ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

マルウェア に関する記事 マルウェア に関する質問

「マルウェア」最新記事一覧

Flash Playerの最新版が正式リリース、2件の脆弱性を修正
攻撃に使われていた脆弱性を含む2件の脆弱性を修正するFlash PlayerのアップデートがWindows、Mac、Linux向けに正式リリースされた。(2015/1/28)

Flash Playerの臨時パッチがリリース、攻撃発生の脆弱性に対処
脆弱性を修正した最新版のFlash Player 16.0.0.296は、自動更新を有効にしているデスクトップ版のユーザー向けに米国時間の1月24日から提供を開始した。(2015/1/27)

Computer Weekly製品導入ガイド
エンドポイントマシンを守るための多層防御
端末とシステムの安全を守るためには、マルウェア対策の域を越えたセキュリティポリシーやBYOD戦略、ユーザー教育が必要になる。(2015/1/27)

AdobeがFlash Playerの臨時パッチを公開、なお未解決の脆弱性も
Flash Playerの最新版にはまだ未解決のままの脆弱性が残り、サイバー攻撃の発生が伝えられている。(2015/1/23)

デル、3Dカメラ搭載、解像度2560×1600ピクセルの6ミリボディタブレット「Venue 8 7000」を1月27日から日本出荷
2014年9月のIDF登場後、RealSence 3D対応カメラとハイスペック構成で注目のタブレットが日本出荷を決定。新しいワークスタイルを支えるセキュリティスイートも発表した。(2015/1/22)

デル、モバイル向けセキュリティスイート製品を発表
セキュリティスイート製品「デル データプロテクション」を発表した。(2015/1/22)

撮影後にピント合わせも デル、3基のカメラで3D撮影できるタブレット「Venue 8 7000」国内発売
3基のメインカメラを搭載するAndroidタブレット「Dell Venue 8 7000」が国内発売。写真に3Dデータを埋め込み、撮影後でもピントを調整したり空間内の距離を測ったりできる。(2015/1/22)

Flash Playerに未解決の脆弱性、攻撃ツールで悪用可能も
Flash Playerの未解決の脆弱性が脆弱性悪用ツールの「Angler」に利用されているという。脆弱性はFlash最新バージョンも影響を受ける。(2015/1/22)

米情報機関、ソニー攻撃以前から北朝鮮を監視か
報道によると、米国家安全保障局は韓国の北朝鮮監視プログラムを利用して北朝鮮に関する情報を収集。北朝鮮のハッカーが使っているコンピュータやネットワークにマルウェアを仕込んでいたという。(2015/1/20)

「3つの落とし穴」から学ぶ
“危険なスマホ”払拭に「Webフィルタリング」が有効な理由
Webフィルタリングの保護対象はクライアントPCだけではない。周辺製品との連係で、企業利用が進むスマートデバイスのセキュリティ対策にも生かそうとする動きがある。その具体例を見ていこう。(2015/1/16)

「6割の企業はサイバー攻撃受けず」はホントか?
IPAが国内企業に実施した調査で約62%が「サイバー攻撃を受けなかった」と答えた。しかし、回答企業が実態を把握できているかは不透明だ。(2015/1/16)

Office 365運用管理入門(3):
Exchange Onlineでメールのセキュリティ対策を設定する
今回はセキュリティの観点から、Exchange Onlineでの電子メールの運用方法を解説する。(2015/1/16)

PR:IoT時代のセキュリティを――「2015 CES」で明かされたMcAfeeの新技術
ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「2015 CES」では、IoT時代に向けたIntel Securityブランドの最新セキュリティ技術「True Key」が披露された。現地からその詳細をリポートしよう。(2015/1/16)

2014年 記事ランキング(セキュリティ編)
米ハッカー集団「TAO」に悪寒 2014年、セキュリティで最も読まれた記事は?
米NSAのハッカー集団「TAO」から、OpenSSLの脆弱性「Heartbleed」まで、2014年はセキュリティ関連のさまざまな話題を取り上げました。2014年の記事ランキングで振り返ります。(2015/1/15)

FFRI、マルウェア自動解析製品を更新 検出能力を強化
不正プログラムを検出する新エンジンの搭載や解析結果を外部システムで利用するための連携機能の強化などを図っている。(2015/1/14)

CODE BLUEレポート:
脆弱性を見つける人、対応する人、使う人、皆がハッピーになるヒントとは
2014年12月18日、19日の2日間にわたって開催された日本発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE」には、国内はもちろん、イスラエルやベルギー、スウェーデン、米国、ロシア、韓国、香港など、多様な国から約450人が参加した。多数の講演の中から、脆弱性情報の扱い方に関する話題をピックアップしてお届けする。(2015/1/13)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
組織の内外で高まるセキュリティのリスクと脅威を乗り切る方法とは?
標的型攻撃や内部不正など企業を取り巻くセキュリティの脅威が一段と激しさを増している。対策が難しくなる中で有効なアプローチをどうとるべきか――ITmedia エンタープライズ編集部主催セミナーでユーザー企業の取り組みや最新の動向などが解説された。(2015/1/9)

