ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お化け・幽霊」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お化け・幽霊」に関する情報が集まったページです。

「どこか寂しげな空気なのに暖かい」 アニメ「おばけとこどもアニメーション」の不思議な世界観に中毒者続出
ずーっと見ていたくなる。(2019/1/19)

映画「がっこうぐらし!」の前日譚、オリジナルドラマ「がっこうXXX」が配信開始! 桜井日奈子が初ホラー主演
桜井日奈子が主演、映画とは別視点のオリジナルストーリーでAmazon Prime独占配信。(2019/1/16)

「ホラー体験」「情緒ヤバい」 品川祐が投稿したコロチキ・ナダル、狂気の寝姿がネットをざわつかせる
やっべぇぞ……。(2019/1/12)

国内初、ホラー特化の動画配信サービス「OSOREZONE」が2月オープン 世界のホラー映画・ドラマが定額見放題
運営はエイガ・ドット・コム・オンデマンド。(2019/1/11)

幻の「サイレントヒル」の“遊べる予告編”「P.T.」、ファンがPCゲーム「Unreal PT」としてリメイク
「サイレントヒル」そのものの中止に伴い配信終了したホラーゲームが、ファンの手で復活。(2019/1/8)

おもちがお化けになったキュートなカプセルトイ「もちばけ」に新作登場
今回もかわいい。(2019/1/3)

両手でギュッ 引っ張ってもねじっても放さない“綿棒妖怪”となったヤモリが天使級のかわいさ
爬虫類好きさんも、そうでない人もメロメロになっています。(2018/12/21)

照明が勝手に点滅する怪奇現象!? その意外な正体に思わず笑顔
出オチです。(2018/12/17)

転校先のあの娘は「男の体をなめ回す妖怪」 マイナーをこじらせた四国の妖怪たちと学園生活を送る漫画に「好き」の声
クセの強い四国の妖怪がたくさん!(2018/12/14)

「しのびこんだ研究所には……」例文が全部怪談な『一行怪談漢字ドリル』 小学3年生版が登場
例文の怖さも少しアップ。(2018/12/6)

親子で考えた漫画「おばけのユター」にほっこり 悪そうだけど優しいオバケがくじけそうな人々を癒やす
ワルぶってるけれど、本当はよい子なんだな。(2018/12/5)

「恐らくUFOではない」 豊島区のUFO出現事件に続報、オカルト研究家山口敏太郎が意外な正体を語る
UFOや心霊現象に関するお問い合わせは随時受付中です。(2018/12/4)

「もうホラーの域」「怖いよ……」 横澤夏子、“顔面大増殖”ショットでファンを恐怖に誘う
どういう発想?(2018/11/30)

「朝礼と掃除は仕事じゃないからタイムカードは今から切ります」 実話に基づいた「ブラック企業体験イベント」が完全にホラーだった
「残業は1日10時間まで」「ノルマ未達成だから罰金10万円」……パワーワードが多すぎる。(2018/11/26)

ハロウィーンに幽霊として帰ってきた同居人 成仏するために「言わないといけないこと」を伝える漫画が切なくも尊い
ラストを読んでから再読するとより切ない……。(2018/11/26)

「上を見ないでくださいまし」 スカートが傘になった妖怪とのラブコメ漫画がラスト1コマで鳥肌もののホラーに
上を見なくてよかった……ね!?(2018/11/19)

横須賀トンネルめぐり1日旅(2):
「目には見えない見どころ」を探せ! 「横須賀トンネル旅」やってみた【観音崎・久里浜・衣笠編】
横須賀は本当にトンネル天国! 横須賀トンネルめぐり1日旅の第2弾は「軍事要塞トンネル」「計画倒れした鉄道遺構」「お化けトンネル」を巡ります。見えないのに見どころってどういうことやねん。(2018/11/20)

心残りで足だけ成仏できず…… お嫁さんの“足だけ幽霊”に尽くす旦那さんの漫画が切ない
「足だけになった嫁」にも優しい旦那様。(2018/11/7)

