ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CEO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Chief Executive Officer:最高経営責任者

TwitterのドーシーCEO、「まずは不正ツイート拡散対策にフォーカス」──Washington Postインタビュー
陰謀論者のアカウントを凍結しないことや逆に多くのアカウントが凍結されていることなどで波紋を呼んでいるTwitterのジャック・ドーシーCEOが、「限られたリソースで今フォーカスしているのは、不正なツイートの拡散対策」だと語った。(2018/8/16)

Y Combinator、中国支社立ち上げでチー・リュー博士をCEOに
米インキュベーターのY Combinatorが中国に進出する。YC Chinaを立ち上げ、そのCEOとして米Yahoo!、米Microsoft、中国Baiduの幹部を歴任したチー・リュー氏を指名した。(2018/8/15)

「手に入らないような立地が多数」:
ウォルマートが西友売却するなら「興味ある」=ドンキホーテHDCEO
ドンキホーテHDの大原孝治社長兼CEOは、米小売大手ウォルマートが傘下の西友を売却するならば「興味はある」と述べ、前向きな姿勢を示した。(2018/8/14)

マスクCEO、「資金は確保」はサウジの投資ファンドのことと説明
7日に「Teslaを非公開化しようか検討している。資金は確保した」とツイートしたイーロン・マスクCEOが、公式ブログで補足説明した。サウジアラビアの政府系投資ファンドが非公開化の支援を申し出ているという。(2018/8/14)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
クルザニッチCEOがインテルを去った「本当」の理由
2018年夏はエレクトロニクス企業の首脳が相次いで離職した時期として記録されるかもしれない。インテルにラムバス、それにTIのCEOが辞任し、QualcommのNXP買収もご破算となったことで戦略の再構築を迫られている。(2018/8/10)

「株価に影響される状況」:
Tesla、株式非公開化を検討 マスクCEO「資金は確保」
Teslaのイーロン・マスクCEOは、株式の非公開化を検討していることを明らかにした。(2018/8/8)

TwitterのドーシーCEO、陰謀論者のアカウントを凍結しない理由をツイートで説明
Apple、Facebook、YouTube、Spotifyが次々と陰謀論者として知られるアレックス・ジョーンズ氏のコンテンツやアカウントを締め出す中、その流れに乗らないTwitterのジャック・ドーシーCEOがその理由を説明した。(2018/8/8)

Salesforce.com、COOを共同CEOに指名 会長兼共同CEOのベニオフ氏と協力へ
Salesforce.comが、創業以来会長兼CEOを務めるマーク・ベニオフ氏に加え、現COO(最高執行責任者)のキース・ブロック氏を共同CEOに任命した。(2018/8/8)

イーロン・マスクCEO、Teslaの非公開化を検討中とツイート後、従業員宛書簡も
Teslaのイーロン・マスクCEOが、同社の非公開化を検討しているとツイートした。その後、従業員宛の公開書簡で、非公開化によって長期的なミッションにフォーカスしやすくなると語った。(2018/8/8)

Appleの時価総額1兆ドル超にクックCEOが全従業員に「革新の結果にすぎない」とメッセージ
AppleのクックCEOが同社の時価総額1兆ドル超に当たり、「スティーブがそうしていたように、明るい未来に向かって前進し続けよう」というメッセージを全従業員に送った。(2018/8/6)

「フォートナイト」Android版はGoogle Playストアには登録しないとEpicのCEO
Epic Gamesのバトルロイヤルゲーム「フォートナイト」のAndroid版はGoogle Playストアには登録せず、Epic GamesのWebサイトからのみダウンロードできるようにするとスウィーニーCEOが語った。(2018/8/6)

故ジョブズ氏にも言及:
時価総額1兆ドル突破は製品・顧客へ注力した結果=アップルCEO
Appleのティム・クックCEOは、時価総額1兆ドル突破は「画期的な出来事」だが、成功を測る上で最も重要な基準ではなく、同社が製品や顧客、企業価値を大切にした結果に過ぎないとの考えを示した。(2018/8/3)

Google Cloud Next ’18:
ダイアン・グリーン氏に単独インタビュー。GCPに彼女が自信を深める5つの理由
Google Cloud Platform(GCP)の説得力が増している。2018年7月、Google Cloudが米サンフランシスコで開催した年次イベント「Google Cloud Next ’18」で、CEOのダイアン・グリーン(Diane Greene)氏にインタビューし、同氏が今何を考えているかを探った。(2018/8/3)

