ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「e☆イヤホン」最新記事一覧

これ1本でハイレゾ&バランス駆動 AAWのLightningイヤフォンケーブル「Capri」をe☆イヤホンが発売
シンガポールのAAWからアイデア商品が登場。一見、Lightning接続のイヤフォンケーブルだが、実はリモコン部に96kHz/24bit対応のDACとバランス出力対応のヘッドフォンアンプを内蔵している。(2017/10/13)

Lightning接続、ハイブリッド型、そしてアクティブNC――盛りだくさんなイヤフォンが1MOREから登場
e☆イヤホンは、“1MORE”ブランドのiOSデバイス向けイヤフォン「E1004」を9月22日に発売する。同ブランド初のアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したLightning接続のカナル型イヤフォンだ。(2017/9/19)

ドライバーメーカーだからできること――EARNiNEからコスパ重視のBAイヤフォン「EN120」
(2017/7/21)

価格を抑えた平面駆動方式のヘッドフォンに注目
(2017/7/15)

士郎正宗デザインの“ワイヤレス”イヤフォンが登場――「ポタフェス2017」
(2017/7/15)

スクエニのゲームに「ポタフェス」が登場 コラボヘッドフォンのプレゼントも
(2017/7/6)

e☆イヤホンがチューニング、AUGLAMOUR「R8」に日本限定モデルが登場
(2017/6/16)

e☆イヤホンからSOULブランドの新製品第2弾――セーフティライト搭載のワイヤレスヘッドフォンなど
(2017/5/27)

初のハイブリッド型ワイヤレスイヤフォン、e☆イヤホンが独占販売
(2017/5/20)

4000円を切ったハイブリッド型イヤフォン「KINERA Bd005E」――MMCXでリケーブルも
(2017/4/29)

高コスパのハイブリッド型イヤフォン「碧(SORA)antique」に“黄金色”の限定モデル
(2017/4/21)

2万円を切る4ドライバー搭載のハイブリッド型イヤフォン――1MORE「E1010」
(2017/4/14)

「ポタフェス福岡・博多」は4月2日開催――開発中のプロトタイプも登場
(2017/4/1)

黄金色に輝く限定イヤフォン、qdcから
(2017/3/14)

「ポタフェス」、2年ぶりに札幌へ――3月11日に開催
(2017/3/3)

スタイリッシュなハイブリッド型イヤフォン、フィール「ベスティー」
e☆イヤホンは、FIIL(フィール)ブランドのハイブリッド型イヤフォン「Bestie」を発売する。2016年のiFデザインプロダクト賞を受賞したスタイリッシュなモデル。ポップミュージックやボーカル系に最適という。(2017/2/17)

好みの音に切り替えられる低価格イヤフォン、e☆イヤホンの「ハイコスパイヤフォンシリーズ」
e☆イヤホンは、中国DZAT(デザート)ブランドのイヤフォン3製品を販売する。「ハイコスパイヤフォンシリーズ」の第2弾。ハウジング背面のダイヤルで「Bass」「Mid」「High」の切替が可能なモデルも。(2017/2/9)

TaoTronicsと兄弟ブランドのVAVAから5製品が新発売――レッドドット・デザイン賞を受賞したBluetoothスピーカーなど
e☆イヤホンはTaoTronicsおよび同グループブランドとなるVAVA(ババ)の新製品5機種を発売する。税込9990円の完全ワイヤレスイヤフォンから手軽に音の傾向を変えられるカナル型イヤフォン、レッドドット・デザイン賞を受賞したBluetoothスピーカーなどをラインアップ。(2017/2/3)

「アジア人に好まれる音作り」を目指した個性派イヤフォン、Whizzer「A15」
e☆イヤホンが「Whizzer」(ウィーザー)製品の独占先行販売を開始する。第1弾は大の音楽好きという創業者が自ら設計した「A15」。「アジア人に好まれる音作り」がコンセプトだ。(2017/2/3)

ポタフェス仙台は2月5日に開催――90ブランドが集結
e☆イヤホンは、2月5日に仙台市で開催するポータブルオーディオの専門イベント「ポタフェス2017 SPRING&SUMMER 宮城・仙台」の概要を発表した。(2017/2/1)

迷彩柄のワイヤレススピーカーも――e☆イヤホン、SOULブランドの2製品を先行販売
e☆イヤホンは、SOULブランドのヘッドフォン「ULTRA」(ウルトラ)およびBluetoothスピーカー「STORM」(ストーム)について、1月28日から国内先行独占販売を行う。(2017/1/27)

