ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「開発環境」最新記事一覧

コア割り当て、並列コード生成時間を1/10に:
ルネサス、マルチコアMCU用ソフト開発ツール
ルネサス エレクトロニクスは2016年6月23日、CPUコアを複数個搭載するマルチコアマイコン向けのソフトウェア開発環境として、コードの分割、コア割り当ての探索が自動で行えるツールを開発したと発表した。2016年秋から発売する予定だ。(2016/6/24)

設計開発ツール:
車両制御システムの並列ソースコードを数十秒で自動生成、ルネサスの開発環境
ルネサス エレクトロニクスは、車両制御モデルを基にソフトウェアの並列設計と並列ソースコードの生成を自動で行う、マルチコアマイコン向けのモデルベース開発環境を開発した。逐次ソースコードからCPUコアの割り当てや並列処理のソースコードを作成する従来の開発手法と比較して、開発期間を10分の1に短縮する。(2016/6/23)

メニュー体系を刷新、3つの新機能を追加:
SCSK、クラウド型開発環境サービスにDevOps支援機能を追加
SCSKは、クラウド型開発環境サービス「PrimeCloud for Developers」のメニュー体系を刷新し、DevOpsを支援する3つの新機能を追加したと発表した。(2016/6/21)

キヤノンITソリューションズ RobustFinder Suite:
マウス操作で産業用検査装置向け画像処理アプリを構築できる統合型開発環境
キヤノンITソリューションズは、統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を2016年6月24日から開始する。(2016/6/9)

京都マイクロコンピュータ SOLID:
リアルタイムOSと開発環境を一体化したソフトウェア開発プラットフォーム
京都マイクロコンピュータは、組み込み用マイクロプロセッサ向け開発環境とリアルタイムOSを統合した一体型ソフトウェア開発プラットフォーム「SOLID」を発表した。(2016/6/3)

有効であるが要検討
クラウド「機械学習」への評価が分かれる理由、慎重派の言い分は?
最新アプリでは利便性向上のために機械学習機能を導入する要望が高まっている。その開発環境においてコスト軽減のためにクラウドプラットフォームが登場しているが、その利用については慎重な企業も多いという。(2016/5/31)

「ロボアプリ開発者100倍増」狙い、PepperがAndroid対応
PepperがAndroid環境に対応。Androidアプリの実行が可能となる他、開発環境「Android Studio」からのロボアプリ開発も可能となる。(2016/5/19)

ESEC2016:
「10分でARMの世界に」アドバンテックがARM開発初心者に向けたパッケージ
アドバンテックがESEC2016で、「10分でARMの世界に」をキャッチコピーとした、ARM&Linuxアーキテクチャの開発を支援する「ARMスターターキット」を展示している。ボードからOS、開発環境、I/Oボード、PssSのAPIまでも含まれたオールインワンパッケージだ。(2016/5/12)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:MAX10 FPGAの開発環境を構築する
FPGAはプログラミング可能なデバイスですが、PCやサーバで実行するプログラミングとは違うところも多々見受けられます。掲載記事をPDF化した「エンジニア電子ブックレット」、今回は連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」より第2回「MAX 10 FPGA」のテスト環境を構築する」をお届けします。(2016/5/2)

マクニカがFPGA向けOpenCL開発環境を無償提供
マクニカがFPAG向けのOpenCL開発環境をネットワーク経由で無償提供する、「Mpressin OpenCL ラボ」を開始した。(2016/4/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが仕掛ける「会話Bot」の仕組みとは?
Microsoftを筆頭に、FacebookやLINEからも続々と「会話Bot」の開発環境が発表され、今後の盛り上がりを予感させる。Microsoftが発表したBot開発の仕組みを見ていこう。(2016/4/25)

カンタン開発環境「Scratch」で使えるセンサーボード「nekoboard2」
スイッチサイエンスが、プログラミング言語「Scratch」で使えるセンサーボード「nekoboard2」を発売する。Scratch 2.0対応。(2016/4/22)

5分で分かる最新キーワード解説:
IoTデバイスとスマホ連携をプログラムレスに?「Linking」
スマートフォンとBluetooth LE対応デバイスとの連携をシンプルにする新プラットフォームとして策定された「Linking」。GUIベースの開発環境も準備が進められており、コードを書かずにIoTデバイスとスマホを連携できる日も近そうです。(2016/4/20)

