ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お化け・幽霊」最新記事一覧

【閲覧注意】出発点は“グロ弁” リアルな「ホラー菓子」をつくる「中西怪奇菓子工房。」に秘密を聞いた
「脳みそレアチーズケーキ」や「目玉ゼリー」……ホラーなお菓子で話題の「中西怪奇菓子工房。」(2016/9/23)

鍋の中から手が出てきてる……? キャベツとソーセージのポトフ、見た目が完全にホラー
いまにも誰かが出てきそう……。(2016/9/22)

「記憶なくて最悪の気分になった」 目覚めたらコンセントが奇妙なことになっていた写真
怪奇! ○○に刺さるコンセントプラグ。(2016/9/22)

内田恭子の「いつもそばに本があった」:
怖がりでも大丈夫、後味の良いホラー小説のススメ
幼いころからオバケが出てくる怪談が大の苦手だという内田恭子さん。そんな怖がりの内田さんでも安心して読めるホラー小説とは……?(2016/9/22)

天才バカボン×バイオハザードのコラボゲーム「バカハザ」登場 洋館ホラーがバカ怖いのダ?
コラボでいいのだ!(2016/9/15)

夜間のサンシャイン水族館が恐怖に染まる…… 五味弘文プロデュースの“ホラー水族館”がいよいよ開幕
お化け屋敷プロデューサー・五味弘文さん初の水族館ホラー。(2016/9/15)

【無謀】ガチ怖がりが三和交通の「心霊タクシー」に乗ったら文明に感謝した
夏の思い出にぴったりな極上の恐怖体験でした……(むせび泣く)(2016/9/4)

アニメ「奇異太郎少年の妖怪絵日記」メインキャスト発表! 五十嵐裕美、喜多村英梨らが怪異コメディーに挑戦
ヒロインは新人声優の仲田ありささん。(2016/9/1)

おばけの影響で大江戸線が遅延・運休!? 東京都交通局は「幽霊の影響ではない」と否定
ネットでは一時「大江戸線」がトレンド入り。疑わしい情報が拡散していました。(2016/9/1)

課金で貯金ゼロに? 身の毛もよだつソシャゲのガチャ話
今や現代の怪談ともいえる「ソシャゲの重課金」問題。大須先輩にも何やら心当たりがあるようです。(2016/9/1)

「日常に潜む恐怖を探し出すのが好き」 若きホラーマスター、デヴィッド・F・サンドバーグが考えるホラー
映画「ライト/オフ」公開直前、ホラーの天才はこんな考え方をしていた。(2016/8/25)

三和交通の「心霊スポット巡礼ツアー」ニコ生で配信決定 多“魔”や横浜の心霊スポットをめぐる
霊感強い方はご注意を!(2016/8/23)

サンシャイン水族館が10月にホラーイベントを開催 お化け屋敷プロデューサーの五味弘文とコラボ
水族館特有の視覚・聴覚を生かして恐怖を演出。(2016/8/22)

就活のトリセツ(10):
「8月なのに内定ゼロ」「オワハラされて超泣ける」――夏の終わりの就活お悩み相談室
「8月なのに内々定がない(ないてい)」「内々定もらった会社に行く気がうせた」「オワハラがイタクテ、イタクテ超ふるえる」――夏の終わりのホラーな悩みに、名古屋のキャリセン ツートップがビシバシ答えちゃうよ!(2016/8/22)

「ほんとにあった怖い話」にベーシストKenKenさんそっくりの幽霊登場 → クソコラ祭りでTwitterトレンドに
本人もノリノリのご様子。(2016/8/21)

「早く逃げるんだワン!」ホラー映画の中の女の子に一生懸命警告するワンコ
ワンコもホラー映画にハラハラ。(2016/8/21)

ゾンビ化した焼死体? ホラーなカカシが迫真のクオリティーで鳥どころか人が逃げそう
夜道で見かけたら間違いなく卒倒する。(2016/8/17)

怖いよ! ポカリイオンウォーターのWeb動画が完全にホラー
“ミイラ先輩”になる前に水分補給を。(2016/8/16)

人間のアンドロイドはバラして運ぶ 石黒教授のコピーロボット「ジェミノイド」、運び方が完全にホラーだった
ロボット工学者石黒浩教授のコピーロボット「ジェミノイドHI-4」。その運び方とは……?(2016/8/15)

勇ましかったフユニャンが……! 窓に貼った「妖怪ウォッチ」グッズが全く別の妖怪と化す
お前のともだち、溶けてるぜ。(2016/8/12)

「ボケない大阪移住プロジェクト」始動で公式サイトがツッコミ待ち 稲川淳二っぽい東京怪談も
東京からのツッコミ待ちです。(2016/8/9)

ミリ波レーダーと量子コンピュータ:
幽霊や極低温原子、FPGAを手軽に使って処理
大量のデータから目的の情報を得る、極めて複雑な設定条件から正しい組み合わせを見つける。ミリ波レーダーや量子コンピュータの開発課題だ。National Instruments(NI)の年次カンファレンス「NIWeek 2016」(テキサス州オースチン)では、このような開発事例を3日目の基調講演において複数紹介した。(2016/8/9)

マインクラフトってこんなに怖かったっけ……? ニコ生「マイクラ肝試し」の和風ホラーマップが雰囲気ある
怖いけど魅力的。(2016/8/4)

「どうあがいても絶望」「私は只のみじめな道化だった……」 ホラーゲーム「SIREN」のLINEスタンプが精神をえぐってくる
「了解」のひとことすら怖い。(2016/8/3)

人がいなくてもお化け屋敷は怖い……? 大阪電気通信大学が研究企画「デジタルホラーハウス」を入場無料で開催
「恐怖を与える技術の自動化」とは……?(2016/8/3)

