナー企業18社
経済産業省と東京証券取引所が“攻めのIT”に積極的に取り組む企業18社を「攻めのIT経営銘柄」として発表。投資家や経営層に周知することで、新事業の創出やビジネスモデル変革を導くなど、企業の収益性や競争力を高めるIT投資を促したいという狙いがある。(2015/5/27)

国際CIO学会10周年記念講演会:
地方創生と海外展開に不可欠なICT活用――産官学のオールジャパン体制で推進
国際CIO学会創立10周年記念公開講演会「日本経済社会の未来」のセッションでは、「ICT産業の未来と地方創生・国際展開」をテーマにパネルディスカッションが行われた。(2015/5/21)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
インダストリー4.0の恩恵を最も享受するのは誰だ?
「もう既にやっている」という企業には必要ないものなのかもしれません。(2015/4/23)

ハノーバーメッセ2015:
インダストリー4.0で日独の協力関係はあり得るのか(後編)
ハノーバーメッセ2015で開催された「インダストリー4.0」をテーマとした第9回 日独経済フォーラムの様子をお伝えする本稿。後編では、日独それぞれの企業の取り組みとパネルディスカッションの様子を紹介する。(2015/4/23)

ハノーバーメッセ2015:
インダストリー4.0で日独の協力関係はあり得るのか(前編)
ハノーバーメッセ2015において第9回となる日独経済フォーラムが開催された。毎年両国のさまざまな経済トピックがテーマとされているが今回は「インダストリー4.0」がテーマとされた。(2015/4/17)

スマートファクトリー:
日本の製造業よ、第4次産業革命で規格策定の舞台に立て
ドイツのインダストリー4.0や米国のインダストリアルインターネットコンソーシアムなど、世界的にICTを活用した新たなモノづくりが胎動している。その中でドイツおよび米国のプロジェクトそれぞれに参加し、存在感を示しているのが米国National Instrumentsだ。同社でこれらの活動に参加しているグローバルテクノロジー&マーケティングディレクターのラマン・ジャマル氏に話を聞いた。(2015/3/18)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
ITベンダーが本気で狙い始めたインダストリー4.0
うねりは本物か!?(2015/3/10)

スマートファクトリー:
「日本版インダストリー4.0」のハブに! 富士通が次世代モノづくり戦略を発表
富士通は「次世代モノづくり」実現に向けた新たなビジョンと、それに対する新サービスの提供を発表した。富士通では2012年から「ものづくり革新隊」として、製造業として自社のノウハウと、提供するICTを組み合わせた製造業支援サービスを展開しており、今回はその流れをさらに拡大するものとなる。(2015/3/6)

製造マネジメント インタビュー:
SAPはインダストリー4.0でどういう役割を果たすのか
ドイツが国家プロジェクトとして取り組むモノづくり革新「インダストリー4.0」。そのバックボーンとなるITシステムで研究の中心的な役割を担っているのがドイツのSAPだ。同社でインダストリー4.0および、IoT(モノのインターネット)への取り組みを統括するIoT市場戦略共同責任者であるニルス・ハーツバーグ氏に話を聞いた。(2015/3/4)

インダストリー4.0概論(後編):
インダストリー4.0はシステムインテグレーターに何を求めるのか
「新価値創造展2014」ではインダストリー4.0をテーマとしたビジョンセミナーを開催。各界3人の有識者が登壇し、「インダストリー4.0とは何か」や「どういう価値をもたらし、どういう課題があるのか」を解説した。後編では、ピアーグループ(ドレスデン)社長のマイケル・アーノルド(Michael Arnold)氏の講演「ITソリューション企業から見た第4次産業革命」の内容をお伝えする。(2015/1/8)

インダストリー4.0概論(中編):
インダストリー4.0の実現に必要な技術的要素は何か
「新価値創造展2014」ではインダストリー4.0をテーマとしたビジョンセミナーを開催。各界3人の有識者が登壇し、「インダストリー4.0とは何か」や「どういう価値をもたらし、どういう課題があるのか」を解説した。中編では、ドイツのフラウンホーファーIPA(生産技術・オートメーション研究所)のヨアヒム・ザイデルマン(Joachim Seidelmann)氏の講演「科学技術の観点から見たインダストリー4.0」の内容をお伝えする。(2014/12/17)

インダストリー4.0概論(前編):
インダストリー4.0に必要な“十字”の連携
「新価値創造展2014」ではインダストリー4.0をテーマとしたビジョンセミナーを開催。各界3人の有識者が登壇し、「インダストリー4.0とは何か」や「どういう価値をもたらし、どういう課題があるのか」を解説した。前編では、ドイツ連邦共和国 ザクセン州経済振興公社 日本代表部代表の尾木蔵人氏によるインダストリー4.0の概要とポイントの解説を紹介する。(2014/11/27)

FA メルマガ 編集後記:
第4次産業革命、ドイツからのラブコールに日本はどうすべきか
自分の中で“答え”を持っておくことが重要です。(2014/11/21)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。