ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファイルシステム」最新記事一覧

Hadoopとストレージシステムの良い関係【後編】
Hadoopの悩みとさよならできる、脱「HDFS」をかなえるストレージシステム4選
「Apache Hadoop」の要ともいえる分散ファイルシステム「HDFS」には課題も少なくない。HDFSを使わなくても済むようになる、4つのストレージシステムを紹介する。(2016/8/30)

Hadoopとストレージシステムの良い関係【前編】
Hadoopトラブルの“真犯人”、「HDFS」を使わずに済む代替手段とは
「Apache Hadoop」の要ともいえる分散ファイルシステム「HDFS」。その課題を回避するために、共有ストレージシステムを使用するユーザー企業が増えている。その理由を紹介する。(2016/8/29)

最小構成の参考価格は677万円:
シスコがハイパーコンバージド製品「Cisco HyperFlex」を国内発表、独占OEMソフトで強化
シスコシステムズは2016年4月11日、ハイパーコンバージドインフラ製品「Cisco HyperFlexシステムを国内発表した。この種の製品としては低価格な部類に入る。米Springpathから独占的にOEM供給を受けたファイルシステム/ストレージソフトウェアも大きな特徴。(2016/4/11)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(12):
サーバー仮想化技術を支える「ファイルシステム」を理解しよう
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第12弾は、サーバー仮想化技術を採用したシステムの運用には必須の『ファイルシステムの基礎知識』を紹介します。(2015/9/1)

代替技術は生まれるか?
クラウド化で議論が進む「ファイルシステム限界論」
非構造化データの爆発的な増加やクラウドのような技術の普及を受け、従来のファイルシステムで対応できるのかという疑問が出ている。(2015/8/3)

Windows OS入門:
第9回 Windowsのファイルシステムの概要とFATファイルシステム
Windowsを使っていてディスクサイズやファイルサイズの制限に引っかかったことはないだろうか? こうしたトラブルに遭わないように、ファイルシステムの概要や、特にFATの仕様を把握しておこう。(2015/7/16)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第3回 「ファイルシステムの分離」とは? chrootで試して理解しよう
なぜ企業がDockerに着目するのか、今後の“攻めのIT”に必要と言われているのか。情シスにその知識があると“強くなる”はずです。今回は簡易テスト環境で「chrootによるファイルシステムの分離」を体験する方法を紹介します。(2015/7/8)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(5):
乱立するファイルサーバーはDFSで一元管理
「分散ファイルシステム」(DFS)は、ファイルサーバーへのアクセスを簡素化したり、高可用性や負荷分散などを提供したりするWindows Serverの標準機能である。今回は、DFSを解説する。(2015/3/16)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :Windows 8をめぐる中国 vs. Microsoft
巻頭特集は、対立を深める中国とMicrosoftの現状をリポート。他に、数々の失敗を乗り越えて分散ファイルシステムにRAIDを展開したFacebook、Oracleフリーを目指してPostgreSQLに移行した英気象庁事例、キャッシュ技術最新動向などをお届けする。(2014/8/18)

バグや失敗をどう解決した?
失敗から成功まで、HDFSでRAIDを利用するFacebookの挑戦
FacebookはHadoop分散ファイルシステムにRAIDを展開して、容量削減を実現した。だが、当初は期待通りに削減できず、データの破損に悩まされた。彼らはいかにして課題を解決したのだろうか。(2014/7/17)

GPU対応機能も改善:
Linuxカーネル3.12公開、オフライン重複排除などを実装
Linuxカーネルの新バージョン「Linux 3.12」が公開された。Btrfsファイルシステムのオフライン重複排除機能などを実装した。(2013/11/6)

Tech TIPS:
WindowsでHyper-Vの仮想マシンに物理ディスクを接続する(パススルーディスクの使い方)
Hyper-Vの仮想マシンでは仮想ディスクのほかに、物理ディスクを直接接続できる。これをパススルーディスクという。ファイルシステム処理を経由しない分だけオーバーヘッドが少なく、パフォーマンスはいくらか向上するが、運用に当たっては幾つか制約がある。その設定方法は?(2013/8/9)

