ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「特許侵害」最新記事一覧

質問!特許→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で特許関連の質問をチェック

関連キーワード

ドワンゴ、FC2を提訴 動画コメント特許侵害を主張
動画コメント関連特許を侵害されたとして、ドワンゴがFC2などを提訴。(2016/11/15)

ドワンゴ、FC2に特許権侵害の訴訟 動画のコメント表示プログラムの使用差止め求める
入力したコメントが動画の画面上に流れる機能について、訴訟を起こしたようです。(2016/11/15)

Apple対Samsungの特許訴訟で100人超の著名デザイナーや専門家がApple支持文書に署名
Apple対Samsungの2011年から続く特許訴訟は米最高裁に舞台を移した。Appleは、カルバン・クライン氏、ジャスパー・モリスン氏などの著名デザイナーや、Appleの新本社キャンパスを設計したノーマン・フォスター氏など、111人が署名したApple支持の最高裁宛法廷助言書を公開した。(2016/8/5)

中国でiPhone販売停止命令 Appleの「特許侵害」訴えた中国企業はすでに破たんしていた……
Appleの「iPhone 6/6Plus」が中国メーカーの製品に外観が酷似しているとして、当局が販売停止を命じた問題。Appleを訴えた会社は実はスマホ市場からほぼ姿を消した“幽霊企業”だった。(2016/7/7)

Apple対Samsungの特許訴訟、Samsungへの1億2000万ドルの賠償命令が無効に
Apple対Samsungの特許訴訟をめぐり、米連邦巡回控訴裁が、連邦地裁のSamsungからAppleへの1億2000万ドルの賠償金支払いを命じた評決を無効とし、一方AppleからSamsungへの15万8400ドルの賠償金支払い命令は支持した。(2016/2/29)

AppleをImmersionが特許侵害で提訴 iPhoneの3D Touch技術などで
タッチフィードバック技術のImmersionが、AppleがiPhoneおよびApple Watchで同社の触覚フィードバック関連の3つの特許を侵害したとして提訴した。(2016/2/16)

Apple対Samsungの米特許訴訟、Samsungが5億4800万ドル支払い認めるも和解には至らず
AppleとSamsung Electronicsが2011年から米国で争っている特許訴訟をめぐり、両社は11月に和解協議を行ったが和解には至らなかった。SamsungがAppleに5億4800万ドルの賠償金を支払うことで合意はしたものの、SamsungはAppleから返金される権利を保持すると主張し、Appleはこれを認めなかった。(2015/12/6)

富士フイルム、DHCを特許侵害で提訴 スキンケア化粧品の販売差し止め求める
富士フイルムは、DHCのスキンケア化粧品2商品が同社の特許権を侵害しているとして、同商品の製造・販売の差し止めと損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提起した。(2015/8/18)

ニコンとシグマ、手ブレ補正レンズ特許訴訟で和解
手ブレ補正レンズの特許を侵害されたとしてニコンがシグマを訴えた特許訴訟は和解が成立。(2015/4/21)

Appleに特許侵害で5億3000万ドルの支払い命令 Appleは上訴へ
特許管理会社SmartflashがAppleを特許侵害で提訴した裁判で、テキサス州地裁がAppleに5億3290万ドルの損害賠償を命じた。Appleは上訴を表明した。(2015/2/26)

知財コンサルタントが教える業界事情(18):
アップルを訴えた島野製作所、争点となった特許とは
巨人アップルにかみついた――。米国アップルに対し、そのサプライヤーだった島野製作所が、独禁法違反と特許侵害で訴訟を提起したことが注目を集めている。係争のポイントとなった特許は何だったのか。知財の専門家である筆者が「特許関連情報」と「公開情報」を中心に訴訟の争点を解説する。(2014/12/25)

