ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バランスド・アーマチュア」最新記事一覧

ポタ研に登場:
フラットな「ER4SR」、低域を強調した「ER4XR」――米エティモティックから2つのイヤフォン新製品
完実電気は、米Etymotic Research(エティモティックリサーチ)のイヤフォン新製品2機種を8月4日に発売する。ロングセラー「ER4シリーズ」の新製品。(2016/7/29)

夏休みの工作に! 親子で参加できるイヤフォン組み立て体験
finalブランドのイヤフォンを展開するJは、7月30日に「自作イヤフォンで音のチューニングを楽しもう!〜イヤフォン組立体験〜」を「ヨドバシカメラ マルチメディアさいたま新都心駅前店」で開催する。(2016/7/19)

ポタフェス2016 in 東京・秋葉原:
オンキヨー、初のハイブリッド型イヤフォンと完全独立型ワイヤレスイヤフォンを秋に発売――「KIRIヘッドフォン」も進化中
オンキヨーブースでは、日本初公開のカナル型イヤフォン「E900M」とワイヤレスイヤフォン「W800BT」を参考展示しています。(2016/7/16)

注目のイヤフォン新製品が続々――「ポタフェス2016 in 東京・秋葉原」開幕
7月16日(土)と17日(日)の2日間にわたり、東京・秋葉原の「ペルサール秋葉原」で開催される「ポタフェス2016 in 東京・秋葉原」。初日16日の秋葉原は強い日差しもなく、気温は27度までしか上がらない、ちょうどいい天気です。(2016/7/16)

スリムすぎるイヤフォン「Fシリーズ」登場――BAフルレンジにこだわるfinalの自信作
「final」(ファイナル)ブランドから新しいカナル型イヤフォン「Fシリーズ」3機種が登場。バランスド・アーマチュア型ドライバーをフルレンジで使用することにこだわりを持つ同社が送り出す、スリムなイヤフォンだ。(2016/7/15)

ポタフェスで試聴:
3つの“AKG史上初”を持つハイブリッド型イヤフォン「N40」登場
AKGブランドからハイブリッド型イヤフォン「N40」が登場する。フラグシップモデル「K3003」から多くの要素を継承しつつ、ハイレゾマーク、着脱式ケーブル、耳掛け式ケーブルという「3つのAKG史上初」を備えた。そして……。(2016/7/14)

暑い大阪に“熱い空間”が出現――「第9回ポタフェス2016 in 大阪」に行ってきた
7月3日に「第9回ポータブルオーディオフェスティバル2016 in 大阪」(ポタフェス)が開催された。第1回以来となる“フルサイズ”のポタフェスが帰ってくるということもあり、暑さの中でも会場は多くのオーディオファンで賑わった。(2016/7/4)

米WestoneのカスタムIEM「ES60/ES50」が2万円オフ! 円高還元特価キャンペーンを実施
テックウインドは、米WestoneのカスタムIEM(インイヤー・モニター)「ESシリーズ」の上位モデル「ES60」と「ES50」が2万円引きとなる”円高還元特価キャンペーン”を実施する。(2016/6/29)

クリプシュ創立70周年、人気のイヤフォン「X10」が特別プライスパッケージに
フロンティアファクトリーは、米Klipsch(クリプシュ)の創立70周年を記念して、人気のイヤフォン「X10」を数量限定の記念プライスパッケージとして販売する。(2016/6/24)

Unique Melody、「MAVIS」のカスタムIEM版を発売――ダイナミック型2基の4ドライバー構成
ミックスウェーブは、米Unique Melodyと同社が共同開発したカスタムIEM(インイヤーモニター)「MAVIS」(メイビス)を発売する。低域再生のために2基のダイナミック型ドライバー、中域、高域にそれぞれ1基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載。(2016/5/20)

アユート、JH Audioのユニバーサルモデル「ROSIE」を発売
アユートは、Astell&KernとJerry Harvey Audioのコラボレーション製品としてカナル型イヤフォン「ROSIE」(ロージー)を発表した。5月27日から同社直販サイトや家電量販店で販売する。(2016/5/20)

カナルワークスのカスタムIEM、埼玉県所沢市のふるさと納税お礼品になる
カナルワークスのカスタムインイヤーモニター(カスタムIEM)が、同社の地元である埼玉県所沢市のふるさと納税お礼品に採用された。シングルドライバーモデルから3Way6ドライバーモデルまで3機種をラインアップ。(2016/5/19)

