ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感染」最新記事一覧

異常検知と通信の自動遮断をワンストップで提供:
トレンドマイクロと日立ソリューションズ、マルウェア感染防御ソリューションで連携
トレンドマイクロと日立ソリューションズは、「マルウェアの感染拡大を防止」するソリューションを共同開発。2016年8月より販売を開始する。(2016/7/27)

アース製薬、海外進出を本格化 デング熱やジカ熱で需要増……殺虫剤に注目
デング熱やジカ熱といった蚊を媒介とする感染症が心配だ。マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)も怖い。(2016/7/25)

強盗事件やウイルス感染も――マカフィーが「Pokemon GO」に関する注意喚起
マカフィーは、スマートフォン向けゲームアプリ「Pokemon GO」の注意点をブログで紹介。現実世界での危険やマルウェアへの感染などについて解説している。(2016/7/22)

気をつけよう:
「Pokemon GO」を狙ったサイバー犯罪 感染端末の遠隔操作も
Pokemon GOの話題性を利用したサイバー犯罪が増加しているとして、トレンドマイクロが自社のブログで注意を呼びかけている。(2016/7/21)

アダルトサイト職場で閲覧→「ウイルス感染」信じて電話→PC遠隔操作され情報流出 町議会事務局長のあきれた危機管理能力
福井県池田町で、議会事務局の男性職員がアダルトサイトを閲覧し、画面に現れた「ウイルス感染」の表示を見て、そこに記された番号に電話し、電話相手の指示に従って遠隔操作ソフトをダウンロード、遠隔操作されるという事件が起きた。(2016/7/19)

いつもの方法ではデータを守れない!?:
PR:ランサムウェア対策のバックアップで必ず押さえるべき3つの要件
国内でも感染被害が拡大しているランサムウェアは、事業継続を脅かす存在だ。実際に診療データを人質にとられた米国の医療機関が身代金の支払いを余儀なくされた事態も起きている。その対策にはバックアップが有効とされるが、実はランサムウェアの特性を考慮しないと失敗しかねないのだ。(2016/7/11)

トロイの木馬に感染する注文や金銭確認メールに注意を、添付ファイルも偽装
巧妙な日本語で荷物の発注や管理費、振り込みなどの確認内容になりすます攻撃メールが多数出回っている。拡張子が偽装された添付ファイルを開くと、不正プログラムに感染する恐れがある。(2016/7/1)

新型ランサムウェア出現、“ZIPパスワード”でファイルを人質に
新手のランサムウェア「Bart」に感染すると、ファイルがZIPで圧縮されてパスワードをかけられ、身代金を要求される。(2016/6/28)

スパムメールを送信、開封すると感染:
“ポリモーフィック型ランサムウェア”の脅威とは――マカフィーが手口を公開
マカフィーは、米国で2016年4月末〜5月上旬に発生した大規模サイバー攻撃の分析結果を発表した。虚偽のビジネスメールが送信され、誤って添付ファイルを開封するとランサムウェアに感染する仕掛けだったという。(2016/6/28)

身代金要求型マルウェアの脅威
危険な進化を遂げた「ランサムウェア」、ユーザーを守る“5つのキホン”とは
ネットワークセキュリティの強化が、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の感染を防ぐ鍵になりそうだ。企業がネットワークを改善し、この脅威を阻止する5つの方法を解説する。(2016/6/23)

大手旅行会社を攻撃した“遠隔操作マルウェア”が危険な理由
話題のマルウェア「PlugX」について、セキュリティベンダーのファイア・アイが解説。昨今は個人情報を狙う巧妙な標的型攻撃が増えており、それを100%防ぐ方法はないという。だからこそ、感染前提の対策が必要であると強調した。(2016/6/17)

ジカ熱予防に「ダチョウ」コンドーム リオ五輪で京都府大グループ
京都府立大のグループは、ダチョウの卵を使ってジカウイルス抗体を大量精製することに成功。感染予防に役立てたいとしている。(2016/6/16)

感染したPCからクレジットカード情報を外部送信 不正プログラム「Ursnif」による被害、急速に拡大
JSOCは、クレジットカードや金融機関関連の情報を窃取する不正プログラムへの注意を促す情報を公開した。(2016/6/15)

6時間ごとにコードを自動更新
検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由
短期間にコードを改変することで検知を困難にしているマルウェアが活発化し、多くのコンピュータが感染しているという。ただし、ある組織は意外な理由で攻撃を防ぐことができた。(2016/6/14)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ビジネス化するランサムウェア
巻頭特集は、ランサムウェアに感染した2つの組織の対応をレポート。身代金を払うべきか否か? また、PowerShell製ランサムウェアについて解説する。事例は、パナマ文書の解析プロジェクトについて。他に、これから注目の最新フラッシュ技術、クラウドストレージアプライアンスの選び方を解説。(2016/6/10)