Google、「Android Studio 2.0」正式版リリース 3倍高速に
GoogleがAndroidアプリ向け統合開発環境(IDE)の「Android Studio 2.0」の正式版をリリースした。コードの書き換えをすぐに確認できる「Instant Run」やクラウド経由のテスト環境「Cloud Test Lab」などの新機能が追加された。また、エミュレータの速度は3倍速くなったとしている。(2016/4/11)

業務アプリInsider 読者調査レポート:
「2020年のアプリ開発環境の予想図」から見えてくるもの
2016年の技術トレンドと業務アプリ開発について2016年3月に実施したアンケートの調査結果を紹介する。(2016/4/5)

MathWorks MATLAB/Simulink:
モデルベース開発環境の最新版「Release 2016a」登場
MathWorks Japanは、同社モデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新版「Release 2016a」を発表した。(2016/3/28)

Dev Basics/Keyword:
Android Studio(Androidアプリ開発環境)
Android StudioはIntelliJ IDEA Community EditionをベースにしたAndroidアプリ開発用のグーグル公式IDEだ(2016/3/24)

「3つのテーマ」で強化された「MATLAB/Simulink 2016a」
MathWorks Japanがモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新版「Release 2016a」を発表した。新ツールの搭載などで「シンプル」「完全」「高速」を推進している。(2016/3/22)

仮想化の理想形に向かうNutanix
北銀ソフトウエアの挑戦、“意識しないインフラ”はこうして作られた
富山県の北銀ソフトウエアは、「Nutanix」を使って社内のほぼ全てのシステムと銀行システム(開発環境)を統合した。社内のITリソース最適化と開発環境の準備期間短縮を目指す。(2016/3/16)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(17):
新人エンジニア必見! 初心者がC言語プログラミングに入門できる無料の電子書籍227ページ
人気連載を1冊にまとめてダウンロードできる@ITの電子書籍。第17弾は、C言語のプログラミング入門連載だ。C言語とは何かの基礎知識、Windows環境で学ぶための開発環境のインストールの仕方、デバッガの使い方、さまざまな基本構文や文法などを書き方が分かる豊富なサンプルコードと共に解説している。(2016/3/8)

実運用に近いソフトウェアスタックを強みに:
IoTデバイス設計を簡素化、マルチプロトコルSoC
シリコン・ラボラトリーズは、IoTデバイス向けにマルチプロトコルSoC「Wireless Gecko」ポートフォリオを発表した。実運用に近いThreadやZigBee、Bluetooth Low Energyなどのソフトウェアスタックと統合開発環境を組み合わせることで、IoTデバイスの設計を簡素化するという。(2016/3/2)

IARシステムズ EWARM-RS:
「IAR Embedded Workbench」をルネサスのIoT機器向け設計プラットフォームに提供
IARシステムズは、ルネサス エレクトロニクスのIoT機器向け設計基盤「Renesas Synergyプラットフォーム」に向け、同社統合開発環境「IAR Embedded Workbench」を「EWARM-RS」の名称で提供する。(2016/2/26)

Microsoft、マルチプラットフォームアプリ開発プラットフォームのXamarinを買収
サービスのクロスプラットフォーム化を推進するMicrosoftが、iOS、Android、Mac、Windowsアプリの開発環境を手掛けるXamarinを買収すると発表した。XamarinとMicrosoftのサービスの統合を強化し、エンドツーエンドのアプリ開発環境を提供していく。(2016/2/25)

ルネサス「Synergy」に「IAR Embedded Workbench」が統合
IARシステムズがルネサス「Renesas Synergyプラットフォーム」に向け、同社統合開発環境「IAR Embedded Workbench」を「EWARM-RS」の名称で提供する。(2016/2/24)

IARシステムズ IAR Embedded Workbench:
ルネサスのグラフィックスライブラリをサポートした「IAR Embedded Workbench for RH850」
IARシステムズは、統合開発環境「IAR Embedded Workbench for RH850」がルネサス エレクトロニクスのグラフィックスライブラリをサポートしたと発表。自動車用制御マイコン「RH850/D1L」と「RH850/D1Mシリーズ」に対応する。(2016/2/23)

「IAR Embedded Workbench」がルネサスのグラフィックライブラリをサポート
IARシステムズの統合開発環境「IAR Embedded Workbench for RH850」がルネサスエレクトロニクスのグラフィックスライブラリをサポートした。車載マイコン「RH850/D1L」「RH850/D1Mシリーズ」に対応する。(2016/2/23)