Tesla、次期車載ソフトアップデートでアタリの懐かしいゲーム追加へ
Teslaが8月中にOTAで公開する予定の車載ソフトウェアのアップデートで、米Atariのクラシックゲームをイースターエッグとして追加するとイーロン・マスクCEOがツイートした。(2018/8/2)

“置物”にならないために コミュニケーションロボットの課題、「Gatebox」武地CEOが語る
IoTベンチャーのGateboxが“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の新型機を発売した。同社の武地実CEOは「ユーザーが『1人で』やっていたことを、キャラと『2人で』楽しむ」という思いを機能に込めるとアピール。(2018/7/31)

Facebook株価暴落 市場は「成長神話」に疑念 利用者不信とSNS頼み……内外に課題
Facebookの「成長神話」に市場が疑念の目を向け始めた。業績発表を受けて26日に暴落したFB株は27日も続落し、株主からはザッカーバーグCEOに対する訴訟も起こされた。(2018/7/30)

利益率低下の予測受け:
Facebook株急落、ザッカーバーグ氏は約1.7兆円失う
26日の米株式市場でFacebook株が急落。ザッカーバーグCEOは150億ドル(約1兆6700億円)以上の資産を失った。(2018/7/27)

石川温のスマホ業界新聞:
三木谷浩史CEO「日本人の半分が楽天のスマホを使うようになる」――キャリア参入に向けて「技術力でブレイクスルーする」と宣言
子会社を通して2019年にMNOとなる予定の楽天。同社の三木谷浩史社長が「楽天市場」の加盟店の関係者にMNOとして携帯電話市場に参入する狙いを語ったが、若干具体性に欠ける話に聞こえた。(2018/7/27)

「小児性愛者」と罵倒:
米TeslaのマスクCEO、タイ少年救出の英ダイバーに侮辱コメントを謝罪
Teslaのイーロン・マスクCEOは、タイの洞窟に閉じ込められた少年らの救出に当たった英国人に対し、自身の侮辱的なコメントを謝罪した。(2018/7/19)

マスクCEO、英ダイバーと自分の企業に謝罪「これは私だけの過ちだ」
タイの洞窟遭難者救助のために開発したミニ潜水艦について、英国人ダイバーが「PR行為だ。自分の急所にでも突き刺しておけ」と発言したことに関して「ペド野郎」とツイートしたイーロン・マスク氏が謝罪した。(2018/7/18)

「小児性愛者」と:
マスクCEO、タイ少年救出の英ダイバーを罵倒 Tesla株下落
TeslaのマスクCEOが、タイの洞窟に閉じ込められていた少年らの救出に当たった英国人ダイバーを「小児性愛者」と罵倒するコメントをTwitterに投稿。Tesla株が下落した。(2018/7/17)

Gunosy、新体制へ 福島CEOはブロックチェーン新会社の代表に
ニュースのキュレーションサービスを運営するGunosyが、経営体制の変更を発表。代表取締役2人体制だったが、竹谷祐哉COOの1人代表体制に。福島前代表はブロックチェーン関連の新会社の代表取締役に就く。(2018/7/12)

米下院、AppleとAlphabetのCEOにプライバシー問題を問いただす書簡
米連邦議会下院エネルギーおよび商業対策委員会がAppleのティム・クックCEOとAlphabetのラリー・ペイジCEOに、ユーザーデータの保護についての質問書簡を送った。音声データやサードパーティ開発者によるデータ収集について質問している。(2018/7/10)

世界最大の仮想通貨取引所「Binance」、西日本豪雨に1億円相当寄付へ
香港の大手仮想通貨取引所「Binance」のジャオ・チャンペンCEOが、西日本で起きた豪雨被害に対して、100万ドル(約1億1000万円)相当を寄付するとTwitterで明らかにした。(2018/7/9)

アニメ「イングレス」のNetflixでの10月世界公開に合わせ、ゲーム「Ingress Prime」始動へ
フジテレビジョン制作のアニメ「イングレス」が10月にNetflixで世界配信される。これに合わせ、ゲームのIngressの大幅アップデート「Ingress Prime」も10月に実施するとNianticのジョン・ハンケCEOがVirietyに語った。(2018/7/9)

製造マネジメント インタビュー:
コングロマリットを価値に、日立が描く「つながる産業」の先にあるもの
日立製作所はIoTプラットフォーム「Lumada」を中核としたデジタルソリューション事業の拡大を推進。その1つの中核となるのが、産業・流通ビジネスユニットである。日立製作所 執行役常務で産業・流通ビジネスユニットCEOの阿部淳氏に取り組みについて聞いた。(2018/7/6)