知財専門家が見る「アップルVSサムスン特許訴訟」(1):
アップルVSサムスン特許訴訟の経緯と争点を振り返る
アップルとサムスン電子のスマートフォンに関する知財訴訟は、2014年8月に米国を除いて全て取り下げられることになった。なぜ、今になって訴訟を取り下げたのか。なぜ、米国は除外されたのだろうか。これらの背景について知財専門家が読み解く。初回となる今回は、まず特許訴訟の経緯と争点について振り返る。(2014/10/29)

AppleとSamsung、日本含む米国外で特許訴訟取り下げに合意
AppleとSamsungが共同声明で、米国以外で係争中のすべての特許訴訟を取り下げると発表した。米国での訴訟は継続する。(2014/8/6)

知財ニュース:
キヤノン、グーグル、SAPらが、特許紛争抑制組織を設立――パテントトロールに対抗
キヤノン、グーグル、SAP、Dropboxなど6社は、パテントトロール訴訟に対抗する組織として「License on Transfer Network(以下、LOTネットワーク)」を設立した。(2014/7/10)

ビジネスニュース 特許/知財:
東芝がパワーチップなど4社をNANDメモリの特許侵害で提訴
東芝は2014年6月3日、台湾のパワーチップテクノロジーなど4社が東芝の所有するNAND型フラッシュメモリ関連特許を侵害しているとして、台湾知的財産裁判所に訴訟を提起したと発表した。(2014/6/3)

アップルとグーグルの和解で:
アップルとサムスンの特許係争、雪解けの日は近い?
AppleとMotorola Mobility(Googleの傘下)は、全ての特許訴訟を取り下げることで合意した。この動きから、AppleとSamsungの特許係争も終局に向かっているとする見方もある。(2014/5/23)

AppleとGoogle(傘下のMotorola)、すべての特許訴訟の取り下げで合意
2010年にMotorolaが特許侵害でAppleを提訴したことから始まった両社の一連の訴訟について、AppleとMotorolaの親会社であるGoogleが、すべて取り下げることで合意した。(2014/5/18)

両者に賠償命じる評決:
アップルとサムスンの特許訴訟、結局はケンカ両成敗!?
2014年5月2日に評決が下された、アップルとサムスン電子の特許裁判。陪審団は、両社とも特許を侵害しているという結論に至った。ただ、今回の訴訟によって、サムスンが大きな痛手を受けることもなければ、アップルの優位性が揺らぐこともないようだ。(2014/5/8)

Apple対Samsung裁判、Samsungへの賠償命令はわずか1億2000万ドルの評決
AppleとSamsungがカリフォルニア州サンノゼの連邦地裁で争う特許訴訟で、陪審団は両社に一部の特許侵害があったとし、Samsungに1億1963万ドル、Appleには16万ドルの損害賠償を命じる評決を下した。(2014/5/5)

陪審団の審議が間もなく開始:
アップルとサムスンの特許訴訟、多数の証拠書類とその中身
アップルとサムスン電子の特許裁判では、大量の書類や電子メールが証拠として公開されている。その中から何度も裁判中に引用されたものをいくつか紹介する。(2014/5/1)

ビジネスニュース 企業動向:
特許訴訟で公開されたジョブズ氏のメール
現在行われているアップルとサムスン電子の特許裁判において、故スティーブ・ジョブズ氏のメールが公開された。本稿の2ページ目にその原文を掲載する。(2014/4/15)

ビジネスニュース オピニオン:
アップル対サムスン、特許係争再び
アップルとサムスン電子の2回目となる特許裁判が始まった。アップルは、サムスン電子のスマートフォンなど10機種が技術特許を侵害しているとして、20億米ドルの賠償を求めている。一部からは「Appleは単なる訴訟好きの企業」という批判の声も出ているようだ。(2014/4/3)

Nokia、特許訴訟でHTCと和解
Nokiaが2012年に特許侵害でHTCを提訴した複数の裁判で和解が成立した。両社は特許と技術に関する協力契約を結び、HTCはNokiaにライセンス料を支払う。(2014/2/10)

