ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CEO」最新記事一覧

Chief Executive Officer:最高経営責任者

Apple、iPhoneの累計販売台数が10億台を突破と発表
iPhoneの販売台数が、2007年の初代発売から累計で10億台を突破した。Appleのティム・クックCEOが本社キャンパスでの全社ミーティングで発表した。(2016/7/28)

Facebook、予想を上回る増収増益、MAUは22%増の17億1000万人に
Facebookの4〜6月期決算は、売上高は59%増、純利益は約2.8倍と予想を大幅に上回る増収増益だった。ザッカーバーグCEOは電話会見で「Pokemon GOを楽しんでいる」と、ARの可能性について語った。(2016/7/28)

「Twitterはいじめのための場所ではない」──ジャック・ドーシーCEO
Twitterのジャック・ドーシーCEOは、Twitter上でのいじめ問題について、「Twitterは、ニュースと社会的主張のための場だ。いじめのための場所ではない」と語り、いじめ対策に引き続き注力すると約束した。(2016/7/27)

「Pokemon GO」開発者のハンケ氏、コミコンで今後の展開に言及
NianticのハンケCEOがComic-Conに登場し、Pokemon GOの今後の展開について語った。(ロイター)(2016/7/26)

米Yahoo!の買収はGoogleとFacebookに対抗するため──AOLのアームストロングCEO
Verizon傘下のメディア企業AOLのティム・アームストロングCEOがRecodeのインタビューで、買収するYahoo!のマリッサ・メイヤーCEOのポジションは未定だが、少なくとも取引完了までは協力していくと語った。(2016/7/26)

「イエスって言ったよ!」 ミランダ・カーが婚約発表、7歳年下のSnapchat CEOと
「イエスって言ったよ!」がかわいい。(2016/7/21)

Microsoft、Azure倍増とクラウド好調で黒字転換
Microsoftの4〜6月期決算はAzureの売上高が倍増するなどクラウド事業が好調で黒字転換だった。ナデラCEOは、今後はWindows 10の数字をインストールベースではなくMAUで発表すると語った。(2016/7/20)

Weekly Memo:
日本企業はなぜ、“攻めのIT”に及び腰なのか
企業におけるデジタルトランスフォーメーションの推進には、最高経営責任者(CEO)のリーダーシップが不可欠だ。果たして日本のCEOはその心構えと覚悟ができているか。世界のCEOを対象に行われた最新の民間調査結果をもとに考察したい。(2016/7/19)

理想は、内製化されたリアルタイムのリスク管理:
「セキュリティにもスピードを」、ラピド セブンが事業戦略を発表
ラピド セブンは2016年7月13日、同社の事業戦略に関する説明会を実施し、プレジデント兼CEOのコーリー・E・トーマス氏と日本代表 牛込秀樹氏が、同社の提案する「リスクベース・セキュリティ」の考え方を紹介した。(2016/7/15)

Pokemon GO、スポンサー付きポケストップを計画 マクドナルドも参入か
「Pokemon GO」の現在の主な収入源はアプリ内でのアイテム販売だが、将来的には「Ingress」と同様の“スポンサー付きロケーション”を展開する計画だとNianticのCEOが語った。McDonald'sがポケストップになるかもしれない。(2016/7/14)

Cisco Live US 2016レポート:
テクノロジーが企業戦略を支え、「セキュリティ」がテクノロジーを支える──シスコのロビンスCEO
シスコシステムズが年次カンファレンス「Cisco Live US 2016」を開催。基調講演に登壇したチャック・ロビンスCEOは、企業の「デジタルトランスフォーメーション」を支援する役割はこれまでと変わらないことを強調しつつ、その実現に最も懸念される事項が「セキュリティだ」と述べた。(2016/7/14)

「Pokemon GO」誕生のきっかけは2014年のエイプリルフール──Nianticのジョン・ハンケCEO
米国で爆発的な人気を呼ぶ「Pokemon GO」を開発した米Nianticのジョン・ハンケCEOが、開発のきっかけや今後追加する新機能について、Business Insiderのインタビューで語った。(2016/7/12)

企業動向を振り返る 2016年6月版:
ソニー、コンシューマーエレクトロニクス分野の復活がカギ/呉ルネサス
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年6月は、NXP Semiconductorsによる汎用ロジック/ディスクリート事業の売却合意や、ルネサス エレクトロニクスの社長兼CEO就任会見、ソニーの経営方針説明会などがありました。(2016/7/11)

AvastがAVG買収、4億ユーザーの巨大ウイルス対策企業に
セキュリティ企業のAvastは同業のAVGを13億ドルで買収する。AvastのCEOは買収理由に意外な(?)点を挙げた。(2016/7/8)

