ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カナル型イヤフォン」最新記事一覧

高コスパモデルがハイレゾ対応に――フィリップスがカナル型イヤフォン新製品「SHE9730」を発売
フィリップスのロングセラーモデル「97シリーズ」に新製品「SHE9730」が登場。新開発の多層ポリマーダイヤフラムを採用し、ハイレゾ対応機に生まれ変わった。(2017/1/17)

フォステクスから“耳掛け式”にもなるカナル型イヤフォン「TE04」――2本のケーブルが付属
フォステクスカンパニーは、カナル型イヤフォンの新製品「TE04」を発表した。耳掛け式にもなる新デザインを採用し、4色をラインアップした。ケーブルは着脱式。(2017/1/16)

カナル型が苦手な人にも――フィリップスから低価格のオープン型イヤフォン「SHE4205」登場
オンキヨー&パイオニアイノベーションズからフィリップスブランドのイヤフォン「SHE4205」登場。コードを含めて13gという軽量設計に加え、アップル「AirPods」などのようなバッズ型のハウジングが特徴。(2017/1/16)

2000円台で買える天然ウッドハウジングのイヤフォン「DF-10」登場――パッケージも豪華
e☆イヤホンは、「DZAT」(デザート)ブランドのイヤフォン「DF-10」2モデルを国内で先行販売する。ハウジングに天然木を使用したカナル型。パッケージには、なぜかペンやメモ帳が同梱されている。(2017/1/13)

兄弟で作り上げたセラミックサウンド――エニューム「NUM-E1000」登場
IT関連事業を展開しているネディアが新たにイヤフォンブランド「n+um」を立ち上げ、カナル型イヤフォン「NUM-E1000」を投入する。オーツェイドのVST技術を搭載したハイブリッド型イヤフォン。実は両社の代表は兄弟で……。(2017/1/13)

高崎市発:
独自技術を持つ日本企業が開発――5000円を切るハイブリッド型イヤフォン、アンティーム「碧(SORA)」登場
e☆イヤホンは、intime(アンティーム)ブランドのカナル型イヤフォン「碧(SORA)」を2017年1月上旬から独占販売する。独自技術を用いたハイブリッド型イヤフォンながら4830円という低価格を実現した。(2016/12/26)

デュアルフルレンジの個性派イヤフォン――米Campfire Audioから「NOVA CK」上陸
ミックスウエーブは、米Campfire Audioのカナル型イヤフォン「NOVA CK」を11月30日に発売する。フルレンジのバランスド・アーマチュア型ドライバーを2基搭載した“デュアルフルレンジ”モデルだ。(2016/11/29)

ステンレスボディーにモダンなカラー、JVCのカナル型イヤフォン「HA-FD7」が4色で登場
JVCケンウッドがカナル型イヤフォンの新製品「HA-FD7」を発表した。ステンレスを使ってシンプルなデザインに仕上げたモデル。4色をラインアップ。(2016/11/16)

iPhone 7ユーザーにも:
手元のリモコンで音響効果を変更できるLightning直結イヤフォン、ラディウスから
ラディウスがLightningコネクターに直結するタイプのカナル型イヤフォン「HP-NHL21R」を発表した。専用アプリと連携し、音響効果のオン/オフや切り替えが手元のリモコンで行える。内蔵のDACアンプは48kHz/24bit対応。(2016/10/18)

マルチBAのカナル型イヤフォンも一新、オーテク秋の新製品発表
オーディオテクニカが恒例の新製品発表会を開催し、数多くの新製品をリリースした。有線接続のフラグシップモデル「ATH-SR9」のほか、BAマルチドライバーのイヤフォンも一新。(2016/10/13)

「Oculus Touch」は199ドル、別売イヤフォンは49ドルで12月6日発売
5月に発売されたVR HMD「Oculus Rift」のコントローラー「Oculus Touch」が12月にようやく発売になる。価格は199ドルでカメラセンサーが1本付属する。360度のVR環境を作るには3本のセンサーが必要なので、センサー単体を79ドルで販売する。また、インイヤータイプのイヤフォンも49ドルで発売する。(2016/10/7)

シュア、iPhoneユーザーのための「SE215M+ Special Edition」を発売
シュア・ジャパンは、カナル型イヤフォン「SE215」のスペシャルエディション「SE215M+ Special Edition」を9月末に発売する。ケーブルにiOSデバイス向けのマイク付き3ボタンリモコンを備えた。(2016/9/1)