Tech TIPS:
FATとexFATの違い
exFATは、FATをベースにして、より大きなボリュームサイズやファイルサイズをサポートした、パーソナルストレージ向きのファイルシステムだ。NTFSよりもシンプルで実装しやすく、SDXCメモリカードやデジタル機器などでのサポートも進んでいる。FATとの具体的な違いをまとめる。(2013/7/29)

分散KVSを使ったファイルシステム「okuyamaFuse」(2):
okuyamaFuseの使い方
分散KVSでファイルシステムを作ってしまった! 前回記事でfuseを使ったファイルシステム作成の前提を紹介しました。今回は、実際の環境を作って試してみましょう。(2013/7/22)

Tech TIPS:
WindowsのNTFSとReFSの違い
Windows Server 2012で導入されたReFSは、耐障害性やスケーラビリティを向上させた新しいファイルシステムである。だがNTFSと比較すると不足する機能も少なくない。両者の違いをまとめておく。(2013/7/19)

分散KVSを使ったファイルシステム「okuyamaFuse」(1):
僕たちが分散KVSでファイルシステムを実装した理由
データベースで使われるKVSの仕組みをそのままファイルシステムに使ったら? okuyamaの開発者たちがファイルシステムを実装してみたらこうなった。(2013/5/14)

MacからLinuxにフルアクセス:
パラゴン、ファイルシステムドライバの最新版「Paragon ExtFS for Mac OS X 9」
パラゴンソフトウェアは、OS XからLinuxファイルシステムへのフルアクセスを可能にするファイルシステムドライバ「Paragon ExtFS for Mac OS X 9」を発売した。(2013/4/30)

日本HP、Excelでビッグデータ分析できるDWHアプライアンスを発売
日本HPは、分散ファイルシステム上のデータをMicrosoft ExcelやWebブラウザ上で活用できるアプライアンス製品を発売した。(2013/4/23)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第7回 信頼性とスケーラビリティを高めた新ファイル・システムReFS
年々大容量化するディスクや仮想ディスクなどの普及により、大容量のストレージを生かすファイル・システムが求められている。高い信頼性とスケーラビリティを実現した新しいファイルシステムReFSについて解説する。(2013/4/4)

デスクトップからスーパーコンピュータまで:
ZFS on Linux最新版リリース、「重要なマイルストーン」に到達
高性能ファイルシステムZFSをLinuxに移植した「ZFS on Linux」の最新版となる0.6.1が公開された。幅広い環境に対応できる「重要なマイルストーン」に到達したという。(2013/4/2)

ファイルシステム周りでいくつかの改善:
さらば386プロセッサ――Linuxカーネル 3.8、リリース
Linuxカーネルの最新版となる「Linux 3.8」が2月18日に公開された。ファイルシステム周りでいくつかの改善が盛り込まれた一方、事前に伝えられていた通り、386プロセッサのサポートは打ち切られた。(2013/2/21)

ファイルシステムの基礎知識(3):
仮想化環境でファイルシステムのパフォーマンスを引き出すには?
仮想マシンのファイルシステムを最適化するには? 仮想化の手法によって最適化のポイントが異なることを理解しておこう。(2012/11/13)

ファイルシステムの基礎知識(2):
ファイルシステムの技術
ハードディスク、あるいはブロックストレージと呼ばれるものにファイルシステムを適用することで、データの保存や整理、利用が可能になる。ではファイルシステムとは何か?本連載では、知っているようで分からないことの多い、このファイルシステムについて基礎から説明する。(2012/10/2)

ファイルシステムの基礎知識(1):
ファイルシステムを意識しよう
ハードディスク、あるいはブロックストレージと呼ばれるものにファイルシステムを適用することで、データの保存や整理、利用が可能になる。ではファイルシステムとは何か?本連載では、知っているようで分からないことの多い、このファイルシステムについて基礎から説明する。(2012/8/24)