ルネサス 社長兼CEO 呉文精氏:
ルネサス成長へ材料はあるが「意欲足りない」
経営危機を脱し、成長フェーズへと移ろうとしているルネサス エレクトロニクスの社長兼CEOに就任した呉文精氏。「ワールドカップ優勝、世界市場で勝つ」とグローバルな半導体メーカーとしての成功を目標に掲げる同氏にインタビューした。(2016/7/8)

結局は「一族の会社」:
スズキ、ワンマン脱却が急務 CEOに俊宏社長
スズキの新たな最高経営責任者に、鈴木修会長の長男である鈴木俊宏社長が就任することが決まった。「次の経営戦略立案の中心人物で適任と判断した」と説明するが……。(2016/7/1)

スズキ、ワンマン脱却が急務 CEOに俊宏社長……結局は「一族の会社」
スズキの新たな最高経営責任者に鈴木修会長の長男で創業家一族の鈴木俊宏社長が就くことに決まった。(2016/6/30)

MicrosoftのナデラCEO、AI(人工知能)と人類の共栄について語る
Microsoftのサティア・ナデラCEOが、AI(人工知能)と人類は協力しあって社会問題を解決していけるが、そのためには守るべき指針があるとして、持論を展開した。(2016/6/29)

特定企業の傘下ではなく独立企業として戦う:
呉ルネサス、目指すは「W杯優勝」
ルネサス エレクトロニクスは2016年6月28日、同日付で社長兼CEOに就任した呉文精氏の就任会見を開催し、新CEOとして、戦略的セグメントに特化するなどの経営方針、抱負を語った。(2016/6/28)

MSの製品・サービスは発展途上
Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ
MicrosoftのCEOナデラ氏は、SharePointに関する戦略を発表した。しかし、まだまだ純粋なクラウドサービス企業に対して後れを取っているという印象を拭えない。(2016/6/24)

Maker's Voice:
サイバー攻撃の手がかりはアラート5分前のパケットに――SavviusのCEO
ネットワーク監視機器メーカーSavviusは、ディアイティと共同でサイバー攻撃調査ツールを国内展開する。同社CEOは、「アラート発生時から5分前までのパケットが重要だ」と話す。(2016/6/23)

スイスに機械学習研究センターを創設:
Googleの全製品にAIを組み込みたい――同社CEO
Googleが人工知能(AI)への取り組みを深めている。同社は2016年6月16日(米国時間)、スイスのチューリッヒオフィスに機械学習研究センター「Google Research Europe」を開設したと発表した。(2016/6/21)

SIMフリー市場はどう攻める? 未来のGalaxyはどうなる?――サムスン堤CEOに聞く
2016年のフラグシップモデル「Galaxy S7 edge」が好調に売れているサムスン電子。同社はVR、カメラ、ウェアラブルなどスマホの周辺領域も拡充している。スマートフォンは今後、どのように進化するのか。サムスン電子ジャパンの堤浩幸に話を聞いた。(2016/6/17)

Microsoft、チャットbot技術のWand Labsを買収 CEOは「Google Now」開発者
「プラットフォームとしての会話」ビジョンを掲げるMicrosoftが、チャットbot技術を手掛ける新興企業Wand Labsを買収した。「Google Now」開発者だったシャルマCEO率いるWandのチームは、BingやCortanaのコグニティブサービス開発に参加する。(2016/6/17)

「Lenovo Tech World 2016」現地レポート:
「パーソナルコンピューティングは廃れてきている」――総合ITメーカーへ舵を切るLenovoの行方
米国サンフランシスコでLenovoの製品発表イベント「Tech World 2016」が開催された。Project Tango対応スマートフォンやウルトラフレキシブルディスプレイ搭載デバイスを披露したほか、CEOヤン氏の「パーソナルコンピューティングは廃れてきている」といった発言にも注目だ。(2016/6/13)

どの画面でも同じコンテンツを楽しめる世界を――Nextbitが「Robin」を作った理由
GoogleやHTCの元従業員が創業したベンチャー企業「Nextbit」。同社が開発したAndroidスマートフォンが日本でも注目を集めている。“クラウドファースト”をうたうスマホは、どのような経緯で生まれたのか。トム・モスCEOから話を伺った。(2016/6/10)

