ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感染」最新記事一覧

Flash Player脆弱性が悪用ツールに相次ぎ実装、攻撃拡大に懸念
修正されたばかりのFlash Playerの脆弱性が、早くもAnglerなどのエクスプロイトキットに実装され、ランサムウェアなどに感染させる目的で使われていることが分かった。(2016/5/24)

銀行ATMに感染し、カード情報を集めるマルウェアをカスペルスキーが報告
マルウェアに感染したATMは、普通の人には見分ける手段がないところが恐ろしいとカスペルスキー。(2016/5/24)

マルウェア対策のベストプラクティスを伝授
「ウイルス駆除にはHDDフォーマットがベスト」は本当に正しいのか?
クライアント端末のマルウェアを駆除する際、セキュリティチームは「感染を完全に排除できたか」をどのように判断すればいいのだろうか。マルウェア駆除の手順とベストプラクティスを説明する。(2016/5/24)

都内で結核の集団感染、東京都福祉保健局が注意喚起 咳・たんが続く場合は受診を
都内警察署において発病者が10人を超える。(2016/5/14)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(外伝):
「言葉では言い表せない絶望感だった」――ランサムウェア被害者が語る
「サイバー攻撃者の手法」を解説する本連載。今回はその「外伝」として、ランサムウェア被害者へのインタビューをお届けする。感染に気付いてから復旧に至るまでの“ランサムウェア被害の生々しい実態”をぜひ知ってほしい。(2016/5/16)

キヤノンITSがマルウェア解析サービス、ランサムウェアなど被害増加も
マルウェアの特徴や感染時の復旧のアドバイスなどを提供する。(2016/4/27)

古いAndroidは「XP状態」、ランサムウェア感染攻撃を確認
「Android 4.xを搭載した端末の多くはWindows XPを搭載したPCと同じ状態」と専門家は解説する。(2016/4/26)

ランサムウェアのJIGSAW、恐怖映画「SAW」を使ってユーザーを脅迫
恐怖心をあおって感染先のユーザーに金を支払わせる手口がますます悪質化している。(2016/4/25)

JBossサーバ経由でランサムウェアに感染させる手口が横行、対応策は?
サーバの脆弱性を突いてランサムウェアの「Samsam」に感染させる手口が横行しているという。(2016/4/19)

人間社会に「一夫一妻制」が生まれた理由は性感染症を抑えるため?
「一夫多妻制」が一般的だった人間社会に「一夫一妻制」が生まれた理由は、性感染症の流行リスクを抑えるため――社会規範の変化要因に迫る研究成果が発表された。(2016/4/13)

「あなたは新しい請求書」メールでランサムウェア感染、次の手口に注意
「あなたは新しい請求書(番号)を持っています」の件名でランサムウェア感染を狙うメールが出回った。今後も件名や内容を変える手口で攻撃が続く可能性が高い。(2016/4/13)

ランサムウェア「Petya」の暗号解除ツール、無料公開される
専用サイトを使って感染したドライブに関する情報を提供すると、暗号を解くためのパスワードが生成されるという。(2016/4/12)

Flash Playerの脆弱性攻撃でLockyウイルスに感染、「直ちに更新して」
最新版で修正された脆弱性を悪用する攻撃ではファイル拡張子を「Locky」に変えるランサムウェア(身代金要求マルウェア)に感染するという。(2016/4/8)

病院でランサムウェア感染被害が横行、診療にも支障
米国で病院のマルウェア感染被害が相次いでいる。主に病院を狙うマルウェアも出回っているという。(2016/4/1)

5社に1社がBYODのセキュリティ問題を経験、普及の障壁に
私物端末や会社の端末のマルウェア感染、悪質な公衆Wi-Fiへの接続といった被害に遭ったことがある組織は21%に上った。(2016/3/30)

医療機器ニュース:
腸に貼って手術後の癒着を防止するナノばんそうこうを発表
防衛医科大学校、早稲田大学、名古屋大学の共同研究グループが、腸の癒着を予防できる膜厚80nmの「ナノばんそうこう」を開発した。感染を増悪させる作用がないため、これまで有効な対策がなかった、感染がある腹部の手術にも使える可能性がある。(2016/3/25)

Maker's Voice:
セキュリティインシデントの対応は事前準備に勝算あり――シマンテック
高度なマルウェア感染などが企業や組織で次々に発覚する状況にシマンテックは、緊急時だけでなく平時にインシデント対応体制の強化する新たな支援サービスへ乗り出す。(2016/3/23)

米大手サイト多数に不正広告、ユーザーにマルウェア感染の恐れ
GoogleやAOLなどの広告ネットワークを経由して、米New York TimesやMSNなど米国の大手サイトに不正な広告が掲載されていた。(2016/3/17)

新型のiOSマルウェア出現、設計問題を突き通常端末にも感染
AceDeceiverはAppleのDRM技術「FairPlay」に存在する設計上の弱点を突き、「脱獄」させていないiPhoneなどの端末にもインストールされる。(2016/3/17)

ミズクラゲのコラーゲンで皮膚を再生 感染症リスクなし、低コスト化へ
東海大学が、ミズクラゲのコラーゲンが皮膚の再生を促すことを発見。従来品と比べて、再生が速い上、感染症のリスクもなく、低コスト化も可能だという。(2016/3/15)

マルウェア対策にも有効なフリーツール
見直したい、Windows「Autoruns」ツールの侮れない実力
Microsoftの「Autoruns」を使用すると、IT管理者は「Windows」の起動時に実行するファイルを確認できる。マルウェア感染への対策にも利用できるツールの実力を紹介する。(2016/3/15)

ジカウイルス陽性、国内2例目 愛知県の30代女性
厚生労働省は「国内で感染が拡大するリスクは極めて低い」と呼びかけ。(2016/3/11)

特選プレミアムコンテンツガイド
「医療ビッグデータ分析」を成功させる5つの法則
ゲノム解析や感染病の発生の検知など、医療・健康に関する大量の情報を有効活用しようという取り組みが進んでいる。この医療ビッグデータ分析に欠かせない法則、実際の成功事例を紹介する。(2016/3/11)

Macを狙うランサムウェア、正体が判明
Mac OS Xを狙う初のランサムウェア「KeRanger」は、Linuxに感染するマルウェア「Linux.Encoder」とほとんど同じコードが使われていたことが分かった。(2016/3/10)

Mac OS初のランサムウェア、ダウンロード数は約6500件
Mac OS X初のランサムウェア「KeRanger」に感染したアプリのダウンロード数は約6500件だったと、TransmissionがReutersに語った。サイバー攻撃でサーバのディスクイメージを置き替えられたとしている。(2016/3/9)

Mac OS初のランサムウェア出現 Appleは対処済みだが「Transmission」ユーザーは確認必須
Mac OS X初のランサムウェア(身代金要求型の不正プログラム)が発見された。オープンソースのBitTorrentクライアントアプリ「Transmission」のMac版バージョン2.90が感染していたので、同アプリのユーザーは対処が必要だ。(2016/3/7)

プロが駆け付けるまでの間に脅威を特定し、即時に対処
インシデントレスポンスの落とし穴、丸投げできない「初動対応」に失敗しないためには?
インシデントレスポンスにおいては、感染や漏えい発覚後の初動対応がその後を大きく左右する。外部委託するのが難しいこの初動対応に、どう対処すればよいのか。(2016/2/26)

国内でジカ熱感染患者が発生 神奈川県の10代男性
ブラジルに滞在していた男性の感染が確定。(2016/2/25)

WordPressやJoomlaサイトの改ざん相次ぐ、ランサムウェアへ誘導
改ざんされたWordPressサイトやJoomlaサイトをユーザーが閲覧すると、悪質なWebサイトへリダイレクトされ、ランサムウェアの「TeslaCrypt」に感染する恐れがある。(2016/2/23)

特集:セキュリティソリューションマップ(3):
ノーガード戦法とは異なる、これからの「事故前提型対策」とは
多層防御と一体となって注目されているのが「ダメージコントロール」という考え方だ。予防も大事だが、マルウェア感染に代表されるセキュリティインシデントは「起こり得るもの」と考え、早期発見、早期対処の体制を整備するというアプローチである。それを支援するツールやサービスを紹介しよう。(2016/2/23)

新種ウイルスにも対応、サイバー攻撃から守る:
50種類の攻撃手口を監視、情報流出を阻止
三菱電機は、ウイルスの攻撃手口を監視することでサイバー攻撃を検知し、端末機器がウイルスに感染した場合でも情報流出などの被害を食い止める「サイバー攻撃検知技術」を開発した。(2016/2/19)

ランサムウェアに感染した病院、身代金要求に応じる
マルウェアに感染した米ロサンゼルスの病院は、「最も手早く最も効率的にシステムや管理機能を復旧させる手段は身代金を払って暗号解除鍵を入手することだった」と説明している。(2016/2/19)

新手のランサムウェア出現、ファイル拡張子を「.locky」に変える
セキュリティ企業のESETによると、ファイルの拡張子を「.locky」に変えて身代金を要求する新手のランサムウェアの感染報告が急増している。(2016/2/18)