デル、運用管理を簡素化したユニファイドストレージ製品を発売
PowerVaultシリーズとして初めて分散型ファイルシステム「Dell Fluid File System」を採用し、運用管理を簡素化するという。(2012/8/8)

知ってトクするシステムコール(7):
共有メモリとファイルシステム――その2
mmap(2)で共有メモリを実装する方法はいくつかある。前回、各方法ごとに性能を検証したところ、大きな違いは見られなかった。そこで今回は共有するデータサイズを100MBにして、あらためて性能の違いを調査していく。(編集部)(2012/8/7)

知ってトクするシステムコール(6):
共有メモリとファイルシステム――その1
今回は、mmap(2)で共有メモリを実装すると処理能力の向上が見込めること、そしてその実装方法にはいくつもの選択肢があることを紹介し、次回以降の比較につなげていく。(編集部)(2012/7/6)

NTFSはもう古い?
Windows Server 2012のファイルシステムReFSの長所/短所
Windows Server 2012に搭載される新ファイルシステム「ReFS」。ファイルの整合性の確保など、多くの点でNTFSより優れるReFSだが、幾つか制約事項もある。(2012/6/20)

単一ファイルシステムで最大容量15.5ペタバイト、EMCのストレージ新製品
EMCジャパンは、スケールアウト型NAS「Isilon」の新製品を発売した。(2012/6/18)

キャッシュ、ジャーナリングモードなどなど
Linuxのext4ファイルシステムのチューニングTips
Linuxのext4ファイルシステムは標準的なシステムに合わせた設定が施されている。幾つかの設定を見直すことで、パフォーマンスを最適化できるかもしれない。(2012/4/26)

NEWS
スケールアウトNASにHadoopの分散ファイルシステムを統合 EMC
Hadoopの構成要素である分散ファイルシステムをスケールアウトNASに統合。システムの拡張性やデータ保護機能を提供することで、ビッグデータ分析基盤の構築を支援する。(2012/3/2)

HDFSと独自の分散ファイルシステムを搭載、富士通がビッグデータ向けソフトを提供
Hadoopの単一障害点の課題に対処するため、独自の分散ファイルシステムを搭載することで信頼性や処理性能の向上を図ったという。(2012/2/27)

世界最高性能のスケーラブルファイルシステム富士通のFEFS:
PR:高性能ファイルシステムで製造業の大規模解析をもっともっと速く!
高性能なファイルシステムは、もうスーパーコンピュータ(スパコン)の世界だけのものではなくなった。スパコン「京」で世界一を獲得した富士通のテクノロジーで、設計・開発力を大幅に強化し、競合他社にいち早く差をつけよう。さらに、大規模な解析データを素早く処理することができるスループット性能No.1である富士通のファイルシステム「FEFS」なら、PCクラスタの性能を余すところなく引き出すことが可能だ。(2011/11/28)

iSCSIストレージ大手のデルがスケールアウトNAS製品に本気
データ増大に立ち向かえ! iSCSIストレージにファイルサーバ機能を追加
非構造化データで需要の高いNAS(ファイルサーバ)だが、簡易的なNASを複数増設し、管理に問題を抱える企業も多い。iSCSI大手のデルは、独自のファイルシステムを搭載したNASゲートウェイという手法でNAS問題解決を図る。(2011/11/22)

富士通、並列分散処理に対応したファイルシステム製品を発売
計算ノードとファイルシステム間の総スループット値が、世界最高という最大毎秒1テラビットを実現している。(2011/10/17)

NEWS
デル、高可用性ファイルシステムを搭載した中小規模向けNASストレージ
デルが中小規模向けのNASストレージを販売開始した。iSCSIストレージアレイと組み合わせることで、ブロック/ファイル単位でのアクセスを単一プラットフォームで可能にする。(2011/4/22)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(11):
tarファイルシステムをAndroidに組み込む!!
最終回では、前回使用したAndroid搭載ボードにオリジナルのファイルシステム「tarfs」を組み込む方法を紹介する!(2011/3/10)

