ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「実証実験」最新記事一覧

スタッフ管理に顔認証を活用 「ザ・コーポレートゲームズ」で実証実験
NECが、国際的な参加型スポーツ大会「ザ・コーポレートゲームズ」に顔認証を活用した「ボランティア支援サービス」を提供。ボランティア運営の効率化や、応募手続きの煩雑さの解消を見込む。(2017/10/20)

地下駐車場で停めた車の位置までナビ セントラルパークとデンソー、スマホサービスの実証実験
名古屋市のセントラルパーク地下駐車場で、車の駐車位置を案内するスマホ向け歩行者ナビゲーションの実証実験がスタートする。(2017/10/19)

京大COI パナソニック 非接触ミリ波バイタルセンサー:
介護施設や保育施設を見守るミリ波レーダー、79GHz帯化で10分の1サイズに
京都大学のCenter of Innovation(COI)とパナソニックは、離れたところから高精度に心拍数と心拍間隔を計測できる生体情報センシングセンサーを小型化/高感度化した「非接触ミリ波バイタルセンサー」を共同開発した。2018年度に保育施設などで予定されている実証実験を経て、さまざまなアプリケーションの検討を進めていく。(2017/10/18)

FAニュース:
製造現場データを機械学習で分析する実証実験を実施、生産性向上を確認
日立システムズと中央電子は、組み立て製造業現場の生産性向上を目的とした、データ分析ソリューションの実証実験を実施した。機械学習を用いることで、人手では難しい細部の工程まで網羅的に分析でき、生産性向上につながることを確認した。(2017/10/17)

訪日外国人の“足取り”、プリペイドカードで把握 JCBが実証実験
観光情報アプリをダウンロードした訪日外国人旅行者にプリペイドカードを配布し、位置情報や決済情報を取得してマーケティングにつなげる実証実験を、JCBが始めた。(2017/10/13)

IT活用:
水道にもスマートメーターを導入へ、神戸市で検針自動化の実証実験
水道にもスマートメーターを活用する実証実験が神戸市で始まる。工業用水の検針を自動化して、運用の効率化を図る狙いだ。(2017/10/13)

SIPシンポジウム 2017:
2018年度末までの大規模実証実験がスタート、SIPの自動走行システムも集大成へ
内閣府がSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)の成果などを発表するため開催した「SIPシンポジウム 2017」。残り1年半となった期間で何を進めていくのか。「自動走行システム」のプログラムディレクターである葛巻清吾氏が語った。(2017/10/13)

個人の睡眠データを解析して最適な眠りへ:
吉野家が実証実験に参加、AIやIoT技術を活用した睡眠解析プラットフォームβ版が開始
ニューロスペースは、個人の睡眠データの計測や解析に向けた「睡眠解析プラットフォームβ版」の運用を開始する。吉野家と同プラットフォームの実証実験も進める。(2017/10/12)

蓄電・発電機器:
鉄道インフラを蓄電池でスリムに、JR東日本が内房線で実証実験
JR東日本は千葉県の内房線内で、鉄道の変電設備のスリム化を目的とした実証実験を開始する。ブレーキ時に発生する回生電力や、電車の位置情報と蓄電池などを活用し、エネルギーを有効活用できるようにする。(2017/10/12)

農業と水環境分野で高度なIT活用を クボタとNTTが実証実験
NTTグループのICTサービスやAI関連技術「corevo」を活用し、実証実験を行う。(2017/10/11)

個人間送金サービス基盤にブロックチェーンを メガバンク3行と富士通が実証実験
メガバンク3行と富士通が、ブロックチェーン技術を活用した個人間送金サービスの実現に向け実証実験を実施する。(2017/10/11)

ビットコイン技術で独自仮想通貨を発行できるフレームワーク 「さるぼぼコイン」で実証実験完了
DG Labが、ビットコインの技術を元にしたブロックチェーン上で独自の仮想通貨を発行できるフレームワークを発表した。既に「さるぼぼコイン」での実証実験が完了したという。(2017/10/10)

