ニュース
» 2016年12月17日 18時17分 UPDATE

円安が気になる!? 「ポタフェス」会場で見つけたホットな新製品

東京・秋葉原で「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」が開幕した。国内外189のブランドを集めた国内最大級のオーディオイベントでは、多くの新製品がお披露目されている。しかし、会場では最近の円安傾向が輸入オーディオの販売価格を押しあげるという声も。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 東京・秋葉原で12月17日(土)、「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」が開幕した。今回から会場を増やし、国内外189のブランドを集めた国内最大級のポータブルオーディオの専門イベントだ。主催者のe☆イヤホンでは、2日間で約6万人の入場者を見込んでいる。

 展示会場では、高音質Bluetoothコーデックに関する動きがホットだ。まずDeff Soundは「aptX HD対応新プロジェクト進行中」と大々的にアピール。2機種のポータブルアンプとオーディオトランスミッターのプロトタイプを披露した。いずれも2017年の発売を目指して開発中だという。

ポタアンにはクリップタイプも用意した。なお、外観は最終的なデザインではない
各モデルの概要

 ティアックは、Referenceシリーズの新製品となるUSB-DAC兼プリメインアンプ「AI-503」を披露。こちらはソニーが開発したBluetoothコーデックの「LDAC」をサポートしたモデルだ。また、3.5mm光デジタル/アナログ兼用入力端子をフロントパネルに用意するなど、ポータブルプレーヤーとの相性を重視し、イヤフォン端子は3.5mm径の4極グランドセパレート接続をサポートするなど、「ハイレゾDAP時代のプリメインアンプ」として訴求する。2017年の2月か3月に発売予定で、価格は13万円前後になる見込みだ。

ティアックのUSB-DAC兼プリメインアンプ「AI-503」
3.5mm光デジタル/アナログ兼用入力端子や、4極グランドセパレート接続対応の3.5mmイヤフォンジャックなどを装備

為替相場が気になる高級輸入オーディオ

 高級ヘッドフォンの中で注目は、エミライが2017年前半に取り扱いを開始する予定の米SONOMA Acousticsだ。静電型ヘッドフォンとヘッドフォンアンプのセット「Model One」を参考展示している。

 実はこちらのSONOMAという会社、ソニーがSACDの普及を目指していた頃にDSDレコーディングのためのシステムを開発したメンバーが再び集まり、立ち上げたというベンチャー企業だという。そうした背景もあり、Model OneのDAC機能は384kHz/32bitのPCMに加え、DSD 128(5.6MHz)にも対応している。

米SONOMA Acousticsの「Model One」。後ろにあるDAC兼ヘッドフォンアンプとセットになる

 価格は5000米ドルだが、気になるのは最近の円安基調。輸入オーディオの高級機は影響を受けやすく、輸入販売を行うエミライでも「最近の円安傾向は注視している」と話している。国内での販売価格については「60万円台後半から70万円台」と慎重に幅を持たせていた。

 また、隣のOPPO Digital Japanブースではネットワークオーディオプレーヤー機能付きUSB-DAC「Sonica DAC」を初めて一般向けに披露した。Sonica DACは、ESS TechnologyのフラグシップDACチップ「ES9038PRO」を搭載し、USB-DACとして使用する場合には最大768kHz/32bitのPCM音源と25MHzまでのDSDに対応するハイスペックモデルだ。にも関わらず、10万円を切るプライスタグは大きな魅力(税別9万5000円前後の見込み)。前述のSONOMA製品とは価格帯が異なるものの、やはり為替相場が気になる製品といえる。

「HA-1」の下にあるのが「Sonica DAC」

 そしてもう1つ、DSDといえば忘れてはいけないのが、11.2MHzなどのハイスペックなDSD再生にいち早く対応してきた英iFi Audioの新製品「PRO iDSD」だろう。来年春(3〜5月)に投入予定の据え置き型DACで、詳細は未定だが、同社では「また、すごいハイスペックを実現できる」と話していた。

一番上に積まれているのが、英iFi Audioの「PRO iDSD」。春に発売予定だ

 「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」の開催期間は12月18日(日)まで。主催者のe☆イヤホンでは、2日間で約6万人の入場者を見込んでいる。

イベント ポータブルオーディオフェスティバル2016冬 in 東京/秋葉原(PORTABLE AUDIO FESTIVAL 2016winter)
会期 2016年12月17日(土)、18日(日)の2日間
開催時間 全日程11:00〜18:00(最終入場17:30)
会場1 ベルサール秋葉原」(住友不動産秋葉原ビル)地下1階、1階、2階
会場2 アキバ・スクエア」(秋葉原UDX 2階)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう