ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「情報システム部門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
情報システム部 − @IT情報マネジメント

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
人生の岐路での選択肢は右か左かではない――諦めずに一生懸命やるかやらないか
ITはあくまでもツールであり、目的は業務を改革すること。小林製薬では、IT部門とSSCを統合した業務改革センターを中心に、「攻めのIT」の具現化を目指している。(2018/6/18)

PaaSの利用が鍵となる
アイデンティティー管理製品の選び方 Active Directoryなど主要製品トレンドは?
IT部門はさまざまな技術で自動化のアプローチを推進している。だがアイデンティティー(ID)管理に関しては、自動化はまだ導入の初期段階だ。ID管理の将来像はどうなるのだろうか。(2018/6/15)

IT部門の最新モバイル管理動向
モバイル管理ではなく統合エンドポイント管理へ IT部門の仕事は変わる?
IT部門は、モバイル管理をエンドユーザーコンピューティング戦略に組み込みつつある。バイオメトリクス、AIといった技術の導入で、ID管理もこれまで以上に高度化できる。最近の調査が示す新時代のモバイル管理とは。(2018/6/13)

開発現場の多様なプログラミング言語を調和
Prometheus、Elastic Stack、Apache Maven、マイクロサービスで高まる管理ツールの必要性
IT部門は、インフラ管理を標準化し、開発者が最新のプログラミング言語とアプリケーション設計を試せるように、ツールキットを補充しなければならない。(2018/6/7)

生産性を取るか、ガバナンスを取るか
チームコラボレーションソフトウェア導入時に考えるべきルールとは
チームコラボレーションソフトウェアを検討する場合、その導入はIT部門と事業部門のどちらが導入するのだろう。両部門の中間に位置するというのがその答えかもしれない。(2018/6/6)

自身の日常業務を複雑にしないことが大前提
DaaSプロバイダー選択、最終確認用チェックリスト
自社の仮想デスクトップをDaaSプロバイダーに移行することを予定しているIT部門は、災害復旧オプションや監視機能など、自社が必要とするものを把握しなければならない。(2018/5/31)

IT部門の管理が不要で成功した例もある
RPAソフトウェア導入を成功させる「3つのアプローチ」とは
RPA(ロボティックプロセスオートメーション)導入におけるIT部門の役割は、プロジェクトの範囲や企業のビジネスモデルに応じて変わる。本稿では、さまざまな企業のRPA導入事例を紹介する。(2018/5/29)

請負型マインドからの「脱出」――DMM.comラボの情シスがスクラム開発に挑戦した理由
DMM.comグループの1社として、主にシステム企画や開発・運用を手掛けているDMM.comラボ。同社情報システム部では、スクラム開発などの新たな方法論を採用しながらさまざまなシステムの内製に取り組み、これまでの「請負型」情シスからの脱皮を図っている。(2018/5/28)

「情シスに頼んでも動かないので」と言わせない
事業部門の「勝手クラウド」を封じるための情報シス部門の動き方
企業におけるデジタル変革の議論の中で頻繁に議題に上がるのが「動きの遅い情報システム部門」排除論だ。果たして情シスは絶対悪か。批判の背景から問題の打開策を考える。(2018/5/30)

Office 365の使い勝手、情シスの本音は
「ファイル管理が煩雑」 情シスの悩みの種Office 365の課題を補う方法
個人やチームの業務を支えるOffice 365だが、場合によっては煩雑な管理を要してIT部門を悩ませる。その課題を補い、かつ97%のユーザー定着率を記録した方法とは。(2018/5/17)

企業導入が増加の見込み
躍進するサーバレス技術 先行AWSに対してGoogle、IBM、Azureの追い上げは
サーバレステクノロジーのプロバイダーは、企業の関心事項を念頭において、さまざまな機能をサービスとして追加し続けている。だが、IT部門にとって必要な機能はまだ幾つかある。(2018/5/9)

信頼性、プライバシー、柔軟性、最適化
IT部門にとってマルチクラウド戦略を取った方がいい4つの状況
企業はマルチクラウドによって多くの恩恵を得る。サービスの信頼性確保や、プライバシーの保護、柔軟性の維持、クラウドエクスペリエンスの最適化が必要な企業では、特にそうだ。(2018/5/2)

コストだけでは比較できない
AWS、Azure、Google サーバレスは性能と移植性で評価する
サーバレスプラットフォームはコスト削減の効果が期待できる。だが、候補となるベンダーを企業のIT部門で評価する際に留意すべき要素は、コスト面だけではない。(2018/4/18)

