ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感染」最新記事一覧

中学生に遠隔操作ウイルス感染させる 高1少年を書類送検「技量示したかった」
オンラインゲームで知り合った仲間に遠隔操作ウイルスを感染させたとして、高校1年の少年が書類送検。(2017/3/23)

PR:スマホで起こるさまざまな被害 「詐欺」や「ウイルス感染」にご注意
便利で楽しいスマートフォンだが、PCのようにウイルスに感染する、個人情報を抜き取られるといったリスクが存在する。スマートフォンでどのような対策を講じればいいのだろうか?(2017/3/22)

ノロウイルス集団感染を起こしたのり製品がリコールに 小学校などで1000人超の被害者
和歌山県、東京都で給食に使われ、大規模な食中毒感染を起こしていました。(2017/3/1)

IoTマルウェア「Mirai」に新たな亜種、Windowsに感染して拡散攻撃
IoT機器をボット化してしまうマルウェアの「Mirai」の新たな亜種は、感染したWindowsマシンを踏み台にして、ボット化できるIoT機器を探索できてしまうという。(2017/2/15)

Web改ざん攻撃に変化、ランサムウェア配布などの温床に
Webサイト閲覧者をマルウェアに感染させる改ざん攻撃では、攻撃者が使うツールに変化がみられるという。セキュリティ機関ではWebサイト運営者に脆弱性対策などの取り組みを求めている。(2017/2/2)

高級ホテルでランサムウェア被害、宿泊客を部屋から閉め出し
オーストリアの高級ホテルで電子キーシステムがランサムウェアに感染し、宿泊客が自分の部屋に入れなくなった。攻撃側は、ビットコインで1500ユーロの身代金を要求していた。(2017/1/31)

ワシントンの防犯カメラにランサムウェア、ストレージの7割が感染 映像記録できない状態に
Washington Postによると、首都ワシントンで防犯カメラのストレージデバイスの約70%がランサムウェアに感染し、187台のカメラのうち、123台が映像を記録できなくなっていた。(2017/1/31)

標的型攻撃から企業を守る
「そのファイル、感染していない?」の不安を一掃する力技「ファイル無害化」とは
受け取ったファイルがマルウェアに感染していないかという不安は、いくらセキュリティ対策をしても消えないものだ。感染の可能性そのものをゼロする方法はないだろうか。(2017/1/26)

Google Playで配信のアプリにランサムウェア、個人情報盗み身代金要求
Google Playからダウンロードしたアプリにランサムウェアが仕込まれているのが見つかったという。感染すると、端末から連絡先情報やSMSメッセージを盗み出し、管理者権限を要求する。これを許可すると端末がロックされて身代金を要求される。(2017/1/26)

2つの独自エンジンで未知の脅威の検知と誤検知の抑制を両立:
PR:内部脅威と戦う日立流のセキュリティ対策とは
セキュリティ対策は、侵入や感染を防ぐ入口対策だけでは不十分だ。脅威に侵入されることを前提として、いかに早期に発見・対処するかが重要課題となっている。本稿では、サイバー攻撃の「拡散」に着目して被害を防ぐ新しい内部脅威対策について紹介しよう。(2017/1/23)

医療機器ニュース:
ウイルス粒子を光と動きで検出するバイオセンサーを開発
産業技術総合研究所は、「外力支援型近接場照明バイオセンサー」を開発した。夾雑物を含む試料中のごく少量のバイオ物質を、夾雑物を除去しなくても高感度に検出でき、ウイルス感染予防への貢献が期待される。(2017/1/10)

ネット接続機器を狙う攻撃に備えて――JPCERT/CCが注意喚起
インターネット接続機器へのマルウェア感染を狙ったとみられる攻撃が多数観測されており、長期休暇に備えた点検や対策を呼び掛けている。(2016/12/22)

医療技術ニュース:
結核菌を感知するセンサー分子を発見
九州大学は、結核菌を感知するセンサー分子を発見した。この研究成果は、体が結核菌を認識し、排除する仕組みを解明したもので、次世代の結核ワクチン開発に加え、感染症やがんを治療する薬剤開発への応用が期待される。(2016/12/20)

富士フイルム、武田の試薬子会社を買収 再生医療強化へ1500億円
富士は、細胞培養向けの試薬や感染症の診断薬に強みを持つ和光を傘下に収め、再生医療や医薬品事業を強化する。(2016/12/16)

「ファイルを取り戻したければ、誰か2人を感染させろ」――ランサムウェアに新手の手口
新手のランサムウェア「Popcorn Time」は、身代金を支払う代わりに別の2人をマルウェアに感染させれば、人質に取ったファイルの復号鍵を提供すると持ちかける。(2016/12/13)

攻撃防御と侵入後対策のあわせ技
「最後の砦」であるこれからのエンドポイントセキュリティの勘所
サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。(2016/12/14)

ソニーの防犯カメラにバックドア、遠隔操作で攻撃に利用される恐れも
カメラの画像や映像を操作したり、Miraiのようなマルウェアに感染させてボットネットのネットワークに組み込んだり、カメラの使用者を監視する目的で使われたりする可能性も指摘されている。ソニーは脆弱性に対処するファームウェアアップデートを公開した。(2016/12/7)

懸念される重要インフラへの影響
「ランサムウェア」感染で運賃が無料に? 米市営交通局で何が起きたのか
米サンフランシスコ市交通局がランサムウェア攻撃を受け、運賃を一時無料化する事態に追い込まれた。身代金を払うことなくシステムを復旧させたものの、課題は残る。(2016/12/7)

Androidマルウェア「Gooligan」横行、100万超のGoogleアカウントに不正アクセス
Gooligan感染するとAndroid端末のroot権限を取得されて認証トークンを盗まれ、Google PlayやGmailなどの主要Googleアカウントに不正アクセスされる恐れがある。(2016/12/1)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない
国内でも感染被害が急拡大しているランサムウェアだが、その感染を完全に防ぐことは難しく、予防策と同時に事後策を用意しておくことが望ましい。そこで注目されるのが「バックアップによるデータ保護」だ。なぜバックアップなのか。(2016/11/30)

米サンフランシスコ市交通局、ランサムウェア感染で一部システムに被害
約900台のオフィスのコンピュータが影響を受け、券売機にも攻撃者のメッセージが表示されていたという。(2016/11/29)

産業制御システムのセキュリティ:
国内の産業用制御システムは本当に安全か「海外の事例は対岸の火事ではない」
海外に比べ、国内の産業用制御システム(ICS)はセキュアなネットワーク構成を採用していることもあり、マルウェア感染をはじめとするインシデントが発生することはほとんどなかった。しかし、この現状に甘んじることなく、インダストリー4.0などのトレンドで外部と接続されることも視野に、対策を検討してほしいとJPCERT/CCは呼び掛ける。(2016/11/29)

画像ファイルからマルウェアに感染させる「ImageGate」攻撃発見 SNS経由で拡散
うっかりダウンロードした画像ファイルをクリックしたら……。(2016/11/28)

画像でマルウェアに感染させる「ImageGate」攻撃、ランサムウェア拡散に使用か
攻撃者は悪質なコードを埋め込んだ画像をSNSなどにアップロードし、ユーザーに画像をダウンロードさせることでマルウェアに感染させるという。(2016/11/28)

流出情報に各国政府“暗躍”の痕跡も
Androidアップデートを装い感染、新種マルウェアの大いなる謎
イタリアを発信源とするマルウェアは、当初“悪名高き”Hacking Teamとの関連が指摘されたが、別の監視ソフトウェアメーカーが関与していた可能性もでてきている。(2016/11/25)

米大統領選挙の投票結果は不正操作? 専門家が再集計を提案
攻撃者が激戦州の投票マシンにマルウェアを感染させ、自分たちが当選させたい候補の票を水増しさせた可能性が指摘されている。(2016/11/24)

「検査しないと おしおきよ!!」 セーラームーンが性感染症の予防ポスターやコンドームパッケージに
主人公が中学生であることから、戸惑う声も。(2016/11/21)

ねっと部:
「検査しないとおしおきよ!!」――セーラームーンが性感染症に注意喚起 厚労省とコラボ
性感染症の予防や早期発見を促すため、美少女戦士セーラームーンとコラボしたポスターを厚労省が作成。自治体などに配布するという。(2016/11/21)

米オフィス・デポ、「客に不必要なPCの修理を勧めている」報道に調査するとコメント
新品のPCでオフィス・デポのウイルスチェックサービスを受けたところ、感染しているという結果が出て修理を勧められたと報じられています。(2016/11/20)

インフルエンザ、すでに流行入り? 昨年より2カ月早く……ヤフーがビッグデータ分析で予測
「Yahoo!JAPAN」の検索データから分析したインフルエンザの感染状況の予測で、14日に流行ラインに到達した可能性があることが分かった。(2016/11/16)

ホームネットワークに潜む脅威:
作り手側も無視できない、家電のIoTセキュリティ
テレビがコンピュータウイルスに感染する――。組み込み機器であるテレビであっても、ネットワーク機能を持つ以上、セキュリティは不可欠な要素になっている。その実装に際しての注意点とは。(2016/11/16)

「総務省共同プロジェクト」を名乗る不審なメール、日本のセキュリティ事情にも精通?
ICT-ISACから送信したかのように見せかけてランサムウェアに感染させるメール攻撃が確認された。トレンドマイクロによれば、日本を標的にした新たな攻撃活動が疑われる。(2016/11/11)

家電が犯罪の道具に? サイバー攻撃に悪用拡大 日本で発生も「時間の問題」
家電をウイルス感染させて操り、標的に危害を加えるサイバー攻撃が拡大の兆しを見せている。(2016/11/10)

ドローンでワーム感染の照明器具を乗っ取り、研究チームが攻撃を実証
オフィスビルに設置された照明器具をドローンから攻撃すると、ビル内の照明が点灯と消灯を繰り返した。(2016/11/8)

