ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「秋葉原UDX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「秋葉原UDX」に関する情報が集まったページです。

「パンスト」名物夫婦もパパママになって帰ってきた「ひめたまユル会」痛車まとめ第2弾 東方Projectや艦これ、セーラームーンなど
過去イベントで結婚式を挙げた夫婦が赤ちゃん連れて凱旋。(2019/11/18)

女子高生と鰭脚類の学園生活……! アザラシと本気で恋愛する女性向けゲーム「あざ恋」登場
今度は鰭脚類(ききゃくるい)との恋愛へ。(2019/11/15)

素子「ノイズがないって素晴らしいわ」 Netflix「攻殻機動隊 SAC_2045」は2020年春配信 初公開のティーザー映像にファン興奮
田中敦子さんの声でタチコマも! これは期待。(2019/10/23)

静岡のベイエリアに痛車160台以上が集結 猛暑に負けない熱気に包まれた「シスフェス2019」に行ってきたよ
今年の「ねとらぼ賞」は誰の手に……? シスフェスをレポート!(2019/8/21)

歌姫「初音ミク」の人気強し ヨーロッパで見かけたガチすぎる「痛車」レポート、欧州を駆け巡る強者との出会いも
ヨーロッパのオタクイベントを取材したときにみかけた痛車を紹介。(2019/8/9)

公開5周年の復活上映! 劇場版「モーレツ宇宙海賊」がドリパスの企画で甦る
ミニスカ姿の女子高生海賊、2019年に秋葉原で復活か!?(2019/8/5)

私たち、(佐賀県に)行きたい! 佐賀県が「ゾンビランドサガ」とコラボ
この組み合わせは来ると思っていた。(2019/5/27)

「名探偵ピカチュウ」本物さながらの手足が動くドールが登場 ついに自宅でモフモフできる!
ピカチュウのふわふわモフモフ、たまらないですよね。(2019/5/24)

8K編集がすぐそこに:
12万円台のDaVinch Resolve専用キーボードも登場 Blackmagic Designが8K対応製品を発表
5月9日、映像や編集機材、ソフトウェアを手がけるBlackmagic Designが新製品展示会を開き、8K対応の製品について日本での投入時期などを明らかにした。(2019/5/15)

5000台の痛車を撮り続けた男が語る 外国人観光客も訪れる「聖地」秋葉原UDX駐車場がマジで愛されるワケ
撮り続けて8年、約5000台の痛車を撮影してきた担当者にインタビューしました。(2019/5/26)

司書メイドの同人誌レビューノート:
「文章上から解剖しなさい」「全文を書き取りなさい」 明治時代の入試問題(国語・漢文)をまとめた同人誌が趣深い
設問文にも時代が表れますね。(2019/2/10)

「Fate/stay night」が15周年 1月30日19時より秋葉原UDXビジョンにてメッセージムービー上映 注意喚起も
15周年をお祝いするファンの声が多く届いています。(2019/1/30)

人生の最期をテクノロジーで体験 終末感あふれる「走馬灯VR」登場
思い出の映像にFacebookを使う発想よ。(2018/12/31)

親が部屋に近づいたらPCとスマホの画面を隠す “親フラ”回避専用という熱いガジェットが開発される
親がノックしてくれない全国のみなさーん!(2018/12/17)

ナルトの「螺旋丸」を現実に作れるだと…… 手の中で“光”が形を変えるアート作品に「かっけえ!」「胸熱」の声
実際に触ってみたすぎる……!(2018/12/8)

AI/ディープラーニングビジネス活用セミナー:
「AI」のビジネス活用に「BI」との連携が効果的な理由
アイティメディアは、2018年9月26日に秋葉原UDXで「AI/ディープラーニングビジネス活用セミナー ビジネス価値は、データに宿る」を開催した。本稿では、マイクロストラテジー・ジャパンの講演「AIの効果を最大化するBIプラットフォーム MicroStrategy」の内容を紹介する。(2018/11/30)

「アニメ産業レポート」2018年度版発売 アニメ関連市場が初の総額2兆円突破
2兆円かあ。(2018/11/28)

データ活用は組織課題:
年間約12億円の価値を創出するデータサイエンティストチームのBIツール活用法とは
アイティメディアは、2018年9月26日に秋葉原UDXにおいて「AI/ディープラーニングビジネス活用セミナー ビジネス価値は、データに宿る」を開催した。本稿では、リクルートライフスタイルによるセッションは、「Tableau活用6年の軌跡〜組織定着と活用事例〜」の模様をお届けする。(2018/11/14)