カナダの大学、ランサムウェア感染で約168万円の身代金を支払う
カナダのカルガリー大学がランサムウェアに感染し、総額約2万カナダドルの身代金を支払ったことを明らかにした。(2016/6/9)

Computer Weekly:
検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由
短期間にコードを改変することで検知を困難にしているマルウェアが活発化し、多くのコンピュータが感染しているという。ただし、ある組織は意外な理由で攻撃を防ぐことができた。(2016/6/8)

WordPressプラグインの脆弱性を突く攻撃横行、更新版で対処
Webサイトのポルノスパム感染被害が5月末ごろから急増している。WordPressのモバイル対応プラグイン「WP Mobile Detector」の未解決の脆弱性が悪用されていたことが分かった。(2016/6/6)

「世界の95%が感染する」 “ダ・ヴィンチ・コード”シリーズ第3弾「インフェルノ」予告編公開
こいつが“敵”か。(2016/6/3)

POSマルウェア「Pro POS」を考察
欠陥だらけの「POSレジ攻撃ウイルス」が感染を広げた2つの理由
POSマルウェアである「Pro POS」は欠陥だらけであることが専門家の調べで分かった。にもかかわらず、Pro POSの攻撃が成功してしまう理由とは何か。どうすれば防げるのか。(2016/6/1)

身代金を払うか、払わないか
ランサムウェアにファイルを暗号化されてしまった2つの組織の分かれ道
米国の2つの医療組織がランサムウェアに感染し、ファイルを暗号化されてしまった。身代金を払うべきか否か? 2つの組織がそれぞれ下した決断とは?(2016/6/1)

終了宣言したランサムウェアに後継者? より悪質な“更新版”が出現
活動終了を宣言した「CrypTesla」と同様の手口を使いながら、感染したユーザーに身代金を支払わせるための手段をより巧妙化させているという。(2016/5/26)

軍需産業を狙うサイバースパイの活動詳細、スイス当局が手口を公開
攻撃側は特段に高度な手口を使ったわけではなく、ただ周到な準備を行ったうえで、多大な忍耐力をもって侵入し、組織内で感染を広げていた。(2016/5/26)

日本型セキュリティの現実と理想:
第23回 感染したらどうする? ランサムウェアに身代金を払うことの意味
ランサムウェア感染の被害者は身代金要求に応じるべきか悩む。「拒否すべき」との見解は多いが、当事者にとってはそれ以外に選択肢がないこともあり得るだろう。今回はこの難しい問題にどう対応していくのかについて記す。(2016/5/26)

Flash Player脆弱性が悪用ツールに相次ぎ実装、攻撃拡大に懸念
修正されたばかりのFlash Playerの脆弱性が、早くもAnglerなどのエクスプロイトキットに実装され、ランサムウェアなどに感染させる目的で使われていることが分かった。(2016/5/24)

銀行ATMに感染し、カード情報を集めるマルウェアをカスペルスキーが報告
マルウェアに感染したATMは、普通の人には見分ける手段がないところが恐ろしいとカスペルスキー。(2016/5/24)

マルウェア対策のベストプラクティスを伝授
「ウイルス駆除にはHDDフォーマットがベスト」は本当に正しいのか?
クライアント端末のマルウェアを駆除する際、セキュリティチームは「感染を完全に排除できたか」をどのように判断すればいいのだろうか。マルウェア駆除の手順とベストプラクティスを説明する。(2016/5/24)

都内で結核の集団感染、東京都福祉保健局が注意喚起 咳・たんが続く場合は受診を
都内警察署において発病者が10人を超える。(2016/5/14)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(外伝):
「言葉では言い表せない絶望感だった」――ランサムウェア被害者が語る
「サイバー攻撃者の手法」を解説する本連載。今回はその「外伝」として、ランサムウェア被害者へのインタビューをお届けする。感染に気付いてから復旧に至るまでの“ランサムウェア被害の生々しい実態”をぜひ知ってほしい。(2016/5/16)

キヤノンITSがマルウェア解析サービス、ランサムウェアなど被害増加も
マルウェアの特徴や感染時の復旧のアドバイスなどを提供する。(2016/4/27)

古いAndroidは「XP状態」、ランサムウェア感染攻撃を確認
「Android 4.xを搭載した端末の多くはWindows XPを搭載したPCと同じ状態」と専門家は解説する。(2016/4/26)

ランサムウェアのJIGSAW、恐怖映画「SAW」を使ってユーザーを脅迫
恐怖心をあおって感染先のユーザーに金を支払わせる手口がますます悪質化している。(2016/4/25)

JBossサーバ経由でランサムウェアに感染させる手口が横行、対応策は?
サーバの脆弱性を突いてランサムウェアの「Samsam」に感染させる手口が横行しているという。(2016/4/19)

