ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

「KDDI」最新記事一覧

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがMVNO対抗を意識した、2980円の学割キャンペーンを投入――家族加入とスマバリ前提で、どこまで新規加入を伸ばせるか
KDDIが2017年春商戦の発表会を開催した。同社の田中孝司社長は囲み取材で、月額2980円から使える価格設定の「学割」の件を始めとする春商戦に関する質問に答えた。(2017/1/20)

KDDI、ソフトバンクが「学割」発表:
携帯大手、若年層の取り込み強化 格安スマホに対抗
大手キャリアが、若年層の取り込みに注力している。年明け以降、KDDIが「auの学割天国」を、ソフトバンクが「学割モンスター」を相次いで発表。料金プランの内容はほぼ同じだが、追加の特典を充実させて差別化を図るという。(2017/1/17)

石野純也のMobile Eye(1月3日〜13日):
KDDIが「学割天国U18」で“段階制”のデータ定額を打ち出した理由
KDDIがauの春モデルと春商戦に向けた学割を発表した。auの学割は“段階制”のデータ定額が最大の特徴。MVNOやY!mobileに対抗し、若年層を獲得しておきたいKDDIの思惑が見え隠れする。(2017/1/14)

G'zOne TYPE-Xとの比較も:
写真と動画で解説する 折りたたみ型タフネスケータイ「TORQUE X01」
京セラはKDDI向けには、2014年夏に「TORQUE G01」、2015年夏に「TORQUE G02」のタフネススマホを開発してきたが、最新の「TORQUE X01」は折りたたみ型のLTEフィーチャーフォン。主な見どころを写真と動画でチェックする。(2017/1/13)

“究極の学割”で格安スマホにも対抗――田中社長が語る「学割天国」の狙い
KDDIが2017年の学割を発表。「学割天国U18」は、5分かけ放題+3GBのデータ込みで月額2980円からという安さを実現。MVNOにも対抗していく構えだ。(2017/1/11)

「auの学割天国」1月13日スタート 18歳以下のユーザーなら通話・データ込みで月額2980円から利用可能(条件あり)
au(KDDIと沖縄セルラー電話)の2017年の「学割」が発表された。18歳以下のユーザー向けの「学割天国U18」と、25歳以下のユーザー向けの「学割天国U25」の2本立てで、家族向けには機種変更時の割引・キャッシュバックキャンペーンを実施する。(2017/1/11)

1TB HDD内蔵でLTEにも対応――auスマホでデータを一元管理できる「Qua station」【画像追加】
KDDIが、ネットワークストレージ「Qua station」を2月下旬に発売する。スマホやPCのデータを一元管理でき、auのスマートフォンやタブレットからデータを閲覧できる。(2017/1/11)

カメラを強化した4.7型コンパクトスマホ――「AQUOS SERIE mini SHV38」【画像追加】
KDDIが「AQUOS SERIE mini SHV38」を2月上旬に発売する。幅67mmのボディーに4.7型ディスプレイを搭載。カメラ機能にもこだわり、「GR certified」取得のアウトカメラと、フォトライト付きのインカメラを備える。(2017/1/11)

KDDI、Scrumらと共同でアジャイル開発の導入を促進する開発教育プログラムを提供
KDDI、Scrumと永和システムマネジメントが、法人向けに「アジャイル開発教育プログラム」を提供する。2日間のコースで料金は20万円。経営層向けの無料セミナーも開催する。(2017/1/10)

2017年は「5G」「IoT」を見据えた年に――通信4社の年頭所感
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクグループ、UQコミュニケーションズの社長が、2017年の年頭所感を発表した。次世代の通信規格「5G」の足音が聞こえてくる中で、各社は2017年にどう望むのか。(2017/1/5)

KDDI、「au発表会 2017 Spring」を1月11日に開催
KDDIが1月11日12時から「au発表会 2017 Spring」を開催する。春モデルの発表が期待される。最新情報は告知ページをチェック。(2017/1/5)

KDDI、auショップにカフェ併設店拡大へ 傘下の運営会社増資
KDDIが、カフェを併設した携帯電話販売店の拡大の検討を始めたことが分かった。(2016/12/28)

