ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「顧客満足」最新記事一覧

週刊「調査のチカラ」:
ビッグデータで振り返る「徹子の部屋」、ゲスト1万人の中で最も話題になったのは?
人も企業も国も、何はなくともまず「信頼第一」。今週は「信頼度」など企業や人のイメージについての調査を中心としたまとめをお届けします。(2016/2/6)

「ウチは特殊だ」が変革を阻む
「他業界や他社」と「自社」の共通点に目を向けることが大切です。(2016/2/2)

FAニュース:
FAシステム事業拡大に向け「第二FA開発センター」を建設
三菱電機は、名古屋製作所にFA機器の開発・設計棟となる「第二FA開発センター」を建設すると発表。FA機器の製品力強化や生産性・収益性向上を図る。(2016/1/25)

コンパクト、省エネ、高速は当たり前:
PR:顧客満足度1位の理由は意外にもココ!? ビジネスプリンタの決定版「DocuPrint C3450 d」
ビジネスで使うプリンタをカタログスペックと○×表だけで選んでいませんか? スペックだけではなく、こんな隠れた「こだわり」がうれしいんです。6年連続顧客満足度1位はダテじゃない!(2016/1/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界に急増する「サービス介助士」とは?
鉄道会社で「サービス介助士」の導入が進んでいる。2015年12月に、阪神電鉄のすべての駅係員、車掌、運転士がサービス介助士の資格を取得した。サービス介助士とはどんな資格で、なぜ鉄道会社に注目されているのだろう。(2016/1/22)

”ノンチューニングで高速”をどう実現したか:
PR:NTTドコモの6600万顧客のリアルタイムビリング基盤「MoBills」を支えるデータベース基盤とは
「Oracle Exadataで垂直統合型システムのイメージが変わった」──NTTドコモの基幹システムの1つ「MoBills」のインフラ刷新を推進したメンバーの1人はそう語る。約6600万顧客への課金/決済を担う同システムのデータベース基盤に、同社はなぜOracle Exadataを選んだのか?[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System][Oracle Enterprise Manager](2016/1/20)

「うた☆プリアイランド」が3月末でサービス終了 「スクフェス」のKLabと新アプリを共同開発へ
「課金島の沈没」から新ステージへ。(2016/1/8)

「うたプリ」スマホゲーム「うた☆プリアイランド」3月で終了 KLabと新アプリ開発へ
ブロッコリーが「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズのスマホゲーム「うた☆プリアイランド」を3月末で終了。KLabと業務提携し、新アプリを共同開発する。(2016/1/8)

2016年は“継続”と“変革”の年?――通信4社の年頭所感
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクグループ、UQコミュニケーションズの社長が、2016年の年頭所感を発表した。競争が厳しさを増す中で、各社は2016年にどう臨むのか。(2016/1/5)

製造マネジメントニュース:
フィールドサービスマネジメントに関する調査結果を発表
サービスマックスは、「フィールドサービスマネジメント(FSM)に関する調査 2015」を発表した。FSMにおいては初期対応スピードが重視されており、予防保全やIoT/M2Mへの関心の高さがうかがえる結果となった。(2016/1/4)

コンビニ探偵! 調査報告書(特別編):
コンビニ合併話に浮上するチェーンはどこか 2016年は「再編地固めの年」
2015年は「ついに動いた」という1年であった。コンビニの再編である。では、2016年はどうなるのか。某コンビニでオーナーを務めていた川乃氏に占ってもらったところ……。(2016/1/3)

製造IT導入事例:
Predixプラットフォーム活用のソリューションで住設工事業務を最適化
GEとソフトバンクは、LIXILトータルサービスにPredixプラットフォームを活用したソリューションを導入すると発表した。煩雑な人員手配作業のノウハウを完全自動化し、業務作業の最適化を目指す。(2015/12/25)

【連載】ポスト「モバイルゲドン」のスマホサイト 第6回:
ここが変だよ日本のモバイルUX、見落とされている一番重要なこととは?
UX改善はUI改善だけでは終わりません。とりわけ日本においてUX改善に不足している視点とはどのようなものか、考えてみましょう。(2015/12/25)

