ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハイレゾリューション」最新記事一覧

DIGAからハイレゾ再生も――パナソニックから「SC-PMX150」などミニコンポ新製品
(2017/3/24)

オンキヨーとパイオニアの入門ハイレゾDAPはどこが違う? 開発者に聞く
(2017/3/15)

手のひらサイズでバランス駆動、オンキヨー&パイオニアが小型ハイレゾプレーヤー2機種を発表
(2017/3/8)

ローム BD34602FS-M:
ハイレゾ音源に対応した車載用サウンドプロセッサ
ロームは、ハイレゾ音源に対応した、車載オーディオ用サウンドプロセッサ「BD34602FS-M」を開発した。信号間の干渉を抑えるレイアウト手法により、トランジェント特性を改善した。(2017/2/24)

SAO劇場版とコラボしたウォークマンを限定販売――LiSAのハイレゾ楽曲入り
(2017/2/22)

ローム BD34602FS-M:
「車載ハイレゾ」を実現するサウンドプロセッサ、ポップノイズ低減機能も搭載
ロームがハイレゾ音源の再生に適した車載オーディオプロセッサを販売開始。「業界最高クラス」の特性を持ち、車載に適した音像表現を可能とする最適化が行われている。(2017/2/17)

初のデュアル・ダイナミック型も――AKGから2つのハイレゾ対応イヤフォンが登場
ハーマンインターナショナルは、オーストリア「AKG」(アーカーゲー)ブランドのカナル型イヤフォン「N30」および「N25」を2月24日に発売する。「N30」はBAとダイナミックのハイブリッド型、「N25」は2種類のダイナミック型を搭載したデュアル・ダイナミック型だ。(2017/2/16)

独自の設計技術を用いた製品も:
ロームが魅せる「良い音」、ハイレゾ対応SoC発表
ロームは2017年2月14日、ハイレゾリューション(ハイレゾ)音源に関するセミナーを開催し、同社が注力するハイレゾ対応製品や、独自の音質設計技術について説明を行った。(2017/2/16)

車室内の音像をより正確に表現:
ローム、車載向けハイレゾ音源対応プロセッサ
ロームは、ハイレゾリューション(ハイレゾ)音源対応の車載オーディオ機器向けサウンドプロセッサ「BD34602FS-M」の量産を始めた。(2017/2/14)

上級者向けノンサポート製品です:
手持ちのヘッドフォンがハイレゾ対応になる(らしい)交換用ドライバーユニット――上海問屋
ドスパラは、ヘッドフォンのドライバーユニットをハイレゾ対応に変更できる交換用ユニット「DN-914732」の取り扱いを開始した。(2017/2/2)

オンキヨーのSIMフリーハイレゾスマホ「GRANBEAT」詳報 DSDS対応で8万円台半ば
オンキヨーブランドのSIMロックフリースマートフォンが2月下旬に登場する。「スマートフォン史上最高の音質」を目指し、フルバランス回路とバランス出力をスマホとして世界初搭載。DSDS(Dual SIM Dual Standby)を搭載するなど、スマホとしての基本性能も追求している。(2017/1/26)

高コスパモデルがハイレゾ対応に――フィリップスがカナル型イヤフォン新製品「SHE9730」を発売
フィリップスのロングセラーモデル「97シリーズ」に新製品「SHE9730」が登場。新開発の多層ポリマーダイヤフラムを採用し、ハイレゾ対応機に生まれ変わった。(2017/1/17)

2017年PC/タブレット春モデル:
スタンダードノートの新色とハイレゾスピーカー内蔵AIOに注目! 「LAVIE」2017年春モデル
NECパーソナルコンピュータの個人向けPC「LAVIE」シリーズの2017年春モデルが登場する。スタンダードノートには新色が登場し、オールインワン(AIO)デスクトップPCにはハイレゾスピーカー内蔵モデルが登場する。(2017/1/17)

CES 2017:
オンキヨーとパイオニアが“片手持ちサイズ”のハイレゾDAPを開発中、音を聴き比べてみた
オンキヨー&パイオニアイノベーションズがCESで披露した注目株はスマホだけではない。片手で持ちやすいコンパクトサイズのハイレゾDAPが、オンキヨーとパイオニアの両ブランドから発表された。(2017/1/13)

