ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「顧客満足」最新記事一覧

【特集】Transborder 〜デジタル改革の旗手たち〜:
Excelマクロで年間35万時間を削減、それでも三井住友海上がRPAを導入した理由
金融関連業界を中心に導入が広がりつつあるRPA。アクセンチュアと協力してRPAを導入した三井住友海上もそんな企業の1つ。しかし、同社はもともとExcelマクロを使った業務自動化を進めていた。彼らがExcelマクロに加えてRPAを導入した理由はどこにあるのか?(2018/1/22)

スピン経済の歩き方:
モスバーガーが「創業以来の絶不調」である、もうひとつの理由
業界第2位のモスバーガーが苦戦している。「創業以来2度目の絶不調」とも言われ、あれが悪い、これが悪いとさまざまな敗因が取り沙汰されている。どれも納得のいく話であるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2018/1/16)

IT活用:
IoTが生む新しいエネルギーサービス、成功の鍵は――大阪ガスのキーマンに聞く
IoT(モノのインターネット)を活用したエネルギーサービスとして、業界外からも注目されている大阪ガスの“クラウドにつながるガス機器”。サービスを開発したきっかけやその狙い、エネルギー業界のIoT活用のポイントや課題について、大阪ガスのキーマンに聞いた。(2018/1/9)

「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」レポート:
箱根湯本の老舗ホテルが考える、顧客満足のためのデータとAI活用
IT活用で挑む顧客満足向上施策とはどのようなものか。創業60年を超える老舗ホテルの取り組みに学ぶ。(2017/12/22)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
ナムコの燃える組織の作り方。「この店で働きたい!」という店作りが顧客満足度アップにつながる
「遊びを通じて、お客さまを幸せにします」という理念を掲げ、アミューズメント施設を全国に約220店舗を展開。時代が変わっても、人々を楽しませる遊び場を生み出し続ける秘訣は。(2017/12/20)

【特集】Transborder 〜デジタル改革の旗手たち〜:
人工知能で不動産ビジネスを変える――楽天出身のベンチャー「ハウスマート」の挑戦
IT化や効率化が遅れ、ユーザーの利益を優先できない構造になってしまった不動産業界。そんなビジネスモデルを変えようと挑戦する「ハウスマート」。その代表を務める針山さんは、不動産業界を一度離れ、IT企業に勤めたことで得た経験から起業に踏み切った。(2017/12/20)

働き方改革と人手不足を背景に:
大戸屋「大みそかと元日休みます」 変わる飲食業界
「大戸屋ごはん処」を展開する大戸屋ホールディングスが、年末年始に一部店舗を休業する方針を発表。働き方改革と人手不足が背景。(2017/12/18)

サービタイゼーション:
PR:欧州先進事例に見る、製造業がデジタル変革で得るものとその実現方法
製造業にもデジタル変革の波が迫ってきている。その中で最も大きな変化が「モノ」を中心としたビジネスモデルから「コト」を中心としたサービスビジネスへの変化である。特にフィールドサービスは今後大きな収益部門へと変わる可能性が生まれている。(2017/12/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
若手社員には「学ぶ技術」と「働く技術」を学ばせよう
「人生100年時代」これからの若手世代にとっては、1つの仕事や技術だけを軸に、自分の生涯にわたるキャリアを描き切ることは難しくなる。(2017/12/14)

組み立て後、9割以上に欠陥:
EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」のツケ
Tesla(テスラ)の「モデルS」と「モデルX」は、組み立て後の品質検査で9割以上に欠陥が見つかることが当たり前という。(2017/12/12)

IT運用とセキュリティ運用はなぜ別々?:
PR:サイバー衛生「セキュリティハイジーン」を軸に、IT運用とセキュリティを一体化
セキュリティインシデント対応の観点から注目を集めるEDR(Endpoint Detection and Response)市場にいち早く製品を投入してきた米Taniumは、セキュリティの枠にとどまらない未来を描いている。IT運用とセキュリティ運用の統合を実現する拡張性に優れたプラットフォームを日本市場でも本格的に展開し、ビジネスの効率化を支援する。(2017/12/4)

常見陽平のサラリーマン研究所:
私が出会った「スゴい営業マン」が実践していたこと
どの職種においても「営業力」は求められるものだ。今回は、凡人営業マンと優秀な営業マンの違いについて、私が体験してきた「スゴい営業」を紹介しながら考えたい。(2017/12/1)

