ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ポタフェス」最新記事一覧

ポータブルオーディオフェスティバル

冬の東京は2会場:
今年の「ポタフェス」は規模1.5倍! 名古屋、大阪、東京で開催――そして来年度は「Limited」復活へ?
ポタフェス運営事務局は、国内最大級のポータブルオーディオ体感イベント「ポータブルオーディオフェスティバ2016」(通称:ポタフェス)の開催概要を発表した。いずれの会場も前年比1.5倍以上の開催面積と規模になる見込みだ。(2016/4/15)

Astell&KernとJH AudioのコラボIEMが進化――メタルボディー採用の「LaylaII」「RoxanneII」「AngieII」登場
Astell&KernとJH AudioのコラボIEM(インイヤーモニター)3機種がリニューアル。不要な振動を抑えるメタルボディーを採用した。(2016/3/29)

バランス出力にデュアルクロック、コウォンからハイレゾ対応プレーヤー「PLENUE S」が登場――価格は23万8000円
シーエスCOWON販売がポータブルオーディオプレーヤーの最上位モデルPLENUE S」を発表。ヘッドフォンのバランス接続に対応したほか、別売のクレードルを使ってXLRバランス出力にも対応する。(2016/2/26)

4種類のバランス接続に対応したDAC内蔵ヘッドフォンアンプ、ラトック「RAL-DSDHA5」登場
ラトックシステムは、フルバランスヘッドフォンアンプの新製品「RAL-DSDHA5」を正式発表した。昨年末の「ポタフェス」で参考展示したコンパクトな据え置き型。多彩なバランス出力に対応しているのが特徴だ。(2016/2/12)

これまで到達できなかったレベルの音を――デノンが新しいHi-Fiシリーズ「2500NE」を発表
ディーアンドエムホールディングスは、新しいミドルクラスHi-Fiコンポーネントシリーズ「2500NEシリーズ」を発表した。ヘッドフォンアンプに力を入れたネットワークプレイヤー「DNP-2500NE」も登場。(2016/1/15)

純A級動作のフルディスクリートアンプを搭載したハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「QP1R」登場
Jは、Questyle Audio Technologyのハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「QP1R」を発表した。「第7回ポタフェス」で参考展示された新型プレイヤーだ。(2015/12/28)

e☆イヤホンの恒例「福耳袋」、今回は豪華100万円袋も用意
「e☆イヤホン」は12月25日、年始恒例「福耳袋」の概要を発表した。ポータブルオーディオ専門の福袋だ。(2015/12/25)

e☆イヤホン、2016年は国内3カ所で“フルサイズ”のポタフェスを実施へ
ポタフェス運営事務局は、12月19日と20日に開催したオーディオ専門イベント「第7回ポータブルオーディオフェスティバル2015」の来場者が目標の5万人を超えたと発表した。(2015/12/25)

第7回ポタフェス:
「ポタフェス」で見つけた注目のヘッドフォンたち
多数のイヤフォン、ヘッドフォンが一堂に会する「ポタフェス」会場。今回は期待の新製品や参考展示を中心にヘッドフォンをピックアップした。(2015/12/21)

第7回ポタフェス:
新登場の3階は一味違う――ポタフェス新エリアで「ホームシアター&アナログフェア」が開催
今回の「ポタフェス」では、会場3階に居を構える大建工業のショールームを使った連動企画「ホームシアター&アナログフェア」が実施されている。若いオーディオファンにポータブル以外の楽しみ方も知ってもらいたいという企画だ。(2015/12/20)

第7回ポタフェス:
会場で最新“ポータブル”デジタルオーディオプレーヤーをチェック
アキバで開催中の「ポタフェス」会場に出展されている、ポータブルなDAPを紹介しよう。なにやら手のひらに収まるコンパクトなモデルが目立つぞ!(2015/12/20)

第7回ポタフェス:
ポタフェスの会場であえて持ち運べない製品を探してみる
「ポタフェス」会場には据え置き型の製品を並べているブースも意外と多く、家でじっくりと音楽を聴きたい人も楽しめる。今回はその中から5つのブースを紹介しよう。バランス接続が気になる人は超注目。(2015/12/19)

第7回ポタフェス:
世界最小クラスのBluetoothイヤフォン「EARIN」に触ってみた
スウェーデンからやってきた世界最小クラスのBluetoothイヤフォン「EARIN」。そのサイズにくわえ、バランスド・アーマチュア型ドライバーを採用した点もユニークだ。(2015/12/19)