「お化けかと思って叫んだ」 戸田恵梨香、比嘉愛未の“ホラー”サプライズに絶叫 仲良しコンビにファンほっこり
コード・ブルー女子最高。(2018/11/6)

3袋分のゴミを集めた:
朝5時に千葉から、なぜ? ハロウィーンに沸く渋谷に「お化けのゆるキャラ」登場
ハロウィーンで盛り上がる一方、マナーを無視する人たちの行動が目立つ渋谷。ゴミが散乱していた早朝に「お化けのキャラクター」がゴミを拾っていた。千葉県松戸市を応援する「ばけごろう」だ。なぜわざわざ渋谷まで来たのだろうか。(2018/10/31)

500万円を寄付で調達:
ふるさと納税で「鬼太郎ひろば」整備 妖怪の遊具や「鬼太郎の家」 東京・調布市
東京都調布市は「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターをモチーフにした遊具などを設置した公園「鬼太郎ひろば(仮称)」を整備すると発表。整備費の一部をふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングで調達する。(2018/10/31)

ギャアアア! Googleが公式ブログで“Googleマップに写ってしまった恐怖映像”の数々を紹介中
異界の門、湖に沈む旅客機、幽霊、そしてダースベイダー……!?(2018/10/30)

「髪の毛をほどくとそこには……」 ニッチェ江上、ヘアセット前の“毛玉の妖怪”ショットが衝撃のホラー感
大爆発。(2018/10/27)

若い女性2人が土俵上で、大統領の寝室で…… 謎のSNSアカウントを描く漫画「じどり」のオチが現代ホラー
世にも奇妙な物語感がある。(2018/10/27)

モンスターやおばけがスイーツに! コージーコーナーのハロウィーン限定スイーツがインパクト抜群
ハロウィーンならではのかわいさ。(2018/10/17)

長谷川潤の“特注デニム”に錯覚起こす人が続出 「足3本に見えた」「心霊写真かと」
正面から歩いてこられたら二度見必至。(2018/10/17)

このお布団は決して片付けさせないのにゃ……! “妖怪フトンカブリ”のしわざに「かわいすぎ」「笑ってしまった」
うちにもどうか来てくださいフトンカブリさま。(2018/10/13)

カラフルな妖怪じゃねーか! バイキング小峠の“マンバギャル”姿が一度見たら忘れられないインパクト
なんて絵だ!(2018/10/11)

百合だと思ったらホラーじゃねーか! オチまで読むとぞくっとする「百合ストーカー」漫画に「尊すぎて毛根が死んだ」の声
もう誰も信じられない……。(2018/10/10)

「腰抜ける」「鼻血」 HYDE、ハロウィーンイベントでの“美×ホラー”な仮装にファン大興奮
似合いすぎている。(2018/10/9)

水に漬けておく人魚のおもちゃ、パッケージとのホラーすぎるギャップで少女に「学校行きたくない」と言わしめる
衝撃の見た目もまさかの結末が……!(2018/10/6)

大阪・なんばウォークが一夜限りでお化け屋敷に ホラーイベント「恐怖地下街 真夜中の赤ん坊」開催
なんばウォークは地元民なら誰もが知るいわくつきの場所で、“本当にやばい”らしい……。(2018/10/5)

おばけ探知機「ばけたん」が12年ぶりに復活! 過去いずれも一瞬で完売したオカルトマニア必携アイテム
幽霊探知機としての性能はオカルトマニアのお墨付きです。(2018/10/2)

おばけ探知機「ばけたん」に12年振り新製品 数量限定「おはらい済み」も
ソリッドアライアンスがおばけ探知機「ばけたん」の新製品を発売。「出ちゃった」ときは、ボタン長押しで「バリアモード」が発動する。(2018/10/1)

