ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

顧客満足 に関する記事 顧客満足 に関する質問

「顧客満足」最新記事一覧

CAが新経営戦略発表:
新CAはマネージメントクラウド、DevOps、セキュリティの3分野に注力
(2014/7/25)

もう“回答者不足”で悩まない――セルフアンケートの「Questant」がYahoo!ニュース、Salesforceと連携
思い立ったらすぐ、顧客に調査を――。たった3ステップでアンケートを作成できるクラウド型サービス「Questant」がYahoo!ニュース、Japan Cloud Panel、Salesforce.comと連携。より幅広く回答者を集められるようになる。(2014/7/22)

ハーマン、国内初の直営店舗「HARMAN store」を東京ミッドタウンにオープン
ハーマンインターナショナルが初の直営店「HARMAN store」を東京・六本木にある「東京ミッドタウン」3階にオープンした。JBL、AKGなど4ブランドを扱う。(2014/7/18)

MONOistオートモーティブセミナーリポート:
機能安全は技術者であれば必ず具備すべき普通の技術である
MONOistオートモーティブフォーラム主催のセミナー「もう待っていられない!ISO26262対応をいかに進めるべきか」の基調講演に、日本自動車研究所(JARI)でITS研究部次長を務める小谷田一詞氏が登壇した。本稿では小谷田氏の講演を中心に、同セミナーのリポートをお送りする。(2014/7/17)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
コンビニ業界で何が起きているのか セブンとファミマの今、そして未来
コンビニ業界は“出店ラッシュ”が続いている状況だが、こうした動きは今後どうなるのでしょうか。セブン-イレブンとファミリーマートのニュースから考えてみました。(2014/7/11)

雑誌風フォトブック作成アプリ「Mags Inc.」に法人向けサービスが登場
オリジナルフォトブック作成アプリ「Mags Inc.」に、広告表示やマーケティングを行える法人向けサービス「Mags Inc. for Bussiness」が登場。(2014/7/7)

ホワイトペーパー:
Amazonを震撼させたZappos、DevOpsを実践する同社のアプリケーション管理とは
靴や衣料の販売による年商は10億ドルを超えるZappos.com。10年間で急成長を遂げた同社は、Webサイトのアーキテクチャ再構築に伴ってアプリケーションパフォーマンス管理(APM)を導入。劇的なパフォーマンス改善を実践している。(2014/7/7)

PR:破壊的なテクノロジー、「HANA」と「Xeon」がビジネスを変革
6月初め、フロリダ州オーランドで行われたSAPPHIRE NOW 2014 Orlandoでは、SAP HANAによるビジネス変革の先進事例が数多く紹介された。これまでのITでは不可能だったことがHANAとXeonプロセッサー E7 v2 ファミリーの組み合わせで可能となる。この破壊的なテクノロジーを使わない手はない。(2014/6/30)

ナレッジワーキング!!:
グロースハッカー――急成長の「仕掛け人」になろう!
ハッカーと聞いて「怖い人?」と思うのは勘違いです。最近話題のグロースハッカーが活躍できる現場は非常に多いのですが……。(2014/6/25)

データ分析で電話の問い合わせも予測
「夏休みはここに旅行したいでしょ?」、米Expediaがトラベル予測技術を開発
Hotels.comなどの大手旅行サイトを運営する米Expediaは、顧客の行動履歴から旅行プランや旅程の変更といったニーズを予測する技術を開発している。旅行客の行動を先読みすることで、顧客サービスの向上につなげる。(2014/6/19)

店舗×ビッグデータ:
“何となく”客、振り向いて──クルマ販売にビッグデータ、何が変わるのか
中古車販売店を「テーマパークのように」──。幹線道路沿いでよく見かける大型の中古車販売店に、これまでなかったスタイルで挑む店舗が出現した。狙いは「何となく」客。「ガリバーWOW!TOWN」の取り組みから、ビッグデータ導入で何が変わるのかを探った。(2014/6/16)

ビッグデータを利活用し、経営のスピードを上げる:
PR:アサヒグループにおけるビッグデータへの取り組み――アサヒグループホールディングス株式会社
アサヒグループでは、「Oracle Endeca Information Discovery」を活用したビッグデータの取り組みを開始。従来のSNSの情報量の増大やスマートフォンの急速な普及に伴うデータ種別の多様化、急増に対しても対応可能な情報分析基盤を迅速に構築。[ビッグデータ][Oracle Endeca Information Discovery](2014/6/16)

事業を立ち上げた直後に待ち受ける“落とし穴”とは
今まで数々のビジネス立ち上げを支援してきた山中哲男さん。今回は、氏の今までの経験や、ビジネスの立ち上げにまつわるお話を伺いました。(2014/6/12)