ロックファン注目:
「ポタフェス」開幕――“イヤモニの神様”が世界に先駆けてユニバーサルタイプ4製品をお披露目
「ベルサール秋葉原」で「第七回ポータブルオーディオフェスティバル2015」(ポタフェス)が開幕した。オープニングを飾ったのは、米JH AudioのJerry Harvey氏だ。(2015/12/19)

ポタフェスで聴ける:
フォステクス、バランス接続に対応したヘッドフォンアンプ「HP-A4BL」と着脱式になった「TH900mk2」を発表
フォステクスカンパニーは、ヘッドフォンのバランス接続に対応したDAC内蔵ヘッドフォンアンプ「HP-A4BL」およびケーブルを着脱式にしたプレミアムヘッドフォン「TH900mk2」を発表した。(2015/12/18)

ポタフェスで聴ける:
耳を大切にする人のカスタムイヤモニ、米64 AUDIO「ADEL A-Series」の仕組み
米64 AUDIOの「ADEL A-Series」は、人間の鼓膜にかかる有害な音圧を外に逃がす仕組みを持った耳に優しいカスタムIEM(インイヤーモニター)だ。12月19日に「ポタフェス」でお披露目される。(2015/12/18)

ラトック、4パターンのバランス出力が可能なヘッドフォンアンプ「RAL-DSDHA5」を「ポタフェス」で参考展示
ラトックシステムは、ト「ポタフェス」に開発中のフルバランスヘッドフォンアンプ「RAL-DSDHA5」を参考出品する。4パターンのバランス出力とシングルエンド出力を装備。(2015/12/17)

ポタフェスで聴ける:
名機「Triple.Fi 10」を再設計、日本限定1000台だけの「Tri-Fi」発売
Ultimate Ears、JH Audioという2大カスタムIEMブランドを立ち上げたJerry Harvey氏が、「Triple.Fi 10」の開発10周年を機に最新技術を駆使して作り上げたスペシャルモデル登場。(2015/12/17)

JH AUDIOの新ユニバーサルIEM、「ポタフェス」で発表へ――Jerry Harvey氏も来日
ポタフェス事務局は、12月19日(土)と20日(日)に開催する「第7回ポータブルオーディオフェスティバル2015」において、JH AUDIOの新しいユニバーサル・インイヤーモニターが発表されると告知した。(2015/12/14)

大盤振る舞い:
「ポタフェス」のアユートブースに行くとハイレゾ楽曲ダウンロードクーポンがもらえる――アンケートに答えると“もう1曲”
アユートは、12月19日(土)と20日(日)に東京・秋葉原で開催される「ポタフェス2015」の出展概要を発表した。(2015/12/11)

今度の「ポタフェス」はスケールアップ、200以上のブランドが出展へ
ポタフェス運営事務局は、12月19日(土)と20日(日)に東京・秋葉原で開催する「第7回ポータブルオーディオフェスティバル2015」の概要を発表した。(2015/12/9)

女性にも入りやすい店作り:
「名古屋にもパラダイスができた」――「e☆イヤホン 名古屋大須店」オープンに密着した
ポータブルオーディオの専門店として知られる「e☆イヤホン」の新店舗が10月23日に名古屋でオープンした。準備期間はわずか2カ月という強行軍ながら、今までの店舗とは少し違うイメージに仕上がったようだ。(2015/10/31)

オーディオ&ホームシアター展2015:
試聴の穴場かも? 勢力を拡大するハイレゾ対応ヘッドフォン
日本オーディオ協会主催の「オーディオ&ホームシアター展」が開幕。今年はDolby AtmosやUltra HD Blu-ray DiscなどAV系の話題も多いが、会場ではポータブル系デバイスも勢力を拡大している。(2015/10/17)

e☆イヤホン、秋葉原で「SW-HP11」のヘッドフォン組み立て講座を開催 参加費は1万円
e☆イヤホン 秋葉原店でヘッドフォン組み立て講座が開催。オリジナルヘッドフォン「SW-HP11」の組み立てキットを用意する。(2015/10/2)

ポタフェスは「音版コミケ」? そして気になる今後――「ポタフェス Limited」ロングインタビュー(後編)
後編では「ポータブルオーディオフェスティバル(ポタフェス)2015 Limited」のイベント全体を振り返ってもらった。さらに来年以降の全国ツアー構想、そして年末に過去最大規模になることが見込まれている東京の「ポタフェス」についても聞いた。(2015/7/24)