「DevOpsとは?」の決定版。今ハッキリさせる「正しいDevOps」実践法:
なぜDevOpsは正しく理解されてこなかったのか?〜ベンダーキーパーソンが徹底討論〜(後編)
IoTやFinTechトレンドの本格化に伴い、DevOpsが今あらためて企業からの注目を集めている。だがDevOpsは、いまだ正しい理解が浸透しているとは言いがたい状況だ。そこで@IT編集部では、国内のDevOpsの取り組みをリードしてきた五人のベンダーキーパーソンによる座談会を実施。今回は後編をお伝えする。(2016/1/22)

日本機械学会 設計工学・システム部門の講習会より:
なぜ日本ではバーチャルなモノづくりが受け入れられないのか?
欧州ではモノづくりの現場でCAEを活用したバーチャルエンジニアリングが当たり前になりつつある。自動車の認証試験に「バーチャルテスト」を取り入れる動きも進んでいる。一方、日本ではバーチャルエンジニアリングの価値がなかなか理解されていないようだ。(2015/12/21)

エネルギー管理:
HEMSを使わない家庭向けエネルギー情報サービスを開始
HEMSの普及率が数%にしか満たない中で、HEMSなどの電力データがなくても省エネ方法や最適な料金プランなどが提案できる情報サービスを凸版印刷が開始する。(2015/12/16)

ホワイトペーパー:
3つの失敗パターンから学ぶ「成果を出せるITサービスマネジメント」
IT部門におけるITサービスマネジメントの重要度は高まっているが、予想通りの効果を得られないケースも少なくない。陥りやすい3つの失敗パターンから、成功するITサービスマネジメントの極意をつかもう。(2015/12/2)

歌姫の葛藤と気付き:
PR:夢を諦めない。そのために彼女が選んだ道
食費を切り詰めてまで追い求めた歌手への道。でも、これは本当に自分のやりたいことなのだろうか。現実を見つめ直した彼女が選んだ道は……。(2015/11/26)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
家事代行サービスを日本のインフラに! 高い満足度を支えるのは、人間味のあるオーダーメイドサービス
日本に新しい暮らし方を提案したい。辛く孤独な思いをしながら、育児に仕事に奮闘している女性たちが頼れる存在になりたかった。母であり、妻であるその人の笑顔のために。(2015/11/25)

大阪環状線がモノポリーに JR西日本など発売 限定5000セット
「大阪環状線版モノポリー」をJR西日本などが発売。各駅と周辺の名所などを取り上げている。(2015/11/24)

標準規格はQiか、Powermatか
次の“かっこいい”技術「ワイヤレス給電」を比較、iPhone採用はいつ?
スマートフォンで対応が進むワイヤレス給電。現時点では2つの規格が標準の座を争っている。これまでは先行するQiが優勢だったが、ここにきてPowermatもスターバックスなどを味方にして巻き返しを図っている。(2015/11/20)

高齢者の暮らしの問題は「家」なんじゃないか
要介護者対象の老人ホームやサービス付き高齢者住宅などの「施設」に対して、税金をつぎこみ続けても問題はいっこうに解決には向かわない。(2015/11/17)

ポテンシャル採用希望も歓迎。セキュリティスペシャリストは大歓迎:
PR:ドラゴンクエストX、ファイナルファンタジーXIVなどの超大規模MMORPGや130を超えるソーシャルゲームのインフラを支える――スクウェア・エニックスが求める「インフラエンジニア」像とは
誰もが知る『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズなどを創り出したゲーム会社スクウェア・エニックスがインフラエンジニアを募集している。その“インフラ”が指すもの、そして追究するべき方向は、他の企業とは異なる興味深いもののようだ。本稿では、スクウェア・エニックスのエンターテイメントを下支えするだけではなく、提案も行える“インフラ”エンジニア像とはどんなものなのかを掘り下げるために現役エンジニアに話を伺った。(2015/11/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
カスタマーエクスペリエンス向上のためにCIOが取るべき5つの行動
IT職のアップグレード、指標の修正、構造改革、社内から社外への文化的シフトなどの行動が求められる。(2015/11/12)

コスト削減で増収増益のドコモ、設備投資を減らし新事業に活路
スマート領域の拡大とコスト削減前倒しで利益を確保したドコモ。通信事業への設備投資は減らし、新事業に活路を見いだす。(2015/11/8)

多業種での展開視野:
接客業に人工知能活用の波 人手不足対策や顧客満足度高める狙い
接客の現場でAI(人工知能)を活用する動きが広がっている。人手不足に悩む企業にとって、サービス水準の維持・向上に役立つとの期待があるほか、先端デジタル技術の活用で多様化する消費者の嗜好に素早く対応し、顧客満足度を高める狙いがあるようだ。(2015/11/6)