CES 2017:
“史上最強”の音楽再生性能、オンキヨーの“ハイレゾスマホ”をさっそく試聴した
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、オンキヨーブランドから発表したハイレゾ対応スマートフォンを展示している。スリムなボディーにイヤフォンのバランス駆動にも対応した端子を備えている。さっそく持参したハイレゾ対応のイヤフォンで音を聴いてみよう。(2017/1/10)

CES 2017:
オンキヨー、ハイレゾ対応“スマートフォン”を参考展示――イヤフォンのバランス接続も
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、「CES 2017」でハイレゾ対応のスマートフォンを参考展示する。オーディオ機器で培ってきた技術を生かし、「今までにない高音質再生に特化したハイレゾ対応スマートフォン」を提案する。(2017/1/6)

「ハイレゾ音源大賞」の2016年グランプリはエリック・クラプトン
ハイレゾ音源配信サイトの4社合同企画「ハイレゾ音源大賞」の2016年グランプリ作品がエリック・クラプトンの「I Still Do」(192kHz/24bit)に決定した。(2016/12/28)

クリスマスソングはハイレゾで! e-onkyo musicが100人に1人の“全額ポイントバック”キャンペーン
e-onkyo musicは、12月23日(金)0時から「クリスマスプレゼント」キャンペーンを実施する。利用者を対象に100人に1人の割合で利用料金を全額ポイント還元。しかも「年末年始キャンペーン」との重複当選という可能性も……?(2016/12/22)

ハイレゾ音源のダウンロード販売、2014年の2倍超
GfKジャパンがハイレゾ音源ダウンロード市場概況を公表した。市場規模はソフト、ハードの両面で拡大基調。音源ダウンロード数は、2016年に入っても各月で前年実績を上回って推移しているという。(2016/12/21)

エレコム、同社製ハイレゾイヤフォンの“原点”をブラッシュアップ
エレコムが2014年に発売したハイレゾ対応イヤフォンの初号機をブラッシュアップ。「ポタフェス2016 in 秋葉原」で披露する。(2016/12/13)

ハイレゾ+LDAC、エレコムが音質重視の小型Bluetoothスピーカー「メゾフォルテ」を発売
エレコムから音質重視の小型アクティブスピーカー「Mezzoforte」(メゾフォルテ)が登場。ソニーが開発したLDACに対応したBluetoothスピーカーであり、USB入力を持つハイレゾ対応のデスクトップオーディオ機器でもある。(2016/12/6)

ソリッドなデザインとキレのあるサウンド――JVCからハイレゾ対応ヘッドフォン「HA-SD7」登場
JVCケンウッドはソリッドなデザインとキレのあるサウンドがコンセプトの新シリーズ「SOLIDAGE」(ソリデージ)からハイレゾ対応ヘッドフォンを発売する。にブルー、ブラック、グレーの3色をラインアップ。(2016/11/29)

「FINAL FANTASY XV」コラボのハイレゾ対応ウォークマン、限定発売
ソニーマーケティングは、「FINAL FANTASY XV」とのコラボレーションモデルとして、ハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドフォン、スピーカーの3製品を発売する。ソニーストア限定。(2016/11/28)

山本浩司の「アレを聴くならぜひコレで!」:
ハイレゾをもっと気持ち良く――2016年、心に残ったホームオーディオ機器4選
ヘッドフォンもいいけれど、スピーカーで聴く音はもっと味わい深い。今回は、今年出会って心に残ったスピーカーリスニングのホームオーディオにおけるデジタル・ギアを紹介しよう。ラインアップはChord「DAVE」、DELLA「N1A/2」、PS Audio「NuWave DSD」、OPPO Digital「Sonica DAC」だ。(2016/11/25)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ハイパーソニックの伝道師が手がけた「AKIRA」の世界
「AKIRA」の音楽をオーケストラアレンジでつづった「Symphonic Suite AKIRA」が、DSD11.2MHzでお目見えした。芸能山城組を主催する大橋力氏が手掛けた本作には、ただのハイレゾとは一味も二味も違う。またオマケコーナーの「麻倉印・秀作UHD BD紹介」は「インデペンデンス・デイ」。(2016/11/24)

1万5000円でハイレゾ音源の再生に対応――高コスパの小型ポータブルプレーヤー「M1」
e☆イヤホンは、中国Shanlingのハイレゾ音源再生対応ポータブルプレーヤー「M1」(エムワン)を11月18日に予約開始する。最大192kHz/24bitのPCM音源を再生できるほか、PCM変換によるDSD再生にも対応。BluetoothのコーデックはaptXもサポートした。(2016/11/18)