“未来IT”で世界を変える すごい国産スタートアップ:
人工知能が洋服を選んでくれる ユーザー7万人突破のファッションAIアプリ「SENSY」が目指すもの
ファッションの好みを人工知能が学習し、ユーザーの嗜好に合った服を提案してくれるアプリ「SENSY」。「人工知能が社会をどう変えるのか、イメージできないことに違和感を抱いていた」――アプリを手掛けるカラフル・ボードの渡辺祐樹CEOに、開発の経緯を聞いた。(2016/6/10)

FacebookのザッカーバーグCEO、「ライブ動画」での「Q&A with Mark」を初開催へ
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが不定期に開催している一般ユーザーとの交流イベント「Q&A with Mark」を初めて「ライブ動画」で開催する。リアルタイムのコメントにザッカーバーグ氏が答えるかもしれない。(2016/6/9)

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO、複数のSNSアカウントに無断でアクセスされる
複数のアカウントで弱いパスワードを使用していたようです。(2016/6/8)

LIVEWORX 2016:
IoTで目指すべきは“体験”の拡張、PTCがARとの融合で実現
PTCの年次ユーザーカンファレンス「LIVEWORX 2016」の基調講演に、同社社長兼CEOのジェームズ・E・ヘプルマン氏が登壇。「IoTによるデジタルとフィジカルの融合によってエクスペリエンス(体験)を拡張できる。そのための手段になるのがAR(拡張現実)/VR(仮想現実)だ」と訴えた。(2016/6/8)

ITエンジニアの未来ラボ(10):
未来のコンピューティングに向けてMSナデラCEOが抱く「3つの野心」――de:code 2016基調講演
「de:code 2016」基調講演に、米マイクロソフトのCEOであるSatya Nadella(サティア・ナデラ)氏が登壇。マイクロソフトに起こっている「変化」と、その変化が開発者にもたらす「機会」についてスピーチを行った。(2016/6/9)

製造マネジメント インタビュー:
世界の製造業が“デジタル化”の土俵に乗った時、違いを生み出すのは何か
製造業のデジタル化が加速する中、モノづくりはどう変化していくのだろうか。「PLM」や「3Dエクスペリエンス・プラットフォーム」など、製造業に新たな概念をもたらしてきたフランスのDassault Systemesの社長兼CEOであるベルナール・シャーレス氏に話を聞いた。(2016/6/7)

Nest LabsでCEO交代──“iPodの父”トニー・ファデル氏から元Motorola Mobility幹部へ
Nest Labsの共同創業者で“iPodの父”として知られるトニー・ファデル氏が、同社のCEOを退任する。後任はMotorola MbilityのGoogle傘下時代にIoT部門の責任者を務めたマルワン・ファワズ氏。(2016/6/4)

「AXON 7」の販売目標は200万台、日本を重点市場に――ZTEのグローバル戦略を聞く
新しいフラグシップスマホ「AXON 7」を発表し、攻めの姿勢を見せるZTE。今後は日本を中国や欧米に並ぶ重点市場として位置付け、積極的に攻める姿勢を見せている。ZTEの端末戦略を、ZTE副総裁・端末事業部CEOの曽学忠氏が語った。(2016/6/3)

製造ITニュース:
「エクスペリエンスの時代の成功を支える」、ダッソーCEOが事業展開に手応え
Dassault Systemes(ダッソー)社長兼CEOのベルナール・シャーレス氏は「今まさにエクスペリエンスエコノミー(経験経済)の時代がやってきている。われわれが提唱してきた『3Dエクスペリエンス・プラットフォーム(3D Experience Platform)』であれば、エクスペリエンスエコノミーにおける製造業の成功を助けられる」と訴えた。(2016/6/2)

R25スマホ情報局:
裁判で使える!「残業証拠レコーダーアプリ」登場
CEOが弁護士の会社が作ったアプリで、残業未払いの証拠として使えることにこだわったという。(2016/5/30)

Facebook、ザッカーバーグCEOとISS宇宙飛行士の「ライブ動画」を6月1日生放送へ
Facebookが、国際宇宙ステーション(ISS)の3人の宇宙飛行士とマーク・ザッカーバーグCEOとの対談を「ライブ動画」で生放送する。日本時間の6月2日午前1時55分から、Facebookのイベントページで視聴できる。(2016/5/28)

ダッソー デルミアCEO インタビュー:
グローバルオペレーション管理で高評価のデルミア、国内自動車メーカーも採用へ
Dassault Systemesが展開する「3Dエクスペリエンス・プラットフォーム」の中でも、工場における生産革新を担うDELMIA(デルミア)ブランドの製品群が果たす役割は大きい。同ブランドCEOのギヨーム・ヴァンドルー氏に、デルミアの強みや採用事例などについて聞いた。(2016/5/27)

