ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Cyworld」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Cyworld」に関する情報が集まったページです。

mixi meetup 2010:
mixi、中・韓の最大手SNSと連携 北米・欧州のSNSとも協議
mixiが、中国最大のSNS「人人網」と韓国最大のSNS「Cyworld」と連携。北米・欧州最大のSNSとも連携を協議しているという。(2010/9/10)

韓国発のSNS「Cyworld」日本版が終了 会員10万人
韓国最大のSNS「Cyworld」日本版が8月21日に終了する。韓国の親会社の意向という。(2009/6/22)

SNS「Cyworld」がリニューアル 韓国ファンのコミュニティーに
韓国発のSNS「Cyworld」がリニューアル。幅広いユーザーを対象にしたSNSから、韓国に関心があるユーザーに特化したコミュニティーに転換する。(2008/5/13)

韓国発のSNS「Cyworld」、米国でサービス開始
日本でも既にサービスを開始したCyworldが、今度は米国で本格スタートする。(2006/8/17)

韓国の巨大SNS「サイワールド」日本版、慎重な船出
韓国の人口の3分の1が利用するSNS「サイワールド」日本版がようやく正式公開。「mixi」やブログなどライバルひしめく日本で、まずは200万ユーザー獲得を目指す。(2005/12/5)

韓国最大SNS「サイワールド」が日本で本格スタート
韓国で3人に1人が会員というSNS「サイワールド」。日本でも12月から本格サービスを始める。(2005/11/16)

韓国で4人に1人が参加するSNSが国内進出──その戦略は
韓国で1300万ユーザーをかかえるSNSの巨人「Cyworld」の日本進出が始まった。「mixi」独走態勢を切り崩せるか。戦略を聞いた。(2005/7/20)

韓国全人口の4分の1を支配するSNSが、米国進出狙う
韓国のSNS大手Cyworldは、1200万人もの利用者を抱え、SNS内通貨の売り上げは1日当たり15万ドルという。(IDG)(2005/5/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。