3Dゲームエンジンとマルチプレーヤーゲーム向けマネージドサービス:
AWSがゲーム開発者向けのバックエンドサービスと開発環境を発表
AWSは無料の3Dゲームエンジン兼開発環境と、マルチプレーヤーゲーム向けマネージドサービスを提供開始した。(2016/2/10)

お金も要らない!:
ルネサス、PCだけでMCUの初期評価ができるツール
ルネサス エレクトロニクスは2016年2月10日、PC上でマイコン(MCU)の開発初期評価が行える仮想開発環境「Webシミュレータ」を公開した。スターターキットや統合開発環境などを必要とせず、仮想環境だけで実環境同様に性能、消費電流などの評価が行える。(2016/2/10)

ビルド性能とエミュレーション速度に重点:
Androidアプリ向け統合開発環境「Android Studio 2.0」β版が公開
米グーグルが、Androidアプリ向け統合開発環境(IDE)の最新版「Android Studio 2.0」のβ版を発表した。(2016/2/8)

モダンなハイブリッドクラウド環境への移行を支援:
Linux専用メインフレーム「LinuxONE」を強化
米IBMが、同社のLinux専用メインフレーム「LinuxONE」の機能強化を発表。ハイブリッドクラウドへの対応や、現代的なアプリケーション開発環境の整備も進められている。(2016/1/28)

さくらインターネット、演算能力に特化した「高火力コンピューティング」サービス開始へ 深層学習や人工知能研究分野の盛り上がり受けて
「世界と戦える大規模開発環境を構築していく」。(2016/1/26)

動画はあらゆる産業の非構造化データ活用の基礎になる:
IBMがUstreamを買収、新設のクラウドビデオサービス部門に組み込む
UstreamがIBM傘下に。IBMではクラウドビデオサービス部門を新設、Bluemixでの開発環境提供なども予定しているという。(2016/1/22)

オートモーティブワールド2016:
ルネサスからマイコンが届く前に、モデルベースでソフトウェア開発を
ルネサス エレクトロニクスは、「オートモーティブワールド2016」において、モデルベース開発環境と駆動用モーターを制御するIPを組み合わせたモデルベース開発ソリューションのデモンストレーションを実施した。ルネサスのIPによってモーター制御をリアルタイムに再現できる点を特徴としている。(2016/1/21)

自動運転技術:
10分の1スケールの自動運転実験用ロボットカーが最新版に、開発環境も充実
ZMPは、自動運転や遠隔操縦、センシングの研究開発向けに10分の1スケールのロボットカー「RoboCar 1/10 2016」の受注を開始したと発表した。最新モデルとなる同製品は、従来製品として開発環境を充実させた他、新たにレーザーレンジセンサーをオプションで搭載する。税別価格は一般向けが80万円、アカデミックが68万円から。(2016/1/12)

製造IT導入事例:
電子部品メーカー大手がPLMとしてArasを使用、製品設計を一元管理
米Arasは、電子部品メーカー大手の村田製作所が、グローバル拠点での製品設計と開発環境の変化を一元管理するため、同社のオープンソースPLM「Aras Innovator」を使用していると発表した。(2016/1/8)

UnityユーザーのためのUnreal Engine入門(終):
Unreal Engine 4のブループリントの使い方と3Dキャラクターの動かし方
本連載では、ゲーム開発環境「Unity」になじんだ筆者が、Unreal Engineの基本的な使い方を解説していく。最終回は、ゲームプレーに関する動作やイベントなどをGUIで設定できるブループリントの概要や基本的な使い方、アニメーションアセットを使った3Dキャラクターの動かし方などについて。(2015/12/25)

設計開発ツール:
NIの「DIAdem」をエアバスやジャガーランドローバーが採用、製造プロセスを改善
National Instruments(NI)と言えば、グラフィカルシステム開発環境「LabVIEW」や、計測ハードウェア「PXI」「ComapctRIO」などが知られている。最近になって、これらと連動する形で注目を集めているNI製品が「DIAdem」だ。従来は製品開発のために用いられていたが、現在は製造プロセスを改善する用途にも用いられているという。(2015/12/14)

放送メディア、IPネットワーク伝送にも対応:
放送機器/業務用AV機器向けFPGA事業を強化
ザイリンクスは、放送機器や業務用AV機器向けFPGA事業を強化する。最先端FPGA製品や開発環境、自社開発のビデオインタフェースIPなどを用意し、4k/8k映像やVideo over IPなど、あらゆるメディア/ネットワークに対応できるAll Programmableソリューションを提供していく。(2015/12/11)