ポイントは“核”となるサービスを決めること
乱立するコミュニケーション基盤 どうすれば1つに統合できるのか?
チームコラボレーションサービスでは、メッセージングを1つのコミュニケーション基盤に統合する戦略を採用する企業が増えている。IT部門とエンドユーザーのコミュニケーションを円滑にすることが目的だ。(2018/4/18)

デメリットはたくさんある
複数のコラボレーションソフトを導入してはいけない理由
コミュニケーションプラットフォームが複数存在すると、IT部門のコラボレーション管理は難しくなる。また、社内に存在するアプリの種類が多くなり過ぎると、全体の効率が低下する。(2018/4/17)

情シス、従業員、管理職に贈る:
PR:Outlookのアドレス帳管理、メール誤送信防止で苦労しないための3つの必須アドインとは
メールソフトは、今や企業にとって必要不可欠なツールの1つであり、ビジネス活動を円滑に進める上で重要な役割を担っている。ビジネス向けメールソフトとして多くの企業で使われているのは、Microsoft Outlookだが、ビジネスで活用するに当たっては、企業の情報システム部門、従業員、管理職のそれぞれが幾つかの課題を抱えているのが実情だ。どう解決すればいいのだろうか。(2018/4/17)

Microsoft以外の製品でも管理可能に
「Office 365」モバイルアプリ、管理機能充実の理由
仕事にMicrosoft「Office 365」を利用するモバイルユーザーは非常に多い。そのため、MicrosoftもEMMベンダーも、IT部門でのアプリ管理とセキュリティ対策を容易にすることに力を注いでいる。(2018/4/14)

Computer Weekly日本語版
IT部門にとってWindows 10は最大・最後のチャンス!?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/4/14)

クラウドやアプリケーション投資がけん引役:
2019年にはビジネス部門のIT支出額が、IT部門のIT支出額を超える――IDC予測
IDCは、「デジタルトランスフォーメーションが進む中、ビジネス部門のIT支出がIT部門のIT支出を上回るペースで増えており、2019年には絶対額でも前者が後者を超える」とみている。(2018/4/11)

サーバレスはPaaSの再来か
コンテナ派とサーバレス派に分かれるIT部門 理想のインフラは?
ITインフラの将来像を描くとき、企業は「コンテナか、サーバレスか」に迷う。これは、今ITインフラの分野で最も白熱する議論といえる。(2018/4/11)

複雑さにめげない
直前に迫るWindows 10移行、検討すべき4つの要素は
企業PCのWindows 10への移行に当たり、IT部門が検討する要素はたくさんある。本項ではその中でも4つの要素に絞って説明する。(2018/4/8)

ブロックチェーン、4割以上の日本企業が既に取り組んでいる:
ブロックチェーンを無視するのは、全ての企業にとって危険――ガートナーが調査結果を発表
ガートナー ジャパンは、ブロックチェーンへの取り組み状況に関する調査結果を発表した。同社は、ブロックチェーンに取り組まないIT部門のほとんどが、2021年までに自社のデジタルビジネスをリードできないとしており、取り組みを開始すべきと主張する。(2018/4/6)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
熱意ある情シスが組織を変える、まずはITで“風穴”をあけろ――LIXIL CIOの小和瀬浩之氏
情報システム部門こそ事業や組織をドラスティックに変える力を持つと語るLIXILのCIO 兼 情報システム本部長 小和瀬浩之氏が語る、情シス像とは?(2018/3/30)

武闘派CIO友岡賢二のサムライ日記:
働き方改革の“善意”はなぜ、“悪意”に変わるのか
改革派CIOとして知られるフジテックの友岡賢二氏が、変化の時代に生きるIT部門、情報システム部門の仲間たちを叱咤激励する本連載。第1回は、何かとモヤモヤ感が拭えない“働き方改革”にメスを入れます。(2018/3/30)

サイバー攻撃から東京五輪を守れ 警備・情報システム部門一元化 最新顔認証の導入推進
東京五輪の会場警備で、大会組織委員会がサイバー攻撃に備え、五輪史上で初めて警備・情報システム両部門を一体化するほか、出入場管理の顔認証システムなど最先端技術の活用も盛り込んだ警備ガイドラインの概略をまとめた。(2018/3/29)

少人数IT部門のモデルケースとなるか
IT部門あるある? 佐賀大学が直面した最も大きな課題は「人がいない」
佐賀大学はネットワーク基盤刷新の課題を抱えていた。最も大きな課題はIT部門が少人数しかいないことだった。(2018/3/30)

