ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「i4i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「i4i」に関する情報が集まったページです。

Microsoft対i4i訴訟、米最高裁がMicrosoftに約3億ドルの賠償金支払いを命令
MicrosoftがWordによる特許侵害でi4iに訴えられていた訴訟で、最高裁がMicrosoftの訴えを棄却し、i4iへの賠償金支払いが確定した。(2011/6/13)

Microsoftはコンシューマーを呼び戻せるか
Microsoftが“暗黒時代”以後に生み出したBingやAzure、Project Natalといった製品の成否が、同社の将来を占う鍵であるとアナリストはみている。(2010/4/6)

Microsoft対i4i訴訟、米連邦巡回控訴裁が再度i4iに有利な判決を支持
連邦巡回控訴裁は大法廷での再審理を検討しており、Wordの販売差し止めと約3億ドルの賠償金支払いが懸かった訴訟の行方はいまだ定まらない。(2010/3/12)

Microsoft、XML特許問題でWordを修正 訴訟は継続
特許訴訟でWordの販売停止を命じられていたMicrosoftが、問題の特許技術を回避する修正を施した。同時に、訴訟の見直しを判事に求めている。(2010/1/12)

Microsoft、i4iとの特許訴訟で敗訴 Wordから該当機能削除へ
Microsoft対i4iの特許訴訟で、Microsoftに対し2億9000万ドルの支払いとWordの販売差し止め命令がくだされた。Microsoftは問題となっている機能の削除版を販売する。(2009/12/24)

Microsoft、Word差し止め命令に控訴 DellとHPも加勢
DellとHewlett-PackardがMicrosoftに味方し、Word販売差し止めは公共の利益を損なうと主張しているという。(2009/8/28)

オープンソースコミュニティーにも脅威に:
Microsoft Word販売差し止め判決、ODFに悪影響を及ぼす可能性も
Microsoftがi4iの「カスタムXML」関連特許を侵害したとする米地裁の判決は、オープンソースフォーマット「ODF」の採用に悪影響を及ぼすかもしれない。(2009/8/17)

特許侵害で:
Microsoft、米地裁から「Microsoft Word」販売差し止め命令
カナダのi4iのXML関連特許を侵害したとして、約3億ドルの賠償金支払いと米国内でのWord販売差し止め命令判決が下された。(2009/8/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。