AI、IoT、ロボットの導入で小売業はどう変わる?:
データを活用した「接客」の進化を目指すパルコが6年間で考えたこと、変えたこと
アイティメディアは、2018年9月26日に秋葉原UDXで「AI/ディープラーニングビジネス活用セミナー ビジネス価値は、データに宿る」を開催した。本稿では、パルコ 執行役 グループICT戦略室の林直孝氏による特別講演の内容をダイジェストで紹介する。(2018/10/30)

週末アキバ特価レポート:
DDR4 16GBキットが1.5万円切り――CFD PC DIYフェス連動で
CFD販売のユーザーイベントに連動して、今週末は複数ショップが関連アイテムの特価を用意している。CFDや玄人志向、GIGABYTE、Crucialなどに注目!(2018/10/27)

PCパーツメーカー10社がアキバに集結する「CFD PC DIY フェス 2018」 10月28日
CFD販売は、PCパーツメーカー10社が参加するイベント「CFD PC DIY フェス 2018」の開催を発表した。(2018/10/5)

「とらのあなVRリラクゼーション」が秋葉原で年内オープン VR空間で女の子からマッサージ
女の子との会話を楽しみながら施術を受けられます。現実世界でもんでいるのが男性だとしても。(2018/8/14)

劇場新作「コードギアス 復活のルルーシュ」2019年2月公開決定! 「R2」直接続編で、1本で完結
ついに発表。(2018/8/3)

今こそきのこ派が一致団結するとき……! 公式「きのたけ戦争」できのこ党が秋葉原で本気のイベントを決行【追記あり】
きのこ党の勝ちたい気持ちが本気だ……!(2018/7/9)

目指すは「FGOらしさを表現しつつ、アナログゲームとして面白いものを」。ボードゲーム「FGO Duel」を遊んできた
「マスター体験」をボードゲームで。(2018/6/13)

IPベンダーならではの出方:
ArmのAI戦略、見え始めたシナリオ
機械学習についてなかなか動きを見せなかったArmだが、モバイルやエッジデバイスで機械学習を利用する機運が高まっているという背景を受け、少しずつ戦略のシナリオを見せ始めている。(2018/3/23)

政府、アニメ「BEATLESS」とコラボ 心の隙を突く“アナログハック”に注意喚起
内閣サイバーセキュリティセンターが「BEATLESS」とコラボ。同作にはソーシャルエンジニアリングと近しい「アナログハック」という手法が登場する。(2018/1/17)

企業のデジタルトランスフォーメーションを支援:
レノボが日商エレと協業、Azure Stackによるハイブリッドクラウドを共同展開
レノボ・エンタープライズ・ソリューションズと日商エレクトロニクスが、ハイブリッドクラウド・ソリューション事業の拡大にむけて協業する。(2017/12/9)

AMDの勢いは止まらない! 「AMD FAN DAY FESTIVAL」は大盛況
AMDファンに向けたユーザーイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」が秋葉原UDXで行われ、会場は“元気なAMD”を歓迎するファンの熱気に包まれた。(2017/11/18)

週末アキバ特価リポート:
AMD FAN DAY FESTIVAL連動でRyzenの狙い目度がアップ
土曜日開催のAMDイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」の連動もあり、今週末はRyzen関連で狙い目の特価セールが目立っている。ストレージ特価とともに注目したい。(2017/11/18)

自腹切っても「楽しいから」……アキバで“流通”する仮想通貨「モナコイン」の謎
日本発の仮想通貨「モナコイン」が静かに広がっている。支えるコミュニティーの規模は「国内最大級」とも。モナコイン普及のため、100万円以上もの自腹を切る人まで現れた。(2017/11/13)

「Wake Up, Girls!」田中美海も出席! 「東京アニメセンター in DNPプラザ」が10月28日にリニューアルオープン
田中美海「世界に向けて『日本のアニメはすんごいんだぞ!』ともっともっと知ってもらえるように、私からも発信できるよう頑張りたいです」(2017/10/27)

ボタンを押すと4コマ漫画がベーッ レシート漫画配信システム「コミキャス」登場
イベントの売り子をするときなど、お客さんとの会話のきっかけに。現在無料で貸し出し中。(2017/10/25)

「東京アニメセンター」がリニューアルオープンへ 移転先は東京・市ヶ谷のDNPプラザ
7月19日に閉館していました。(2017/8/25)

「東京アニメセンター」7月19日で閉館へ
2006年のオープンから数え、11年の歴史に終止符が打たれることになります。(2017/6/16)