春のヘッドフォン祭2016:
驚きの6ドライバー機も――「春のヘッドフォン祭2016」で見つけた注目のハイブリッド型イヤフォン
低域の量感を出しやすいダイナミック型ドライバーと中高域に強いバランスド・アーマチュア型ドライバー。その両方のメリットが享受できるハイブリッド型のイヤフォンが増えている。(2016/5/2)

e☆イヤホン、1more(ワンモア)ブランドのハイブリッド型イヤフォンなど3機種を国内独占販売
e☆イヤホンは、「ハイコストパフォーマンスイヤホンシリーズ独占販売第2弾!」(同社)として、「1more」(ワンモア)ブランドのイヤフォンを4月16日に発売する。ハイレゾ対応のハイブリッド型を含む3機種だ。(2016/4/15)

e☆イヤホン、気鋭のイヤフォンブランド「オリベッティ」取扱開始――ハイブリッド型の「プリマシー」を独占先行販売
タイムマシンは4月8日、“ORIVETI”(オリベッティ)ブランドのカナル型イヤフォン「PRIMACY(Japan Ltd)」(プリマシー)を発表した。e☆イヤホン各店およびWeb店舗で独占先行販売する。(2016/4/8)

Astell&KernとJH AudioのコラボIEMが進化――メタルボディー採用の「LaylaII」「RoxanneII」「AngieII」登場
Astell&KernとJH AudioのコラボIEM(インイヤーモニター)3機種がリニューアル。不要な振動を抑えるメタルボディーを採用した。(2016/3/29)

finalの「イヤフォン組立体験」、人気の真ちゅう製小型BAモデルがついにファイナル
finalの人気企画「自作イヤホンで音のチューニングを楽しもう!〜イヤホン組立体験〜」が3月26日(土)にヨドバシカメラの新宿西口店で開催される。(2016/3/9)

第7回ポタフェス:
世界最小クラスのBluetoothイヤフォン「EARIN」に触ってみた
スウェーデンからやってきた世界最小クラスのBluetoothイヤフォン「EARIN」。そのサイズにくわえ、バランスド・アーマチュア型ドライバーを採用した点もユニークだ。(2015/12/19)

ロックファン注目:
「ポタフェス」開幕――“イヤモニの神様”が世界に先駆けてユニバーサルタイプ4製品をお披露目
「ベルサール秋葉原」で「第七回ポータブルオーディオフェスティバル2015」(ポタフェス)が開幕した。オープニングを飾ったのは、米JH AudioのJerry Harvey氏だ。(2015/12/19)

ポタフェスで聴ける:
耳を大切にする人のカスタムイヤモニ、米64 AUDIO「ADEL A-Series」の仕組み
米64 AUDIOの「ADEL A-Series」は、人間の鼓膜にかかる有害な音圧を外に逃がす仕組みを持った耳に優しいカスタムIEM(インイヤーモニター)だ。12月19日に「ポタフェス」でお披露目される。(2015/12/18)

ポタフェスで聴ける:
名機「Triple.Fi 10」を再設計、日本限定1000台だけの「Tri-Fi」発売
Ultimate Ears、JH Audioという2大カスタムIEMブランドを立ち上げたJerry Harvey氏が、「Triple.Fi 10」の開発10周年を機に最新技術を駆使して作り上げたスペシャルモデル登場。(2015/12/17)

MMCX端子/リケーブル対応!:
エレコム、初のハイブリッドドライバー搭載のハイレゾ対応イヤフォンを発売
エレコムは、BA型とダイナミック型のハイブリッドドライバーを採用したハイレゾ対応カナル型イヤフォン「EHP-R/HH1000A」シリーズを2016年1月中旬に発売する。(2015/12/16)

米Cypher LabsからBA型ドライバー3基搭載のIEM「C6iem V2」が登場
ミックスウェーブは、米Cypher Labsの「C6iem V2」を12月15日に発売する。これまでポータブル用のDACやアンプを販売してきたCypher Labsが送り出した、初めてのIEM(インイヤー・モニター)だ。(2015/12/11)

ふるさと納税でカスタムIEMをゲット!?――オンキヨー「IE-C1/C2/C3」が鳥取県倉吉市の「ふるさと納税贈呈品」に
オンキヨーブランドのカスタムインイヤーモニター「IE-C1/C2/C3」が鳥取県倉吉市の「ふるさと納税贈呈品」に採用された。(2015/11/4)

秋のヘッドフォン祭2015:
FitEar初のハイブリッド型カスタムイヤモニ「Air」はこうして生まれた
須山歯研から初のバランスド・アーマチュア型ドライバーとダイナミックドライバーをハイブリッドで搭載するカスタムイヤーモニター「FitEar Air」が登場。「秋のヘッドフォン祭2015」会場で開発経緯を語った。(2015/10/25)