機械学習はリアルタイム適用:
SAP HANA SPS11は、Cloud Foundry採用でアプリケーション環境を一新
SAPジャパンは2015年12月10日、SAP HANAの新バージョン、「SAP HANA SPS11」を発表した。SPS11では、アプリケーション開発環境をCloud Foundryの採用により完全に再構築。Spark/Hadoopとの連携強化や機械学習アルゴリズムのリアルタイム適用などが新しい。(2015/12/11)

設計データをVR空間で検証:
CADで設計した3Dモデルを「Unity」向けに変換するプラグイン登場
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、CADで設計された3Dモデルをマルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」へインポートするためのプラグイン「Unity CAD Importer」を発表した。(2015/12/8)

成長に向けた切り札:
ルネサス、「Synergy」の国内提供をスタート
ルネサス エレクトロニクスは2015年12月8日、IoT(モノのインターネット)/組み込み機器向けにMCUと検証済みソフトウェア、開発環境一式を提供する「Renesas Synergyプラットフォーム」の提供を日本国内でも開始したと発表した。(2015/12/8)

Windows 10時代のアプリ開発に乗り遅れないために(3):
PR:将来を見据えたWindows 10アプリ開発――クロスプラットフォーム対応はどうする?
将来的に社内システムをPCだけでなく、スマートフォンやタブレットにも最適化して、生産性を高めようと考えるならば、Windows OS以外の環境も視野に入れるのは必然だ。その場合、クロスプラットフォーム対応の開発環境が大きなポイントとなる。(2015/12/1)

Unity 5で無料になった機能の使い方(終):
Unity 4.6以前はPro版でしか使えなかった無料のアセットでクジラを泳がせる
ゲーム開発環境Unity 5の「Personal Edition」では、Unity 4.6以前では有料だった機能が無料で使えるようになった。本連載では、Unity 5で無料になった機能の使い方について解説していく。今回は、Unity 4.6以前は有料のPro版でしか使えなかったアセットを試してみよう。(2015/12/2)

NXP Threadプラットフォーム:
低電力通信プロトコルをサポートする開発環境
NXPセミコンダクターズは、ARM mbed OS上で動作する「NXP Threadプラットフォーム」を発表した。ワイヤレスマイクロコントローラを採用し、ZigBee3.0/Threadなどの低電力通信プロトコルをサポートする。(2015/11/25)

Google、「Android Studio 2.0」のプレビュー公開 2〜2.5倍高速化
Googleが、Androidアプリ向け統合開発環境(IDE)「Android Studio」の約1年ぶりのメジャーアップデート「バージョン2.0」のプレビュー版を公開した。(2015/11/24)

ET2015:
FA用多機能機をワンチップで実現、アクセル「AG903」をデモ
ET2015のアクセルブースでは組み込みグラフィックスLSI「AG903」のデモが行われている。協業各社による開発環境も紹介されており、実用に向けての準備が整っていることをうかがわせる。(2015/11/20)

製造マネジメントニュース:
障害報告が劇的に減少、図研はいかにしてソフトウェア品質を改善したのか
電子機器設計用ツールの大手ベンダーである図研は2015年10月16〜17日にプライベートイベント「ZUKEN Innovation World 2015」を開催。同イベントに登壇した図研 常務取締役 EDA事業部長務める仮屋和浩氏が、同社のソフトウェア開発環境や、品質向上に向けた体制変更などの取り組みについて紹介した。(2015/11/19)

画像処理や機械学習も簡単に:
Windows系ITエンジニアのための産業用ドローン開発環境
Windows系のITエンジニアのための産業用ドローン開発環境が登場。ドローンワークスは、Windows 10 IoTとMicrosoft Azureを組み合わせた新たなドローン開発プラットフォームを「IoT Technology 2015」で展示。(2015/11/18)

Windows 10 IoT Coreで始めるIoT入門:
第3回 Windows IoTと押しボタンスイッチでLEDを点滅させる
これまでに準備したボードコンピューターとIoTアプリ開発環境を使って、いよいよ実際にハードウエアを制御してみる。まずは押しボタンスイッチでLEDを点滅させる簡単な仕組みから実践しよう。(2015/11/18)

電子ブックレット(組み込み開発):
「mbed」で始めるARMマイコン開発入門、環境構築からデバイス使いこなしまで
クラウド開発環境「mbed」を用い、NXP「LPC1114FN28」を対象としたマイコン開発のイロハを学びます。(2015/11/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。