SamsungがGoogleに続き、Ciscoと広範なクロスライセンス契約
これで、特許訴訟回避目的のクロスライセンス契約のGoogle、Samsung、Cisco間の輪がつながった。(2014/2/6)

Twitter、IBMから約900件の特許を買収
IBMから特許侵害の通告を受けていたTwitterがIBMから約900件の特許を買収し、クロスライセンス契約を結んだ。(2014/2/3)

GoogleとSamsung、広範な特許クロスライセンス契約を締結
Android関連でOracleやAppleとの特許訴訟を抱えるGoogleとSamsungが、向こう10年に取得するものを含むクロスライセンス契約を締結した。(2014/1/27)

シャープと三洋電機、液晶特許訴訟で和解 シャープがライセンス料38億円支払い
液晶モジュール関連特許を侵害されたとして三洋電機がシャープに製造販売差し止めと損害賠償を求めていた訴訟の和解が成立。(2013/12/11)

Samsungに2.9億ドル賠償命令 米地裁評決 Appleへの賠償金、合計9.3億ドルに
iPhoneの特許を侵害されたとしてAppleがSamsungに賠償金を求めた訴訟の再審理で、陪審団はSamsungに2.9億ドルの支払いを命じる評決。Samsungが支払う賠償額は合計9.3億ドルという巨額になった。(2013/11/22)

「Nikon 1」にそっくり? ニコン、Polaroidのミラーレス「iM1836」がデザイン特許侵害と提訴
Polaroidブランドのミラーレス「iM1836」にデザイン特許を侵害されたとしてニコンが提訴。「Nikon 1」にそっくりだと話題になっていた。(2013/10/15)

Apple対Motorolaのモバイル特許訴訟、米控訴裁がAppleに有利な判断
2010年から続くApple対Motorolaのモバイル特許訴訟で、2012年3月にITCが下したMotorolaに有利な判決について、米連邦巡回控訴裁判所が差し戻しを指示した。(2013/8/8)

Apple製品排除命令にオバマ政権が拒否権行使
AppleがSamsungの通信関連特許を侵害したとしてITCが6月に出したAppleの一部製品の販売差し止め命令を、60日のレビュー期間終了直前に米通商代表部が拒否した。(2013/8/5)

SamsungとAppleの国内訴訟、知財高裁がApple敗訴の判決
Samsungの「GALAXY」シリーズに同期機能に関連する特許を侵害されたとしてAppleが訴えた訴訟は二審・知財高裁もApple敗訴の判決。(2013/6/26)

Samsungの特許侵害認める 東京地裁、Apple勝訴の中間判決
iOSの「バウンスバック」機能についてのApple特許をSamsungがGALAXYで侵害したことを認める中間判決を東京地裁が出した。(2013/6/21)

EE Times Japan Weekly Top10:
NHKの有機ELディスプレイ、Appleの特許侵害……、幅広い話題が関心集める
EE Times Japanで先週(2013年6月2日〜6月8日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/6/10)

ビジネスニュース:
米ITCが「iPhone 4」などの輸入差し止めを決定、Appleが特許侵害と判断
米国際貿易委員会(ITC)は、Appleの一部の製品がSamsung Electronicsの特許を侵害しているとして、米国への輸入差し止めを決定した。これらの製品には「iPhone 4」「iPad 2」などが含まれている。米大統領がITCの決定を承認すれば、輸入差し止めが実施される。(2013/6/5)

米連邦政府、“パテントトロール”駆逐に向けた取り組みを発表
米オバマ政権が、ばかげた特許訴訟から米国のイノベーターを守るため、法改正立案を含む“パテントトロール”対策を打ち出した。(2013/6/5)

米ITC、Appleの旧モデルiPhoneなどの販売差し止めを決定
AppleとSamsungが世界中で争う特許訴訟の1つで、米国際貿易委員会(ITC)がAppleに対し、AT&Tが販売するiPhone 4Sなどの旧モデルの販売差し止め命令を出した。Appleは異議を申立てるとしている。(2013/6/5)

