ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファイアウォール」最新記事一覧

インターネットなどの信頼できないネットワークからの攻撃や、不正アクセスから組織内部のネットワークを保護するためのシステム。
ファイアウォール − @ITセキュリティ用語事典
-こちらもご覧ください-
ファイアウォールの基礎知識 - @IT
5分で絶対に分かるファイアウォール - @IT
ファイアウォール製品一覧 − TechTargetジャパン 情報セキュリティ

Cisco IOSなどに新たな脆弱性、ファイアウォールにも影響
ハッカー集団から流出したハッキングツールで悪用されていたのと同様の脆弱性がその後の調査で発覚した。Ciscoはソフトウェアアップデートの公開を予定している。(2016/9/20)

マルウェアを実行させない対策手法、パロアルトネットワークスが強化
パロアルトネットワークスは、エンドポイント向け対策製品を機能強化した。次世代ファイアウォールと最新の脅威情報サービスを組み合わせることで、対策効果を高めるという。(2016/9/14)

「ファイアウォールやIDSだけではネットワークを守れない」――米国の警戒発動
世界的にネットワーク機器を狙う攻撃が増えており、「周辺デバイスだけでは、もはやサイバー侵入からネットワークを守ることはできなくなった」とUS-CERTは指摘する。(2016/9/9)

米政府関与説の攻撃ツール、Juniperのファイアウォールも標的に
NSAの関与が指摘される「Equation Group」からハッキングツールが流出したとされる問題で、Juniper Networksのファイアウォールも標的にされていたことが判明した。(2016/8/24)

ネット売り出しの攻撃ツールにCisco製品の脆弱性、悪用を確認
NSAの関与が噂される「Equation Group」から流出させたというハッキングツールが売りに出された問題で、Ciscoのファイアウォールの脆弱性を突くコードが含まれていたことを同社が確認した。(2016/8/18)

アクト・ツー、Mac用セキュリティソフト「ウイルスバリア」「ネットバリア」最新版の販売を開始
アクト・ツーは、Mac対応アンチウイルスソフト「ウイルスバリアX9」およびファイアウォールソフト「ネットバリアX9」の販売を開始する。(2016/6/24)

リバーベッドが「SteelConnect」でSD-WAN市場に参入、次世代ファイアウォール機能搭載
リバーベッドは2016年4月26日、「Riverbed SteelConnect」を日米同時に発表し、SD-WAN市場に参入した。グローバルにポリシーを設定してネットワーク接続ポイントに一括配信できる機能や、アプリケーション、ユーザーの認識に基づくセキュリティ機能が特徴。(2016/4/27)

次世代ファイアウォールからプラットフォームに――パロアルトネットワークスが大規模な機能強化
パロアルトネットワークスが次世代ファイアウォール製品やセキュリティサービスを大幅に機能強化。クラウド対応を拡大し、脅威情報の提供もスピードアップさせる。(2016/4/15)

PR:あなたの会社は“新たな脅威”に対処できる?――旧機種との比較で分かる「次世代ファイアウォール」とは
セキュリティ対策は重要と分かっていても、コスト負担を考えると新規導入やリプレースは後回しという企業も少なくないはず。しかし数年前と比べると、企業を取り巻くセキュリティ脅威も変わりつつあるのだ。(2016/3/22)

「ファイアウォールはレガシー」のイメージは誤り?:
研究開発とさらなる高速化に力を注ぐチェック・ポイント
商用ファイアウォール製品の「元祖」ともいえる存在のチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ。同社は、サンドボックスやファイルの無害化といった新たなセキュリティ技術の研究開発と、さらなるパフォーマンスの向上に力を注いでいくという。(2016/3/3)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かる次世代/L7ファイアウォール
アプリケーションレベルでの通信を制御する次世代ファイアウォール(L7ファイアウォール)について、5分で解説します。(2016/3/3)

マルチテナント環境の運用効率化に寄与:
F5のBIG-IPが富士通のホスティングサービスに採用
富士通が提供するホスティングサービスのファイアウォールと負荷分散装置に、F5ネットワークスジャパンの「F5 BIG-IP」が採用された。ネットワーク機能を、顧客自身が設定可能になる。(2016/3/1)

