ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マルウェア」最新記事一覧

山市良のうぃんどうず日記(82):
Windows 10のWindows Updateサービスを停止しようと考えている方へ
Windows 10のWindows Updateは、以前のWindowsから大きく変わりました。Windows 10になってからも変更は続いています。半ば強制的なWindows Updateに対抗する最終手段は「Windows Updateサービス」の無効化ですが、どうしてもというなら、影響を知った上で一時的に無効化するのがよいでしょう。(2017/1/19)

Maker's Voice:
マルウェアがIoTに矛先を変える理由――米Cylance副社長の見解
マルウェア対策製品を手掛ける米Cylanceのジョン・マクラーグ副社長は、マルウェア対策が事後対応型から事前予測型に移行していくと語る。それに伴う脅威の変化についても予測した。(2017/1/17)

半径300メートルのIT:
便利な公衆無線LAN、犯罪者が狙うのはココ!
ネットの脅威は巧妙になる一方で、どんどん判別するのが難しくなっています。次々と出てくる新たな攻撃をかわす方法はあるのでしょうか。(2017/1/17)

組み込み開発視点で見る「IoTの影」(5):
ユーザーが意識しないIoTセキュリティを実現する
開発側はとにかく、利用者側は「IoTのセキュリティ」をどれだけ気にしているのだろうか。開発側は楽観視することなくIoTセキュリティの全体像を把握し、セキュリティに注意を払わねばならない。(2017/1/16)

IT管理者との役割分担が必要
Windowsなどのパッチ適用にどう対処するか セキュリティ責任者のためのToDoリスト
セキュリティパッチの適用において、セキュリティ情報責任者(CISO)が果たすべき役割は何だろうか。本稿では、セキュリティ情報の専門家がパッチ管理の責任を分担するのに効果的な方法を紹介する。(2017/1/16)

ハギーのデジタル道しるべ:
セキュリティができる会社とできない会社に分かれる理由
2016年は「サイバーセキュリティ」が経営レベルでも語られるようになり、2017年は従来と異なる傾向が出てくるだろう。企業は今年何をしたらいいのだろうか。(2017/1/13)

「デス・スター崩壊の原因はずさんな管理体制」 「スター・ウォーズ」帝国軍のセキュリティをカスペルスキーが真面目に診断
セキュリティ企業の視点からすると、デス・スターに捕らわれたミレニアム・ファルコンは「悪意のあるドロイド(R2-D2)」を積んだトロイの木馬。(2017/1/11)

半径300メートルのIT:
過信は禁物? ワンタイムパスワードはどこまで安全なのか
最近、安全性が高い認証方法として認知され始めている「ワンタイムパスワード」。しかし、この手法には本当に死角がないのでしょうか?(2017/1/11)

ホワイトペーパー:
サポート切れの「Windows XP」を使いつづける企業が覚悟すべきリスク
サポートが終了した「Windows XP」を搭載したクライアントPCを、まだ使用している企業は少なくない。バージョン11より前の「Internet Explorer」(IE)のサポートも終了したが、このWebブラウザもまだ多くのオフィスに存在しているだろう。IT部門が第1に考えるべき対策は何だろうか。(2017/1/11)

影響を受ける製品と対策を紹介
ファイアウォールをわずかな通信でまひさせる「BlackNurse(ブラックナース)」攻撃とは?
15〜18Mbpsという比較的小規模のトラフィックで、ファイアウォールの機能をまひさせる「BlackNurse」。その仕組みや企業が取るべき対策を解説する。(2017/1/11)

2017年は標的型ランサムウェアや振り込め詐欺に注意、トレンドマイクロが予想
同社は2016年が「サイバー脅迫元年」だったと指摘。昨年のサイバー犯罪動向と2017年の脅威予想を解説した。(2017/1/10)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10 Creators Updateで追加されるセキュリティ機能たち
2017年に入ってもWindows 10の進化は止まることを知らない。次期アップデートのWindows 10 Creators Updateでは3Dなどグラフィック関連が注目を集めるが、今回は企業ユーザー向けの機能に注目してみたい。(2017/1/10)

作業員をすぐさま“熟練工”に変える
「拡張現実」と「IoT」さえあれば専門知識はもういらないのか?
インターネットに接続するデバイスから得たデータと、拡張現実(AR)を使った可視化技術の組み合わせによって、工場などで働く現場作業員の働き方が変わる可能性がある。(2017/1/10)

「ネットワークが重くて」は言い訳にできない
「クラウドでOK」と主張するIoTを信頼してはいけない理由
全ての機器をIoTによって制御する時代が来るという。素晴らしい未来が実現と思っているかもしれない。しかし、非常事態が起きたとき、それら全てが「机上の空論」となる可能性もあるという。(2017/1/7)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(10):
自宅を守れなければ、職場も守れない! 無線LANの設定を再考しよう
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回はあらためて見直したい「無線LAN」の設定についてです。(2017/1/6)

会員が注目した2016年記事ランキング(セキュリティ編)
「Pokemon GO」でも「Windows 10」でもない、読者が最も検索したセキュリティ記事は?
TechTargetジャパン会員は2016年、どのようなセキュリティの話題に関心を寄せたのか。2017年の注目分野は。検索エンジン経由のアクセスランキングから探ります。(2017/1/3)

ITmedia エンタープライズ 年間アクセスランキング 2016年版
2016年もあと3日で終わり。今年もエンタープライズIT業界はさまざまな話題がありましたが、ITmedia エンタープライズで最も反響があったのはどの記事だったのでしょうか。(2016/12/29)

半径300メートルのIT:
あなたの家のネット家電、セキュリティは大丈夫?
PCやスマホに比べてセキュリティ対策を忘れがちなネット家電。あなたの家のデバイスは大丈夫?(2016/12/28)

PR:「ScreenOS難民」の人たちが迷わずSRXに移行できる、これだけの理由
大変人気の高かったScreenOSのセキュリティゲートウェイ製品は、販売終了になってしまっている。このため、「同じようにリーズナブルな価格で、同じような使い勝手の製品はないのか」と悩む人が増えている。だが、正解は意外なところにあった。(2016/12/28)

俺たちの情シス 第8回 リポート:
「上司が辞めた」「異動で情シスデビュー」「Win10に四苦八苦」――情シス、悲喜こもごもの2016年
ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」の第8回は、飲んで騒いでこの1年を振り返る「俺情大忘年会」。この1年の出来事や思いを語り、「男子禁制の情シス女子会を開催したい」「Win10ってアレじゃない?(笑)」「情シスのやりがいって何?」など、さまざまな意見が飛び交いました。(2016/12/30)

いかにトラブルに対応するか
セキュリティチームの力を底上げする「インシデントレスポンスツール」とは?
セキュリティインシデントはいずれ必ず起こる。にもかかわらず、多くの企業が、インシデントレスポンスツールの導入はおろか、インシデント対応計画の文書化もしていない。この状況は変えるべきだ。(2016/12/27)

「AI」はセキュリティ担当者を救うのか【最終回】
「セキュリティインテリジェンス」を生かし切る具体的な方法とは?
セキュリティインテリジェンスの活用は、セキュリティ対策の強化と、CSIRT/SOCの業務効率化の両立に力を発揮する。具体的にどう活用すればよいのか。(2016/12/27)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年11月版:
「LINE乗っ取り」に「Chrome拡張機能のマルウェア化」――11月のセキュリティ怖い話
2016年11月のセキュリティクラスタは、「Chrome拡張機能の突然のマルウェア化」や「LINEアカウントの乗っ取り」事件を受け震え上がる一方で、詳細が公開された「情報処理安全確保支援士」の制度内容にはやはり納得がいかないのでした。(2016/12/22)

変わるWindows、変わる情シス:
第16回 使われないWindowsのアプリストア、何かメリットあるの?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回は嫌われ者(?)のWindowsストアについてのお話。(2016/12/26)