中国ZTE、CEOを含む幹部総入れ替え──米政府の制裁解除条件の1つをクリア
中国ZTEが、米連邦政府による制裁解除の条件の1つである幹部の入れ替えを実施した。CEO、CTO、CFOをはじめとする多数の幹部の入れ替えが取締役会で承認された。(2018/7/6)

「3か月」の使い方で人生は変わる:
成功体験は「3か月」でつくることができる
3カ月間、1つのテーマに集中して取り組むことで、誰でもイノベーションを起こせる――。freeeの創業者で代表取締役CEOを務める佐々木大輔氏が説く、仕事と人生をガラリと変える時間術「3か月ルール」とは。(2018/7/5)

Dell、NYSEに再上場へ 「長期的価値構築にコミットする」とマイケル・デルCEO
2013年に創業者のマイケル・デル氏による買収で非公開化したDellが、5年ぶりに再上場する。傘下のVMwareに連動するクラスV株とDellのクラスC株の交換という方法で、NYSEに復帰する計画だ。(2018/7/3)

今はほぼ底値:
「ビットコインは18年末には5万ドルまで回復する」、BitMEXのCEOが予想
仮想通貨取引所のBitMEXのアーサー・ヘイズCEO(最高経営責任者)は、ビットコイン価格が18年末には最大5万ドルまで回復すると米CNBCのインタビューの中で語った。(2018/7/2)

Facebook、52社以上のIT企業とユーザーデータを共有──747ページの回答書で説明
FacebookのザッカーバーグCEOがCAスキャンダル後に出席した米連邦議会の公聴会から持ち帰った多数の質問に対する回答書を提出期限当日に提出し、それを議会が一般公開した。ユーザーデータの共有を許可したAppleやHuaweiを含む52社のリストもある。(2018/7/2)

90年代以来:
Gibson、破産法適用脱却へ祖業回帰とウクレレに活路=CEO
米大手楽器メーカーのGibsonは年内に破産法適用から脱却することを目指し、伝統的なギター製造への回帰やウクレレ販売の復活などに活路を見出す考えだ。(2018/6/28)

IoTやARで業務効率化:
PR:真の「働き方改革」実現のカギ、リモートワーク環境を確立するための現実解とは
昨今、日本企業にとって喫緊の課題となっている働き方改革。従業員の業務効率化とともに、在宅勤務のような、いつでもどこでも働ける環境づくりが欠かせない。その鍵となるリモートワーク環境を確立し、IoTやARといった技術で働き方改革を支援すべく、あるグローバル企業が新たに日本オフィスを開設する。どのようなビジョンを掲げ、どのようなソリューションを提供するのか、CEOに話を聞いた。(2018/6/27)

Inagora社外取締役に就任:
元カルビー会長兼CEO松本 晃氏(現ライザップCOO)が語る中国向け越境ECの可能性とは?
Inagoraは記者向けの発表会を開催。2018年7月1日付で同社の社外取締役に就任する松本 晃氏(RIZAPグループCOO/元カルビー会長兼CEO)も出席し、同氏を招聘した理由を説明した。(2018/6/26)

「Slack」利用の過半数が非IT企業 日本のユーザー数は世界2位 スチュワートCEO「全てテクノロジー企業になる」
米Slack technologiesのスチュワート・バターフィールドCEOが来日。日本におけるSlackの現状や、将来の展望を話した。(2018/6/26)

Oracle Database 18cは管理者不要……らしい
OracleのCEOが予言「数十万人のOracleデータベース管理者は失業する」
OracleのCEOマーク・ハード氏が、同社の自立型データベース「Oracle Database 18c」の導入メリットを語った。同製品を導入すれば、「必要な管理者はゼロになる」という。(2018/6/26)

ICO投資は控えるべき:
ビットコイン、ついに6000ドルを下回る マウントゴックスは民事再生手続き開始
ビットコインは6月22日に6000ドルを下回った。ただ、米CNBCに出演した米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は、1年前の水準が2500ドル前後だったことを考えれば、今の弱気相場はビットコインの終わりを意味するものではないと語った。(2018/6/25)

