ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「情報システム部門」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
情報システム部 − @IT情報マネジメント

Gartner Insights Pickup(12):
シャドーITを企業として最大限に活用するには
シャドーITは多くの企業ですっかり定着した。IT部門が社内ITの全権を握ろうとするのではなく、信頼されるコンサルタントになるための4つのコツをお届けする。(2017/3/17)

マルチプラットフォーム対応はいばらの道
IT部門にとっては大問題──PC&Windowsの時代は終わったのか?
スマートフォンやタブレットが企業に入り込み、PCやWindowsは業務に不可欠な要素ではなくなった。このままPCやWindowsは企業から消えていくのだろうか。(2017/3/14)

PR:業務部門 VS. 情シスでガチレビュー! 「手のひら静脈認証センサー搭載タブレット」は企業でどれだけ使えるか?
富士通の「手のひら静脈センサー内蔵タブレット」を業務部門とIT部門のそれぞれで試してもらいました。本当に仕事で使えるのか? 使う側と管理する側、互いの評価はいかに!?(2017/3/13)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2017/3/6)

デジタルビジネス時代、「情シス不要論」の真意とは?:
PR:中央電力に聞く、「不要な情シス」と「頼られる情シス」
およそ全てのビジネスをITが支え、IoT、X-Techといったデジタルビジネスも活発化している現在、システム開発・運用の在り方が収益・ブランドに直結する時代となっている。こうした中で、「ビジネスに寄与しない、システムのお守りしかできない情報システム部門(以下、情シス)はもういらない」といった「情シス不要論」が一部で囁かれ続けている。煽情的に語られることが多いこの言葉だが、具体的には何を意味するのか? 自由化を背景としたシビアな電力市場で自社ビジネスを支える傍ら、自ら「情シス必要論」を提唱している中央電力 情報システム部 課長 山下光洋氏に話を聞いた。(2017/3/1)

複雑さ、コスト、パフォーマンスの壁
こんなはずじゃなかった仮想デスクトップ、失敗企業が見落とした3つの課題
IT部門がVDI(仮想デスクトップインフラ)の実装計画を実行する際には、複雑さ、コスト、パフォーマンスに関する問題に留意しなければならない。(2017/2/28)

カギは運用の効率化:
PR:情シスが“企業を変える立役者”に デジタルビジネス時代の今がチャンス
「IoTやAIを活用した新たなシステムへの取り組みが求められる中、既存環境の運用業務は増える一方なのに人は増えない現状で、どうやって“攻め”と“守り”を両立すればいいのか……」そんな情報システム部門の課題を解決し、ITで企業の成長を加速させるための方法とは。(2017/2/27)

設置に1日、その日のうちに仮想化環境が稼働するハイパーコンバージドとは
問題がなければシステムインフラの乗り換えは避けたい。こう考えるIT部門は多いが、ムトウは積極的に新技術を採用し、将来性のある仮想化サーバインフラを手に入れた。(2017/2/16)

IT部門だけでは解決困難、それならば何をすべきか:
デジタルビジネス時代のアプリケーション開発で「IT部門の抱える課題」とは ガートナー調査
ガートナー ジャパンが、国内エンタプライズアプリケーション開発におけるユーザー意識調査結果を発表。納期への関心が低かった半面、品質とコストに対する問題意識の高さが浮き彫りとなった。今後のIT部門は、どう変革していくべきかを提言した。(2017/2/15)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
遠く離れた拠点で、本社と変わらない業務アプリのパフォーマンスを手に入れる
多拠点展開している企業のIT部門にとって、リモートサイトから利用することでITインフラのパフォーマンスが劣化することは避けたい。ではどうやって本社と拠点で変わらないパフォーマンスの管理を難しくせずに実現するのか?(2017/2/16)

国産メインフレームをリプレースしセキュリティと信頼性を向上
アプラス事例:Linuxと高信頼ハードの“いいとこ取り”が作る信販サービスの未来
アプラスはメインフレームのリプレースを決断し、高信頼ハードとLinuxによる新プラットフォームを採用した。社会インフラとしてセキュリティと信頼性を最優先に考えたシステム導入のいきさつをIT部門の責任者に聞いた。(2017/2/20)

提供:東日本電信電話株式会社
「プライバシーを大切にしない会社」は就活生から見捨てられる?
今どきの高校生は、利便性よりも何よりもプライバシーを優先するという。企業のIT部門は、こうした若者が自社の戦力になるときに備えて、プライバシーについてあらためて考える必要がある。(2017/2/8)

提供:東日本電信電話株式会社
サポート切れの「Windows XP」を使いつづける企業が覚悟すべきリスク
サポートが終了した「Windows XP」を搭載したクライアントPCを、まだ使用している企業は少なくない。バージョン11より前の「Internet Explorer」(IE)のサポートも終了したが、このWebブラウザもまだ多くのオフィスに存在しているだろう。IT部門が第1に考えるべき対策は何だろうか。(2017/2/8)

提供:東日本電信電話株式会社
勇気ある前進で“スティーブ・ジョブズ氏”のようなイノベーションを起こす方法
Appleでチーフエバンジェリストを務めたガイ・カワサキ氏は、“次の新しいもの”を売り込む経験に長けている。イノベーションの起こし方に関する同氏の考え方とは。そしてIT部門が、変化に伴う混乱を受け入れながらやり方を変えていくにはどうすればよいだろうか。(2017/2/8)

開発している間に現場の事情が変わってしまう!?
忙しい情シスに“こっそり”教えたい、ムダなく必要なものだけ開発できる手法
せっかく作ったのに使われないシステムはなぜ生まれてしまうのか。情報システム部門とユーザー部門、双方の不満を「徹底的に排除するために有効」とひそかに注目を集めている手法をこっそりお教えしよう。(2017/2/6)

TechTargetジャパン×キーマンズネット 会員アンケート
【お知らせ】データ活用に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「データ活用」についてお伺いします。(2017/2/6)

シチズンデベロッパーを支援
「RMAD」ツールが“モバイルアプリ開発に専門家はいらない”論を加速する
基本業務にモバイルアプリを使いたくても、IT部門や開発者に開発を依頼するとコストと時間がかかってしまう。そこで、「RMAD」ツールを使ってモバイルアプリを自作しようと考える人たちが増えている。(2017/2/1)

PR:最新技術を取り入れ、新たな挑戦に乗り出す――医療機器商社ムトウがレノボのハイパーコンバージド・システムを選んだ理由
「トラブルがなければシステムインフラの乗り換えは避けたい」――こんな風に考えるIT部門が多い中、新たなテクノロジーであるハイパーコンバージド・システムを積極的に採用し、柔軟性が高く将来的にも安心できる仮想化サーバインフラを手に入れたのが、医療機器商社大手のムトウだ。(2017/2/1)

ノークリサーチがIaaS導入動向を分析:
クラウド移行の提案は、「システム用途別」ではなく「確率モデルに基づいて推論」した方法が有効
ノークリサーチが、企業がサーバを導入する際の「オンプレミスとクラウドのどちらを選択すべきかについての方法論」に関する分析結果を発表。SIerや情報システム部門に向け、その施策立案には確立モデルに基づいて推論する方法が有効と提言した。(2017/1/31)

ITリーダーが押さえておくべき「2017年以降のIT人材に関する展望」――ガートナー見解
2020年末までに日本のIT人材は質的に30万人以上の不足に陥り、また国内のIT部門の10%が組織の「一員」としてロボットやスマートマシンを採用するという。(2017/1/26)

シャドーITが陽のあたる場所へ
草の根運動でユーザー数を広げていく「Slack」の“land and expand戦略”とは?
会社指定のコラボレーションプラットフォームに不満を持つ従業員が、IT部門の許可なく「Slack」や「Circuit」といったアプリをダウンロードして、同僚もユーザーにするケースが増えている。(2017/1/23)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 10 Anniversary EditionでIT部門が悲鳴を上げる理由
リリースから1年がたち、安定稼働までこぎつけた「Windows 10」。2016年8月2日にリリースされた「Windows 10 Anniversary Edition」ではWindows 10にあったバグの多くを改善した一方で、別の問題があった。(2017/1/20)

Microsoft Azureユーザー事例集(1):
クラウドID管理とセキュリティ課題を共通認証基盤で解決――旭硝子に学ぶAzure AD導入の成功例
クラウドの積極的な活用で知られるAGC旭硝子。同社は2016年11月、複数のSaaSを安全かつ便利に利用するために、「Azure Active Directory(Azure AD)」でシングルサインオンと多要素認証を実現する環境を整備した。同社の情報システム部に導入の経緯と採用のポイントを聞いた。(2017/1/31)

PR:キモは“攻め”の意識改革! 富士フイルムが取り組むIT運用の極意とは
ビジネスのデジタル化が急速に進み、IT部門が担う役割は、ビジネスへ一層貢献することが期待されている。IT部門には従来からの「守り」に加え、新たな成長に直結する新事業などのための「攻め」の施策も強く求められるようになった。こうした要請にどう応えるか、富士フイルムICTソリューションズの取り組みを紹介する。(2017/1/16)

ハリウッド映画のような技術はまだ来ない
“iPhone 8”でパラダイムシフトは起きるか? 2017年の3大注目技術
IT部門はモバイルに関する最新の進歩に精通していなければならない。だが、企業にとって最も重要な要素は何だろうか。モバイル技術の未来を決定づける3つのトレンドを紹介する。(2017/1/14)

ホワイトペーパー:
サポート切れの「Windows XP」を使いつづける企業が覚悟すべきリスク
サポートが終了した「Windows XP」を搭載したクライアントPCを、まだ使用している企業は少なくない。バージョン11より前の「Internet Explorer」(IE)のサポートも終了したが、このWebブラウザもまだ多くのオフィスに存在しているだろう。IT部門が第1に考えるべき対策は何だろうか。(2017/1/11)

TechTargetジャパン×キーマンズネット 会員アンケート
【お知らせ】情報共有/知識継承に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「情報共有/知識継承」についてお伺いします。(2017/1/10)

AIとは何か、SI崩壊、「作業者」ではないエンジニア……デジタル時代の“今”とは?:
全ての情報システム部門、エンジニアに贈る、デジタルビジネス関連記事 FBシェアランキング2016 ベスト10
収益・ブランド向上に対するIT活用の在り方、インパクトをさまざまな視点で取材・解説している@IT「System Designフォーラム」。Facebookシェア数ランキングで、デジタルトランスフォーメーションの動きが目立った2016年の社会と企業ITを振り返る。(2016/12/28)

BIOSよりも高速な起動と高いセキュリティ
「Surface Pro 4」にも採用、BIOSに代わるファームウェア「UEFI」とは何か?
2in1デバイスの導入を検討しているIT部門は少なくない。「Surface Pro 4」に採用されたファームウェアのUnified Extensible Firmware Interface(UEFI)は、IT部門にどのような恩恵をもたらすのだろうか。(2016/12/27)

優れたSDS製品とは
物理構成に縛られない自由なストレージ運用をかなえる、SDS製品への期待
ソフトウェア定義のデータセンターは、IT部門が避けて通れない未来だ。ソフトウェア定義のストレージ(SDS)の革新はまだ初期段階にあるが、あらゆる企業にとってSDS製品が重要な戦略になる可能性は高い。(2016/12/26)

ハイブリッドクラウドには“攻めの運用管理”を:
PR:クラウドで変わる運用管理の在り方――EQUINIX橋本氏が伝授するMicrosoft Operations Management Suiteによる“カッコいい運用管理”とは?
オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境は大きなメリットを享受できる反面、運用負荷が倍になる危険もはらんでいる。「Microsoft Operations Management Suite(OMS)」は、両者の溝を埋め、最適化された運用管理環境を提供することで、情報システム部門に新しい力を与えるツールとして期待されている。本稿では、EQUINIX橋本利一氏に、OMSによるクラウド時代の“カッコいい運用管理”の在り方を伺った。(2016/12/19)

管理やインフラのコスト削減では期待されるDaaS
VDIを上回るメリットがない? 期待のDaaSが想定外に普及しないワケ
DaaSを利用すれば、企業はVDIの複雑さや高いコストを回避できる。だが一部のIT部門は、DaaSの利便性やクラウドのセキュリティに懸念を抱き、導入をためらっている。(2016/12/16)

PR:【実機で徹底検証】「パスワードのない世界」へ 「Windows Hello for Business」のオンプレミス展開を試す
ID、パスワードの管理が煩雑すぎる――。そんなIT部門の長年の課題を解決するものとして「Windows Hello for Business」が注目を集めている。実際にオンプレミス環境に展開してみて分かった実装のポイントとは。(2016/12/7)

ユーザー部門の業務課題をどう解消する?
IT人材不足が深刻化……情シス部門の「選択と集中」に必要なものは?
人材不足が深刻化する中、ユーザー部門のIT業務を効率化しないと、IT部門はリソース不足で「攻めのIT投資」を行うことができなくなる。このような危機感を持つIT部門が動き出した。その選択とは。(2016/12/7)

PR:1人で悩む必要なし! クラウド活用のポイントは「適切なサービス選び+サポート」
クラウドサービスを活用し、そのメリットを享受する企業が増えつつある。しかし、少人数のIT部門でシステムの面倒を見ている企業では、なかなかそこまで踏み込めずにいるケースも多いという。その状況を打開するために何が必要なのか、吉田パクえ氏に聞く。(2016/12/1)

EOS請負人、五味メグミが行く!:
PR:EOSの恐怖!「どうする、SharePoint Server」の巻 僕たち一体、どうすりゃいいの?
「Windows XP」「Windows Server 2003」と、相次ぐサポート終了を乗り越えてきた情シスたちに新たな難関がおそいかかる! その正体は「SharePoint Server」のサポート終了。IT部門は2017年10月のサポート終了に向け、どんな準備をすればいいのか?(2016/11/30)

