ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Gartner Column」最新記事一覧

Gartner Column:
デジタルビジネスに欠かせない3つの技術的要素
刷新されたエンタプライズ・アプリケーションは、デジタル・コアを構成する主要な技術的要素である。新しいデジタル・ビジネスモデルがデジタル経済に積極的に関与できるようになる。(2015/11/5)

Gartner Column:
デジタル・ビジネスの担い手は、CIOであるべきか?
デジタル経済は、企業が製品やサービスにおいて新たなデジタル化の機会を追求する必要がある。しかし、デジタル・ビジネスをいつでもサポートできる「デジタル・コア」がなければ、こうした機会を完全に生かすことはできない。(2015/10/28)

Gartner Column:
デジタルビジネス・イノベーションは誰が興すのか?──デジタルは今や、舞台中央の主役 さて、あなたは?
エンタプライズITは「第3の時代」にどっぷりと突入していることが分かった。グローバルのCIOたちは、この第3の時代における主役は自分たちだと自覚している。日本の結果は?(2015/7/14)

Gartner Column:
デジタル時代におけるCIOの役割とは何か?
デジタルテクノロジによって、自社のビジネスが脅威にさらされる危険性を察知し、チャンスへと変えることができれば企業を成長へと導く。デジタルの「脅威」と「チャンス」を知らせるのは誰の責任か?(2015/5/11)

Gartner Column:
「ガートナー・トラベル・ガイド」──未来のデジタル世界(ファースト・デジタル・ディケイド)の歩き方
このトラベル・ガイドでは「10年後のデジタル世界」を単なる旅の目的地としてではなく、体験し、住みつくための全く新しい場所として案内している。この旅を満喫してほしい。(2014/10/9)

Gartner Column:
「デジタルという名の竜を飼いならせ!」──CIOアジェンダ 2014
デジタル・テクノロジは、既存の勢力をくつがえすほどの巨大な力を持っている。うまく扱えば強力な味方になるが、敵に回すと面倒な相手である。(2014/7/16)

Gartner Column:
突然に、そして唐突に「デジタル」って言われても???
デジタルは従来のITよりも範囲が広く、エレクトロニクス領域のテクノロジ全般を指しているといっても過言ではない。新たなる「デジタル」は、従来の常識であるデジタルとは全く異質だと理解してほしい。(2014/5/7)

Gartner Column:
イノベーションを連鎖させるためのマネジメント──その2
勢いよく始まったプロジェクトが計画倒れで終わることが多い。勢いを持続するためには「注意」を集め、良い「習慣」を植え付ける、イノベーションに楽しくかつ簡単に「参画」できるようにする。そして、「コミュニティ」を活性化させることが必要である。(2014/2/18)

Gartner Column:
イノベーションを連鎖させるためのマネジメント──その1
人を動機づけするには、人間本来の創造性を引き出す必要がある。効率や生産性を重視するあまり抑制していないだろうか。自らの能力を最大限に引き出すことができる環境を用意する必要がある。(2014/1/30)

Gartner Column:
デジタル・ワールドを勝ち残るための方程式――Gartner Symposium/ITxpo 2013のテーマに寄せて
これらのデジタル・テクノロジは、「顧客経験価値」を高めるため利活用されるべきだ。世界中のCIOが顧客経験価値を向上させて「競争優位」を確立するためにデジタル・テクノロジを活用したいと考えている。(2013/10/2)

Gartner Column:
時代の転換点に必ず起きること――「危険」を指摘する連中が一番「危険」である
次代に生き残る企業になるためには、イノベーションが必須である。しかし、そのイノベーションの芽を「何となく危険」だからという理由で、摘み取っていないだろうか。(2013/6/10)

Gartner Column:
日本のCIOは、デジタルワールドの潮流に乗れるのか? ――CIO アジェンダ 2013
企業は生き残るために「他とは違う」「自社特有の」「お客様に選択され得る」特徴を持つ必要がある。そのためには、企業におけるテクノロジの潜在力を高めざるをえない。(2013/4/8)

Gartner Column:
IT戦略の策定方法について極める(後編)――CIO/ITエグゼクティブの成功とは何か?
「コントロールの視点」。ITの価値を組織内で認識してもらうためには、この視点は、最も重要となる。(2013/1/31)

Gartner Column:
IT戦略の策定方法について極める(前編)――CIO/ITエグゼクティブの成功とは何か?
ITのケーパビリティをどう生かすか、ITを企業、組織の中で何を目的にして投資して導入するのかを決めることがIT戦略のポイントとなる。(2012/11/19)