ファイアウォールのアウトソースを考える
専門家に任せるファイアウォールの運用管理、その付加価値とメリットとは?
通信のセキュリティ確保に不可欠なファイアウォール。昨今は多機能/高機能製品も登場しているが、その運用や監視を継続するのは大変な業務だ。その負荷を少しでも軽減できる手段はないのだろうか。(2016/2/25)

「次世代ファイアウォール」の次を読む【後編】
セキュリティ企業の“誇大広告”に惑わされない「ファイアウォール」の選び方
ファイアウォール単体の機能で脅威に対処できる時代は終わった。現在の企業に求められるファイアウォールの在り方とは何か。製品選定時に考慮すべきポイントとは。(2016/2/23)

「次世代ファイアウォール」の次を読む【前編】
「ファイアウォールさえ入れておけば安心」な時代はもう終わった
セキュリティの中核要素としての役割を担う時代もあったファイアウォール。脅威の巧妙化やIT環境の多様化を前に、その重要性に変化が起き始めている。(2016/2/22)

ホワイトペーパー:
トップが語る「真の次世代ファイアウォールはここが違う」
近年、企業を狙う攻撃はさらに複雑化、高度化する中、企業はこれまでのセキュリティ戦略の再考を迫られている。新しい脅威に対抗するために、次世代ファイアウォールに求められる真の要件とは何か?(2016/2/18)

Fortinetのファイアウォールにもバックドア? 旧バージョンのOSに存在
Fortinetは否定し、「社内外の関係者の悪意ある行動に起因する問題ではないことを確認できた」としている。(2016/1/14)

特選プレミアムコンテンツガイド
新種の「次世代ファイアウォール」「社内ファイアウォール」は何が新しいのか
今や代表的なセキュリティ対策の1つとなったファイアウォール。その進化や多様化は現在も続く。主要な“新顔”である「次世代ファイアウォール」「社内ファイアウォール」は、何が新しいのだろうか。(2016/1/8)

ホワイトペーパー:
セキュリティのためのネットワークセグメンテーションを可能にする次世代ファイアウォールの実力
近年、企業はネットワークの大きな変化に直面しており、従来のセキュリティ戦略の見直しを迫られている。セキュリティのためのネットワークセグメンテーションの有用性とそれを可能にするソリューションについて解説する。(2015/12/28)

ホワイトペーパー:
企業のニーズを満たす真の次世代ファイアウォール製品とは?
企業が次世代ファイアウォールに求めるものは、セキュリティとパフォーマンスの両立だ。そのニーズに応えた“真の次世代ファイアウォール”の実力を確かめよう。(2015/12/24)

「標的型攻撃対策」の現実解【第4回】
丸分かり「標的型攻撃対策」:“ファイアウォール万能論”は危険、「出口対策」基礎の基礎
標的型攻撃対策における“最後の砦”となるのが、社内LAN/WANとインターネットとの間のセキュリティ対策である「出口対策」だ。その具体的な手法を説明する。(2015/12/21)

JuniperのファイアウォールにVPN通信解の脆弱性、政府機関の関与説も
脆弱性を悪用されればNetScreenの管理者権限を取得され、VPN接続を介したトラフィックを解読されてしまう恐れがある。米国家安全保障局(NSA)関与説や外国政府関与説も浮上している。(2015/12/21)

Maker's Voice:
ファイアウォールの父が考える未知の脅威の防ぎ方
従来のセキュリティ対策では未知の脅威を防げないとも言われる。ファイアウォールの父として知られる米Palo Alto Networks創業者兼CTOのニア・ズーク氏は、「日本企業もセキュリティ対策の在り方を再考に迫られるだろう」と語る。(2015/12/10)

ホワイトペーパー:
新種のファイアウォール、「次世代ファイアウォール」「社内ファイアウォール」って何だ?
今や代表的なセキュリティ対策の1つとなったファイアウォール。その進化や多様化は現在も続く。主要な“新顔”である「次世代ファイアウォール」「社内ファイアウォール」は、何が新しいのだろうか。(2015/12/9)

日本型セキュリティの現実と理想:
第11回 ファイアウォール今昔物語 標的型攻撃で花咲く次世代FW
仮に日本で標的型攻撃が起きなかったら、次世代ファイアウォールは世に出ず、ずっと“次世代”のままだっただろう。今回は次世代ファイアウォールの普及の道のりから日本のネットワークセキュリティ環境の遷移をひも解く。(2015/11/19)

