ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Gartner」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

裏方に求められる資質が変わる:
「いつでもどこでも使えるITインフラ」の実現課題を指摘、Gartner
Gartnerは2018年12月3日(米国時間)、米国ラスベガスで同日開幕したカンファレンス「Gartner IT Infrastructure, Operations and Cloud Strategies Conference 2018」において、IT環境の動向と、ITインフラとオペレーションの担当リーダーが直面する課題を紹介した。(2018/12/5)

製造ITニュース:
AIプロジェクトの大半は専門家の“魔法”であり続ける――ガートナーの展望
ガートナー ジャパンは、IT部門とユーザーに大きな影響を与える、2019年以降に向けた重要な展望を発表した。(2018/12/3)

Gartnerジーン・ファイファー氏が語る:
カスタマージャーニーの設計に多様性のあるチーム作りが重要である理由
カスタマージャーニーマップをどう描くか。「Gartner Symposium/ITxpo 2018」におけるGartnerジーン・ファイファー氏の講演の概要をお届けする。(2018/11/20)

Weekly Memo:
デジタル変革時代のインフラ設計は“これまでの常識が通用しない” ガートナーが説く「クラウド時代のインフラ投資」
企業は今後のクラウド戦略をどう描けばよいか。ガートナーの名物アナリスト、亦賀氏はデジタル変革に向けたインフラづくりを急ぐべきだと強調する。どういうことか。(2018/11/19)

Gartnerの年次予測
知らないとは恥ずかしくて言えない2019年の「10大ITトレンド」
デジタル思考のCIOにとって、Gartnerの2019年トップ10技術トレンドに驚きはなさそうだ。ITはスマート化が進み、インテリジェントなデジタル網が社内を、そして他の全ての場所を覆うようになる。(2018/11/15)

AIから新しい無線ネットワーク技術まで:
Gartner、2018〜2023年の戦略的IoTテクノロジートレンドのトップ10を発表
Gartnerは、「2018〜2023年にデジタルビジネスイノベーションをけん引する」と認定した戦略的IoTテクノロジートレンドのトップ10を発表した。(2018/11/9)

「意思決定は全て48時間以内にする」をルール化など
デジタル変革を進める“カルチャーハック”10のポイント
「文化はデジタルトランスフォーメーションの障害になることがある。その場合、文化を変える“カルチャーハック”を実践するのはCIOの仕事だ」。Gartnerのアナリストはそう語る。(2018/11/5)

セキュリティ対策も重要
デジタルビジネスの勝ち組が「ROI」測定に使う指標とは?
デジタルビジネスへの取り組みを成功させ、高い業績を上げている企業は、他の企業と何が違うのか。Gartnerの調査結果を基に探る。(2018/11/1)

各フェーズで経営陣の理解度向上が不可欠:
日本企業のデジタルビジネス推進が進まず、ガートナーが調査
ガートナー ジャパンが実施した日本企業のデジタルビジネス推進に関する調査結果によると、デジタルビジネスを「理解しているが半信半疑」との回答はIT管理者層の4割近くを占めた。一方で7割以上の企業が、デジタルビジネスに強いテクノロジーベンダーが自社の競合となった場合、ネガティブな影響を受けると認識している。(2018/10/30)

「理由」「量」「タイミング」が大事
「脱データセンター」で100%クラウド運用、そのために考えるべきこととは
クラウドコンピューティングの進化により、データセンターの撤廃を考える企業も出てきた。Gartnerのリサーチ部門バイスプレジデントが伝える、データセンターを撤廃し、クラウドに移行するとき有効なIT戦略とは。(2018/10/30)

AIはバイモーダルのモード2へ:
企業はAIに関する取り組みを再考せよ、ガートナーの提言
ガートナー ジャパンは、AIの推進に関する提言を発表した。現場の「改善」を中心としたものから中長期の「戦略」の核へとAI利用のステージを引き上げるべきだとしており、そのためには経営者がリーダーとなる必要があるという。ユーザー自身でAIのスキルを身に付ける必要もある。(2018/10/26)

人工知能、幻滅期へ ガートナー「ベンダーに丸投げやめろ」
(2018/10/25)

2018年はデジタルビジネスの転換期:
AIは破壊的技術だと回答、ガートナーが世界89カ国3000人のCIOへアンケート
ガートナー ジャパンは、世界89カ国の主要業種に属する3000人のCIO(最高情報責任者)に対するアンケート調査の結果を発表した。デジタル化への取り組みを拡大させた企業は全体の33%、AI(人工知能)技術を導入済みまたは計画中の企業は37%だった。(2018/10/22)

エンタープライズソフトウェアが高い伸び:
2019年の世界IT支出は3.2%増の3.8兆ドル、Gartner予測
Gartnerは、2018年の世界IT支出が3.7兆ドルとなり、2019年にはさらに3.2%増えて3.8兆ドルに達するとの見通しを示した。IT市場では、「所有からサービスの利用へ」の流れが広がっていると分析した。(2018/10/19)

AIとプライバシー、SNS、クラウドの動向を視野に:
Gartner、2019年以降の「戦略的展望」トップ10を発表
Gartnerは、IT部門やユーザーにとって重要な意味を持つと同社が考える2019年以降、2023年までの「戦略的展望」トップ10を発表した。企業内のAI利用は今後もなかなか進まないが、社会に与えるAIの影響は大きいという。プライバシー情報をより入念に扱わなければならなくなり、企業活動に与える影響が大きくなるとした。(2018/10/19)

自律的なモノ、拡張アナリティクス、AI主導開発、エンパワードエッジなど:
Gartner、2019年の戦略的テクノロジートレンドのトップ10を発表
Gartnerは、「企業や組織が2019年に調査する必要がある」と認定した戦略的テクノロジートレンドのトップ10を発表した。「インテリジェント」「デジタル」「メッシュ」がキーワードだという。(2018/10/17)

2018年度版「日本におけるテクノロジのハイプサイクル」:
AIやブロックチェーンは幻滅期へ、ガートナーが発表
ガートナーは「日本におけるテクノロジのハイプサイクル:2018年」を発表した。ハイプサイクルとは新技術の成熟化の過程を表した図。AI(人工知能)やブロックチェーンに対する期待は「過剰な期待」のピーク期から幻滅期に移行し、ビッグデータは安定期に達する前に陳腐化するとした。(2018/10/12)

クラウド支出が優位になる分野も:
2022年には主要IT支出に占めるクラウドサービスの割合が28%に――Gartnerが予測
Gartnerによると、主要な企業IT支出に占めるクラウドサービスの割合は、2018年の19%から2022年には28%に上昇する見通しだ。(2018/9/20)

セキュリティ・アディッショナルタイム(26):
さまざまなツールとAI/自動化がDevSecOpsの手助けに――「開発者はセキュリティにもオーナーシップを」
「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」に合わせて来日したガートナーのリサーチ・ディレクター、マーク・ホーヴァス氏に、安全なアプリケーション開発を実現するコツを尋ねた。(2018/9/19)

DataOps、プライベートクラウドdbPaaS、ML対応のデータ管理:
Gartnerがデータ管理分野の「3つの新興技術」に注目、いずれも急速に普及が進む
Gartnerは、ハイプサイクルレポートで初めて取り上げたデータ管理分野の3つの新興技術「DataOps」「プライベートクラウドdbPaaS」「ML対応のデータ管理」について解説を加えた。(2018/9/13)

Gartner Insights Pickup(75):
ITセキュリティ展開による、信頼性と回復力の向上に向けたアドバイス
サイバーセキュリティ対策では、「何が重要なのか」「何が危険なのか」「何が現実解なのか」の3点を、表面的ではなく深く考えるべきだ。これが2018年6月に米国で開催されたGartner Security and Risk Management Summitでの、Gartnerによるアドバイスだ。(2018/9/7)

2018年4〜6月:
Huawei、スマートフォン出荷台数でAppleを抜く
米国の市場調査会社であるGartnerによると、中国エレクトロニクス業界の巨人であるHuawei Technologiesが、2018年第2四半期(2018年4〜6月)の世界スマートフォン出荷台数で、Appleを超える業績を達成したという。Appleが世界上位2社から外れるのは、初代iPhoneの初期のころ以来のことだ。(2018/9/6)

Mostly Harmless:
ガートナーのハイプサイクルに見る、技術トレンドの栄枯盛衰――VRはどこへ?
技術の成熟度や普及度などを分析したガートナーのハイプサイクルを眺めると、テクノロジーの栄枯盛衰が見えてきます。2018年のトレンドテクノロジーとその影にあるドラマとは?(2018/9/3)

注目すべき35の先進テクノロジー:
2018年のテクノロジーハイプサイクル、Gartnerが発表
米調査会社のGartner(ガートナー)は、「先進テクノロジーのハイプサイクル:2018年」を発表した。(2018/8/24)

製造マネジメントニュース:
デジタルツインや深層学習は“過度の期待のピーク”、ARは“幻滅期”のどん底
米国の調査会社Gartnerは、「先進技術におけるハイプサイクル2018年版」を発表した。調査結果によるとデジタルツインや深層学習などが「過度の期待のピーク期」を迎えていることを明らかにした。(2018/8/24)

『ビジネス2.0』の視点:
ディープラーニング、IoTプラットフォームは「過度な期待」の時期に ガートナー、「ハイプ・サイクル2018」を発表
米調査会社のガートナーが2018年8月16日、先進テクノロジーのハイプ・サイクル 2018を発表。ディープラーニング、IoTプラットフォームは「過度な期待」の時期にきているという。(2018/8/23)

国内企業の50%以上がソフトウェアライセンス監査を経験 強まるベンダー監査に求められる対応力――ガートナー調べ
ガートナー ジャパンによると、国内企業の50%以上がソフトウェアベンダーによるライセンス監査の経験があり、ライセンスの理解不足などで追加請求を受けた企業はその60%強に及んだ。今後、監査は強まる傾向で、所有ライセンスと利用シナリオを正確に把握した上で契約に望む必要があると指摘する。(2018/8/22)

AIの大衆化、エコシステムのデジタル化、自家製バイオハッキングなど:
Gartner、人とマシンの境界をあいまいにする5つの先進技術トレンドを明らかに
Gartnerは最近発表した「先進技術のハイプサイクル」レポートの最新版で、35の技術とトレンドを選び、人とマシンの境界をあいまいにする5つの先進技術トレンドとしてまとめた。(2018/8/22)

社長を説得できる人材が不足:
デジタルビジネス推進の障壁は3つ、ガートナーが調査
ガートナー ジャパンの調査によれば、日本企業にとってデジタルビジネスを推進する際の最大の障壁は「人材不足」「技術力不足」「予算不足」だという。デジタルビジネス推進に抵抗するのはまず経営トップ、次いで財務・経理部門、業務部門だった。(2018/8/21)

チャットbotや仮想アシスタント、拡張アナリティクスなど:
数年以内に職場への導入が始まる6つの技術――Gartnerが解説
Gartnerは、2〜5年以内に広く導入されるようになると予想した6つの「デジタルワークプレース技術」について解説を公開した。いずれも職場での働き方を大きく変える可能性を秘めている。(2018/9/3)

Gartner Insights Pickup(70):
デジタルビジネス時代の顧客中心とは
Gartnerは、顧客中心を実践している組織に共通する10の習慣を明らかにした。(2018/8/3)

クラウドと持ち出しPCの2つの観点から探る
ガートナーが推奨 「働き方改革」に適した情報漏えい対策とは?
「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」で、クラウドサービスの利用やPCの持ち出しをする際のセキュリティに関するセッションが開催された。働き方改革に必要なセキュリティ対策とは。(2018/7/31)

世界PC出荷、6年ぶりに復調──Gartner調べ
米調査会社のGartnerとIDCがそれぞれ、4〜6月期の世界PC出荷に関する調査結果を発表した。いずれの調査でも前年同期比で数%増加しており、Gartnerによると増加は6年ぶり。(2018/7/15)

経営者のセキュリティ意識の高まりが追い風に:
Gartner、セキュリティ部門が対応すべき6つのトレンドを指摘
Gartnerは、セキュリティリーダーは、セキュリティおよびリスク管理の6つの新しいトレンドを利用し、自社の回復力の強化や、セキュリティ部門の評価の向上に取り組むべきだと提言した。(2018/7/5)

Weekly Memo:
人材だけそろってもデータ活用はうまくいかない ガートナーが説く「4つのポイント」とは
企業にとってデータをいかに活用するかが重要な課題となっている。うまく活用している企業は何が違うのか。ガートナーのフォーラムでそんな興味深い話を聞いたのでお伝えしたい。(2018/6/25)

Gartner Insights Pickup(64):
公共機関におけるクラウド導入の光と影
Gartnerは、公共機関におけるパブリッククラウドサービスの利用規模は、2021年まで2桁のペースで拡大すると予測している。一方で、2021年までにプライベートクラウドの導入がパブリッククラウドの2倍のペースで進む見通しだ。これをどう考えるべきだろうか。(2018/6/15)

NEWS
デジタルビジネスに必要な5つの観点とは ガートナー幹部が提言
Gartnerのリサーチ部門最高責任者であるピーター・ソンダーガード氏が世界のデジタルビジネスの動向について語った。デジタルビジネスの推進に必要な5つの観点と、これからの展望とは。(2018/6/13)

Weekly Memo:
デジタルビジネスで負けたくなければ、この5つの要素に注目せよ ガートナーのトップアナリストが指南
企業がデジタルビジネスを進めていくうえで考えるべきことは何か。Gartnerのトップアナリストが、この点について語った。その内容とは――。(2018/6/11)

