ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「失恋」最新記事一覧

漢字の「四」に隠された意外な秘密
意外と知らない漢字のトリビア。(2017/9/29)

「うさぎとアライグマつけた」桐谷美玲、“リベンジ”狙うもふもふツインテが幼カワイイ
かわいい小動物感。(2017/9/27)

「失恋に近い感情で」 高畑充希が心機一転のヘアカット、 “カホコロス”に陥るファン続出
カホコぉぉぉ!(2017/9/13)

藤田ニコルのスリム美脚にファンざわめく 「心配なるくらい細い」「無理だけはしないで!」
どんどん細くなってる……。(2017/9/12)

IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(1):
組み込みソフトウェアの「品質」とは何か――品質の始まりからその実態まで
組み込みソフトウェアにおける「品質」とは、一体、何者であろうか。多用されている言葉であるがその実態はようとしてしれない。この連載では「IoT時代の組み込み系ソフトウェアの品質」をテーマに開発現場の目線で見ていく。まずはこの品質の正体を見破ることから始めたい。(2017/8/23)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「世の中全て分かっている系」が厄介な理由
「意識高い系」より面倒くさいのが「世の中全て分かっている系」の人である。自分の得意分野と、生きてきた時代を基準に全てを語ろうとするので非常に厄介なのだ。(2017/8/18)

意外な才能! 平野ノラの絵画センスがガチだった「上手! おったまげ!」
普通にうまくてビビる。(2017/6/6)

「29歳、5年付き合った彼と別れた話」アラサー女性の失恋日記が途中からナナメ上の超展開に
仕掛けいっぱいで、つい最後まで見ちゃいそう。(2017/5/10)

「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう
ブルーザー!(2017/5/3)

「失恋」の対義語ってあるの? 調べてみたらちゃんと存在していた
失恋、優勝、未満、正夢、閏年、脱字――全部きちんと対義語があるのです。(2017/4/29)

ロングセラーを読み解く:
解決してきたから、「アンメルツ」は選ばれ続けた
2016年、販売から50周年を迎えた小林製薬の肩こり薬「アンメルツ」シリーズ。現在同シリーズの販売本数はシリーズ累計で2億本を超えている。なぜ売れ続けているのか。「アンメルツ」シリーズの軌跡をたどりながらその理由を探る。(2017/4/28)

転職バーのハルカさん(1):
PR:コアントローの香り……あなた、良からぬことを考えているわね
そこそこのITベンダーで働くそこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」がふらりと入った「転職バー」。美人バーテンダー「ハルカさん」に首筋の匂いをかがれて……シュウヘイ昇天!(2017/3/31)

「OK、Google」「行け、ピカチュウ!」 Siriの珍回答を引き出す10の質問
(2017/3/27)

藤田ニコル、アスリート並みの体脂肪率を公表 「やせ過ぎだよ!」「本当に無理だけはしないで」と心配の声も
女性ボディービルダー並みの体脂肪率。(2017/3/9)

Over the AI ―― AIの向こう側に (8):
陰湿な人工知能 〜「ハズレ」の中から「マシな奴」を選ぶ
「せっかく参加したけど、この合コンはハズレだ」――。いえいえ、結論を急がないでください。「イケてない奴」の中から「マシな奴」を選ぶという、大変興味深い人工知能技術があるのです。今回はその技術を、「グルメな彼氏を姉妹で奪い合う」という泥沼な(?)シチュエーションを設定して解説しましょう。(2017/2/28)

“ビリギャル”石川恋の完成された幼少期写真に反響 「この頃から天使」「面影ばっちり!」
現在はドラマ「東京タラレバ娘」に出演中です。(2017/2/26)

一般人にはしんどいオタクの「知識量マウンティング」
(2017/2/7)

片想いの女の子が16年前からタイムスリップしてきた 失恋の古傷を深くえぐる「青春のアフター」
漫画紹介連載「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」の第79回。自分を振ると同時に目の前から消えてしまった女の子が、そのままの姿で16年後にまたやってきたら、あなたはどうする?(2016/12/18)