接客業に人工知能活用の波 人手不足対策や顧客満足度高める狙い
百貨店などの接客の現場でAI(人工知能)を活用する動きが広がっている。人手不足に悩む企業にとって、サービス水準の維持・向上に役立つとの期待があるほか、先端デジタル技術の活用で多様化する消費者の嗜好(しこう)に素早く対応し、顧客満足度を高める狙いがあるようだ。(2015/11/5)

面接で人を見抜けるはずがない
要件の設定と質問の仕方を変えるだけで見抜けるようになるほど、人間は単純ではない。(2015/11/2)

社内では肩身が狭い?:
シャープ、ハンズ、パインアメの中の人が語る、「企業Twitterのここがつらいよ」(後編)
社内で新しい試みをするときは、周囲の理解を得るのはなかなか難しいもの。人気企業Twitterの中の人たちに、公式アカウントならではの苦労などを聞きました。(2015/11/2)

IDCフロンティア×freeeトップ対談:
PR:事業成長の陰にあるもの、ビジネスイノベーションを起こす組織の条件とは?
伸び悩む日本経済、少子高齢化などで先細りする日本市場――。将来が不透明なこの時代に企業リーダーは何を指針に経営に取り組むべきか。クラウド/データセンター事業を手掛けるIDCフロンティアの中山社長と、クラウド会計ソフトスタートアップのfreee・佐々木社長が対談した。(2015/10/30)

Gartner Column:
デジタル・ビジネスの担い手は、CIOであるべきか?
デジタル経済は、企業が製品やサービスにおいて新たなデジタル化の機会を追求する必要がある。しかし、デジタル・ビジネスをいつでもサポートできる「デジタル・コア」がなければ、こうした機会を完全に生かすことはできない。(2015/10/28)

動画でワンツーワンマーケティングを実現:
ピツニーボウズ、対話式のパーソナライズドビデオ「EngageOne Video」を発表
ピツニーボウズは2015年10月27日、顧客の選択や反応に合わせた動画を提供することで顧客体験の向上を実現するソリューション「EngageOne Video」を発表した。(2015/10/28)

製造IT導入事例:
需要計画ソリューション採用で、顧客満足度98.5%を目指す
インフォアジャパンは、英Highland Spring Groupが同社の需要計画ソリューション「Infor Demand Planning」を採用したと発表した。同ソリューションの採用により、コスト削減や需要予測精度の2桁改善が期待される。(2015/10/27)

小林伸睦の「成功に導く“ワークスタイル変革”現場論」:
第6回 ワークスタイル変革で活用される「ITシステムと仕組み」
今、企業や組織に「ワークスタイル変革」が求められています。では、それを実際にどのように進めていけばよいのでしょう。今回はワークスタイル変革を推進するために必要な「システムと仕組み」を考えていきます。(2015/10/26)

ファミマ・ユニー統合(下):
大手3社とどう向き合う? 傘下か自主独立か……決断迫られるコンビニ中堅各社
北海道を拠点とする中堅コンビニのセイコーマートでは、店内で調理した弁当や総菜を提供している。冷蔵品を電子レンジであたためる大手チェーンの弁当とは違い、できたての味が楽しめるのが特徴。リピーターも多く、数分で売り切れることもあるという。(2015/10/20)

就活が大学生活の妨げになる本当の理由
今シーズン、日本経団連が就職活動の開始時期を遅らせたが、うまくいかなかった。また就活スケジュールの変更が議論されるだろうが、何十年も前の就職協定の時代から振り返ってみれば明らかなように、時期をどうにかすれば解決する問題ではないのだ。(2015/10/19)

2020年の東京五輪に向けて:
中国人の「爆買い」で銀座の免税店戦争が激化
訪日外国人観光客の「爆買い」で、銀座の景色が変わりつつある。免税専用カウンター設置や英語、中国語ができるスタッフの常駐から一歩進み、フロアや全館を免税対応にシフトする大型の免税専門店が次々と出現している。(2015/10/15)

