ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

顧客満足 に関する記事 顧客満足 に関する質問

「顧客満足」最新記事一覧

ウエアラブルとビッグデータ:
本命は何? リクルートが“未来レストラン“で示した「スマホの次」
ウエアラブルとビッグデータ。ここに次のビジネスチャンスが埋まっていると考える人は多いかもしれない。ただ、形はまだぼんやりしている。先日行われた“未来レストラン“の実証実験イベントより、リクルートが「スマホの次」をどう考えているか、キーマンに話を聞いた。(2014/4/15)

お客さんの心をつかめ:
「ショールーミング」も商機に変える! ECと実店舗の融合戦略
消費者の“店舗離れ”が起きるのは、店舗が魅力的なサービスを展開できていないからだ。ITのチカラを活用すれば、ネットとリアルはもっとシームレスになる。(2014/4/11)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(8):
“伝統的な営業スタイル”は、いつでもどこでも必要なのか
日本の営業マンは、とても親切だ。製品購入前にはあなたの会社まで来て丁寧に説明し、購入後もサポートの窓口となってあれこれ世話を焼いてくれる。しかしそうした営業スタイルを、顧客は常に望んでいるのだろうか?(2014/4/11)

データ精度向上へ:
データドリブン組織を目指すなら避けて通れない「データ評価」、課題点を集約
ビッグデータのブームが落ち着き、現在多くの企業で実務レベルでのデータ統合/活用が進められている。しかし、統合データ戦略を実現しようとすればするほど山積みになる課題点を集約した。(2014/4/10)

美人弁護士 有栖川塔子のIT事件簿(11):
業務要件のモレを無くすためにマークすべき人とは?
ユーザーから要件をヒアリングするときには、単に業務プロセスを確認するだけでなく、オペレーターの振る舞いや属性に着目すると、思わぬ発見があるものです。(2014/4/4)

いつもの仕事が、ここまでに身軽に――住所録、営業カタログ、見積書で“脱Excel”に挑戦
売上管理表からタスク管理表、組織図、日報、損益計算書まで、なんにでも使えるExcelは本当に便利なソフトだ。でも、ちょっと待って! あなたのその業務、ホントにExcelを使うのがベストなのだろうか?(2014/3/25)

回線離れ:
「フレッツ光」が苦戦……想像以上に
NTTグループの光回線サービス「フレッツ光」が苦戦している。ライバル企業は携帯電話との「セット割引」が好調だが、NTTは法で規制されているうえ、スマートフォンやタブレット端末など、PC離れによる“回線離れ”が拍車をかけている。(2014/3/25)

低迷ぶり「想像以上」 「フレッツ光」凋落、身動き取れぬNTT 法規制が足かせ、許さぬ「新電電」
NTTの光回線「フレッツ光」が苦戦している。ライバル企業は携帯電話との「セット割引」が好調だが、NTTは法で規制されているうえ、スマホやタブレットの普及が“回線離れ”に拍車をかける。(2014/3/20)

日経BPの「第6回 モバイルデータ通信端末満足度調査」、1位は6年連続でドコモ
日経BPコンサルティングが「第6回 モバイルデータ通信端末満足度調査」の結果を発表した。顧客満足度1位は6年連続でNTTドコモが獲得した。(2014/3/19)

1199ドルからの「Precison M2800」投入:
格安モデルで「全エンジニアにワークステーション」を狙うDell
Dellはこの春、1199ドルからと低価格なモバイルワークステーション「Precison M2800」を発売する。同社ワークステーション事業部のトップが語る戦略とは?(2014/3/17)

調査リポート:
CIOの重点は“顧客満足度の向上”に――IBM調査
米IBMによるCIOへの調査の結果、企業は顧客満足度を向上するために情報分析やクラウドコンピューティングに重点を移している実態が浮かび上がった。(2014/3/17)

“楽しい”危険マップ ホンダの「SAFETY MAP」がATTTアワード最優秀賞
第5回 国際自動車通信技術展の開催に合わせ、「ATTTアワード」の表彰式が開催された。2014年は、モバイルとIT、モビリティの融合による技術革新によって開発された7つの商品やサービス、ソリューションが受賞した。(2014/3/13)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
創業時からパソコン用パッケージにこだわり続けるシステムディ
今から30年前、私立学校向けの会計システムから事業を出発したシステムディ。パソコンの可能性を信じ、業種・業務に特化したパッケージソフトを手掛ける同社のビジネス戦略とは。(2014/3/11)

【連載】実践したくなるBtoBマーケティングの設計とポイント:
第4回 BtoBビジネスにおける顧客育成方法について
BtoBビジネスにおける顧客育成というのは、実は、「契約を終えた瞬間」から始まると言っても過言ではありません。最終回は、ビジネス関係を継続させるために必要な顧客理解の基礎的な考え方とその実践方法を考えます。(2014/3/3)

送客力につながるWebサイト構築:
ソフトバンク・テクノロジー、ソラーレホテルズに顧客満足度向上を実現するWebサイト運用基盤を構築
ソフトバンク・テクノロジーは、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツに顧客満足度向上を実現するWebサイト運用基盤を構築した。ソラーレは、現場主導で顧客層に合わせたWebコンテンツ運用ができる。(2014/2/27)

これからの働き方、新時代のリーダー:
「メイド・イン・ジャパン」の縫製工場が消えてしまう前にできることがある――ファクトリエの挑戦
アパレル品の国産比率は5%以下に落ち込んでいる。海外工場との価格競争、職人の高齢化……。「このままでは日本の高い技術が失われてしまう」と立ち上がった若者がいる。(2014/2/27)

特集:DevOpsで変わる情シスの未来(6):
ウォーターフォールとのハイブリッド――手法にとらわれない“ニフティのDevOps”
市場ニーズに迅速に応える上で、アジャイル開発を核とするDevOpsの実践が鍵となることは間違いない。だが各開発手法は「ビジネスゴール」という目標達成のための手段にすぎない。(2014/2/25)

PR:企業の競争力を強化する! ビッグデータ時代にふさわしいデータ転送とは?
ビッグデータ時代の到来により、企業が業務でやり取りするデータの大容量化が進む中、データ転送に対するニーズが拡大している。この状況を打破するためには、新たなデータ転送技術が必要とされている。そうした中、注目を集めるのが、日立製作所の高速大容量データ転送基盤「JP1/Data Highway」だ。(2014/2/25)

そろそろ脳内ビジネスの話をしようか:
外注さんに失敗なく仕事をお願いする単純で画期的な方法を考えた
社内のプログラマーだけで開発を行った場合、時折どうしてもリソース不足を起こすことがあります。そんなときは外注の開発会社に仕事を依頼しますが、これがなかなか難しく、これまで結構失敗を重ねてきました……。(2014/2/24)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
インフォテリアが海外に賭ける思い
ここ数年で海外展開を加速させているインフォテリアだが、目下、海外売り上げ比率は2%程度にとどまる。しかし、「海外売り上げを5割」を目標に、そのための投資を積極化する。(2014/2/18)

【連載】進化するメールマーケティング:
第3回 最新型メールマーケティングシステム導入の効果と課題
数年前からメールマーケティングの効果が見直される中、大手海外ベンダーの日本進出が盛んになり、またそれに呼応する形で日本のメール配信システムベンダーも機能を強化している。この流れは止まることなく続くだろう。では、最新型のメールマーケティングを導入すると、どのような効果が期待できるのか。今回は導入における課題を示したい。(2014/2/17)

Virgin Atlanticがロンドン・ヒースロー空港で実施
「Google Glass」でおもてなし 英航空会社がウェアラブル技術を試験導入
次の本命技術ともいわれるウェアラブル端末。米Googleの開発するメガネ型端末「Google Glass」を、英国の航空会社Virgin Atlanticが試験導入する。よりパーソナルなサービスを提供し、顧客満足度を向上する狙いだ。(2014/2/13)

今必要? すぐ使える! 注目Webサービス:
顧客サポート必見! クラウド一元管理で“待たせず、抜け漏れなく”――「Zendesk」
顧客サポートは、企業の評判を左右しかねない重要な業務。そんなサポート現場の、「もっと素早く対応したい」「対応のぬけもれを防ぎたい」「効率化したい」といったニーズに応えるのが「Zendesk」だ。(2014/2/12)

社員が自律的に成長し続ける組織の創り方:
メンバーが前向きに行動する職場 vs そうでない職場 その分かれ目は
前向きに働く上で大事なのは目的である。何のための仕事なのか、なぜこの仕事をやる必要があるのか。目的を明確にすることから成長は生まれる。(2014/2/5)

Computer Weekly製品導入ガイド
「いつでも、どこでも、どんな端末でも」──変化を迫られるITサービス
エンタープライズコンピューティングは変動期にある。重点は自動化やユーザー端末への対応へとシフトしている。(2014/1/29)

受注獲得支援、ニートの自立支援もデータ分析で――日本IBM
具体的なデータ活用の事例が相次いで発表に。顧客情報分析によるパターン抽出など、部門や組織に蓄積されてきたデータを次に生かす取り組みだ。(2014/1/28)

IBMのデータ分析:
鍋屋バイテック会社、受注率10%向上を目指しIBMのデータ分析システムを導入
新しいデータ分析基盤を活用して、コンタクトセンターの見積もり業務の迅速化/効率化、顧客ニーズに応じた適切な提案を実現、また商品の成長製品開発や顧客満足度向上につなげていくという。(2014/1/28)

ECサイト最大の“弱点”を克服できるか:
Amazonの「予測出荷」アルゴリズムを考える
今週初め、驚愕のニュースが飛び込んできた。それは米Amazonが特許を取得した"method and system for anticipatory package shipping”(先行予見パッケージ配送のための方法論およびシステム)に関するニュースだ。(2014/1/23)

エージェント徹底活用法(3):
エージェント訪問、その前に
相性の良い転職エージェントと出会うには、事前準備が欠かせません。エージェントとの面談の前にすべきこと、面談中にすべきことを、具体的に伝授します(2014/1/16)

追加コストは不要! 標準機能だけでOLTP、DWH、BIを高速化:
PR:データベースの性能課題を解決に導く SQL Server 2014のインメモリ機能に迫る
ついにマイクロソフトのSQL Serverが本格的なインメモリDBに進化する。開発コード名「Hekaton(ヘカトン)」で知られていたインメモリOLTP機能が、「Microsoft SQL Server 2014」の標準機能として利用できるのだ。アプリケーションを変更せずに平均で10倍の高速化を実現するこの機能は、多くの企業ユーザーが抱えているDBの性能課題を解決に導くだろう。(2014/1/16)

Computer Weekly製品導入ガイド
ユーザーエクスペリエンス軽視が招く、収益悪化のスパイラル
劣悪な顧客エクスペリエンスがどのような結果を招くか、誰もが認識している。にもかかわらず、この問題の解決方法については社内でも意見が分かれている。(2014/1/7)

総合力ナンバーワンを目指し、競争力に磨きをかける――通信事業者4社の年頭所感
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、UQコミュニケーションズのトップが、新年を迎え年頭所感を発表した。(2014/1/6)

Amazon Mayday、ほかの電子書籍リーダーベンダーとの差別化要因になるか
まともな顧客サービスすら提供できていない電子書籍リーダー/タブレットの販売企業は数百と存在する。そんな中、AmazonがHDXタブレットライン向けに用意した「Mayday」という機能は業界に何を語りかけるのか。(2014/1/6)

製造マネジメントインタビュー:
「その製品1つ作ったらいくら儲かるの? 」に答えられるか――キナクシス
日本の製造業の海外展開の歴史は古く、SCMの導入も進んでいる。しかし、今さらにSCMの一段の強化が求められるようになっている。なぜサプライチェーンを今さらに強める必要があるのか。カナダ Kinaxisのバイスプレジデント トレバー・マイルズ氏と、プロダクトマネジャーのアンドリュー・ベル氏に話を聞いた。(2014/1/6)

組み込み開発ニュース:
3D、AR、ジェスチャー技術を利用者視点で――NECソフト「UXイノベーション戦略室」新設
NECソフトは、SIおよびソフトウェアのユーザーエクスペリエンス(UX)向上を図り、より良い製品・サービスを提供すべく、同社VALWAYテクノロジーセンター内に「UXイノベーション戦略室」を新設した。(2014/1/6)

主要PaaS環境での利用も:
スタートアップに優しいクラウドメール配信サービスが日本国内で本格展開―SendGrid
FoursquareやPinterestなど日本でもユーザーの多い米国スタートアップ企業のメール配信に採用されていることで知られる米SendGridは、2013年12月から日本での本格展開をスタートした。PaaSサービスとの連携もできる。(2013/12/27)

ET2013特別企画ブースリポート(日立アドバンストデジタル):
PR:日立ADの組込み技術が、交通の“安心・安全”を最大限にサポート
組込み機器の開発・製品化に精通した経験豊富なエンジニアと確かな技術力で、顧客満足度の高い“モノづくり”を手掛ける日立アドバンストデジタル。同社は、2013年11月にパシフィコ横浜で開催された「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)」に出展。「交通(くるま)の安心・安全を支える」をテーマに、車両制御関連技術、カメラ・センサー・認識技術、機能安全の3つを訴求し、多くの来場者の注目を集めていた。(2013/12/17)

寝正月の新しい相棒となるか? 「Hulu」の実力を探る
暖かいコタツにもぐり込み、見たかった映画やドラマシリーズを好きなだけ見る。そんな寝正月の良き相棒として注目されるのがVODサービスだ。もう、寒い思いをして外に出る必要はない。(2013/12/13)

導入事例:
成田空港の旅客サービスを変えたiPad導入の舞台裏
成田空港はターミナル内のスタッフにiPadを携行させ、旅客向けの各種案内サービスを強化したという。その取り組みの全貌に迫る。(2013/12/13)

多重防御で脅威をブロック:
3つの新技術でウイルス検出性能をさらに強化――「ESET 2014」製品発表会
ESETのマルコCEOとマルホCROが来日し、個人向けセキュリティ製品「ESET セキュリティ ソフトウェア」シリーズの最新版を紹介した。(2013/12/10)

ESETが最新版ソフトを発表、高度なマルウェアや脆弱性攻撃に新対策
Windows版では脆弱性やメモリを悪用する高度なマルウェアに対処する3つの新機能を搭載した。(2013/12/10)

パフォーマンスを保ちつつ高い防御力を、2014年版「ESETセキュリティ」発表
2014年版ESETは多段防御を強化しつつ、家族内と企業内のシェア拡大を目指す。(2013/12/10)

情報システム用語事典:
O2O(オーツーオー)
online to offline / オンライン・ツー・オフライン(2013/12/5)

ホワイトペーパー:
顧客維持率82%以上の優良企業が実施している顧客満足度向上施策とは
Aberdeenが252社に対して行った調査から、優れた顧客体験管理を行っている企業には3つの特徴があることが分かった。調査結果から顧客体験管理を強化するためのビジネス手法を考察する。(2013/12/2)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
家電の買い方が変わってきた!? ヤマダ電機赤字転落のウラ
業界トップのヤマダ電機が中間決算で赤字に転落したようです。一体、何が起きているのでしょうか? 今回は、ヤマダ電機が赤字になった原因と、その対策を考えてみます。(2013/11/21)

車載半導体:
「不良率を5年で94%削減」、マキシムが車載事業拡大に向け品質向上に取り組む
車載事業拡大に向けた取り組みを進める大手アナログICベンダーのMaxim Integrated Products(マキシム)。「欠陥ゼロの精神」のもと出荷品質の向上に努めており、2013年の不良率は、2008年比で94%減って、数ppmのレベルまで低減できているという。(2013/11/15)

もう乗り換えない? スマホ選び、「満足度」が決め手に
スマートフォンは、端末や料金には大きな差をつけることが難しくなり、つながりやすさやサービス、サポートなど個別の指標よりも、利用者のスマートフォン選びは総合的な「満足度」を重要視する傾向になりつつある。(2013/11/14)

見放題を“使い倒す”方法、教えます──Huluトップページの秘密
思わず見直してしまうテーマとタイトルで、知らない作品と出会うきっかけを作るHuluの特集ページ。自分の仕事を、「Huluを“使い倒してもらう”こと」と話す担当者に詳しい話を聞いた。(2013/11/12)

ハードウェアを代えるだけで業務システムの性能と安定性が劇的に改善:
PR:フラッシュメモリストレージで今抱える問題を解決する SSD Applianceで継続的な性能向上を
業務の拡張やデータ増によって基幹系システムのパフォーマンスが悪化し、業績や顧客満足度に悪影響が出そう――。このような状態を低コストかつ短期間で解消できるのが、パッケージソフトウェアを高速化するデータベース(DB)アプライアンス「Microsoft SQL Server SSD Appliance」だ。特徴は、複雑なチューニングを行わずとも、多彩なワークロードを短期間に高速化できることにある。(2013/11/19)

そろそろ脳内ビジネスの話をしようか:
会社とは、利害が一致するメンバー同士でのシェアと切磋琢磨の場
「VPNあるし、Skypeを使っていれば会社に来なくてもいい?」。もしそうなら会社は存在意義がありません。(2013/11/6)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。