全国行脚で分かった地域性の違い――「ポタフェス Limited」ロングインタビュー(前編)
3月末から3カ月におよぶ全国キャラバンを行った「ポータブルオーディオフェスティバル(ポタフェス)2015 Limited」。各地域の特徴や売れ筋の違いなどについて、広報担当の松田信行氏、そしてポタフェス事務局長として運営に努めた岡田卓也氏に話を聞いた。(2015/7/22)

自分でハードル上げてみた:
冬のポタフェスはフロアを増やして過去最大規模へ! 事前に別拠点でライブも
ポタフェス運営事務局は、12月に開催予定の「ポタフェス in 東京/秋葉原」について、昨年よりフロアを増やし、「過去最大規模」にすると発表した。目標来場者数は5万人という。(2015/6/25)

いよいよファイナル! 「ポタフェス2015 Limited in 高松」は6月13日に開催――四国初上陸モデルも多数展示
ポタフェス運営事務局は、6月13日(土)に開催する「ポタフェス2015 Limited in 高松」の概要を発表した。国内外から約70ブランドが出展。(2015/6/9)

全国キャラバンが大阪に凱旋!――「ポタフェスLimited2015 in大阪」
eイヤホンのお膝元で開催されたポタフェスLimited。会場にはIEM関連を中心に、レア物や初公開の新製品が目白押し。3Dスキャナーを利用したインプレッション採取も試してきた。(2015/6/1)

3Dスキャナーによる耳型採取を体験! 「ポタフェス2015 Limited in 大阪」は5月30日に開催
ポタフェス運営事務局は、5月30日に大阪で「ポタフェス2015 Limited in 大阪」を開催する。3Dスキャナーによる耳型採取体験会を実施する予定だ。(2015/5/27)

はんだ付けも:
Final Audio、「ポタフェスLimited in大阪」でMMCX端子を搭載するBA型イヤフォンの組立教室を実施
Final Audio Designは、MMCX端子を搭載するBA型イヤフォンの組立教室を「ポタフェスLimited in大阪」で開催する。(2015/5/21)

春のヘッドフォン祭2015:
ハイエンドから変わり種まで――ヘッドフォン祭で見つけたポータブルプレイヤー
今回の「春のヘッドフォン祭」は、“ハイレゾ”の動きをより一層盛り上げるかのように、数多くの新しいプレイヤーが出展された。一部ハイレゾ非対応モデルを含め、11種を紹介しよう。(2015/5/17)

ポータブルオーディオのトレンドを先取り――「ポタフェスLimited 2015 札幌」に行ってきた
5月10日に「札幌コンベンションセンター」で「ポタフェス Limited 2015 札幌」が開催された。3月の名古屋からスタートした「ポタフェスLimited」シリーズも、今回の札幌で6会場目。国内外から70を超えるオーディオブランドが北の都へ集結した。(2015/5/13)

ポタフェス in 札幌でお披露目!:
充電不要のスティック型DAC兼ポタアン「COZOY ASTRAPI」、オヤイデが発売
オヤイデは、スティック型DAC兼ポタアン「COZOY ASTRAPI」(コヅイ・アストラピ)を5月15日に発売する。電源は不要で、iPhoneやiPad、Android、PC/Macに接続するだけで使用できる。(2015/5/8)

「ポタフェス2015 Limited in 札幌」の詳細が明らかに――KOTOKOオリジナルヘッドフォンの試聴も
ポタフェス運営事務局は、5月10日に北海道・札幌で開催する「ポタフェス2015 Limited in 札幌」の概要を発表した。(2015/5/8)

ポタフェス in 札幌でお披露目!:
シンガポールの新生イヤフォンブランド「DITA」、アユートが取扱開始――4極2.5ミリのバランス接続仕様も
アユートは、シンガポールに本拠を置くイヤフォンブランド「DITA」(ディータ)の取扱を開始する。AKシリーズで使えるバランス接続対応モデルもラインアップ。(2015/5/8)

「ポタフェス2015 Limited in 仙台」は5月3日開催――Astell&Kernの新作プレイヤー「AK Jr」をお披露目
ポタフェス運営事務局は、5月3日に宮城・仙台で開催する「ポタフェス2015 Limited in 仙台」の詳細を発表した。(2015/4/28)

「ポタフェス2015 Limited in 沖縄」の概要が明らかに――Westoneの「Ryukyu」が初お目見え
ポタフェス運営委員会は、4月19日に沖縄・宜野湾市で開催する「ポタフェス2015 Limited in 沖縄」の概要を発表した。(2015/4/17)