スイパラが期間限定でハロウィーン仕様に! おばけスイーツを1000円で食べ放題
ゾンビの目玉ゼリーやミイラのバナナオムレットが登場。(2018/9/27)

水曜インタビュー劇場(ぎゃあああ公演):
なぜ「お化け屋敷」で人は“ビビる”のか 仕掛人に聞いた
テーマパークや遊園地などに行って、お化け屋敷に入ったことがある人も多いのでは。お化けが出てきたり、急に明るくなったり、風が出てきたり。さまざまな工夫を施しているわけだが、恐怖を生み出す仕掛人はどのようなことに着目しているのか。「株式会社 闇」の社長に話を聞いたところ……。(2018/9/26)

“ヤバいの”が見えてしまう女子高生 恐怖を必死でかわそうとするホラー漫画にぞっとする
いつでもどこでもソレはいる。(2018/9/22)

幽霊ライダーは実在した!? BMWが公開した無人で走るバイクがすごい、走り出しから停車までスムーズな自動運転
びっくりするほど安定した走り。(2018/9/14)

騒ぐ若者に悩む地元住民:
この夏あったホントの話!! 群馬・埼玉県境「心霊」スポット、退治したのは……
「ダム湖の下に集落が沈んでいる」「ダム建設作業で犠牲になった作業員の霊が出る」「昔、付近の廃屋で一家惨殺事件があった」――。群馬県藤岡市と埼玉県神川町の県境にある下久保ダム(神流(かんな)湖)周辺は、インターネットなどで「心霊スポット」との噂が広まり、夜な夜なダム周辺を訪れ騒ぐ若者が、地元住民を悩ませている。そんな風評を“撃退”するため、ついにダム管理所とタッグを組み、立ち上がったのは……。(2018/9/11)

ラップ音ってそういうのじゃねえから! 古典的幽霊が意外な行動に出る漫画がジワジワ来る面白さ
だんだんかわいく思えてきた。(2018/9/11)

水木しげるのフレーム切手セット受注開始 水木しげるの漫画家デビュー60周年記念
妖怪漫画の第一人者。(2018/9/5)

サンリオピューロランドのハロウィーンは「パリピ」と「ホラピ」! 怖かわいいキティさんたちが大集合
夜はめっちゃホラー。(2018/9/3)

Nintendo Laboでリアル「ルイージマンション」を再現する職人現る 「作れる人こそオバケ」と大絶賛
段ボール製のオバキュームで、闇に浮かび上がるテレサを退治。(2018/8/29)

大阪で目撃情報相次ぐ「霊感タクシー」正体は―― 利用者からは「大阪を感じる」と意外に好評
※記事閲覧中に心霊現象が発生した場合、当社では一切の責任を負いかねます。(2018/8/27)

「Wi-Fiつけないで2時間動画みてもうた!!」 1コマ漫画「ほんとにあった怖い話」が怪奇現象無関係で本当に怖い
そして絵をよ〜く見ると、やっぱり普通に怖い。(2018/8/26)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
「こわすぎ」「なんの広告?」 新宿西口のサイネージ広告に出現する“女の目”が謎すぎるしホラーすぎると話題に
お分かりいただけただろうか。今のシーン、もう一度……。(2018/8/25)

自動販売機に群がる無数の虫に背筋が凍る → 近づいて見てみたら虫じゃなくてシールだった
ホラーかと思った。(2018/8/24)

「ひとり化け物いる」 ゴールデンボンバー、“美女3人+ホラー1人”の女装浴衣が嵐を呼ぶインパクト
翔子ちゃんかわいい。(2018/8/24)

「OK Google, おばけやしきにつれてって」 Googleアシスタントを活用したお化け屋敷が表参道に登場
全然怖くなさそう。(2018/8/23)

「チャリで来たフェフ」「汗だくのフェフ」 ぺえ、滑舌悪い“フェフ姉さん”をものすごく冗舌に紹介してしまう
「#妖怪滑舌ババア#また遊ぼうね」。(2018/8/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。