ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「ID管理」最新記事一覧

新たに100以上のSaaSアプリに対応:
ノベル、クラウドログイン対応の統合SSOソフトウェア「NetIQ Access Manager 4.3」を発表
ノベルがシングルサインオンシステムの最新版「NetIQ Access Manager 4.3」をリリース。強化したSaaSアプリの統合ID管理機能を備え、あらかじめ100以上のSaaSアプリ用コネクターを提供する。(2016/12/6)

AWSと比べて何が足りない?
Google Cloud Platformは業務アプリケーションの移行先となるか
Googleのクラウドサービスはビジネスユーザーを考慮し、2016年に大幅な進化を遂げている。こうした改善は2017年にも続きそうだ。(2016/12/5)

“グループ力”で「人」と「仕事」の課題を解決:
PR:なぜ、多くの企業は失敗するのか?――「人と仕事のプロ」が成功に導くワークスタイル変革のポイントとは
企業のクラウド/デバイスの活用が活発化したことで、ワークスタイルや仕事環境も大きく変化してきている。同時にサイバー攻撃や情報漏えいなどに対するセキュリティ対策も必要なってきている。インテリジェンス ビジネスソリューションズでは、クラウド/デバイスの時代に即した環境のセキュリティ対策を「Enterprise Mobility+Security(EMS)」で実現し、企業の“ワークスタイル変革”を強力に支援する。(2016/11/29)

今までのID管理だけで大丈夫ですか?
“安全な認証 as a Service”を実現するセキュリティ対策の現実解
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?(2016/12/2)

AWS re:Invent 2016:
米AWS、「AWS Organization」を発表、Amazon S3とStorage Gatewayを強化
Amazon Web Services(AWS)は年次イベント「AWS re:Invent 2016」で、組織における複数のAWSアカウントの一括管理および階層的アイデンティティ管理を実現する「AWS Organization」を、限定プレビュー機能として発表した。また、ストレージ関連で複数の発表をしている。(2016/11/30)

ユーザーの利便性とセキュリティ/運用管理の簡素化を両立:
PR:Azure ADとのID連携で“働き方改革”を強力に支援――クラウド名刺管理サービスのSansanが実現した高度なクラウドセキュリティとは?
クラウド名刺管理サービスのフル機能を利用しつつ、セキュリティと運用管理性も同時に高めたい――。こうした企業のニーズに応えるために、SansanはAzure ADとのID連携に踏み切った。Sansanを利用する企業のメリットは、シングルサインオン(SSO)、セルフサービス型のパスワード管理、高度なセキュリティ機能などを利用できることだ。(2016/11/28)

Windows PowerShell基本Tips(10):
New-EventLogコマンドレット――新しいイベントソースを作成する
本連載は、Windows PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「New-EventLog」コマンドレットです。(2016/11/22)

組み込み開発ニュース:
位置情報サービスに必要な機能を備えたIoTプラットフォームを開発
大日本印刷は、位置情報サービスに必要となるアプリケーション標準メニュー(API)とソフトウェア開発キット(SDK)を装備した、IoTプラットフォームを開発した。2016年11月よりサービスの提供を開始する。(2016/11/8)

ラックと日本マイクロソフト、「IDベースドセキュリティソリューション」で協業
IDベースのセキュリティソリューションを展開し、ICT環境のセキュリティ強化とデジタルトランスフォーメーションの実現を支援する。(2016/11/7)

Facebook「Workplace」の実力【後編】
Facebookのビジネス向けSNSが“Slack超え”できるこれだけの根拠
Facebookの企業向けソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Workplace」。使い勝手の良いツールにユーザーがなびくのは避けられない。新しい潮流を受け入れるに当たりIT部門はどうすればいいか。(2016/11/3)

Enterprise Mobility+Securityのエンドポイント対策の“キモ”はIDセキュリティ:
PR:プロの知見を生かした3ステップ・エンドポイントセキュリティ対策!
標的型攻撃の増加によって急速に重要度が高まる、エンドポイント防御――。そのためのソリューションとしてラックが選んだのは、一般オフィスユーザーのニーズにぴたりと合った「Enterprise Mobility+Security(EMS)」だった。同社はエンドポイントセキュリティ対策の“キモ”になるのは「ID管理」と考え、このEMSに独自のサービスをプラスした「IDベースド・セキュリティ」ソリューションを用意し、サービス提供を予定している。このソリューションで提供される3ステップとはどのようなものなのか。(2016/11/2)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(26):
クラウド上でActive Directoryドメインを簡単に導入できる――Azure ADドメインサービスの一般提供開始
Azure Active Directory(Azure AD)の新機能として「Azure ADドメインサービス」の正式提供が開始されました。これにより、Windows ServerのActive Directoryドメインサービスの機能を、Azureの仮想ネットワーク上に展開できるようになります。(2016/11/1)