フォーティネット、VMware NSXに統合可能な仮想FWを投入
仮想化データセンター基盤への次世代ファイアウォールの導入・展開や効率的な運用を実現するという。(2015/11/17)

セキュリティは「防御」から「検知」へ
「セキュリティ予算の7割がウイルス対策とファイアウォール」は時代遅れなのか?
防御に重点を置いたセキュリティ対策は、実害を確実になくすことはできない。CIOは、セキュリティ投資の在り方を再検討する必要がある。(2015/11/12)

日本型セキュリティの現実と理想:
第10回 ファイアウォール今昔物語 境界防御が生まれた日
ネットワークセキュリティの代名詞と言えるファイアウォール。ゲートウェイに防御壁を築いてネットワークの内側を安全にする「境界防御」の時代をもたらした。今回はファイアウォールの普及から現在に至る変遷を述べたい。(2015/11/5)

守りたいものを保護する境界を、ネットワーク内部にも
普通のファイアウォールとはここが違う 「内部分割ファイアウォール」とは何か
相次いで発覚した標的型攻撃では、最初の侵入後、内部ネットワークでの拡散を防止できなかったことが被害を広げる一因となった。企業が取るべきアプローチとは?(2015/10/23)

主要パブリッククラウドのネットワークを徹底比較【第2回】
AWSとSoftLayerのセキュリティ機能を比較、際立つ違いとは
AWSとSoftLayerのセキュリティ機能とロードバランサー機能を比較する。セキュリティ機能では、ファイアウォールやIDS/IPS、WAFを取り上げる。(2015/9/7)

普通のファイアウォールとどこが違う?
また出た新種のファイアウォール、「社内ファイアウォール」って何だ?
内部脅威の手段としてベンダーが訴求し始めた「社内ファイアウォール」。従来のファイアウォールと何が違うのか。その利点と課題を解説する。(2015/8/26)

導入時に確認する4つのポイント
もう間違わない、「次世代ファイアウォール」と「UTM」の違い
次世代ファイアウォール(NGFW)と統合脅威管理(UTM)システムの境界線は、ますます曖昧になっている。どちらを導入するのが適切かを判断できるようNGFW とUTMの違いについて紹介する。(2015/6/16)

ベンチマークテストでうまくいくネットワーク機器選び【第6回】
高機能なほどパフォーマンスが下がる? セキュリティゲートウェイのベンチマークはこう見る
今回はファイアウォール、次世代ファイアウォールに代表されるセキュリティゲートウェイについて、ベンチマークリポートを見ながら解説していく。(2015/4/16)

標的型攻撃対策が困難に ファイアウォールやSIEMを逃れる手口も
国内企業や組織への標的型サイバー攻撃ではセキュリティ製品の検知を逃れる手口が幾つも見つかった。分析したトレンドマイクロは「自前での対策は限界にある」と指摘する。(2015/4/15)

SDNでサイバー攻撃を自動防御、NECとパロアルトネットワークスが提携
次世代ファイアウォールで攻撃などを検知した際にネットワークを切り替えて被害の封じ込めなどを自動的に行えるようにする。(2015/3/30)

「次世代ファイアウォール」とはこう違う
今更聞けない「Webアプリケーションファイアウォール」の基礎、どう役立つのか?
Webアプリケーションファイアウォール(WAF)は、Webアプリケーションに対する既知および未知の脅威にどう対処するのか。WAFの運用管理や製品選定のポイントは何か。詳細に解説する。(2015/3/12)

新人IT担当者のためのネットワーク機器入門【第7回】
レイヤー4の代表的製品「ファイアウォール」基礎の基礎
ネットワークと関連機器に関する「今更聞けない」基礎知識をこっそりおさらいしようというこの連載。今回はレイヤー4で動作する代表的な機器「ファイアウォール」について説明します。(2015/2/27)

ホワイトペーパー:
九州大学の「全学生PC必携化」を実現した、BYODセキュリティ対策とは?
「全学生PC必携化」へ移行した九州大学では、どのように学生のセキュアなBYODを実現しているのか。全学共通ファイアウォールに選ばれた次世代ファイアウォール製品の導入効果を見ていこう。(2015/2/16)