KDDI、法人向けのIoTクラウドサービスと回線サービスの提供を開始
KDDIが、11月に発表したIoT向けサービス「KDDI IoTクラウド Creator」および「KDDI IoTコネクト Air」の提供を開始した。(2016/12/22)

KDDI、ドローンの運航地図作成 ソフトバンクはスキー場遭難者を捜索
携帯電話大手の小型無人機「ドローン」事業が拡大している。KDDIとソフトバンクは19日、小型無人機「ドローン」を使った新たな取り組みをそれぞれ発表。(2016/12/20)

“空の3次元地図”を活用して自律飛行――KDDIが「スマートドローン構想」を発表
KDDIは、プロドローン、ゼンリンと業務提携し、モバイル通信ネットワークを活用するドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」を発表。発表会ではスマートドローン活用の期待が語られ、アーム付きドローンの遠隔操作デモも行われた。(2016/12/19)

「AmazonやGoogleに負けられない」──KDDI、2017年にドローン事業化へ ゼンリンらと提携
2017年のドローン実用化に向けて、KDDIとプロドローン、ゼンリンが事業提携。「ネットワーク」「ドローン機体」「3次元地図データ」を結集し、いち早く商用化を目指す。(2016/12/19)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがビッグローブを800億円で完全子会社化――老舗ISPがまさかのキャリア傘下に。MVNOもいずれ辿る道か
大手インターネット接続事業者(ISP)のビッグローブが、2017年1月末をめどにKDDIの完全子会社となることが決まった。老舗ISPが大手キャリアの傘下に入ることは、10年前には想像できなかったことだが、今後も老舗ISPやMVNOが大手キャリアのグループ入りすることは十分に考えられる。(2016/12/16)

ナビタイム&KDDI、カーナビアプリで「地図自動更新機能」提供開始
KDDIとナビタイムジャパンは、12月13日に「au助手席ナビ」「auカーナビ」「カーナビタイム」などのカーナビアプリで新しい道路を地図に自動反映する「地図自動更新機能」を提供開始。最短で道路開通の翌日からルートの検索やナビゲーションが可能となる。(2016/12/14)

新しい道路をすぐに反映:
KDDIとナビタイム、地図の自動更新機能を提供
KDDIとナビタイムジャパンは、両社が提供するカーナビアプリで、新しい道路を自動で地図に反映する「地図自動更新機能」の提供を開始。(2016/12/13)

走行実績から新しい道路開通を検知 KDDI、カーナビアプリに機能追加
新しい道路が開通すると、自動で地図に反映する機能が、KDDIとナビタイムジャパンのカーナビアプリに追加。(2016/12/13)

KDDIがビッグローブを子会社化 総額800億円で
親会社の日本産業パートナーズなどと株式譲渡契約を締結した。(2016/12/8)

nanapiも「健康・医療カテゴリー」非公開に 「内容の正確性をいま一度精査」
KDDI子会社が運営するキュレーションサイト「nanapi」が、医療・健康などの一部記事を非公開にしていたことが分かった。(2016/12/8)

KDDI、ビッグローブの子会社化を発表
KDDIがビッグローブの子会社化を発表。2017年1月末をめどに、総額約800億円で株式を取得して完全子会社化する。それぞれの顧客基盤・事業ノウハウなどを生かして事業拡大を目指す。(2016/12/8)

KDDIがビッグローブ買収を発表
2017年1月末を目途に完全子会社化の予定。(2016/12/8)

KDDI、ビッグローブ買収か ニフティ買収も交渉 日経報道
「KDDIがビッグローブ買収」と日経が報道。ニフティのISP事業の買収も目指しているという。(2016/12/6)

電力供給サービス:
新電力の家庭向けシェア2.2%に、トップは東京ガスで2位は大阪ガス
小売全面自由化から5カ月が経過した2016年8月に新電力のシェアは11.0%に拡大した。家庭向けは2.2%で前月から0.4ポイント伸びている。事業者別では東京ガスがトップになり、次いで大阪ガス、KDDI、JXエネルギーが続く。地域別では北海道・東京・関西の3地域で新電力のシェアが高い。(2016/11/30)