Windows PowerShell基本Tips(9):
Write-EventLogコマンドレット――Windowsのイベントをログに記録する
本連載は、Windows PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「Write-EventLog」コマンドレットです。(2016/10/26)

「統合エンドポイント管理」(UEM)のインパクト
「Windows管理とiPhone管理は別物」という時代はもう終わった
モバイルデバイスだけでなく、クライアントPCや仮想デスクトップも統合管理する「統合エンドポイント管理」(UEM)の登場で、Windows管理は大きな変化を遂げようとしている。(2016/10/24)

社外でも安全に業務ができる環境とは
新しい働き方を促進する、デバイスとクラウドIDの統合管理方法
クラウドやモバイルの普及により、ワークスタイルが大きく変化してきている。外出先や自宅で、PCやモバイルデバイスで安全に業務を進めるにはどうすればよいのだろうか?(2016/10/24)

IDC調査でみる、日本のセキュリティが“未熟”な理由
IDCが実施した調査結果よれば、日本企業の情報セキュリティへの取り組みは米国企業より遅れているというという。分析から日米の違いにどのような点がみられるのだろうか。(2016/10/20)

「Data Lake Analytics」「HDInsight」など
「Microsoft Azure」、知っておくべき7つのビッグデータサービス
Microsoftは「Microsoft Azure」のビッグデータサービスポートフォリオを拡大している。ビッグデータで大躍進を遂げたいユーザー企業が知っておくべきAzureのサービスを説明する。(2016/10/17)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(60:特別編):
「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その1)
今回から数回に分けて、Windows Server 2016による「Windows Hello for Business」(旧称、Microsoft Passport for Work)のオンプレミス展開を実機で検証し、実装のポイントやユーザーエクスペリエンスをレポートします。(2016/10/14)

識者に聞く、統合運用管理の今(前編):
今こそ見直しの時 ハイブリッド、マルチクラウド時代の運用管理術
クラウド導入で運用管理の手間を軽減できるはずだったのに、かえって作業が増えてしまった――。オンプレと複数クラウドの混在環境が当たり前になりつつある今、複雑化する一方の運用管理をどうやって整理すればいいのか。IDC Japanの入谷氏に聞いた。(2016/10/6)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(8):
Intel方針転換の真意を探る
2016年、Intelはモバイル事業からの撤退を決めるなど方針転換を行った。そうした方針転換の真の狙いを、Thunderbolt用チップ、そして、7年前のTSMCとの戦略的提携から読み取ってみたい。(2016/9/27)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(23):
Azure AD待望の新ポータル対応、パブリックプレビュー段階に
クラウドベースのID管理サービス「Azure Active Directory(Azure AD)」の管理機能が、Microsoft Azureの新しいポータル内で利用可能になりました。現在はパブリックプレビュー版ですが、既に運用中のAzure ADのディレクトリは新旧両方のポータルから管理できます。(2016/9/14)

Computer Weekly製品ガイド
異なるデータセット間のパターンを引き出すグラフデータベース
データセット間の関係性を表現することを可能にするグラフデータベースは、データ分析の洞察に革新をもたらす。(2016/9/14)

1つの画面でモバイルデバイスとPC管理
「iPhone、Android、Windows 10を一括管理」、IT管理者の夢は実現するか
VMwareのユーザー環境管理ツールに「Windows 10」のライフサイクル管理機能が追加された。これにより、IT管理者が望む統合エンドポイント管理を実現できるかもしれない。(2016/9/9)

指静脈認証で複数のクラウドサービスを一括認証:
オージス総研と日立システムズ、共同でクラウド型シングルサインオンサービスを開発
オージス総研と日立システムズは、両社のクラウド型認証サービスを組み合わせたシングルサインオンサービスを共同で開発する。SAMLやOpenID Connectに対応したアプリケーションで、指静脈認証だけでシングルサインオンが可能になる。(2016/9/6)

テクノロジーの進化で使い勝手が向上
いち早くモバイルに到来した「パスワードのない世界」、生体認証普及の道筋は
近いうちに虹彩スキャンなどの生体認証方法が企業のモバイルセキュリティで採用され、古き良きユーザー名とパスワードによる認証が葬り去られるのは時間の問題だろう。これは驚くべき事実である。(2016/9/4)

PR:コグニティブに向かうモバイルアプリ――成功の秘訣は?
IBMの調査では、3分の2のアプリ開発プロジェクトがリスクに直面しているとの結果が。プロジェクトを成功に導くための秘訣とそれを実現するIBM MobileFirst Foundationとは。(2016/8/30)