ホワイトペーパー:
医療機関が導入した次世代ファイアウォール ウイルス感染CDから診療情報を守れ
CDやUSBなど可搬媒体で持ち込まれる医療情報に潜む脅威、閉域ネットワークである病院情報ネットワークの脆弱性などの対策はどうすればいいか。自社開発の病院情報システムを構築する白十字会が選んだ次世代ファイアウォールの導入効果に迫る。(2015/2/12)

月額8000円未満のサービスも
Webセキュリティ対策が手軽にできる「クラウドWAFサービス」10選
Webアプリケーションファイアウォールの機能をサービスとして利用できる「クラウドWAFサービス」が充実しつつある。主要な10サービスを紹介しよう。(2015/2/12)

導入前に押さえておくべきポイントを整理
今からでも知りたい「次世代ファイアウォール」の基本、なぜ必要か?
既に多様なセキュリティ製品を稼働させている企業が、豊富な機能を備える「次世代ファイアウォール」を導入すべき理由とは何か。どのように導入、運用するのが効果的なのか。こうした疑問を解消する。(2015/2/5)

ホワイトペーパー:
慶應義塾の次世代ファイアウォール導入に見る、理想のキャンパスネットワークの姿
外部拠点からのアプリケーション利用やBYODといったニーズに対応するにはどうすればいいか。教育・研究機関らしく自由なネットワーク利用を維持しつつ、組織としてのガバナンスを達成した慶應義塾の事例から、理想のネットワークセキュリティが見えてくる。(2015/1/21)

従来の統合セキュリティアプライアンスは限界
「次世代ファイアウォールの次」をどうする?
企業のセキュリティ担当者の悩みの種は、運用コストとセキュリティレベルのバランスだ。大掛かりなセキュリティシステムを導入しても、その効果への疑念が拭えない。どのように解決したらいいのか。(2015/1/15)

Server&Storageイベントリポート OpenStack Summitハンズオン:
OpenStack Neutronを使ってWebシステムを構築する実践的な方法
OpenStackのネットワークコンポーネントであるNeutron。定期的に開催されるOpenStack Summitでは、技術者育成を目的にハンズオンを実施しています。本稿ではNeutron開発者らが設計したNeutron操作を学習するハンズオンプログラムを紹介していきます。ロードバランサーやファイアウォール構築も含めた実践的な内容です。(2015/1/15)

社内に専任チームを設置
高度化、悪質化するセキュリティ脅威、企業が取るべき“自衛策”とは
ファイアウォールやIPS、IDSといった従来型のセキュリティ対策では、もはや企業の機密情報を守ることはできない。そこで注目されているのが、セキュリティ脅威対応の専任チームである。そのベストプラクティスを探る。(2014/11/28)

中規模企業にも次世代ファイアウォール、フォーティネットが新モデル
中規模企業にも次世代ファイアウォール、フォーティネットが新モデル(2014/11/12)

刻々変わる脅威情報に基づきダイナミックにポリシー適用:
ジュニパー、クラウドベースの脅威情報と次世代ファイアウォールを動的に連携
ジュニパーネットワークスは、クラウドベースの脅威情報データベース「Spotlight Secure」の機能を拡張した。これまでのWebアプリケーションセキュリティ製品に加え、次世代ファイアウォール「SRXシリーズ」も、Spotlight Secureのフィードと動的に連携できるようになる。(2014/11/10)

情報活用で脅威を防御、ジュニパーが次世代ファイアウォール連携を強化
脅威情報プラットフォームの「Spotlight Secure」を拡張して、最新の脅威に対する防御力を高めるという。(2014/11/7)

ソースファイアの技術を活用、すり抜けてくるマルウェアも検出:
シスコ、次世代ファイアウォールに自動チューニング機能を備えたIPSを統合
シスコシステムズは、同社の次世代ファイアウォール製品に米ソースファイアのIPS機能を統合する「Cisco ASA with FirePOWER Services」を発表した。(2014/10/8)

IT導入・活用事例:
ヤフー、コンテンツ配信基盤のファイアウォールを刷新
「Yahoo! JAPAN」のコンテンツ配信プラットフォームのファイアウォールに、フォーティネットの「FortiGate-3700D」が採用された。(2014/9/29)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。