即時に復元できなければ仕事が止まる
ランサムウェア最悪の大流行に備えるバックアップと災害復旧(DR)戦略
組織の弱体化を狙いとするランサムウェア攻撃のリスクを緩和するため、IT部門はデータの復元にさまざまなアプローチを導入している。とはいえ最も重要なのは、復元にかかる時間の短さだ。(2018/3/27)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(6):
受験勉強に学ぶ、デジタル時代のSLAのあるべき姿〜「とにかくシステムを止めるな!」にうまく対抗する方法〜
今回は、IT部門が同じ企業内のビジネス部門と、SLA(サービスレベルアグリーメント)を通じてより良い関係を築くにはどうしたら良いか? 特に上級マネジャーにどう対峙したら良いか? を一緒に考えてみたい。(2018/3/23)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
日本にCIOという職業を確立させる、それが私のミッション――フジテックCIO友岡賢二氏
「セカエレ」(世界のエレベータ・エスカレータ)を標榜し、日本から世界にビジネスを展開するフジテック 常務執行役員 情報システム部長 友岡賢二氏が語る、これからの日本企業に求められるCIOの役割や情シスの価値とは?(2018/3/23)

CW:Windows 7サポート終了まで残り2年
Windows 10はIT部門が責任を放棄するチャンス
業界の専門家は、口をそろえてWindows 10への移行を勧めている。Windows 10への移行はIT管理のパラダイムシフトを促し、「IT部門が責任を放棄するチャンスだ」という。しかし、IT部門の仕事は終わらない。(2018/3/22)

Weekly Memo:
ふがいないIT部門にガートナーが喝 まず、DX推進の舵を“握れ”
企業におけるデジタル変革の推進役は誰なのか。ガートナーは独自調査を基に「ITリーダーが“舵を握れ”」と主張する。なぜ、舵を「切れ」ではなく「握れ」なのか。(2018/3/19)

5日でできる問題回避ステップ付き
Windows 10移行の落とし穴と回避策6選
ユーザーは、「Windows 10」への移行後、問題に直面することがある。IT部門は、本格的な移行に取り組む前に綿密な計画を立てることで、このような問題を回避できる。(2018/3/11)

SAS/SATAからの交代
NVMeで期待できるユースケースを探る 電力削減、DB高速化など
企業のIT部門は今、従来のフラッシュストレージから、さらに高速のNVMeベースのテクノロジーに関心を寄せている。どのようなユースケースが考えられるかを探る。(2018/3/5)

PR:成功の秘訣は寸劇? ANAエアポートサービスのビジネスチャット導入事例から学ぶ
せっかくシステムを作ったのに、誰にも使ってもらえなかった……。そんな経験のある情報システム部門は少なくないだろう。真にユーザーに使ってもらえるシステムを作る手法として、菱洋エレクトロが進める「デザイン思考」を、ANAエアポートサービスの導入事例から見てみよう。(2018/3/1)

DevOpsやマイクロサービス開発にも対応か?
「ITIL 2018」発表へ “本当の”ベストプラクティス実現のための長い道のり
ITILが最後に更新されたのは、DevOpsの黎明(れいめい)期だった。ITのテクノロジーは急速に進化している中、ITIL 2018は多種多様なIT部門にとって強力かつ有用なものにならなければならない。(2018/2/28)

Excelをドラッグ&ドロップで分析
BIのオーバースペックが招く弊害、利用するのはIT部門に限られる?
データを活用して意思決定を行う企業が増えているが、オーバースペックなBIを導入すると業務部門が「かやのそと」になりかねない。全社活用できるBIとは?(2018/2/6)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
ゼロからIT部門を作り直した――急成長する不動産企業「オープンハウス」の舞台裏
都心の戸建て住宅というビジネスがヒットし、急成長する不動産企業の「オープンハウス」。その裏にはIT活用の進化もあるようだ。PCのお守りしかしていなかったというIT部門が、先端ITを使いこなす内製部隊に生まれ変わった背景を追った。(2018/2/26)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
ひとり情シスなのに従業員数は増加中、PC管理はどう効率化すればいい?
中堅企業の約30%が「ひとり情シス」「ゼロ情シス」体制といわれる現在。セキュリティの強化やビジネス変化への対応にコストとリソースを集中させるには、情報システム部門をIT運用管理から開放することが急務だ。(2018/2/26)

