ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カナル型イヤフォン」最新記事一覧

Astell&Kern、バランス出力対応のエントリープレーヤー「AK70」と進化したハイレゾ対応イヤフォン「AK T8iE MK II」を発表
アユートは、韓国iriverが展開する「Astell&Kern」ブランドの新製品を発表した。ハイレゾ対応プレーヤー「AK70」は、イヤフォンのバランス出力に対応したエントリーモデル。また独beyerdynamicとのコラボレーションによるカナル型イヤフォン「AK T8iE MK II」も登場した。(2016/6/21)

世界初、2Way同軸ハイブリッドドライバー搭載イヤフォン、ダイナミックモーション「DM200H」を正式リリース
サエクコマースは、韓国Dynamic Motion(ダイナミックモーション)製のカナル型イヤフォン「DM200H」を発表した。「春のヘッドフォン祭2016」で注目を集めたモデルだ。(2016/6/17)

エレコム創立30周年記念モデルは見た目も美しいカナル型イヤフォン2モデル
エレコムは、同社の創立30周年を記念してカナル型イヤフォン“Colors”シリーズに、ハイレゾ対応モデル「EHP-R/CC1000」と、左右でカラーが異なるデザインの「EHP-CC100」の2モデルを追加。6月下旬より発売する。(2016/6/14)

米国逆輸入モデルXXシリーズ:
JVC、カナル型イヤフォンのエントリーモデル「HA-FX101M」を発売――ハンズフリー通話機能を追加
「重低音&タフ」がコンセプトのJVC「XX」シリーズのカナル型イヤフォンに、マイク付きリモコンを備えた「HA-FX101M」が追加される。6月上旬発売で2500円前後(税別)。(2016/6/2)

真ちゅうハウジングの限定イヤフォン「DITA Brass」、アユートが発売
アユートは、シンガポールに本拠を置くオーディオブランド「DITA」の密閉型カナル型イヤフォン「DITA Brass」を発表した。管楽器などに使われる真ちゅう(ブラス)をハウジングに採用した150台の限定生産品。(2016/5/27)

茶楽音人、5000円のハイレゾ対応イヤフォン「Co-Donguri-雫(SHIZUKU)」
“茶楽音人(さらうんど)”ブランドからハイレゾ対応カナル型イヤフォン「Co-Donguri-雫(SHIZUKU)」が登場。市場想定価格は4968円(税込)で、6月下旬発売だ。(2016/5/26)

アルミハウジングで2980円、e☆イヤホンから1moreブランドのカナル型イヤフォン「Piston Classic」登場
ヘッドフォン/イヤフォン専門店「e☆イヤホン」は5月30日、中国1more(ワンモア)のカナル型イヤフォン「Piston Classic」(ピストンクラシック)を発表した。「ハイエストコストパフォーマンスイヤフォンシリーズ」(同社)をうたうモデルだ。(2016/5/20)

Unique Melody、「MAVIS」のカスタムIEM版を発売――ダイナミック型2基の4ドライバー構成
ミックスウェーブは、米Unique Melodyと同社が共同開発したカスタムIEM(インイヤーモニター)「MAVIS」(メイビス)を発売する。低域再生のために2基のダイナミック型ドライバー、中域、高域にそれぞれ1基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載。(2016/5/20)

アユート、JH Audioのユニバーサルモデル「ROSIE」を発売
アユートは、Astell&KernとJerry Harvey Audioのコラボレーション製品としてカナル型イヤフォン「ROSIE」(ロージー)を発表した。5月27日から同社直販サイトや家電量販店で販売する。(2016/5/20)

カナルワークスのカスタムIEM、埼玉県所沢市のふるさと納税お礼品になる
カナルワークスのカスタムインイヤーモニター(カスタムIEM)が、同社の地元である埼玉県所沢市のふるさと納税お礼品に採用された。シングルドライバーモデルから3Way6ドライバーモデルまで3機種をラインアップ。(2016/5/19)

e☆イヤホン、気鋭のイヤフォンブランド「オリベッティ」取扱開始――ハイブリッド型の「プリマシー」を独占先行販売
タイムマシンは4月8日、“ORIVETI”(オリベッティ)ブランドのカナル型イヤフォン「PRIMACY(Japan Ltd)」(プリマシー)を発表した。e☆イヤホン各店およびWeb店舗で独占先行販売する。(2016/4/8)