FOCUS 2016 Report:
カーナビがランサムウェアに感染したら…… 攻撃者視点のこれからの防御術
サイバーの脅威がITからIoTへと広がる今、守る側は対策をどう考えるべきか――Intel Securityのカンファレンスでは将来の要になるというセキュリティ技術動向が紹介された。(2016/11/4)

悪意のあるアプリケーションとおさらば
「Androidはキケン」とまだ思っている? マルウェア感染を困難にする分厚い“壁”
Android端末に悪意のあるアプリケーションをインストールさせる方法として「Google Play」を迂回させるケースが有る。しかしGoogleはユーザー容易にインストールしないための対策を講じている。(2016/11/4)

「Twitter」や「GitHub」など有名Webサービスがダウン
IoTマルウェア「Mirai」の大規模DDoS攻撃の黒幕は? 専門家が指摘する多くの疑惑
DynへのDDoS攻撃の影響で、大手サイトが長時間利用できなくなる障害が発生した。マルウェアに感染したIoTデバイスのボットネットが攻撃に使われたとみられているが、全容究明には多くの問題の考察が必要だ。(2016/11/2)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ランサムウェア対策としてのバックアップ――データが人質になる前にすべきこと
近年、猛威を振るうランサムウェア。セキュリティ製品を導入しても、社員のITリテラシーが高くとも“100%の安全”はない。そこで、万が一、感染しても被害を出さないためのバックアップについて、確実に押さえておきたいポイントを解説する。(2016/11/4)

テレビにもサイバー攻撃 画面が停止し「罰金払え」の画面 国内300件以上ウイルス検知
市販のスマートテレビの画面を停止させ、不正に金銭を要求する脅迫文を表示させる新種のウイルスが、日本国内で今年に入り、300件以上検出され、複数の感染被害も出ている。(2016/10/31)

標的型攻撃対策は感染を前提に――IPAのサイバーレスキュー隊が活動報告
IPAのサイバーレスキュー隊「J-CRAT」が2016年上半期に対応した標的型攻撃事案は68件に上り、以前から提唱されている対策の実施が重要だと報告した。(2016/10/28)

DNSへの大規模DDoS攻撃、関与のIPアドレスは数千万と判明
TwitterやNetflixなどの大手サービスを相次いでダウンさせたのは、マルウェア「Mirai」に感染した機器による「何千万ものIPアドレスが絡む高度な分散攻撃」だった。(2016/10/26)

マルウェア「Mirai」に感染したIoT機器が急増、亜種も相次ぎ出現
史上最大級のDDoS攻撃を引き起こしたマルウェア「Mirai」に感染するIoTデバイスが急増し、Miraiの亜種も次々に出現しているという。(2016/10/20)

マイクロソフトが最新版「Security Intelligence Report」を発表:
「マルウェア感染率の高い国/地域」が明らかに、日本の感染率は?
マイクロソフトが2015年下半期のセキュリティ脅威の動向をまとめた「Microsoft Security Intelligence Report(SIR)」より、マルウェア感染率の高い地域について公式ブログで解説。マルウェア感染率の世界平均は、2015年第3四半期の6.1台(CCM)から、第4四半期には16.9台(CCM)に増加しているという。(2016/10/17)

HIPHOPの世界はゾンビ映画じゃねえから! Web漫画「ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画」がシュール
「RAPウイルス」に感染するとラッパーになってしまう謎設定。(2016/10/12)

変わるWindows、変わる情シス:
第13回 Windows 10なら「マルウェアに感染しても大丈夫」ってホント?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はAnniversary Updateで追加された、企業向けセキュリティ機能「Windows Defender ATP」について。(2016/10/6)

ネット検索で危険な有名人、ジャスティン・ビーバーらが上位に
インターネット検索からマルウェア感染サイトなどに誘導される危険性の高いセレブのトップ10とは――。(2016/10/5)

史上最大級のDDoS攻撃に使われたマルウェア「Mirai」公開、作者がIoTを悪用
ルータや防犯カメラといったIoTデバイスに感染してボットネットを形成し、DDoS攻撃を仕掛けるマルウェアのソースコードが公開された。(2016/10/4)

「郵便受けにUSBメモリ」がマルウェアの新たな感染経路に
USBメモリの投げ込みにご注意を。(2016/9/23)

コスト最適なサイバー攻撃対策を考える
感染しても被害を拡散させない「セキュリティスイッチ」の有用性
標的型攻撃で崩れ去った企業システムの「境界防御」。技術者不足、運用コスト高騰に悩む企業に何ができるのか? 情報漏えいを予防するためのコスト最適な解決法を探る。(2016/9/16)

ランサムウェア被害、身代金払ってデータ回収できた割合は?
ランサムウェアに感染した組織のうち、身代金を払ってデータを取り返すことができたのはどれほどあったか――英国で調査が行われた。(2016/9/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。