クラス最小の製品も――e☆イヤホンがRAVPowerブランドのモバイルバッテリー3機種を先行販売
ポータブルオーディオ専門店の「e☆イヤホン」は、国内独占先行販売企画シリーズとして、中国「RAVPower」ブランドのモバイルバッテリー3製品を発表した。翌21日からオンラインショップを含む全店舗で販売を開始する。(2017/1/20)

2000円台で買える天然ウッドハウジングのイヤフォン「DF-10」登場――パッケージも豪華
e☆イヤホンは、「DZAT」(デザート)ブランドのイヤフォン「DF-10」2モデルを国内で先行販売する。ハウジングに天然木を使用したカナル型。パッケージには、なぜかペンやメモ帳が同梱されている。(2017/1/13)

e☆イヤホン、2017年の「福耳袋」は昨年の2倍!――「百萬円福耳袋」も
ポータブルオーディオ専門店のe☆イヤホンが毎年恒例の福袋「福耳袋」の情報を公開した。昨年の2倍以上となる330袋を用意する。昨年同様に100万円の福耳袋も。(2016/12/28)

高崎市発:
独自技術を持つ日本企業が開発――5000円を切るハイブリッド型イヤフォン、アンティーム「碧(SORA)」登場
e☆イヤホンは、intime(アンティーム)ブランドのカナル型イヤフォン「碧(SORA)」を2017年1月上旬から独占販売する。独自技術を用いたハイブリッド型イヤフォンながら4830円という低価格を実現した。(2016/12/26)

「ポタフェス」、2017年は再び全国行脚へ!
「ポタフェス」が再び全国行脚に出る。なんと2017年は上半期だけで全国6都市をまわる計画。1カ月に1回の超ハイペースだ。(2016/12/22)

世界最小のスティック型Android TV端末「Air Stick」――e☆イヤホンで先行販売開始
(2016/12/19)

ティアック、来春発売のDAC兼プリメインアンプ「AI-503」をポタフェスで披露――LDACもサポート
ティアックは、Referenceシリーズの新製品となるUSB-DAC兼プリメインアンプ「AI-503」を「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」の会場で披露した。ポータブル全盛の今だから登場した据え置きオーディオだ。(2016/12/17)

円安が気になる!? 「ポタフェス」会場で見つけたホットな新製品
東京・秋葉原で「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」が開幕した。国内外189のブランドを集めた国内最大級のオーディオイベントでは、多くの新製品がお披露目されている。しかし、会場では最近の円安傾向が輸入オーディオの販売価格を押しあげるという声も。(2016/12/17)

秋葉原で「ポタフェス」開幕、“極上の音”で「スクフェスAC」コーナー大人気
快晴の東京・秋葉原でポータブルオーディオの専門イベント「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」が開幕した。今回は会場を2カ所に分け、一方では従来にない新しい試みを行っているポタフェス。その効果は……絶大だった。(2016/12/17)

「ポタフェス」のステージはアニメファン的に超豪華――スクフェスACの“極上音楽体験”イベントも
「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」の各種イベントと特設ステージのタイムスケジュールなどが発表された。豪華なミニライブやトークショーに加え、PSVRやスクフェスACが体験できるコーナーも。(2016/12/16)

フォステクスのロングセラーヘッドフォン「TH7」が密閉型にリニューアル――南波志帆さんコラボモデル「真夜中のヘッドフォン」も
フォステクスは、20年以上にわたって販売しているモニターヘッドフォン「TH-7」を全面リニューアル。新たに密閉型の「TH7」として12月下旬に発売する。(2016/12/7)

「ポタフェス2016 冬 in 東京/秋葉原」は12月17日と18日に開催――会場は2カ所に
e☆イヤホンは、12月17日(土)と18日(日)に開催する国内最大級のポータブルオーディオ体験展示会「ポータブルオーディオフェスティバル(ポタフェス)2016冬 in 東京/秋葉原」の概要を発表した。(2016/11/22)

どちらも2000円台! TaoTronicsの軽量ワイヤレスイヤフォン2機種をe☆イヤホンが発売
e☆イヤホンからTaoTronics製のワイヤレスイヤフォン2機種が登場。どちらも2000円台の低価格機だ。(2016/11/18)

1万5000円でハイレゾ音源の再生に対応――高コスパの小型ポータブルプレーヤー「M1」
e☆イヤホンは、中国Shanlingのハイレゾ音源再生対応ポータブルプレーヤー「M1」(エムワン)を11月18日に予約開始する。最大192kHz/24bitのPCM音源を再生できるほか、PCM変換によるDSD再生にも対応。BluetoothのコーデックはaptXもサポートした。(2016/11/18)

エクササイズにも使える防滴仕様のワイヤレスイヤフォン、1MORE「iBFree」
e☆イヤホンは、中国のオーディオブランド“1MORE”のBluetoothイヤフォン「iBFree」を11月12日に発売する。1MOREが特許を持つチタンとPET樹脂の2層振動板を採用。apt-Xもサポートした。(2016/11/11)