IFA2016:
英RHA、初のフルバランスヘッドフォンアンプや新ドライバー搭載イヤフォンを「IFA 2016」で披露
英RHAは、DAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「Dacamp L1」およびハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「CL1 Ceramic」「CL750」をIFAでお披露目する。日本でも10月に発売予定だ。(2016/8/26)

音茶楽、制振塗装などで音質を磨いたハイレゾ対応イヤフォン「Flat4-粋 Plus」
音茶楽は、ハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「Flat4-粋 Plus」を8月10日に発売する。「Flat4-粋」の音質改善モデルだ。(2016/8/5)

外磁型ドライバーでドライブ力をアップ、エレコム「BLACK BLACK BLACK」
エレコムは、カナル型イヤフォンの新製品として“BLACK BLACK BLACK”シリーズ2機種(EHP-CB200/CB100)を発表した。大きなドーナツ状のネオジウムマグネットを使用した“外磁型”ドライバーを搭載するモデルだ。(2016/8/2)

上海問屋、着脱ケーブル式の高音質カナルイヤフォン
ドスパラは、BA型ドライバを4基搭載した高級志向のカナル型イヤフォン「DN-914036」の販売を開始した。(2016/8/1)

ポタフェス2016 in 東京・秋葉原:
オンキヨー、初のハイブリッド型イヤフォンと完全独立型ワイヤレスイヤフォンを秋に発売――「KIRIヘッドフォン」も進化中
オンキヨーブースでは、日本初公開のカナル型イヤフォン「E900M」とワイヤレスイヤフォン「W800BT」を参考展示しています。(2016/7/16)

スリムすぎるイヤフォン「Fシリーズ」登場――BAフルレンジにこだわるfinalの自信作
「final」(ファイナル)ブランドから新しいカナル型イヤフォン「Fシリーズ」3機種が登場。バランスド・アーマチュア型ドライバーをフルレンジで使用することにこだわりを持つ同社が送り出す、スリムなイヤフォンだ。(2016/7/15)

KuraDaの新しい挑戦、金属ハウジングのカナル型イヤフォン「E9シリーズ」を発表
ウッドハウジングのヘッドフォンで知られるKuraDaから、金属ハウジングのカナル型イヤフォン「KD-E9シリーズ」が登場した。ヘッドフォン開発で培った素材加工技術を応用し、どこでも使える遮音性の高いイヤフォンを目指したという。(2016/7/15)

ポタフェスに出品:
7万Hzまで再生できる新素材のイヤフォン、マクセルから「Graphene」登場
マクセルは、新開発の振動板を採用したカナル型イヤフォン「Graphene」を発表した。その名の通り、炭素原子が蜂の巣(ハニカム状)に結合したグラフェンを使用している。(2016/7/14)

「ビリビリ」マークが刻印:
カナルワークス、でんぱ組.incとコラボのカスタムIEMを2モデル発売――ライブ会場で販売も
アイドルユニット「でんぱ組.inc」とコラボレーションしたオリジナルデザインのカスタムIEM(インイヤー・モニター)がカナルワークスから登場! 実際にメンバーがライブで使用するモデルとおそろいだ。(2016/7/5)

アユート、バランス対応ハイレゾプレーヤー「AK70」などの発売日と価格を公表
アユートは6月30日、Astell&Kernブランドのハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「AK70」および独beyerdynamicとコラボしたカナル型イヤフォン「AK T8iE MK II」について、発売日と価格を公表した。(2016/7/1)

米WestoneのカスタムIEM「ES60/ES50」が2万円オフ! 円高還元特価キャンペーンを実施
テックウインドは、米WestoneのカスタムIEM(インイヤー・モニター)「ESシリーズ」の上位モデル「ES60」と「ES50」が2万円引きとなる”円高還元特価キャンペーン”を実施する。(2016/6/29)

Astell&Kern、バランス出力対応のエントリープレーヤー「AK70」と進化したハイレゾ対応イヤフォン「AK T8iE MK II」を発表
アユートは、韓国iriverが展開する「Astell&Kern」ブランドの新製品を発表した。ハイレゾ対応プレーヤー「AK70」は、イヤフォンのバランス出力に対応したエントリーモデル。また独beyerdynamicとのコラボレーションによるカナル型イヤフォン「AK T8iE MK II」も登場した。(2016/6/21)