極太ヘッドバンドで快適リスニング――オンキヨーの開放型ヘッドフォン「A800」
オンキヨーは、ハイレゾ音源再生に対応したオープンダイナミック型ヘッドフォン「A800」を2017年1月下旬に発売する。1977年に発売した「HP-100」を意識したような極太のヘッドバンドが特徴的。(2016/11/17)

世界限定300台! ハイレゾ対応プレーヤー「OPUS ♯1LIMITED」をe☆イヤホンが発売
e☆イヤホンは、韓国The BITのハイレゾ対応プレーヤー「OPUS ♯1LIMITED」を11月18日に発売する。切削加工によるアルミ合金ボディーを採用した。全世界300台のうち、日本市場向けとして50台を確保した。(2016/11/11)

ソニーストア、ウォークマンAシリーズの「七つの大罪」コラボモデルを発売
ソニーストアは11月2日、アニメ「七つの大罪」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマンおよびイヤフォン/ヘッドフォンとのセットを発売した。2017年1月11日11時までの期間限定販売。価格はウォークマン単体の2万6800円から。(2016/11/2)

ハイレゾ対応の小さなブックシェルフが進化、フォステクス「P803-S」
フォステクスカンパニーが小型スピーカーの新製品「P803-S」を発表した。従来機「P802-S」をグレードアップ。エンクロージャーを再設計することで低域の再生力を強化した。(2016/11/1)

PR:ハイレゾもアナログも楽しみたい! 欲張りな願望を叶えるサウンドフォート「QS-9」の真空管サウンド
国産オーディオブランド「Soundfort」から、ハイレゾ対応でありながらアナログ感覚なオーディオリスニングが楽しめる新製品「QS-9」が誕生した。ヘッドフォンとスピーカー、さらにアナログターンテーブルも組み合わせ、その実力を堪能する。(2016/11/1)

今年のグッドデザイン大賞は“理にかなった世界地図”――金賞にはソニーのハイレゾ対応ヘッドフォンも
2016年のグッドデザイン大賞と各賞が発表された。グランプリにあたるグッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)を受賞したのは新しい世界地図図法「オーサグラフ世界地図」だった。(2016/10/28)

端末別ハイレゾ対応度もチェック:
ハイレゾ対応は当たり前!? ドコモのスマホ新製品に見る“次の一手”
NTTドコモが発表した2016−2017年冬春商戦向けのスマホ新機種。ラインアップ中、5機種がハイレゾ再生に対応し、うち3機種はPCM変換ながらもDSD再生も可能だ。そしてメーカー各社は次の一手”を打ち出している。(2016/10/25)

士郎正宗デザインの“アニソン特化型”イヤフォンなど3製品を発売
エレコムは、漫画家「士郎正宗」氏デザインのハイレゾ対応イヤフォンなど計3製品を発表した。(2016/10/18)

上海問屋、スマホで高音質再生を楽しめるDAC搭載コンパクトアンプ
ドスパラは、microUSB接続型のハイレゾ音源対応DAC搭載コンパクトアンプ「DN-914276」の取り扱いを開始した。(2016/10/14)

上海問屋、40mm径ドライバを備えたハイレゾ音源対応ヘッドフォン
ドスパラは、ハイレゾ音源をうたったアナログ接続対応ヘッドフォン「DN-914055」の取り扱いを開始した。(2016/10/11)

ワイヤレスでもハイレゾ相当! ソニーからNC付きBluetoothヘッドフォン「MDR-1000X」登場
ソニーは、ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドフォンのフラグシップモデル「MDR-1000X」を10月下旬に発売する。(2016/10/4)

デザイン一新、ハイレゾ対応も強化したウォークマン「A30」
ハイレゾ対応ウォークマンのエントリーモデル「Aシリーズ」が大きく変わった。タッチパネルディスプレイ採用に合わせてデザインを一新。さらに音質を左右する部分にも大胆に手を加えている。(2016/10/4)

