ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お化け・幽霊」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お化け・幽霊」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「夏の風物詩かと」「完全にホラー」 コロチキのナダル、兄弟コンビ「ミキ」の漫才を見つめる姿が超やっべえぞ!
これは漫才に集中できない。(2018/7/17)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
Twitterに投稿された怪談「ちょっと変な話」に背筋ゾワッとする人続出 あの日出会ったのは未来の自分……?
夏の夜に背筋がゾワ〜ッとするお話。(2018/7/16)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
首吊り鳥居、古戦場跡、血を流す松 三和交通「心霊タクシー」ツアーにガチ突撃! 取材班のカメラに写り込んだこれはいったい
やだ怖い。(2018/7/15)

恋愛ものになってるやん! 殺人鬼ジェイソンが楽しむ平成最後の「12日の木曜日」を描いた投稿がただのリア充
お相手の女性はあのホラーの方です。(2018/7/15)

「恐怖画像」「もはやホラー」 競泳・入江陵介、腕が信じられない位置にある衝撃写真でファンをビビらせる
ヒエッ……。(2018/7/7)

「殺戮の天使 ホラーハウス」が期間限定で新宿に登場! 歌舞伎町のビルのフロアがまるごとお化け屋敷に
ニコニコ超会議版の3倍の広さ、2倍の体験時間に。(2018/7/7)

観覧車でホラー体験 「血バサミ女の観覧車」東京と福岡にオープン
立体音響やプロジェクション、振動シートで恐怖を演出。(2018/7/3)

2018年もひぇぇぇ 三和交通の「心霊タクシー2018」予約抽選開始 今年の恐怖ポイントを聞いてみた
冷ぇぇぇ。これ、ガチで涼しくなれるはず。受付は2018年7月12日12時まで。(2018/6/28)

妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」登場 全国の妖怪を収集
ガンホーとレベルファイブは、6月27日に妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」を配信開始した。「Google Maps Platform」を採用し、従来の位置情報ゲームよりも立体的かつリアルなマップで楽しめる。(2018/6/27)

ポケGOに似てる? 「妖怪GO」がTwitterトレンド入り 位置情報ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」発表で
ガンホーとレベルファイブが共同開発したスマートフォンゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」がサービスを開始した。ゲーム性が「Pokemon GO」に似ていることから、Twitterでは「妖怪GO」がトレンド入りした。(2018/6/27)

ガンホー、「妖怪ウォッチ ワールド」始動 スマホを持って出歩き見つけた妖怪と友だちになる位置情報ゲーム
Twitterでは「妖怪GO」がトレンド入り。(2018/6/27)

日本各地を歩いてバトル:
ガンホー新作は「妖怪ウォッチ」の位置情報ゲーム レベルファイブとタッグ
ガンホーとレベルファイブが、ゲームアプリ「妖怪ウォッチ ワールド」をリリース。位置情報を活用したARゲームで、おなじみの妖怪が画面上に出現する。バトルや育成などの遊び方が可能。(2018/6/27)

HIKAKINさんなど所属のUUUM、レベルファイブから著作物使用許諾受ける ゲーム実況、健全に
UUUMは、「妖怪ウオッチ」「レイトン教授」シリーズなどで知られるレベルファイブと、著作物使用に関する包括許諾契約を結んだ。「健全なゲーム実況動画を創り出す」としている。(2018/6/27)

ダークファンタジーのラスボス感ある……! 海外のアーティストが作った巨大な幽霊船が思わず息をのむかっこよさ
恐怖を感じる優美な“終末の方舟”に圧倒されよ!(2018/6/25)

決算資料からも消えていた:
妖怪ウォッチ、「子どもの好きなキャラ」圏外に
妖怪ウォッチが「子どもの好きなキャラ」のトップ10から転落した。年代別でも上位に入らなかった。グッズの売り上げも低迷しており、2018年3月期は決算資料のIP別売上高から消えたことでも話題となっていた。(2018/6/21)

怖いだけじゃない ビジュアルでホラー映画を知る「ホラー映画アート集」が登場
(2018/6/19)

開発中止のホラーゲーム「Year Of The Ladybug」がアートブックとして復活 クラウドファンディングで人気を集める
この先の開発再開の期待も高まります……!(2018/6/17)

「宝塚の男役みたい」 榮倉奈々、死んだふり封印の“ドラキュラコス”がホラー映画級の完成度
ほっこり映画です。(2018/6/8)

最後に怖い思いをしたのは…… お留守番をする少年に忍び寄る幽霊の漫画、予想外のオチに反響
人によって感じ方が変わる“こわいはなし”です。(2018/6/8)

まったく読めねェ! 「山梨県にしかない漢字」が存在する
正体不明の幽霊漢字とは……。(2018/6/1)

ちょっとコワいけど読みたくなっちゃう 例文が全て「怪談」になっている小学生向けの漢字ドリルが登場
あの漢字ドリルの次はコレ?(2018/5/25)

ある女子アナの立ち姿に背筋がゾワリ 「心霊写真みたい……」「右腕が」
早くもホラーの季節到来か……。(2018/5/24)

怖すぎるぬり絵「Beauty of Horror」シリーズ登場 グロテスクと恐怖が凝縮した世界観が夏にピッタリ
B級ホラー映画好きにも。(2018/5/24)

カルトホラー漫画『不気田くん』続編のクラウドファンディング始動! 不死身のストーカー怪人が復活
ホラー漫画ファン要注目!(2018/5/23)

ステキな花びらから事件現場へ…… 母の日にもらった「バラの入浴剤」を入れた結果がホラーだと話題に
美しいバラにはトゲがある……。(2018/5/19)