秋のヘッドフォン祭2015:
「秋のヘッドフォン祭2015」が開幕――220を超えるブランドの製品が物欲を刺激する
10月24日に東京・中野の「中野サンプラザ」で「秋のヘッドフォン祭2015」が開幕。発売を控える各社新製品はもちろん、あの名機まで登場。オーディオファンなら絶対楽しめる!(2015/10/24)

きっかけは“変なもの”:
古い技術を使った新しいアプローチ――世界初のコンデンサー型イヤフォン、シュア「KSE1500」が生まれるまで
シュアは10月22日、世界初となるポータブルタイプのコンデンサー型イヤフォンシステム「KSE1500」を発表した。開発と市場調査におよそ8年間を費やしたという力作だ。その開発経緯とは?(2015/10/22)

「秋のヘッドフォン祭 2015」に出展:
クリプシュ、カナル型イヤフォン「Xシリーズ」を刷新し11月中旬に発売――ハイレゾ対応「X20i」など4機種
フロンティアファクトリーは、米Klipsch(クリプシュ)のカナル型イヤフォンの新Xシリーズ4製品を発表した。価格は2万7800円前後(税別)から。(2015/10/22)

日本初上陸のhoomia製:
ダイナミック型とBA型のハイブリッドドライバ搭載――「マイク付き 高音質カナル型イヤホン」
上海問屋が、8ミリダイナミック型とバランスドアーマチュア型のドライバを搭載した、ハイブリッドのカナル型イヤホンを発売した。価格は9499円。(2015/9/18)

Unique Melodyからハイブリッド型の新作ユニバーサルイヤフォン――「MAVIS」と「MACBETH」国内限定販売
ミックスウェーブは、米Unique Melody(ユニークメロディー)のユニバーサルタイプイヤフォン2機種を発表した。いずれもダイナミック型ドライバーとバランスド・アーマチュア型ドライバーを組み合わせたハイブリッドタイプだ。(2015/9/11)

ケーブルは4芯:
ソニー、トリプルBAドライバー搭載の新フラグシップイヤフォン「XBA-300」
ソニーは、3基のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したカナル型イヤフォン「XBA-300」を発表した。「XBA-40」の後継となるBAイヤフォンのフラグシップモデルだ。(2015/9/8)

オープン記念キャンペーンも実施:
オンキヨー、カスタムIEMのダイレクトショップ2号店を大阪にオープン
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは8月26日、カスタムインイヤーモニター「IE-C1/C2/C3」を注文・耳型採取できるダイレクトショップを大阪市・中央区北浜にオープンした。(2015/8/26)

フルアクリル製のスケルトンタイプ:
テックウインド、WestoneのカスタムIEMエントリーモデル「Sシリーズ」を発売
テックウインドは、米Westone Laboratories, IncのカスタムインIEMエントリーモデル「Sシリーズ」を国内で販売する。(2015/8/20)

実はマニアック:
ありそうでなかったものを――新しいデザイン家電ブランド「UPQ」のAV機器をチェック
8月6日に新ブランド「UPQ」(アップ・キュー)を立ち上げたUPQ。第1弾としてリリースした7カテゴリー17種のプロダクトには、低価格の50インチ4Kディスプレイをはじめ、「ありそうでなかった」AV機器が含まれている。(2015/8/7)

ミックスウェーブ、米1964EARSのユニバーサルタイプ「1964-V6 Universal Fit」を発売
ミックスウェーブは、米1964EARSのユニバーサルタイプイヤフォン「1964-V6 Universal Fit」を数量限定で販売する。6基のBA型ドライバーを搭載。(2015/7/8)

シェルにクリアカラー4色追加:
カナルワークス、ダンスミュージックやヒップホップに最適な重低音再生モデル「CW-L33BB」
カナルワークスは、ダンスミュージックやヒップホップのリスニングに適した重低音再生モデル「CW-L33BB」を発表した。耳型を採取して作るカスタムイヤフォンだ。(2015/6/19)

コンセプトは装着性と短納期:
オンキヨーから初のカスタムIEMが登場――遮音性を3段階で選択可能
オンキヨーブランドから初のカスタムIEM(インイヤー・モニター)3機種が登場する。イヤフォン開発で協業しているシーメンスの技術と販路を活かし、これまでのカスタムIEMで課題とされてきた装着感や納期といった部分にメスを入れた。(2015/6/16)

高品質、短納期を実現する「Made in Japan」:
オンキヨー、BAドライバー搭載カスタムインイヤーモニター3機種を発売「IE-C1」「IE-C2」「IE-C3」
オンキヨーからカスタムインイヤーモニター3機種が7月17日に発売される。価格はすべてオープン、同社直販での発売記念キャンペーン価格は4万9800円(税別)から。(2015/6/16)

