ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「実証実験」最新記事一覧

自然エネルギー:
オール水素で電力と湯、家庭向け水素ボイラー
純水素で動作する燃料電池の実用化が進んでいる。ただし、システム全体では都市ガスなどを使う必要があった。長府工産は貯湯(加熱)用の水素ボイラーを開発。オール水素で動作するシステムの実証実験を開始した。(2017/1/20)

水素利用の共同研究に参加:
トヨタ、UAEで燃料電池車の実証実験
トヨタ自動車は、アラブ首長国連邦(UAE)で、燃料電池車(FCV)の実証実験を5月に開始する。現地で参加する水素利用の共同研究の一環。(2017/1/17)

8社が参加予定:
ロボットで旅客案内 羽田空港で実証実験
国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの実証実験が羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開かれている。人口減少による人手不足対策の切り札として、実験結果を踏まえ、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて実用化を目指す。(2017/1/12)

羽田空港で最新ロボ実証実験 移動支援や旅客案内、20年に実用化へ
国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの技術検証を目的とした実証実験が2月13日まで、羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開かれ、利用客の目を楽しませている。(2017/1/11)

製造業IoT:
低消費電力の通信技術を用いた着脱式センサーの実証実験
スカイディスクは、西松建設と共同で、広範囲/低消費電力の通信技術「LoRaWAN」を使った着脱式センサー「SkyLogger」のデータ取得実験を実施する。東京都内のビルにゲートウェイを設置し、カバー距離やビル内の到達可能距離などを測定する。(2017/1/11)

17年内に国家戦略特区でスタート:
日産とDeNA、自動運転車を共同で実証実験へ
日産とDeNAが自動運転車の実証実験を年内に国内の国家戦略特区で開始する。(2017/1/6)

ロボット開発ニュース:
レジ作業時間を短縮する完全自動セルフレジ機の実証実験を開始
パナソニックとローソンは、次世代型コンビニエンスストア「ローソンパナソニック前店」で、完全自動セルフレジ機「レジロボ」の実証実験を開始した。2017年2月には、電子タグを導入した実証実験を実施する予定だ。(2017/1/6)

医療機器ニュース:
腕時計サイズで高精度のモーションキャプチャーシステムを開発
東京工科大学は、腕時計サイズながら、精度の高いモーションキャプチャーシステムの開発に成功した。また、同システムを医療分野などで活用するための実証実験を開始した。(2017/1/4)

電子ブックレット:
働く人はAIで幸せになれる? 体験者に聞いてきた
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、働く人々の幸福感向上に有効なアドバイスを、各個人のデータとAIを活用して作製する技術において、実証実験に参加した2人へ行ったインタビューを紹介します。(2017/1/1)

先生「どういう動きか教えて」生徒「プログラムに書いてあるからそれ見て」――大阪の小学校で「たこ焼き型ロボット」を使った実証実験
この授業を見てちょっとしたジェラシーを感じたのはここだけの秘密である。(2016/12/26)

JXエネルギー、人工光型植物工場実験 抗酸化物質を利用し野菜栽培
異常気象や農薬の過剰使用によって農産物のリスクが高まるなか、JXエネルギーが人工光型植物工場と抗酸化物質「グルタチオン」を組み合わせた野菜栽培の実証実験に乗り出した。(2016/12/26)

ホンダ、Google系列のWaymo社と「自動運転」の共同研究へ 公道実証実験の車両を提供
ホンダも以前より自動運転技術の研究開発を行っていました。(2016/12/22)

日立ソリューションズ、アイリッジと共同で:
「Amazon Redshift」を活用したデジタルマーケティング実証実験、メニコンが実施
メニコンは、会員制コンタクトレンズ提供サービス「メルスプラン」において、デジタルマーケティングの実現に向けた実証実験を2017年1月5日に開始すると発表した。(2016/12/22)

「顔パス買い物」実証へ 三井住友FG、まず社員食堂1000人
ITを活用した先進的な金融サービス「フィンテック」の一環で、顔の特徴から個人を特定する顔認証を利用した決済システムの実証実験を進める。(2016/12/22)

ホンダ、Google系列と自動運転共同研究 Waymoと提携、米の公道で実証実験へ
ホンダとGoogle兄弟会社のWaymoが提携。Waymoの自動運転技術をホンダ車に搭載し、米国の公道で実証実験する。(2016/12/22)

日本航空、古着からバイオジェット燃料開発へ 「10トンの服で燃料1トン作れる」
日本航空と環境ベンチャーの日本環境設計、グリーン・アース・インスティチュートは2020年の実証実験を目指し、日本全国から回収された古着を原料とした次世代バイオジェット燃料の開発を、17年から開始する。(2016/12/21)

JX金属グループ、工場作業者の安全性向上にIoTを活用
「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE」を活用し、作業者の状態を遠隔でリアルタイムに把握し、現場作業における安全管理を強化する実証実験を実施した。(2016/12/20)

移動支援などに活用:
羽田空港でロボットの実証実験 17社が参加
羽田空港で12月15日から実施されるロボット製品の実証実験に17社が参加する。移動支援、案内、清掃の業務でロボットを活用する。(2016/12/14)