Astell&KernとJH AudioのコラボIEMが進化――メタルボディー採用の「LaylaII」「RoxanneII」「AngieII」登場
Astell&KernとJH AudioのコラボIEM(インイヤーモニター)3機種がリニューアル。不要な振動を抑えるメタルボディーを採用した。(2016/3/29)

寝過ごしに防止に最適:
振動して時間を知らせる「めざましイヤホン」、キングジムから登場
キングジムは、目覚まし機能付きのカナル型イヤフォン「めざましイヤホン」(NMR10)を4月22日に発売する。バイブレーション機能で時間を知らせる。(2016/3/23)

オーテク、SOLID BASSシリーズカナル型イヤフォン2モデルの一部で無償交換開始――プラグ部に断線の恐れ
オーディオテクニカは、SOLID BASSシリーズのカナル型イヤフォン2モデル「ATH-CKS550i/550iS」の一部において、ケーブルプラグ部分で断線する恐れがあることを明らかにした。(2016/3/22)

上海問屋、絡みにくい布製コード採用のカナル型イヤホン
ドスパラは、ミニサイズのカナル型イヤホン「DN-13713」の取り扱いを開始した。(2016/3/17)

ヘッドフォンにも新色追加:
米MASTER & DYNAMICから真ちゅう製のカナル型イヤフォン「ME05」登場
アユートは、米国「MASTER & DYNAMIC」ブランドのカナル型イヤフォン「ME05」およびヘッドフォン最上位モデル「MH40」のカラバリ2種を発表した。(2016/2/26)

10色カラバリ:
マクセルから980円前後のカナル型イヤフォン「MXH-C110」登場――FiTシリーズに追加
日立マクセルはカナル型イヤフォン「FiTシリーズ」のエントリーモデルとして「MXH-C110/R/S」を発売する。1月25日発売。(2016/1/14)

MMCX端子/リケーブル対応!:
エレコム、初のハイブリッドドライバー搭載のハイレゾ対応イヤフォンを発売
エレコムは、BA型とダイナミック型のハイブリッドドライバーを採用したハイレゾ対応カナル型イヤフォン「EHP-R/HH1000A」シリーズを2016年1月中旬に発売する。(2015/12/16)

米Cypher LabsからBA型ドライバー3基搭載のIEM「C6iem V2」が登場
ミックスウェーブは、米Cypher Labsの「C6iem V2」を12月15日に発売する。これまでポータブル用のDACやアンプを販売してきたCypher Labsが送り出した、初めてのIEM(インイヤー・モニター)だ。(2015/12/11)

デュアルチャンバーを採用:
日立マクセル、ハイレゾ対応カナル型イヤフォンの新シリーズ――バランス駆動対応モデルも
デュアルチャンバー構造のハイレゾ対応カナル型イヤフォン「MXH-RF550」シリーズが日立マクセルから登場。(2015/12/3)

重低音&タフ:
JVC、カナル型イヤフォン「XX」シリーズにマイク付きリモコンを装備したエントリーモデルを追加
「重低音&タフ」がコンセプトのJVC「XX」シリーズのカナル型イヤフォンに、マイク付きリモコンを備えた「HA-FX33XM/11XM」が追加される。(2015/12/1)

暗闇で光るスポーツ用Bluetooth対応イヤフォン、エレコムから
防水保護等級IPX5に準拠したBluetooth対応カナル型イヤフォン「LBT-HPC31WP」シリーズがエレコムから登場。夜道で光を反射するイヤーピースとケーブルを採用した。(2015/12/1)

クリエイティブ、インナーイヤー型の軽量ゲーミングヘッドセット
クリエイティブメディアは、インナーイヤー型筐体を採用したアナログ接続ゲーミングヘッドセット「Sound BlasterX P5」の発売時期を告知した。(2015/11/25)

4色カラバリ!:
水没にも耐える基板コーティングを採用――エレコムからスポーツ用Bluetoothイヤフォン
防水保護等級IPX5に準拠した高い防水性能を誇るBluetooth対応カナル型イヤフォン「LBT-HPC11WP」シリーズがエレコムから登場。水没にも耐えるという撥水基板コーティングを採用した。(2015/11/10)

クリプシュのハイレゾ対応イヤフォン「X20i」など6製品の発売日が決定――プレゼントキャンペーンも実施
フロンティアファクトリーは11月6日、米Klipsch Group.Inc.のハイレゾ対応カナル型イヤフォン「X20i」など6製品の発売日を発表した。11月13日から順次発売する。(2015/11/6)