田舎すばら! ネットサーファーがリアルサーファーになる地方動画に「宮崎行ってくる」の声
成長物語のステキムービー。(2016/12/7)

山本弘の「今、ここにある未来」:
ジョーという名のインターネット
ごくごくまれに、見事に未来予言を的中させたSFもあるんですよね。「この時代によくこんなこと考えついたな」と感心する作品が。(2016/11/9)

4人に1人が「本気で自殺したい」 日本財団が調査 自殺未遂経験者、推計53万人 
過去1年以内に自殺未遂を経験した人は推計53万5000人――。本気で自殺したいその理由とは?(2016/9/8)

まさかの「歩きスマホ」推奨 ソニー、パノラマ視点対応の“没入型ミュージックビデオ”公開
「歩きスマホ」すると映像が再生される没入型ミュージックビデオが登場。(2016/9/1)

魔改造された自動り棒を見よ! 藤田ニコル、デビュー曲「Bye Bye」のMV公開
リリース日は8月3日。(2016/7/7)

美と健康は紙一重 にこるんの水着写真に「細すぎて心配」の声
ボトムのサイドはひもになってるんですね(ニッコリ)。(2016/7/4)

恋愛は怪獣の味とは一体 悲しい恋がテーマの「ウルトラ怪獣」フィギュアセットがマニア向けすぎる
人を愛するって、なんなんでしょうね。(2016/6/30)

世界を「数字」で回してみよう(31) 人身事故:
「江バ電」で人身事故をシミュレーションしてみた
1回の人身事故の損害が、とにかく「巨額」であることは、皆さんご存じだと思います。では、おおよそどれくらいの金額になるのでしょうか。そのイメージをつかむため、仮想の鉄道「江バ電」を走らせ、人身事故をシミュレーションしてみました。(2016/6/29)

「最近はお坊さんの合コン“坊コン”もあります」 仏教専門フリーマガジン「フリースタイルな僧侶たち」がありがたや……
最新号は「特集:お坊さんの恋愛事情」。(2016/6/16)

「ほくろあるのばれた」 “にこるん”藤田ニコル、ドキッとする場所にあるほくろをInstagramで披露する
ほそ〜いカラダにも驚きの声が。(2016/4/30)

世界を「数字」で回してみよう 人身事故(29):
大いなるタブーなのか――人身事故を真面目に検証する
電車を日常的な移動手段にしている者にとって、疲れ果てている時、急いでいる時に発生した人身事故ほど、心が疲弊するものはありません。ですが、声を大にして人身事故を批判することはタブーである、という暗黙の了解が、なぜか存在するのです。今回から始まる新シリーズでは、この「(電車での)人身事故」について、「感情的に」ではなく「数学的に」検証したいと思います。(2016/4/25)

藤田ニコル、失恋が原因で激痩せしていたころの写真を公開 「おれちゃう、、、」「失恋恐ろしい」
いまでも細いのに。(2016/4/11)

予想を超えたSiriさんのすごい反応5選
検索だけではない、Siriとの日常。 “迷回答”ベスト5選を紹介します。(2016/4/5)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第64回:
低身長+メガネ+高飛車という奇跡の三位一体 「ハル×キヨ」主人公、峯田くんが持つ魅力
男なのにキュンとしちゃう……!(2016/3/13)

子供の“スマホトラブル”を回避するには?――ドコモの「スマホ・ケータイ安全教室」で見えたこと
スマートフォンは子供にとっても便利なツールである一方、一歩間違えるとトラブルや犯罪に巻き込まれる危険性をはらんでいる。そこで、ドコモは携帯電話を安全に使ってもらうための「スマホ・ケータイ安全教室」を実施している。都内の小学校で行われた教室を見学してきた。(2016/3/9)

ペットにするなら猫より人間? 働く女性の心をそっと癒してくれるマンガ「きみはペット」
家に帰ったらかわいい男の子がいる生活。(2016/2/27)

うちのSiriが突如「妄想の世界」に旅立ちました……
(2016/2/11)