世界限定300台! ハイレゾ対応プレーヤー「OPUS ♯1LIMITED」をe☆イヤホンが発売
e☆イヤホンは、韓国The BITのハイレゾ対応プレーヤー「OPUS ♯1LIMITED」を11月18日に発売する。切削加工によるアルミ合金ボディーを採用した。全世界300台のうち、日本市場向けとして50台を確保した。(2016/11/11)

e☆イヤホン、「2016楽器フェア」内で「ポタフェス」開催
e☆イヤホンは、11月4日に東京ビッグサイトで開幕する日本最大の楽器総合イベント「2016楽器フェア」で「ポタフェス」を開催する。31社、41ブランドが集結。(2016/10/31)

国内最大規模のイヤフォン専門店「e☆イヤホン梅田EST店」にいち早く遊びに行ってみた
(2016/10/26)

低価格のフルワイヤレスイヤフォン、香港iTechの「FreeStereo TWINS」が日本上陸
e☆イヤホンは、香港i.Tech製のBluetoothイヤフォン「FreeStereo TWINS」を11月上旬から販売する。左右のハウジングが分離したフルワイヤレスタイプながら低価格を実現した。(2016/10/21)

e☆イヤホン、日本初上陸の「イヤーナイン」ブランド2製品を発売――独自開発のBAドライバーを搭載
e☆イヤホンは、韓国「EARNiNE」(イヤーナイン)ブランドのイヤフォン2製品を国内独占で先行販売する。バランスド・アーマチュア型ドライバーを開発、製造しているメーカーだ。(2016/10/3)

「契約、いや接続完了だ!」、デノンが“まどマギ”コラボのBluetoothヘッドフォンを発売――予約受付も開始
デノンは、予告していた「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ【新編】叛逆の物語」コラボレーションモデルの「AH-GC20MDK」を正式に発表した。同時に予約の受付も開始している。(2016/9/23)

世界最小クラス! e☆イヤホンがAAWのユニバーサルイヤフォン「Q」を発売
e☆イヤホンは、同社が総代理店を務める「AAW」ブランドが開発したユニバーサルイヤフォン「Q」を発表した。9月3日に発売予定。(2016/9/2)

2万9800円のハイレゾプレーヤーも! e☆イヤフォンが中国シャンリンのDAPやポタアンの販売を開始
e☆イヤフォンは、中国Shanling Digital Technology Developmentのデジタルオーディオプレーヤーおよびポータブルヘッドフォンアンプ、計3機種を国内で販売すると発表した。(2016/8/12)

ファッションも意識:
e☆イヤホン、大阪・梅田に国内最大規模の新店舗をオープンへ
「e☆イヤホン」を運営するタイムマシンは、大阪梅田駅近くのショッピングモール「梅田EST」に国内最大規模の新店舗を10月にオープンする。ファッショナブルで開放的な店舗を目指す。(2016/8/9)

音茶楽、制振塗装などで音質を磨いたハイレゾ対応イヤフォン「Flat4-粋 Plus」
音茶楽は、ハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「Flat4-粋 Plus」を8月10日に発売する。「Flat4-粋」の音質改善モデルだ。(2016/8/5)

劇場版アニメ「傷物語」とコラボしたイヤフォンが登場――忍野忍モデルと羽川翼モデル
イーフロンティアは8月2日、劇場版アニメ「傷物語」とコラボしたナインウェーブブランドのイヤフォン2種を発表した。(2016/8/2)

1万円ちょいのLightning直結イヤフォン登場、e☆イヤホンがマイポウ製品を先行販売
e☆イヤホンは、中国「Maipou」(マイポウ)のLightning直結イヤフォン「son1600」を発売する。ブラックとローズゴールドの2色。(2016/7/29)

Walkure Attack!:
豊かな低域と埋もれないボーカル 1MORE「MK801」で“マクロスΔ”の1stアルバムを堪能する
1万円クラスのヘッドフォンのハードルがぐんぐん上がっていく……! 「マクロスΔ」に登場する戦術音楽ユニット「ワルキューレ」が歌うボーカルアルバム「Walkure Attack!」を楽しむ。(2016/7/19)

注目のイヤフォン新製品が続々――「ポタフェス2016 in 東京・秋葉原」開幕
7月16日(土)と17日(日)の2日間にわたり、東京・秋葉原の「ペルサール秋葉原」で開催される「ポタフェス2016 in 東京・秋葉原」。初日16日の秋葉原は強い日差しもなく、気温は27度までしか上がらない、ちょうどいい天気です。(2016/7/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。