ふるさと納税でカスタムIEMをゲット!?――オンキヨー「IE-C1/C2/C3」が鳥取県倉吉市の「ふるさと納税贈呈品」に
オンキヨーブランドのカスタムインイヤーモニター「IE-C1/C2/C3」が鳥取県倉吉市の「ふるさと納税贈呈品」に採用された。(2015/11/4)

秋のヘッドフォン祭2015:
バランス接続対応で3万円、マクセルがハイレゾ対応イヤフォン「MXH-RF550B」を披露
マクセルは、「秋のヘッドフォン祭2015」会場で発表前のカナル型イヤフォン「MXH-RF550/RF550B」を披露した。「MXH-RF550B」はバランス接続対応の2.5ミリ4極プラグ仕様だ。(2015/10/26)

「秋のヘッドフォン祭 2015」に出展:
クリプシュ、カナル型イヤフォン「Xシリーズ」を刷新し11月中旬に発売――ハイレゾ対応「X20i」など4機種
フロンティアファクトリーは、米Klipsch(クリプシュ)のカナル型イヤフォンの新Xシリーズ4製品を発表した。価格は2万7800円前後(税別)から。(2015/10/22)

ボイスコイルとマグネットを2組使ってハイレゾ再生! コードも2本付属するパナソニックのカナル型イヤフォン「RP-HDE10」
パナソニックからユニークなカナル型イヤフォン「RP-HDE10」が登場。振動板の前後に2組のボイスコイルとマグネットを配置した。(2015/10/14)

密閉型イヤフォンでオープンエアーの音の広がり――音茶楽とTTRが新技術を開発
音茶楽(おちゃらく)とTTRが、密閉型のカナル型イヤフォンでオープンエア型のような音の広がりを実現するという新技術「A.I.R.(エアー)機構」を発表した。(2015/10/9)

あのイヤフォンの上位モデル登場!:
ユキム、伊”Carot One”ブランドのカナル型イヤフォン「SUPER TITTA」発売
TITTA(チッタ)のドライバーを2基にグレードアップしたカナル型イヤフォン「SUPER TITTA」(スーパー・チッタ)が10月10日に発売。市場想定価格は1万9800円前後(税別)。(2015/10/5)

日本初上陸のhoomia製:
ダイナミック型とBA型のハイブリッドドライバ搭載――「マイク付き 高音質カナル型イヤホン」
上海問屋が、8ミリダイナミック型とバランスドアーマチュア型のドライバを搭載した、ハイブリッドのカナル型イヤホンを発売した。価格は9499円。(2015/9/18)

目の付け所が「シャープ」です:
ランニングで大活躍の予感! ずれにくく耳の穴をふさがないオープンイヤフォンは“買い”か?
シャープの「RG-H100」は、周囲の音が聞こえる耳に密着しないオープン型イヤフォン。耳への異物感があるカナル型が苦手だという人にはピッタリの一品。(2015/9/16)

低音に強い「ターボバス孔」採用、フィリップスのカナル型イヤフォン「SHE9720」シリーズ
フィリップスブランドのカナル型イヤフォン「SHE9720」シリーズが登場。価格は3980円前後で、9月下旬に発売する。(2015/9/10)

ケーブルは4芯:
ソニー、トリプルBAドライバー搭載の新フラグシップイヤフォン「XBA-300」
ソニーは、3基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したカナル型イヤフォン「XBA-300」を発表した。「XBA-40」の後継となるBAイヤフォンのフラグシップモデルだ。(2015/9/8)

カラーもユニーク:
ボーズ初のカナル型イヤフォン「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」が登場
ボーズは同社としては初となるカナル型イヤフォン「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」を発表した。小型の密閉型ハウジングに新開発のダイナミック型ドライバーを搭載している。(2015/9/4)

オープン記念キャンペーンも実施:
オンキヨー、カスタムIEMのダイレクトショップ2号店を大阪にオープン
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは8月26日、カスタムインイヤーモニター「IE-C1/C2/C3」を注文・耳型採取できるダイレクトショップを大阪市・中央区北浜にオープンした。(2015/8/26)

ミックスウェーブ、ベリリウム振動板を搭載したイヤフォン「LYRA」を発売
ミックスウェーブから米Campfire Audioのカナル型イヤフォン「LYRA」(レイラ)が発売された。「春のヘッドフォン祭2015」でお披露目した高級イヤフォンの1つだ。(2015/8/21)

