ニュース
» 2019年05月15日 12時00分 公開

8K編集がすぐそこに:12万円台のDaVinch Resolve専用キーボードも登場 Blackmagic Designが8K対応製品を発表

5月9日、映像や編集機材、ソフトウェアを手がけるBlackmagic Designが新製品展示会を開き、8K対応の製品について日本での投入時期などを明らかにした。

[田中宏昌,ITmedia]

 撮影機材や動画編集ソフトなどを手がけるBlackmagic Designが、都内で新製品展示会を開催し、8K対応の製品を中心に順次出荷を開始すると発表した。

テーマは「8K」で専用キーボードも用意

 今回の展示会は、2019年4月にラスベガスで開催された放送機器展「NAB Show」に出展した8K対応の新製品を日本で披露するためのもの。メディアだけでなく、放送や映像関連の関係者が多数参加し、イベントは盛況だった。

 同社における2019年のテーマは「8K」だ。そのきっかけは、2017年に同社のグラント・ペティCEOが日本で開かれた展示会「Inter BEE」の会場で、NHKが展示していた8K映像のデモに心を動かされたり、商談の中での8Kに期待する声が多数聞かれたりしたことだという。

Blackmagic 2019年のテーマは「8K」だ
Blackmagic 今回発表された7つの製品。大半がTVや映画製作向けの業務用品だ

 動画編集ソフトの最新版となる「DaVinch Resolve 16」では、新機能を100以上備えた。中でもスピーディーな編集作業時に利用するカットページの追加や、NVIDIAと共同開発したニューラルエンジンを利用して、動態認識で不要な被写体を除去したり、スローモーション時にフレーム間を自動補完したり、顔認識による人物ごとのフォルダ分け機能などが加わった。

Blackmagic DaVinci Resolve 16ではカットページの追加や、フレーム間で足りない動きをAIが自動で補完してくれる

 DaVinci Resolve 16での編集作業に適した専用のメカニカルキーボード「Davinci Resolve Editor Keyboard」は、ダイヤル操作で高精度かつ素早い操作に加え、複数のキーを組み合わせたショートカット操作が不要になるなど、編集作業のさらなる効率化が可能になる。発売は7月の予定で、価格は税別11万3800円だ。

Blackmagic eスポーツ用のキーボードと同等のキースイッチを採用しており、耐久性にも十分配慮しているという
Blackmagic 編集用PCとしてマウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」シリーズのノートPCが多数利用されていた
Blackmagic Thunderbolt 3接続の外付けユニット「Blackmagic eGPU」の姿も

 なお、ここで紹介した製品の一部は、5月22日と23日に秋葉原UDXにて行われる「After NAB Tokyo 2019」のBlackmagic Design出展ブースに展示される予定だ。興味のある人は足を運んでほしい。

Blackmagic 8K動画の編集

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう