ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハイブリッド」最新記事一覧

映画「ジャスティス・リーグ」とコラボしたiPhone向けハイブリッドケースが登場
坂本ラヂヲは、11月23日に公開される映画「ジャスティス・リーグ」とコラボレーションしたハイブリッドケースを発売。iPhone X用、iPhone 8/7用の2モデルをラインアップする。(2017/11/22)

UNiCASE、iPhone X対応ハイブリッドケースを発売
UNiCASEは、11月下旬にiPhone X向け保護ケース「HYBRID SLIM CASE for iPhoneX」を発売する。ポリカーボネイトの背面パネルと丈夫なTPU素材を組み合わせたハイブリッドタイプで、端末の外観を損なわずに保護する。(2017/11/22)

プライベートクラウドで主流になるのは?
VMwareとOpenStackの比較バトル、焦点はハイブリッドクラウドへ
VMwareのハイブリッドクラウド戦略が進化している。一方OpenStackは充実したサービスラインアップを生み出し続けている。そのため、この2つのプラットフォームの比較論争が再び白熱する。(2017/11/13)

ハイパーコンバージドの統合管理をクラウドに拡大
パブリッククラウド利用で負荷激増? ハイブリッド環境を救う技術とは
パブリッククラウドとオンプレミスのシステムを合わせて利用するハイブリッド環境が一般化する中で、その管理負荷の増大が問題となっている。解決の鍵を探る。(2017/11/9)

ワイヤレスとバランス接続がこれ1つ――ハイブリッド型ドライバー搭載のAR「AR-E10」
フロンティアファクトリーは、米Acoustic Reseachのハイレゾ対応イヤフォン「AR-E10」を11月24日に発売する。さまざまな使い方ができる多彩なケーブルが同梱される。(2017/11/2)

東京モーターショー 2017:
48Vマイルドハイブリッド車を四輪駆動にする「eHUB」、後輪側のブレーキ回生も
NTNは、「第45回東京モーターショー 2017」において、48Vマイルドハイブリッドシステムに対応するモータージェネレーター機能付きのハブベアリング「eHUB」を展示した。(2017/11/2)

医療機器ニュース:
ワイヤレス通信対応の補聴器開発を容易にする開発ツールキット
米オン・セミコンダクターは、補聴器の開発を支援する開発ツールキット「Ezairo Pre Suite」を発表した。最初の対応製品として、ワイヤレス通信対応のハイブリッドモジュール「Ezairo 7150 SL」をサポートした。(2017/11/1)

オンプレミスと同様の管理性を確保するには
ハイブリッドクラウドの運用負荷軽減は、ネットワーク全体の可視化が鍵
ICTシステムのハイブリッド化を進める企業が増えているが、システムの複雑化で運用負荷が増え、トラブル対応に時間がかかってしまうという課題もある。解決法を探る。(2017/10/26)

NEC、ベクトルプロセッサとx86プロセッサのハイブリッドスパコン「SX-Aurora TSUBASA」を発売
NECのベクトル型スーパーコンピュータの最新機種「SX-Aurora TSUBASA」が発表された。ベクトルプロセッサとメモリを搭載したPCIeカード形状の「ベクトルエンジン(VE)」を搭載する。(2017/10/27)

Google Cloud Platform、Kubernetes、Istio、Apigee:
CiscoとGoogleが提携、ハイブリッドクラウドソリューションの提供を発表
Cisco SystemsとGoogleは共同で、顧客がクラウドおよびオンプレミス環境への投資を最大限に活用できるよう支援するハイブリッドクラウドソリューションを提供する。(2017/10/27)

2021年には市場規模が208億円に:
「シャドーIT」やハイブリッド環境にはクラウドセキュリティが有効――IDC Japan、国内クラウドセキュリティ市場予測を発表
IDC Japanは、国内クラウドセキュリティ市場の2017〜2021年の予測を発表した。クラウドシングルサインオンやマルウェア対策への需要は引き続き高いと見られ、同市場は、今後5年間でおよそ20%の成長を見込む。(2017/10/24)

車両デザイン:
トヨタのLPGハイブリッドの新型タクシー発売、東京だけで1万台の需要見込む
トヨタ自動車は、タクシー専用の新型車「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発売した。1995年に「コンフォート/クラウン コンフォート」をタクシー専用車として投入して以来、22年ぶりの新型タクシーとなる。(2017/10/24)

開発サイクルを高速化するために:
PR:Azure Stackとクラウドネイティブ、「儲けるためのIT」を冷静に考える人の選択肢とは
「攻めのIT」あるいは「儲けるためのIT」では、パブリッククラウドを使いさえすればいい――。そうしたイメージを抱きがちだが、本当のところはどうなのか。Azure Stackやクラウドネイティブアプリケーションを冷静に考えると、自社のビジネスに貢献するハイブリッドクラウドが見えてくる。(2017/10/23)

100%オンライン販売:
電動車を“定額課金”方式で販売へ ボルボ傘下のポールスター
Volvo(ボルボ)傘下の高性能ブランドPolestar(ポールスター)は、高性能ハイブリッド車(HV)「Polestar 1」を2019年半ばに発売する。(2017/10/20)

Microsoftの「Surface Book 2」、13インチは日本で11月16日発売
Microsoftが「MacBook Pro」対抗で2年前に発売した「Surface Book」の新モデル「Surface Book 2」を発表した。先代同様脱着式のハイブリッド端末で、新たに15インチモデルが加わった。13.5インチモデルのみ日本でも11月16日に発売する。価格は税込み20万664円から。(2017/10/18)

熱伝導率130W/m・Kを実現:
パワーモジュール用高熱伝導窒化ケイ素基板開発
日立金属は2017年10月、電気自動車やハイブリッド自動車、産業機器などに搭載されるパワーモジュール向けの高熱伝導窒化ケイ素基板を開発した。高い熱伝導率と機械的特性を両立している。(2017/10/18)

VMwareやRed Hatとも連携
AWSでハイブリッドクラウドを構築するための、9つの開発手法
多くの企業がハイブリッドクラウドを目標とするが、その実現には課題が伴う。AWSは、オンプレミスとオフプレミスでアプリケーションを構築するためのハイブリッドクラウドツールを提供している。(2017/10/18)

坂本ラヂヲ、強化ガラスとTPUを組み合わせたiPhone X/8用ハイブリッドケースを発売
坂本ラヂヲは、11月3日にiPhone X/8用ガラスハイブリッドケースを発売。背面に高硬度で透明度の高い強化ガラスを、側面にはクッション性に優れたTPUを組み合わせて端末を保護する。(2017/10/17)

なぜストレージ変更でコストが下がるのか
SANをハイブリッドフラッシュに置き換えて年1140万円のコストを削減
HDSのSANストレージをTintriのハイブリッドフラッシュにリプレースすることで、年間で約1140万円のコストを削減したという。コストが下がった要因とは?(2017/10/17)

地デジ番組も4K画質に メ〜テレなど5局、通信併用で
名古屋テレビ放送など中部ブロックのテレビ朝日系列5局がハイブリッドキャストを活用して地上デジタル放送と連動した4K動画配信を一斉に実施する。複数局による放送連動4K配信は民放初の試み。(2017/10/11)

企業がやりたいのはIT運用変革:
PR:ハイパーコンバージドよりもハイブリッドクラウドを導入すべき理由
世の中のほぼ全ての企業が、ハイブリッドクラウドを考えている。一方で、さまざまなベンダーの唱えるハイブリッドクラウドソリューションを、「部分的な解決策にしかならない」あるいは「『帯に短し、たすきに長し』だ」と感じている人もまた、多いはずだ。Dell EMCのハイブリッドクラウドソリューションは、企業が本当にやりたいことに焦点を当てている点が、他とは根本的に異なる。(2017/10/11)

東京モーターショー 2017:
WEC仕込みのハイブリッドFRスポーツカー、次世代TNGAのクロスオーバー車も初披露
トヨタ自動車は、「第45回東京モーターショー 2017」において、ハイブリッドスポーツカーや、バンとSUVのクロスオーバー車を世界初公開する。(2017/10/10)

Spigen、Xperia XZ1用ケース「ウルトラ・ハイブリッド」「ラギッド・アーマー」販売開始
Spigenは、クリアなハイブリッドケース「ウルトラ・ハイブリッド」と耐衝撃ケース「ラギッド・アーマー」のXperia XZ1用を販売開始した。(2017/10/6)

東京モーターショー 2017:
トヨタ「センチュリー」が全面改良で大型化、HVでクラストップの燃費達成も
トヨタ自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において2018年半ばに発売する「センチュリー」の新モデルを初披露する。ハイブリッドシステムや衝突回避支援システムなど最新技術を取り入れる。(2017/10/6)

V12エンジンは廃止:
トヨタ、新型「センチュリー」発表 V8ハイブリッド採用
トヨタは、高級セダン「センチュリー」の3代目となる新型を2018年の年央に発売すると発表した。(2017/10/5)

FAニュース:
エッジコンピューティング対応産業用コントローラーのハイブリッドモデル
日立産機システムは、IoT対応産業用コントローラー「HXハイブリッド」を発表した。エッジコンピューティングに対応し、IoTによって得られる現場情報の分析/解析結果をリアルタイムでシステム制御に活用できる。(2017/10/5)

AD FSを使ったSaaSとのSSO環境構築(1):
SaaS導入で考えるべき2つのこと、「AD FS」で実現するハイブリッドID管理のメリットとは
業務で活用が増えている「SaaS」。そのまま使うのではなく、ID管理システムと連携することで、ユーザーの利便性は上がり、システム管理者は運用管理が容易になる。本連載では、AD FSを使ったSaaSとのシングルサインオン環境の構築方法を説明する。(2017/10/12)

まずAWSに対応:
Mirantisのプラットフォーム製品が、ハイブリッドでKubernetes環境を提供
Mirantisは2017年9月26日(米国時間)、OpenStackをベースとしたプラットフォーム製品「Mirantis Cloud Platform(MCP)」で、コンテナ関連機能「MCP CaaS」を発表した。ソフトウェア開発者は、MirantisのOpenStackに加え、Amazon Web Services(AWS)上にKubernetesクラスタをセルフサービスで構築、利用できる。(2017/9/29)

トヨタ、米でHV基幹部品 現地化加速でコスト削減 20年から生産
トヨタ自動車は27日、2020年から米国でハイブリッド車の基幹部品の生産を始めると発表した。(2017/9/28)

日立産機システム HXハイブリッド:
制御と情報処理プログラムを同時利用できるハイブリッド型産業用コントローラー
日立産機システムは、IoT対応産業用コントローラーのミドルレンジ機である「HXシリーズ」のラインアップに、エッジコンピューティングに対応したHXシリーズのハイブリッドモデル「HXハイブリッド」を新たに追加した。(2017/9/28)

新Chromebook「Pixelbook」は1199ドルからで別売スタイラスあり──Droid Lifeがリーク
Googleの10月4日のイベントで発表される見込みの新Chromebookは「Pixelbook」という名称のハイブリッドモデルで、価格は約13万円から。99ドルの別売スタイラスも用意されるという。(2017/9/20)

Lightning接続、ハイブリッド型、そしてアクティブNC――盛りだくさんなイヤフォンが1MOREから登場
e☆イヤホンは、“1MORE”ブランドのiOSデバイス向けイヤフォン「E1004」を9月22日に発売する。同ブランド初のアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したLightning接続のカナル型イヤフォンだ。(2017/9/19)

謎肉の正体は「大豆」!? 日清カップヌードル最大の秘密があっさり明らかに 近未来ハイブリッドミートってなに?
コラボWeb漫画「名探偵コナン犯人の犯沢さん〜謎肉の正体〜」で明かされました。(2017/9/18)

新連載・冴えるクラウドファンディングの育てかた:
「クラウドファンディングで日本一に」──社員わずか20人、和歌山発・乗り物ベンチャーの挑戦
日本のクラウドファンディングで、最も資金を集めた“ハイブリッドバイク”を知っていますか。(2017/9/18)

基幹業務のSoRはどこまでクラウド化できるのか(終):
レガシーシステムのモダナイゼーションとマイグレーションはどうあるべきなのか
基幹業務がメインフレーム上で稼働している企業は多くあり、レガシーシステムとクラウドを組み合わせた「ハイブリッドIT」の実現が必要です。今回は、その課題と対応について考察します。(2017/9/11)

CEATEC 2017 開催直前情報:
豊富なコンデンサー群でIoTを支える、日本ケミコン
日本ケミコンは2017年10月3〜6日に開催される「CEATEC JAPAN 2017」(千葉・幕張メッセ)で、「あらゆるシーンでIoT(モノのインターネット)を支える信頼のブランド」というテーマの下、主力製品のアルミ電解コンデンサーや、自動車向けに採用が伸びている導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサーなどを展示する。(2017/9/6)

日本食研HD、仮想化専用ストレージ「Tintri VMstore」でVDI基盤を刷新、運用効率が3倍アップ
日本食研ホールディングスは、全社のビジネスを支える仮想デスクトップ環境(VDI)の性能改善と運用効率化を目指し、Tintriのハイブリッド型ストレージ「Tintri VMstore T850」を導入した。(2017/9/4)