ブロックチェーンで個人間送金、みずほ・三井住友・三菱UFJと富士通が実験
富士通は、みずほ・三井住友・三菱UFJと共同で、ブロックチェーン技術を活用した個人間送金サービスの実証実験を行う。(2017/10/10)

自然エネルギー:
リチウムイオン電池の状態をAIが監視、オペレーターの負荷を軽減
GSユアサとNTTコミュニケーションズは、普及が進むリチウムイオン電池システムの状態監視にAIを活用する実証実験を開始する。経験を積んだオペレーターの代わりに、AIが監視を行うことで、運用の効率化を図る狙いだ。(2017/10/10)

「自走する」宅配ロボット、六本木ヒルズで書類運ぶ 実証実験へ
ロボットベンチャーのZMPが、自動走行する宅配ロボット「CarriRo Delivery」の実証実験を六本木ヒルズで行う。(2017/10/6)

組み込み開発ニュース:
五感センサー最後の砦「嗅覚」攻略を目指す、MSSフォーラムが発足
物質・材料研究機構など7者は、超小型センサー素子であるMSS(膜型表面応力センサー)を用いた嗅覚IoTセンサーの業界標準化推進に向け公募型実証実験活動を行う「MSSフォーラム」を設立する。「2020年に約900億円が見込まれる」(NIMS 理事の長野裕子氏)という嗅覚センサー市場に向けて活動を加速させたい考え。(2017/10/5)

第六感をデジタル化:
“第7の感覚器官”実現を目指す村田製作所の挑戦
村田製作所は2017年9月27日、雰囲気や親密度など説明が付きにくい情報をデジタル化、可視化することを目指す仮想センサープラットフォーム「NAONA」の実証実験を開始したことを発表。2017年10月3〜6日に開催されている展示会「CEATEC JAPAN 2017」で、NAONAのコンセプトデモを披露した。(2017/10/5)

製造業IoT:
トヨタと日立がIoT基盤活用の実証実験を開始、突発的な故障の未然防止など目指して
トヨタ自動車(トヨタ)と日立製作所(日立)は、日立のIoT(モノのインターネット)基盤「Lumada(ルマーダ)」を活用した高効率生産モデルの構築し、トヨタのモデル工場で実証実験を開始。工場設備における突発的な故障を未然防止する実証システムの構築を目指す。(2017/10/5)

IT活用:
LPガスの検針を自動化、徳島県でLoRaWANを活用する実証開始
徳島県でLPガス検針の自動化を目指す実証実験がスタート。「LoRaWAN」ネットワークを活用するもので、検針だけでなく地域密着型の生活サービスの創出も目指す。(2017/10/4)

自動運転の実用化目指す:
三菱電機、CLAS信号を利用し高速道路で初の実験
三菱電機は、準天頂衛星システムからのセンチメートル級測位補強サービス(CLAS:Centimeter Level Augmentation Service)信号を用い、高速道路上で自動運転の実証実験を2017年9月19日より始めた。(2017/10/2)

KDDIが「スマートコントラクト」実証実験 ブロックチェーンで携帯修理の運用を効率化
KDDIら3社は、ブロックチェーン技術を使った契約の仕組み「スマートコントラクト」の実証実験を始める。まずは修理受け付け業務の効率化で効果を検証する。(2017/9/28)

KDDI、分散処理基盤「Ethereum」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始
ブロックチェーン技術をベースにした企業向け分散アプリケーションプラットフォーム「Enterprise Ethereum」を活用し、スマートコントラクトによる各種サービスの実現を目指す実証実験を開始する。(2017/9/28)

NEC/東邦ホールディングス:
倉庫運営における最適な人員配置をAIで! 生産性が最大20%向上
NECは、東邦ホールディングスと共同で、AIを活用した倉庫運営における人員配置の最適化に関する実証実験を実施し、システムの有効性を確認した。(2017/9/27)

エネルギー管理:
メキシコの発電所でデジタルツインを構築、設備故障を早期特定
三井物産とGEは、メキシコのガス発電所に産業向けIoTプラットフォームを導入し、プラントの計画外停止期間の極小化を目指す実証実験を開始する。(2017/9/22)

