ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お化け・幽霊」最新記事一覧

関連キーワード

「エンターテインメントとは、エモーションを体験すること」 「アナベル 死霊人形の誕生」サンドバーグ監督流の心のえぐり方
ホラーマスターに怖いホラー映画の作り方を聞いてみました。(2017/10/2)

富士急ハイランドが閉園後に100体の亡霊から逃げまくる「FUJI-Q HALLOWEEN 戦慄ホラーナイト」を開催
富士急の社長も特殊メイクでお待ちしております。(2017/9/30)

リアル便器を使ったVRトイレホラーゲーム「パニック オン ザ 便器」 通路から丸見えの羞恥心とも戦うデスゲーム
東京ゲームショウで見つけたアイデア勝負なゲーム。(2017/9/22)

ゲームオーバーで偏差値ゼロ Twitterで人気の「頭の悪い人」をホラーゲーム化した動画が話題に
プレイすると頭が悪くなるかも?(2017/9/19)

「リング」「呪怨」のJホラー巨匠高橋洋が最新作「霊的ボリシェヴィキ」のクラウドファンディング実施中
出資者には作品集DVDや短編共同制作権利プレゼント。(2017/9/17)

ミニマム&マキシマム! 横澤夏子と足立梨花の“顔のサイズ差”に「怪奇現象」「遠近感が狂う」
5度見した。(2017/9/17)

小包に入っているのは「耳のグミ」 ハロウィンギフトにぴったりなホラースイーツ
お菓子をあげて、いたずらできる。(2017/9/16)

貞子かな? 横澤夏子による“シャンプーのCMごっこ”が完全にホラー
ひえっ……。(2017/9/14)

大先輩来ちゃった 「映画 妖怪ウォッチ」に鬼太郎登場でジバニャン「えええーーーっ!」
ジバニャン×鬼太郎のコラボも。(2017/9/13)

なんだこれ! アルミと水銀を混ぜると塔やおばけのような物体がにょきにょき生えてくる
水銀は猛毒だから、絶対にマネしないでね。(2017/9/10)

きゃりーぱみゅぱみゅ、背後の怪しい姿に恐怖 完全ホラー映画なトレーラーを公開
ホラー映画の予告編だこれ。(2017/9/8)

もしハンドスピナー型UFOに襲われたら…… 街を破壊し人々を襲うハンドスピナーたちがホラー
BGMの緊迫感がすごい。(2017/8/30)

「妖怪惑星クラリス」βテスト当選メール、BCCとToを間違え個人情報が流出 運営はゲームアイテムで謝罪予定
……。(2017/8/24)

ハードオフで「幽霊が写るカメラ」が販売中ー! “幽霊”の正体を店長に聞いた
リアル“射影機”発見か。(2017/8/18)

真夏の夜のVR ステルスホラー「ChainMan」が怖い
涼しくなりたいならバーチャルリアリティで納涼!(2017/8/17)

ホラー水族館が今年もやってくる…… 夜間のサンシャイン水族館を歩く、五味弘文プロデュースの恐怖イベント再び
夜の水族館へようこそ。(2017/8/9)

真夏の実話怪談! 深夜に窓を叩く音の正体とは……?
閲覧は自己責任でお願いします……。(2017/8/8)

週刊少年マガジン×ねとらぼ:
初体験寸前までいけたのにキスできない怪奇 マンガ『徒然チルドレン』から『Xファイル』
真実はそこにある。(2017/8/8)

おもち+おばけ→かわいい キュートなカプセルトイ「もちばけ」に第2弾
「ぞうに」「ずんだ」など5種類。(2017/7/31)

東京駅にわずか4メートル弱の「日本一小さいお化け屋敷」爆誕 期間限定「超ホラーミュージアム」内で
ヤエチカが「ヤベー地下」になる夏到来。(2017/7/27)

「隣の手は誰」 比嘉愛未、「コード・ブルー」オフショットがホラーな仕上がり
一瞬ヒヤッとする。(2017/7/24)

ニコニコ生放送、夏のホラー作品上映企画が7月21日から開始 「シャークネード」や「コワすぎ!」の一挙放送も
いつもの怖いやつ。(2017/7/14)

カフェ・ベローチェが納涼イベントを開催 -7度のアイスコーヒーを研究するうちに店内で怪談を提供する不思議な企画へ
実証実験で、アイスコーヒーも怖い話も体表温度を下げることが判明した結果だそうです。(2017/7/11)

自由に歩き回れるVRお化け屋敷が怖そう…… ホラーVR「呪いのVR」が業界向けレンタル開始で体験会も開催
リアルお化け屋敷よりも怖い気がしてきた……。(2017/7/5)

水木しげる×すみだ水族館 背筋も凍る夏イベント「水の妖怪トンネル」 7月15日から開催
クラゲのトンネルがお化け屋敷に変わります。(2017/6/29)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第552話 怖い話
なにぃ、会社のトイレにお化けが出るって? あー、バカバカしい。ホラー映画の観すぎじゃないの、まったく……。(2017/6/27)