妥当性確認技術による脅威検出
この10年で分かったセキュリティソフトの限界、ブラックリスト頼みはもうダメ?
多くのセキュリティツールで使用されているブラックリスト方式には重大な弱点があることがこの10年間で明らかになっている。企業環境全体のセキュリティを強化する方法を紹介する。(2015/1/9)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(3):
サーバーにもWindows Defenderが標準搭載に
本連載第1回では、Windows Serverの次期バージョンから削除される役割と機能を説明しました。今回は、次期バージョンに追加される予定の機能の一つ「Windows Defender」を取り上げます。(2015/1/8)

マクロ悪用のマルウェアが急増、Microsoftが注意呼び掛け
ユーザーをだまして手作業でマクロを有効にするよう仕向ける手口が急増。この手口を使うマルウェアは日本でも検出されているという。(2015/1/6)

犯罪行為そのものを失敗させる多層的な防御
サイバー攻撃から情報資産を守る“犯罪ロジック”分析とは?
高度化するサイバー攻撃は従来のセキュリティ技術だけではもはや防御しきれない。マルウェアの挙動や攻撃の通信の遮断だけに限らない、犯罪が成立する“行為”そのものに焦点を当てたツールが今注目されている。(2015/1/6)

半径300メートルのIT:
「Macはウイルスに強い」という幻想
2014年10月、Mac OSを狙うマルウエアが登場。Microsoft Officeの海賊版など偽の業務アプリをダウンロードさせて感染を狙います。オフィス内のMacが珍しくない今日、どのような対策が必要でしょうか?(2015/1/5)

DNSソフト開発元サイトがダウン、利用者にマルウェア検査を要請
BIND 9やDHCPなどの提供するInternet Systems ConsortiumのWebサイトにマルウェアが仕掛けられた可能性がある。(2014/12/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(1):
次期Windows Serverから消えそうな役割と機能、そして対策
企業のIT部門/IT管理者の方には、Windows 10以上に気になる存在である次期Windows Server。まだまだ謎の部分も多いのですが、本連載では現行バージョンとの比較でその全容を明らかにしていきます。(2014/12/24)

ホワイトペーパー:
なぜ複雑さがITセキュリティの大敵なのか
IT環境の複雑さによって引き起こされるセキュリティ上の新たな課題と、その課題を解決する方法について分析するホワイトペーパー。(2014/12/24)

マルウェアがHDDの全データを上書き
映画流出より怖い? ソニー・ピクチャーズの「社内データ削除」はこうして起きた
米Sony Pictures Entertainmentを狙ったサイバー攻撃では、HDDのデータを消去するマルウェアが利用されたという。具体的にどのようなマルウェアだったのだろうか。(2014/12/23)

ホワイトペーパー:
中堅・中小企業のマルウェア対策 PC、サーバ、モバイル端末、仮想化環境をまとめて守るには?
中堅・中小企業のIT部門にとって、高度化するサイバー攻撃への対応と多様化するデバイスやIT環境の保護は、大きな課題だ。PC、サーバ、モバイル端末、仮想化環境を含む全てのエンドポイントを保護するにはどうすればいいか?(2014/12/22)

FBI、「SPE攻撃は北朝鮮が関与」と公式発表
米連邦捜査局はソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)への大規模サイバー攻撃は「北朝鮮政府に責任があると判断するに十分な情報を持った」と発表し、「こうした脅迫は国家として許されるものではない」と非難した。(2014/12/20)

「SPE攻撃は北朝鮮が命令」と米当局が判断か、依然疑問の声も
米主要メディアは、ソニー・ピクチャーズへの攻撃は北朝鮮政府の命令で実行されたと米当局が断定したと伝えた。一方で、攻撃には内部関係者が絡んでいて、国家の仕業に見せかける狙いで北朝鮮説に便乗したとの見方もある。(2014/12/19)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
サイバー攻撃はもう古い サイバー戦争が“身近に”なる証拠
ソニー・ピクチャーズに対するサイバー攻撃は、これまでとは次元が異なる「サイバー戦争」のようにも言われているが、既に「サイバー戦争」が当たり前になったことを示す事実が幾つも存在するのをご存じだろうか。(2014/12/19)

山市良のうぃんどうず日記(22):
空き領域不足のWindowsタブレットを劇的ダイエット
本連載第15回で登場した、主に家族用のPCとなっているわが家のちょっと古いWindowsタブレットのその後の話。ついに、空き容量が1GB台になってしまいました。(2014/12/19)

週間記事ランキング
iPhone信者もうらやむ「Xperia Z3 Compact」の圧倒的な魅力とは
5インチ未満のスマートフォンを求めるユーザーをがっかりさせない性能を持つ「Xperia Z3 Compact」を徹底レビュー。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/12/19)