MWC Americas 2017:
5GとセルラーIoTが2大テーマ、実証実験も進む
米国サンフランシスコで「Mobile World Congress Americas 2017」が開催された。5G(第5世代移動通信)とセルラーIoT(モノのインターネット)が2大テーマとなり、通信機器ベンダーや通信事業者各社が、最新の製品や実証実験の成果などを披露した。(2017/9/20)

組み込み開発ニュース:
LPWA通信でAEDを遠隔監視するシステムの実証実験を開始
セコムは、同社が提供する「AEDオンライン管理サービス」のLPWA通信での運用に向け、NTTドコモと共同で実証実験を開始した。LPWA通信を使用したAED遠隔モニタリングの可能性や通信デバイスの接続について検証する。(2017/9/21)

AI、IoTを使った妊産婦の見守り支援、奈良県立医科大と富士通が実証実験
奈良県立医科大学と富士通が、AIやIoTを使って妊産婦の生活状況や健康状態を見守るサービスの実証実験を開始する。(2017/9/14)

製造ITニュース:
AIで倉庫運営における人員配置の最適化を図る実証実験を実施
NECと東邦ホールディングスは、AIを活用し、倉庫運営における人員配置の最適化を図る実証実験を2017年7月に実施し、システムの有効性を確認した。AIが人員配置を設計し、作業のピーク時間帯に生産性が向上した。(2017/9/13)

AIで融資業務の社内問い合わせ対応を効率化 農林中金が実証実験
農林中央金庫(農林中金)が、人工知能(AI)による質問応答システム「QA Engine」を社内の問い合わせ対応に利用する実証実験を開始する。(2017/9/12)

組み込み開発ニュース:
「回転偏波」で製造現場内の高品質な無線通信が可能に、日立が無線機を試作
日立製作所は、コンクリートや金属などが密集し電波が届きにくい製造現場でも高品質な無線通信が可能になる「回転偏波無線機」の試作に成功した。今後は実証実験を重ねて開発と実用化を加速し、高い信頼性を要求されるIoTシステムへの活用を目指す。(2017/9/12)

“IoTごみ箱”のたまり具合をLTE-Mでリアルタイム監視――KDDIが沖縄で実証実験
KDDIと沖縄セルラーは、沖縄県那覇市で、IoTセンサーを取り付けたごみ箱でごみ集積量を把握し、IoT向け通信規格LTE-Mを活用して遠隔監視する実証実験を行った。(2017/9/12)

時速190kmでのハンドオーバーも:
国内キャリア、5G向け実証実験を相次いで披露
日本の大手キャリアであるKDDIとソフトバンクが、2017年9月に5G(第5世代移動通信)に関する実証実験の成果を相次いで発表した。(2017/9/12)

“無人宅配”目指す「ロボネコヤマト」エリア拡大 DeNAとヤマト運輸が実証実験
ヤマト運輸とDeNAの宅配サービス「ロボネコヤマト」の実証実験エリアが拡大。2018年をめどに、自動運転による宅配サービスのテストを予定している。(2017/9/11)

KDDIが沖縄に“IoTごみ箱”を設置 LTE-Mを活用
KDDIは、沖縄セルラー協力のもとでIoT向け通信規格LTE-M(Cat.M1)を活用した屋外実証実験を実施。ごみ箱のごみ量の遠隔監視を行い、集積量をリアルタイムに把握することで回収の効率化やコスト削減などを実現する。(2017/9/8)

KDDI、沖縄で“IoTごみ箱”試験導入 ごみの量をリアルタイム把握、収集を効率化
KDDIと沖縄セルラーが、ごみ収集を効率化する“IoTごみ箱”の実証実験を沖縄県で実施。IoT向けの新通信規格「LTE-M」を活用している。(2017/9/8)

現場管理:
ウェアラブルで建設現場の見守り、NTT西と鹿島建設が実証
NTT西日本は鹿島建設と協力し、バイタルデータと位置情報を活用する建設作業現場の安全支援サービスの実証実験を開始した。(2017/9/8)