毎月オススメ音源を紹介する「ハイレゾ音源大賞」開始――配信4社が共同で
ハイレゾ音源配信サイトを手がける4社が共同で「ハイレゾ音源大賞」を開始した。毎月、各社がリリースするハイレゾ音源の中から1作品を推薦し、月替わりの“セレクター”が最も印象的だった作品を選ぶという月イチのキュレーション企画。発表は毎月最終金曜日に行われる。(2016/9/30)

なんだか“ハイレゾ”なヤツを試してみよう:
「えっ、2000円!? 安いですね!」と思わず言ってしまった上海問屋ハイレゾイヤフォン
ハイレゾ対応のイヤフォンが上海問屋から登場した。しかも価格は1999円(税込)という。その実力はいかほどか――。(2016/9/30)

BDレコーダーでハイレゾ再生を手軽に――「ディーガスピーカー」登場
パナソニックは、Blu-ray Discレコーダー「ディーガ」の新シリーズ投入に合わせ、ハイレゾ対応のコンパクトスピーカー「ディーガスピーカー」を発売する。サウンドバーとしても活用できるユニークな製品だ。(2016/9/29)

ハイレゾのクリアな音を真空管の柔らかさで――サウンドフォート「QS-9」
MJTSは、「Soundfort」(サウンドフォート)ブランドの真空管ハイブリッドアンプ「QS-9」を発売した。ハイレゾ音源を真空管の柔らかさで楽しめるというデスクトップオーディオだ。(2016/9/28)

ハイレゾからBluetoothまで:
最新のネットワークオーディオをカジュアルに楽しめるコンパクトコンポ――ヤマハ「WXA-50」
ヤマハからデスクトップサイズのオーディオコンポ「WXA-50」が登場。ハーフサイズにハイレゾ音源からBluetoothまで、多彩な音源を再生する機能を詰め込んだ。パワーアンプのない「WXC-50」もラインアップ。(2016/9/28)

PR:家中が本格的なオーディオルームに!?――ヤマハ「WX-010」と「RX-A2060」で分かった「MusicCast」の実力
ヤマハの「MusicCast」は、ハイレゾ音源の配信まで対応する独自のネットワークオーディオ技術だ。しかも、オーディオファンの潜在的なニーズをくみ取った新提案になっている。同社のハイクラスAVアンプ「RX-A2060」と小型ワイヤレススピーカー「WX-010」で試用した。(2016/9/16)

iPhone 7のお供に――iQLabo、ハイレゾ音源も楽しめる「LIGHTNINGイヤホン」発売
iQLaboは、同社のアクセサリーブランド「DIGNITY」から「LIGHTNINGイヤホン」を発売。Lightningコネクタに直接接続し、ダイレクトに24bit/48kHzデジタル信号が供給可能となっている。(2016/9/8)

黄金色のウォークマン「NW-WM1Z」、日本では30万円前後に
ソニーは9月8日、ハイレゾ対応“ウォークマン”の新しいフラグシップモデル「NW-WM1シリーズ」2機種を国内でも発表した。(2016/9/8)

IFA 2016:
黄金色に輝く「ウォークマン」も――ソニーの新フラグシップライン「Signature Series」
ソニーは、オーディオ製品の新しいフラッグシップモデルとして「Signature Series」(シグネチャーシリーズ)を発表した。ハイレゾ対応ヘッドフォン「MDR-Z1R」、ウォークマンの「NW-WM1Z」「NW-WM1A」、ヘッドフォンアンプ「TA-ZH1ES」の4機種。(2016/9/2)

IFA2016:
オンキヨー&パイオニア、バランス出力を搭載した“次世代”ハイレゾ対応オーディオプレーヤー
オンキヨー&パイオニアは、「次世代ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー」を含む3機種のDAPをIFAで公開する。(2016/9/1)

ネットワークがなくてもハイレゾ音源が楽しめるネットワークオーディオプレーヤー、パイオニア「N-30AE」
パイオニアから据え置き型ネットワークプレーヤーのベーシックモデル「N-30AE」が登場。背面のUSB端子に外付けHDDを接続すれば、ホームネットワーク環境を構築しなくてもハイレゾ音源を楽しめる。(2016/8/31)

IFA2016:
英RHA、初のフルバランスヘッドフォンアンプや新ドライバー搭載イヤフォンを「IFA 2016」で披露
英RHAは、DAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「Dacamp L1」およびハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「CL1 Ceramic」「CL750」をIFAでお披露目する。日本でも10月に発売予定だ。(2016/8/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。