携帯販売ランキング(11月14日〜11月20日):
「iPhone 7」vs「Xperia XZ」、総合ランキングほぼ動き止まる
「Xperia XZ」発売3週目にして各ランキングの上位〜中位はほぼ動かなくなった。ソフトバンクとKDDI(au)は「iPhone 7/7 Plus」、NTTドコモは「Xperia XZ」が優勢。(2016/11/26)

個人でも購入可能、指紋センサーを搭載した4.7型「TOUGHPAD」が登場
パナソニック システムネットワークスがタフネススマホ「TOUGHPAD」の新機種を発売する。ドコモとKDDIの法人向けだが、パナソニックストアでは個人でも購入できる。従来機からバーコードリーダーを省き、指紋センサーを搭載した。(2016/11/24)

アウトドア向けのスマートウォッチ「Galaxy Gear S3 frontier」、auから発売
KDDIが「Galaxy Gear S3 frontier」を12月上旬から取り扱う。1600万色のカラー表示に対応した1.3型円形ディスプレイを搭載。GPSに対応し、スピーカーも搭載している。(2016/11/22)

「Galaxy S7 edge」の新色「Blue Coral」が登場――ドコモとauから
ドコモとKDDIが、「Galaxy S7 edge」の新色「Blue Coral」を12月上旬に発売する。「Gear VR」を購入者にプレゼントするキャンペーンも実施する。(2016/11/22)

1ポイント当たり1円以上の価値を実現――au STARの新施策「ギフトセレクション」
KDDIは、たまったWALLETポイントを交換できる「ギフトセレクション」を開始する。サッカー日本代表や「三太郎」など価値重視の商品を用意し、1ポイント当たり1円以上の価値を実現したという。限界を攻める価格で価値を提供していく。(2016/11/21)

auが「Android 7.0」へのバージョンアップ機種を追加 全17機種で実施へ
KDDIと沖縄セルラー電話が、auスマートフォン・タブレットにおける「Android 7.0」へのバージョンアップ予定を更新した。11月7日に発表された2機種のほか、2016年春モデルとして登場した「AQUOS SERIE mini SHV33」もOSバージョンアップ対象となる。(2016/11/21)

リード研所長が聞く:
B2BとB2Cでマーケティングはどう違うのか? ABMの伝道師に素朴な疑問をぶつけてみた――中東孝夫氏(KDDI)
アカウントベースドマーケティング(ABM)が注目されている。日本においてそれをいち早く実践し、成果を上げてきたエキスパートに話を聞いた。(2016/11/25)

auショップが客に「アンケートに大変満足と回答してほしい」とプリント配布 「アンケートの意味がない」と炎上
「アンケート結果が悪いとKDDIから指導を受けてしまう」とも。(2016/11/15)

三太郎グッズのプレゼントやキャッシュバックを行う「au冬フェス」開催
KDDIは、さまざまな特典を用意した「au冬フェス」を開催。auショップ来店で三太郎グッズがもらえるほか、対象商品購入やチャージなどでキャッシュバックを行う。(2016/11/15)

WALLETポイントが毎月もらえる「au STAR じぶん銀行特典」、11月29日に提供開始
KDDIは、会員制プログラム「au STAR」と連携した「au STAR じぶん銀行特典」を11月29日に提供開始。じぶん銀行の利用状況に応じ、毎月最大200ポイントのWALLETポイントを付与する。(2016/11/11)

石川温のスマホ業界新聞:
「過剰な端末割引は故意でやったのか」という詰問が田中社長に集中――端末割引クーポンと株主優待券の組み合わせが非難の的に
KDDIが2017年3月期(2016年度)の第2四半期決算を発表した。報道陣向けの決算説明会後、同社の田中孝司社長が囲み取材に応じた。(2016/11/11)

