ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CEO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Chief Executive Officer:最高経営責任者

「Cortanaは他のAIアシスタントと競合せず、協調する」とMicrosoftのナデラCEO
Microsoftのサティア・ナデラCEOがメディア向けイベントで、同社のAIアシスタント「Cortana」をAlexaやGoogleアシスタントと競合させるのではなく、スキルやアプリとして連携させていくと語った。(2019/1/19)

ハッキングされる可能性を排除しきれない:
「仮想通貨を取引所のプラットフォーム上で保管しない方がいい」 識者が警告
仮想通貨を取引所のプラットフォーム上で保管しない方がいい。米仮想通貨取引所Krakenのジェシー・パウエルCEOが改めてこう警告した。インターネットに接続されているアプリケーションやプラットフォームはハッキングされる可能性を排除しきれないという。(2019/1/18)

全てのiPhoneに搭載する代わりに:
Apple、モデム契約でQualcommに10億ドルを要求か
Qualcommは、2011年にAppleに10億米ドルを支払い、セルラーモデム事業で3年契約を結んだという。QualcommのCEO(最高経営責任者)を務めるSteve Mollenkopf氏は2019年1月11日(米国時間)、米連邦取引委員会(FTC)が同社を告訴した反トラスト訴訟で証言し、この驚くべき金額を公表した。(2019/1/16)

ロブ・ミー氏に聞く、企業アプリケーション開発環境の今(1):
Pivotal CEOが、「いつかKubernetes製品をやめる日がくる」と話す理由
Pivotalは現在のところ、VMwareと共同で開発したKubernetes製品「Pivotal Container Service」にも力を入れている。だが、CEOのロブ・ミー氏は、「いつの日かPivotalが提供する必要はなくなるだろう。そうなればありがたい」と話す。(2019/1/16)

十数年ぶりの登壇で大注目:
AMDがCESの基調講演に登壇、7nmチップの詳細を語る
AMDのプレジデント兼CEOを務めるLisa Su氏が、「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)で基調講演に登壇した。同社が見本市に登場するのは、2002年以来のこととなる。(2019/1/15)

4事業を本社直轄運営に切り替え:
新生・東芝が始動、企業スポーツは存続
東芝の中期経営計画の達成に向けた準備が着々と進んでいる。中計が始まる平成31年4月から傘下の事業会社が手がけていた電池事業をはじめ、エレベーター、照明、空調事業というビルソリューション関連を東芝本体に吸収することが判明した。4事業を本社直轄運営に切り替える。東芝の車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)のもとで、新生・東芝がいよいよスタートする。(2019/1/15)

ITはみ出しコラム:
TwitterのCEOが休暇に「スマホ断ち」して行ったこと
AppleやGoogleは「デジタル中毒対策」に乗り出していますが、ついついスマホに手が伸びてしまうもの。ただ、Twitterのジャック・ドーシーCEOや、salesforce.comのマーク・ベニオフCEOといった「スマホが必須」と思われるような人たちは、長期休暇を「デジタル断ち」で過ごしています。(2019/1/13)

DMM、亀山会長がCEO兼務へ 片桐CEOは執行役員に
DMM.comが、現CEOの片桐孝憲を執行役員とし、亀山敬司会長がCEOを兼務する人事を発表。片桐氏は「イノベーション事業に特化する」という。(2019/1/11)

現社長は「イノベーション事業に特化」:
DMM亀山敬司会長が会長兼CEOに 片桐孝憲現CEOは執行役員へ
DMM.comは2月1日付で、亀山敬司現会長がCEOも兼務し、会長兼CEOを務めると発表した。(2019/1/11)

SpaceXのマスクCEO、「Starship」プロトタイプの光り輝く完成画像をツイート
SpaceXのイーロン・マスクCEOが、月周回旅行用宇宙船「Starship」の小型プロトタイプの完成写真をツイートした。全長約9メートルで表面はステンレスの鏡面仕上げだ(2019/1/11)

Apple、ヘルスケアサービス立ち上げへ
ティム・クックCEOはAppleが健康関連で行なっている投資についてテレビ番組で語った。(2019/1/10)

長者番付首位のAmazon創業者、ベゾス夫妻が離婚 「これからもよい友人」
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが、25年間連れ添った妻のマッケンジーさんと離婚するとツイートした。2人で立ち上げた慈善ファンドの運営などは続け、これからも大切な友人、ビジネスパートナーとしての関係を続けるとしている。(2019/1/10)

Go AbekawaのGo Global!〜Danielle Royston編:
“紫のリス”の大冒険――ある女性エンジニアが、テレコム業界を変革するCEOになるまで
全米屈指の経営改善のスペシャリストとして知られ、テニス選手としても活躍する、OptivaのCEO、Danielle Royston(ダニエル・ロイストン)氏。世界を飛び回る彼女は、もともと経営者になりたかったわけではなく、「エンジニア一筋」のキャリアを目指していた――そんな彼女が語る転身のきっかけと、全てのエンジニアに向けたメッセージとは?(2019/1/15)

FacebookのザッカーバーグCEO、今年の個人目標は「テクノロジーの未来について語り合う」
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、毎年恒例の「今年の個人目標」を発表した。テクノロジーが社会に与える影響などについて、様々な分野のリーダー的人物と数週間おきに公開討論する。(2019/1/9)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
成功の可能性よりロマンや面白さでチャレンジしたい――ワンファイナンシャル創業者・CEO 山内奏人氏(後編)
元ハンズラボCEOの長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。後編では山内さんがどのように育ったのか、また、高校生活や将来のことを聞きました。(2019/1/9)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
17歳の起業家はなぜ、レシート買い取りに注目したのか――ワンファイナンシャル創業者・CEO 山内奏人氏(前編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。第2シーズン初回のゲストは、まだ飲めない17歳の起業家、レシート買い取りアプリ「ONE」(ワン)の公開で一躍有名になったワンファイナンシャルCEOの山内奏人さんです。(2019/1/4)

Apple業績下方修正 iPhone買い替え進まず
Appleのティム・クックCEOは、投資家向けに2019年第1四半期決算売上高予想の下方修正を発表した。(2019/1/3)

ザッカーバーグCEO、恒例の1年振り返りで「FacebookのDNAは根本的に入れ替わった」
フェイクニュース拡散批判や情報流出などで批判が高まったFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOの「今年の個人目標」はFacebookの改善だった。同氏は2018年を振り返り、改善の成果を列挙して「FacebookのDNAは根本的に入れ替わった」と語った。(2018/12/29)

イーロン・マスクCEO、建造中の「Starship」先端画像をツイート
米宇宙開発企業SpaceXのイーロン・マスクCEOが、テキサスの砂漠で建造中の宇宙船「Starship」の画像をツイートした。熱に強いステンレス製で最終的には鏡面仕上げになる予定。(2018/12/25)

ディライテッドCEO 橋本真里子さん:
資金調達と人材集めが8割 元受付嬢の女性起業家が語る、起業のリアル
「起業しよう」と思ったときに、どんなことをすればいいかイメージがわくだろうか? 大学卒業後、11年間受付業務を続けたあと、32歳でIT系スタートアップを立ち上げた人物がいる。iPadを使った無人受付システム「RECEPTIONIST」を提供するディライテッドの橋本真里子CEOだ。(2018/12/21)

Gartner Insights Pickup(89):
サイバー被害を受けてもCEOが職を失わないようにするには
今回は、サイバーセキュリティ被害の発生を受けて多くのCEOが解雇される7つの理由と、それを防ぐ方法を紹介する。(2018/12/21)

Waymoに提訴された元OTTOのCEO、「自動運転でのアメリカ横断に成功」
Google系列のWaymoから自動運転技術を盗んだとして提訴されたUber傘下のOTTOの創業者、アントニー・レヴァンドウスキ氏が、新たに立ち上げた企業Prontoの自動運転システムで、人の介入なしの自動運転だけでのアメリカ大陸横断に成功したと発表した。(2018/12/20)

Vine共同創業者のコリン・クロル氏、34歳で急逝
Twitterが買収し、終了したVineの共同創業者で、クイズアプリ「HQ Trivia」の共同創業者でCEOのコリン・クロル氏が急逝した。34歳だった。(2018/12/17)

Googleさん:
Googleに詰問するなら
Googleのスンダー・ピチャイCEOを招請した公聴会が12月12日に開かれました。個人データ収集や中国再進出について問い質す目的でしたが、成果はいまひとつでした。(2018/12/16)

5時間に及ぶ取締役会:
ゴーン会長の解任再び見送り、現時点で不正見つからず=ルノー
仏自動車大手ルノーは13日に開いた取締役会で、日本で逮捕されたカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)の解任を再び見送った。ゴーン氏の報酬に関する内部調査の結果、現時点で不正は見つからなかったという。(2018/12/14)

Gartner Insights Pickup(88):
ディスラプション時代のリーダーシップについて、IBMのロメッティCEOが語った
IBMのジニ・ロメッティCEOは、市場の急速な変化に対応し、IBMのトランスフォーメーションに取り組んできた。同氏は米国オーランドで開催されたGartner Symposium/ITxpo 2018の基調インタビューで、クラウドやAI、ディスラプションへの対応について、自身の見解を語った。(2018/12/14)

「iPhoneは他社の製品です」議員の質問に困惑するGoogleのCEO
Googleのスンダー・ピチャイCEOの米下院による公聴会で、ある議員がiPhoneについて質問し、ピチャイ氏は困惑気味に「iPhoneは別の企業の製品です」と答えた。(2018/12/12)

GoogleのCEO、中国での「Dragonfly」立ち上げは「計画していない」と下院公聴会で証言
Googleのスンダー・ピチャイCEOが米下院公聴会で初めて証言。中国向け「Project Dragonfly」については「いまのことろ実施する計画はない」とこれまでの説明を繰り返した。(2018/12/12)

GoogleのピチャイCEO、米下院の公聴会でプライバシーについて証言へ
米下院司法委員会によるGoogleのスンダー・ピチャイCEOの公聴会が日本時間の12月12日午前0時からライブ配信される。同社の個人データの扱いについて、厳しい質問が予想される。(2018/12/11)

製造マネジメントニュース:
革新機構の取締役9人が辞任へ、今後の投資活動も先行き見通せず
産業革新投資機構(JIC)は2018年12月10日、同社社長 CEO(最高経営責任者)の田中正明氏を始めとした取締役9人が辞任することを発表した。辞任時期は「残務整理がつき次第」(JIC)とし直近の投資活動への影響は避ける方針だが、2019年4月以降の新規投資活動は停止する見込み。中長期的な投資方針への影響は必至とみられる。(2018/12/11)

Ankerのキーパーソンに聞く(後編):
ポケモンGOと災害で「モバイルバッテリー」需要増 そのときメーカーは
モバイルバッテリーやスマートデバイスの周辺機器で人気の中国メーカー・Anker。ここまでの信頼を勝ち取れた理由とは。同社のCEOと日本法人の代表に聞く(後編)。(2018/12/10)

安倍首相、TwitterのドーシーCEOと会談 「これからもSNS活用」
安倍首相が、米TwitterのドーシーCEOと会談。安倍首相は「これからもSNSを活用した情報発信をどんどん行っていきたい」とツイートした。(2018/12/6)

Facebook、ユーザーに無断で通話履歴入手画策など英議会の公開文書で明るみに
Facebookの過去の社内メールなどの膨大な文書を英国議会が公開した。Facebookはこの資料を「偏ったものだ」と抗議しているが、競合しそうなVineへのAPIを遮断しろというザッカーバーグCEOのメールやAndroidアプリのアップデートで権限追加のダイアログを表示させない方法についてのやり取りなどが含まれている。(2018/12/6)

AWS re:Invent 2018発表まとめ(4):
AWS re:Invent 2018で、CEOのアンディ・ジャシー氏が競合他社について語った理由
AWS re:Invent 2018の基調講演で、Amazon Web Services CEOのアンディ・ジャシー氏は競合他社について言及した。そして「right tool for the right job」、つまりやりたいことに最適なサービスや利用方法、機能を選べることの利点を語った。(2018/12/5)

絵師コンテストで物議醸す仮想通貨「MINDOL」 公開買付の中止を発表 プロジェクトも全て無期限延期に
CEOも辞任するとしています。(2018/12/3)

IoTに耐量子暗号技術を:
PR:シマンテックからSSL/TLS/PKI事業を引き継いだデジサートが目指すもの
DigiCert(デジサート)はサーバ証明書の最大手として知られている。それだけでなく、サーバ向けの証明書技術の一部を共用してIoT向けのマネージドサービスも展開している。製造業から医療機関まで幅広いニーズがあるのだという。今後はブロックチェーンや量子時代の暗号を利用した次世代のデバイス認証の開発にも取り組む。銀座の新オフィスオープンに合わせて来日したCEOとCTOに同社の強みと目指すところを聞いた。(2018/11/28)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:SSDより速いストレージクラスメモリ
特集は、不揮発性で既存のSSDよりもはるかに高速な「ストレージクラスメモリ」徹底解説とPixelbookレビュー(ソフトウェア編)。他にOracle管理者は失業すると言うOracle CEO、ディズニーのデータアナリティクス戦略などの記事をお届けする。(2018/11/30)

Frans Scheper CEOインタビュー:
2019年も2割増収を狙う汎用半導体専業Nexperiaの戦略
ディスクリート(個別半導体)、汎用ロジックなど、いわゆる汎用半導体製品を専門とするNexperia(ネクスペリア)は2019年、売上規模を20%成長させる方針だ。業績好調の理由や今後の成長に向けた経営戦略、さらには日本での事業展開について、Nexperia CEOを務めるFrans Scheper氏と、Nexperia日本支社長を務める国吉和哉氏にインタビューした。(2018/11/29)

利益は日赤に寄付:
日本取引所グループ、清田CEOが内規違反 禁止の「上場インフラファンド」購入
日本取引所グループの清田瞭CEOが、社内規則で取引が禁じられている上場インフラファンドを購入していたことが発覚。企業特性上、信頼性担保のため、役職員は一部を除く株式取引が禁じられているが、規則を誤解していたという。(2018/11/27)

ITはみ出しコラム:
フェイクニュースにデータ不正利用――悩み多きFacebookとザッカーバーグCEOの2018年
「Facebookが抱える問題の解決」を2018年の目標に掲げたマーク・ザッカーバーグCEO。2018年もあと1カ月あまりですが、Facebookの問題が次々と明るみに出て、改善が追い付かない状態でした。(2018/11/25)

完璧を求めるのは後で
Google 元CEOのシュミット氏が語る「1位総取り」時代のビジネス処方箋
GoogleでCEOを務めたエリック・シュミット氏がマサチューセッツ工科大学(MIT)で開かれたイベントで語った「市場では1番になることの意味」とは。(2018/11/25)

100億円還元でナンバーワンの決済サービスへ PayPayが大攻勢を開始
「ユーザー数と店舗数の双方でナンバーワンを目指す」。PayPayの中山一郎CEOは、そう高々と宣言する。ソフトバンクグループの資金力を生かし、ユーザーに総額100億円相当ものPayPayボーナス(電子マネー)を還元する、大規模なキャンペーンを打つ。(2018/11/22)

バラモン批判ポスター:
Twitter CEOの写真がインドで炎上 社は軽率だったと謝罪
Twitterのジャック・ドーシーCEOがインド訪問中、ヒンズー教カーストの最高階級バラモンについて「バラモン的な家長父制を打ち砕け」と書かれたポスターを持った写真がTwitterに投稿され、炎上。(2018/11/21)

詳細判明まで先送り:
仏ルノー、ゴーンCEO解任見送り ボロレCOO暫定トップに
仏自動車大手Renault取締役会は、東京地検特捜部がカルロス・ゴーンCEO兼会長を逮捕したことを受け、ティエリー・ボロレCOOを暫定トップに指名した。(2018/11/21)

料理人派遣で「交流の場と働き方」提供 グラアティアCEOが起業したキッカケ
グラアティアは、企業に料理人を派遣して、従業員が食事を囲みながらコミュニケーションを図る場を提供する。(2018/11/20)

「テクノロジー規制は不可避」AppleクックCEO語る
Appleのティム・クックCEOは、テクノロジー企業は新たに設けられる規制に応じるべきであると主張している。(2018/11/20)

Google Cloudのダイアン・グリーンCEO退任へ Oracleの元プレジデントが後任
VMwareの共同創業者で2015年からGoogle CloudのCEOを務めてきたダイアン・グリーン氏が2019年に退社する。後任はOracleのプレジデントで9月に退社したトーマス・クリアン氏。グリーン氏はAlphabetの取締役には留まる。(2018/11/17)

Red Hat CEOの発言から探る:
IBMのRed Hat買収と(デジタル)トランスフォーメーションの関係
来日したRed Hat CEOのジム・ホワイトハースト氏は、一般企業のデジタルトランスフォーメーションについて語った。これはIBMによるRed Hat買収にも関係してくる。(2018/11/19)

Facebook、ユーザーがコンテンツを報告するための独立組織を2019年中に立ち上げへ
フェイクニュース拡散やロシア介入対策の遅れなどで批判されているFacebookのザッカーバーグCEOが、Facebook内の問題コンテンツを報告するためのFacebookとは独立した組織を立ち上げる計画を発表した。(2018/11/16)

ロボアドバイザーが目指すのは富裕層サービスの民主化:
富裕層と同じ金融サービスを受けるには? WealthNavi柴山CEOに聞く
人間に代わってアルゴリズムで運用を行ってくれるロボアドバイザー。そんなWealthNaviを提供するウェルスナビの目指すのは、富裕層が受けているようなサービスを一般の人たちに提供することだった。(2018/11/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。