RAIDの限界を“シングルファイルシステム”で解消:
PR:アイシロンのスケールアウトNASはRAIDを超える
エンタープライズ市場でストレージといえば、暗黙のうちにRAIDが想定される。しかし、実は10年ほど前から新しいアーキテクチャとしてスケールアウトNASが利用可能になってきている。スケールアウトNASは、大規模な“シングルファイルシステム”を実現することで従来のRAIDストレージで不可避とされていた運用管理負荷をなくし、次元の異なる使い勝手を実現できるのだ。(2011/2/8)

ストレージ仮想化の体系的理解(2):
ファイルシステムの仮想化とは何か
広義ではRAIDもストレージ仮想化の1つだ。だが、過去数年にわたり、それよりも上位レイヤのさまざまな仮想化が、ブロックストレージやNASに実装されるようになってきた。クラウド化の進行とともに注目が高まるスケールアウト型ストレージも、ストレージ仮想化の一形態だ。本連載では、ストレージの世界で一般化する仮想化について、体系的に説明する(2011/1/26)

FC、iSCSIにも対応:
日立、企業内に「コンテンツクラウド」を構築する仮想ファイルプラットフォームを発表
日立が発表した「Hitachi Virtual File Platform」は、ファイルシステム容量の拡張やFCおよびiSCSIへの対応で、企業内のストレージ統合を図る製品だ。(2010/10/27)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(7):
仮想ファイルシステムのありがたみを知ろう = ファイルシステム種別とスーパーブロックについて =
Linuxカーネルでファイルシステム全体を管理する「ファイルシステム種別」と「スーパーブロック」について解説する(2010/9/1)

日本HP、LTO-5対応の大規模テープライブラリ発表――テープ上にファイルシステムを再現する新機能も
日本HPは、LTOの最新世代「LTO-5」に対応した大規模テープライブラリを発表。膨大な映像データのアーカイブ需要がある放送・医療業界に向くという。テープに保存された目当てのデータに直接アクセスできる新機能も提供する。(2010/7/26)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(5):
tarファイルに魔法をかけてみよう! その2 = マウントの仕組み =
今回は、tarfsのメタデータを実際に作るコマンドと、tarファイルをファイルシステムとしてマウントするまでの流れを解説する(2010/6/3)

PowerShell的システム管理入門:
第3回 ファイル/レジストリの操作
PowerShellではファイルシステムだけでなく、レジストリや環境変数なども同じ方法でアクセスできる。その操作方法を解説する。(2010/5/19)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(4):
tarファイルに魔法をかけてみよう! その1 = tarfsのデータ構造 =
今回と次回の2回に渡って、「tarfsのデータ構造」と「ファイルシステムとしてマウントするまでの処理の流れ」について解説(2010/5/10)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(3):
ファイルシステムってそんなに簡単に作れるの?
Linuxカーネルとtarファイルの構造を理解し、オリジナルのファイルシステム「tarファイルシステム」の設計をはじめよう(2010/4/5)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(2):
素晴らしきファイルシステムのデータ管理
ファイルシステムが一体どうやってデータを管理しているのか? 単純な例を挙げながらその仕組みを詳しく解説しよう(2010/3/2)

Microsoft、パナソニックに大容量ファイルシステム「exFAT」のライセンスを供与
Microsoftが、フラッシュドライブ向けの大容量ファイルシステム「exFAT」のライセンスをパナソニックに供与する。(2010/2/26)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(1):
ないと困る!? ファイルシステムのありがたみ
ファイルシステムの仕組みとは? まずは、当たり前のように使っているファイルシステムのありがたみを再認識しよう(2010/2/4)

Tech TIPS:
Windowsでファイルの最終アクセス日時の更新を無効にしてディスクへの書き込みを抑える
NTFSファイルシステムでは、ファイルが最後にアクセスされた日時を記録している。Windows OSではファイルの内容をシステムが読み出すことが多いため、この情報はかなり頻繁に更新される。この機能を無効化してパフォーマンスを高める方法とは?(2009/8/7)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。