米ラッカスCEO、Selina Lo氏に聞く:
ますます社会インフラ化するWi-Fi、そして新発想スモールセル「OpenG」とは
米ラッカスワイヤレスCEOのSelina Lo氏に、Wi-Fi製品の新たな展開、同社がインテルやグーグルなどと共に推進する携帯電話のための新発想スモールセル「OpenG」、ブロケードによる買収について聞いた。(2016/5/27)

1670年の絵画にiPhoneが描かれていた!? アップルCEOがまさかの報告
少女がiPhoneで犬の写真を撮ってる?(2016/5/26)

「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」リポート:
石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援したネットイヤーグループ代表取締役社長 兼 CEOの石黒 不二代氏の講演から、オムニチャネル時代の企業戦略について学ぶ。(2016/5/26)

Microsoft、スマートフォン部門で1850人削減 「撤退はしない」とマイヤーソン氏
Microsoftが、最大1850人の人員削減を含むスマートフォンハードウェア部門の縮小計画を発表した。ナデラCEOは「電話事業では差別化できる分野にフォーカスする」としている。Windows & Devicesの責任者であるテリー・マイヤーソン氏は社内メモで、「縮小するが撤退はしない」「素晴らしい新端末を開発する」と語った。(2016/5/26)

de:code 2016:
MicrosoftのナデラCEO、女子高生AI「りんな」に熱視線? 「botは私たちの住む世界を変える」
Microsoftのサティア・ナデラCEOが来日し、女子高生AI「りんな」のユニークさなどに触れながら「Conversation as a Platform」(プラットフォームとしての会話)構想について語った。(2016/5/25)

de:code 2016:
「アナログとデジタルの世界を完全に融合できる」――米MicrosoftのCEOサティア・ナデラ氏が期待を寄せる未来
日本マイクロソフトが2日間に渡る開発者向けイベント「de:code 2016」を都内で開催。米Microsoft CEOのサティア・ナデラ氏も来日し、デベロッパーに向けて同社のビジョンを語った。(2016/5/24)

6月に就任:
「買収王・永守重信氏にルネサスは渡さない!」 産業革新機構がCEOに選んだのは
半導体大手ルネサスエレクトロニクスの社長兼最高経営責任者に、カルソニックカンセイ前社長で日本電産前副社長を務めた呉文精氏が就任することが決定した。(2016/5/24)

Go AbekawaのGo Global!〜Tom Lagatta編:
私は技術オタク――エンジニア出身社長の「フロリダでのゴルフ三昧よりも楽しいこと」
クラウドでアプリケーションのオンデマンド提供を行う「Numecent」CEOのTom Lagatta氏。元エンジニアであるLagattaに、エンジニアのキャリアパスや、エンジニアが活躍するために必要なマインドを伺った。※Lagatta氏から日本のエンジニアへのメッセージ動画付き(2016/5/24)

車載情報機器:
ナビコアソフトのNNG、さらなる成長に向け新プロダクトを用意
ハンガリーのナビコアソフトベンダー・NNGの新CEOに就任したGiles Shrimpton(ジャイルズ・シュリンプトン)氏が来日経営方針を説明。ナビコアソフトの他に、新しいプロダクトラインによってさらなる成長を図るという。(2016/5/20)

クラウドファンディング「成立」のその後:
「都会のマンションの閉塞感がいやだった」 任天堂出身エンジニアが“4K映像デジタル窓”に込めた思い
無味乾燥な部屋の壁が「大自然」に早変わり――そんな4K映像デジタル窓を任天堂出身の技術者が中心となって開発した。彼らはなぜ任天堂を飛び出し、デジタル窓に情熱をささげることにしたのか。開発元CEOに聞いた。(2016/5/20)

買収王・永守氏にルネサスは渡さない! 産業革新機構が“やり過ぎ”人事!? CEOに選んだ人物とは
ルネサスのCEOに呉文精氏が就任することが決まり、波紋を呼んでいる。日本電産がルネサス買収に名乗りを上げていたが、呉氏は日本電産の永守重信会長兼社長と対立し同社を辞めた経緯があるためだ。(2016/5/18)

「全力疾走」という病:
音楽家出身のフリーマンCEOがブルーボトルコーヒーのビジネスで成功した理由
2002年に米国西海岸で創業したブルーボトルコーヒーは、国内で着実に店舗拡大するとともにブランド力を高め、2015年2月には初の海外出店として日本に進出を果たした。創業者であるジェームス・フリーマンCEOは元クラリネット奏者のアーティストだ。そんな彼がブルーボトルコーヒーで“表現”したいこととは――。(2016/5/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。