ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジー・モード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジー・モード」に関する情報が集まったページです。

大盤、もとい混沌振る舞い:
15万部突破「這いよれ! スーパーニャル子ちゃんタイム」 1巻をWebで無料公開
ジー・モードは、「這いよれ! スーパーニャル子ちゃんタイム」の15万部突破を記念し、「COMICメテオ」と「Yahoo!ブックストア」で同作の1巻特別版を期間限定で無料公開する。(2012/11/6)

“あした恋する女の子”のための「COMIC ポラリス」創刊
ジー・モードは、女子向けの無料Webコミック誌「COMIC ポラリス」を10月25日に創刊する。(2012/9/28)

ジー・モード、iOSとAndroid向け「どうぶつしょうぎ」の期間限定セールを実施
ジー・モードは、スマートフォン向けゲームアプリ「どうぶつしょうぎ」を期間限定のセール価格で販売する。(2012/7/9)

Webコミック誌「COMICメテオ」に読み切り第5弾 「篠崎さん気をオタしかに!」
ジー・モードは、無料Webコミック誌「COMICメテオ」に創刊読み切りシリーズ第5弾として「篠崎さん気をオタしかに!」を掲載した。(2012/6/7)

無料Webコミック誌「COMICメテオ」に新読み切り「部長に威厳はありません」
ジー・モードは、無料Webコミック誌「COMICメテオ」に創刊読み切りシリーズ第4弾「部長に威厳はありません」を掲載した。また新企画として、読者の恋の悩みに答える「水瀬マユの恋愛相談室」をスタート。(2012/5/31)

ジー・モード、Webコミック誌「COMICメテオ」に創刊読み切りシリーズ第2弾を掲載
ジー・モードは、4月25日に創刊した無料Webコミック誌「COMICメテオ」に読み切りシリーズ第2弾「恋愛暴君 Love Tyrant」を掲載。(2012/5/10)

「ヒャッコ」作家も参加:
無料Webコミック誌「COMIC メテオ」創刊
「マンガ界のド新人です。よろしくどうぞ」――携帯向けゲーム配信などをてがけるジー・モードがWebコミック誌「COMIC メテオ」を創刊。「ヒャッコ」作家の真田ジューイチ氏などが連載に参加する。賞金100万円と連載やアニメ/ゲーム化のチャンスのある新人賞も開催する。(2012/4/25)

ジー・モード宮路社長が急逝 「グランディア」など手がける
ジー・モードの宮路武社長が急逝。ゲームアーツで「ガングリフォン」「グランディア」などを手がけたゲームクリエイターとして知られた。(2011/8/1)

期間限定で無料配信:
ジー・モード、au one Marketで「TETRIS DIAMOND」を配信
ジー・モードが、au one MarketでAndroid向け落ち物ゲームアプリ「TETRIS DIAMOND」を配信。3月31日17時までは無料で配信する。(2011/3/2)

ジー・モード、「事業仕分け」をテーマにしたゲームを配信
ジー・モードが携帯向けアクションゲーム「事業仕分け人 レン」の配信を開始した。(2009/12/11)

アプリックス、ジー・モードを子会社化
アプリックスがジー・モードを子会社化し、携帯電話向けソフト技術とゲームコンテンツの融合で海外展開を強化する。(2009/11/17)

App Town ゲーム:
アクションパズルゲーム「マジカルドロップ」がiPhone向けに登場
ジー・モードがアクションパズルゲーム「マジカルドロップ Touch」をiPhoneとiPod touch向けに発売した。価格は350円。(2009/9/11)

ジー・モード、「バス釣りライフ」で“イマカツ杯”開催――特製ルアープレゼントも
ジー・モードが携帯ゲーム「バス釣りライフ」で全国のプレーヤーと成績を競う「イマカツ杯」を開催した。上位入賞者や特定ランキング入賞者にはオリジナル賞品がプレゼントされる。(2009/8/31)

コンテンツとJavaプラットフォームを組み合わせて提供――アプリックス
アプリックスがジー・モードと提携し、海外の端末メーカー向けに組み込み機器向けJavaプラットフォームの「JBlend」とコンテンツを組み合わせて提供する。(2009/6/11)

App Town ゲーム:
美少女を隣に乗せてレースをプレイ、“痛車”も登場――「Cherry Drift」
ジー・モードがiPhoneとiPod touch向けにレースゲーム「Cherry Drift」を配信。ステージをクリアするとナビゲート役の女の子が増えるほか、“痛車”が手に入ることも。(2009/4/23)

リリースダイジェスト(4月2日)
ソースネクストの「携快電話ZERO」の新バージョン、「モバイルGIANTS」のリニューアル、ジー・モードの新作ゲーム、「どこでもいっしょ.com モバイル」のきせかえツールなど。(2009/4/2)

空気の読める大人になるために――「空気読み。DS」
ジー・モードがまんまタイトルどおりのDSiウェア対応ゲームを配信する。(2009/3/23)

リリースダイジェスト(3月9日)
映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」のキャンペーン、ウェザーニューズの第2回桜開花予測、「メディカルiタウン」の新機能、ジー・モードの新作ゲームなど。(2009/3/9)

リリースダイジェスト(3月5日)
駅探のプレゼントキャンペーン、アカデミー賞受賞作の映像配信、ジー・モードの新作ゲーム「エル・ドラゴ」「TETRIS LEAGUE」など。(2009/3/5)