バンダイナムコIP別売上高リストから:
バンダイナムコ、過去最高の業績の裏で 姿を消した「妖怪ウォッチ」
バンダイナムコホールディングスの17年度決算は売上高・純利益ともに過去最高。その裏で、かつて同社の業績をけん引していた「妖怪ウォッチ」が、IP別売上高のリストから姿を消した。(2018/5/9)

いわくつき物件に幽霊出現――からまさかのボーイミーツガール 奇妙な恋物語の行く末が気になる
恐怖心と恋心は紙一重?(2018/4/25)

桃太郎「きびだんごでの支払いは難しいでしょうか?」 童話や妖怪の世界が舞台「異世界の見積書」が秀逸
MAILER-DEAMON「即レスでメールを返す講座」気になる。(2018/4/19)

「仕事覚えられないの、病気なんじゃないの?」上司のススメで受診したら ある意味ホラーな実体験漫画
おかしいのは、あなたじゃないかもしれない。(2018/4/17)

PR:「お化け屋敷は怖いから嫌い」という人を、お化け屋敷プロデューサーは説得できるのか?
お化け屋敷を克服する方法は「自分より怖がりな人と入る」こと。(2018/4/16)

許容範囲広すぎ! 5体の幽霊に取り憑かれた友人の漫画がクセになるゆるさ
幽霊たちとのスローライフ。(2018/4/13)

Windows 10 The Latest:
複雑怪奇? Windows 10の大型更新とサポート期間を整理する
Windows 10では従来のWindows OSと異なり、年2回、大型アップデートの提供が行われるようになった。それに伴い、サポート期間もバージョンごとに設定されるなどの変更が行われており、かなり複雑なものとなっている。本稿では、アップデートの提供タイミングならびにそのサポート期間などを整理する。(2018/4/13)

妖怪障子破りと化した猫ちゃん “超強プラスチック障子”を倒そうと必死になる姿に「元気が出た」の声集まる
勝つのは人類か猫か。(2018/4/6)

主人公は「死なない」アメフト部は「死ぬ」 ホラー映画の生存可能性をまとめた漫画がうなずける
生き残るのは誰だ!?(2018/4/5)

「本当のママよ」……子どもにかかってくる謎の電話を描く漫画「おかあさん詐欺」が深い
ホラーかと思いきや……。(2018/3/28)

ふぃぎゅらぼ:
日本初「足のない幽霊」描いた名画「幽霊図」がフィギュア化 彼氏とデート(憑き)なうもできちゃう?
まさかのフィギュア化。(2018/3/29)

スマートスピーカーに「妖怪ウォッチ」のキャラボイス 九州電力などデモ披露
九州電力は今夏、スマートスピーカーを通じ、家電操作などができるIoTサービスを始める。提供に先立ち、端末音声に「妖怪ウォッチ」のキャラ「ウィスパー」を起用したデモをアニメイベントで披露する。(2018/3/20)

ホラー漫画家の古賀新一が逝去、81歳 代表作『エコエコアザラク』など
秋田書店によると死因は「病気」とのこと。(2018/3/16)

耳元でゴーストがささやく「未来のホラーハウス」、ソニーが「SXSW 2018」で公開
ソニーが「SXSW 2018」で「Ghostly Whisper」(ゴーストリーウィスパー)を公開した。同社の最新技術や開発中のプロジェクトを活用して超常現象を再現した「未来のホラーハウス」だ。(2018/3/12)

ITはみ出しコラム:
Amazon Echoが“突然笑い出す”怪現象とは何だったのか
スマートスピーカー「Amazon Echo」が突然笑い出すというちょっとホラーな現象が米国で話題になりました。この問題に対し、米Amazon.comはコメントを出しましたが……。(2018/3/11)

SFホラーのような「突然笑うAlexa」、海外で報告相次ぐ AIの逆襲がここからはじまる?
【追記あり】怖すぎる。(2018/3/8)

「怖すぎ」「今夜夢に出そう…」 ガンバレルーヤよしこの“お雛様ショット”が完全にホラー
ひいいいいい!(2018/3/4)

「核となるメンバーが離れてしまった」 突如終了した「妖怪惑星クラリス」が事情を公表
クラウドファンディングは返金。(2018/2/25)

スマホゲーム「妖怪惑星クラリス」、「今日サービス終了させていただきます」との言葉を残し突然死 ゲームも公式サイトも接続不能に
ええええ……。(2018/2/23)

タクシー運転手がカメラ講師も兼任 三和交通が写真の世界を広げる「カメラバカドライバーと行くツアー」開始
「タクシーで行く、心霊スポット巡礼ツアー」の三和交通がまた新たなツアーを企画しました。(2018/2/17)

うっぎゃああぁぁ! ブラウザで遊べる“怖くないホラーゲーム”がトラウマものだった
禁忌を犯してはいけない。(2018/2/14)

家の電気が勝手についたり消えたり…… 怪奇現象の犯人は二足で立ち上がるニャンともかわいいモフモフだった
器用な犯人でした。(2018/2/3)

大阪の老舗作画スタジオ「スタジオ・ワンパック」2月いっぱいで解散 代表が亡くなったことをうけ
2017年には「名探偵コナン」「妖怪ウォッチ」「鬼灯の冷徹2」なども手掛けていました。(2018/2/1)

妖怪と人間が共に暮らす世界を描いたお話 お互いが自然に溶け込んでいる空気感が好きと人気
色がなくても色が、音がなくても音が、気持ちが伝わる漫画。(2018/1/31)

人類絶滅後の生き物の進化を描いたイラストがシュール&ホラー 「空飛ぶイカ」「弓矢で獲物を狩るカエル軍団」
こんな進化嫌だ。(2018/1/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。