年末年始でも忘れずに:
冬休みに気をつけたいセキュリティ対策(社員や職員編)
毎度おなじみですが、年末年始の長期休暇で注意すべきセキュリティ対策のポイントをお届けします。一般の社員や職員の方が対象です。(2014/12/18)

年末年始でも忘れずに:
冬休みに気をつけたいセキュリティ対策(システム管理者編)
毎度おなじみですが、年末年始の長期休暇で注意すべきセキュリティ対策のポイントをお届けします。こちらはシステム管理者向けです。(2014/12/18)

モバイルマルウェア「Xsser」の脅威拡大、中間者攻撃の恐れも
iOSやAndroidを狙う「Xsser mRAT」がサードパーティのアプリストアで拡散し、感染端末が攻撃者によって遠隔操作されるなどの恐れがあるという。(2014/12/18)

Windowsカーネルへの攻撃も遮断、国産セキュリティ対策技術を開発へ
NTTコミュニケーションズと日本マイクロソフト、FFRIが連携し、標的型サイバー攻撃対策の新たなサービスを開発する。(2014/12/18)

中国企業のAndroidスマホにバックドア、セキュリティ企業が発見
Palo Alto Networksによると、中国のメーカーCoolpadが同国で販売しているスマートフォンの大多数に、バックドアが仕込まれていることが分かった。(2014/12/18)

Google、Gmailで新しいセキュリティ仕様に対応
Content Security Policyでは不正な拡張機能やマルウェアによる危険なコードの読み込みを防止できる。(2014/12/17)

日本を狙う「身代金要求ウイルス」 ファイルロックで30万円請求
ファイルを暗号化し、復号化してほしいなら身代金を支払えと要求するマルウェアが増加している。(2014/12/17)

セキュリティ業界、1440度(12):
高度なマルウェアを解析するには“触診”が一番? 「PacSec 2014」リポート
2014年11月12日〜13日、セキュリティカンファレンス「PacSec 2014」が東京で開催されました。1日目の講演をリポートしましょう。(2014/12/17)

2015年に心配無用のセキュリティ予測
セキュリティの脅威に関する様々な予測が発表されているが、ネットワークセキュリティ企業のWatchGuardは、「懸念が不要」という予測も紹介している。(2014/12/16)

Webサービスに必要な7つの対策
氾濫する脆弱なWebサービス、セキュリティ対策の後れを取り戻すには
被害が深刻化する日本のWebサイト/Webシステム攻撃の現状、そして既存のセキュリティ対策の実態についてセキュリティの有識者が対談した。情報システム部門が行うべきセキュリティ対策とは?(2014/12/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
市場調査に見る効果的なセキュリティ投資のポイント
多くの企業が予防的なセキュリティコントロールや脅威インテリジェンスへの投資増を計画している。(2014/12/16)

闇市場で売買される情報と攻撃ツールのお値段
サイバー犯罪が“活況”を呈している背景には、闇市場での経済圏の拡大があるという。盗み取られた情報の相場や攻撃に使われる有償サービスなどの実態はどのようなものか――。(2014/12/15)

IDCが市場のプラス成長を予測
「マルウェア対策ソフトは終わった」は本当なのか?
エンドポイントのマルウェア対策ソフトウェアは長年、効果が疑問視されてきた。だが、最新のIDCリポートはエンドポイントセキュリティ市場の成長を予測している。(2014/12/15)

アライドら5社、「オフィス環境向けSDNソリューション」で連携
アライドテレシスがオフィス環境向けのSDNソリューションを発表。データセンターやクラウド分野で採用が進むSDNを、人事系やIT資産システムなど企業内ITの効率化を目指すための新たな方向性を打ち出した。トレンドマイクロらパートナー4社と連携して取り組む。(2014/12/11)

Tech TIPS:
UACのダイアログが頻繁に表示されたりWindows Defenderが起動できなくなった場合の対処方法(KB3004394パッチ編)
2014年12月10日にリリースされた一連の更新プログラム(パッチ)をWindows Updateなどで適用すると、Windows Defenderが起動できなくなったり、発行元が「不明」となっているUAC(ユーザーアカウント制御)のダイアログが頻繁に表示される、といった不具合が報告されている。KB3004394のパッチをアンインストールすると、これらの不具合は解消される。(2014/12/12)

業種で異なるマルウェアの侵入経路、“使い捨て”化で検知回避を狙う
教育やハイテク、医療業界でのマルウェア感染が続き、侵入経路も業界によって違いがあることが分かった。(2014/12/11)

ワンタイムパスより便利? 「スマホ認証」、常陽銀行がネットバンクに採用した新機能
サイバー攻撃での被害額が急増する中、金融機関はネットバンクサービスの安全性と利便性を高めるため、どんな対策を進めているか。常陽銀行がシマンテックの新機能「VIP Access Push」を導入した。(2014/12/11)

2015年に予測されるセキュリティの脅威、9つ
2014年後半も新規マルウェアやサイバー攻撃が激増しており、マカフィーはこうした実態をもとに2015年のセキュリティ脅威を予測する。(2014/12/11)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。詳細は2015年1月に発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。