ニュース
» 2019年04月16日 18時00分 公開

サイバーリンクが「PowerDVD 19」発売 64bit化で8K動画にも対応

サイバーリンクの動画再生ソフトがバージョンアップ。プログラム本体の64bit化を果たし、8K動画の再生をサポート。最上位バージョンではウィンドウモードでのHDR(高ダイナミックレンジ)再生にも対応した。

[井上翔,ITmedia]

 サイバーリンクは4月16日、動画再生ソフト「PowerDVD 19」を発表。同日にダウンロード版の販売を開始した。4月24日にはパッケージ版の店頭販売も開始する。ダウンロード版の税別価格は4444円(Standard)〜1万926円(Ultraの新規ユーザー向け)。

PowerDVD 19 PowerDVD 19のパッケージ版(左からUltra、Pro、Standard

特徴

 PowerDVD 19は、シリーズでは初めてプログラム本体を64bitネイティブ化。より広いメモリ空間を使えるようになったことで、独自の高画質化技術「TrueTheater」の一部を4K(3840×2160ピクセル)動画に適用可能に。最上位の「Ultra」では8K(7680×4320ピクセル)動画の再生にも対応した。

 なお、32bit版プログラムも付属するが、64bitに依存する一部機能は非対応となる。

TrueTheater HDRTrueTheater Color 非HDR(高ダイナミックレンジ)コンテンツをHDR表示できる「TrueTheater HDR」(写真=左、Ultraのみ対応)や映像の鮮やかさや色合いを自動補正する「TrueTheater Color」(写真=右、全バージョン対応)と、映像の明るさを自動補正する「TrueTheater Lighting」(全バージョン対応)が4Kコンテンツでも利用可能に
8K動画 Ultraでは8K動画の再生にも対応

 ユーザーからのフィードバックを受けてユーザーインタフェース(UI)も改善。「TrueTheater」のオン/オフや画面の等倍表示をワンクリックでできるようになった。

UI改善 画面が等倍表示をワンクリックでできるように

 Ultraでは「Windows 10 HDR」によるウィンドウモードでのHDR再生をサポート(対応GPUを用いる必要あり)。同エディションではVRオーディオの再生やHEIF形式の静止画やアニメーションGIFの表示にも対応した。

ウィンドウHDR再生 Windows 10 HDRを使ってウィンドウ表示中のHDR再生も可能に(同機能に対応したIntel、AMD、NVIDIAのGPUが必要)

エディションと価格

 PowerDVD 19は、DVD-Video再生に対応したエントリー版「Standard」、Blu-ray Disc再生に対応した中位版「Pro」、Ultra HD Blu-ray Disc再生に対応しDTCP-IP対応のDLNAクライアント機能も備える最上位版「Ultra」と、Ultraのサブスクリプション(定期契約)版「Live」の4種類をラインアップしている。

 それぞれの(標準)販売価格は以下の通り。

ダウンロード版

 アップグレード版は、2バージョン前までのPowerDVDのライセンスを持っている場合に利用できる。

  • Standard:4444円(通常版のみ)
  • Pro:6667円(通常版のみ)
  • Ultra:1万926円(通常版)/9074円(アップグレード版)
  • Live:1680円(3カ月契約)/4980円(12カ月契約)

パッケージ版

 「乗換え・アップグレード版」は、過去のPowerDVDを含むサイバーリンク製品(OEM版を含む)や他社の動画再生ソフト(OS付属のもの、フリーソフトウェア、体験版を除く)を所有していれば誰でも利用できる。「アカデミック版」は、児童、生徒、学生や教職員と、学校教育法に定める教育機関、各種職業訓練学校、大学共同利用機関法人に勤務している人が対象となる。

  • Standard:4500円(通常版のみ)
  • Pro:6800円(通常版)/5000円(乗換え・アップグレード版)
  • Ultra:1万2000円(通常版)/1万円(乗換え・アップグレード版)/8500円(アカデミック版)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう