ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

顧客満足 に関する記事 顧客満足 に関する質問

「顧客満足」最新記事一覧

Strutsへの脆弱性攻撃やパスワードリスト攻撃にも対応:
PR:「使い続けられるWAF」を実現、シマンテックのクラウド型WAFとは
手のかかるアプライアンスから、運用をアウトソースできるWAFへ。シマンテックがクラウド型WAFを推す理由とは。(2014/9/1)

iTeachersに聞く、IT活用「3つの秘訣」【第8回】
「学校なら1人1台タブレット」の常識を疑え――俊英館 小池幸司氏
IT活用に取り組む教育者チーム「iTeachers」の発起人であり、「教育ICTコンサルタント」の肩書を持つのが、俊英館の小池幸司氏だ。ライフワークとして教育ITに関わる小池氏に、IT活用の秘訣を聞く。(2014/9/1)

ネット予約が急増、悩む飲食店:
iPadレジで「予約革命」──外食産業「実はIT化が重荷」なぜ?
リクルートのモバイルPOSレジアプリ「Airレジ」の利用者が増えている。ターゲットは外食店など「実は、IT化が重荷な部分もある」と考える各種サービス業の店舗。なぜ、外食産業はIT化で悩んでいるのか(2014/8/29)

豊富な機能、高品質なクラウド&ネットワーク基盤に注目
“コンタクトセンター=オンプレ”は過去の常識 進化したクラウド型コンタクトセンターの今
“コンタクトセンターはオンプレミスでなければ使えない”は過去の常識にすぎない。今やクラウド型でも主要機能は当たり前、さらにクラウドならば柔軟性や迅速性が得られ、コスト削減も実現することができる。(2014/8/26)

【連載】ブランド戦略としての「学びのコミュニティ」:
第7回 どこでも働ける時代にオフィスビルでつながること、学べること――三井不動産が変える日本橋の今と未来
日本橋再生計画という東京を代表する都市開発プロジェクトを主導する三井不動産が、日本橋エリア内の賃貸オフィスビルの空室を“harappa日本橋”という交流スペースとしてオフィスワーカーに開放している。そこでも学びがコンテンツになり、コミュニティが成立しつつある。その実態を調べた。(2014/8/22)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
「一期一会」の接客の美学をベースに、お客さまの琴線に触れる接客。 それを実現させている組織の在り方、岡本社長の想いとは?
「お客さまに喜んでいただく」ことを目指し、おもてなしで選ばれるゴルフ場を実現した組織の在り方とは。そして接客に対する独自の美学に迫る。(2014/8/20)

ナレッジワーキング!!:
フレームワークを使ってスタバを勝手にカイゼンしよう!
約50人に、普段使っているスターバックスの改善点を考えてもらいました。出されたアイデアに優先順位を付けるにはペイオフ・マトリクスが有効です。(2014/8/13)

新・O2Oマーケティングの期待と課題:
何が変わる? iBeacon対応の「近未来レストラン」へ行ってみた
「iBeacon」が、今後のO2Oマーケティングの切り札になる──と言われている。先日、埼玉県新座市にオープンした“近未来のIT武装レストラン”で、Beacon/O2O施策の可能性と課題を確認する。(2014/8/11)

「GALAXY SHOP」で直販の動きを推進:
「ショップ・イン・ショップ」って何? 日本でタブレットを訴求、サムスン電子が取り入れた手法
最近、家電量販店に「ショップ・イン・ショップ」と呼ぶ形態の販売方法が増えてきた。グローバルブランド「GALAXY」を展開するサムスンも、日本市場でこの方法を取り入れた。(2014/8/4)

オーストラリアに住んで気付いた「スターバックスが撤退した理由」
スターバックスがオーストラリアから撤退したという報道がありました。独自のコーヒー文化を持つオーストラリアで、スターバックスが根付かなかったのはなぜか? 在住経験から、スターバックスが撤退した理由を考えてみました。(2014/8/1)

【最終回】マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
“あいまいな表現”はロジカルシンキングの大敵
たわいのない会話でも、深く(クリティカルに)考えると不思議に感じることが増えてきます。波風を立てる必要はありませんが、自分の中で「なぜ?」「何が?」と問い尋ねる習慣をつければ、「考えの浅い人」から卒業できます。(2014/7/31)

NTTソルマーレ、店舗・施設向けのコミック読み放題サービス「シーモアBOOKSPOT」
店舗・施設を利用する方が待ち時間などに電子コミックを無料で読めるように。(2014/7/30)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第2回 ヒートマップでLPO――ヒートマップの登場で“in-page web analytics”時代に突入したLPO
ヒートマップがWebサイト分析の現場に登場したことで、LPOは、“in-page web analytics”の一部として捉えられるようになりました。“in-page web analytics”では、特定の1ページ、すなわち、分析対象となるランディングページにおいて、ユーザーがどんな行動をしたかにフォーカスして分析します。今回は、“in-page web analytics”時代に突入したLPOについて解説します。(2014/7/29)

CAが新経営戦略発表:
新CAはマネージメントクラウド、DevOps、セキュリティの3分野に注力
(2014/7/25)

もう“回答者不足”で悩まない――セルフアンケートの「Questant」がYahoo!ニュース、Salesforceと連携
思い立ったらすぐ、顧客に調査を――。たった3ステップでアンケートを作成できるクラウド型サービス「Questant」がYahoo!ニュース、Japan Cloud Panel、Salesforce.comと連携。より幅広く回答者を集められるようになる。(2014/7/22)

ハーマン、国内初の直営店舗「HARMAN store」を東京ミッドタウンにオープン
ハーマンインターナショナルが初の直営店「HARMAN store」を東京・六本木にある「東京ミッドタウン」3階にオープンした。JBL、AKGなど4ブランドを扱う。(2014/7/18)

MONOistオートモーティブセミナーリポート:
機能安全は技術者であれば必ず具備すべき普通の技術である
MONOistオートモーティブフォーラム主催のセミナー「もう待っていられない!ISO26262対応をいかに進めるべきか」の基調講演に、日本自動車研究所(JARI)でITS研究部次長を務める小谷田一詞氏が登壇した。本稿では小谷田氏の講演を中心に、同セミナーのリポートをお送りする。(2014/7/17)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
コンビニ業界で何が起きているのか セブンとファミマの今、そして未来
コンビニ業界は“出店ラッシュ”が続いている状況だが、こうした動きは今後どうなるのでしょうか。セブン-イレブンとファミリーマートのニュースから考えてみました。(2014/7/11)

雑誌風フォトブック作成アプリ「Mags Inc.」に法人向けサービスが登場
オリジナルフォトブック作成アプリ「Mags Inc.」に、広告表示やマーケティングを行える法人向けサービス「Mags Inc. for Bussiness」が登場。(2014/7/7)

ホワイトペーパー:
Amazonを震撼させたZappos、DevOpsを実践する同社のアプリケーション管理とは
靴や衣料の販売による年商は10億ドルを超えるZappos.com。10年間で急成長を遂げた同社は、Webサイトのアーキテクチャ再構築に伴ってアプリケーションパフォーマンス管理(APM)を導入。劇的なパフォーマンス改善を実践している。(2014/7/7)

PR:破壊的なテクノロジー、「HANA」と「Xeon」がビジネスを変革
6月初め、フロリダ州オーランドで行われたSAPPHIRE NOW 2014 Orlandoでは、SAP HANAによるビジネス変革の先進事例が数多く紹介された。これまでのITでは不可能だったことがHANAとXeonプロセッサー E7 v2 ファミリーの組み合わせで可能となる。この破壊的なテクノロジーを使わない手はない。(2014/6/30)

ナレッジワーキング!!:
グロースハッカー――急成長の「仕掛け人」になろう!
ハッカーと聞いて「怖い人?」と思うのは勘違いです。最近話題のグロースハッカーが活躍できる現場は非常に多いのですが……。(2014/6/25)

データ分析で電話の問い合わせも予測
「夏休みはここに旅行したいでしょ?」、米Expediaがトラベル予測技術を開発
Hotels.comなどの大手旅行サイトを運営する米Expediaは、顧客の行動履歴から旅行プランや旅程の変更といったニーズを予測する技術を開発している。旅行客の行動を先読みすることで、顧客サービスの向上につなげる。(2014/6/19)

店舗×ビッグデータ:
“何となく”客、振り向いて──クルマ販売にビッグデータ、何が変わるのか
中古車販売店を「テーマパークのように」──。幹線道路沿いでよく見かける大型の中古車販売店に、これまでなかったスタイルで挑む店舗が出現した。狙いは「何となく」客。「ガリバーWOW!TOWN」の取り組みから、ビッグデータ導入で何が変わるのかを探った。(2014/6/16)

ビッグデータを利活用し、経営のスピードを上げる:
PR:アサヒグループにおけるビッグデータへの取り組み――アサヒグループホールディングス株式会社
アサヒグループでは、「Oracle Endeca Information Discovery」を活用したビッグデータの取り組みを開始。従来のSNSの情報量の増大やスマートフォンの急速な普及に伴うデータ種別の多様化、急増に対しても対応可能な情報分析基盤を迅速に構築。[ビッグデータ][Oracle Endeca Information Discovery](2014/6/16)