人間社会に「一夫一妻制」が生まれた理由は性感染症を抑えるため?
「一夫多妻制」が一般的だった人間社会に「一夫一妻制」が生まれた理由は、性感染症の流行リスクを抑えるため――社会規範の変化要因に迫る研究成果が発表された。(2016/4/13)

「あなたは新しい請求書」メールでランサムウェア感染、次の手口に注意
「あなたは新しい請求書(番号)を持っています」の件名でランサムウェア感染を狙うメールが出回った。今後も件名や内容を変える手口で攻撃が続く可能性が高い。(2016/4/13)

ランサムウェア「Petya」の暗号解除ツール、無料公開される
専用サイトを使って感染したドライブに関する情報を提供すると、暗号を解くためのパスワードが生成されるという。(2016/4/12)

Flash Playerの脆弱性攻撃でLockyウイルスに感染、「直ちに更新して」
最新版で修正された脆弱性を悪用する攻撃ではファイル拡張子を「Locky」に変えるランサムウェア(身代金要求マルウェア)に感染するという。(2016/4/8)

病院でランサムウェア感染被害が横行、診療にも支障
米国で病院のマルウェア感染被害が相次いでいる。主に病院を狙うマルウェアも出回っているという。(2016/4/1)

5社に1社がBYODのセキュリティ問題を経験、普及の障壁に
私物端末や会社の端末のマルウェア感染、悪質な公衆Wi-Fiへの接続といった被害に遭ったことがある組織は21%に上った。(2016/3/30)

医療機器ニュース:
腸に貼って手術後の癒着を防止するナノばんそうこうを発表
防衛医科大学校、早稲田大学、名古屋大学の共同研究グループが、腸の癒着を予防できる膜厚80nmの「ナノばんそうこう」を開発した。感染を増悪させる作用がないため、これまで有効な対策がなかった、感染がある腹部の手術にも使える可能性がある。(2016/3/25)

Maker's Voice:
セキュリティインシデントの対応は事前準備に勝算あり――シマンテック
高度なマルウェア感染などが企業や組織で次々に発覚する状況にシマンテックは、緊急時だけでなく平時にインシデント対応体制の強化する新たな支援サービスへ乗り出す。(2016/3/23)

米大手サイト多数に不正広告、ユーザーにマルウェア感染の恐れ
GoogleやAOLなどの広告ネットワークを経由して、米New York TimesやMSNなど米国の大手サイトに不正な広告が掲載されていた。(2016/3/17)

新型のiOSマルウェア出現、設計問題を突き通常端末にも感染
AceDeceiverはAppleのDRM技術「FairPlay」に存在する設計上の弱点を突き、「脱獄」させていないiPhoneなどの端末にもインストールされる。(2016/3/17)

ミズクラゲのコラーゲンで皮膚を再生 感染症リスクなし、低コスト化へ
東海大学が、ミズクラゲのコラーゲンが皮膚の再生を促すことを発見。従来品と比べて、再生が速い上、感染症のリスクもなく、低コスト化も可能だという。(2016/3/15)

マルウェア対策にも有効なフリーツール
見直したい、Windows「Autoruns」ツールの侮れない実力
Microsoftの「Autoruns」を使用すると、IT管理者は「Windows」の起動時に実行するファイルを確認できる。マルウェア感染への対策にも利用できるツールの実力を紹介する。(2016/3/15)

ジカウイルス陽性、国内2例目 愛知県の30代女性
厚生労働省は「国内で感染が拡大するリスクは極めて低い」と呼びかけ。(2016/3/11)

特選プレミアムコンテンツガイド
「医療ビッグデータ分析」を成功させる5つの法則
ゲノム解析や感染病の発生の検知など、医療・健康に関する大量の情報を有効活用しようという取り組みが進んでいる。この医療ビッグデータ分析に欠かせない法則、実際の成功事例を紹介する。(2016/3/11)

Macを狙うランサムウェア、正体が判明
Mac OS Xを狙う初のランサムウェア「KeRanger」は、Linuxに感染するマルウェア「Linux.Encoder」とほとんど同じコードが使われていたことが分かった。(2016/3/10)

Mac OS初のランサムウェア、ダウンロード数は約6500件
Mac OS X初のランサムウェア「KeRanger」に感染したアプリのダウンロード数は約6500件だったと、TransmissionがReutersに語った。サイバー攻撃でサーバのディスクイメージを置き替えられたとしている。(2016/3/9)

Mac OS初のランサムウェア出現 Appleは対処済みだが「Transmission」ユーザーは確認必須
Mac OS X初のランサムウェア(身代金要求型の不正プログラム)が発見された。オープンソースのBitTorrentクライアントアプリ「Transmission」のMac版バージョン2.90が感染していたので、同アプリのユーザーは対処が必要だ。(2016/3/7)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。