ターンキー型製品群を強化:
Dell EMC、HCIとハイブリッドクラウド基盤の新ラインアップを発表
Dell EMCがハイパーコンバージドインフラ(HCI)とハイブリッドクラウドプラットフォームの新ラインアップを発表。ターンキー型ソリューションと柔軟性のある「自律型レディシステム」のためのポートフォリオを拡充させた。(2017/8/30)

三菱日立パワーシステムズ 加圧型複合発電システム:
都市ガスを効率利用、燃料電池×ガスタービンの複合発電機を販売へ
三菱日立パワーシステムズは、業務・産業用に開発した固体酸化物形燃料電池(SOFC)とマイクロガスタービン(MGT)の組み合わせによる加圧型複合発電システム(ハイブリッドシステム)の販売を開始した。(2017/8/24)

大胆なイノベーションを起こすために
デジタルトランスフォーメーションのメリットを最大限に享受する方法
DXのメリットを素早く、かつ継続して享受するためにはどうすればよいのだろうか。ハイブリッドITの活用方法からその未来を見る。(2017/8/23)

ストレージを取り巻く最新技術トレンド
性能が全てではない、ハイブリッドIT時代に求められるオールフラッシュの要件
クラウドとIoTという2つの潮流によって、企業ITの在り方は大きく変容しつつある。それはストレージ環境についても同様だ。最新ストレージ技術のトレンドを追う。(2017/8/23)

アナログ回路設計講座(13):
PR:バッテリ管理システムでのシンプルな温度モニター
電気自動車やハイブリッド車に搭載されるリチウムイオンバッテリは効率的な動作、長いバッテリ寿命を保つために、バッテリセルの監視が不可欠であり、その際、セルの温度もモニタリングしなければなりません。そこで、今回はシンプルな温度モニター回路を紹介します。(2017/8/29)

エコシステムはいまだ発展途上
なかなか自動化しないSDN管理、ハイブリッドクラウドで使えるのはまだ先?
SDNはハイブリッドクラウド型の企業ネットワークを最適化する可能性がある。だがこのテクノロジーやこれを取り巻くエコシステムは、依然として未成熟だ。(2017/8/8)

Hamee、iPhone 7向け耐衝撃ケースを発売 3種の素材で保護
Hameeは、8月3日に耐衝撃ケース「iPhone 7専用 humor(ユーモア) 耐衝撃ハイブリッドケース」を発売。TPUとポリカーボネートを使用したハイブリッド構造で、内側にも衝撃を吸収するTPEを採用している。(2017/8/3)

電池管理IC、双方向DC-DC:
車載電子機器の市場トレンドと求められる電源IC
ハイブリッド車や電気自動車をはじめとして自動車でのバッテリー搭載が進んでいます。また、自動車の電源電圧の48V化も進みつつあります。そうした自動車市場のトレンドを見ながら、どのようなバッテリーマネジメントICや電源ICが求められているのか考察していきます。(2017/8/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スイフトに追加された驚異のハイブリッド
わずか半年という期間でスズキは主力小型車であるスイフトの新モデルを追加した。これが飛躍的な向上を見せていることに驚きを隠せずにはいられない。(2017/7/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
古くて新しい、JR東日本の「新型電気式気動車」
JR東日本は世界で初めて鉄道車両に営業用ハイブリッド方式を採用した。しかし、2018年から非電化ローカル線に導入する車両は「電気式気動車」だ。この方式は戦前からある。なぜハイブリッド方式ではなく電気式気動車を選んだか。そこにエネルギー技術の理想と現実が見える。(2017/7/21)

問われるSSDのみか、HDDとの組み合わせか
オールフラッシュ vs. ハイブリッド、ハイパーコンバージドで採用するなら?
オールフラッシュ構成のHCIシステムはITインフラのパフォーマンス向上をもたらす。ただしIT部門はストレージの管理および分析ツールを刷新する必要がある。(2017/7/20)

日本初! ヤギ×ヒツジのハイブリッドな赤ちゃんが大阪の牧場テーマパークで誕生
はじめましてー。(2017/7/19)

ストロングハイブリッド:
スズキ、「スイフト」にEV走行可能なハイブリッドモデル
スズキの新型「スイフト」に、EV(電気自動車)走行も可能なハイブリッド車が加わった。(2017/7/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。