ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お化け・幽霊」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お化け・幽霊」に関する情報が集まったページです。

幽霊ライダーは実在した!? BMWが公開した無人で走るバイクがすごい、走り出しから停車までスムーズな自動運転
びっくりするほど安定した走り。(2018/9/14)

騒ぐ若者に悩む地元住民:
この夏あったホントの話!! 群馬・埼玉県境「心霊」スポット、退治したのは……
「ダム湖の下に集落が沈んでいる」「ダム建設作業で犠牲になった作業員の霊が出る」「昔、付近の廃屋で一家惨殺事件があった」――。群馬県藤岡市と埼玉県神川町の県境にある下久保ダム(神流(かんな)湖)周辺は、インターネットなどで「心霊スポット」との噂が広まり、夜な夜なダム周辺を訪れ騒ぐ若者が、地元住民を悩ませている。そんな風評を“撃退”するため、ついにダム管理所とタッグを組み、立ち上がったのは……。(2018/9/11)

ラップ音ってそういうのじゃねえから! 古典的幽霊が意外な行動に出る漫画がジワジワ来る面白さ
だんだんかわいく思えてきた。(2018/9/11)

水木しげるのフレーム切手セット受注開始 水木しげるの漫画家デビュー60周年記念
妖怪漫画の第一人者。(2018/9/5)

サンリオピューロランドのハロウィーンは「パリピ」と「ホラピ」! 怖かわいいキティさんたちが大集合
夜はめっちゃホラー。(2018/9/3)

Nintendo Laboでリアル「ルイージマンション」を再現する職人現る 「作れる人こそオバケ」と大絶賛
段ボール製のオバキュームで、闇に浮かび上がるテレサを退治。(2018/8/29)

大阪で目撃情報相次ぐ「霊感タクシー」正体は―― 利用者からは「大阪を感じる」と意外に好評
※記事閲覧中に心霊現象が発生した場合、当社では一切の責任を負いかねます。(2018/8/27)

「Wi-Fiつけないで2時間動画みてもうた!!」 1コマ漫画「ほんとにあった怖い話」が怪奇現象無関係で本当に怖い
そして絵をよ〜く見ると、やっぱり普通に怖い。(2018/8/26)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
「こわすぎ」「なんの広告?」 新宿西口のサイネージ広告に出現する“女の目”が謎すぎるしホラーすぎると話題に
お分かりいただけただろうか。今のシーン、もう一度……。(2018/8/25)

自動販売機に群がる無数の虫に背筋が凍る → 近づいて見てみたら虫じゃなくてシールだった
ホラーかと思った。(2018/8/24)

「ひとり化け物いる」 ゴールデンボンバー、“美女3人+ホラー1人”の女装浴衣が嵐を呼ぶインパクト
翔子ちゃんかわいい。(2018/8/24)

「OK Google, おばけやしきにつれてって」 Googleアシスタントを活用したお化け屋敷が表参道に登場
全然怖くなさそう。(2018/8/23)

「チャリで来たフェフ」「汗だくのフェフ」 ぺえ、滑舌悪い“フェフ姉さん”をものすごく冗舌に紹介してしまう
「#妖怪滑舌ババア#また遊ぼうね」。(2018/8/23)

「髪バサバサじゃん!」 → 「私より可愛くなってんじゃねーよ」 美意識高い系女子と幽霊少女が出会ったら
良いゴースト・ミーツ・ガールだった……。(2018/8/18)

「コノコダーレ?」娘が指さす先には……? お風呂での恐怖体験描いた漫画がガチで怖い
幽霊は水場に出やすいとか……。(2018/8/16)

ディルバート(566):
君は“パワポべらべら妖怪”を知っているか
こんな人、あなたの周囲にもいませんか? 今回はまるで誰かさんのデジャビュを見ているような“ダメダメパワポ愛好者”が登場。ディルバートのアドバイスも馬の耳に念仏のようで……。(2018/8/9)

「ネエ、アケテニャア……?」 気付かれず締め出されてしまった猫ちゃんの表情が完全にホラー
猫ちゃんなのに怖い……。(2018/8/6)

「玄関開けたら貞子」 夏の夜勤明けに家で起こった偶然のホラーに震える声が続出
えらいモノを生み出してしまった……。(2018/8/4)

怖い? かわいい? 妖怪と狂歌でつづる百人一首「百怪一首」が生まれた理由
クリエイターに「百怪一首」ができるまでを聞いた。(2018/8/3)

「VHSは限界だから呪いのYouTuberになる」 貞子と伽椰子の女子会ギャグ漫画がコワくて笑える
ホラー……なのか……?(2018/8/1)

この夏屈指のホラー映画 細田守監督「未来のミライ」に見た不気味さの正体
ネタバレしてます。(2018/7/30)

ホラー映画のようでゾクッとする まばたき禁止の速さで捕食する魚の映像が衝撃的
これは逃げられない……!(2018/7/28)

「彼にしか見えない幽霊であり続けたい」 前髪で目を隠している“幽霊”な女の子の漫画がぐっと来る
些細なきっかけから変わった女の子の言葉にキュン死します。(2018/7/28)

「一瞬心霊かと」「後ろ!後ろ!」 大原櫻子、姉との2ショットで“猛暑にぴったりな1枚”をお届けする
ゾクリとした。(2018/7/23)

幽霊「お友達からはじめませんか」 いわくつきアパートでいつの間にか“同棲生活”を送っていた漫画
一緒にいて楽しいけど、友達止まりかな……。(2018/7/23)