カラオケルームをテレワークのスペースに 第一興商、企業向けに実証実験
第一興商が展開する「ビッグエコー」のカラオケルームが、Web会議システムなどを導入。企業向けにテレワークのスペースとして提供する。(2016/12/14)

神田の居酒屋でロボットの実証実験 「飲みニケーションロボット席」設置
ロボット、居酒屋に進出。(2016/12/13)

現金いらずの「顔認証支払い」社食に導入 三井住友が実証実験
現金を持ち歩かなくても、顔認証で社員食堂の代金を決済する実証実験を、NECと三井住友フィナンシャルグループなどが始めた。(2016/12/13)

路上に貸し出し拠点設置:
パーク24、カーシェアリング社会実験に参加
パーク24は、国土交通省が12月20日から実施するカーシェアリングの社会実験に参加する。地下鉄大手町駅前の道路に超小型電気自動車の貸し出し・返却拠点を設置する。(2016/12/12)

大阪の店舗で実施:
ローソン、袋詰めもする完全自動セルフレジを実証実験
ローソンとパナソニックが、自動セルフレジ機「レジロボ」を実店舗に導入した。レジ作業の時間の短縮をはかるという。(2016/12/12)

業界初、袋詰めまで自動化 「レジロボ」パナソニックが実証実験
レジ打ちと袋詰めを自動で行う、業界初の“完全自動セルフレジ”「レジロボ」の実証実験を、パナソニックとローソンが始めた。(2016/12/12)

ドローン:
マルチローター機による土石流災害予測シミュレーションの実証実験を実施
NEDOは、民間企業と教育機関と共同で、土石流災害予測シミュレーションの実証実験を実施した。マルチローター機などを活用し、将来起こり得る土石流災害をシミュレーションする技術の有効性を検証した。(2016/12/12)

自然エネルギー:
スタバのコーヒーの豆かすをバイオ燃料に、神戸市で実証
神戸市でスターバックス コーヒーの店舗廃棄物などをバイオマス燃料化する実証実験が始まった。コーヒーの豆かすを近畿大学が開発した製造装置で「バイオコークス」と呼ぶ固形燃料にして活用する。(2016/12/7)

製造業IoT:
IoT向け低カテゴリLTE通信の消費電力に関する実証実験に参加
アンリツは、NTTドコモが実施する低カテゴリLTE通信技術の消費電力に関する実証実験に参加する。同社の基地局シミュレーターを用いて、LPWAデバイスの10年以上の長期間駆動の実現性について確認する。(2016/12/6)

鉄道各社、沿線ベンチャーを後押し 運賃収入伸び見込めず、新事業創出へ協業
出資の他に、駅や沿線施設など経営資源を新規事業の実証実験に提供するなどして早期の事業展開を促す。(2016/12/1)

情報化施工:
加速するインフラ点検ロボット開発、NEDOが早期実用化へ
ダムや橋梁など国内のインフラの老朽化が課題となる中で、ロボットの活用による点検作業の効率化が注目されている。NEDOプロジェクトで橋梁近接目視点検支援ロボットの開発を進める、イクシスリサーチは神奈川県での実証に続き、新たに埼玉県内の橋梁での実証実験に着手する。こうした実証を重ね、早期の実用化を目指す。(2016/12/1)

AI搭載ロボットが観光案内 NTT西が実証実験 大阪で
NTTグループのAI技術「corevo」を搭載したロボットが、デジタルサイネージを使って観光案内をする実証実験が、大阪市内で11月30日に始まる。(2016/11/29)

パソナ、介護離職防止へ実証実験 遠方の実家で在宅勤務
介護と仕事の両立を支援しようと、パソナは社員が遠方の実家で在宅勤務できる体制づくりを始めた。(2016/11/28)

スマートハウス:
CO2を排出しない生活は可能か、既存住宅で実証開始
大阪ガスと積水ハウスは既存住宅をリノベーションし、CO2排出量ゼロとゼロエネルギーの達成を目指す実証実験に着手する。実際に人が居住しながら約2年半に渡って行う実証で、太陽光発電システムや燃料電池、空調制御を活用し、省エネと快適性の両立が可能化どうかを検証していく。(2016/11/28)

製造業IoT:
IoT向け通信規格「NB-IoT」の屋外実証開始、ソフトバンクが国内初
ソフトバンクは、IoT機器向けのLTE規格である「NB-IoT」の実験試験局免許を取得し、2016年11月24日と25日に国内初となる屋外実証実験を千葉県幕張エリアで実施。2017年夏ごろまでに商用サービス向けのネットワーク構築を行うことを目指す。(2016/11/25)

エネルギー管理:
再エネ100%を記録したポルトガル、ADRで需給調整に挑む
2016年5月に一時的に電力消費における再生可能エネルギー100%を達成するなど、積極的なエネルギーシフトを図っているポルトガル。NEDOおよびダイキンはその首都リスボンで、自動デマンドレスポンス(ADR)による電力需給の安定化を目的とした実証実験を開始する。ADRで再エネの導入拡大と電力需給のバランスを取ることが狙いだ。(2016/11/24)

