ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハイレゾリューション」最新記事一覧

PR:家中が本格的なオーディオルームに!?――ヤマハ「WX-010」と「RX-A2060」で分かった「MusicCast」の実力
ヤマハの「MusicCast」は、ハイレゾ音源の配信まで対応する独自のネットワークオーディオ技術だ。しかも、オーディオファンの潜在的なニーズをくみ取った新提案になっている。同社のハイクラスAVアンプ「RX-A2060」と小型ワイヤレススピーカー「WX-010」で試用した。(2016/9/16)

iPhone 7のお供に――iQLabo、ハイレゾ音源も楽しめる「LIGHTNINGイヤホン」発売
iQLaboは、同社のアクセサリーブランド「DIGNITY」から「LIGHTNINGイヤホン」を発売。Lightningコネクタに直接接続し、ダイレクトに24bit/48kHzデジタル信号が供給可能となっている。(2016/9/8)

黄金色のウォークマン「NW-WM1Z」、日本では30万円前後に
ソニーは9月8日、ハイレゾ対応“ウォークマン”の新しいフラグシップモデル「NW-WM1シリーズ」2機種を国内でも発表した。(2016/9/8)

IFA 2016:
黄金色に輝く「ウォークマン」も――ソニーの新フラグシップライン「Signature Series」
ソニーは、オーディオ製品の新しいフラッグシップモデルとして「Signature Series」(シグネチャーシリーズ)を発表した。ハイレゾ対応ヘッドフォン「MDR-Z1R」、ウォークマンの「NW-WM1Z」「NW-WM1A」、ヘッドフォンアンプ「TA-ZH1ES」の4機種。(2016/9/2)

IFA2016:
オンキヨー&パイオニア、バランス出力を搭載した“次世代”ハイレゾ対応オーディオプレーヤー
オンキヨー&パイオニアは、「次世代ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー」を含む3機種のDAPをIFAで公開する。(2016/9/1)

ネットワークがなくてもハイレゾ音源が楽しめるネットワークオーディオプレーヤー、パイオニア「N-30AE」
パイオニアから据え置き型ネットワークプレーヤーのベーシックモデル「N-30AE」が登場。背面のUSB端子に外付けHDDを接続すれば、ホームネットワーク環境を構築しなくてもハイレゾ音源を楽しめる。(2016/8/31)

IFA2016:
英RHA、初のフルバランスヘッドフォンアンプや新ドライバー搭載イヤフォンを「IFA 2016」で披露
英RHAは、DAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「Dacamp L1」およびハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「CL1 Ceramic」「CL750」をIFAでお披露目する。日本でも10月に発売予定だ。(2016/8/26)

クリプトンがMQA配信を開始――配信サイトの名称は「KRIPTON HQM」へ
クリプトンは、ハイレゾ音源配信サービス「KRIPTON HQM」において、10月からMQA方式でエンコーディングした楽曲の配信を開始すると発表した。クラシックやジャズなどの高音質音源を順次MQAしていく予定だ。(2016/8/26)

業界最大級に――レコチョクがハイレゾ音源の配信をスタート
レコチョクは8月25日、音楽配信サービス「レコチョク」において、ハイレゾ音源の配信を開始した。アニソンから邦楽、洋楽、クラシック、ジャズまで幅広い楽曲をラインアップ。(2016/8/25)

Google Cast対応:
Phono端子も付いたマルチなネットワークCDレシーバー、パイオニア「NC-50」登場
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、スピーカーを接続するだけでCDやハイレゾ音源、ネットラジオなど多彩な音源を楽しめるネットワークCDレシーバー「NC-50」を9月中旬に発売する。(2016/8/25)

楽曲購入から再生までPCいらず、パイオニアの新しいネットワークオーディオシステム
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、パイオニアブランドのハイレゾ対応コンパクトオーディオシステム「X-HM76」など3製品を9月中旬に発売する。(2016/8/24)

2万9800円のハイレゾプレーヤーも! e☆イヤフォンが中国シャンリンのDAPやポタアンの販売を開始
e☆イヤフォンは、中国Shanling Digital Technology Developmentのデジタルオーディオプレーヤーおよびポータブルヘッドフォンアンプ、計3機種を国内で販売すると発表した。(2016/8/12)