社内ファイルサーバからの脱却:
PR:今の企業ビジネスシーンにふさわしい「ファイル共有」のあり方とは?
社内ファイルサーバやメール添付に始まり、グループウェアや社内SNSの活用、さらにはビジネスチャット、オンラインストレージへとファイル共有の方法は進化を続けてきた。その結果、さまざまな仕組みが新旧混在し、企業によって状況がバラバラというのが現状だ。そこから浮かび上がる企業課題と、その先の展望などを考えたい。(2016/8/23)

はじめてID管理製品を導入する方へ:
PR:クラウドとオンプレミスの混在で複雑化するユーザーID管理の課題は「Unicorn ID Manager」で解決
クラウドサービスが当たり前のように利用されるようになり、ユーザーIDの管理に悩む企業が増えてきている。社内に閉じたシステムでは、手作業や自作のスクリプト、ID管理ツールで対応できた。だが、クラウドサービスが普及したいま、これまでの手法では十分に管理できなくなってきている。では、IT管理者はどうすればよいのか。解決策はあるのか。(2016/8/22)

デバイス管理からデータ分析、業務連携までを一気通貫でサポート:
PR:「IoT&ビッグデータ環境を2週間で導入してビジネス立ち上げ」もOracle Cloud Platformなら本当にできる!
ビジネスに新たな価値をもたらすテクノロジーとしてIoTやビッグデータに対する関心が高まっているが、この仕組みを新たに構築するのは容易ではない。オラクルは、エッジデバイスの管理からストリーミングデータ処理、業務連携までを一気通貫で行える仕組みをパブリッククラウド上に用意している。[パブリッククラウド][ビッグデータ][Oracle Cloud][Big Data](2016/8/8)

Windows PowerShell基本Tips(6):
Get-Contentコマンドレット――ファイルの内容を参照する
本連載は、Windows PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「Get-Content」コマンドレットです。(2016/8/4)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(30):
サーバ屋がデータを飛ばしただと? 1億円払ってもらえ!
IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「レンタルサーバに保管したデータの保全責任」をめぐる裁判を紹介する。誰もバックアップを取っていたなかったデータが消滅したら、誰が責任を取るべきなのか?(2016/8/1)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(7):
Intelモバイル撤退の真相――“ARMに敗北”よりも“異端児SoFIA”に原因か
今回は、2016年5月に明らかになったIntelのモバイル事業からの撤退の真相を、プロセッサ「Atom」の歴史を振り返りつつ探っていく。「Intelは、ARMやQualcommに敗れた」との見方が強いが、チップをよく観察すると、もう1つの撤退理由が浮かび上がってきた。(2016/7/28)

Computer Weekly製品ガイド
外部ユーザーのITアクセス管理方法
社内のIT管理プロセスのみを対象としていたID・アクセス管理の範囲が広がり、社外のビジネス関係にも焦点が当てられるようになった。(2016/7/28)

Windows PowerShell基本Tips(5):
Invoke-Itemコマンドレット――ファイルやフォルダを開く
本連載は、Windows PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「Invoke-Item」コマンドレットです。(2016/7/27)

クラウド時代の「認証」再考論【第3回】
「IDaaS」は“パスワード認証の悪夢”から逃れるための救世主となるか?
ID/パスワード認証に関わる課題を解消する「フェデレーション」だが、自前でその仕組みを構築するのは骨が折れる。フェデレーションの恩恵を容易に享受できる「IDaaS」の実力に迫る。(2016/7/22)

KDDI、“ビジネス版LINE”「Works Mobile with KDDI」を法人向けに販売
KDDIが法人向けに“ビジネス版LINE”を販売。LINEと同じプラットフォーム 使い勝手はそのまま。管理者機能でセキュリティ性を向上させた。(2016/7/21)

基礎から分かるActive Directory再入門(11:特別編):
Active DirectoryとAzure Active Directoryは何が違うのか?
Office 365のユーザー管理機能からスタートした「Azure Active Directory」。現在は、クラウドの認証基盤として、さまざまな機能を提供している。では、オンプレミスのActive DirectoryとAzure Active Directoryは何が違うのだろうか。(2016/7/22)

高速かつ高セキュリティなDB基盤が“日本発キャラクター”のグローバル展開を加速:
PR:繁忙期のリクエスト処理能力が10倍超に! 「プレミアムバンダイ」は性能不足の問題をOracle Exadataで解決
人気キャラクターの商品を多数取り扱い多くのファンを獲得しているバンダイのECサイト「プレミアムバンダイ」。限定商品の発売時には瞬時に膨大なアクセスが発生し、既存インフラでは処理が追いつかない状況に陥っていた。同社は「Oracle Exadata」とデータベースセキュリティ製品群の導入により、この性能問題とセキュリティの強化を実現した。[パフォーマンス改善][セキュリティ対策][Engeneerd System][Database Security](2016/7/20)