FM:
オフィスの使われ方をIoTで“見える化”、データ活用で生産性改善に
清水建設とNTTテクノクロスはセンサーとIoT基盤を活用し、オフィスの使われ方を“見える化”する実証実験を開始する。客観的なデータで使われ方を把握し、オフィス内レイアウトの見直しや、それに伴う生産性の改善につなげていく狙いだ。(2017/9/7)

JAL、機内でVRの実証実験 移動中のエンタメ充実狙い
JALやKDDIなどが、機内でVRコンテンツを視聴できるサービスの実証実験を行う。(2017/9/6)

NTT西日本:
ICTで働き方改革を実現、装着型センサーなどを活用して作業者の安全を支援
NTT西日本は、安全に働ける職場環境の実現を目指し、バイタルデータと位置情報などを活用した作業者安全支援サービスの実証実験を開始する。(2017/9/5)

迎車地点や目的地の指定も可能:
タクシーの配車や決済をアプリで DeNAが横浜で実験
DeNAが、タクシー配車アプリ「タクベル」を活用したサービスの実証実験を横浜市で実施する。乗客の利便性向上とドライバーの業務効率化が狙い。2018年1月以降の実用化を予定している。(2017/9/4)

タクシー業界はこの先生きのこるか? “AI”使うDeNAの配車アプリ「タクベル」の狙い
ディー・エヌ・エーが、AIを活用したタクシー配車アプリの実証実験を9月12日からスタート。まずは横浜市のタクシー約200台が対象となる。(2017/9/4)

LED照明を置き換える可能性も?:
中国がレーザー照明の試験運用を開始
中国がレーザー照明を使った街灯の実証実験を行う。レーザーダイオードのコストという課題はあるが、高価なケーブルを使用せずにエネルギーを削減できる照明技術として期待されている。(2017/9/1)

北陸銀行が“テキスト解析AI”で営業記録を分析、顧客フォローへの活用を検証
AIで営業記録を分析し、フォローを要する案件などを的確に抽出する実証実験を北陸銀行が開始。解析結果の妥当性や、実業務への適合性を検証する。(2017/9/1)

電気自動車:
EV普及の障壁、集合住宅での“充電器問題”を解決へ
日産自動車、NECおよび大京アステージは、分譲済みマンションに電気自動車用の充電器を設置する実証実験を開始する。管理組合による費用負担ゼロで設置できるスキームを構築し、集合住宅の居住者がEVを購入しやすくする狙いだ。(2017/8/31)

倉庫運営をAIで効率化、最適な人員配置を提案――NECと東邦HDが実証
NECと東邦HDは、AIで倉庫内の作業人員と出荷の進ちょく情報を分析し、最適な人員配置を設計するシステムを開発し、実証実験を行った。(2017/8/30)

人工知能ニュース:
深層学習を活用した画像解析で養殖マグロの個体数を自動カウント
電通国際情報サービスは、双日、及びマグロ養殖事業を展開する双日ツナファーム鷹島と共同で、深層学習を活用した画像解析技術を用いて養殖マグロを自動カウントするシステムの共同実証実験を開始した。(2017/8/29)

ゲリラ豪雨水害、IoTで防ぐ クボタ、NTTグループと実証実験
全国の自治体やプラント維持管理会社への導入を促進し、頻発する都市型水害対策の強化につなげていく。(2017/8/28)

“海の家×IT”が生み出す価値とは:
猛暑の中、30秒に1件の注文をどうさばく?――“海の家”が最適なIT活用の実証実験場である理由
海に行くと、さまざまなIT企業の“のぼり”が増えている。なぜなのか。2013年から海の家を運営しているセカンドファクトリーに、その理由を聞いた。(2017/8/30)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本の小型ロケットは世界のライバルに勝てるか?
7月30日にインターステラテクノロジズが観測ロケット「MOMO」初号機の実証実験を実施、8月9日にはキヤノン電子が筆頭株主となり、ロケットの開発企画を行う新会社が設立と、日本の小型ロケット開発が盛り上がっている。(2017/8/18)

GMO TECHとアクアビットスパイラルズが実証実験:
海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。現地で担当者に聞いた。(2017/8/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。