世界初、2Way同軸ハイブリッドドライバー搭載イヤフォン、ダイナミックモーション「DM200H」を正式リリース
サエクコマースは、韓国Dynamic Motion(ダイナミックモーション)製のカナル型イヤフォン「DM200H」を発表した。「春のヘッドフォン祭2016」で注目を集めたモデルだ。(2016/6/17)

エレコム創立30周年記念モデルは見た目も美しいカナル型イヤフォン2モデル
エレコムは、同社の創立30周年を記念してカナル型イヤフォン“Colors”シリーズに、ハイレゾ対応モデル「EHP-R/CC1000」と、左右でカラーが異なるデザインの「EHP-CC100」の2モデルを追加。6月下旬より発売する。(2016/6/14)

米国逆輸入モデルXXシリーズ:
JVC、カナル型イヤフォンのエントリーモデル「HA-FX101M」を発売――ハンズフリー通話機能を追加
「重低音&タフ」がコンセプトのJVC「XX」シリーズのカナル型イヤフォンに、マイク付きリモコンを備えた「HA-FX101M」が追加される。6月上旬発売で2500円前後(税別)。(2016/6/2)

真ちゅうハウジングの限定イヤフォン「DITA Brass」、アユートが発売
アユートは、シンガポールに本拠を置くオーディオブランド「DITA」の密閉型カナル型イヤフォン「DITA Brass」を発表した。管楽器などに使われる真ちゅう(ブラス)をハウジングに採用した150台の限定生産品。(2016/5/27)

茶楽音人、5000円のハイレゾ対応イヤフォン「Co-Donguri-雫(SHIZUKU)」
“茶楽音人(さらうんど)”ブランドからハイレゾ対応カナル型イヤフォン「Co-Donguri-雫(SHIZUKU)」が登場。市場想定価格は4968円(税込)で、6月下旬発売だ。(2016/5/26)

アルミハウジングで2980円、e☆イヤホンから1moreブランドのカナル型イヤフォン「Piston Classic」登場
ヘッドフォン/イヤフォン専門店「e☆イヤホン」は5月30日、中国1more(ワンモア)のカナル型イヤフォン「Piston Classic」(ピストンクラシック)を発表した。「ハイエストコストパフォーマンスイヤフォンシリーズ」(同社)をうたうモデルだ。(2016/5/20)

Unique Melody、「MAVIS」のカスタムIEM版を発売――ダイナミック型2基の4ドライバー構成
ミックスウェーブは、米Unique Melodyと同社が共同開発したカスタムIEM(インイヤーモニター)「MAVIS」(メイビス)を発売する。低域再生のために2基のダイナミック型ドライバー、中域、高域にそれぞれ1基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載。(2016/5/20)

アユート、JH Audioのユニバーサルモデル「ROSIE」を発売
アユートは、Astell&KernとJerry Harvey Audioのコラボレーション製品としてカナル型イヤフォン「ROSIE」(ロージー)を発表した。5月27日から同社直販サイトや家電量販店で販売する。(2016/5/20)

カナルワークスのカスタムIEM、埼玉県所沢市のふるさと納税お礼品になる
カナルワークスのカスタムインイヤーモニター(カスタムIEM)が、同社の地元である埼玉県所沢市のふるさと納税お礼品に採用された。シングルドライバーモデルから3Way6ドライバーモデルまで3機種をラインアップ。(2016/5/19)

e☆イヤホン、気鋭のイヤフォンブランド「オリベッティ」取扱開始――ハイブリッド型の「プリマシー」を独占先行販売
タイムマシンは4月8日、“ORIVETI”(オリベッティ)ブランドのカナル型イヤフォン「PRIMACY(Japan Ltd)」(プリマシー)を発表した。e☆イヤホン各店およびWeb店舗で独占先行販売する。(2016/4/8)

Astell&KernとJH AudioのコラボIEMが進化――メタルボディー採用の「LaylaII」「RoxanneII」「AngieII」登場
Astell&KernとJH AudioのコラボIEM(インイヤーモニター)3機種がリニューアル。不要な振動を抑えるメタルボディーを採用した。(2016/3/29)

寝過ごしに防止に最適:
振動して時間を知らせる「めざましイヤホン」、キングジムから登場
キングジムは、目覚まし機能付きのカナル型イヤフォン「めざましイヤホン」(NMR10)を4月22日に発売する。バイブレーション機能で時間を知らせる。(2016/3/23)

オーテク、SOLID BASSシリーズカナル型イヤフォン2モデルの一部で無償交換開始――プラグ部に断線の恐れ
オーディオテクニカは、SOLID BASSシリーズのカナル型イヤフォン2モデル「ATH-CKS550i/550iS」の一部において、ケーブルプラグ部分で断線する恐れがあることを明らかにした。(2016/3/22)