モバイルPOSレジ+リクルートポイントで沖縄のお土産屋を活性化できるのか?
那覇空港や国際通りで、リクルートポイントを軸にした観光地O2O施策が実施中だ。導入無料のモバイルPOS「Airレジ」を導入した、かりゆしウェア店に話を聞いた。(2014/6/10)

SAPPHIRE NOW 2014 Orlando Report:
「HANAでイノベーションのジレンマを克服」── SAPのハッソ会長が熱弁
2日目のSAPPHIREでは、共同創設者のハッソ会長が登場、カンファレンスはハイライトを迎えた。今回は「イノベーションのジレンマ」で知られるハーバード大のクリステンセン教授をゲストに迎え、その熱弁にさらに拍車が掛かった。(2014/6/5)

和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(1):
なぜスマートハウスが必要なのか、独自の開発を続けるプロジェクトから学ぶ
スマートハウスプロジェクトといえば、企業の研究所や事業部で進めるもの、そうでなければ国の支援を受けた大規模プロジェクトという形を採ることがほとんどだ。どちらにも制約があり、採用できる手法にも限界がある。複数の企業が技術を持ち寄って自由に研究できるプロジェクトが欲しい。横浜と福岡で進んでいる2つのスマートハウスプロジェクト(横浜スマートコミュニティ、福岡スマートハウスコンソーシアム)がそれだ。国の支援を受けたプロジェクトではない。参加企業が開発機器を持ち寄り、自ら人材を出し合って自主的に運営・活動している。どのような考えでプロジェクトを続けてきたのか、今後の見込みはどうなのか。開始から約3年が経過し、成果を生み出しているプロジェクトについて、関係者にインタビューした。(2014/5/28)

700名で組織化:
JR東日本ウォータービジネス、ビッグデータで駅ナカ自販機にイノベーション起こす
顧客起点の自販機品ぞろえを展開するJR東日本ウォータービジネスは5月22日、駅ナカと自販機に精通した自販機オペレーター約700名を組織化し、ビッグデータを生かした現場力を発揮する「チーム アキュア(team acure)」を結成したことを発表した。(2014/5/23)

客室に洗濯乾燥機やミニキッチン:
連泊出張の新提案、女子会にも?──東急ステイ展開「滞在型ホテル」とは
東急ステイが、東京・新橋の虎ノ門ヒルズへ通じる新道沿いに“滞在型ホテル”とうたう「東急ステイ新橋」をオープン。“滞在型”とは何か、よくあるビジネスホテルとは何が違うのか、オープン直前の店舗を取材した。(2014/5/22)

IBM Edge 2014 Report:
レノボで、x86市場のNo.1を獲りたい
IBMのシステム事業が主催するグローバルカンファレンス「IBM Edge 2014」が米国・ラスベガスで開幕した。(2014/5/20)

開発ヒストリー:
Suicaに肉薄! 4000万枚突破したイオンの電子マネー「WAON」
イオンの電子マネーカード「WAON」の累計発行枚数が4000万枚を超えた。携帯電話用のアプリやクレジットカード一体型、地域限定カードなど、発行形態も多様化している。(2014/5/20)

データ分析が要:
自社サイトの評価基準10項目、最新版はこれだ
企業のWebサイトは、最も多くの顧客が接するチャネル。自社サイトのさまざまなデータをしっかり確認/評価すれば、自社のデジタルマーケティングの現状や課題が見えてくる。2014年度現在の新たな評価基準となる10項目を提示する。(2014/5/15)

満足度の数値化が肝心:
顧客維持率を上げるCRMシステムの使い方
顧客維持率を高める手段として、CRMシステムの活用が挙げられる。10通りの方法を列挙した。すべて施行するのもいいが、自社の弱い部分を重点的にカバーするだけでも効果が期待できそうだ。(2014/5/14)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(3):
目指せ仕切り上手! 会議が変わるファシリテーション(その1)
今回は会議を上手に仕切るために必要なファシリテーションのスキルについて学ぶ。「そもそも、なんのために集まっているのかはっきりしない」「発言するのは同じ人ばかり」――そんな悩みに応える。(2014/5/14)

日経BP、ネットワーク利用実感の満足度調査を発表――エリア・通話・通信ともドコモがトップ
日経BPコンサルティングが「スマートフォンユーザーのネットワーク利用実感に関する満足度調査」の結果を発表。エリア・通話品質・通信品質のほか利用シーン全てでドコモがトップとなった。(2014/5/2)