日立製作所、サイバー攻撃の拡散検知ソフトを強化 監視能力を向上
「拡散活動検知ソフトウェア」に機能を追加し、「VMware NSX」や「JP1」と連携する。(2016/12/22)

ネット接続機器を狙う攻撃に備えて――JPCERT/CCが注意喚起
インターネット接続機器へのマルウェア感染を狙ったとみられる攻撃が多数観測されており、長期休暇に備えた点検や対策を呼び掛けている。(2016/12/22)

日本型セキュリティの現実と理想:
第38回 人工知能がセキュリティ対策にもたらす未来・後編
セキュリティ対策と人工知能の組み合わせは、それ自体が目新しいものではないものの、脅威環境が変化したことで、今後はマルウェア検知でどんどん普及していくだろう。今回はその先にある人工知能のさらなる可能性について述べる。(2016/12/22)

変わるWindows、変わる情シス:
第15回 「Windows 10」のモバイル版って、iOSやAndroidよりどこがいいの?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はモバイル向けOS「Windows 10 Mobile」の最新情報について。(2016/12/22)

ゾンビにならない! ボットネットから身を守るには
サイバー攻撃者に操られたコンピュータは「ボット」(あるいはゾンビ)と呼ばれます。これからのIT時代に注意すべき「ボットネット」の対策とは?(2016/12/22)

PR:すべての人に4Kを――Philipsで選ぶ最新ディスプレイ
4K時代をリードするPhilipsで適材適所なディスプレイを選ぼう。(2016/12/22)

対策を後回しにしていないだろうか?
「分かっているつもりで見過ごしがち」なモバイルセキュリティ、5つの“落とし穴”
業務利用のモバイルデバイスが増える中、IT担当者は、こうしたデバイスに付きまとう主要なセキュリティ脅威と、侵害の防止方法を頭に入れておかなければならない。(2016/12/22)

セキュリティ強化はDaaS利用が最適解
クラウドネイティブ時代のデスクトップセキュリティを考える
業務効率化やサイバー攻撃対策として、デスクトップ仮想化(VDI)の導入を検討したものの、初期導入コストやサイジングの煩雑さにつまづくことが多い。解決のヒントは。(2016/12/21)

銀行情報を狙うAndroidマルウェア、世界で被害拡大 ファイルを人質に取る機能も実装
モバイルバンキングマルウェア「Faketoken」の被害が世界27カ国に広がり、2000本以上の金融アプリが標的にされている。ユーザーのファイルを暗号化して人質に取るランサムウェアの機能も加わったという。(2016/12/20)

セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2016レポート:
積雪を溶かす熱い講座で情報セキュリティを学んだ2日間
2016年11月5〜6日、札幌で「セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道 2016」が開催された。スマホゲームや法律、クラウド、ハードウェアなど、多角的な視点からサイバーセキュリティを考えるべく行われた講義の模様をレポートする。(2016/12/20)

eT-Kernel Compact:
最新ARMv8-MアーキテクチャをサポートしたリアルタイムOS
イーソルは、同社が提供するリアルタイムOS「eT-Kernel」がARM Cortex-Mファミリー向けの最新ARMv8-Mアーキテクチャをサポートしたことを発表した。(2016/12/20)

ビジネス向け機能も充実
Excel、PowerPointも使える「Windows 10 Mobile」が機能強化 本格普及の鍵は?
Microsoftの最新モバイルOS「Windows 10 Mobile」はビジネスフレンドリーな機能を多数備える。どのアプリケーションやツールが企業にとって特に有用なのだろうか。(2016/12/20)

Computer Weekly製品ガイド
クラウドバーストの利用が伸びない理由
クラウドバーストの魅力は理解しやすい。だが少なくとも現時点では、それに伴う複雑さがメリットをかき消している。(2016/12/20)