『ムー』読者が投稿した実話怪談集めた『ムー実話怪談「恐」選集』発売
実話怪談といえば『ムー』でしょう。(2018/7/19)

寂しがり屋の“妖怪待ち伏せ猫” 振り返るといつもいる子猫ちゃんがかわいい
こんな妖怪なら大歓迎ですなぁ。(2018/7/19)

ぎゃあああ! ホラーゲーム「つぐのひ」最新作公開、侵食されていく「日常」の恐怖に耐えられるか
「さっきとちょっと風景が……違う……?」を繰り返した先に待つものは……。(2018/7/18)

「夏の風物詩かと」「完全にホラー」 コロチキのナダル、兄弟コンビ「ミキ」の漫才を見つめる姿が超やっべえぞ!
これは漫才に集中できない。(2018/7/17)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
Twitterに投稿された怪談「ちょっと変な話」に背筋ゾワッとする人続出 あの日出会ったのは未来の自分……?
夏の夜に背筋がゾワ〜ッとするお話。(2018/7/16)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
首吊り鳥居、古戦場跡、血を流す松 三和交通「心霊タクシー」ツアーにガチ突撃! 取材班のカメラに写り込んだこれはいったい
やだ怖い。(2018/7/15)

恋愛ものになってるやん! 殺人鬼ジェイソンが楽しむ平成最後の「12日の木曜日」を描いた投稿がただのリア充
お相手の女性はあのホラーの方です。(2018/7/15)

「恐怖画像」「もはやホラー」 競泳・入江陵介、腕が信じられない位置にある衝撃写真でファンをビビらせる
ヒエッ……。(2018/7/7)

「殺戮の天使 ホラーハウス」が期間限定で新宿に登場! 歌舞伎町のビルのフロアがまるごとお化け屋敷に
ニコニコ超会議版の3倍の広さ、2倍の体験時間に。(2018/7/7)

観覧車でホラー体験 「血バサミ女の観覧車」東京と福岡にオープン
立体音響やプロジェクション、振動シートで恐怖を演出。(2018/7/3)

2018年もひぇぇぇ 三和交通の「心霊タクシー2018」予約抽選開始 今年の恐怖ポイントを聞いてみた
冷ぇぇぇ。これ、ガチで涼しくなれるはず。受付は2018年7月12日12時まで。(2018/6/28)

妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」登場 全国の妖怪を収集
ガンホーとレベルファイブは、6月27日に妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」を配信開始した。「Google Maps Platform」を採用し、従来の位置情報ゲームよりも立体的かつリアルなマップで楽しめる。(2018/6/27)

ポケGOに似てる? 「妖怪GO」がTwitterトレンド入り 位置情報ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」発表で
ガンホーとレベルファイブが共同開発したスマートフォンゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」がサービスを開始した。ゲーム性が「Pokemon GO」に似ていることから、Twitterでは「妖怪GO」がトレンド入りした。(2018/6/27)

ガンホー、「妖怪ウォッチ ワールド」始動 スマホを持って出歩き見つけた妖怪と友だちになる位置情報ゲーム
Twitterでは「妖怪GO」がトレンド入り。(2018/6/27)

日本各地を歩いてバトル:
ガンホー新作は「妖怪ウォッチ」の位置情報ゲーム レベルファイブとタッグ
ガンホーとレベルファイブが、ゲームアプリ「妖怪ウォッチ ワールド」をリリース。位置情報を活用したARゲームで、おなじみの妖怪が画面上に出現する。バトルや育成などの遊び方が可能。(2018/6/27)

HIKAKINさんなど所属のUUUM、レベルファイブから著作物使用許諾受ける ゲーム実況、健全に
UUUMは、「妖怪ウオッチ」「レイトン教授」シリーズなどで知られるレベルファイブと、著作物使用に関する包括許諾契約を結んだ。「健全なゲーム実況動画を創り出す」としている。(2018/6/27)

ダークファンタジーのラスボス感ある……! 海外のアーティストが作った巨大な幽霊船が思わず息をのむかっこよさ
恐怖を感じる優美な“終末の方舟”に圧倒されよ!(2018/6/25)

決算資料からも消えていた:
妖怪ウォッチ、「子どもの好きなキャラ」圏外に
妖怪ウォッチが「子どもの好きなキャラ」のトップ10から転落した。年代別でも上位に入らなかった。グッズの売り上げも低迷しており、2018年3月期は決算資料のIP別売上高から消えたことでも話題となっていた。(2018/6/21)

怖いだけじゃない ビジュアルでホラー映画を知る「ホラー映画アート集」が登場
(2018/6/19)

開発中止のホラーゲーム「Year Of The Ladybug」がアートブックとして復活 クラウドファンディングで人気を集める
この先の開発再開の期待も高まります……!(2018/6/17)

「宝塚の男役みたい」 榮倉奈々、死んだふり封印の“ドラキュラコス”がホラー映画級の完成度
ほっこり映画です。(2018/6/8)

最後に怖い思いをしたのは…… お留守番をする少年に忍び寄る幽霊の漫画、予想外のオチに反響
人によって感じ方が変わる“こわいはなし”です。(2018/6/8)

まったく読めねェ! 「山梨県にしかない漢字」が存在する
正体不明の幽霊漢字とは……。(2018/6/1)

ちょっとコワいけど読みたくなっちゃう 例文が全て「怪談」になっている小学生向けの漢字ドリルが登場
あの漢字ドリルの次はコレ?(2018/5/25)

ある女子アナの立ち姿に背筋がゾワリ 「心霊写真みたい……」「右腕が」
早くもホラーの季節到来か……。(2018/5/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。