ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座」最新記事一覧

MONOist FA フォーラムの連載「場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座」の記事一覧です。

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(7):
無償ツールで制御システムのリスクを可視化しよう!
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。最終回の今回は、セキュリティアセスメントについて解説するとともに、無償でチェックが行える3つのソフトを紹介する。(2015/4/16)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(6):
サポート終了間近! 制御システムで使われるWindows Server 2003をどうすべきか
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。6回目となる今回は、時事的な話題でもあるWindows Server 2003のサポート終了から、制御システムのセキュリティに対する考え方を説明したいと思う。(2015/2/27)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(5):
工場や制御システムを守る“無駄な動作をさせない”というやり方
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。5回目となる今回は、制御システムセキュリティに有効だとされる「エンドポイント機器に対するロックダウン」の内容とその導入方法について解説する。(2015/1/20)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(4):
制御システムを守るためにまず押さえるべき7つの対策点
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。4回目となる今回は、セキュリティ事故を引き起こさないようにするには、どういった対策が事前に必要かを解説する。(2014/12/18)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(3):
工場が襲われた時、復旧に取り掛かる前に知っておくべき5つのこと
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。3回目となる今回は、不正プログラムに感染した場合、復旧までに実際にどういった手順を踏むのが望ましいのかを解説していく。(2014/11/26)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(2):
生産ラインにマルウェアが侵入したらこんな感じで被害が生まれます
制御システムにおけるセキュリティが注目を集める中、実際に攻撃を受けた場合どういうことが起こり、どう対応すべきか、という点を紹介する本連載。2回目となる今回は「不正プログラムによって生産ラインが止まった段階」から、「不正プログラムの特定、駆除」までを、「DOWNAD」という非常に多くの感染例がある不正プログラムを例に解説する。(2014/10/28)

場面で学ぶ制御システムセキュリティ講座(1):
工場管理者必見! 攻撃者視点で考える制御システムの不正プログラム感染
制御システムにおけるセキュリティが注目を集めている。実際に工場などの制御システムが不正プログラムによる攻撃を受けた場合、どういう影響があり、どういう対応を取るべきなのだろうか。本連載では、予防としての対策だけでなく、実際に制御システムが不正プログラムに感染した場合の影響とその対応方法、そのための考え方などについて解説していく。(2014/9/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。