透明感と広がりのあるサウンドを再現:
エレコム、カナル型イヤフォン4シリーズを発表――米Knowles製BAドライバーなどを採用
エレコムは、カナル型イヤフォン4シリーズを発表した。ダイナミック型ユニット採用モデルの価格は8870円から、BAユニット採用モデルは2万4900円から(いずれも税別)。発売は6月下旬の予定だ。(2015/6/2)

サエク、独自ドライバー搭載のダイナミックモーション上位モデル「DM100」を発売
サエクコマースは、DynamicMotion(ダイナミックモーション)製イヤフォンの新製品「DM100」を6月6日に発売する。(2015/6/1)

はんだ付けも:
Final Audio、「ポタフェスLimited in大阪」でMMCX端子を搭載するBA型イヤフォンの組立教室を実施
Final Audio Designは、MMCX端子を搭載するBA型イヤフォンの組立教室を「ポタフェスLimited in大阪」で開催する。(2015/5/21)

ALO audioのCEOが立ち上げたイヤフォンブランド「キャンプファイヤーオーディオ」、日本上陸
ミックスウェーブは、米国ポートランドに本拠を置く「Campfire Audio」製品の取扱を開始する。ケーブルやヘッドフォンアンプで知られる米ALO audioのCEO、Ken Ball氏が立ち上げたイヤフォン/ヘッドフォンのブランドだ。(2015/5/15)

定番モデルにインライン型マイク/リモコン追加:
クリエイティブ、BAドライバー搭載カナル型イヤフォン2機種「Aurvana In-Ear3 Plus/2 Plus」発表
クリエイティブメディアは、マイク/リモコンを追加したBAドライバー搭載カナル型イヤフォン2機種「Aurvana In-Ear3 Plus/2 Plus」を直販サイト限定で5月中旬に発売する。価格はオープンで1万800円(税別)から。(2015/5/13)

至高のオーディオを目指す新ブランド:
サイラス、オーディオブランド「Oriolus」立上げ――第1弾はカナル型4ウェイイヤフォン
サイラスは、新オーディオブランド「Oriolus」(オリオラス)を立ち上げる。第1弾はカナル型イヤフォン「Oriolus」で、価格はオープン、予想実売価格10万8000円(税込)前後。発売は5月16日の予定だ。(2015/5/12)

ソニーエンジニアリング、「Just ear」ブランドでカスタムIEMを発売
ソニーエンジニアリングは、オリジナルブランド「Just ear」の第1弾製品として、カスタムIEM「XJE-MH1/MH2」を発売する。(2015/4/23)

先行販売は各5台限定:
アユート、Astell&KernとJH Audioのコラボイヤフォン「Layla」「Angie」国内正式発表、先行販売も開始
Astell&KernとJH Audioとのコラボ製品「Layla」(レイラ)、および「Angie」(アンジー)の国内販売が正式に発表された。同社では各モデル5台限定でモニター販売も行う。(2015/1/21)

2015 CES:
“ハンドジェスチャー”で曲の再生操作ができるセンサー内蔵イヤフォン、JBL「S210BT」登場
JBLブランドの新しいBluetoothイヤフォン「S210BT」シリーズは、本体に内蔵するセンサーで“手の動き”を捉え、ボタン操作の代わりにジェスチャーで楽曲操作が行えるユニークな製品だ。(2015/1/9)

第6回ポタフェス:
「こんなの、どうでしょう」――ポタフェスで見つけた参考展示
ポタフェスは、ポータブルオーディオファンのお祭りであるとともに、メーカーがユーザーに対して「こんなの作ってみたけど、どうでしょう?」と製品化前の市場調査を行う場にもなっている。今回はそんな参考展示の製品を中心にピックアップ。(2014/12/22)

三日月みたいになりました:
補聴器メーカーが本気でイヤフォンを作ったら? 米BlueGearの「CS-2」をzionoteが限定販売
zionoteは、米国の補聴器/イヤフォンブランド、BlueGearの製品を2015年から取り扱うと発表した。第1弾として、1月にカナル型イヤフォン「CS-2」を投入する。(2014/12/19)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
黄金色の超個性派イヤフォン「Heaven VIII」が奏でるリアルな音
ファイナルオーディオデザインの「Heavenシリーズ」に新たなフラグシップが登場した。金属筐体の作り方を大きく変えるなど、新境地を開拓した新モデルをじっくりと聴いてみよう。(2014/12/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。