あの“顔芸”はO型ならでは!?――ザブングルと我が家の「自分の説明書」
ジー・モードが、お笑い芸人「ザブングル」と「我が家」を招いたイベントを実施。ザブングルの加藤さんと我が家の坪倉さんが、「みんなで自分の説明書〜ケータイ版〜」を体験した。(2009/2/10)

auの「リスモ」が活躍する音楽ゲーム――「リズミカルリスモ!」
ジー・モードは、auの「リスモ」が活躍する音楽ゲーム「リズミカルリスモ!」を配信した。無料体験版も提供する。(2009/2/5)

ジー・モード、「フライハイトクラウディア4 永遠の絆」「ラグナロクオンライン アルナスの旅」など配信
ジー・モードは、ドコモ向けに「フライハイトクラウディア4 永遠の絆」、ソフトバンク向けに「ラグナロクオンライン アルナスの旅」、ドコモとソフトバンク向けに「Chuzzle(チャズル)」を配信開始した。(2009/2/3)

シーエー・モバイルとジー・モード、ゲームサイト・SNSなどの共同運営で提携
(2008/6/23)

ジー・モードが“ゲーム遊び放題”“映画鑑賞券プレゼント”などのキャンペーン
(2008/5/2)

「いづみ事件ファイル」など、ゲームコンテンツ無料体験キャンペーン──ジー・モード
(2008/4/11)

ジー・モード、ローソンの「ドカベンフィギュアキャンペーン」に待受画面を提供
(2008/2/19)

メルマガの登録で液晶テレビなどが抽選で当たる――ジー・モード
(2008/1/7)

東京ゲームショウ2007:
アンビション、ジー・モードらが存在感を示すモバイルコンテンツコーナー
ゲームの祭典「東京ゲームショウ2007」には、大手ソフトウェアベンダーだけでなく、ケータイゲームベンダーもブースを構える。中で目を引くのがアンビションとジー・モードのブースだ。(2007/9/22)

ノキア、ゲーム開発でD3パブリッシャー、ジー・モードと協力
(2007/9/21)

ジー・モード、「ラグナロクオンラインGAMES」プレサイトをオープン
(2007/4/20)

PC版と連動するiモード向けサービス「ラグナロクオンライン GAMES」登場
ガンホーとジー・モードは6月から、iモード向けサービス「ラグナロクオンライン GAMES」を開始。PC向けオンラインRPG「ラグナロクオンライン」と連動したアプリやミニゲーム、着メロや待受画像などのデジタルコンテンツを提供する。(2007/3/28)

ジー・モード、リアルタイム通信対戦ゲーム「マジカルドロップ BATTLE」を配信
(2007/3/8)

「ケータイ少女PC」藤宮桃香役の名塚佳織さんにインタビュー
ジーモードが展開する携帯電話向けゲーム「ケータイ少女」がPC版となって、工画堂スタジオから登場する。今回、藤宮桃香役の声優・名塚佳織さんにインタビューしてきたので、その内容をご紹介しよう。(2006/11/14)

ガンホーとジー・モード、オンラインと携帯連動ゲーム開発
(2006/6/22)

Nokia Mobile Application Summit:
中国でゲームを配信する際の苦労とは?〜ジー・モード
中国で開催された「Nokia Mobile Application Summit」には、日本のコンテンツプロバイダであるジー・モードも参加していた。現地での苦労を聞いた。(2005/12/1)

「科学忍者隊ガッチャマン」のアプリゲーム
ジー・モードは12月から、「Get!!プチアプリ」および「ゲームマーケット」で、アクションゲーム「ゲームマーケット」の配信を開始する。(2005/11/30)

当社のゲームユーザーは、半分以上が女性、30%以上が40代以上――ジー・モード
コンテンツがヒットするために必要なものとは何か? 携帯広告について考えるイベント「モバイルアドフォーラム2006」で出てきたこの問いに対し「スキマ時間を狙い、キャラクター化を進めること」と、ジー・モードは自社の例を挙げた。(2005/11/17)

ガンホーとジー・モードが合弁会社設立
(2005/9/29)

東京ゲームショウ2005――ガンホーブース:
ゲームアーツとガンホーが組んで「グランディアオンライン」登場
ガンホー・オンライン・エンターテイメントブースにて行われているイベントで、「グランディアオンライン」が発表された。発表の席にはゲームアーツの宮路洋一氏、ジー・モードの宮路武氏も登場し、グランディアに関する熱い思いをかたっていた。開始時期は未定。(2005/9/16)

アプリックス、ジー・モード、タイトーが「GBlend」を提供
(2005/9/7)

タイトーとジー・モードのゲーム、JBlendと一体提供
(2005/9/7)

ジー・モード、3キャリア向けにゲーム「甲子園」を配信
(2005/8/5)

「No.1ゲームポータルを目指す」――ガンホーとジー・モードの新会社
提携を発表したガンホーとジー・モードは、ゲームポータルを設立してユーザーの囲い込みを目指す。将来は家庭用ゲーム機やネット対応テレビなどにも多様なコンテンツを提供したい考えだ。(2005/7/25)

ガンホー、ジー・モード筆頭株主に オンラインゲームを共同展開
ガンホーとジー・モードが業務・資本提携。合弁会社を設立してPC・携帯向けオンラインゲーム配信を共同展開する。ガンホーはジー・モードに出資し、筆頭株主に。(2005/7/21)

ジー・モード、中国のコンテンツ事業者と資本提携
(2005/5/25)

ジー・モード、携帯活用のリサーチ事業新会社
(2005/5/19)

ジー・モード、901i向け伝奇RPG「義経〜侍霊弐〜」
(2005/4/20)

900iシリーズ専用「三国志年代記DX」〜ジー・モード
(2005/3/29)

ジー・モード、豪Telstraにコンテンツを提供
(2005/3/7)

ジー・モード、3キャリアで「MAIL」DVD発売記念キャンペーン
(2005/1/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。