ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「イヤフォン」最新記事一覧

初のハイブリッド型ワイヤレスイヤフォン、e☆イヤホンが独占販売
(2017/5/20)

シュアのイヤフォンを“Lightning直結”にするケーブル
(2017/5/12)

シングルダイナミック型を突き詰めたイヤフォン「DITA Dream」――プラグの先端だけを交換してバランス対応に
(2017/5/12)

アンビーの“耳をふさがないイヤフォン”販売再開――自分好みに着せ替えも
(2017/5/1)

4000円を切ったハイブリッド型イヤフォン「KINERA Bd005E」――MMCXでリケーブルも
(2017/4/29)

ラディウス、VSTを採用したハイエンドイヤフォン「ドブルベ」に
(2017/4/29)

イヤフォン一体型ウォークマンに“外の音を聞く”新機能
(2017/4/25)

上海問屋、3Dサウンドを体感できるHDSS対応イヤフォン
ドスパラは、HDSS技術を採用した3Dサウンドを体験できるイヤフォン「DN-914800」の取り扱いを開始した。(2017/4/24)

高コスパのハイブリッド型イヤフォン「碧(SORA)antique」に“黄金色”の限定モデル
(2017/4/21)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
Amazon Alexaにも対応予定――日本のスタートアップ、ネインが開発する“スマートイヤフォン”とは?
(2017/4/20)

2万円を切る4ドライバー搭載のハイブリッド型イヤフォン――1MORE「E1010」
(2017/4/14)

耳がかる〜い JVCがネックバンド型のワイヤレスイヤフォン2機種を発売
(2017/4/12)

iPhone 7を充電しながらイヤフォンを使うには?
(2017/3/29)

「iOS 10.3」公開 「AirPodsを探す」やSiriの拡充など
AppleがiPhone、iPad、iPod touch向けに「iOS 10.3」をリリースした。「iPhoneを探す」で無線イヤフォン「AirPods」も探せるようになった他、幾つかの新機能が追加され、多数の脆弱性が修正された。(2017/3/28)

プロジェクターや完全ワイヤレスイヤフォンも――ソニーモバイルが「Xperia」のスマートプロダクトを広げる理由
(2017/3/26)

黄金色に輝く限定イヤフォン、qdcから
(2017/3/14)

上海問屋、Lightning接続型の2ドライバ搭載カナル型イヤフォン
ドスパラは、Lightning接続対応のカナル型イヤフォン「DN-914409」の取り扱いを開始した。(2017/3/1)

イヤフォンの試聴に特価販売も――「アキバ大好き!祭り」にポタフェスが進出
(2017/2/24)

スタイリッシュなハイブリッド型イヤフォン、フィール「ベスティー」
e☆イヤホンは、FIIL(フィール)ブランドのハイブリッド型イヤフォン「Bestie」を発売する。2016年のiFデザインプロダクト賞を受賞したスタイリッシュなモデル。ポップミュージックやボーカル系に最適という。(2017/2/17)

初のデュアル・ダイナミック型も――AKGから2つのハイレゾ対応イヤフォンが登場
ハーマンインターナショナルは、オーストリア「AKG」(アーカーゲー)ブランドのカナル型イヤフォン「N30」および「N25」を2月24日に発売する。「N30」はBAとダイナミックのハイブリッド型、「N25」は2種類のダイナミック型を搭載したデュアル・ダイナミック型だ。(2017/2/16)

iPhone 7を充電しながら音楽を聴けるLightningイヤフォン「RAYZ Plus」――NC機能にアプリ連携も
パイオニアからLightning接続のイヤフォン「RAYZ」(レイズ)および「RAYZ Plus」(レイズプラス)が発表された。音質に妥協せず、使い勝手と消費電力の面で現在のiPhoneユーザーが抱えている問題を解決する製品だという。(2017/2/15)

iPhone 7/7 Plusに最適――スタンドになる吸盤付き、Lightning-イヤフォンジャック変換アダプター
サンコーは、吸盤付きでスタンドとしても使えるLightningイヤフォンジャック変換アダプタを発売した。音楽再生/停止、音量調節ボタンに加え、マイクも内蔵している。(2017/2/14)

パイオニア、アニメ「NEW GAME!」とコラボしたイヤフォンを限定販売
今日も一日がんぱれます。(2017/2/13)

音茶楽、「ポタ研」で4.4mm径バランス接続対応イヤフォン2モデルを先行販売
音茶楽は「ポタ研」会場で4.4mm径5極プラグを採用したバランス接続対応のイヤフォン2機種を先行販売する。プラグ部には日本ディックスのPentaconnを採用。「美しい響きがより一層際立つ」という。(2017/2/11)