上海問屋、絡みにくい布製コード採用のカナル型イヤホン
ドスパラは、ミニサイズのカナル型イヤホン「DN-13713」の取り扱いを開始した。(2016/3/17)

ヘッドフォンにも新色追加:
米MASTER & DYNAMICから真ちゅう製のカナル型イヤフォン「ME05」登場
アユートは、米国「MASTER & DYNAMIC」ブランドのカナル型イヤフォン「ME05」およびヘッドフォン最上位モデル「MH40」のカラバリ2種を発表した。(2016/2/26)

10色カラバリ:
マクセルから980円前後のカナル型イヤフォン「MXH-C110」登場――FiTシリーズに追加
日立マクセルはカナル型イヤフォン「FiTシリーズ」のエントリーモデルとして「MXH-C110/R/S」を発売する。1月25日発売。(2016/1/14)

MMCX端子/リケーブル対応!:
エレコム、初のハイブリッドドライバー搭載のハイレゾ対応イヤフォンを発売
エレコムは、BA型とダイナミック型のハイブリッドドライバーを採用したハイレゾ対応カナル型イヤフォン「EHP-R/HH1000A」シリーズを2016年1月中旬に発売する。(2015/12/16)

米Cypher LabsからBA型ドライバー3基搭載のIEM「C6iem V2」が登場
ミックスウェーブは、米Cypher Labsの「C6iem V2」を12月15日に発売する。これまでポータブル用のDACやアンプを販売してきたCypher Labsが送り出した、初めてのIEM(インイヤー・モニター)だ。(2015/12/11)

デュアルチャンバーを採用:
日立マクセル、ハイレゾ対応カナル型イヤフォンの新シリーズ――バランス駆動対応モデルも
デュアルチャンバー構造のハイレゾ対応カナル型イヤフォン「MXH-RF550」シリーズが日立マクセルから登場。(2015/12/3)

重低音&タフ:
JVC、カナル型イヤフォン「XX」シリーズにマイク付きリモコンを装備したエントリーモデルを追加
「重低音&タフ」がコンセプトのJVC「XX」シリーズのカナル型イヤフォンに、マイク付きリモコンを備えた「HA-FX33XM/11XM」が追加される。(2015/12/1)

暗闇で光るスポーツ用Bluetooth対応イヤフォン、エレコムから
防水保護等級IPX5に準拠したBluetooth対応カナル型イヤフォン「LBT-HPC31WP」シリーズがエレコムから登場。夜道で光を反射するイヤーピースとケーブルを採用した。(2015/12/1)

クリエイティブ、インナーイヤー型の軽量ゲーミングヘッドセット
クリエイティブメディアは、インナーイヤー型筐体を採用したアナログ接続ゲーミングヘッドセット「Sound BlasterX P5」の発売時期を告知した。(2015/11/25)

4色カラバリ!:
水没にも耐える基板コーティングを採用――エレコムからスポーツ用Bluetoothイヤフォン
防水保護等級IPX5に準拠した高い防水性能を誇るBluetooth対応カナル型イヤフォン「LBT-HPC11WP」シリーズがエレコムから登場。水没にも耐えるという撥水基板コーティングを採用した。(2015/11/10)

クリプシュのハイレゾ対応イヤフォン「X20i」など6製品の発売日が決定――プレゼントキャンペーンも実施
フロンティアファクトリーは11月6日、米Klipsch Group.Inc.のハイレゾ対応カナル型イヤフォン「X20i」など6製品の発売日を発表した。11月13日から順次発売する。(2015/11/6)

ふるさと納税でカスタムIEMをゲット!?――オンキヨー「IE-C1/C2/C3」が鳥取県倉吉市の「ふるさと納税贈呈品」に
オンキヨーブランドのカスタムインイヤーモニター「IE-C1/C2/C3」が鳥取県倉吉市の「ふるさと納税贈呈品」に採用された。(2015/11/4)

秋のヘッドフォン祭2015:
バランス接続対応で3万円、マクセルがハイレゾ対応イヤフォン「MXH-RF550B」を披露
マクセルは、「秋のヘッドフォン祭2015」会場で発表前のカナル型イヤフォン「MXH-RF550/RF550B」を披露した。「MXH-RF550B」はバランス接続対応の2.5ミリ4極プラグ仕様だ。(2015/10/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。