Google、オープンなインターネットを目指す特許非係争「OPN」を宣言
Googleが、防衛目的以外ではオープンソースソフトウェアの関係者を特許侵害で提訴しないという宣言「Open Patent Non-Assertion(OPN) Pledge」を発表した。まずはMapReduceの特許10件を対象とする。(2013/3/29)

知財高裁、Samsungの抗告を棄却 アプリダウンロードについてAppleの特許侵害なし
知的財産高等裁判所は3月15日、アプリのダウンロード機能やアプリストアについて、AppleはSamsung電子の特許を侵害していないと判断。2012年9月の東京地方裁判所の決定を支持し、Samsung電子の抗告を棄却した。(2013/3/15)

ビジネスニュース:
SamsungのAppleへの賠償金が、大幅減額に?
スマートフォン関連で特許係争を続けてきたSamsung ElectronicsとApple。2012年の判決では、SamsungがAppleの特許を侵害しているとして、10億5000万米ドルの賠償を命じられた。しかし、米連邦裁判所は、これを「妥当な法理論に基づいて算出された賠償金額ではない」として、賠償金の40%に当たる約4億米ドルについて見直すことを決定した。(2013/3/5)

米ITCがSamsung、Nokiaら4社の特許侵害を調査――InterDigitalの苦情受け
米国際貿易委員会(ITC)が、InterDigitalの苦情を受けて、Samsung、Nokiaら携帯電話メーカー4社について特許侵害の調査を開始した。(2013/2/4)

Samsung、スーパーボウルのCMでまたAppleをちゃかす
昨年のスーパーボウルでは、Apple Storeに行列を作るAppleファンをちゃかすCMを流したSamsungが、今年はAppleとの特許訴訟をネタにしたCMを準備している。(2013/2/2)

EU、Samsungを提訴へ Appleとの特許紛争が独禁法違反に
欧州連合(EU)がSamsung Electronicsを近く競争法(独占禁止法)違反で提訴する見込みになった。(2012/12/21)

Nokiaとソニーの特許企業、対Apple特許訴訟で勝訴
米デラウェア州連邦地方裁判所は、AppleがMobileMedia Ideasの特許を侵害しているとの判決を下した。Appleは、先行技術を理由に訴訟の棄却を求めたが、判事はこれを拒否していた。(2012/12/14)

セガの提訴についてレベルファイブ反論
「『イナズマイレブン』シリーズの処理は、セガの特許を侵害しておりません」と争う姿勢。(2012/12/12)

「イナズマイレブン」が特許侵害? セガ、東京地裁にレベルファイブを提訴
セガの持つ特許を「イナズマイレブン」シリーズが侵害しているとして。(2012/12/11)

Nokia、Wi-Fiの特許侵害でRIMを提訴――RIMに逆風
Nokiaは、同社が持つ無線LANの特許をRIMが不正に使用しているとして米国など3カ国で特許訴訟を起こした。ライセンス料の支払いと製品販売差し止めを求めている。(2012/11/30)

Apple、Motorolaとの特許訴訟でも和解の可能性 Samsungも新たな動き
AppleがとGoogle傘下のMotorolaが仲裁による訴訟終了に向けて動いていることが、裁判所への申請書類で明らかになった。一方Samsungは製品販売差し止命令回避を目指し、AppleとHTCのクロスライセンス契約の開示を裁判所に求めた。(2012/11/19)

「FaceTime」訴訟で勝利したVirnetX、再度Appleを提訴――「iPhone 5」「iPad 4」を対象に
Appleの「FaceTime」が特許侵害にあたるという訴訟で勝利したVirnetXが、対象製品を新モデルに変えて、またもAppleを提訴した。(2012/11/13)

HTC、特許訴訟和解でAppleに1端末当たり約8ドルのライセンス料支払いか
AppleとHTCの和解条件として、HTCはAndroid端末1台当たり6〜8ドルのライセンス料を支払うと、アナリストが報告した。(2012/11/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。