ものづくり支援ソフトウェア製品レポート:
中堅製造業グローバル化の波に乗るJD Edwards――「製番」など日本のニーズに対応
中堅中小企業向けERPパッケージ「JD Edwards」。オラクルの傘下に入ってからも継続的な投資を続け、機能進化を続ける。JD Edwardsは製造業に強いとされているがその要因はなぜなのか。米国オラクルでJD Edwards担当シニアバイスプレジデントのライル・エクダール(Lyle Ekdahl)氏に話を聞いた。(2014/5/2)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ヒト、モノ、世界をつなぐテクノロジーとして重要になるクラウド
グローバルで戦うためのIT戦略としてクラウド活用が注目されている。ITを駆使した新しいビジネスをシステム部門がリードするためには、新たなチャレンジが必要。(2014/5/2)

IBM Impact 2014 Report:
クラウドとデータ分析の洞察が作り上げる世界を示すIBMとユーザー企業
モバイルやソーシャルメディアなどのデータ分析から得た洞察をクラウドの力を借りて新たなビジネスにつなげていく――そんなIBMが掲げる世界観とはどんなものか。IBM Impact 2014の2日目ではその具体例が示された。(2014/5/1)

IBM Impact 2014 Report:
モバイル+クラウドでビジネスはどう変わる? 先進企業が事例披露
約9000人が出席する「IBM Impact 2014」が開幕。モバイルや同社が2月に発表したβ版PaaSの「IBM BlueMix」を利用して新ビジネスに挑戦する企業の取り組みが紹介された。(2014/4/30)

「お客さまの声」を分析:
フコク生命、IBMのテキストマイニング・ソフトウェアで苦情判別を自動化、業務量を9割削減
手作業で行っていた従来業務の負荷が10分の1に削減され、顧客から寄せられた苦情を漏れなく迅速に把握することができるようになり、顧客満足度向上の基盤が構築できたという。(2014/4/28)

Microsoft決算、ハードウェアや企業向けクラウドが好調で予想を上回る
Microsoftの1〜3月期の決算は、無償アップグレードやEUの制裁金支払いの影響で売上高はほぼ横ばい、純利益は6.5%減だったが、アナリスト予測は上回った。(2014/4/25)

ネット通販普及で単価下落 ヤマトと佐川、法人宅配強化 高付加価値で勝負
法人向けの宅配便市場をめぐり、大手2強のシェア争いが激化している。ネット通販の普及で市場が拡大する中、法人向けの単価下落への対応を迫られている。(2014/4/24)

ネット通販拡大:
法人向けの宅配便市場をめぐり、ヤマトと佐川の競争が激化
法人向けの宅配便市場をめぐり、大手2強(ヤマト運輸、佐川急便)のシェア争いが激化している。両社とも、ネット通販の普及で市場が拡大する中、法人向けの単価下落への対応を迫られている。(2014/4/24)

統計学は最強の学問か:
仮説ではなくオープンなクエスチョンでアプローチ――ビジネスパーソンが身につけたい「デザインリサーチ」手法
日本マイクロソフトが主催する「SQL Server 2014 発売記念フォーラム ビジネス成長を支えるデータ基盤とビッグデータ活用」が4月18日、東京・品川区で開催された。『統計学が最強の学問である』『1億人のための統計解析』などの著書がある統計家の西内啓氏によるセッション「1億総データサイエンティスト時代に向けて」の模様をお届けする。(2014/4/24)

ウエアラブルとビッグデータ:
本命は何? リクルートが“未来レストラン“で示した「スマホの次」
ウエアラブルとビッグデータ。ここに次のビジネスチャンスが埋まっていると考える人は多いかもしれない。ただ、形はまだぼんやりしている。先日行われた“未来レストラン“の実証実験イベントより、リクルートが「スマホの次」をどう考えているか、キーマンに話を聞いた。(2014/4/15)

お客さんの心をつかめ:
「ショールーミング」も商機に変える! ECと実店舗の融合戦略
消費者の“店舗離れ”が起きるのは、店舗が魅力的なサービスを展開できていないからだ。ITのチカラを活用すれば、ネットとリアルはもっとシームレスになる。(2014/4/11)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(8):
“伝統的な営業スタイル”は、いつでもどこでも必要なのか
日本の営業マンは、とても親切だ。製品購入前にはあなたの会社まで来て丁寧に説明し、購入後もサポートの窓口となってあれこれ世話を焼いてくれる。しかしそうした営業スタイルを、顧客は常に望んでいるのだろうか?(2014/4/11)

データ精度向上へ:
データドリブン組織を目指すなら避けて通れない「データ評価」、課題点を集約
ビッグデータのブームが落ち着き、現在多くの企業で実務レベルでのデータ統合/活用が進められている。しかし、統合データ戦略を実現しようとすればするほど山積みになる課題点を集約した。(2014/4/10)