好みの音に切り替えられる低価格イヤフォン、e☆イヤホンの「ハイコスパイヤフォンシリーズ」
e☆イヤホンは、中国DZAT(デザート)ブランドのイヤフォン3製品を販売する。「ハイコスパイヤフォンシリーズ」の第2弾。ハウジング背面のダイヤルで「Bass」「Mid」「High」の切替が可能なモデルも。(2017/2/9)

これがBeatsのワイヤレス――「BeatsXイヤフォン」まもなく発売
アップル傘下のBeats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)がBluetooth対応のワイヤレスイヤフォン「BeatsXイヤフォン」を2月11日に発売する。(2017/2/9)

耳をふさがないイヤフォン「アンビー」は“音漏れ”しないのか?
基本原理はソニーのコンセプトモデル「N」と同じという、耳をふさがないイヤフォン「アンビー」をさっそく試して見た。はたしてその音は? 音漏れは?(2017/2/9)

耳をふさがないイヤフォン「アンビー」はファッションアイテムを目指す
ambie(アンビー)が耳穴をふさがないイヤフォン「ambie sound earcuffs」を発表した。耳を挟むように装着するアクセサリーのようなイヤフォンだ。(2017/2/9)

耳の穴をふさがない新イヤフォン「ambie」は音漏れしないのか? 実際に使ってみた
「音楽を楽しみつつ、周囲の音も聞こえる」──新しいコンセプトのイヤフォンが登場。定額制ストリーミングサービス全盛期に最適な理由とは? 実際に使ってみた。(2017/2/9)

遅れていたBluetoothイヤフォン「BeatsX」、2月10日発売へ
Appleが2016年9月に発表したBluetoothイヤフォン「BeatsX」を2月10日に発売すると、Beats by Dr.Dreが公式にツイートした。(2017/2/8)

Spigen、落下防止ストラップ「AirPods Strap」に新色「ブラック」が登場
Spigenは、Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods」の落下を防ぐ「AirPods Strap」の新色としてブラックを追加し、販売を開始した。(2017/2/6)

TaoTronicsと兄弟ブランドのVAVAから5製品が新発売――レッドドット・デザイン賞を受賞したBluetoothスピーカーなど
e☆イヤホンはTaoTronicsおよび同グループブランドとなるVAVA(ババ)の新製品5機種を発売する。税込9990円の完全ワイヤレスイヤフォンから手軽に音の傾向を変えられるカナル型イヤフォン、レッドドット・デザイン賞を受賞したBluetoothスピーカーなどをラインアップ。(2017/2/3)

「アジア人に好まれる音作り」を目指した個性派イヤフォン、Whizzer「A15」
e☆イヤホンが「Whizzer」(ウィーザー)製品の独占先行販売を開始する。第1弾は大の音楽好きという創業者が自ら設計した「A15」。「アジア人に好まれる音作り」がコンセプトだ。(2017/2/3)

エルゴノミックに進化したワイヤレススポーツイヤフォン、デノン「AH-C160W」登場
デノンは、ワイヤレス・スポーツイヤフォンの新製品「AH-C160W」を2月上旬に発売する。11.5mm径という大きめのドライバーを従来機から継承しつつ、防水性能やBluetooth、装着性といった基本性能を大幅にブラッシュアップ。(2017/2/2)

AirPodsケースにストラップを付けられるシリコンケース「PodPocket」登場
Appleの無線イヤフォン「AirPods」のケースにストラップを付けられるようにするケース「PodPocket」が米国で発売される。価格は19.95ドル(約2300円)。素材はシリコンで、底面に穴があるので装着したまま充電できる。(2017/1/31)

上海問屋、iPhone 7にイヤフォンジャックを増設できるLightning外付けアダプタ
ドスパラは、iPhone用となるイヤフォンジャック接続アダプタ「DN-914038」を発売した。(2017/1/27)

「iOS 10.3 beta」に“AirPodsを探す”機能
コンパクトなだけに紛失が心配なApple純製の無線イヤフォン「AirPods」。Appleは「iOS 10.3」の開発者向けβ版に「iPhoneを探す」機能の一部としてAirPodsを探す機能を追加した。(2017/1/25)

JBLとアンダーアーマーのコラボBluetoothイヤフォン第2弾「UA Sport Wireless」
ハーマンインターナショナルはBluetooth対応スポーツイヤフォン「UA Sport Wireless」を1月27日に発売する。「UA Headphones Wireless」に続くJBLとアンダーアーマーのコラボ製品第2弾。デザイン性や技術を継承しつつ、ハウジングを約35%小型化した。(2017/1/23)