PCのサポート窓口にAI活用、24時間対応へ NECがLINEチャットで
NECPCが、NECの個人向けPCのサポート窓口に、AIを使ったLINEチャットを導入。手軽に利用できる24時間対応のカスタマーサービスを提供することで、顧客満足度の向上を目指す。(2017/11/30)

11月「AI」導入事例ニュースフラッシュ:
AIで攻める住信SBIネット銀行、DWHも刷新して準備万端?
11月のAI関連ニュースを導入事例を中心におさらい。今月は住信SBIネット銀行の動きや、画像解析系の事例が注目を集めました。(2017/11/28)

機能強化で安全性が高まる
Windows 10 Fall Creators Update“先延ばし派”が知るべきセキュリティ新機能
Windows 10 Fall Creators Updateは、OS自身の新機能に加えて、セキュリティの新機能を多く提供する。適用を先延ばしをしたいと考えているユーザーもセキュリティ向上のために検討すべきだ。(2017/11/27)

時間や難易度に応じてAIと人を切り替え 住信SBI銀行、問い合わせ対応にAIチャットbot導入へ
AIと人の組み合わせで問い合わせ対応を効率化し、スピーディーな問題解決と顧客満足度の向上を目指す。(2017/11/21)

個人情報と引き換えだけでは不信感
IoTで直面する課題 ユーザーに信頼されるプライバシーポリシーの作り方とは
IoTテクノロジーがデジタルな形で消費者の自宅、自動車、衣服に取り入れられていくにつれて、企業がユーザーとの間に築く関係は、これまでにないほど親密で個人的なものになる。(2017/11/21)

“コールセンターに音声認識”で時短とコスト削減を レオパレス21が導入へ
応対品質の向上とオペレーター業務の支援を目的に、全国5拠点のコールセンターに「AmiVoice Communication Suite3」を導入。年間で約2633時間の作業時間削減を見込む。(2017/11/9)

音声認識機能は今後伸びるのか:
偽のコンテンツが増加傾向に――Gartnerが考える「2018年以降に企業に待ち受ける展望」とは
Gartnerは、2018年以降にIT部門やユーザーに対して長期にわたって大きな変化を与えると同社が考える重要な展望を発表した。新たに登場する技術によって変化する未来への知見を提供する。(2017/11/1)

「小さく始めて大きく育てる」:
JALのチャットボット「マカナちゃん」に学ぶ、AI活用の“肌感覚”
「AI Business Forum」で開催された講演に、日本航空Web販売部の岡本昂之主任が登壇。ビジネスへのAI活用を成功させるためのコツについて語った。(2017/10/30)

製造マネジメント インタビュー:
製造プロセス改革の最後のフロンティア、アフターサービス業務とIoTの親和性
製造業の業務プロセス改革などが進む中で、最後のフロンティアとして残されていると見られているのがアフターサービス業務の効率化である。アフターサービスパーツの管理ソリューションを展開するシンクロンのCEO アンダース・グルーデン氏に市場動向や日本の製造業の傾向について話を聞いた。(2017/10/24)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
みずほ銀行、2400万人の顧客データベース構築に挑んだ11年の歴史
取引履歴やプロファイルといったデータを基に、顧客の価値観をつかみ、行動を事前に察知する――そんな新たなマーケティングに「みずほ銀行」が挑戦している。その裏には、10年以上にわたる、地道なDB強化の取り組みを続けた女性がいるのをご存じだろうか。(2017/10/23)

「RPAはツールではない、相棒だ」 ソフトバンクがRPAに参入
ソフトバンクとRPAホールディングスが、RPA事業の新ソリューション「SynchRoid」を発表、11月1日から提供を開始する。(2017/10/20)

ユーザーが自己解決する環境の実現が理想
本当に頼りになるヘルプデスクの作り方
ユーザーが理想とするのは問題に突き当たって助けを求める場合、すぐ仕事に戻れるよう効率的なサービスを提供するヘルプデスクだ。その実現のためにはヘルプデスク担当者だけではなくIT部門の活躍が必須となる。(2017/10/19)