Gartner Column:
フロントオフィス・イノベーション――CIOは社内企業家「イントラプレナー」となれ
多くの企業で、差異化を増進することが市場戦略の柱となっている。競合他社との違いは何か? それを訴求するポイントである差異化のために何ができるのか。(2012/9/11)

Gartner Column:
今こそ「ITブランド」を確立する行動をとれ
「IT ブランド」 を確立するということは、IT がビジネスに提供する価値を約束し、これを守ることだ。(2012/8/6)

Gartner Column:
テクノロジでビジネスにイノベーションを興す時代が来た
世界中のCIOが何をしようとしているのか、ビジネスや経営はITに何を期待しているのかを浮き彫りにした。今年の結果はエキサイティングだ。(2012/5/18)

Gartner Column:
ビジネスプロセスを改善する――コストは結果的にしか削減されない
ビジネスプロセス改善に取組むことはいいのが、「無駄を発見する」とか「コストを削減する」などが主目的になっていないだろうか。完全な間違いではないものの、勘違いをしているように思えてならない。(2012/2/27)

Gartner Column:
企業のグローバル化について考える――その時CIOの決断とは
グローバル化とは? 支社や支店、工場など、場合によっては本社部門の機能でさえも、それぞれの国や地域に分散しており、国境を越えて有機的に繋がり企業活動を営んでいる状態のこと。その時会社にどのように貢献できるか。(2012/1/11)

Gartner Column:
イノベーションにおける誤解を解消する
優れたイノベーターに最初から豊富な資金・技術力・アイディア力があったわけではない。共通していたのは目的・目標を定め、自分自身がすべきことは何かを決めていたこと。(2011/11/30)

Gartner Column:
○○○○な数字で評価することが、日本の組織をダメにしている――後篇
「IT費用を各部門別に“正確”に振り分けたいのだが、どのようにすれば良いか? 」この問題に頭を悩ませたことはないだろうか。そこで考えてほしい。正確に振り分けたい目的は何か?(2011/9/26)

Gartner Column:
○○○○な数字で評価することが、日本の組織をダメにしている――前篇
安易な戦略目標設定こそが、戦略を台無しにし、有効性の高いビジネス・プロセス構築を難しくしている。ビジネスの方向性が明確になっているか、ビジネスの方向性に基づいて戦略目標が定まっているか、戦略目標を達成するための経営リソースが明確になっているか検証する必要がある。(2011/7/27)

Gartner Column:
「創造的破壊」の意味を考えてみませんか?
景気が回復しても、元のビジネスに戻る訳ではないという、ビジネス・エグゼクティブ。CIOたちも「IT組織も元に戻らない。何らかの変化が必要である」と認識。2011年は新しいIT業界への第一歩を踏み出す年になりそうだ。(2011/5/27)

Gartner Column:
日本とグローバルではITにおける注力分野に違いがあるが、その本質は何か?
前回は、CIOサーベイ2011のグローバルベースの結果で話をしました。今回は、国内のCIOの回答をグローバルと比べながら、特徴的な面を見ていきたいと思います。(2011/4/25)

Gartner Column:
あなたは、新たな発想でITの将来を描けるか?
2011年は新しいIT業界への第一歩を踏み出す年になりそうだ。ITの価値をコストではなく、収益価値によっての証明が必要とされる。(2011/2/28)

Gartner Column:
業務を標準化することで未来は拓けるか?
「企業コストの削減」が目下のところ大命題で、業務コストを下げても品質が下がらないように、業務の標準化が必要だ、とおっしゃいます。確かに、業務品質の向上と標準化は、切っても切れない関係だと思います。(2010/12/24)

Gartner Column:
あなたがCIOならば自分がすべきことは自分で考えて自分で決めなければならない
「死ぬほど考える」のは、組織のリーダーである社長の仕事です。今回はこのキーワードをもとに、CIOの役割について考えます。(2010/10/13)

Gartner Column:
IT「あたま」を丸くしよう
今回はいつもと少し趣向を変えて「ITコスト削減策」検討の際に重要なことを、皆様に思い出していただくために、ある企業の事例をお話ししましょう。(2010/8/18)

Gartner Column:
ビジネスによってITガバナンスはどう変化するか(2)
事業の方向性の相違によりITガバナンスがどのように変化するのかについて、3回に分けてご説明します。今回は2回目、アジリティ志向の企業について考えます。(2010/6/15)

Gartner Column:
ビジネスによってITガバナンスはどう変化するか(1)
事業の方向性の相違によりITガバナンスがどのように変化するのかについて、3回に分けてご説明します。(2010/6/8)