中、下位機種が市場拡大をけん引:
2018年第1四半期の世界スマートフォン販売、前年同期比1.3%増とプラス成長――Gartner
2018年第1四半期の世界スマートフォン販売台数は、150ドル未満のモデルの好調に支えられ、前年同期比1.3%増の3億8400万台弱となった。(2018/5/31)

今日のリサーチ:
CDO(最高データ責任者)の経営への関与が増大、予算平均は800万ドルに――ガートナー調査
ガートナーは、最高データ責任者や最高アナリティクス責任者を対象として調査を実施した「ガートナー CDOサーベイ」の結果を発表しました。(2018/5/30)

データの信頼性を追求することが重要
Gartnerがデータ活用と分析のリーダーに向けて発行した「4つの処方箋」
データ分析の価値を引き出すために、CIO(最高情報責任者)とデータ専門家は、虚偽の事実、多様性への対応、複雑さ、リテラシーという4つの課題を克服しなければならない。さらに、バイモーダルITは忘れることだ。(2018/5/30)

暗号解読やDB検索以外にも用途あり:
量子コンピューティングは“物理実験”の段階にあり、企業はアルゴリズムの研究に集中せよ
エンタープライズ分野のITリーダーのために量子コンピューティング分野を調査しているChirag Dekate氏(GartnerでResearch Director、HPC Servers、Emerging Tech.を務める)に、一般企業と国が今、何をすればよいのかを聞いた。前半ではDekate氏が2018年4月27日に講演した内容を紹介。後半では既存の暗号が解読されてしまう課題などを同氏にインタビューした。(2018/5/28)

Gartner Insights Pickup(59):
デジタル化の優先度や進度はどうなっているか、業種別に見る
GartnerのCIO調査によると、ビジネスのデジタル化は全ての業種でビジネス目標の上位10項目に入っている。ただし、取り組みの進展や成熟度は業界によって異なる。(2018/5/11)

Gartnerのアナリストが提言
AIプロジェクトの難易度を図表で理解、企業が考えるべきその優先度とは
Gartnerのバーン・エリオット氏がAIへのアプローチとしてCIOに推奨するやり方は、AIプロジェクトを投資ポートフォリオのように扱い、ハイリスクとローリスクの複数のプロジェクトを同時に進めるというものだ。(2018/5/2)

Weekly Memo:
日本でのクラウドは、“本格利用前夜で止まっている” ガートナーが説く「日本が取り残されないために」すべきこと
2018年2月のガートナーの調査によると、日本企業におけるクラウドの採用率は1年前と変わらず17%にとどまっている――。そう警鐘を鳴らす最上級アナリスト、亦賀氏が説くクラウドシフトの方法とは。(2018/5/1)

製造ITニュース:
ブロックチェーンへの取り組みに関する調査、40%以上が何らかの取り組み
ガートナー ジャパンがブロックチェーンへの取り組み状況に関する調査結果を発表した。40%以上の日本企業は既に何らかの取り組みを開始しているが、テクノロジーとメリットの理解に課題があるという。(2018/4/26)

2011年の調査とほぼ同じ結果に:
最も改善したいスキルは「リーダーシップ」――ガートナーがテクノロジー人材のスキルに関する調査結果を発表
ガートナー ジャパンは、テクノロジー人材のスキルに関する調査結果を発表した。改善したいスキルのトップは「リーダーシップ」で、人材育成上の懸念のトップは「技術変化に対応できるトレーニングが整備されていないこと」だった。(2018/4/25)

半分以上の企業が「人材が不足している」と回答:
IoTへの決断力や人材不足を懸念する日本企業の現状が明らかに――ガートナーが調査結果を発表
ガートナー ジャパンは、日本企業によるIoTへの取り組みに関する調査結果を発表した。企業はIoTがビジネスに大きな変革をもたらすと期待している一方で、IoTを推進する人材不足や技術の成熟度などに懸念を抱いている実態が明らかになった。(2018/4/18)

IaaSが最も急成長、2021年にはSaaSとともに2大セグメントに:
世界のパブリッククラウドサービス売上高、2018年は前年比21.4%増の1864億ドル――Gartner予測
世界のパブリッククラウドサービス売上高は2018年に1864億ドルに達し、その後も2桁成長を続けて2021年には3025億ドルに拡大する見通しだ。(2018/4/17)

金額では7%増の見通し:
2018年における世界のデバイス(PC、タブレット、携帯電話)市場、前年の3%減から1.3%増に回復、約23億台に
Gartnerによると、2018年における世界のデバイス(PC、タブレット、携帯電話)出荷台数は1.3%増の22.9億台となり、2017年の3%減からプラス成長に戻る見通しだ。(2018/4/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。