ランサムウェアで病院システムがダウン、患者受け入れや検査に支障
報道によれば、ロサンゼルス市内の病院がランサムウェアに感染して多額の身代金を要求され、救急患者を別の病院に転院させる事態になっているという。(2016/2/18)

Androidに新手のマルウェア、端末を遠隔操作される恐れ
SMS/MMSのリンクをクリックすると感染し、端末を制御されてデータを消去されてしまう可能性もあるという。(2016/2/16)

エンプラ週末こぼれ話:
マルウェア博物館がオープン あの頃のウイルスは楽しかった?
セキュリティ研究者で有名なミッコ・ヒッポネン氏が「The Malware Museum」を開設しました。かつてのウイルス作成者たちは、感染先でのイタズラに興味シンシンだったのかもしれません。(2016/2/12)

身代金を払ってはいけない
「ランサムウェア」の脅威を避ける基本的な方法
ファイルを暗号化して身代金を要求するランサムウェア攻撃。この脅威からPCを守る方法と、感染してしまった場合の対処法を紹介する。(2016/2/10)

“なつかしのウイルス”博物館オープン 安全に感染体験
往年のコンピュータウイルスを集めた「マルウェア博物館」(The Malware Museum)がInternet Archive上にオープンした。(2016/2/9)

偽Flash更新マルウェア、OS X感染を狙う手口が横行
Flashは常に最新版に更新しておくよう呼び掛けが行われているため、ユーザーはだまされてしまいやすいという。(2016/2/5)

医療技術ニュース:
エイズウイルスが細胞間で感染拡大する新たなメカニズムを解明
理化学研究所は、エイズの原因ウイルス「HIV-1」が、細胞から細胞へと感染拡大する際の新たなメカニズムを解明した。今後、従来の薬剤とは異なる作用メカニズムに基づく新たな抗エイズ薬の開発が期待できるという。(2016/2/5)

端末のWebブラウザに代わってチェックする:
仮想化技術を応用したWebセキュリティサービス、ラックが提供開始
ラックは、コンテンツ無害化技術を搭載した「Menlo Security」の提供を開始すると発表した。悪質なコンテンツが埋め込まれているWebサイトを訪問しても、ウイルスなどへの感染を防ぐ。(2016/2/3)

欧州メインのスパム攻撃、日本向けに手口変更で拡大の恐れ
オンラインバンキングマルウェアに感染させるメール攻撃が日本向けにカスタマイズされ、2015年12月から拡大の様相をみせているという。(2016/2/1)

変わるWindows、変わる情シス:
第4回 「Windows 10」は情報漏えいをどう防ぐ?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。第4回はデータ流出やマルウェア感染といった「情報漏えい」を防ぐ新機能について。(2016/2/1)

vvvウイルスの人質解放は30分で可能?
「広告を見るだけで感染」「ファイルが二度と読めなくなる」と人々を恐怖に陥れたvvvウイルスへの対処法がわかった。だがこれで問題解決したわけではない。(2016/1/26)

マルウェアを呼び込むマルウェア、2015年は急増
IPAでの不正プログラム検出数が増加し、中でもさまざまなマルウェアを感染させる「ダウンローダー」が2015年を通じて増えた。(2016/1/25)

ユーザーのランサムウェア対策でタッグ、ウォッチガードとアクロニス
2社のユーザー企業でランサムウェアの感染被害が発生したことを契機に、対策に向けて協業することになった。(2016/1/20)

Hyattの決済システムがマルウェア感染、日本の4ホテルに被害
Hyatt Hotelsの系列施設の決済処理システムでマルウェア感染が発覚した問題で同社が調査結果を発表。国内では4つのホテルに影響したことを明らかにした(2016/1/15)

クリック詐欺がランサムウェア感染を招く?
脅威の「身代金ウイルス」 専門家もスルーした“低リスク攻撃”が感染源に
低リスクだとみられている脅威には、企業にとっての大きなリスクが潜んでいるかもしれない。とはいえ、全ての低リスクの脅威を調査するのは骨が折れる。策はないのか。(2016/1/15)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2015年12月版:
「vvvウイルス」に「Joomla!」脆弱性、情報が飛び交った12月
あっという間に年も明け、2016年を迎えました。昨年末のセキュリティクラスタを振り返ってみると、「SECCON 2015」開催の一方で、vvvウイルスこと「TeslaCrypt」が話題になり、感染源や対策に関する情報が盛んにやりとりされました。また12月中旬にはオープンソースCMS「Joomla!」の深刻な脆弱性が公表され、その原因をめぐって議論が巻き起こりました。(2016/1/8)

マルウェア感染のAndroidアプリ13本、Google Playから削除
「Brain Test」というマルウェアを仕込んだアプリがGoogle Playで再浮上した。(2016/1/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。