かーずSPのインターネット回顧録:
今なお語り継がれるキング・オブ・ヤンデレの貫禄 アニメ「School Days」伝説の“Nice boat.事件”からヤンデレブームを振り返る
オーバーフロー代表・メイザーズぬまきち氏にも当時を振り返ってもらいました。(2017/6/7)

製造業IoT:
PR:MECHATROLINK協会が3000社を突破、スマート工場化の波に乗り躍進
IoTなど先進技術を活用したスマートファクトリー実現に向けた取り組みが加速している。そのカギを握る産業用オープンネットワークで躍進する規格の1つが「MECHATROLINK(メカトロリンク)」である。MECHATROLINKを展開するMECHATROLINK協会では、2017年5月に3000社の加盟を突破し、さらなる拡大に取り組んでいる。(2017/5/24)

NVIDIA、Overwatch大会「GeForce CUP」を開催――賞金は総額60万円
NVIDIAは、FPSゲーム「Overwatch」の腕前を競うeスポーツトーナメント「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」の開催を発表した。(2017/5/15)

変わるオーディオイベント、“音源”とコラボした「OTOTEN 2017」
(2017/5/12)

ジャンプVRが秋葉原と鹿児島に降臨 「ワンピ」「ハイキュー!!」など人気作を特大空間で体験
ジャンプ系イベント以外での公開は初。(2017/3/30)

おかえりシェリル! 「マクロスF」シェリル・ノームの新曲「ゴ〜〜ジャス」、街頭ビジョンで公開
3月12日14時30分ごろ、都内数カ所の街頭ビジョンで上映されました。(2017/3/12)

マクロスFの銀河の妖精・シェリル・ノームが復活? 新宿・秋葉原で特別映像上映へ
3月12日14時30分に新宿・アルタビジョンと秋葉原UDXビジョンで上映。(2017/3/6)

SCSK Designers Forum 基調講演レポート:
PR:クルマのデザインだけではない、マツダのデザイナーの役割とは
自動車をはじめとする量産品において、初期のデザインの意図を製品づくりに関わる全ての人に理解してもらい、最終製品に反映させることは難しい。その難題を克服しているのがマツダだ。同社の「魂動デザイン」のクルマはなぜ高い評価を得られているのか。「第十三回 SCSK Designers Forum」における、マツダ デザイン本部 辻和洋氏の講演レポートをお届けする。(2017/2/13)

「アナログにコンバートしない」フルデジタルサウンドを車載で聞いてみたらすごかった──ポタフェス2016冬
(2016/12/18)

円安が気になる!? 「ポタフェス」会場で見つけたホットな新製品
東京・秋葉原で「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」が開幕した。国内外189のブランドを集めた国内最大級のオーディオイベントでは、多くの新製品がお披露目されている。しかし、会場では最近の円安傾向が輸入オーディオの販売価格を押しあげるという声も。(2016/12/17)

秋葉原で「ポタフェス」開幕、“極上の音”で「スクフェスAC」コーナー大人気
快晴の東京・秋葉原でポータブルオーディオの専門イベント「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」が開幕した。今回は会場を2カ所に分け、一方では従来にない新しい試みを行っているポタフェス。その効果は……絶大だった。(2016/12/17)

「ポタフェス」のステージはアニメファン的に超豪華――スクフェスACの“極上音楽体験”イベントも
「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」の各種イベントと特設ステージのタイムスケジュールなどが発表された。豪華なミニライブやトークショーに加え、PSVRやスクフェスACが体験できるコーナーも。(2016/12/16)

「B2Bhack.com」主宰 飯室淳史氏が講演:
「顧客中心」の組織作り、誰もやらないならマーケターがやるしかない
外資系医療機器メーカーのデジタルマーケティング責任者を長く務めた飯室淳史氏が「デジタル時代を勝ち抜くマーケティングと組織」を語った。(2016/12/15)

「銀魂」被害者の会!? 攻めすぎな展覧会「大銀魂展」で鳥山明、尾田栄一郎ら“パロディー被害者”からのクレーム展示も
どこまでも「銀魂」だ。(2016/12/12)

「ポタフェス2016 冬 in 東京/秋葉原」は12月17日と18日に開催――会場は2カ所に
e☆イヤホンは、12月17日(土)と18日(日)に開催する国内最大級のポータブルオーディオ体験展示会「ポータブルオーディオフェスティバル(ポタフェス)2016冬 in 東京/秋葉原」の概要を発表した。(2016/11/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。