【連載】マーケターのためのIT用語集 第3回:
マーケターが知っておきたいIT用語【セキュリティ編】
マーケティング部門とIT部門の協働のためにまず必要なのは、対話のベースとなる言語の理解。今回はセキュリティ関連用語を紹介します。(2018/2/12)

今こそ営業部門も脱Excel
なかなか進まない営業の働き方改革、IT部門ができることは?
営業の働き方改革は、どの企業も手をこまねいている。今こそIT部門の出番だ。どのようなITツールを活用すれば前へ進むのか?(2018/2/5)

【連載】マーケターのためのIT用語集 第2回:
マーケターが知っておきたいIT用語【SFA/CRM連携編】
マーケティング部門とIT部門の協働のためにまず必要なのは、対話のベースとなる言語の理解。今回はSFA(営業支援システム)と既存システムの連携に際して必要となる用語を紹介します。(2018/2/5)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
“楽”なITライフサイクルを生む、オールフラッシュストレージ選択の視点
オールフラッシュストレージというと性能ばかりに目が行きがちだが、運用効率やTCOなどの課題に対応するにはライフサイクル全体での能力をチェックすべきだ。そこでポイントとなるのが自動化を活用し、情シス部門を楽にする製品だ。(2018/2/7)

SaaS型ERP導入に失敗しないための「5つのポイント」:
第3回 SaaS型ERPの導入でIT部門の役割はどう変わるのか
SaaS型ERPの導入を成功させるには、サービスプロバイダーやユーザー部門に任せきりにするのではなく、IT部門のリードが不可欠です。デジタル時代の進展がもたらす新たな課題を考察しつつ、IT部門に求められる役割について解説します。(2018/1/26)

【連載】マーケターのためのIT用語集 第1回:
マーケターが知っておきたいIT用語【Web & メールマーケティング編】
マーケティング部門とIT部門の協働のためにまず必要なのは、対話のベースとなる言語の理解。今回はWebやメールマーケティングに関する用語の中から、キーワードを厳選して紹介します。(2018/1/29)

Gartner Insights Pickup(45):
デジタルビジネス時代のCIOに求められる10の要件
今後の企業には、デジタルビジネスの成功に必要なIT部門の変革を実行できるリーダーが求められる。優れたCIOが満たすべき10項目。あなたは幾つ当てはまるだろうか。(2018/1/19)

IT投資の重要性増加、“攻めのIT投資”へシフトの兆し――JEITA/IDC Japan調べ
電子情報技術産業協会(JEITA)が、国内企業の非IT部門を対象にしたIT投資の意識調査を発表。2017年はIT投資の重要性を認識する企業が増加。業務効率化やコスト削減へのIT投資が多いものの、いわゆる“攻めのIT投資”が増加しつつあるという。(2018/1/16)

なぜそう思った?
サイバー攻撃を恐れるITリーダーたちの意外過ぎる現状認識
IT部門責任者を対象とした調査によると、彼らはサイバー攻撃を恐れ、適切な対策が取れていないことを懸念している。にもかかわらず、IT部門責任者たちは現状認識について驚くべき回答を寄せた。(2018/1/12)

「経営に寄与するIT」の具体像が分かる、2017年、@IT SystemDesignフォーラム SNSランキングベスト10
デジタルトランスフォメーションのトレンドが進展するに伴い、IT部門には「経営に寄与する」ことが一層強く求められている。では「寄与」とは具体的に何をすることなのか?――2017年 @IT SystemDesignフォーラム SNSランキングベスト10に、そのヒントを探ってみてはいかがだろう。(2017/12/28)

ハードルは高いが……
HCIアプライアンスではなく、あえて“自作”の意義とは? そのメリットとデメリット
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)ベンダーはHCI構築ソフトウェアだけを提供するオプションも用意している。これを利用すれば、IT部門はベンダーロックインとスケーラビリティの問題を回避できるが、別の問題もある。(2017/12/28)

テクノ・システム・リサーチの幕田氏に聞く:
PR:ストレージ市場はどこへ行くのか、企業のストレージ戦略に与える影響とは
ストレージ市場は今後、どのように展開していくのか。これを踏まえ、企業の情報システム部門は、どのようなストレージ戦略を立てるべきなのだろうか。アイティメディア @IT編集部 エグゼクティブエディターの三木泉が、ストレージやIT運用について長年調査を続けてきたテクノ・システム・リサーチのシニアアナリスト、幕田範之氏に聞いた。(2017/12/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。