「セルフサービスBI」セミナーリポート:
Excelすら使えなかった新人が、2年で「BIエバンジェリスト」になれた理由
データ分析に取り組む企業が、必ずと言っていいほどつまづく「人材」の問題。ビジネスの現場でデータを扱う人材をどう育てればいいのか。その方法を、大阪ガスとホテルおかだの事例から見てみよう。(2017/10/19)

CEATEC2017:
止めない工場への第一歩、ファナックがFIELD systemで描く世界
「CEATEC JAPAN 2017」の特別カンファレンスにファナック 代表取締役会長 兼 CEOの稲葉善治氏が登壇。「IoTによる知能化工場への挑戦」をテーマに同社のFIELD systemを中心とした取り組みを紹介した。(2017/10/12)

プロジェクトマジック:
プロジェクトの大敵、「思考停止」の見破り方
人は無意識に「思考」をサボる言い訳を探してしまうもの。ビジネスの現場でも、あらゆることが「思考停止」の温床になりかねません。よくある思考停止のパターンを知って、対処法を考えましょう。(2017/10/11)

人材確保の鍵は社内の“ご意見番”にあり
DevOps人材確保と離職防止を両立する納得の方法とは
DevOpsを推進するためには専門的で、広い知見を持つ人材が必要だ。専門スキルの人材が不足する中、企業は社外ではなく社内に目を向けてこの危機を乗り切ることを考えよう。(2017/10/11)

建築物データで3次元CG 長谷工がパナとソフト共同開発
CG化したデータは、VR体験機器を利用したマンションの販売ツールとして活用する。(2017/10/5)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
婚活業界の常識を覆し、マッチングサービスを世の中の当たり前にする!「ゼクシィなび」が挑戦する婚活事業の全貌
業界の常識を覆す取り組みによって「恥ずかしい」「怪しい」「高い」という従来のイメージを変え、新たな層のユーザーを獲得した。急成長を支える取組みについて、代表取締役社長の貝瀬雄一氏に話を聞いた。(2017/10/4)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ1 聞き手の能力に頼り過ぎるリーダー
グローバル化、中途採用の増加、女性活用や再雇用の促進などで組織の多様化が進み、聞き手よりも、話し手の能力が問われる時代になってきている。(2017/10/4)

製造業IoT:
「家庭用IoTでの勝ち組はまだいない」シャープがAIoTプラットフォームの外販強化
シャープはAIoTへの取り組みを強化。新たにクラウド関連サービスのブランド統合を進める他、AIoTプラットフォームの外販を強化していく方針を示した。(2017/10/3)

「LINEデリマ」との競合にも自信:
上陸から1年 社長が語る「UberEATS」好調の舞台裏
フードデリバリーサービス「UberEATS(ウーバー イーツ)」が日本でのサービス開始から1周年を迎えた。1周年を記念した記者会見に、Uber Japanの高橋正巳社長が登壇。好調の要因と他社サービスとの違いについて語った。(2017/10/2)

J.D.パワーの満足度調査 auが2年連続で総合1位に
J.D.パワーが「2017年日本携帯電話 サービス顧客満足度調査」の結果を発表。auが2年連続で総合満足度1位を獲得し、「電話機」「提供サービス」「各種費用」「電話機購入経験」でトップ評価を得ていた。(2017/9/27)

Microsoft Ignite発表まとめ Microsoft 365の強化、Linux対応SQL Server正式版など:
Microsoft、「量子コンピュータ」向けプログラミング言語とシミュレーターを公開
Microsoftが法人顧客向け年次イベント「Microsoft Ignite」で多数の新世代技術や新サービスを発表。クラウド、AI、MRといった技術を用いて顧客のビジネスを積極支援していく方針を示し、量子コンピュータ関連の研究開発の取り組みや、法人向けの広範な製品やサービスの新展開も発表した。(2017/9/27)

VR事例:
空前絶後のVIVE登場でイェーッ!!(だけどCAVEも活躍中)――三菱重工における製造業VRと分類
三菱重工業のプロダクトデザイナー 山崎知之氏がHTC VIVEとの出会いと興奮を語る。廉価なVRを導入しつつも、従来のIPTシステムともすみ分けて、VRシステムを効果的に使い分ける。SCSKが2017年8月24日に開催した「SCSK VR Collaboration Seminar」より。(2017/9/26)