LTEで40キロ離れたドローンを操作、荷物をお届け 楽天・NTTドコモなど千葉市で実証実験
楽天やNTTドコモなどが、LTEを使ってドローンをコントロールし、荷物を配送するサービスの実証実験を千葉市で行った。(2016/11/22)

自然エネルギー:
下水熱利用に新ジャンル、消毒槽の熱で空調を省エネに
関西電力と積水化学は大津市内の下水処理場で、下水熱利用を目的とした実証実験を開始した。下水処理場内にある消毒槽から熱を取り出し、空調設備のエネルギーとして活用する全国初の事例になるという。(2016/11/22)

電気自動車:
航続距離の不安を解消できるか、日産・NEDO・兼松がEV実証にチャレンジ
NEDO、日産、兼松などはEVの普及に注力する米カリフォルニア州で、急速充電器や誘導システムを増やし、EVユーザーの行動範囲の拡大を目指す実証実験を開始した。電気自動車(EV)の普及課題の1つに、ユーザー側の航続距離の制約に対する不安があるといわれている。充電インフラの整備によって、こうしたユーザーの不安をどの程度解消できるかを検証していく狙いだ。(2016/11/21)

組み込み採用事例:
無線タグとタクシー搭載のIoTデバイスで徘徊者発見を支援
Skeedは、第一交通産業と九州ヒューマンメディア創造センターと共同で、無線タグと地区内の中継装置により徘徊者を検出するシステムの実証実験を実施する。タクシーにも中継装置を搭載することで、探索可能な範囲が拡大した。(2016/11/18)

LTEでどこまでも飛ぶドローン、ドコモが実証実験 その実機を見てきた
携帯電話と同じ、LTEネットワークを使ったドローン制御の実証実験をドコモが行っている。通信キャリアとして重要なのは、地上のLTE網に与える影響だ。(2016/11/18)

ホンダ、自動運転で信号認識し右折 市街地適用も視野 米国で実証実験公開
ホンダは、運転手の操作なしで、信号を認識して円滑に右折する技術などの開発と実験を進めている。(2016/11/17)

組み込み開発ニュース:
IoTトータルソリューションの実証実験企業を募集
スカイディスクは、IoTに向けたセンサーデバイス、通信デバイス、AI(分析クラウド)、アプリケーションをセットにした「LoRa PoC スターターキット」を発売した。同時に、同キットの実証実験に参加する企業の募集を開始した。(2016/11/17)

ブロックチェーンで中古カー用品売買は可能? オートバックスが検証
オートバックスセブンが、P2P型のブロックチェーン技術「Ethereum」を使用した個人間売買サービスの実証実験結果を発表した。(2016/11/16)

人工知能ニュース:
ラグビーのプレーを分析する実証実験、画像・音声認識とディープラーニング技術で
東芝は慶應義塾大学と共同で、画像・音声認識とディープラーニングの技術を組み合わせ、ラグビーの試合画像を自動解析してプレー分析に活用する実証実験を開始した。(2016/11/16)

走行中の高精細映像伝送に活用:
5Gで自動運転車を遠隔管制、ドコモとDeNAが実験
NTTドコモとDeNAが、5G(第5世代移動通信)を活用した自動運転車両の遠隔管制に向け、実証実験を進めることで合意した。(2016/11/16)

人工知能ニュース:
「ポリンキー、ポリンキー、サービスエリアの秘密はね…」人工知能で教えてくれる
NEXCO東日本は、人工知能技術を活用した対話接客システムをサービスエリアに試験導入する。2017年3月までを実証実験の期間とし、実用化に向けた可能性や課題を探る。(2016/11/14)

5G回線で自動運転車を遠隔管制 ドコモとDeNAが実験へ
ドコモとDeNAは、運転手のいない自動運転車両の遠隔管制に、5G回線を活用する実証実験を共同で進めることに合意した。(2016/11/11)

製造ITニュース:
秘匿計算技術によるデータベースの常時暗号化、実用レベルの処理速度へ
NECは、ユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」において、秘匿計算技術によるデータベースの常時暗号化について紹介した。現在研究開発中だが、2017年度に実証実験を行い、早ければ2018年度にも商用化したい考え。(2016/11/11)

日立、24時間動く観光ガイド装置 NEDOなどと東大寺で実証実験
日立製作所は9日、新エネルギー・産業技術総合開発機構などと、奈良市の東大寺で観光ガイドの実証実験を始めた。(2016/11/10)

スマートシティ:
電気自動車とオフィスを提供する実証実験、豊田市で開始
トヨタ自動車の本社がある愛知県の豊田市で、電気自動車を使ったユニークな実証実験が始まった。市内を訪れるビジネスパーソンに超小型の電気自動車を貸し出すのと合わせて、サテライトオフィスを提供して会議や商談に利用してもらう試みだ。12月25日まで実施して効果を検証する。(2016/11/9)

「町自体を実験フィールドに」 IoTで市民の健康データを取得 会津若松市
福島県会津若松市がヘルスケア分野でIoTを活用する実証実験を開始。「IoTを活用したスマートシティを推進し、地方創生のモデル都市となることを目指す」という。(2016/11/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。