ぎょろぎょろした黒目に笑ったままの口元…… リアルさを追求したレゴのコスプレが完全にホラー
これで遊べる気がしない。(2016/7/30)

心霊写真? 奇跡的に人の顔に見えるカーテンのしわ、Twitter民がゾクッ
こんなこと、本当に起きるのか!(2016/7/29)

初代「妖怪ウォッチ」がスマホゲームに 秋に配信開始
13年に発売され、ミリオンセラーとなった3DSゲーム「妖怪ウォッチ」のスマホ版が秋に配信される。(2016/7/28)

ネット対戦も可能なスマホ版「妖怪ウォッチ」が今秋登場! クイズRPGとリズムゲームもスマホで配信予定
レベルファイブの新作発表会にて発表されました。(2016/7/27)

諸悪の根源は必ずいる
社内LANからクラウド──複雑怪奇なネットワークに潜むトラブルを「退治」する
スマートフォンをかざせば見えないモンスターが現れてゲットできるのは“なんとかGO”の世界。ネットワークのトラブル解決もそんな感じで解決できればいいのだが。(2016/7/25)

脈拍や加速度で“ビビり度”が分かるお化け屋敷、PULSENSEで実現
エプソンの業務用PULSENSEを活用した、“ビビり度判定”ができるお化け屋敷が登場しました。心拍数や加速度などから判定するそうです。(2016/7/22)

ゾンビの集団や「エクソシスト」など10の恐怖 USJの"やりすぎ"ハロウィンイベントがマジで怖そう
新設の「Jホラー・エリア」では人形供養で有名な「淡嶋神社」から預かった人形がお出迎え。(2016/7/22)

「妖怪ウォッチ」シリーズ累計1000万本突破 初代発売から3年
「妖怪ウォッチ」シリーズの国内推定累計販売本数が1000万本を突破した。(2016/7/20)

増殖する爺 高須院長が孫娘の顔を隠すため自身の顔をコラージュし軽くホラーな写真を生み出してしまう
もうちょっと何かなかったんですか!!!(2016/7/18)

アニメ×実写の「妖怪ウォッチ」映画、実写パートに山崎賢人さん、斎藤工さんら出演
遠藤憲一さん「おじさんの顔は怖いけど、ちょっとしか出ないから大丈夫だよ」(2016/7/10)

夜中に光って事故防止 服や自転車やペットに吹いて安全を守れる反射スプレー
光り方が幻想的で、吹きすぎると幽霊と間違われるかも。(2016/7/8)

テレビを人質にするランサムウェア現る
妖怪リモコン隠しを上回る、テレビ鑑賞の大敵が現れた。その手口とは。(2016/7/7)

中国でiPhone販売停止命令 Appleの「特許侵害」訴えた中国企業はすでに破たんしていた……
Appleの「iPhone 6/6Plus」が中国メーカーの製品に外観が酷似しているとして、当局が販売停止を命じた問題。Appleを訴えた会社は実はスマホ市場からほぼ姿を消した“幽霊企業”だった。(2016/7/7)

猫がキュウリをもりもり食べる動画が話題 「猫って草食だったか……?」と考え直すレベル
前世はキュウリ好きのあの妖怪(2016/7/6)

それはもう人智を超えた領域
人類だけではもう無理──複雑怪奇なネットワークを「無線LAN分析」で制御する
無線LANの状況分析は、モバイル端末とエンタープライズネットワークの両方で管理方法に変化をもたらす。IT部門は分析結果を活用してネットワークのパフォーマンスを最適化し、問題をリアルタイムで解決できる。(2016/7/1)

「タクシーで行く、心霊スポット巡礼ツアー」パワーアップして今年も開催 恐怖度インフェルノ級の多摩ツアーが追加!
怖いタクシー再び。(2016/6/30)

ソニーの「LED電球スピーカー」でトイレをディスコにしようとしたらホラーになった
ソニーの「LED電球スピーカー」が新しくなりました。明るさの向上や音質の改善、ステレオ対応(2個必要)など進化のポイントは多いのですが、やはり注目は“調色”に対応したこと。でも……。(2016/6/28)

VRが本気出しすぎ! 背筋も凍る恐怖のホラー体験に絶句した
お台場にあるVR施設で恐怖のホラー体験。そのあまりのリアルさにサダタロー氏は・・・・・・。(2016/6/24)

電気を消したらこんにちは 2016年最恐ホラー有力候補映画が8月日本上陸
電気を消したら、“それ”は来る。(2016/6/22)

審査委員長は稲川淳二! 世界の怖い話が集まる「稲川怪談ワールド・グランプリ」開催
ちょっと、アフリカの昔の伝説をお話してみましょうかねえ。(2016/6/20)

幽霊に怨霊、怪異の世界を浮世絵で描く「お化け図鑑」が登場 酒呑童子・九尾の狐などの妖怪も
お化け浮世絵展にて先行販売されます。(2016/6/15)

「妖怪ウォッチ」劇場版第3弾が12月17日公開決定 今度はアニメと実写のハイブリッドに
アニメパートと実写パートを行ったり来たり。(2016/6/15)

おばけと相部屋!? 民泊サイト「Airbnb」でホーンテッドキャッスルに泊まれる
お家の裏には墓地もあるよ!(2016/6/11)

幽霊、妖怪、血みどろの武士…… 8月2日から太田記念美術館で「怖い浮世絵展」が開催決定
夏は美術館で肝試ししましょう。(2016/6/11)

あおられ防止に後部座席にアレを搭載したら効果抜群 だが完全にホラー
暑い夏にぴったり(震え声)。(2016/6/10)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。