アスリートのためのスポーツ用ワイヤレスイヤフォン、JVCから
JVCケンウッドがスポーツ用ワイヤレスイヤフォン「AE」(Athlete Evolved)シリーズを立ち上げ、2機種を発表した。「アスリートの日々のトレーニングを音楽でサポートする」という。(2017/1/19)

IP67準拠に心拍数計まで備えた「究極のトレーニングサポート機器」――完全ワイヤレススポーツイヤフォン「Jabra Elite Sport」登場
GNオーディオジャパンがスポーツ用ワイヤレスイヤフォン「Jabra Elite Sport」を発表。左右のイヤフォンが独立した“完全ワイヤレスタイプ”で、心拍数計も内蔵。専用アプリが適切なコーチングを行う。(2017/1/19)

高コスパモデルがハイレゾ対応に――フィリップスがカナル型イヤフォン新製品「SHE9730」を発売
フィリップスのロングセラーモデル「97シリーズ」に新製品「SHE9730」が登場。新開発の多層ポリマーダイヤフラムを採用し、ハイレゾ対応機に生まれ変わった。(2017/1/17)

フォステクスから“耳掛け式”にもなるカナル型イヤフォン「TE04」――2本のケーブルが付属
フォステクスカンパニーは、カナル型イヤフォンの新製品「TE04」を発表した。耳掛け式にもなる新デザインを採用し、4色をラインアップした。ケーブルは着脱式。(2017/1/16)

カナル型が苦手な人にも――フィリップスから低価格のオープン型イヤフォン「SHE4205」登場
オンキヨー&パイオニアイノベーションズからフィリップスブランドのイヤフォン「SHE4205」登場。コードを含めて13gという軽量設計に加え、アップル「AirPods」などのようなバッズ型のハウジングが特徴。(2017/1/16)

AirPods内蔵マイクの実力は? 録音して試してみた
AirPodsは聞くだけのイヤフォンではなく、マイクが付属しているヘッドセットなのだが、その音質がどうなのかは意外に知られていない。というわけで、検証してみた。(2017/1/13)

2000円台で買える天然ウッドハウジングのイヤフォン「DF-10」登場――パッケージも豪華
e☆イヤホンは、「DZAT」(デザート)ブランドのイヤフォン「DF-10」2モデルを国内で先行販売する。ハウジングに天然木を使用したカナル型。パッケージには、なぜかペンやメモ帳が同梱されている。(2017/1/13)

兄弟で作り上げたセラミックサウンド――エニューム「NUM-E1000」登場
IT関連事業を展開しているネディアが新たにイヤフォンブランド「n+um」を立ち上げ、カナル型イヤフォン「NUM-E1000」を投入する。オーツェイドのVST技術を搭載したハイブリッド型イヤフォン。実は両社の代表は兄弟で……。(2017/1/13)

HTC、オールガラスでヘッドフォンジャックなしの「U Ultra」を749ドルで発売へ
HTCが次期フラッグシップ「U Ultra」を3月に749ドルで発売する。筐体はガラス製で、ポートはUSB Type-C。ヘッドフォンジャックがなく、専用イヤフォンが付属する。(2017/1/13)

CES 2017:
“史上最強”の音楽再生性能、オンキヨーの“ハイレゾスマホ”をさっそく試聴した
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、オンキヨーブランドから発表したハイレゾ対応スマートフォンを展示している。スリムなボディーにイヤフォンのバランス駆動にも対応した端子を備えている。さっそく持参したハイレゾ対応のイヤフォンで音を聴いてみよう。(2017/1/10)

CES 2017:
テスラテクノロジーの本家、ベイヤーダイナミックから“テスライヤフォン”「Xelento remote」誕生
ドイツbeyerdynamicがCESに出展し、テスラテクノロジーを搭載する初のイヤフォン「Xelento remote」を発表した。既にAstell&Kernとコラボしたイヤフォンは存在するが、満を持して本家ブランドのイヤフォンに搭載。その音は?(2017/1/8)

CES 2017:
オンキヨー、ハイレゾ対応“スマートフォン”を参考展示――イヤフォンのバランス接続も
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、「CES 2017」でハイレゾ対応のスマートフォンを参考展示する。オーディオ機器で培ってきた技術を生かし、「今までにない高音質再生に特化したハイレゾ対応スマートフォン」を提案する。(2017/1/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。