現場に寄り添うソリューションでなければ意味がない:
PR:ユーザーに多くを求めず、マルウェアへの対処を自動化する――日立ソリューションズとトレンドマイクロ、連携の真意とは
2016年7月、マルウェア検知/自動遮断のためのソリューションを共同で発表した日立ソリューションズとトレンドマイクロ。その狙いは何なのか? 両社のキーマンに聞いた。(2016/12/20)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ビジネスを守るサイバーセキュリティに強い会社の作り方
企業・組織の事業継続にとってサイバーのリスクは大きな課題となっている。これからのセキュリティ対策はどうあるべきか――ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは官民を挙げた新時代のセキュリティが提示された。(2016/12/19)

ランサムウェアに身代金を払う企業は7割――IBMが米国実態を調査
企業幹部の25%は、データにアクセスできるなら2万ドル〜5万ドルを支払ってもいいと回答した。(2016/12/16)

欧州のランサムウェア対策組織、無料の復号ツールを提供拡大
マルウェア対策プロジェクトの「No More Ransom」にセキュリティ企業や国家警察など30以上の組織が加入。被害者のデータを取り戻すための無料ツール32本が加わり、被害者救済が進む見通しだ。(2016/12/16)

NEC、機密情報の漏えいを防止する「秘密計算」の高速化手法を開発
データを暗号化したままで処理する「秘密計算」を従来比14倍高速化し、大規模な認証システムで利用できる性能を実現。強固なセキュリティを必要とする認証サーバや分析用データベースなどへの適用を想定する。(2016/12/16)

組み込み開発視点で見る「IoTの影」(4):
「IoT」のためだけではない、セキュアなプラットフォーム
今回は「プラットフォーム」の話をしようと思う。はやりの「セキュアOS」というコンセプトと現在のハードウェアが抱える課題についてである。これらの問題を鳥瞰することで、組み込み開発者が「どこまで」を開発の範囲とするのかが浮かび上がる。(2016/12/16)

それぞれのメリット/デメリット
Dockerで永続ストレージを実現する4つの方法
デフォルトのDockerは永続ストレージをサポートしていなため、コンテナの削除によってデータも失われる。だが、ここで紹介する方法を使えば永続ストレージを利用できる。(2016/12/16)

年末年始のセキュリティ対策、インシデントや製品のサポート終了に備えて
IPAとJPCERT/CCが年末年始の長期休暇に備えたセキュリティ対策を呼び掛けた。ソフトウェアの更新や機器などの持ち出し、緊急連絡体制の点検など注意事項を紹介している。(2016/12/15)

日本型セキュリティの現実と理想:
第37回 人工知能がセキュリティ対策にもたらす未来・前編
どんどん進化する人工知能は、既にニュースなどでも取り沙汰されることが珍しくなくなった。この人工知能の進化が今後セキュリティ対策に何をもたらすのかについて述べる。(2016/12/15)

3ステップで対策
社員が怪しいリンクを踏んだ、そのときセキュリティチームはどう動くべきか
社員が悪意あるリンクをクリックした場合の対応は、企業がセキュリティを維持する上で重要だ。どんな手を打つべきなのか。(2016/12/15)

最大の課題はエンドユーザーの安心
2017年の「Windows 10」はどうなる? 3人の専門家が予測する次の注目機能
2017年、「Windows 10」のセキュリティ機能やアップデートはどうなるのだろうか。企業のIT管理者のために、3人の専門家が予想した。(2016/12/15)

アドビシステムズ株式会社提供ホワイトペーパー
攻撃者に狙われやすいPDFファイル、今すぐできるセキュリティ対策は?
さまざまなデバイスで閲覧できるPDFファイル。その利便性がサイバー攻撃の狙い目とされていることは意外に知られていない。そこで、PDFを利用する全ての企業がすぐに実行できるセキュリティ対策の重要ポイントを解説する。(2016/12/15)

Computer Weekly製品ガイド
クラウドバーストのメリットとデメリット
誇大に宣伝されているクラウドコンピューティングの恩恵は、移植性や互換性問題によって陰りが生じることもある。(2016/12/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。