IFA 2015:
世界初、テスラドライバー搭載のカナル型イヤフォン「AK T8iE」をAstell&Kernが発表――独beyerdynamicとのコラボで
アユートはテスラテクノロジーを採用した世界初のカナル型イヤフォンAstell&Kern「AK T8iE」の情報を明らかにした。独beyerdynamicとのコラボレーションモデル。9月の「IFA 2015」で世界初公開される。(2015/8/18)

マクセル、重低音を強化した新開発ドライバー搭載カナル型イヤフォンを8月25日に発売
日立マクセルは、キレのある低音を再生するという新開発ドライバー搭載のカナル型イヤフォン「BASS」(MXH-CB200)を8月25日に発売する。(2015/8/6)

安定感のある長身ボディ:
「COOLでソリッドなデザイン」 ケンウッドがカナル型イヤフォン「KH-CRZ700/500」を8月29日に発売
JVCケンウッドがカナル型イヤフォン2機種を発表した。ケンウッドブランドをイメージした赤い逆三角マークをあしらっている。(2015/8/6)

新ブランド第1弾製品:
SUPRA、初のカナル型イヤフォン「NiTRO」を発売――「SOUND BY SWEDEN」を立上げ
SUPRAはイヤフォンブランド「SOUND BY SWEDEN」を立ち上げ、第1弾となるカナル型イヤフォン「NiTRO」(ナイトロ)を7月末に発売する。価格はオープン。市場想定価格は1万5000円前後(税別)。(2015/7/28)

「ZERO AUDIO」のカナル型イヤフォン3機種が8月6日に値上げ 為替変動による製品コスト上昇のため
協和ハーモネットは、「ZERO AUDIO」ブランドの一部カナル型イヤフォンを8月6日から値上げする。為替変動などによる製品コスト上昇のためと案内している。(2015/7/27)

3万9800円から!――オンキヨーがカスタムIEMの「学生応援特別価格キャンペーン」を実施
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは7月17日、カスタムインイヤーモニター「IE-C1/C2/C3」の学生応援特別価格キャンペーンをスタートした。(2015/7/17)

AKGの新世代「Nシリーズ」登場、第1弾はノイズキャンセリングヘッドフォンとカナル型イヤフォン
ハーマンインターナショナルがAKGブランドの新しい製品ライン「Nシリーズ」を発表した。第1弾として、ノイズキャンセリング機能付きヘッドフォン「N60NC」とカナル型イヤフォン「N20/N20U」を発売する。(2015/7/16)

4代目となりました!:
オーテク、カナル型イヤフォン「dip」シリーズを一新、3モデル「ATH-CKL220/i/iS」が登場
鮮やかな”NEON”カラーのカナル型イヤフォン「dip」シリーズ3モデル「ATH-CKL220/i/iS」がオーテクから7月17日に発売される。価格はオープン。実売想定価格は1500円前後(税別)から。(2015/7/2)

JIS的には水中形という:
これから増えるゲリラ豪雨でも安心――「防水 カナル型イヤホン」
上海問屋が、IPX8相当の防水性能をサポートするカナル型イヤフォンを発売した。価格は1299円。(2015/6/19)

高品質、短納期を実現する「Made in Japan」:
オンキヨー、BAドライバー搭載カスタムインイヤーモニター3機種を発売「IE-C1」「IE-C2」「IE-C3」
オンキヨーからカスタムインイヤーモニター3機種が7月17日に発売される。価格はすべてオープン、同社直販での発売記念キャンペーン価格は4万9800円(税別)から。(2015/6/16)

音漏れを低減した低価格イヤフォン――ソニー「MDR-EX150/EX250」
ソニーは、カナル型イヤフォンのエントリーモデル「MDR-EX150」「MDR-EX250」を発表した。音漏れを低減する構造を採用したほか、カラバリを豊富にそろえた。(2015/6/10)

透明感と広がりのあるサウンドを再現:
エレコム、カナル型イヤフォン4シリーズを発表――米Knowles製BAドライバーなどを採用
エレコムは、カナル型イヤフォン4シリーズを発表した。ダイナミック型ユニット採用モデルの価格は8870円から、BAユニット採用モデルは2万4900円から(いずれも税別)。発売は6月下旬の予定だ。(2015/6/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。