店舗検索にはやっぱりGoogle Mapsが効く理由
ホームセンターのカインズが、店舗とEC双方の集客を向上させたサイト改善の手法
多数の店舗や事業所を持つ企業にとって、地図上での情報表示は顧客満足度の点で欠かせない。その使い勝手や見せ方を工夫すれば、さらに大きな事業貢献ができるという。(2017/9/26)

Google、「Cloud Natural Language API」に自動カテゴリ分けとエンティティ感情分析機能
Googleの本語対応の自然言語API「Cloud Natural Language API」に、テキストを70以上のカテゴリに自動分類する機能と、特定エンティティ(固有名詞)についての感情分析機能が追加された。(2017/9/20)

「深いつながり」目指す:
スターバックス、初のポイントサービス「REWARDS」開始
スターバックスが初のポイントサービスを9月20日に開始。「Star」を集めると特典が得られる。顧客との「深いつながり」を目指すという。(2017/9/19)

CEATEC 2017 開催直前情報:
全てのモノをつなげる最新コネクター技術、タイコ
タイコ エレクトロニクス ジャパンは2017年10月3〜6日に開催される「CEATEC JAPAN 2017」(千葉・幕張メッセ)で、「Moving Towards a Connected Future 〜もっとつながる未来へ〜」というテーマの下、交通、産業、通信の3つの分野向けに最新製品を展示する。(2017/9/13)

流通店舗にて商品情報を管理:
凸版印刷、流通向けに1枚約5円の低価格ICタグを開発
凸版印刷は、流通店舗向けに商品情報を管理する低価格ICタグ「SMARTICS-U」を開発した。(2017/9/11)

Weekly Memo:
Lenovoエンタープライズ事業トップが語る「競合追撃の決め手」
2014年10月にIBMのx86サーバ事業を買収してエンタープライズ事業に本格的に乗り出したLenovo。この4月に事業推進体制を大きく変えた背景にはどんな思惑があるのか。(2017/9/11)

“低コストで良質な睡眠体験を”──常識破りのマットレス・ベンチャー「Casper」
従来的なマットレスの販売手法にITでメスを入れた、米国のベンチャー企業を紹介する。(2017/9/9)

難しい:
ワークライフバランスが、いっこうに進まない理由は3つ
「ワークライフバランス」とは、仕事(労働時間)と生活(労働以外の生活時間)の調和がとれた状態を言う。女性のライフイベントや親の介護などにも柔軟に対応できるようにするために、労働時間を減らしていくことと理解されている。ただ……。(2017/9/1)

法人市場では格安SIMの普及は進まず
J.D.パワーが「2017年日本法人向け携帯電話サービス顧客満足度調査」の結果を発表。大企業・中堅企業市場ではKDDI、中小企業市場ではNTTドコモが2年連続で1位を獲得し、法人市場でもスマートフォンが主流となっている。(2017/8/23)

コアスタッフ 代表取締役 戸澤正紀氏:
PR:顧客仕様のIoTを短納期で提供できるプラットフォームベンダーとして存在感を示す
コアスタッフは、商社機能、EMS機能に、完全子会社化したアットマークテクノのメーカー機能を加えて、包括的なIoT(モノのインターネット)プラットフォームが提供可能な事業体制を整えた。IoTプラットフォームベンダーとして、どのような製品サービス/技術戦略を描いているのか――。コアスタッフ代表取締役を務める戸澤正紀氏に聞いた。(2017/8/22)

Weekly Memo:
なぜ今、企業は「API」を活用すべきなのか
企業がデジタルビジネスを展開するうえで、「API」の重要性が高まってきている。なぜ今、企業はAPIを活用すべきなのか。(2017/8/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surfaceはおすすめしない」 Consumer Reportsの格付けに思うこと
米国で影響力がある情報誌のConsumer Reportsが、「Surface」シリーズを「おすすめしない」と評価。Microsoftはこれに反論し、注目を集めている。(2017/8/18)

Gartner Insights Pickup(28):
機械学習でビジネスインテリジェンスを向上させる
なぜ今、機械学習に投資すべきなのか。(2017/8/18)

三越伊勢丹、「Tポイント」終了へ
三越伊勢丹ホールディングスが、同グループ百貨店などで実施していた「Tポイント」の付与や利用を2018年3月末をめどに終了する。(2017/8/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。