株主の期待に反しても:
「IoT向けの長期戦略では利益の犠牲も必要」 Arm
ソフトバンク・ビジョン・ファンド(以下、SVF)の担当CEOであり、ソフトバンクグループのディレクターを兼任するRajeev Misra氏は、英国で開催されたAI(人工知能)関連のカンファレンスにおいて、「IoTには、半導体チップだけでなく、ソフトウェアスタックなども必要だ。このための投資を行うには、今後3〜5年間は利益を犠牲にする必要がある」と述べた。(2018/6/22)

社内規定に違反:
IntelのCEO、Krzanich氏が辞任
Intelは2018年6月21日(米国時間)、同氏の辞任を発表。過去にIntel社員と合意の上で親密な関係にあり、それがIntelの社内規定に違反したとした。Robert Swan氏が暫定的なCEOに就任している。(2018/6/22)

IntelのクルザニッチCEOが辞任──企業倫理に反する従業員との関係で
Intelのたたき上げCEO、ブライアン・クルザニッチ氏が辞任する。社内恋愛を禁じる企業倫理要綱に反したため。後任を探す間、CFO(最高財務責任者)が暫定CEOを務める。(2018/6/22)

Amazon.com、新ヘルスケア企業のCEOに著名医師のガワンデ博士を指名
Amazon、Berkshire Hathaway、JPMorgan Chaseが7月に立ち上げる従業員のためのヘルスケア企業のCEOに、医師で医療関連のベストセラー作家でもあるアトゥール・ガワンデ博士が就任する。(2018/6/21)

Instagram、MAUが10億人突破 新アプリ「IGTV」発表
Facebook傘下のInstagramのMAUが10億人を超えた。YouTube対抗の新動画アプリ「IGTV」の発表イベントでシストロムCEOが発表した。(2018/6/21)

LiveWorx 2018:
PTCとアンシスはなぜ提携したのか「両社は最適なパートナー」
PTCは、年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2018」において同社製品の開発状況について説明した。同日午後に行われた、同社 社長兼CEOのジェームズ・E・ヘプルマン氏の記者会見の内容と併せて紹介する。(2018/6/21)

12月には退任?:
「ビットコインは自分には合わない」 米GSのブランクファインCEOがまた批判
ビットコインに投資はしない、自分には合わない――6月19日に米ニューヨークで開催された経済イベント「Economic Club of New York」に参加した米Goldman Sachsのロイド・ブランクファインCEOが、再びビットコインに対する否定的な見方を示した。(2018/6/20)

LiveWorx 2018:
「フィジカルとデジタルの融合」に「人」が加わり、IoTとARは真価を発揮する
PTCの年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2018」の基調講演に同社 社長兼CEOのジェームズ・E・ヘプルマン氏が登壇。ヘプルマン氏は、デジタル変革に向けて必要としてきた「フィジカルとデジタルの融合」に「人」が加わることで、より大きな力を生み出せると強調した。(2018/6/20)

de:code 2018:
自動車がネットにつながる「コネクテッドカー」の時代に必要なセキュリティの考え方
日本マイクロソフトが開催した技術イベント「de:code 2018」で、「コネクテッドカー」のセキュリティに関するセッションが行われた。登壇したのは、カーシステムのセキュリティに関わるソフト開発、製造、販売、コンサルタント業務を専門とするWHITE MOTIONのCEO、蔵本雄一氏だ。(2018/6/20)

「テクノロジーが世界展開の武器に」 上場のメルカリ、山田CEOが描く未来図
「日本を代表するテックカンパニーになる」――メルカリの山田進太郎会長兼CEOはそう繰り返す。6月19日に東証マザーズに上場したメルカリにとって「テクノロジーが世界展開の武器になる」という。(2018/6/19)

仮想通貨トレーダーが指南:
ビットコインではなくイーサリアムに投資すべき? 3つの理由
米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は6月15日、現時点ではビットコインよりイーサリアムの方が幾分か優れているとの見方を示した。その3つの理由を米CNBCで明かした。(2018/6/19)

VW構造改革に影響:
アウディCEO逮捕  ディーゼル不正巡り
ドイツの高級自動車ブランド、Audi(アウディ)のルパート・シュタートラー最高経営責任者(CEO)が逮捕された。(2018/6/19)

日本でも本格展開:
Quora共同創業者兼CEOに聞く、知識共有コミュニティーのビジネスモデルに必要なたった1つのこと
日本国内でも本格的にサービスを展開し始めた「Quora」。知識共有コミュティーの未来とそこで展開されるビジネス像について、Quora共同創業者兼CEOのアダム・ディアンジェロ氏に聞いた。【訂正】(2018/6/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。