プレイリストはもういらない:
PR:想像を超えたチャンネルが待っている!――完全受身の快適音楽ライフ「スマホでUSEN」
「スマホでUSEN」最大の魅力は、有線ラジオ放送と同じ“チャンネルの多さ”にある。実に1000を超えるチャンネルが提供されており、中には音楽にとどまらないユニークなものもある。(2016/1/15)

14歳のときわ藍さん、小学館新人コミック大賞を受賞 アイドルの奮闘描く
3月発売の「ちゃお」に掲載される予定です。(2015/12/25)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(11):
「仕事から逃げる」とどうなるの?――「試練」という名のご褒美
仕事から逃げ出したい……誰もが一度は思ったことがあるのでは。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「試練」です。(2015/11/18)

「いや、昨夜は飲み過ぎました…反省…」 「インパルス」堤下さん、ネット放送で一般女性と“口ゲンカ”
放送時はかなり酔っていた様子。(2015/11/17)

「コンサルタント」という生き方:
変革に挑むリーダーの支えが生きがい、“出会い系コンサルタント”の素顔――國生恭子さん
顧客が抱える課題の解決策を提供する職業、コンサルタント。名乗れば誰でもなれる職業ではあるが、その実態はよく分からないという人も多いのでは。今回はリピート率100%という驚異の実績を持つ“プロ”にその仕事内容とこだわりを聞いた。(2015/11/4)

週刊「調査のチカラ」:
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の世界、実現度は「B+」
気が付けば『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』の世界が過去になっていた2015年10月。映画の思い出を調査の力で振り返ってみると……?(2015/10/24)

世界を「数字」で回してみよう(21) ダイエット:
ダイエットの目的は…… 結局、ダイエット!?
今回は、基本的な疑問「人はなぜダイエットをするのか」に立ち戻り、ある仮説を立ててみました。しかし、それを数値的に検証すればするほど、出口のない無限ループにはまり込み、まるで禅問答と向き合っている状態に陥ってしまったのです。(2015/10/22)

正統派からゆるふわ系まで!おすすめのバンド漫画10選
(2015/9/28)

『失恋ショコラティエ』が音声&効果音付きコンテンツ「UULAマンガ」に 小動爽太役は下野紘
主題歌には韓国の男性6人組グループ「U-KISS」の曲を起用。(2015/8/18)

実写映画「信長協奏曲」 2016年1月23日に公開決定
「信長協奏曲」第1弾のビジュアルも公開。(2015/8/7)

想い出を諭吉に変えちゃおう! 元カレ元カノフリーマーケット開催
失恋が忘れられない人はぜひ。(2015/7/25)

「NETFLIX」の上陸はテレビに何をもたらすのか――フジテレビ&ネットフリックスインタビュー
秋には日本でもサービスを開始する注目の動画配信サービス「NETFLIX」(ネットフリックス)。国内展開にあたり、同社が最初に手を組んだのはフジテレビだった。合意までにどのような経緯があったのか。詳しい話を聞いた。(2015/7/8)

PC USER 週間ベスト10:
「VAIO」が強さを見せつける(2015年5月25日〜5月31日)
今回のアクセスランキングは、「VAIO Pro 13 | mk2」「VAIO Z Canvas」「Surface 3」「Xperia Z4 Tablet」などの製品に注目が集まりました。(2015/6/1)

なんだか“近未来チック”なヤツを試してみよう:
ぼっち、残業、失恋 どんな場面も1700円で逃避できる3D対応「ヘッドマウントディスプレイ」
早くも真夏日を記録した東京で、暑さと戦いながら働く毎日。こうなったら、今はやりのVR(仮想現実)で現実逃避してやる!(2015/5/29)

第39回講談社漫画賞に『七つの大罪』『弱虫ペダル』『シドニアの騎士』など
少女部門には『逃げるは恥だが役に立つ』(海野つなみ/講談社)、特別賞には30周年を迎えた『クッキングパパ』(うえやまとち/講談社)が選ばれている。(2015/5/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。