1100タイトル以上がプライスオフ! e-onkyo musicが「夏のハイレゾキャンペーン」
ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」は8月8日、「e-onkyo music 2016 夏のハイレゾキャンペーン」を開始した。アニソンやJAZZなど1100タイトル以上を最大66%のプライスオフ! 購入者を対象としたプレゼントキャンペーンなども実施する。(2016/8/8)

音茶楽、制振塗装などで音質を磨いたハイレゾ対応イヤフォン「Flat4-粋 Plus」
音茶楽は、ハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「Flat4-粋 Plus」を8月10日に発売する。「Flat4-粋」の音質改善モデルだ。(2016/8/5)

ヤマハ、ハイレゾ再生も可能な小型ワイヤレススピーカー「WX-010」
ヤマハは、小型ワイヤレススピーカー「WX-010」を9月上旬に発売する。現行モデル「WX-030」の小型版といえるコンパクトなワイヤレススピーカーだ。(2016/7/28)

クラリオン、ハイレゾ対応のフルデジタルヘッドフォン「ZH700FF」を発表
クラリオンは、フルデジタルヘッドフォン「ZH700FF」を発表した。Dnote技術に独自のエッジレス平面駆動振動板を組み合わせた意欲作だ。(2016/7/25)

高精細音源格納:
音を追求する提督たちへ、「試製一六式高音質聴音機」受注開始
タカラトミーアーツは、同社公式通販サイト「e組」(いーぐみ)で「艦隊これくしょんー艦これー 試製一六式高音質聴音機」の受注を開始した。艦これ仕様のハイレゾ対応ポータブルプレーヤーとヘッドフォンをセットにしたもの。(2016/7/22)

やりぶー:
あの頃の斉藤由貴がハイレゾ配信で蘇る!――期間限定の「ハイレゾお試しシングル7」も
e-onkyo musicが斉藤由貴さんの全オリジナル作品からアナログレコードでリリースされた69曲をハイレゾ配信。(2016/7/20)

ポタフェス2016 in 東京・秋葉原:
前モデルから音質を向上、ハイレゾ対応USB-DAC搭載の真空管ハイブリッドアンプ「Soundfort QS-9」
MJTSは、ハイレゾ対応のUSB-DAC機能を搭載した真空管ハイブリッドアンプ「Soundfort QS-9」を「ポタフェス2016 in 東京・秋葉原」で参考出品した。(2016/7/17)

世界最高水準の音響性能――コウォンが新ハイレゾプレーヤー「PLENUE M2」を発表
シーエスCOWON販売は、ハイレゾ対応ポータブルオーティオプレーヤーの新製品「PLENUE M2」を発表した。「ポタフェス」で展示と試聴を行う。(2016/7/15)

The BIT、スマホにぴったりのスリムポータブルアンプ「OPUS#11」を発表
「AUDIO-OPUS」からスリムポータブルアンプ「OPUS#11」が登場。手持ちのスマートフォンと組み合わせ、ハイレゾ音楽を楽しめるDAC内蔵スリムなポタアンだ。(2016/7/14)

ポタフェスでお披露目:
5万円を切る、だと? デュアルDAC&フルバランス設計のハイレゾプレーヤー「Luxury & precision L3」登場
Luxury & precisionブランドからハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「L3」が登場。デュアルDAC&フルバランス設計ながら販売価格は4万9800円(税込)という高コストパフォーマンスモデルだ。(2016/7/13)

ユニバーサル・ミュージックが「ハイレゾ・プライスオフ」キャンペーン、160タイトルを20〜30%オフ!
ユニバーサル・ミュージックが期間限定のプライスオフキャンペーンを実施する。幅広いジャンルの作品を8月31日までの期間限定で通常販売価格の20〜30%引き。(2016/7/8)

ハイレゾ入門機:
上位機に迫る機能を持った新エントリー! Astell&Kern「AK70」を徹底解剖
Astell&Kernのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーに、新製品「AK70」が加わる。イヤフォンのバランス接続に対応するなど上位機に迫るスペックを実現しつつ、珍しいボディーカラーを採用するなど、さまざまな意味で注目のモデルだ。さっそくチェックした。(2016/7/7)

医療機器ニュース:
補聴器は“指向性”から“全方位”へ、ハイレゾ音質とIoT化も実現
オーティコン補聴器は、補聴器の新製品「オーティコン オープン」を発表した。最大の特徴は、従来の聞きたい方向の音だけを聞こえるようにする“指向性”を重視した補聴器と異なり、周囲360度“全方位”から聞こえる音の情景を自然に耳に届けるというコンセプトで開発されていることだ。(2016/7/6)