Gartner Column:
ITガバナンス体制の正しい作り方
意志決定のプロセスが複雑化する中、CIOや経営層はITでビジネス価値をどう生み出すかという手腕が試されます。それに伴い、企業はビジネスの目的に合わせたITガバナンス体制の構築が求められています。ITガバナンスとは何かを改めて考えてみましょう。(2010/2/25)

Gartner Column:
「有効性」を重視する企業が経営で沈まない理由
景気後退期で困難な局面が訪れる中、企業は「効率性」ではなく「有効性」を高めないとこの難局を乗り切れません。では有効性と経営はどう関連するのでしょうか。CIOへのインタビュー調査から読み解きましょう。(2009/11/6)

Gartner Column:
「コスト削減時代」に企業が本当にすべきこと
未曾有の不景気によって、経営に自信を失う経営者が増えています。コスト削減という名目のもと、支出を減らそうとする企業も見受けられますが、それが正しい経営方針といえるのでしょうか。この時代にCIOやIT部門が着手すべきことについて、ガートナーが実施した調査を基に考察します。(2009/10/1)

Gartner Column:
データ中心主義――貫く情報システムがもたらす恩恵
情報システムが乱立していても、そこに存在するデータは不変です。今回は情報システムの再構築に当たり、「データを中心に考える」ことの効用をご説明します。(2009/8/27)

Gartner Column:
「足かせ」扱いの情シス、IT予算減の今こそ熟考の時
情報システムの役割が、もつれたビジネスプロセスをほぐすだけでは力不足です。IT予算が大幅に削減されている今こそ、改めて情報システムの存在意義を考えて直してみましょう。(2009/6/19)

Gartner Column:
「情報」が第四の経営資源になる条件
前回のコラムでは情報を保有しているだけでは、競争優位は生み出せないということを解説しました。今回は情報活用を改善する姿勢とその能力を指す「情報指向」を説明します。「ヒト、モノ、カネ」に次ぐ経営資源として情報を活用しましょう。(2009/4/14)

Gartner Column:
情報は企業の競争優位を生み出すか――最高不可視責任者(CIO)から脱却する
今回は「価値ある情報は競争優位を生み出すのか」というテーマです。ガートナーで多くのことを学びました。1つが「言葉の意味を正確に理解する」ということです。(2009/2/20)

Gartner Column:
IT戦略の立案――景気低迷の今こそ企業に貢献する
残念ながら、日本においてプロセスとかプロセス改善の意味を正確にCIOや経営者に伝える役割を担う人があまりいません。Gartnerのノウハウを交えながらIT戦略を立案する方法を紹介いたします。(2008/12/12)

Gartner Column:
価値理念を1つだけ選ぶ――それがIT戦略策定のポイント
ナンバーワン企業の価値理念はたった1つ。前回ソニーの例を出して紹介した。今回は世界と日本のCIOにとっての価値理念の違いなどに触れながら、IT戦略の効果的な策定方法について述べる。(2008/11/14)

Gartner Column:
ナンバーワン企業の共通点――「たった1つの想い」
業界ナンバーワンの企業を調査したところ共通点が見つかった。「たった1つだけ保有していること」である。(2008/10/3)

Gartner Column:
IT投資の責任は誰にあるのか
今回はIT投資の責任は誰にあるかについて考えます。IT投資の失敗はビジネス部門の責任だと思っている人も多いのではないでしょうか。(2008/9/5)

Gartner Column:
IT予算をさらに極めましょう
前回、IT予算についてのお話をしたところ反響が大きくて驚きましたので、今回は続編をお届けいたします。皆さんのお仕事の苦労が経営層に一目で分かるようなIT予算の考え方をお話します。(2008/8/8)

Gartner Column:
IT部門は経営者の期待を背負って何をするべきか
ガートナー エグゼクティブ プログラム (EXP)エグゼクティブ パートナーを務める小西一有氏のコラムの2回目。経営者からIT部門へ向けた前回とは反対に、CIO/IT部門が経営者の期待を受けてするべきことについて話す。(2008/6/6)

Gartner Column:
経営者はCIOやIT部門に何を期待するか
ガートナー ジャパンの小西一有です。「経営とITの関係を改善する」という難解なテーマについて、調査結果を基に読者の皆さんに説明したいと考えています。(2008/5/9)

システム部門Q&A(32):
新技術ラッシュをいかに乗り切るか?
IT業界は日進月歩で技術が進歩し、新しい概念や技術が次々と現れている。エンジニアはこれらの技術革新に遅れてはならないと、必死になってキャッチアップするように努力しているが、それに疲れ果てているエンジニアも少なくない。果たして、本当に新しい技術を習得しなければならないのだろうか?(2006/6/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。