事業を立ち上げた直後に待ち受ける“落とし穴”とは
今まで数々のビジネス立ち上げを支援してきた山中哲男さん。今回は、氏の今までの経験や、ビジネスの立ち上げにまつわるお話を伺いました。(2014/6/12)

モバイルPOSレジ+リクルートポイントで沖縄のお土産屋を活性化できるのか?
那覇空港や国際通りで、リクルートポイントを軸にした観光地O2O施策が実施中だ。導入無料のモバイルPOS「Airレジ」を導入した、かりゆしウェア店に話を聞いた。(2014/6/10)

SAPPHIRE NOW 2014 Orlando Report:
「HANAでイノベーションのジレンマを克服」── SAPのハッソ会長が熱弁
2日目のSAPPHIREでは、共同創設者のハッソ会長が登場、カンファレンスはハイライトを迎えた。今回は「イノベーションのジレンマ」で知られるハーバード大のクリステンセン教授をゲストに迎え、その熱弁にさらに拍車が掛かった。(2014/6/5)

和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(1):
なぜスマートハウスが必要なのか、独自の開発を続けるプロジェクトから学ぶ
スマートハウスプロジェクトといえば、企業の研究所や事業部で進めるもの、そうでなければ国の支援を受けた大規模プロジェクトという形を採ることがほとんどだ。どちらにも制約があり、採用できる手法にも限界がある。複数の企業が技術を持ち寄って自由に研究できるプロジェクトが欲しい。横浜と福岡で進んでいる2つのスマートハウスプロジェクト(横浜スマートコミュニティ、福岡スマートハウスコンソーシアム)がそれだ。国の支援を受けたプロジェクトではない。参加企業が開発機器を持ち寄り、自ら人材を出し合って自主的に運営・活動している。どのような考えでプロジェクトを続けてきたのか、今後の見込みはどうなのか。開始から約3年が経過し、成果を生み出しているプロジェクトについて、関係者にインタビューした。(2014/5/28)

700名で組織化:
JR東日本ウォータービジネス、ビッグデータで駅ナカ自販機にイノベーション起こす
顧客起点の自販機品ぞろえを展開するJR東日本ウォータービジネスは5月22日、駅ナカと自販機に精通した自販機オペレーター約700名を組織化し、ビッグデータを生かした現場力を発揮する「チーム アキュア(team acure)」を結成したことを発表した。(2014/5/23)

客室に洗濯乾燥機やミニキッチン:
連泊出張の新提案、女子会にも?──東急ステイ展開「滞在型ホテル」とは
東急ステイが、東京・新橋の虎ノ門ヒルズへ通じる新道沿いに“滞在型ホテル”とうたう「東急ステイ新橋」をオープン。“滞在型”とは何か、よくあるビジネスホテルとは何が違うのか、オープン直前の店舗を取材した。(2014/5/22)

IBM Edge 2014 Report:
レノボで、x86市場のNo.1を獲りたい
IBMのシステム事業が主催するグローバルカンファレンス「IBM Edge 2014」が米国・ラスベガスで開幕した。(2014/5/20)

開発ヒストリー:
Suicaに肉薄! 4000万枚突破したイオンの電子マネー「WAON」
イオンの電子マネーカード「WAON」の累計発行枚数が4000万枚を超えた。携帯電話用のアプリやクレジットカード一体型、地域限定カードなど、発行形態も多様化している。(2014/5/20)

データ分析が要:
自社サイトの評価基準10項目、最新版はこれだ
企業のWebサイトは、最も多くの顧客が接するチャネル。自社サイトのさまざまなデータをしっかり確認/評価すれば、自社のデジタルマーケティングの現状や課題が見えてくる。2014年度現在の新たな評価基準となる10項目を提示する。(2014/5/15)

満足度の数値化が肝心:
顧客維持率を上げるCRMシステムの使い方
顧客維持率を高める手段として、CRMシステムの活用が挙げられる。10通りの方法を列挙した。すべて施行するのもいいが、自社の弱い部分を重点的にカバーするだけでも効果が期待できそうだ。(2014/5/14)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(3):
目指せ仕切り上手! 会議が変わるファシリテーション(その1)
今回は会議を上手に仕切るために必要なファシリテーションのスキルについて学ぶ。「そもそも、なんのために集まっているのかはっきりしない」「発言するのは同じ人ばかり」――そんな悩みに応える。(2014/5/14)

日経BP、ネットワーク利用実感の満足度調査を発表――エリア・通話・通信ともドコモがトップ
日経BPコンサルティングが「スマートフォンユーザーのネットワーク利用実感に関する満足度調査」の結果を発表。エリア・通話品質・通信品質のほか利用シーン全てでドコモがトップとなった。(2014/5/2)