アユート、バランス対応ハイレゾプレーヤー「AK70」などの発売日と価格を公表
アユートは6月30日、Astell&Kernブランドのハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「AK70」および独beyerdynamicとコラボしたカナル型イヤフォン「AK T8iE MK II」について、発売日と価格を公表した。(2016/7/1)

フレディ・マーキュリー生誕70周年記念:
e-onkyo music、「QUEEN」のアルバム5作をハイレゾ配信
ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」は、「QUEEN」のアルバム配信を開始した。第1弾は「Queen」「Queen II」「Sheer Heart Attack」「A Night At The Opera」「A Day At The Races」の5タイトル。(2016/6/22)

Astell&Kern、バランス出力対応のエントリープレーヤー「AK70」と進化したハイレゾ対応イヤフォン「AK T8iE MK II」を発表
アユートは、韓国iriverが展開する「Astell&Kern」ブランドの新製品を発表した。ハイレゾ対応プレーヤー「AK70」は、イヤフォンのバランス出力に対応したエントリーモデル。また独beyerdynamicとのコラボレーションによるカナル型イヤフォン「AK T8iE MK II」も登場した。(2016/6/21)

オンキヨー、「QUEEN」公式コラボモデル3機種を発売
フレディ・マーキュリー生誕70周年×オンキヨー創業70周年を記念して、オンキヨーから「QUEEN」公式コラボモデルが発売される。ハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「DP-X1」など3製品。(2016/6/17)

大艦巨砲主義!:
最大432GB&大容量バッテリーを搭載するハイレゾオーディオプレーヤー「OPUS#1」レビュー
韓国のThe BITが開発したハイレゾオーディオプレーヤー「OPUS#1」をレビューする機会を得たので、その実力を見ていこう。(2016/6/16)

オンキヨーのマイクロコンポ「FRシリーズ」が進化――USBメモリーからのハイレゾ再生に対応
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、オンキヨーブランドのマイクロコンポ「FRシリーズ」新製品を発表した。USBメモリーから最大96kHz/24bitのWAV/FLACを再生できるようになった。(2016/6/15)

エレコム創立30周年記念モデルは見た目も美しいカナル型イヤフォン2モデル
エレコムは、同社の創立30周年を記念してカナル型イヤフォン“Colors”シリーズに、ハイレゾ対応モデル「EHP-R/CC1000」と、左右でカラーが異なるデザインの「EHP-CC100」の2モデルを追加。6月下旬より発売する。(2016/6/14)

モノラルだけどハイレゾ対応、Bluetoothも使えるエレコムのアクティブスピーカー「ピアニッシモ」
エレコムからハイレゾ再生も可能なアクティブスピーカー「pianissimo」(ピアニッシモ)が登場。モノラル仕様だが、ウーファーとツイーターを個別のアンプで駆動するバイアンプ方式を採用し、パッシブラジエーターも備えている。(2016/6/7)

「本当に良いものにハイレゾマークはいらない」――ヤマハの次世代リファレンススピーカー「NS-5000」がついに発売
ヤマハは6月3日、新しいフラグシップスピーカーシステム「NS-5000」を改めて披露した。昨年9月の製品発表以来、半年をかけて全国で試聴会を行い、音質を練り上げてきた「ヤマハの新しい標準機」だ。(2016/6/3)

約13万円:
Astell&KernからシングルDACのハイレゾ対応プレーヤー「AK300」発売
Astell&Kernブランド製品を取り扱うアユートは、ハイレゾ対応オーディオプレーヤーの新製品「AK300」を6月11日に発売する。直販価格は12万9980円(税込)。(2016/6/3)

音楽マニアに送る個性派デザインのスピーカー3選
世界最小ハイレゾ対応ポータブルスピーカー、グラスサウンドスピーカー、歌詞をモーショングラフィックでビジュアライズするIoTスピーカーを紹介。(2016/6/2)

茶楽音人、5000円のハイレゾ対応イヤフォン「Co-Donguri-雫(SHIZUKU)」
“茶楽音人(さらうんど)”ブランドからハイレゾ対応カナル型イヤフォン「Co-Donguri-雫(SHIZUKU)」が登場。市場想定価格は4968円(税込)で、6月下旬発売だ。(2016/5/26)