スピン経済の歩き方:
アリさんマークの引越社が「恫喝映像」をネットに流されてしまった理由
アリさんマークの引越社と訴訟中の社員が加入しているプレカリアートユニオンが、ネットにあげた映像が話題になった。引越社の幹部が恫喝しているので、ネット上では「酷い会社だ」などと批判されているが、そもそもなぜこの映像が流れたのか。(2015/10/13)

CAが考える新しい「アプリケーションエコノミー」時代:
アイデンティティとAPIがデジタルエコノミーの基盤に
2015年9月に来日した米CA Technologies アジア太平洋&日本 セキュリティ&API管理部門担当副社長のヴィック・マンコティア氏に、アイデンティティとAPIの管理を中核とした同社の戦略を聞いた。(2015/10/8)

【連載】ソーシャルゲームに学ぶ「攻め」のデータ分析 第1回:
「改善」だけじゃない、データ分析でビジネスを創造する方法
データ分析は製品やサービスの改善のために行われる。それは間違いではないが、果たしてそれだけでいいのだろうか。本記事ではデータ分析の多様性について扱っていこうと思う。(2015/10/8)

未婚率の上昇で、日本人の寿命は縮まる?
未婚者が既婚者に比べて、平均的に短命であるという調査があります。(2015/10/6)

J.D.パワーの2015年携帯電話サービス満足度調査――ドコモが2年連続1位も、2位auと拮抗
J.D.パワーが「2015年日本携帯電話サービス顧客満足度調査<顧客満足度編>」を発表。NTTドコモが2年連続で総合満足度1位となるが、2位のauとほとんど差はみられなかった。(2015/9/30)

フランクフルトモーターショー2015リポート:
日本自動車業界はフランクフルトショーの新展示「New Mobility World」を見よ
「フランクフルトモーターショー2015」で新たに設けられた展示スペース「New Mobility World」。8つの領域から成り、今まさに大きく変化しようとしている自動車業界の現状を感じ取ることができるという。筆者の桃田氏は、日本の自動車業界関係者に対し、「New Mobility Worldで意見交換し、時代の変化に対する危機感を実感してほしい」という。(2015/9/24)

ご一緒に“おでん”いかがですか 2:
クレームが発生する原因は? サービスの“すれ違い”
クレーム――受ける側も言う側も気分がいいものではないが、これはコンビニ業界に限った話ではない。今回は、クレームが発生する原因である、サービスの“すれ違い”について考えてみたい。(2015/9/22)

顧客満足度向上でクレーム7割減の事例も
集客だけじゃない、「動画でマーケティング」が必要な本当の理由
Web動画のマーケティング活用が叫ばれるが、その可能性は広告プロモーションだけにとどまらない。売り上げ増やコスト削減に結び付くWeb動画の“底力”とは?(2015/9/18)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
優れた個人が集まり、コラボによってより大きな成果を発揮する
優れたチームは、主人公だけがすごくて万能の1人が他を率いているわけではない。それぞれが能力を発揮し、コラボレーションすることでさらに大きな力が生まれる。(2015/9/16)

特集:国内DevOpsを再定義する(2):
DevOps再入門〜DevOpsが生きる領域、ITILが生きる領域〜
市場変化の加速を受けて、国内でも今あらためて見直されているDevOps。その本当の意味と適用領域の考え方を、DevOpsに深い知見を持つガートナー ジャパン リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ ITオペレーション担当 マネージング バイス プレジデント 長嶋裕里香氏に聞いた。(2015/9/17)

「格安SIM」乗り換えの課題は認知率、料金プラン、端末――J.D. パワーの調査
J.D.パワーが「2015年日本携帯電話サービス顧客満足度調査<MVNOに関する意識・利用実態編>」の結果を発表。今後携帯電話会社を変更したいというユーザーのうち、16%がMVNOに変更したいと答えた。(2015/9/15)

規模や機能をより柔軟に拡張可能
「5年後の課題」を解決する次世代コンタクトセンター基盤とは
顧客チャネルの多様化や周辺システムとの連係など、コンタクトセンターを取り巻く環境は大きく変化している。これからの時代に求められるのは、規模や機能の拡張をより柔軟に行うための解決策だ。(2015/9/15)

ワタミ復活のために求められる「理念経営」との訣別
外食チェーン大手のワタミは、2015年4〜6月期の連結決算を発表しました。発表された連結決算を見ると赤字幅が拡大し、大変厳しい結果となっています。このような状況のもとで、ワタミの復活は本当に可能なのでしょうか?(2015/9/14)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。