ものづくり支援ソフトウェア製品レポート:
中堅製造業グローバル化の波に乗るJD Edwards――「製番」など日本のニーズに対応
中堅中小企業向けERPパッケージ「JD Edwards」。オラクルの傘下に入ってからも継続的な投資を続け、機能進化を続ける。JD Edwardsは製造業に強いとされているがその要因はなぜなのか。米国オラクルでJD Edwards担当シニアバイスプレジデントのライル・エクダール(Lyle Ekdahl)氏に話を聞いた。(2014/5/2)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ヒト、モノ、世界をつなぐテクノロジーとして重要になるクラウド
グローバルで戦うためのIT戦略としてクラウド活用が注目されている。ITを駆使した新しいビジネスをシステム部門がリードするためには、新たなチャレンジが必要。(2014/5/2)

IBM Impact 2014 Report:
クラウドとデータ分析の洞察が作り上げる世界を示すIBMとユーザー企業
モバイルやソーシャルメディアなどのデータ分析から得た洞察をクラウドの力を借りて新たなビジネスにつなげていく――そんなIBMが掲げる世界観とはどんなものか。IBM Impact 2014の2日目ではその具体例が示された。(2014/5/1)

IBM Impact 2014 Report:
モバイル+クラウドでビジネスはどう変わる? 先進企業が事例披露
約9000人が出席する「IBM Impact 2014」が開幕。モバイルや同社が2月に発表したβ版PaaSの「IBM BlueMix」を利用して新ビジネスに挑戦する企業の取り組みが紹介された。(2014/4/30)

「お客さまの声」を分析:
フコク生命、IBMのテキストマイニング・ソフトウェアで苦情判別を自動化、業務量を9割削減
手作業で行っていた従来業務の負荷が10分の1に削減され、顧客から寄せられた苦情を漏れなく迅速に把握することができるようになり、顧客満足度向上の基盤が構築できたという。(2014/4/28)

Microsoft決算、ハードウェアや企業向けクラウドが好調で予想を上回る
Microsoftの1〜3月期の決算は、無償アップグレードやEUの制裁金支払いの影響で売上高はほぼ横ばい、純利益は6.5%減だったが、アナリスト予測は上回った。(2014/4/25)

ネット通販普及で単価下落 ヤマトと佐川、法人宅配強化 高付加価値で勝負
法人向けの宅配便市場をめぐり、大手2強のシェア争いが激化している。ネット通販の普及で市場が拡大する中、法人向けの単価下落への対応を迫られている。(2014/4/24)

ネット通販拡大:
法人向けの宅配便市場をめぐり、ヤマトと佐川の競争が激化
法人向けの宅配便市場をめぐり、大手2強(ヤマト運輸、佐川急便)のシェア争いが激化している。両社とも、ネット通販の普及で市場が拡大する中、法人向けの単価下落への対応を迫られている。(2014/4/24)

統計学は最強の学問か:
仮説ではなくオープンなクエスチョンでアプローチ――ビジネスパーソンが身につけたい「デザインリサーチ」手法
日本マイクロソフトが主催する「SQL Server 2014 発売記念フォーラム ビジネス成長を支えるデータ基盤とビッグデータ活用」が4月18日、東京・品川区で開催された。『統計学が最強の学問である』『1億人のための統計解析』などの著書がある統計家の西内啓氏によるセッション「1億総データサイエンティスト時代に向けて」の模様をお届けする。(2014/4/24)

ウエアラブルとビッグデータ:
本命は何? リクルートが“未来レストラン“で示した「スマホの次」
ウエアラブルとビッグデータ。ここに次のビジネスチャンスが埋まっていると考える人は多いかもしれない。ただ、形はまだぼんやりしている。先日行われた“未来レストラン“の実証実験イベントより、リクルートが「スマホの次」をどう考えているか、キーマンに話を聞いた。(2014/4/15)

お客さんの心をつかめ:
「ショールーミング」も商機に変える! ECと実店舗の融合戦略
消費者の“店舗離れ”が起きるのは、店舗が魅力的なサービスを展開できていないからだ。ITのチカラを活用すれば、ネットとリアルはもっとシームレスになる。(2014/4/11)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(8):
“伝統的な営業スタイル”は、いつでもどこでも必要なのか
日本の営業マンは、とても親切だ。製品購入前にはあなたの会社まで来て丁寧に説明し、購入後もサポートの窓口となってあれこれ世話を焼いてくれる。しかしそうした営業スタイルを、顧客は常に望んでいるのだろうか?(2014/4/11)

データ精度向上へ:
データドリブン組織を目指すなら避けて通れない「データ評価」、課題点を集約
ビッグデータのブームが落ち着き、現在多くの企業で実務レベルでのデータ統合/活用が進められている。しかし、統合データ戦略を実現しようとすればするほど山積みになる課題点を集約した。(2014/4/10)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。