ピンクあります:
頭が大きく見えない!?――女性にうれしいハイレゾ対応ヘッドフォン、パナソニック「RP-HD7」登場
パナソニックはハイレゾ対応ヘッドフォン「RP-HD7」を6月17日に発売する。頭の形に沿うように作られたヘッドバンドにより、ふんわりと包み込まれるような着け心地で、頭が大きく見えることもないという。(2016/5/18)

T.M.Revolutionとウォークマンがコラボ! ハイレゾ対応なうえ西川アニキのセクシーショット壁紙が付いてくる
お盆の旅行はやめてこっちを買いましょうか……そんな価値のあるウォークマン。(2016/5/11)

デビュー20周年:
ソニーストア、T.M.Revolutionとコラボしたウォークマンとヘッドフォンを発売
ソニーストアは、デビュー20周年を迎えるT.M.Revolutionとコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマンおよびヘッドフォンを発売する。(2016/5/10)

アナログレコードのハイレゾ化にも――デジオンからDSD対応のサウンド編集ソフト「DigiOnSound X」が登場
デジオンは、ハイレゾ対応のサウンド編集ソフト「DigiOnSound X」(デジオンサウンドテン)を5月16日に発売する。1999年から販売しているWindows用マルチトラックサウンド編集ソフトの最新版だ。(2016/5/9)

Sound Warriorからハイレゾ対応のヘッドフォンアンプとヘッドフォンが登場
城下工業は”Sound Warrior”(サウンド・ウォーリア)ブランドの、ハイレゾ対応コンパクトコンポ「SW Desktop-Audio」シリーズの新製品としてヘッドフォンアンプ「SW-HA10」と、ヘッドフォン「SW-HP20」を発表した。(2016/5/2)

春のヘッドフォン祭2016:
Astell&KernからシングルDACのハイレゾ対応プレーヤー「AK300」が登場――DSD 5.6MHz収録に対応する「AKレコーダー」も
Astell&Kernブランド製品を取り扱うアユートは、「春のヘッドフォン祭」会場でハイレゾ対応オーディオプレーヤーの新製品「AK300」とAK300シリーズ専用オプション「AKレコーダー」を発表した。(2016/4/29)

「AK100II けいおん!エディション」は限定500台で発売――4月28日の19時に予約開始
アユートは、Astell&Kernブランドのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーのアニメコラボレーションモデル「Astell&Kern AK100II けいおん!エディション」を発表した。4月28日の19時から予約受付を開始する。(2016/4/28)

ARからコスパ重視のAndroid搭載ハイレゾプレーヤー「AR-M20」が登場
フロンティアファクトリーは、米Acoustic Researchのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーを6月17日に発売する。昨年4月に発売した「AR-M2」の下位モデルにあたる普及機という位置付け。(2016/4/27)

e☆イヤホン、2.5mmの4極バランス出力を備えたハイレゾプレーヤー「OPUS#1」を発売
e☆イヤホンは、韓国The BITのデジタルオーディオプレーヤー「OPUS#1」を発売する。2.5mmの4極バランス出力を備えた。(2016/4/26)

MEMSクロックを搭載したハイレゾ対応ポータブルプレーヤー、iBasso「DX80」が発売に
最大DSD128(5.6MHz)のネイティブ再生に対応したハイレゾ対応ミュージックプレイヤー「DX80」がiBassoから登場した。(2016/4/21)

e☆イヤホン、1more(ワンモア)ブランドのハイブリッド型イヤフォンなど3機種を国内独占販売
e☆イヤホンは、「ハイコストパフォーマンスイヤホンシリーズ独占販売第2弾!」(同社)として、「1more」(ワンモア)ブランドのイヤフォンを4月16日に発売する。ハイレゾ対応のハイブリッド型を含む3機種だ。(2016/4/15)

e-onkyo musicがMQA音源の配信を開始ーー「DP-X1」「XDP-100R」で再生可能に
ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」がMQA音源の配信を開始した。オンキヨーのポータブルオーディオプレーヤー「DP-X1」、およびパイオニアの「XDP-100R」で再生できる。(2016/4/12)

ハイレゾスタートガイド(4):
新生活の“相棒”に一体型オーディオはいかが?――ハイレゾ入門&オーディオ再入門にも最適
「システムコンポ」や「ミニコンポ」と呼ばれる一体型オーディオシステムにもハイレゾが手軽に楽しめる製品が増えてきた。今回は新生活にも最適な製品をピックアップ。その魅力を紹介していこう。(2016/4/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。