ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Gartner」最新記事一覧

ガートナーが予測
ユニファイドコミュニケーションで社内の“壁”を撤廃、今後は仮想秘書が付く時代に?
スマートフォンやクラウドを背景に着実な広がりを見せるユニファイドコミュニケーション。今後、日本での普及はどうなるのか、ガートナーに今後の展望を聞いた。(2016/7/14)

世界PC出荷の減少続く(米国は数四半期ぶりの増加)──Gartner、IDC調べ
GartnerおよびIDCが発表した2016年第2四半期(4〜6月)の世界におけるPC出荷台数は、いずれも前年同期より1桁減少。米国はドル高と教育機関などの買い替え時期により数四半期ぶりの増加だった。Chromebookが好調で、新モデルがしばらく出ていないMacBookはシェアを落とした。(2016/7/13)

セキュリティ対策最大の懸念は「コスト」――日本企業の意識
IT調査会社のガートナーは、日本企業のセキュリティへの取り組みに関する調査結果を発表した。(2016/7/5)

“幻滅期”のクラウド市場
「クラウドが何か」の議論はもういい――可用性99.9%のシステムは実践あるのみ
「クラウドとは何か」が語られ続けて10年がたとうとしている。現在、国内企業のクラウド導入の実態はどうなっているのか。ガートナーの情報を基に、クラウド導入の現状、今後の議題をレポートする。(2016/5/19)

Weekly Memo:
業務システムのクラウド化、成功のカギは「松・竹・梅」の見極めにあり
既存の業務システムのクラウド化はどう進めればよいのか。多くの企業が悩むこの課題に対し、ガートナーのフォーラムで明快な対策を聞いたので、その内容をもとに考察してみたい。(2016/5/2)

前年比わずか0.3%増:
日本企業のクラウドコンピューティング採用、「基本の確認」フェーズが続く
ガートナー ジャパンは、日本企業のクラウドコンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表した。(2016/5/2)

ガートナー IoT調査:
国内企業はIoTに慎重な姿勢――期待と不安が入り交じった状況
ガートナー ジャパンは、日本企業のIoTへの取り組みに関する調査結果を発表した。その内容からIoTへの取り組みに対する国内企業の慎重な姿勢が浮き彫りとなった。こうした傾向は、矢野経済研究所が発表したビッグデータへの取り組み状況に関する調査結果からも見てとれる。(2016/4/27)

人工知能 市場予測:
今後10年以内にAIがあなたの仕事を「支援」もしくは「奪う」!?
「人工知能(AI)」が近い将来、自分たちの仕事を奪うのでは? ガートナー ジャパンが発表した意識調査の内容と、矢野経済研究所が予測する人工知能が活用される産業分野について取り上げる。(2016/4/22)

「7割主義」でスマホアプリ開発期間を5カ月に圧縮:
良品計画に見る、ビジネス部門主導のAPIベース開発がもたらした効果と教訓
ガートナーが2016年3月14、15日に開催した「エンタープライズ・アプリケーション&アーキテクチャ サミット 2016」では、2日目のゲスト基調講演に、良品計画のWeb事業部でCMT(Chief Marketing Technologist)を務める濱野幸介氏が登壇。本稿では、濱野氏の講演のエッセンスをお届けする。(2016/4/21)

ガートナーの提言
6つの先駆け事例が示す 「超高速開発」ツールはもう使える
ツールによってプログラムの生成やテストを自動化する「超高速開発」が、ユーザー企業のアプリケーション開発現場でも存在感を強めている。ガートナーが示す6つの先進事例と製品選定ポイントをレポートする。(2016/4/21)

Applied Materialsが首位を維持:
半導体製造装置メーカー売上高ランキング――2015年
Gartnerの発表によると、2015年における前工程用半導体装置の売上高は336億米ドルで、前年比1%減だった。売上高上位10社でトップに立ったのは2014年に引き続き、Applied Materialsで、前年比24.7%増と大きく売り上げを伸ばしたLam Researchが2位に続いた。(2016/4/13)

「10年後、仕事を奪う」も1割:
「10年後、仕事への影響がある」半数以上──日本企業の「人工知能」意識調査
半数以上が「仕事への影響がある」、約10%が「10年以内に、仕事を奪う」──。日本企業のITリーダーは現在、「人工知能」の技術をどう捉え、どう影響してくると考えているか。ガートナー調べ。(2016/4/13)

特集:インフラエンジニアのためのハードウェア活用の道標(2):
クラウド時代だからこそ知っておきたいハードウェア動向――今後のストレージ活用で押さえておきたい3つのキーワードとは
なぜ今ハードウェアの知識が求められるのか。今回は、ガートナー ジャパンの鈴木雅喜氏に、「クラウド時代だからこそ知っておきたいハードウェア動向」「今後ストレージをビジネスで活用する上で押さえておきたい3つのキーワード」について聞いた。(2016/4/8)

Weekly Memo:
IT改革に成功する企業のCIOはどこが違うのか
「企業のデジタル化」が注目される中、世界と日本ではその取り組み状況やCIOとCEOの関係に違いがあるのか。ガートナーの最新調査を基に考察してみたい。(2016/4/4)

デジタル化時代にCIOがすべきこと
変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」
Gartnerのドレイファス氏は、今後CIOが果たすべき役割と必要なスキルを挙げた。しかし、「こうしたスキルを備えている者は多くない」と切り捨てた。(2016/3/29)

異なる傾向を見せる大企業と中小企業
勝者はOffice 365かGoogle Appsか──メールサービス市場は混迷模様
Gartnerがクラウド電子メールサービスのシェアを独自調査。Office 365とGoogle Apps for Workのどちらが優位なのか。大企業と中小企業でどのような違いがあるのか。(2016/3/17)

ガートナー IoT技術動向:
IoTビジネスで成功を目指すなら絶対に押さえておきたいテクノロジー10選
ガートナーは、今後2年間を通じて、全ての企業・組織にとって重要性が増してくるであろう「IoT(Internet of Things)」テクノロジートレンドのトップ10を発表した。(2016/3/15)

米ガートナーがレポートを発表:
今後最も注目されるIoT技術は“セキュリティ”
米ガートナーは、2018年までに企業に大きな影響を与えるとみられるIoT技術のトップ10を発表した。(2016/3/11)

特選ブックレットガイド:
「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」を読み解く
ガートナー ジャパンの主席アナリストが解説。(2016/3/9)

Gartnerが2016年版 市場評価レポートを発表
BI/BA製品の「リーダー」は3社のみ、大変動ランキングに波紋
GartnerがBI/BA製品に関する2016年版の評価レポート「Magic Quadrant」(マジッククアドラント)を発表した。ベンダーのランキングには幾つかの大きな変化があった。(2016/3/3)

新しいCRMに関して:
ガートナーが見解を発表、独自のIT予算を持つマーケティング組織を擁する国内企業の割合が2019年までに倍増
2016年2月24日、ガートナーは年次イベントである「ガートナー カスタマー 360 サミット 2016」の開催に合わせ、マーケティングにはスピードと俊敏性に焦点を当てた新しいITアプローチが必要になるとの見解を発表した。(2016/2/24)

Gartnerが楽観論を展開
Windows 10の将来は意外に安泰?
「Windows 10は最もインストールされるWindowsになる」という見解を発表したGartner。同社がWindows 10をそう評価する理由とは?(2016/2/4)

IaaSが最も高成長:
ガートナー、世界のパブリッククラウド市場が2016年には2040億ドルに達すると予測
ガートナーは2016年1月25日(米国時間)、2016年における世界のパブリッククラウド市場の予測を発表した。これによると、パブリッククラウドサービスの市場規模は、2015年には1750億ドルで、これが2016年には16.5%成長し、2040億ドルに達するという。(2016/1/26)

IT部門とマーケティング部門の密接な連携が必要:
日本におけるCMO相当の役職が前年比1割増、ガートナーが調査結果を発表
ガートナー ジャパンは2016年1月25日、日本国内における最高マーケティング責任者(CMO)に関する調査結果およびIT投資をめぐる組織への影響についての見解を発表した。(2016/1/25)

ドル高が市場全体に大きく影響:
2015年半導体市場は前年比1.9%減、Samsung好調
ガートナーは2016年1月、2015年の世界半導体市場規模が、前年比1.9%減の3337億米ドルになったとの見通しを発表した。為替市場におけるドル高が大きく影響したという。(2016/1/20)

2015年の世界PC出荷、Appleのみが前年比増──Gartner、IDC調べ
IDCによると、2015年通年の世界におけるPC出荷台数は前年比10.4%減の2億7622万台と、2008年以来初めて3億台を切った。メーカー別のトップ5社中、前年より出荷を増やしたのは4位のAppleのみだった。(2016/1/14)

2016年にVR HMDを快適に楽しめるPCはPC全体の1%以下──Bloomberg報道
2016年には「Oculus Rift」をはじめとするさまざまなVR HMDが発売されそうだが、そうしたHMDを快適に使える高機能PCの2016年の普及率はPC全体の1%にも満たないと、BloombergがNVIDIAやGartnerの予測に基いて報じた。(2016/1/4)

ホワイトペーパー:
お客さまのデータから真のビジネス価値を引き出しましょう
本資料では、GartnerとHPの専門家が、情報管理、クラウド、ITアウトソーシングなどについて最新のインテリジェンスを提供しています。(2015/11/27)

製造マネジメントニュース:
「日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル:2015年」を発表
ガートナー ジャパンは、「日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル:2015年」を発表した。企業の戦略、プランニング担当者に、市場のハイプ、成熟度、ビジネス・メリット、今後の方向性に関する分析情報を提供している。(2015/11/10)

【前編】Gartner Symposium/ITxpoリポート
『カールじいさんの空飛ぶ家』は“早く失敗する”文化が生み出した、Pixar社長が語る
米Gartnerが最近開催した年次イベントから、「失敗の2つの側面」「コグニティブコンピューティングに賭けるIBM」「データ責任者と分析責任者の違い」といったトピックを取り上げる。今回はその前編。(2015/11/9)

市場調査/予測:
2019年には560万台へ、年2倍ペースで出荷台数を伸ばす3Dプリンタ
Gartner(ガートナー)は、3Dプリンタの市場予測に関する最新の調査リポートを発表。全世界における3Dプリンタの出荷台数の予測は、2015年が24万4533台。2016年は約2倍の成長を遂げて、49万6475台に達する見込みだという。(2015/10/5)

ホワイトペーパー:
BIの新たな進展(2):BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか
BIの世界に「ビッグデータディスカバリ」という新たな波が押し寄せようとしていると、IT調査会社のガートナーは指摘する。IT INSIDERの前回は、同社の予測の概要を紹介した。では、BIプラットフォームベンダーは、どのような動きを見せつつあるのか。今回はこれを紹介する。(2015/9/25)

ガートナーに聞く:
ビッグデータの重力とBIプラットフォームベンダーの新たな動き
ビッグデータの重力が、BIプラットフォームの世界全体を徐々に変えつつある。BI製品ベンダー各社は、新たな世界に向けた動きを強めていると、ガートナーのシンディ・ホーソン氏はいう。Amazon Web Servicesのこの分野での活動強化も、十分に考えられるようになってきている。(2015/9/18)

特集:国内DevOpsを再定義する(2):
DevOps再入門〜DevOpsが生きる領域、ITILが生きる領域〜
市場変化の加速を受けて、国内でも今あらためて見直されているDevOps。その本当の意味と適用領域の考え方を、DevOpsに深い知見を持つガートナー ジャパン リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ ITオペレーション担当 マネージング バイス プレジデント 長嶋裕里香氏に聞いた。(2015/9/17)

アナリストが解説する:
「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」のここがポイント
米国の調査会社Gartnerが発表した「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」のポイントをガートナー ジャパンの主席アナリストに聞いた。キーワードは「医療分野での利活用」。(2015/9/10)

ホワイトペーパー:
BIの新たな進展(1):「セルフサービスBI」の次に来る潮流とは
TableauなどのセルフサービスBIツールが、BI 市場を席巻しているように見える。だが、IT調査会社のガートナーは、BIの世界が次の段階に進みつつあると指摘する。では、どのような方向に進もうとしているのか。これを探る2回シリーズの第1回目として、ガートナーの説明の概要をお届けする。(2015/8/28)

狙え! 新興/小規模顧客、ガートナーの見解:
半導体企業に安定成長をもたらす小規模顧客
Gartner(ガートナー)は、半導体ベンダーが安定成長を続けるには、多くの新興企業や小規模の電子機器企業にフォーカスした事業戦略が重要との見解を示した。特に、急成長しているのが中国の小規模顧客市場だという。(2015/8/24)

製造マネジメントニュース:
“幻滅期”に入った民生3Dプリンタ、IoTや自動運転は“過度の期待”がピークへ
米国の調査会社Gartnerは、「新興技術におけるハイプサイクル2015年版」を発表した。調査結果によると民生用3Dプリンタは「幻滅期」となっている他、IoTや自動運転、音声翻訳技術などが「過度の期待のピーク期」となっていることを明らかにした。(2015/8/20)

ガートナーに聞く:
セルフサービスBIの次に来る波、「ビッグデータディスカバリ」とは
TableauなどのセルフサービスBIツールが、BI 市場を席巻しているように見える。だが、IT調査会社のガートナーは、BIの世界が次の段階に進みつつあると指摘する。では、どう進展していくのか。(2015/8/20)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ガートナーイベント「ガートナー シンポジウム/ITxpo 2015」チケットプレゼント
(2015/8/17)

「ビジョンの完全性」と「実行能力」が高評価に:
Marketo、「Magic Quadrant」においてCRMリードマネジメント分野の「リーダー」に4年連続で選出
米Marketoは、米Gartnerの「Magic Quadrant」においてCRMリードマネジメント分野の「リーダー」に選出されたことを発表した。(2015/8/11)

IoTには、けん引力が足りない?:
半導体の売上高成長率、今後2年は下落傾向に
Gartnerの予測によると、半導体の世界売上高の成長率は、2015年と2016年の2年間は、下落傾向になりそうだ。ウェアラブル機器を含むIoT市場は順調に成長するものの、ハードウェアに搭載される半導体の量が少ないため、大きなけん引力とはならない可能性がある。(2015/7/17)

「CISO」というセキュリティリーダーの作り方
企業や組織の“デジタル化”が進む中でセキュリティリスクも高まる。ガートナーでセキュリティやリスク管理分野を担当する石橋正彦氏は、セキュリティを取締役レベルで担うリーダーの必要性を提起する。(2015/7/13)

予防できない危機に対処するには:
未知の脅威に対抗するための「6原則」――ガートナー サミットから学ぶ、これからの情報セキュリティ対策
2015年7月13日、「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメントサミット 2015」が開催された。本稿ではガートナーの提案するセキュリティ対策の「6つの基本原則」を紹介し、これからの情報セキュリティ対策の在り方を考えてみる。(2015/7/14)

公開サイトでのセキュリティ対策、未実施は「恥ずかしい」
ガートナーの調査では約6割の企業が、主要7項目で外部攻撃への対策を実施していた。(2015/7/8)

サイバー攻撃で現実世界が大混乱?
5年後にきっと大問題になる「IoTセキュリティ」、何に気を付けるべきか
米Gartnerの予測では、IoTは今後急速に普及し、2020年には情報セキュリティに広範な影響を及ぼすようになるという。IoTのセキュリティについては、特に物理的安全とデータ処理の面でより有効なプランニングが必要となる。(2015/7/2)

セキュリティ専任職の採用 「予定なし」企業は半数に
サイバー攻撃や情報漏えいなどが問題化しているものの、ガートナーの調査では自社に専任担当者を置く考えのない企業が半数近くを占めた。(2015/7/1)

ガートナーが予測
PHSが意外に人気? ユニファイドコミュニケーションの普及が進まない理由とは
多くのベンダーがコミュニケーションを促進するためさまざまな製品を提供しているUC市場。だが、意外に普及が進んでいない。ガートナーにその理由と今後の展望を聞いた。(2015/6/29)

ビジネスニュース 業界動向:
ビッグデータを活用できている国内企業は何%? ガートナーが調査
調査会社のガートナージャパンは2015年5月、国内企業のビッグデータへの取り組みに関する調査結果を発表した。ビッグデータに対する認知度は約9割に上ぼり、約3割の企業が関心を示していたが、実際にビッグデータを活用している国内企業は6%という結果が明らかとなった。(2015/6/3)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ガートナーイベント「アウトソーシング&ITマネジメント サミット 2015」チケットプレゼント
(2015/6/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。