新「ヒカリエモーション」やエモパー5.0を採用――auの「AQUOS U SHV37」
KDDIがシャープの新スマホ「AQUOS U」を11月下旬に発売する。ラウンド形状のボディーに5.0型IGZO液晶を搭載。画面と連動して光る「ヒカリエモーション」や、進化した「エモパー5.0」を採用する。(2016/11/7)

石野純也のMobile Eye(10月24日〜11月4日):
契約純増数と端末販売数が対照的なドコモとKDDI――その理由は?
ドコモとKDDIの2016年度上期は、増収増益と好調だった。一方で契約純増数と端末販売数は、ドコモの方が伸びている。なぜ2社でここまで差がついてしまったのだろうか?(2016/11/5)

「運用が徹底されていなかった」――KDDI田中社長、総務省の行政指導にコメント
総務省が、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」に違反したとして3キャリアを行政指導。KDDIはクーポンを減額することでこれに対応。冬モデルについて、田中社長は11月に追加の発表があることを予告した。(2016/11/1)

利用年数とデータ定額料に応じてWALLETポイントをプレゼント――「au STAR ロイヤル」開始
KDDIは会員制プログラム「au STAR」で「au STAR ロイヤル」を開始し、利用年数とデータ定額料に応じてWALLETポイントをプレゼント。また「au STAR ギフト」の内容も拡充する。(2016/11/1)

auのVoLTEケータイ用「スーパーカケホ」の正式名称が決定 一部プラン・データ定額の名称も合わせて変更
au(KDDIと沖縄セルラー電話)が発表したau VoLTE対応フィーチャーフォン(ケータイ)用「スーパーカケホ」と「新データ定額サービス」の正式名称が決定した。これに伴い、一部料金プラン・データ定額サービスの名称も変更となる。(2016/10/27)

製造ITニュース:
アジャイル開発でIoT導入の早期立ち上げへ、KDDIが新サービスを開始
KDDIは、IoTを活用した取り組みの早期立ち上げを支援するクラウドサービス「KDDI IoTクラウド Creator」を発表。顧客のIoTビジネスにおけるシステムやアプリケーションの開発、構築、運用開始、改善作業を、アジャイル開発のフレームワークでサポートするサービスとなる。(2016/10/27)

「IoTで何から始めればいいのか分からない」を解決:
IoTビジネスのスモールスタート実現を支援、「KDDI IoT クラウド Creator」発表
KDDI アジャイル開発センターのスタッフが、顧客企業と共に「IoTビジネスのアイデア創出、開発、運用、改善」という一連のサイクルをサポート。IoTビジネスのスモールスタートとその後の改善・拡大を支援するという。(2016/10/26)

KDDI、法人向けIoTビジネスを強化 5年で1000億円規模視野に
KDDIはIoT(モノのインターネット)を活用したシステムやアプリケーションの開発から運用・改善までトータルでサポートする法人向けクラウドサービスを12月以降に提供する。(2016/10/26)

IoT導入をフルサポート KDDIがアジャイル開発を取り入れた新サービス
KDDIが企業のIoTサービス活用をサポートする法人向け新サービスを開始。アジャイル開発で小規模から始められるのが特徴だ。(2016/10/26)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省で「実質ゼロ円」「SIMロック解除」を睨んだ有識者会議スタート――標的になりつつあるソフトバンクが空気を読んで改善策を発表
総務省が、2015年に実施した「タスクフォース」をフォローアップする会合を実施することになった。その第1回会合では、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクから現状報告と要望がプレゼンされたのだが、その中でもソフトバンクの提案がまともに映った。(2016/10/21)

KDDI、VRによるリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を期間限定で提供
KDDIとナビタイムジャパンは、VRを活用したリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を期間限定で提供する。(2016/10/20)

バーチャル海外旅行サービスをKDDIが実施 VRで買ったものがその手に 現地人と会話もできる
体験後は現地の飲み物も楽しめます。(2016/10/20)

VRでリアルタイム海外旅行「SYNC TRAVEL」 現地ガイドの360度カメラ目線で
VR HMDを使って、海外旅行の映像をリアルタイムで楽しめるサービス「SYNC TRAVEL」を、KDDIが2日間限定で提供する。(2016/10/20)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。