コメディー要素どこ行った! 映画「妖怪ウォッチ」最新作映像公開、子どもが違う意味で震えちゃいそう
やっぱり私の知ってるジバニャンじゃなかった。(2017/6/23)

フジテレビ「映っちゃったGP」、鳥取城跡の心霊現象紹介VTRの事実誤認を謝罪 鳥取県知事がコメント
二の丸のトイレは霊が映るため鏡を外してある→実際は壊れたので外しただけなど。(2017/6/23)

タクシーで行く「心霊スポット巡礼ツアー」が今年も運行 新コース「凍京」「不死身野」が加わって怖さもパワーアップ
「凍京」の冷凍都市感。(2017/6/21)

宇宙へぶっ飛ぶ逆バンジー、本格的な心霊体験も 渋谷のハウステンボスVRを先行体験
ハウステンボスが、6月24日にVR施設「SHIBUYA VR LAND by HUIS TEN BOSCH」をオープン。「宇宙へ飛ぶ逆バンジー」からイケメンによる「壁ドン」まで、5つのコンテンツを体験してきた。(2017/6/19)

誰にゃん!? 「妖怪ウォッチ」最新映画のジバニャンが完全に別猫 コマさんは成犬に
物語の舞台はアニメシリーズの30年後。(2017/6/15)

「存在しない仕様書」「命よりシステム保守」 ハッシュタグ“システム屋限定怪談2017”にすごい恐怖体験集う
うわぁ、やだなー怖いなー(本当に)。(2017/6/14)

リゾートバイト紹介サイト「はたらくどっとこむ」がなぜかホラーゲーム公開 怖すぎて働きたくなくなるレベル
未経験者も大歓迎!(呪い)(2017/6/6)

レタスに食べられちゃってるハムスター おしりと後ろ足だけ出てる姿がホラーかわいい
ハムちゃん喰い野菜となったレタスさんであった。(2017/6/1)

「妖怪惑星クラリス」、トランプ大統領復活やキャラ名に淫夢ネタなどどんどんリリースする気が感じらない流れに
“蟹澤貴洋”は本気でまずい。(2017/6/1)

干し草が動いてる!? 怪奇現象かと思いきや……
犯人は……。(2017/5/28)

戦慄ホラー「コワすぎ!」急きょ年内に新作撮影へ 白石晃士監督「完結させたい」
うれしいけど寂しい……!(2017/5/26)

これがディストピア…… 英国のホラー映画が描く近未来のロンドンが廃虚マニアを引きつけそう
これは引き込まれてしまいそう。(2017/5/20)

大量の怪談をブログに掲載する塗料会社 怪奇現象に襲われながら執筆している担当者に話を聞いたら“ガチ”だった
自分や友人の怖い体験談ばかりなのに、200話以上執筆。(2017/5/11)

ブームの後は:
「妖怪ウォッチ」3分の1に減る バンダイナムコ売上高
バンダイナムコの16年度IP別売上高で、「ドラゴンボール」などが大きく伸びた一方、「妖怪ウォッチ」は前年度から3分の1にまで減った。(2017/5/10)

ニコニコ超会議2017:
鹿実の新体操部、ニコ超で踊ってみた 笑いとアクロバティックな動きで会場沸騰
妖怪ウォッチにR.Y.U.S.E.Iダンス、やっぱり鹿実新体操は最高のエンターテイナーだった。(2017/4/29)

無慈悲なチョイス! 城田優、イモトとの「結婚しました」風写真が完全にホラー
笑顔の裏では「イッテQ出して」と無慈悲な本音をのぞかせる城田さん。(2017/4/27)

二階堂ふみと綾野剛の2ショットに違和感 「腕が……」「心霊現象? 怪物現象?」
「フランケンシュタインの恋」公式Instagramがアップした写真に……。(2017/4/24)

怖カワすぎる! 平祐奈の“ホラー動画”に姉・愛梨も大ウケ「何これビックリした!!!!!!」
加藤諒さんとよい勝負。(2017/4/21)

夜中に見たらヘンな声でそう とある文字認証が完全にホラー映画
タイトル「呪いの文字認証」で映画化できそう。(2017/4/17)

新ジャンル“ヌードホラー”爆誕 キンタロー。が宮沢りえ「Santa Fe」カバー 
地味にクオリティー高い。(2017/4/6)

拳銃を持ってきて物理で殴ればいい 米国の動画「もしもホラー映画が現実だったら……」が人間のほうが怖い
幽霊さん、ボッコボコ。(2017/4/5)

「肩こりは幽霊が原因」 WELQの“トンデモ記事”ができるまで 調査報告書で明らかに
「肩こりの原因、幽霊のことも?」――WELQに掲載されていた“トンデモ記事”がどう作られたのか、第三者委員会の報告書によって明らかになった。(2017/3/13)

「起きないように……」赤ちゃんを寝かしつけた後こっそり部屋を出るお母さんがホラー
ニンジャかもしれない。(2017/3/13)

妖怪ウォッチに出てきそう 大牟田市公式キャラクターをレベルファイブが制作
名前は大蛇山の“蛇”からとって「ジャー坊」。日野社長が命名。(2017/3/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。