プライバシーポリシーの合意が鍵
自分のスマホはIT部門に監視されている? BYODの“被害妄想”を払拭するには
従業員のプライバシーポリシーは、モバイルワーカーを抱えるあらゆる企業にとって必要だ。企業が従業員を安心させてデータを保護するためには。(2016/11/28)

従業員の効率向上に貢献するか
Facebookの企業向けSNSは役に立つ? 欠点も見えてきた「Workplace」のこれから
Facebookの企業コラボレーション市場への進出と、現代企業が成功を収めるには業務部門とIT部門のコラボレーションが必須である理由を探る。(2016/11/28)

ツラい運用管理業務とサヨナラするには
企業の情報システム部門に求められる「攻めのIT」と「守りのIT」。それらを両立させる方法はあるのか。具体例とともに紹介する。(2016/11/25)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第1回】
製薬企業のIT部門は販促活動の環境変化に備えよ――知っておくべき技術トレンド
専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。(2016/11/28)

利便性とセキュリティの両立を図るには
iPhone/Androidの“危ないWebアプリ作者”にならないための「5つのやることリスト」
モバイルデバイス向けアプリケーションをWebアプリケーションとして開発することの支持が広がりつつある。一方でモバイルWebアプリケーションの採用に当たり、IT部門が考慮すべきことは少なくない。(2016/11/22)

「大学は出たけれど」とならないためにやるべきこと
「最初に取りたいセキュリティ資格はこれ」、IT部門が初心者に勧める“鉄板”資格とは
サイバーセキュリティの認定資格が無数にある。駆け出しの新人が最初に取得すべき資格はどれだろうか。(2016/11/21)

専門家に聞いた
クラウド導入「3つの失敗談」、IT管理者は悪夢を見た
クラウドには多くのメリットがある。だがクラウドが常にIT部門の助けになるとは限らない。導入に失敗すれば、セキュリティ侵害やPaaSの厄介な実装などが発生し、IT担当者を苦しめることになる。(2016/11/21)

グローバルでの事業強化に備え、ハイブリッドクラウドを整備――三菱電機の場合
創立100周年を迎える2020年までに、グローバル展開を強化し、売上を拡大して営業利益率を向上させる――。そんな経営の目標に対応するため、三菱電機のIT部門は何に取り組んでいるか。IT戦略室長 木槻純一氏が語った。(2016/11/11)

特選プレミアムコンテンツガイド
サポート切れの「Windows XP」を使い続ける企業が覚悟すべきリスク
サポートが終了した「Windows XP」や「Internet Explorer」を搭載したPCを、依然として使用している企業は少なくない。これらを使い続ける場合、IT部門が第1に考えるべき対策は何だろうか。(2016/11/11)

識者に聞く、統合運用管理の今(後編):
クラウド時代の統合運用管理を成功に導く5つのポイント
企業内にオンプレミスとクラウドの混在環境が増える中、IT部門はどんな方法で運用管理を効率化させていけばいいのか。IDC Japan アナリストの入谷光浩氏によると、5つのポイントがあるという。(2016/11/9)

ホワイトペーパー:
ITサービスマネジメント製品導入戦略ガイド
ITサービスマネジメント市場が変わりつつある。本稿では技術のコモディティ化やオープンソース、SaaSがIT部門に与える影響と、インソーシングのトレンド、そしてアウトソーシングしたサービスの統合と管理の概念について解説する。(2016/11/7)

【連載】MARTECH 360:
マーケティング部門がIT部門と連携せざるを得ない理由
IT部門とマーケティング部門は長年こじれた関係にある。だが、マーケターは顧客理解を深める必要上、ITに投資し活用せざるを得ない。新たなビジネスを育てるため、今こそ両部門は長年の確執に終止符を打つべきだ。(2016/11/7)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
DevOpsの要求に応えられないIT部門を救う“自由に組み替えられる”インフラ
アプリケーション開発の迅速化を目指すDevOpsの流れにより、安定性・拡張性・パフォーマンスに最適化された従来のIT基盤には、アジリティとスピードを与える組み替えが求められている。そこで今注目されているのが、自由に組み替えられる次世代IT基盤だ。(2016/11/4)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
IT部門を“サービスプロバイダー”に変えるアイデアエコノミー時代のIT基盤とは
アイデアエコノミー時代のIT部門は、事業部門に対してサービスプロバイダーの役割を果たすようになる。そこで求められるデータセンターとはどのようなものか。次世代型IT基盤が生み出す、新たなビジネスの可能性を探る。(2016/11/4)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。