OSS on Azureでさらに広がる“ユーザーの選択肢”:
PR:時代は「クラウドを最初に」から「クラウドを前提に」へ――マネックス証券に見るOSS×クラウド活用の好例
マイクロソフトとレッドハットの包括提携により実現した「RHEL on Azure」にユーザー企業から熱い視線が注がれている。今回、OSSソリューションの提供で評価の高いサイオステクノロジーと、先進的なOSS&クラウド活用で知られるマネックス証券による対談を実施。RHEL(OSS) on Azureへの期待と今後を探った。(2016/7/14)

Windows PowerShell基本Tips(4):
Remove-Itemコマンドレット――ファイルやフォルダを削除する
本連載は、Windows PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「Remove-Item」コマンドレットです。(2016/7/13)

市区町村の情報セキュリティ(2):
自治体における「二要素認証実現」のポイント
2015年に総務省の「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」が公開した報告資料をベースに、市区町村のセキュリティ対策について考える本連載。第2回は、前回紹介したセキュリティ4要件の1つ「二要素認証」を実現するためのポイントを解説します。(2016/7/13)

Computer Weekly製品ガイド
情報セキュリティ管理の未来を担うID・アクセス管理
ID・アクセス管理(IAM)が企業のアクセスポリシーの中心に位置付けられる理由について解説する。(2016/7/13)

運用が面倒というのは都市伝説:
PR:無線LANの必需品。今こそ「認証サーバ怖い」を粉砕せよ!
「社内の無線LANで認証サーバの運用? とんでもない」と考える担当者の方々に、知っていただきたいことがある。これは企業無線LAN運用の常識であり、本格利用には避けて通れないトピックだ。(2016/7/1)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(19):
企業ユーザーもクラウドでWindows 10設定のローミングが可能に──Enterprise State Roaming
「Microsoft Azure Active Directory」の「Enterprise State Roaming」が正式リリースされました。これにより、Microsoftアカウントと同様のクラウドを利用したWindows 10のローミング環境を、Azure ADの組織アカウントでも利用できるようになります。(2016/6/29)

現場でJIRAやBitbucketはどう活用されているのか?:
PR:gloopsやgumiのソーシャルゲーム開発を支えるアトラシアンのツール群
アトラシアンがコミュニティーカンファレンス「Atlassian For Teams − Team-1 ゲーム開発現場でのチーム開発」を開催。現場でアトラシアンのツールを活用しているゲーム開発企業gloopsやgumiの担当者が登壇し、ツールの利用事例や、利用している中で見えてきた課題、ツールへの要望などをセッション形式で発表した。(2016/6/30)

特定企業の傘下ではなく独立企業として戦う:
呉ルネサス、目指すは「W杯優勝」
ルネサス エレクトロニクスは2016年6月28日、同日付で社長兼CEOに就任した呉文精氏の就任会見を開催し、新CEOとして、戦略的セグメントに特化するなどの経営方針、抱負を語った。(2016/6/28)

「クローズドだから安全」は通用しない
聖マリアンナ会東横恵愛病院の事例に見る「最初に選ぶ情報セキュリティ製品」の考え方
日本政府が2015年に発表した「医療等ID」構想。医療機関には患者の重要情報が今後ますます集まる。この状況に危機感を覚え、情報セキュリティ対策が急務と考えた東横恵愛病院が暗号化製品を選んだ理由とは。(2016/6/27)

増えてきたビジネスデータの保護対策
紛失で心配なのはiPhoneではなく、そのデータ――5つのデータ保護術とは
盗まれたモバイルデバイスのコストは、失われたデータの価値に比べれば取るに足らない。モバイルアプリケーションのセキュリティを強化するため、企業はデータをどのように管理するべきなのだろうか。(2016/6/16)

細分化から統合へ向かう業界:
半導体業界の統合、推進力は規模の経済ではない
M&Aが続く半導体業界。かつては細分化していった業界を、統合へと向かわせている要因は何なのか。(2016/6/13)

あなたの全てが世界とつながる
IoTのセキュリティ守護神「ブロックチェーン」を信じてよいのか
デバイスとネットワークの進化によって身の回りのものから身に付けるものまで全てがインターネットに接続してユーザーの情報を世界中に流し始めている。こんな時代にユーザーを守る技術はあてになるのだろうか。(2016/6/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。