「10倍いい音」の狙いは? ポタフェスとTSUTAYAがタッグを組んだ理由
ポータブルオーディオの大型イベント「ポータブルオーディオフェスティバル」(ポタフェス)と国内のメディアレンタル事業で知られるTSUTAYAがタッグを組んだ。その狙いについて、TSUTAYA販促部の石田真文氏を訪ねた。(2015/4/17)

インショップ展開も:
「e☆イヤホン」のタイムマシンとCCCモバイルが資本業務提携――「ポタフェス」を共同主催へ
ポータブルオーディオ専門店「e☆イヤホン」を運営するタイムマシンは4月16日、CCCモバイルとの資本・業務提携を発表した。(2015/4/16)

イイ音もって全国へ!――ポタフェス全国キャラバンの狙いを“たっくん”に聞いてきた
全国8カ所を巡るポタフェスの旅。東京や大阪以外の地方都市でこうした大きなオーディオイベントが開催されることは珍しい。ポタフェス事務局代表の“たっくん”こと岡田卓也氏に、今回のイベントを開催するきっかけや狙いを聞いた。(2015/4/10)

開幕目前:
国内外の90ブランドが大集結 「ポタフェス 2015 Limited」が4月11日に福岡で開催
国内最大規模のヘッドフォン体感イベント「ポタフェス」が福岡に上陸。4月11日の開催前日に注目の出展ブランドをチェックしていこう。(2015/4/10)

だから新製品はポータブル――OPPO Digital Japanに聞いた「HA-2」「PM-3」のコト
米OPPO DigitalのDAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「HA-2」とポータブルヘッドフォン「PM-3」が発売された。BDプレイヤーで知られる同社がパーソナルオーディオに取り組む理由、そして新製品の使いこなしまで、OPPO Digital Japanのディレクター、島幸太郎氏に詳しい話を聞いた。(2015/4/2)

バランス接続に一工夫:
ラトック、豊富な入出力端子を持つポタアン「REX-KEB03」を正式リリース
ラトックシステムは、DAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプの新製品「REX-KEB03」を発表した。昨年末の「第6回ポタフェス」で参考展示したバランス駆動の“ポタアン”。(2015/3/31)

「やっと名古屋に来てくれた」――「ポタフェス 2015 Limited」が熱烈な歓迎を受ける
ポタフェス全国行脚の第1弾となる「ポタフェス 2015 Limited in 名古屋」が3月14日に開催され、熱心なポータブルオーディオファンが詰めかけた。現地取材で会場の熱気をお伝えしたい。(2015/3/15)

ホワイトデーにいい音を:
3月14日開催の「ポタフェス 2015 Limited in 名古屋」出展ブランド決定
3月14日の名古屋を皮切りに開催される、ヘッドフォン体感イベント「ポタフェス 2015 Limited」。ポタフェス運営事務局が、名古屋会場出展の72ブランドを発表した。(2015/3/3)

iPhone 6にぴったり:
OPPO、初のポタアン「HA-2」と密閉型ヘッドフォン「PM-3」を正式発表
OPPO Digitalは、昨年末の「ポタフェス」で注目を集めたポータブルヘッドフォンアンプ「HA-2」と平面磁界駆動の密閉型ヘッドフォン「PM-3」を正式発表した。(2015/2/13)

「ポタフェス」が近くにやってくる!? 国内8都市を行脚する「ポタフェス 2015Limited」が3月にスタート
大阪や名古屋でもヘッドフォン体感イベント「ポタフェス 2015Limited」が開催される。3月から6月にかけ、全国8都市を回るツアー型イベントだ。(2015/2/3)

先行販売は各5台限定:
アユート、Astell&KernとJH Audioのコラボイヤフォン「Layla」「Angie」国内正式発表、先行販売も開始
Astell&KernとJH Audioとのコラボ製品「Layla」(レイラ)、および「Angie」(アンジー)の国内販売が正式に発表された。同社では各モデル5台限定でモニター販売も行う。(2015/1/21)

2015 CES:
CESで見つけた“注目のヘッドフォン”総集編
AKGのクインシー・ジョーンズシグネチャーモデル“第2弾”からゼンハイザーの新「Momentum」、そして「レスポール」みたいなヘッドフォンなど、CESの展示会場から注目のヘッドフォンをリポート。Lightning端子搭載&ハイレゾ対応のヘッドフォンも複数登場した。(2015/1/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。