ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「i4i」最新記事一覧

Microsoft対i4i訴訟、米最高裁がMicrosoftに約3億ドルの賠償金支払いを命令
MicrosoftがWordによる特許侵害でi4iに訴えられていた訴訟で、最高裁がMicrosoftの訴えを棄却し、i4iへの賠償金支払いが確定した。(2011/6/13)

Microsoftはコンシューマーを呼び戻せるか
Microsoftが“暗黒時代”以後に生み出したBingやAzure、Project Natalといった製品の成否が、同社の将来を占う鍵であるとアナリストはみている。(2010/4/6)

Microsoft対i4i訴訟、米連邦巡回控訴裁が再度i4iに有利な判決を支持
連邦巡回控訴裁は大法廷での再審理を検討しており、Wordの販売差し止めと約3億ドルの賠償金支払いが懸かった訴訟の行方はいまだ定まらない。(2010/3/12)

Microsoft、XML特許問題でWordを修正 訴訟は継続
特許訴訟でWordの販売停止を命じられていたMicrosoftが、問題の特許技術を回避する修正を施した。同時に、訴訟の見直しを判事に求めている。(2010/1/12)

Microsoft、i4iとの特許訴訟で敗訴 Wordから該当機能削除へ
Microsoft対i4iの特許訴訟で、Microsoftに対し2億9000万ドルの支払いとWordの販売差し止め命令がくだされた。Microsoftは問題となっている機能の削除版を販売する。(2009/12/24)

Microsoft、Word差し止め命令に控訴 DellとHPも加勢
DellとHewlett-PackardがMicrosoftに味方し、Word販売差し止めは公共の利益を損なうと主張しているという。(2009/8/28)

オープンソースコミュニティーにも脅威に:
Microsoft Word販売差し止め判決、ODFに悪影響を及ぼす可能性も
Microsoftがi4iの「カスタムXML」関連特許を侵害したとする米地裁の判決は、オープンソースフォーマット「ODF」の採用に悪影響を及ぼすかもしれない。(2009/8/17)

特許侵害で:
Microsoft、米地裁から「Microsoft Word」販売差し止め命令
カナダのi4iのXML関連特許を侵害したとして、約3億ドルの賠償金支払いと米国内でのWord販売差し止め命令判決が下された。(2009/8/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。