美人弁護士 有栖川塔子のIT事件簿(11):
業務要件のモレを無くすためにマークすべき人とは?
ユーザーから要件をヒアリングするときには、単に業務プロセスを確認するだけでなく、オペレーターの振る舞いや属性に着目すると、思わぬ発見があるものです。(2014/4/4)

いつもの仕事が、ここまでに身軽に――住所録、営業カタログ、見積書で“脱Excel”に挑戦
売上管理表からタスク管理表、組織図、日報、損益計算書まで、なんにでも使えるExcelは本当に便利なソフトだ。でも、ちょっと待って! あなたのその業務、ホントにExcelを使うのがベストなのだろうか?(2014/3/25)

回線離れ:
「フレッツ光」が苦戦……想像以上に
NTTグループの光回線サービス「フレッツ光」が苦戦している。ライバル企業は携帯電話との「セット割引」が好調だが、NTTは法で規制されているうえ、スマートフォンやタブレット端末など、PC離れによる“回線離れ”が拍車をかけている。(2014/3/25)

低迷ぶり「想像以上」 「フレッツ光」凋落、身動き取れぬNTT 法規制が足かせ、許さぬ「新電電」
NTTの光回線「フレッツ光」が苦戦している。ライバル企業は携帯電話との「セット割引」が好調だが、NTTは法で規制されているうえ、スマホやタブレットの普及が“回線離れ”に拍車をかける。(2014/3/20)

日経BPの「第6回 モバイルデータ通信端末満足度調査」、1位は6年連続でドコモ
日経BPコンサルティングが「第6回 モバイルデータ通信端末満足度調査」の結果を発表した。顧客満足度1位は6年連続でNTTドコモが獲得した。(2014/3/19)

1199ドルからの「Precison M2800」投入:
格安モデルで「全エンジニアにワークステーション」を狙うDell
Dellはこの春、1199ドルからと低価格なモバイルワークステーション「Precison M2800」を発売する。同社ワークステーション事業部のトップが語る戦略とは?(2014/3/17)

調査リポート:
CIOの重点は“顧客満足度の向上”に――IBM調査
米IBMによるCIOへの調査の結果、企業は顧客満足度を向上するために情報分析やクラウドコンピューティングに重点を移している実態が浮かび上がった。(2014/3/17)

“楽しい”危険マップ ホンダの「SAFETY MAP」がATTTアワード最優秀賞
第5回 国際自動車通信技術展の開催に合わせ、「ATTTアワード」の表彰式が開催された。2014年は、モバイルとIT、モビリティの融合による技術革新によって開発された7つの商品やサービス、ソリューションが受賞した。(2014/3/13)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
創業時からパソコン用パッケージにこだわり続けるシステムディ
今から30年前、私立学校向けの会計システムから事業を出発したシステムディ。パソコンの可能性を信じ、業種・業務に特化したパッケージソフトを手掛ける同社のビジネス戦略とは。(2014/3/11)

【連載】実践したくなるBtoBマーケティングの設計とポイント:
第4回 BtoBビジネスにおける顧客育成方法について
BtoBビジネスにおける顧客育成というのは、実は、「契約を終えた瞬間」から始まると言っても過言ではありません。最終回は、ビジネス関係を継続させるために必要な顧客理解の基礎的な考え方とその実践方法を考えます。(2014/3/3)

送客力につながるWebサイト構築:
ソフトバンク・テクノロジー、ソラーレホテルズに顧客満足度向上を実現するWebサイト運用基盤を構築
ソフトバンク・テクノロジーは、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツに顧客満足度向上を実現するWebサイト運用基盤を構築した。ソラーレは、現場主導で顧客層に合わせたWebコンテンツ運用ができる。(2014/2/27)

これからの働き方、新時代のリーダー:
「メイド・イン・ジャパン」の縫製工場が消えてしまう前にできることがある――ファクトリエの挑戦
アパレル品の国産比率は5%以下に落ち込んでいる。海外工場との価格競争、職人の高齢化……。「このままでは日本の高い技術が失われてしまう」と立ち上がった若者がいる。(2014/2/27)

特集:DevOpsで変わる情シスの未来(6):
ウォーターフォールとのハイブリッド――手法にとらわれない“ニフティのDevOps”
市場ニーズに迅速に応える上で、アジャイル開発を核とするDevOpsの実践が鍵となることは間違いない。だが各開発手法は「ビジネスゴール」という目標達成のための手段にすぎない。(2014/2/25)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。